あかね句会    当季雑詠
 定例日=第四金曜日
 句会場=あかね台コミュニティセンター

 あかね句会(第10回 10月27日開催)結果報告

 純也主宰の特選14句を清記順に報告します

 廃品のCD板も鳥威し        田中美恵女
 起きあがる子に湧く拍手運動会    新谷 均
 金堂に燭灯さるる良夜かな      栗山武司
 間引菜のひげ根もろとも椀に浮く   栗山武司
 海に神酒ささげ始まる浦祭      佐藤弥澄
 木道の果ての果てまで草紅葉     山内繭彦
 手を振れる児らに御供撒く里祭    中村隆雄
 新そばを切る包丁の音高く      湯本冨美子
 生り年の小粒なれども柿配る     佐藤扶紀子
 秋出水太鼓の音と思ふほど      五味原立子
 稲扱の風塵を浴ぶ明日香みち     面地豊子
 秋惜しみつつの地酒と出石そば    橋 翠
 大門も裏手の門も紅葉散る      P川雅子
 色変へぬ陵墓の松の月日かな     山内繭彦

 純也先生吟

 滝空を鷹の渡つて行きにけり
 残菊といへども供華にことかかず
 百歳の小町の像に秋惜しむ
 赤い羽根ノーネクタイが常となり

 出席者 18名 欠席投句者 5名

 次 回 11月24日(金)午後1時30分
 兼 題 当季雑詠 5句(投句者は3句)
 句会場 榛原あかね台コミュニティー
                      (報告/佐藤弥澄)
 


 あかね句会(第9階 9月22日開催)結果報告

 純也主宰の特選16句を清記順に報告します

 敬老の日とて欠かさずジム通ひ    畠中俊美
 伊勢道の酒蔵カフェの昼の虫     北村 葵
 四辻のカーブミラーの鰯雲      田中美恵女
 大粒にして種なしの葡萄かな     名田三智子
 色あせも糸のほつれも秋すだれ    岡本 戎
 敬老の日に装ひて出かけけり     佐藤弥澄
 白曼珠沙華一ト筋の紅を刷き     山内繭彦
 敬老の日のポシェットを揺らしゆく  橋 翠
 薬園に薬草として烏頭        佐藤扶紀子
 荒々と刈られし土堤の彼岸花     面地豊子
 こもりくもいよいよ奥の曼珠沙華   栗山武司
 汲みおきし水の冷たき白露かな    湯本冨美子
 放生会鰻すばやく泥に入る      畠中俊美
 見物の人より踊子が少な       しのぶ日月
 畳ふむ素足に秋の気配あり      湯本冨美子
 灯をひとつ足して夜なべの針仕事   面地豊子

 純也先生吟

 添へられし汁にもむかご零余子飯
 鹿肉の味噌焼き添へし零余子飯
 陵の夜目にも聳え星月夜
 鈴虫が鳴いて留守なる事務所かな
 看板の勘亭流や菊人形

 出席者   17名  欠席投句者 7名
 次 回   10月27日(金)
 兼 題   当季雑詠 5句(投句者は3句)
 句会場   榛原あかね台コミュニティーセンター
                  (報告/佐藤弥澄)
 


 あかね句会(第8回 8月25日開催)結果報告

 純也主宰の特選16句を清記順に報告します

 纜の終日軋み厄日過ぐ        村上唯志
 今年きりなる地蔵会を司る      村上唯志
 赤とんぼ狼像の耳にかな       佐藤弥澄
 呼びあひてやがて競ひて虫の夜    新谷 均
 満月の雲はらひのけ現はるる     名田三智子
 夕闇に遠ひぐらしの声ひとつ     畠中俊美
 かなかなに夕月色を帯びそめし    杉アよしこ
 草叢に虫の音残る朝まだき      名田三智子
 罔象女祀る社の水の秋        佐藤弥澄
 店番の亭主だんまり盆の市      田中美恵女
 衝羽根の付きそめし実の黒からず   佐藤扶紀子
 川の水蹴つて歩いて夏が行く     坂 義堯
 咲き合うて揺れ合うて萩零れけり   新谷 均
 非常食新しくして厄日来る      名田三智子
 日の落ちて酔ひ極まれる酔芙蓉    古川洋子
 終の火の尉となりゆく霊送      山内繭彦

 純也先生吟

 芙蓉の間木槿の間あり避暑の宿
 土蜘蛛の糸の如くに稲光
 寝不足の続き続ける残暑かな
 竹藪の揺れに野分の名残なほ
 乾く音湿る音立て桐一葉

 出席者   18名  欠席投句者 8名
 次 回   9月22日(金)
 兼 題   当季雑詠 5句(投句者は3句)
 句会場   榛原あかね台コミュニティー
                         (報告/佐藤弥澄)
 


 あかね句会(第7回 7月28日開催)結果報告

 純也主宰の特選7句を清記順に報告します

 講ごとに揃ひ乗り込む船祭      しのぶ日月
 草いきれここも休耕田となり     北村 葵
 山の水溢るる桶のトマトかな     新谷 均
 手水舎の前に荷を解く金魚売     五味原立子
 朝涼の小さき畑を見て回る      面地豊子
 鉾解かれ役目終へたる縄の嵩     山内繭彦
 立ち上げて蓮の蕾の弛みなし     横尾典子

 純也先生吟

 雨雲を照らし出したる花火かな
 練り止めて差し上げたりし御輿かな
 取り外す信号いくつ鉾の町
 洗ひおく誰か忘れしハンカチも
 川風に乗り来る祭囃かな

 出席者   17名  欠席投句者 9名
 次 回   8月25日(金)
 兼 題   当季雑詠 5句(投句者は3句)
 句会場   榛原あかね台コミュニティーセンター
                         (報告/佐藤弥澄)
 


 あかね句会(第6回 6月23日開催)結果報告

 純也主宰の特選17句を清記順に報告します

 夕刊の朝来る里のほととぎす      栗山武司
 神鶏の鳴声ひびく木下闇        上田美代子
 梅雨入となるやもしれぬ今朝の雨    五味原立子
 羽抜鶏のどふるはせて鳴き交はす    上田美代子
 里山の靄の中よりほととぎす      横尾典子
 天気運よく梅雨晴のバスの旅      北村 葵
 胡瓜成る蔓に引き合ふ重さあり     坂 義堯
 片隅に重なり合うて山椒魚       五味原立子
 鳰浮巣船頭舟を近づけず        面地豊子
 羽抜鶏連れ鳴く神の杜深く       上田美代子
 選挙カー植田に影を映し行く      中村隆雄
 糠床に滲み出す紫紺茄子漬       P川雅子
 蝮蛇出る自然歩道といふところ     佐藤扶紀子
 どこまでもわれの行く手のほととぎす  佐藤弥澄
 風波の鳰の浮巣に寄せてくる      面地豊子
 原生林夏蝶低く縫ひてゆく       畠中俊美
 越して来し若者も出て溝浚へ      北村 葵

 純也先生吟

 梅を干す尼の修行の作務として
 ラムネ玉大きく鳴つて飲み終はる
 四十八滝に生受け山椒魚
 黴匂ひ明治の頃のホトトギス
 ひたすらに消え行く虹を見てゐたる

 出席者   18名  欠席投句者 6名
 次 回   7月28日(金)
 兼 題   当季雑詠 5句(投句者は3句)
 句会場   榛原あかね台コミュニティー
                         (報告/佐藤弥澄)
 


 あかね句会(第5回 5月26日開催)結果報告

 純也主宰の特選15句を清記順に報告します

 反芻の尾を振る牛に虻たかる     五味原立子
 万緑に染まり牛舎も番犬も      橋 翠
 神鏡の新樹明りを拝しけり      杉アよしこ
 長屋門開けて見せくれ庭牡丹     畠中俊美
 開け放つ牛舎突き抜け夏燕      栗山武司
 松蝉の鳴く山陵の昼暗く       畠中俊美
 音もなくくちなは藪に消えにけり   山内繭彦
 扇風機廻る牛舎に虻とんで      佐藤弥澄
 廃業の酒蔵の壁蔦茂る        五味原立子
 燕の子口の大きさ競ひけり      新谷 均
 夕風に葉桜匂ふ忠魂碑        岡本 戎
 扇風機フル稼働して乳牛舎      上田美代子
 むき出しの牛舎の梁の扇風機     栗山武司
 ひと仕事終へて昼食牛舎夏      五味原立子
 谺する棚田の里の昼蛙        中村隆雄

 純也先生吟

 栴檀の花に大きな蝶いくつ
 朝市の済みし薄暑の海光る
 池薄暑釣人増えて釣果なく
 父の日や父らしきこと何もせず

 出席者   18名  欠席投句者 8名
 次 回   6月23日(金)
 兼 題   当季雑詠 5句(投句者は3句)
 句会場   榛原あかね台コミュニティーセンター
                           (報告/佐藤弥澄)  


 第4回あかね句会(4月28日開催)結果報告
            
 純也主宰の特選11句を清記順に報告します

 遠蛙棚田もすでに水張りて      横尾典子
 桜蘂降る哲学の径かな        山内繭彦
 掘り当てし大筍の鈍き音       中村隆雄
 ひつそりと一人静の群れ咲ける    面地豊子
 いつの間に蜂の飛び交ふ巣の太り   畠中俊美
 門前に筍並べ商へる         P川雅子
 如意輪寺へと上らねば著我の径    横尾典子
 葉桜の風の匂うて来たりけり     山内繭彦
 香り来る筍飯の朝餉かな       中村隆雄
 手をのばし水にも触れて花見舟    上田美代子
 城跡に戻る静けさ余花の雨      名田三智子

 
純也先生吟

 蜃気楼見しことありと誇らしげ
 春愁や句帳いつしか垢付きて
 酌み合うて徂春の心同じうす
 行く春の少し急なる峠越え
 久闊をあたため合うて春の宵

 出席者   18名でした

 次 回   5月26日(金)
 兼 題   当季雑詠   5句(投句者は3句)
 集合場所  近鉄大阪線  榛原駅北口 午前10時
 句会場   榛原室生深野 神明神社集会所
                          (報告/佐藤弥澄)
 


 第3回あかね句会(3月24日開催)主宰選報告

 純也主宰の特選21句を清記順にご報告します

 案の定長居となりし春炬燵      畠中俊美
 存へて古稀を迎ふる古雛       田中美恵女
 
?子の不漁の続き浜ひそか      村上唯志
 ビデオ撮るリハーサルもし雛祭    五味原立子
 船場から船場へ嫁して雛飾る     しのぶ日月
 音たてて今し落ちたる椿かな     山内繭彦
 宅配の再配達を待つ日永       山内繭彦
 見るからに偏平足の寝釈迦かな    しのぶ日月
 芽ぐむなる薔薇の品格すでにして   横尾典子
 大試験終へて東京見物す       佐藤扶紀子
 わんぱくの秘密基地にて子猫飼ふ   佐藤弥澄
 涅槃図の嗚咽の婆の乱れ髪      畠中俊美
 猪荒らす跡ばかりなる蕨採      新谷 均
 独房の小さき窓の別れ雪       佐藤弥澄
 伊勢参宇陀に残りし旅籠かな     北村 葵
 あんまりの棘に剪定てこずりぬ    横尾典子
 四つ手網あるかなきかの白魚跳ね   田中美恵女
 幼児の鷲掴みして雛あられ      名田三智子
 味噌蔵の煤けし梁の冴返る      横尾典子
 一輪の初花仰ぐ西行忌        面地豊子
 お下がりの花供御賜ふ涅槃寺     畠中俊美

 出席者   20名  投句者 7名
 次 回   4月28日(金) 締切 午後2時
 兼 題   当季雑詠 5句  (投句者は3句)
 句会場   榛原あかね台コミュニティーセンター
 多数のご参加をお待ちしております。
                            (報告/佐藤弥澄)  


 第2回あかね句会(2月24日開催)主宰選報告

 純也主宰の特選9句を清記順にご報告します

 国栖奏の人出に傘のさせぬほど    五味原立子
 春愁や万年筆の青にじみ       橋 翠
 日差しより水の眩しき猫柳      しのぶ日月
 花街の路地から路地へ恋の猫     畠中俊美
 奥宇陀の段畑打てる一人かな     北村 葵
 ぬえ塚の一条の罅冴返る       山内繭彦
 春ごとや神のまぐはひ囃したて    栗山武司
 国栖奏にをりしも雪のちらつける   横尾典子
 轢き逃げの道の血痕冴返る      佐藤弥澄

 出席者19名 出句者 8名

 次 回   3月24日(火)午後2時
 句会場   榛原あかね台コミュニティーセンター

 多数のご参加をお待ちしております。  
                          (報告/佐藤弥澄)
 


 第1回あかね句会(1月27日開催)主宰選報告

 三村純也主宰の特選22句を清記順にご報告します

 梅茶屋のうどん売切れ次第とや   橋 翠
 鷹匠の心動けば鷹動く       しのぶ日月
 天下取る戦のありし山眠る     佐藤 弥澄
 投扇興破れしままなる扇もて    佐藤扶紀子
 夫の挽くコーヒー香る小正月    畠中俊美
 寒昴島の宿りの灯の落ちて     山内繭彦
 煤逃に博物館を三つ四つと     横尾典子
 長者眉揃へ卒寿の初鏡       村上唯志 
 休みなき介護現場の去年今年    三輪和江
 倒れつつ独楽は命を振りしぼる   P川雅子
 赤き火も黒き炎も大とんど     山内繭彦
 子の来しをまづ記したる初日記   佐藤扶紀子
 深吉野の日和定まり梅探る     村上唯志
 傘壊すほどの突風寒詣       五味原立子
 はやり風邪病を知らぬ子にまでも  楠田 鈴
 ひと回りする蚤の市日脚伸ぶ    面地豊子
 大書して決意一行初日記      上田美代子
 鷽替ふる見知らぬ人と笑み交し   面地豊子
 乱取りの息絶えだえの寒稽古    村上唯志
 足早に門通りすぎ寒念仏      五味原立子
 ほころびはまづ枝先に枝垂梅    名田三智子
 青き菜をあるだけ入れて薺粥    北村 葵

 三村純也先生吟

 庭のもの温室のもの春を待つ
 人前で言へぬ初夢なりしこと
 大原女の今日は持て来し寒卵
 蕪村忌の有明の月を仰ぎけり
 さながらに雪ごもりなる寒牡丹

 次 回  2月24日(金)
 句会場  榛原あかね台コミュニティーセンター
 締切り  午後1時30分
 出 句  当季雑詠 5句、欠席投句 3句
 皆様のご参加を心よりお待ちしております。
                             (報告/佐藤扶紀子)