あかね句会    当季雑詠
 定例日=第四金曜日
 句会場=あかね台コミュニティセンター

 あかね句会(第18回 6月22日開催)結果報告

 純也主宰の特選9句を清記順に報告します

 罔象女祀る社の五月雨るる      佐藤弥澄
 雨ながら窓に張りつく火取虫     米澤道子
 暮れてきて川風冷ゆる蛍狩      山内繭彦
 はんざきのどれが疣やら眼やら    岡本 戎
 真田丸跡の社域の桐の花       しのぶ日月
 降りがけの切符捜してバス薄暑    内田陽子
 眼を凝らし木の間隠れの蛍追ふ    楠田 鈴
 水張りてさざ波騒ぐ植田かな     上田美代子
 落ちころがりて青柿の表うら     横尾典子

 純也先生吟

 青ぶだう身ぶるひしては雨こぼす
 源は神の滝なり蛍川
 梅雨濁りあるべくもなき真名井かな
 暮れながら雨上りゆく蛍かな
 二タ筋の相交わらぬ蟻の道

 出席者   17名  欠席投句者 9名

 次 回   7月27日(金)午後1時30分
 兼 題   当季雑詠 5句(投句者は3句)
 句会場   榛原あかね台コミュニティー
                       (報告/佐藤弥澄)  


 あかね句会(第17回 5月25日開催)結果報告

 純也主宰の特選7句を清記順に報告します

 麦飯に慣れて甘みを噛みしむる    面地豊子
 名水の筧に冷やしラムネ売る     杉アよしこ
 ローマ字の表札光る薔薇の門     橋 翠
 大滝のしぶきを浴びるところまで   佐藤扶紀子
 廃校の木々に巣箱の掛かるまま    山内繭彦
 裏木戸を開け匂ひ来る柚子の花    畠中俊美
 榛の木を映して植田澄めりけり    境 雅秋

 純也先生吟

 関ヶ原遠目に桐の咲くばかり
 えご咲いて城址に人の影もなし
 なかんづく森の大樹の栃の花
 遠目にも提灯揺るる夜の山車
 陵の大きな松の鴉の巣

 出席者16名、欠席投句者 8名

 次 回   6月22日(金)午後1時30分
 兼 題   当季雑詠5句(投句者は3句)
 句会場   榛原あかね台コミュニティー
                      (報告/佐藤弥澄)
 


 あかね句会(第16回 4月27日開催)結果報告

 純也主宰の特選はありませんでした。
 ちなみに入選句は27句でした。

 純也先生吟

 野菜売り来てゐる路地の薄暑かな
 柏餅湯気を上げつつ運ばれ来
 本降りとなりたる雨に春惜しむ
 限りなく生まれ消えゆくしやぼん玉
 夕遍路橋を渡りて消えにけり

 出席者   16名  欠席投句者 9名

 次 回   5月25日(金)午後1時30分
 兼 題   当季雑詠5句(投句者は3句)
 句会場   榛原あかね台コミュニティーセンター
                       (報告/佐藤弥澄)  


 あかね句会(第15回 3月23日開催)結果報告

 純也主宰の特選16句を清記順に報告します

 身を少し傾けて注ぐお白酒      新谷 均
 リビングのテレビの裏の春蚊かな   佐藤弥澄
 蛇穴を出れば狼像吠ゆる       佐藤扶紀子
 一礼し手巾抛りて御身拭       橋 翠
 白梅の空紅梅の深空かな       しのぶ日月
 木漏日の苔に散らばる落椿      杉アよしこ
 
?子煮る誰へともなく少しづつ    横尾典子
 次はいつ飾れるかしら雛納む     五味原立子
 塗桶を担ぎ入堂御身拭        橋 翠
 棲みつきし家鴨の番春の川      境 雅秋
 梅開くたちまち虻のもぐり込み    田中美恵女
 殻裂けて木の実芽を出す雨水かな   栗山武司
 夕野火をおいて里山暮れにけり    横尾典子
 草の戸と笑はば笑へ梅椿       境 雅秋
 不意打の寒き彼岸となりにけり    杉アよしこ
 一人居の帰り急がぬ春の宵      湯本冨美子

 純也先生吟

 初花の咲いてゐさうな夜風かな
 そこここに二三輪づつ初桜
 花誘ふ雨となりつつ暮れにけり
 古墳にして梅林となるところ
 はばたいて後へ戻らず花辛夷

 出席者 16名 欠席投句者 9名

 次 回 4月27日(金)午後1時30分
 兼 題 当季雑詠 5句(投句者は3句)
 句会場 榛原あかね台コミュニティーセンター
                   (報告/佐藤弥澄)
 


 あかね句会(第14回 2月23日開催)結果報告

 純也主宰の特選18句を清記順に報告します

 午祭造花の梅を飾り立て       楠田 鈴
 せせらぎの方へ傾き蕗の薹      新谷 均
 哲学の道にさまよひうかれ猫     佐藤弥澄
 風邪マスク花粉マスクとたてつづけ  田中美恵女
 四姉妹ふたりになりて雛祭      面地豊子
 わが庭を勝手気ままな猫の恋     佐藤扶紀子
 涅槃会の猫の謂れを説きたまふ    しのぶ日月
 稽古場の叱咤の声の冴返る      岡本 戎
 市役所のロビー香れる盆梅展     畠中俊美
 雪しづりして松は松槙は槙      横尾典子
 風鐸のときに響もす涅槃西風     しのぶ日月
 母親を一人占めして春の風邪     佐藤扶紀子
 一夜さに暴れ九頭竜雪濁       山内繭彦
 歩を伸ばし雪のちらつく梅見かな   畠中俊美
 日の当たる水面に浮いて寒の鯉    名田三智子
 ひとしきり乱れ舞ひたる春の雪    杉アよしこ
 菜種御供菜の花いろの餅を賜ぶ    面地豊子
 話したきことあり二月礼者くる    佐藤扶紀子

 純也先生吟

 氷瀑のどこかに水の音のあり
 朝ごとの雪とどめつつ下萌ゆる
 バレンタインデーの夜更けに届くチョコ
 どこまでも空青き日の絵踏かな
 安穏な一日なれども春寒し

 出席者   16名  欠席投句者 9名

 次 回   3月23日(金)午後1時30分
 兼 題   当季雑詠 5句(投句者は3句)
 句会場   榛原あかね台コミュニティー
                        (報告/佐藤弥澄)
 


 あかね句会(第13回 1月26日開催)結果報告

 純也主宰の特選21句を清記順に報告します

 干してゐる間にも凍りし濯ぎ物    五味原立子
 すれ違ふ農夫にほのと焚火の香    新谷 均
 初旅を終へ老犬と常の日々      楠田 鈴
 夜を徹し騒ぐ塒の見張り鶴      村上唯志
 みんなの手とどくところに置くみかん 新谷 均
 歩きよき靴を新調春隣        山内繭彦
 重ね着をしても川風身にこたへ    佐藤扶紀子
 寒林に鴉騒ぎて夕近し        橋 翠
 赴任せし甑島より賀状来る      横尾典子
 音立てて霰は土に弾みけり      面地豊子
 つまびらかならぬ古墳に若菜摘む   栗山武司
 寒林のむささび潜む巣穴かな     橋 翠
 残業を終へて駆け込む残り福     久保達也
 丹頂の舞ふ雪原に雪しまく      佐藤弥澄
 先立つも残るのもいや日向ぼこ    新谷 均
 橇を履き業平の墓を訪ふ       畠中俊美
 凍死人古新聞を被るまま       山内繭彦
 出湯出て顔強張りし寒さかな     佐藤扶紀子
 冬霧の覆ひつくして谷深く      佐藤扶紀子
 雨に寝て覚むれば雪の朝なりし    岡本 戎
 耳袋子に従ひて着けて出る      岡本義子
 境内に植木商ふ股火鉢        杉アよしこ

 純也先生吟

 その人が来れば座が持ち年忘
 やうやくに夜の明けて来し寒稽古
 マスクしてマスクの人を避けてをる
 熱燗に話くだけて落ちはせず
 名人の影の努力の寒稽古

 出席者15名 欠席投句者10名

 次 回  2月23日(金)午後1時30分  
      当季雑詠 5句(投句者は3句)
 句会場  榛原あかね台コミュニティー
                         (報告/佐藤弥澄)
 


 あかね句会(第12回 12月22日開催)結果報告

 純也主宰の特選14句を清記順に報告します

 綿虫の逃ぐるともなく離れゆく    面地豊子
 懸鳥の雉の眼の黒光り        杉アよしこ
 捨てがたき思ひ出ばかり古日記    P川雅子
 懸鳥の鯛の粗塩煌めける       杉アよしこ
 陵を抱ける山も眠りけり       山内繭彦
 北風荒ぶ砂丘風紋生みつづけ     村上唯志
 風呂用を残して柚子のジャムを炊く  五味原立子
 ふるまひの具の大小ののつぺ汁    杉アよしこ
 遠火事の容易ならざる煙かな     栗山武司
 湖荒るる気配に鴨の翔ち続く     村上唯志
 すれ違ふ人のいづれも師走顔     新谷 均
 日当りて小粒ながらも冬木の芽    面地豊子
 値下げ札風にさゆるる師走かな    新谷 均
 年用意竹切る音をひびかせて     五味原立子

 純也先生吟

 顔つきのおつさん臭きラガーかな
 熱燗を口尖らせて呑みにけり
 着ぶくれを恥づることなく老いにけり
 社会鍋夕べは雪となりにけり

 出席者=17名 欠席投句者= 6名

 次 回   1月26日(金)午後1時30分
 兼 題   当季雑詠 5句(投句者は3句)
 句会場   榛原あかね台コミュニティー
                        (報告/佐藤弥澄)
 


 あかね句会(第11回 11月24日開催)結果報告

 純也主宰の特選18句を清記順に報告します

 風のみな掃いてくれたる散紅葉     佐藤弥澄
 今もある町の駄菓子屋一葉忌      杉アよしこ
 降り敷いてなほ隙間なく銀杏散る    栗山武司
 木洩れ日の差す一トところ紅葉濃し   田中美恵女
 くぐり戸の芭蕉生家の古障子      橋 翠
 数珠くりの輪に児も唱ふ十夜かな    楠田 鈴
 蹴散らして銀杏落葉の通学路      北村 葵
 石蕗の花チャペルの庭の奥深く     古川洋子
 拝観の出来ぬ尼寺冬紅葉        北村 葵
 湯豆腐や夜には雨の南禅寺       畠中俊美
 しやべりつつ大根洗ふ手休むなく    山内繭彦
 桜紅葉散らばる庭の明るさよ      面地豊子
 ノルディックウォークの杖に秋惜しむ  栗山武司
 境内のしじま深むる咳ひとつ      面地豊子
 足もとに鳩の寄り来る七五三      新谷 均
 先生と今も慕はれ木の葉髪       畠中俊美
 半鐘なき火の見櫓のそぞろ寒      横尾典子
 御手洗の山水細し神の留守       P川雅子

 純也先生吟

 真つ先に貧乏神は留守にせよ
 デッドヒートのマラソンの息白し
 小春日の大阪湾といふ鏡
 落葉して池の水音澄みにけり
 なかんづく冬めくものに海の色

 出席者17名 欠席投句者7名 でした

 次 回   12月22日(金)午後1時30分
 兼 題   当季雑詠 5句(投句者は3句)
 句会場   榛原あかね台コミュニティー
                          (報告/佐藤弥澄)  


 あかね句会(第10回 10月27日開催)結果報告

 純也主宰の特選14句を清記順に報告します

 廃品のCD板も鳥威し        田中美恵女
 起きあがる子に湧く拍手運動会    新谷 均
 金堂に燭灯さるる良夜かな      栗山武司
 間引菜のひげ根もろとも椀に浮く   栗山武司
 海に神酒ささげ始まる浦祭      佐藤弥澄
 木道の果ての果てまで草紅葉     山内繭彦
 手を振れる児らに御供撒く里祭    中村隆雄
 新そばを切る包丁の音高く      湯本冨美子
 生り年の小粒なれども柿配る     佐藤扶紀子
 秋出水太鼓の音と思ふほど      五味原立子
 稲扱の風塵を浴ぶ明日香みち     面地豊子
 秋惜しみつつの地酒と出石そば    橋 翠
 大門も裏手の門も紅葉散る      P川雅子
 色変へぬ陵墓の松の月日かな     山内繭彦

 純也先生吟

 滝空を鷹の渡つて行きにけり
 残菊といへども供華にことかかず
 百歳の小町の像に秋惜しむ
 赤い羽根ノーネクタイが常となり

 出席者 18名 欠席投句者 5名

 次 回 11月24日(金)午後1時30分
 兼 題 当季雑詠 5句(投句者は3句)
 句会場 榛原あかね台コミュニティー
                      (報告/佐藤弥澄)
 


 あかね句会(第9階 9月22日開催)結果報告

 純也主宰の特選16句を清記順に報告します

 敬老の日とて欠かさずジム通ひ    畠中俊美
 伊勢道の酒蔵カフェの昼の虫     北村 葵
 四辻のカーブミラーの鰯雲      田中美恵女
 大粒にして種なしの葡萄かな     名田三智子
 色あせも糸のほつれも秋すだれ    岡本 戎
 敬老の日に装ひて出かけけり     佐藤弥澄
 白曼珠沙華一ト筋の紅を刷き     山内繭彦
 敬老の日のポシェットを揺らしゆく  橋 翠
 薬園に薬草として烏頭        佐藤扶紀子
 荒々と刈られし土堤の彼岸花     面地豊子
 こもりくもいよいよ奥の曼珠沙華   栗山武司
 汲みおきし水の冷たき白露かな    湯本冨美子
 放生会鰻すばやく泥に入る      畠中俊美
 見物の人より踊子が少な       しのぶ日月
 畳ふむ素足に秋の気配あり      湯本冨美子
 灯をひとつ足して夜なべの針仕事   面地豊子

 純也先生吟

 添へられし汁にもむかご零余子飯
 鹿肉の味噌焼き添へし零余子飯
 陵の夜目にも聳え星月夜
 鈴虫が鳴いて留守なる事務所かな
 看板の勘亭流や菊人形

 出席者   17名  欠席投句者 7名
 次 回   10月27日(金)
 兼 題   当季雑詠 5句(投句者は3句)
 句会場   榛原あかね台コミュニティーセンター
                  (報告/佐藤弥澄)
 


 あかね句会(第8回 8月25日開催)結果報告

 純也主宰の特選16句を清記順に報告します

 纜の終日軋み厄日過ぐ        村上唯志
 今年きりなる地蔵会を司る      村上唯志
 赤とんぼ狼像の耳にかな       佐藤弥澄
 呼びあひてやがて競ひて虫の夜    新谷 均
 満月の雲はらひのけ現はるる     名田三智子
 夕闇に遠ひぐらしの声ひとつ     畠中俊美
 かなかなに夕月色を帯びそめし    杉アよしこ
 草叢に虫の音残る朝まだき      名田三智子
 罔象女祀る社の水の秋        佐藤弥澄
 店番の亭主だんまり盆の市      田中美恵女
 衝羽根の付きそめし実の黒からず   佐藤扶紀子
 川の水蹴つて歩いて夏が行く     坂 義堯
 咲き合うて揺れ合うて萩零れけり   新谷 均
 非常食新しくして厄日来る      名田三智子
 日の落ちて酔ひ極まれる酔芙蓉    古川洋子
 終の火の尉となりゆく霊送      山内繭彦

 純也先生吟

 芙蓉の間木槿の間あり避暑の宿
 土蜘蛛の糸の如くに稲光
 寝不足の続き続ける残暑かな
 竹藪の揺れに野分の名残なほ
 乾く音湿る音立て桐一葉

 出席者   18名  欠席投句者 8名
 次 回   9月22日(金)
 兼 題   当季雑詠 5句(投句者は3句)
 句会場   榛原あかね台コミュニティー
                         (報告/佐藤弥澄)
 


 あかね句会(第7回 7月28日開催)結果報告

 純也主宰の特選7句を清記順に報告します

 講ごとに揃ひ乗り込む船祭      しのぶ日月
 草いきれここも休耕田となり     北村 葵
 山の水溢るる桶のトマトかな     新谷 均
 手水舎の前に荷を解く金魚売     五味原立子
 朝涼の小さき畑を見て回る      面地豊子
 鉾解かれ役目終へたる縄の嵩     山内繭彦
 立ち上げて蓮の蕾の弛みなし     横尾典子

 純也先生吟

 雨雲を照らし出したる花火かな
 練り止めて差し上げたりし御輿かな
 取り外す信号いくつ鉾の町
 洗ひおく誰か忘れしハンカチも
 川風に乗り来る祭囃かな

 出席者   17名  欠席投句者 9名
 次 回   8月25日(金)
 兼 題   当季雑詠 5句(投句者は3句)
 句会場   榛原あかね台コミュニティーセンター
                         (報告/佐藤弥澄)