青芦句会    当季雑詠
 定例日=第二月曜日
 句会場=大阪市中央公会堂

 青芦句会(10月9日)レポート

 青芦句会は連休最終日の「体育の日」でした。
 ご存知の通り、1964年10月10日の東京オリンピックの開会日を記念して「ス
 ポーツに親しみ、健康な心身を培う」ことを趣旨として1966年に制定されました。
 その後2000年に10月の第二月曜日に変更されました。
 10月10日は晴れる確率が高く特異日と言われますが、今年の第二月曜日の9日も
 秋晴れとなって西日本では季節外れの暑さに熱中症に注意しながら、体力測定や、運
 動会が繰り広げられました。
 句会では「体育の日のせめてものスクワット 英明」が唯一「体育の日」を詠んだ句
 になりました。

 純也先生の特選句を清記順に御紹介いたします。

 新米の快気祝となりにけり     栗本伊基子
 体育の日のせめてものスクワット  中西英明
 威銃熊野古道に轟きぬ       松田光子
 ゆつくりと弛まず動く夜なべの手  伊藤とし子
 松手入仕上げの菰を巻きゐたる   北村好作
 ずぶずぶと御輿は海へ浦祭     境 雅秋
 勲章の展示ケースの秋の声     杉アよしこ
 猪垣といふもトタンの四枚ほど   北村好作
 撒かれゐしものとは知らず栗拾   大竹美智子
 おひつごとおかはりもして茸飯   芳田トモ子
 色づけばすぐ散る桜紅葉かな    島田楓風
 干し上がる鋼光りの唐辛子     芳田トモ子

 純也先生の御句

 十六夜の風の湿つて来たりけり
 鹿を煮て松茸狩の下山待つ
 茸縄に大きな鈴の結はへあり

 出席16名  入選35句でした。

  次回は11月13日(月曜日) 場所は中之島中央公会堂 
                B1第4会議室 6時半締切です。
 皆様の御出席、御出句をお待ち申し上げます。
                         (レポート 米澤道子)
 


 青芦句会(9月11日)レポート

 句会場近くの「中之島薔薇園」は都会のオアシスといわれ、満開の春はもちろんですが、
 花のない時期でも四季折々に散策や、ジョギングを楽しんでいる人の姿が見られます。
 9月の薔薇園は、こんなにも切らなくてもと思うほど剪定をされています。
 ぼつぼつ新芽が伸びだして、だんだんと生気を取り戻し、そのような中で秋に開花する
 四季咲き性の薔薇がちらほら咲き出しています。
 その陰には肥料を施し、殺虫剤散布、草引き、夏季の乾燥と高温を防ぐための水遣りな
 どの手を入れて、それに報いるかのように見事な満開の薔薇園になります。
 今月の青芦句会は、「残暑疲れか?類想もあり!」と先生が言われるように厳選でした。
 薔薇の開花のように肥料を施し水遣りの手間暇をかけて俳句の花を咲かせたいものです。
 
 純也先生の特選句を清記順に御紹介いたします。

 虫を聞くことにも泪出てしまふ     藤堂くにを
 形見分け始まりて閉づ秋扇       大竹美智子
 路地住みの戸締り時の夜々の月     岩城未知
 寝そびれしもととは秋の蚊の遠音    木とし子
 羽根たたみゐる鷺草のなかりけり    長安悦子
 鰡飛んで潮の満ち来る能舞台      松田光子
 秋簾まだ外されぬ日の続く       奥 可津女
 廃校のプールに群るる赤とんぼ     米澤道子
 湯の町の草むらどこも虫時雨      横田昭二
 一服の長き園丁昼の虫         斎藤妙子

 純也先生の御句

 何もなき一日欲しやいわし雲
 船通るたびに残暑の波匂ふ
 焼肉のコリアタウンの残暑かな
 栗山も松茸山も峰つづき

 出席18名  入選36句でした。
 次回は10月9日(月曜日) 場所は中之島中央公会堂 B1第4会議室
               6時半締切です。
 皆様の御出席、御出句をお待ち申し上げます。
                           (レポート 米澤道子)  


 青芦句会(8月14日)レポート
  
 美しい銀杏並木がつづく御堂筋は、延長4Km、幅44mになって今年で80周年に
 なります。
 銀行、商社、事務所などの高層ビルが建ち並ぶ大阪の代表的なビジネス街ですが、そ
 の御堂筋で大阪最大といわれる盆踊りが行われます。
 南御堂(難波別院)では8月24日、25日。
 北御堂(津村別院)では8月27日、28日。
 道路の拡張まえは、南御堂あたりに芭蕉終焉の地「花屋仁左衛門の貸座敷」がありま
 したが、現在は側道のグリーンベルトに、「此付近芭蕉終焉地」の碑がひっそりと建
 っているのみです。
 なお、南御堂の境内には自然石に彫られた「旅に病んで夢は枯野をかけ廻る」の句碑
 があります。
 銀杏並木が色づくころ、御堂筋を散策するのはいかがでしょうか。

 純也先生の特選句を清記順に御紹介いたします。

 今日はあと五軒廻ると盆の僧    中西英明
 雨ながら声張り上げる音頭取    米澤道子
 葛咲いて貯水池の風あらたまる   衛藤知香  
 端居して遠き水音聞くばかり    山内繭彦
 かみしめて聴く新盆の阿弥陀経   末永あつし
 冷房の効き過ぎらしき疲れとも   斎藤妙子
 端持ちて二人一組昆布干す     芳田トモ子
 泣き声に泣きだす子ゐて秋暑し   中西英明  
 鯉の背の色深みきし水の秋     杉アよしこ
 生盆の指折り待てる米寿の賀    織作香代
 七夕の一夜明けたる笹のいろ    谷野正子
 戒名の経木の増えて迎鐘      伊瀬知正子
 短かめに着こなし踊上手なる    伊藤とし子
 反戦と言ふは易けれ終戦日     山内茉莉
 嵩のもの抱へ草市帰りかな     境 雅秋
 湧水を引き摂待の大薬缶      島田夏楓
 香を利いて草市に買ふ線香かな   境 雅秋
 日没を待たず花火の音あがる    奥野とみ
 一斉に揺れはじめたる切子かな   北村好作
 コーラスの発表を終へソーダ水   杉アよしこ
 とび入りと手振りで知れる踊かな  谷野正子

 純也先生の御句

 立秋をただ迎へしといふばかり
 信号の無駄に長くて炎天下
 名宝に秘仏に汗の引きにけり
 界隈の示し合はせて門火焚く

 出席17名 欠席投句28名 入選55句でした。

 次回は9月11日(月曜日)場所は中之島中央公会堂 B1第4会議室
              6時半締切です。
 皆様の御出席、御出句をお待ち申し上げます。
                          (レポート 米澤道子)
         


  青芦句会(7月10日)レポート

 今月5日の九州北部地方での豪雨。気象庁は「記録的短時間大雨情報」を断続的に発
 表しました。
 これは数年に一度しか観測しない大雨のことだそうです。
 テレビ、新聞のトップニュースとして豪雨の現状を見るたびに心が痛みます。
 青芦句会へも北九州の方々からの御出句があり、「わが町の温和な川の梅雨出水」の
 句がありました。
 一日も早い梅雨明けを願うばかりです。
 堂島川と土佐堀川に挟まれた中之島、句会場の公会堂は、大雨になれば・・・・?
 ふと思ったりしました。

 純也先生の特選句を清記順に御紹介いたします。
 

 伊勢海老のメインディッシュの夏料理   中西英明
 一日の極暑をしづめ星一つ        伊藤とし子
 面映ゆくリボン派手めな夏帽子      米田静枝
 採れすぎて昨日も今日も茄子料理     大竹美智子
 蓮見茶屋朝がゆ出してもてなせり     清水多憙子
 腹当の子を転がしてありにけり      境 雅秋
 梅雨明けの今日か明日かと仰ぐ空     田中由子
 冷房を出て退勤の息深く         田中由子 
 兜虫大きく画きて入賞す         斎藤妙子
 茄子に指軋ませながら洗ひけり      大竹美智子
 冷蔵庫開けて北海道牛乳         藤堂くにを
 暮れるまで梅雨晴惜しみ子等遊ぶ     横田昭二
 水中花水の減りゆくことあはれ      しのぶ日月
 今釣れしものづくしなる夏料理      北村好作
 保育所へ着替へ持たせて水遊       米澤道子
 滝しぶき観瀑台にまで及ぶ        松田光子
 さぶいぼをタオルで覆ふ海開       菅野惇子
 ナイターのさよなら勝ちに憂さ払ふ    伊藤とし子
 甲種とて泳ぎ自慢の海開         伊瀬知正子
 賑やかに終活といふ夏期講座       奥野とみ
 一匹の鳴けばたちまち蝉時雨       岡本 戎
 沙羅の花ためらひもなく落ちにけり    清水多憙子
 倒木のまたも塞げる登山道        松田光子
 撒水車通り過ぎればもう乾き       石井順恵
 元子爵別邸といふ夏館          中西英明

 純也先生の御句
 

 遠つ世を中つ世を経て滴れる
 どつちでもとは言ひながらビールから
 降り抜きしあとの薄日の睡蓮花
 青嵐大竹藪を揉み上げて
 

 出席18名 欠席投句29名 入選49句でした。
 次回は 8月14日(月曜日)場所は中之島中央公会堂 B1第4会議室
     6時半締切です。
 皆様の御出席、御出句をお待ち申し上げます。
                           (レポート/米澤道子)
 


 青芦句会(6月12日)レポート

 6月下旬ころ、泥の中から大輪の美しい花を咲かせる蓮。古くから仏教との深い関わり
 をもっていて、神聖な花とされています。
 開花期は6月下旬から9月上旬で、早朝に開き昼頃には花を閉じます。
 花の命は4日間ほどと短いですが、有名な「大賀蓮」の種は、数百年、数千年の眠りか
 ら覚めて発芽し開花しました。
 多くは一重咲きですが、八重咲き、千弁咲きもあって「ミセス・スローカム」と命名さ
 れた、米国生まれの八重咲きの珍しい品種の蓮もあります。
 大阪の近くでは万博記念公園や長居公園などが、まもなく見頃を迎えそうです。

 純也先生の特選句を清記順に御紹介いたします。

 梳く髪の櫛にからまる梅雨湿り   辻井左夜佳  
 水を打ちつつ降りさうな空仰ぐ   中西英明
 時雨亭跡は石のみ苔の花      伊瀬知正子
 茶掛の絵実篤らしき夏座敷     境 雅秋
 ゆるやかに扇使ひて聞き流す    辻井左夜佳
 架け替へし木橋匂へり川涼み    境 雅秋
 土用灸腹へこませて耐へゐたる   北村好作
 外濠の濁りふるはせ蟇       奥野とみ
 鼻声も母に似て来し夏の風邪    芳田トモ子
 蛍火の増え来る闇の動きけり    畠中俊美
 咲きそめし梔子のはや錆少し    米田静枝
 ぶり返しぶり返しつつ夏の風邪   米澤道子
 嫌がつて脱ぎたがる子や夏帽子   田中由子
 迷路めく水路暮れゆく行々子    大竹美智子
 百幹のしきりに降らす竹落葉    山内茉莉
 揺れゆれて花藻浮いたり沈んだり  織作香代

 純也先生の御句
    

 又しても鯉跳びはねて梅雨晴間
 借景の山々さらに緑濃し
 生臭く動きさうなる蛇の衣
 光るもの殖やして蜻蛉生まれけり

 出席17名 欠席投句29名 入選47句でした。
 次回は7月10日(月曜日) 場所は中之島中央公会堂 B1第4会議室
 6時半締切です。
 皆様の御出席、御出句をお待ち申し上げます。
                            (レポート 米澤道子)
 


 青芦句会(5月8日)レポート

 「水の都」として知られる大阪は、「浪華八百八橋」といわれるほど橋と水路が多い街
 です。
 大阪中を縦横無尽に伸びた堀川には橋が架けられ、江戸時代には交通、物資の輸送の要
 となり、やがて日本一の経済都市「天下の台所」として栄える要因となりました。
 土佐堀川には淀屋橋、栴檀木橋、難波橋など、堂島川には大江橋、水晶橋、鉾流し橋な
 どが架かっています。
 なかでも淀屋橋や栴檀木橋からは、大阪市庁舎、図書館、中央公会堂、東洋陶器美術館
 などが新樹の蔭に一望できます。
 
 純也先生の特選句を清記順に御紹介いたします。

 茄子植ゑて新聞紙に囲ひあり     大竹美智子
 色違ふ薔薇咲き昇るアーチかな    斎藤妙子
 帽子飛ぶ茅花流しの河川敷      久保達也
 竹林の撓る風音夏に入る       衛藤知香
 ニュータウン古りアカシアの花盛り  竹村元秀
 漆黒の影翻し揚羽蝶         竹村元秀
 古茶淹れて大福餅を半分こ      伊藤とし子
 千年の古都の老舗の新茶かな     中西英明  
 草笛の雅楽に似つつ響きけり     北村好作
 菜園に軍手干しある薄暑かな     大竹美智子
 余花に会ひしばらく休む札所径    伊藤とし子
 かやぶきの里の外れの夏蕨      中西英明
 鍵盤の重き卯の花腐しかな      里見かつこ
 花は葉に入院中の爪伸びて      山内茉莉
 碧眼のヒッチハイクの遍路笠     岡本 戎
 嵐峡の舟を辷らせ若葉風       島田夏楓
 腰入れて揉み上げてゆく新茶かな   伊瀬知正子
 宿題もやらねばならぬ子供の日    松宮善之
 ヘリコプター飛んで祭の闌に     斎藤妙子

 純也先生の御句

 押し合うていびつならざるつつじかな
 鯉のぼり戦あるなと泳ぐなり
 蜃気楼出るぞ出るぞと出ずじまい
 図書館に庁舎に新樹明かりかな

 出席20名 欠席投句23名 入選46句でした。

 次回は6月12日(月曜日)
 場所は中之島中央公会堂 B1第4会議室 6時半締切です。
 皆様のご出席、ご出句をお待ち申し上げます。 
                             (レポート 米澤道子)  


 青芦句会(4月10日)レポート

 大川と土佐堀川に挟まれた中之島にたたずむ重厚な赤煉瓦の建築。
 大阪市中央公会堂は、来年には開館100周年を迎えます。  
 神話の「天地開闢」を描いた天井画、大理石の床の大ホールは1100人余りを収容
 できますし、その他の集会室も貸し出されて、年間で約100万人が利用しています。
 人気のある公会堂の場所取りは難しく半年前の予約ですが、場所柄か商用使用の申し
 込みも増えているようで、文化活動に使うには苦労が増えています。
 月に1回の青芦句会ですが、それでも約100万人の一部を担っています。

 純也先生の特選句を清記順に御紹介いたします。

 大川に汐満ちて来し夕桜       辻井左夜佳
 雨にぬれながらも花の咲きすすむ   長安悦子
 春愁や詮なきことを思案して     伊藤とし子
 今日もまた雨の予報の桜かな     田中由子
 羽搏きて羽繕ひして巣鳥かな     末永あつし
 仏壇のいつとはなしの春の塵     山内茉莉
 格子戸をすり抜けてゆくしやぼん玉  竹村元秀
 いつせいに蝌蚪の蠢く澱みかな    菅野惇子
 転校生名乗り大きく初桜       伊瀬知正子
 母の背を父の背を越え智恵詣     織作香代
 春炬燵机替りにいつまでも      伊藤とし子
 踏切へ春泥落し耕耘機        米澤道子
 ぶらんこの立漕ぐ兄を見上げけり   米澤道子
 定期券見せ合うてゐる入学児     北村好作
 花巡り三井の晩鐘聞きて果つ     清水多憙子
 定期券首にぶら下げ入学子      山下みつぐ
 リハビリの仲間が出来てあたたかし  奥 可津女
 揺れ交はしポピーの丈のみな揃ふ   境 雅秋
 春昼のどこかに何か電子音      中西英明
 抽んでて蘆の若葉の戦ぎかな     芳田トモ子
 寄居虫の逃げ足もつれをりにけり   久保達也
 逆打ちの破れ笠なる遍路かな     伊瀬知正子
 足音に鳥翔つ雀隠れかな       山内繭彦
 夜桜にしりぞく闇のありにけり    柳田道子
 山宿の朝の目覚めの百千鳥      奥 可津女
 古書市の払へどもなほ花の塵     菅野惇子

 純也先生の御句

 結論の出ぬ話して日の永き
 落椿のみで葺きたる花御堂

 出席17名 欠席投句27名 入選64句でした。
 次回は5月8日(月曜日) 場所は中之島中央公会堂B1第4会議室
 6時半締切です。
 皆様のご出席、御出句をお待ち申し上げます。
     (レポート 米澤道子)
 


 青芦句会(3月14日開催)レポート

 3月12、13の両日に京都で行われた純也主宰就任20周年祝賀会も和やかなうちに
 終わりました。
 残念ながら桜には少し早い京都でしたが、14日の青芦句会では、
 
「老木の幹に貼り付く初桜」
 「東山朧に祝ぎの宴つづく」
 「自撮棒伸ばし縮めて古都うらら」
 
 など、祝賀会に参加されたメンバーの句もいくつか出句されていました。

 純也先生の特選句を清記順に御紹介いたします。

 噴霧器の扱ひ教へ苗木市       米澤道子
 検算の指折りかぞへ受験の子     松宮善之
 小物まづ外し小箱へ雛納       岡澤ひろみ
 海峡の渦の膨るる鳥曇        柳田道子
 思ひきりよき剪定の鋏かな      横田昭二
 見え隠れ潮入川の葦の角       奥野とみ
 いつも見ぬ子等の乗車の大試験    上月ひろし
 老木の幹に貼り付く初桜       芳田トモ子
 エレベーター開く正面雛売場     斎藤妙子
 春愁や剥き損なひの茹で玉子     中西英明
 青竹を切りつつ垣を繕へる      杉アよしこ
 舟波の時に大きく蘆の角       大竹美智子
 水中の鯉も泣顔涅槃絵図       山内繭彦
 神苑の小流れにして蜆棲む      島田夏楓
 自撮棒伸ばし縮めて古都うらら    久保達也
 葉牡丹の茎立そろひゐたりけり    北村好作
 賓頭盧の頭てらてら彼岸寺      松宮善之
 一湾を占む海苔粗朶に雪しまく    松田光子
 笹舟を浮かべ競へる春の水      岡本 戎
 治聾酒と言うて禁酒を破りけり    久保達也

 純也先生の御句

 星空の明けて水取果てにけり
 
?子を台車ごと糶り落としたる
 秘めごとは秘めごとのまま春の雷
 恋の猫蛤御門出て来たる

 出席19名 欠席投句25名 入選45句でした。
 次回は4月10日(月曜日) 場所は中之島中央公会堂 B1第4会議室
               6時半締切
 皆様の御出席、御出句をお待ち申し上げます。
     (レポート 米澤道子)
 


 青芦句会(2月13日開催)レポート

 青芦句会の前日の吟行は大阪城公園梅林でした。
 蕾硬し、蕾膨らむ、咲き始め、5分咲きとまちまちでした。
 早咲きの「寒紅」「鹿児島紅」が濃い紅色に、白梅の「南高」が満開になっていました。
 一木で紅と白とに咲きわける「思いのまま」は咲き始め、満開の姿を想像するとまた訪
 れてみくなりました。
 梅林を天守台の高見より眺めますと、霞のように淡く別の趣がありました。

 純也先生の特選句を清記順に御紹介いたします。

 もう咲いてゐるではないかいぬふぐり  栗本伊基子
 ガス欠の警告灯り冴返る        中西英明
 門川の瀬音聞こゆる雛の家       畠中俊美
 捨畑の畦をもたげて蕗の薹       横田昭二
 ひとり居の形ばかりの豆を撒く     岩城未知  
 キーパーと一対一の息白し       北村好作
 無住寺を勝手気ままに恋の猫      米澤道子
 思ひきり伸びて羽ばたく春の鴨     芳田トモ子
 春寒しまだ手に軽き貯金箱       米澤道子
 図書館の裏に消えゆく恋の猫      畠中俊美
 撒く豆に転ぶ仕草の追儺鬼       米澤道子
 雪国の供華とし摘まれ猫柳       芳田トモ子
 雪卸す梯子に雪の降り止まず      斎藤妙子
 通夜の客去りて余寒の椅子並ぶ     伊藤とし子
 税務署のロビー混み合ふ余寒かな    米澤道子

 純也先生の御句

 音立てて薄氷割るる日中かな
 青空のしたたつてゐる氷柱かな
 風邪の身を優先席に沈めけり
 収穫のはうれん草の雪払ふ

 出席18名 欠席投句27名 入選39句でした。
 次回は3月14日(火曜日) 場所は中之島中央公会堂 B1第4会議室 
 6時半締切です。
 皆様の御出席、御出句をお待ち申し上げます。
                            (レポート 米澤道子)
 


  青芦句会(1月9日)レポート
 
 寒中お見舞い申し上げます。本年もよろしくお願い申し上げます。
 「成人の日」の青芦句会は、いつもの会場の「中之島公会堂」は、一年前から予約される
 「成人の日」の式典で、全室が貸し切りとなってしまいます。
 止むなく、本部句会の例会の会場だった「大阪府社会福祉会館」で行いました。
 風は冷たかったのですが晴天に恵まれ、駅に街にと晴着姿の新成人とすれ違いました。
 入選句には、「乗り合はす成人の日の振袖に」や「成人の日の突飛なる衣装かな」と、こ
 の日らしい句がありました。

 純也先生の特選句を清記順に御紹介いたします。

 去年今年薬の数に変りなく     菅野惇子
 木の根道踏み摂社にも初詣     松宮善之
 初暦よき日々続きゐたりけり    田中由子
 腰据ゑて話の尽きぬ礼者かな    米澤道子
 蕗の薹さがす目となる散歩かな   芳田トモ子
 悴みて衝突事故の横通る      米澤道子
 成人の日の突飛なる衣装かな    山下みつぐ
 福引の補助券ばかり残りたる    久保達也
 太鼓橋やうやう渡り初詣      伊藤とし子
 快晴にして恙なき初日記      伊藤とし子
 乗り合はす成人の日の振袖に    田中由子
 改めて齢を思ふ初鏡        伊藤とし子
 初みくじ姿勢正して開きけり    大竹美智子
 風荒ぶ畦道たどり若菜摘む     畠中俊美
 着飾りて娘ら賑やかに初電車    奥 可津女
 書初の打ちたる点の滲みけり    北村好作
 初場所の小兵の大き抱負かな    織作香代
 朗吟の奥の細道初稽古       横田昭二
 初旅の浜に拾ひし貝ひとつ     山内繭彦
 寒の夜の鏡に映る齢かな      岡本 戎
 群りて給水塔の初鴉        石井順恵
 下請のその下請の冬灯       斎藤妙子
 庭先に日の当り来し初雀      岩城未知
 神鹿の眼光れる除夜詣       松田光子
 初売にして売り尽しセールかな   中西英明
 大願を気合に込めて初稽古     島田夏楓
 橋に人来れば寒鯉向き変ふる    斎藤妙子
 初戎一番乗りの笹掲げ       芳田トモ子 

 純也先生の御句

 春着の子はきはきものを言ひにけり
 福娘とは選ばれし雇はれし
 我こそは巻頭作家初句会

 出席22名 欠席投句26名 入選64句でした。
 次回は2月13日(月曜日) 場所はいつもの中之島中央公会堂B1第4会議室で、
   6時半締切です。 
 皆様の御出席、御出句をお待ち申し上げます。
                               (レポート 米澤道子)
 


 青芦句会(12月12日)レポート
 
 難波橋から中之島の薔薇園を眺めますと、いつもと様子が違うのに気づき寄り道をして
 みました。  
 冬の薔薇園は、人の姿はなくジョギングする人が時折通りすぎるくらいです。
 花はないのですが 棘も鋭く葉の色も濃く、春に向けての力を秘めているようです。
 そんな園の小径に沿って鉢植えの木が置かれていて、それらの木々には子供達が描いた
 絵の小袋が吊られていました。夜になるとそれらに明かりが灯るのでしょう。
 中之島はクリスマスを前にイルミネーションで溢れています。

 純也先生の特選句を清記順に御紹介いたします。

 胸騒ぎ覚え霜夜の電話かな       米田静枝
 大根焚奉仕の白き割烹着        大竹美智子
 またたいて饒舌なりし冬の星      竹村元秀
 寝ることもテレビにも飽き風邪癒ゆる  谷野正子
 大根焚大湯気上げて炊き上がる     廣瀬照子
 コンビニにすます振込日短       辻井左夜佳
 湯気立てて読みすすみゐる夜更かな   横田昭二
 端唄など口衝き出でて懐手       竹村元秀
 過ぎて行くバスを追はんと息白し    上月ひろし
 虎河豚の専用生簀うす暗く       末永あつし
 短日や割引券を使ひ切り        田中晃真
 鯉揚げの小海老を買ふも年用意     芳田トモ子
 日輪の波の微塵の浮寝鳥        外村勢佳
 顔ぶれの欠けることなく年忘      山下みつぐ
 スリッパの沈む絨毯冬館        米田静枝
 極月の遅れがちなるバスを待つ     清水多憙子
 古暦少し傾くままにかな        栗本伊基子
 禅寺の日差まぶしき障子かな      杉アよしこ
 郵便と夕刊を待ち日向ぼこ       斎藤妙子
 売子みなサンタの姿年の市       松宮善之
 着ぶくれて軽口たたく朝市女      米田静枝
 ずわい蟹泡にまみれて届きけり     境 雅秋
 おでん酒自慢も愚痴も聞き流し     伊藤とし子
 娘のメール読んでゐる間の湯ざめかな  杉アよしこ
 庁舎にもイルミネーション聖夜待つ   奥 可津女
 鰭酒に舌のしびれて来たりけり     中西英明
 配達員急募の手書き年の暮       橋 翠
 独り居のきままにおでん煮返しぬ    米澤道子 
 鉦鳴らし鮪解体始めけり        伊瀬知正子
 拝殿の建て替へ済みて神迎       岡澤ひろみ
 大根干鈴鹿颪の力借り         長安悦子
 大根焚門の外まで湯気あふれ      久保達也
 七万坪と大書の売地冬ざるる      長安悦子
 くたくたに炊かぬわが家の根深汁    木とし子

 純也先生の御句
 

 倫敦の霧深き日の漱石忌
 いま時雨ありしばかりに月射して
 地響きを伴ひつつの雪起し
 まかなひが名物となり鮪汁

 出席17名 欠席投句30名 入選64句でした。

 今年も一年間、ありがとうございました。
 来年もどうぞよろしくお願い申しあげます。

 次回は平成29年1月9日(月曜日)場所は大阪府社会福祉会館4階404号室、
 2時締切です。
 皆様の御出席、御出句をお待ち申し上げます。
                             (レポート 米澤道子)
 


  青芦句会(11月14日開催)レポート

 青芦句会場(中央公会堂)のある中之島には、国立国際美術館、フェスティバルホール、
 大阪市立東洋陶磁美術館、大阪市立科学館、そして大阪市中央公会堂と文化施設が集中し
 ています。
 ここにまた一つ大阪新美術館建設の構想があります。中之島が「文化ゾーン」として文化
 の発信をと期待されています。
 大阪市が所蔵している、ユトリロ、モディリアー二、ダリ、ボッチョーニなどの近現代美
 術に加えて、大阪ゆかりの佐伯祐三の作品も豊富で、あわせて展示が予定されています。
 これらの作品が日の目を見られるのはいつになるのでしょうか。

 純也先生の特選句を清記順に御紹介いたします。

 薄紅葉濃紅葉疎水沿ひの道      田中由子
 奥嵯峨の名もなき庵の帰り花     伊藤とし子
 話し声大き女の嚔かな        岡澤ひろみ
 ほとばしる滝を抱きて山眠る     松田光子
 写真屋のなだめ道化て七五三     伊藤容子
 突堤の白波かぶり神渡        末永あつし
 銀杏を拾へる間にも落ちて来る    岡澤ひろみ
 飛来して陣をなす鴨なさぬ鴨     大竹美智子
 マスクして籤買ふ長き列にゐる    久保達也
 音立てて雨降りそむる落葉径     長安悦子
 祥月の墓に大綿飛び交うて      栗本伊基子
 竹瓮上ぐ中に何やら大暴れ      石井順恵
 住み古りていつしか二人石蕗の花   清水多憙子
 小糠雨またも降り来て冬めける    織作香代
 ひと筋に五代目といふ酢茎売     中西英明
 なほ奥へ嵯峨野の紅葉訪ねゆく    伊藤とし子
 しぐるるや墓地入口の六地蔵     岡本 戎
 三の丸広場にロック文化の日     奥 可津女
 つながらぬ電話サポート日短     中西英明
 繕うて母の手縫の綿子着る      衛藤知香

 純也先生の御句

 新蕎麦とあらば一合二合では
 とびつきり大根辛き走り蕎麦
 舌の根で味はうてゐる新酒かな
 車窓より淀の夜鴨の気配あり

 出席17名 欠席投句30名 入選51句でした。
 次回は12月12日(月曜日) 場所は中之島中央公会堂 B1第4会議室   
 6時半締切です。  
 皆様の御出席、御出句をお待ち申し上げます。
                                (レポート 米澤道子)


 青芦句会(10月10日)レポート

 大阪のシンボルの一つ中之島中央公会堂の展示室には、公会堂建設に莫大な私財を投じた
 岩本栄之助の胸像があります。
 また、建物の東には関 一の銅像が立っています。関 一は大正3年に助役に、昭和23
 年に市長となり、地下鉄建設、大阪城再建、大阪市立大や市民病院の開設に取り組みまし
 た。
 大阪のもう一つのシンボルである御堂筋は幅6mほどでしたが、約44mに拡幅されたの
 も関 一市長のころ。
 完成から79年。幅約44m、長さ約4Kmの御堂筋にはイチョウ並木が成長し、銀杏がす
 ずなりですが、入選句「拾ふ人なきぎんなんのよく臭ふ」のように、今では拾う人もいない
 ようです。

 純也先生の特選句を清記順に御紹介いたします。

 草じらみ投げ合ひながら下校の子  松宮善之
 城跡の虫の野原となりにけり    岡澤ひろみ
 新米と言はれぬまでもわかりけり  北村好作
 笠深く足早に過ぎ秋遍路      松田光子
 秋風や言ひそびれたること一つ   辻井左夜佳
 いつまでも詰碁の詰まぬ夜長の灯  久保達也
 色鳥の木洩日ちらし今日もまた   清水多憙子
 新蕎麦を当てに徳利の二三本    伊瀬知正子
 これこそと思ふ通草の蔓たぐる   斎藤妙子
 灯火親し付箋増えたる全句集    久保達也
 そこはかとなき秋薔薇の香りかな  竹村元秀
 三十三番舞うて夜神楽果てにけり  伊瀬知正子
 秋風や電車待つ間に暮れて来て   奥 可津女
 独りごと言うて納得ぬくめ酒    伊藤とし子
 松手入老職人に跡目なく      菅野惇子
 雨弾く鋼の色の尾花かな      長安悦子
 通草さげハイカー山を下り来る   畠中俊美
 富士望むペンション村の秋桜    松田光子
 一面の崩落跡を葛茂る       奥野とみ
 薄紅葉南京黄櫨に始まりし     境 雅秋

 純也先生の御句

 消し忘れたるままにして夜長の灯
 耳の奥痒くて地虫鳴きにけり
 おのづから新豆腐とは知られけり
 どんぐりの拾へ拾へと輝ける

 出席15名、欠席投句30名、入選46句でした。
 次回は11月14日(月曜日) 場所は中之島中央公会堂 大会議室 6時半締切です。
 皆様の御出席、御出句をお待ち申し上げます。
                            (レポート 米澤道子) 
 


 青芦句会(9月12日)レポート

 先日、南千里公園、北千里公園界隈を吟行しましたが、水辺あり、丘あり、花野あり、
 森林がありと、久しぶりで自然にひたりました。
 薄、萩、葛などはすぐに目につき、桔梗も花壇に植えられていました。
 藤袴、女郎花なども広大な公園を探せば見つかりそうで、 「秋の七草」が揃っていた
 かもしれません。しかし撫子はどうでしょうか? 
 葦、藺、沢瀉、未草、蓮、河骨、鷺草、は「夏の七草」。昭和の初め頃に観修寺という
 人が選んだとのことです。
 藜(アカザ) 露草(ツユクサ) 牛膝(イノコヅチ) 白詰草(シロツメクサ)
 滑?(スベリヒユ) 姫女?(ヒメヂヨオン) ?(ヒユ)
 これらも「夏の七草」と言われ、第二次世界大戦中に日本学術振興会が選定したもので、
 食料不足の時代に食べられる野草を紹介したのだそうです。
 
 特選句を清記順に御紹介いたします。
 

 唐辛子ゆがみねぢれて日をはじく    米田静枝
 遥かまで朝靄立てる青田かな      森本隆子
 秋刀魚焼く煙の立ちてこその味     岡澤ひろみ
 スーパーへ駆け込む僧も大夕立     松宮善之
 藤蔓に紛うて下る秋の蛇        米澤道子
 新蕎麦の待つを覚悟の座敷かな     畠中俊美
 携帯も届かぬ山家星月夜        山内繭彦
 桐の実やワンマンカーの無人駅     杉アよしこ
 ゑのこ草生ふ無住寺の破れ瓦      山下みつぐ
 ビル街にバケツころがる台風過     谷野正子
 露天湯の虫鳴く闇の更けにけり     伊藤容子
 天平の塔の礎石の秋の声        長安悦子
 風に揺れ裏表なき吾亦紅        清水多憙子
 艫綱の張り詰めてゐる野分かな     松田光子
 絡むもの選ばず葛のはびこれり     伊瀬知正子
 白髪を笠に収めて秋遍路        伊藤とし子

 純也先生の御句

 
生前を知らぬ子ばかり墓洗ふ
 倒伏の稗だらけなる稲を刈る
 残暑なほ今日もどこかで地震揺れ

 出席20名 欠席投句28名 入選40句でした。
 次回は10月10日(月曜日 体育の日)場所は中之島中央公会堂 B1第4会議室 
 6時半締切です。
 皆様の御出席、御出句をお待ち申し上げます。
                            (レポート  米澤道子)
 


 青芦句会(8月8日)レポート

 今年から、「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する日」として8月11日が「山の
 日」として施行されました。
 季語にもあります「山開」は6月1日、「富士の山開」は7月1日ですから、8月11日
 は「山」にはあまり関係ないようです。
 8月19日は語呂合わせで「は(8)い(1)く(9)の日」です。
 1991年に坪内稔典氏らが提唱して「俳句の日」と決まりました。
 それ以前の1989年に、総務庁交通対策本部が8月19日を「バ(8)イ(1)ク))
 の日」と制定。「バイクの安全を考え、バイクによる交通事故の増加を防止するための日」
 だそうです。

 純也先生の特選句を清記順に御紹介いたします。
 

 しばらくはお喋り止めてかき氷  伊藤とし子
 幼ゐて遊山めきたる墓参かな   杉アよしこ
 月淡く朝顔の紺濃かりけり    島田夏楓
 花筒に傾ぎ癖あり墓掃除     大竹美智子
 盆休なしとふお化け屋敷かな   中西英明
 帰国して検査続きの水中り    上月ひろし
 百枚の青田の色のみな揃ふ    長安悦子
 コンビニの店員の掃く火取虫   米澤道子
 コンビニの傘売切れし大夕立   田中晃真
 夕影をいつしかまとひ浜晩夏   久保達也
 炎昼の土の匂ひの日照雨かな   斎藤妙子
 襟元に秋立つ気配ありにけり   栗本伊基子
 初秋の草丈つくし垂れそむる   伊瀬知正子
 

 純也先生の御句

 一
電車逃がせし駅の西日かな
 汗の人眠りこけゐて凭れ来る
 この店のこの月だけの鱧うどん

 出席18名 欠席投句29名 入選41句でした。
 次回は9月12日(月曜日) 場所は大阪中央公会堂 B1第4会議室 6時半締切です。
 皆様の御出席、御出句をお待ち申し上げます。         
                          (レポート 米澤道子)
 


 青芦句会(7月11日)レポート

 青芦句会場の中之島中央公会堂近くには、難波橋、天満橋と共に浪華三大橋の一つ天神橋が
 あります。
 その天神橋のたもとの菅原町には「大阪の化け猫」の昔話があります。
 江戸時代、海産物の問屋が集まっていた菅原町の楽隠居の猫好きの夫婦が、一匹の猫をまる
 で娘のように「猫かわいがり」していました。
 そして10年以上も経つと、その猫はメタボの大猫になりました。
 そんなある夜、飼い猫が鏡の前で化粧をして、まるで人間の娘のように踊り出したので、老
 夫婦は青くなり腰をぬかしました。
 猫も人と同じように育てたら学習をして、まるで人のように振る舞うのかもしれません。
 この頃のペットブーム、テレビのコマーシャルにはスター猫も登場して猫の人気が上昇して
 いますが、蒸し暑い日の少しゾクッとする、大阪には珍しい化け猫の話でした。
 この菅原町は、山茶花の印刷をお願いしている繁栄舎さんのある街です。

 純也先生の特選句を清記順に御紹介いたします。

 真ッ先に山車蔵祓ふ祭町       畠中俊美
 発車して弱冷房車かと気付く     斎藤妙子
 早朝に切りて木槿を仏花とす     奥 可津女
 聴きてすぐ止みて初蝉なりしかな   横田昭二
 ランドセル汗を背負うてをりにけり  山内茉莉
 水やりの音の聞こゆる朝涼し     木とし子
 炎天に踏み出す腹を括りけり     境 雅秋
 夏座敷風まつすぐに通りけり     北村好作
 白浪の祝詞掻き消し海開       伊藤容子
 濯ぎもの干すに重ねる日焼止め    芳田トモ子
 陸浅く凹む硯を洗ひけり       竹村元秀
 半夏生丸焼きの鯖たひらぐる     田中晃真
 羽目少し外したき日のサングラス   斎藤妙子
 開ききる月下美人の一ト揺らぎ    森本隆子
 駄菓子屋の朝から混んで夏休     境 雅秋
 教習のヨット輪となり列となり    大竹美智子
 纜を捲きて日焼の腕かな       芳田トモ子
 肝心なことは聞けずにソーダ水    米澤道子

 純也先生の御句

 かうもりや裏戸に板場煙草吸ふ
 はじめから傾いてゐる水中花
 饐飯のさすがにこれは糊に煮る
 
 出席21名 欠席投句26名 入選52句でした。
 次回は8月8日(月曜日) 場所は中央公会堂 B1第4会議室 6時半締切です。
 皆様の御出席、御出句をお待ち申し上げます。      (レポート 米澤道子)
 






俳句「山茶花」のホームページです