青芦句会    当季雑詠
 定例日=第二月曜日
 句会場=大阪市中央公会堂

 青芦句会(7月9日)レポート

 句会の日(9日)は、近畿地方が平年より12日早く梅雨明けしたと発表され、
 大阪の空は久しぶりに青空が広がっていました。
 梅雨の期間は運休している、小型クルーズ船「水都号アクア mini」が、自転車
 ほどの速さで大川を進んでいました。
 観光客を乗せて大阪城と道頓堀を50分で結ぶ遊船です。
 入選句に「まだ少し濁る大川船遊」がありました。

 純也先生の特選句を清記順にご紹介いたします。

 竹林へ開け放ちたる夏座敷     奥野とみ
 知床の番屋泊の昆布刈       織作香代
 浮き上る
蠑螈に雨の上りけり    柳田道子
 夏祓篠突く雨となりにけり     山内繭彦
 梅雨明の約束ばかり増えてゆく   斎藤妙子
 箸置の琉球ガラス夏料理      石井順恵
 湯気上げて舗装仕上がる梅雨晴間  山下みつぐ
 いつまでも子らの眠らぬ蚊帳の中  山下みつぐ
 バンガロー炊事当番壁に貼り    松田光子
 釣宿の釣果そのまま夏料理     伊藤とし子

 純也先生の御句 

 ここからは舟を出すしか水見舞
 崖崩れ引き起こしたる出水かな
 渡月橋通行止めの出水かな
 ライト手に出水の橋を渡り行く

 出席15名 不在投句26名 入選37句でした。
 次回は8月13日(月曜日) 
 場所は大阪市中央公会堂 B1第4会議室 6時半締切です。
 皆様の御出席、御出句をお待ち申し上げます。
   (レポート 米澤道子)
 


 青芦句会(6月11日)レポート

 大阪の中之島には大阪市役所、日本銀行大阪支店、府立図書館、市立科学館、
 大阪国際会議場、国立国際美術館、ホテルなど重要な建物が建ち並んでいます。
 新聞に「黒猫2匹 市役所前のアイドル」と、2匹の黒猫の写真と記事が載っ
 ていました。
 2匹の黒猫は都会のオフィス街の片隅で悠々自適に過ごしていて、道行く人々
 がエサや雨よけの傘を差し入れています。
 青芦句会の帰りに2匹を見に行きましたが、結構太っていて健康そうでした。
 若い人たちが遠くから写真を撮りに来たりしていました。
 2匹にはまだ名前はない・・・・。
 
 純也先生の特選句を清記順にご紹介いたします。

 睡蓮の水をあまさず咲きわたる     北村好作
 庭に摘む紫蘇の葉香る昼餉かな     畠中俊美
 ファックスの紙づまりして梅雨じめり  米澤道子
 白南風に少女の髪の輝けり       菅野惇子
 一トしきり鳴いては沈み行々子     末永あつし
 羅や老いても眉目の麗しく       伊藤とし子
 正一位稲荷の旗も梅雨じめり      奥 可津女
 早苗籠積み並べたる縄手道       山下みつぐ
 不揃ひの庭の実梅を洗ひけり      清水多憙子
 グローブを磨く匂ひも梅雨に入る    芳田トモ子
 目を据ゑて微動だにせぬ蟇       米田静枝
 梅雨湿りして吊革の揺れ揃ふ      境 雅秋
 一茎の立姿こそ花菖蒲         森島邦彦
 本陣の軒ひるがへる夏燕        松田光子
 図書館の本なんとなく梅雨湿り     石井順恵
 洗車場混み合うてゐる梅雨晴間     岡澤ひろみ
 ひとところ堰き止めもして溝浚へ    大竹美智子
 蛍火のゆくへの闇の新しく       竹村元秀
 梅雨空を厭はぬ百度参りかな      中西英明

 純也先生の御句

 点滅のコンビナートの五月闇
 揚羽蝶集めてへくそかづらかな
 宮裏へ径あるはあり蛇苺
 梅雨鴉囃し立つとも脅すとも
 さざ波となりつつ蛇の泳ぎ去る

 出席16名 不在投句27名 入選50句でした。
 次回は7月9日(月曜日),  
 場所は大阪市中央公会堂 B1第4会議室 6時半締切です。
 皆様の御出席、御出句をお待ち申し上げます。   
(レポート米澤道子)  


 青芦句会(5月14日)レポート

 難波橋を中頃まで渡って来ますと、川風にまじって薔薇の香りが漂ってきます。
 土佐堀川と堂島川に囲まれた中之島公園の「バラ園」は最盛期は過ぎましたが、
 そぞろ歩きにカメラを構える人、犬の散歩の人、観光客と一日中賑わっています。
 「バラの庭」「バラの小みち」「バラの広場」の3つのエリアからなり、常に園丁
 が2~3人手入れをしています。
 まだまだ色も形も美しい大輪の薔薇を10㎝くらいの茎を付けて、切り落として籠
 に捨てていきます。
 あまりにももったいないので「一本頂けませんか…」と、無粋な質問をしてみまし
 たが「決まりですから」と、もちろん断られました。
 川筋にはビルが建ち並ぶ中之島「バラ園」は都会のオアシスです。
 
 純也先生の特選句を清記順に御紹介いたします。

 天を指す指にも甘茶かけにけり   松宮善之
 夫病んでひとりの家の若葉冷    芳田トモ子
 命日の御膳に匂ふ豆御飯      栗本伊基子
 烏帽子紐きりりと結び祭稚児    山下みつぐ
 堀川の山車の灯映し流れけり    岡本 戎
 もみくちやになりて夜宮の道迷ふ  伊藤とし子
 色も香も値も飛切りの新茶かな   中西英明
 ためらひもなく竹皮を脱ぎにけり  清水多憙子
 更衣するに思案の昨日今日     斎藤妙子
 まなじりの紅きはやかに祭の子   芳田トモ子
 園丁の剪り捨てし薔薇香りたつ   長安悦子
 河鹿聴く踏板荒きかづら橋     松田光子
 廃れたる火見櫓の鴉の巣      杉﨑よしこ
 池を越え鳳凰堂へ黒揚羽      岡本 戎
 手作りといふは着やすく更衣    斎藤妙子
 軍扇をかざす銅像風薫る      奥 可津女
 白塗りの顔の地蔵も練供養     中西英明
 大山蓮華雨しづくして匂ひけり   畠中俊美
 今度こそなどと草笛吹きにけり   北村好作
 緑蔭といふ存外に暗きもの     中西英明
 またもとへ戻る話に古茶淹るる   伊藤とし子
 草引のひとり笑ひのラジオ寄席   岩城未知
 飛魚を見よとデッキのアナウンス  斎藤妙子
 園丁の甘しうましと草苺      芳田トモ子
 入口に匂ひ先立つ牡丹園      奥野とみ
 旅土産の売り切れてゐる祭町    伊藤とし子

 純也先生の御句

 祭笛納め錦の袋かな
 川風に祭囃子の乗つてゆく
 三杯ですまぬかけつけ祭酒
 酌むほどに夜宮となりし祭かな

 出席14名 不在投句26名 入選53句でした。
 次回は6月11日(月曜日) 場所は中之島中央公会堂
               B1第4会議室 6時半締切です。
 皆様の御出席、御出句をお待ち申し上げます。
                        (レポート 米澤道子)
 


 青芦句会(4月9日)レポート

 8日(日曜日)の法隆寺の吟行はこの時期にしては寒い一日でしたし、染井吉野は
 ほとんど散って葉が目立っていました。
 大阪の春の風物詩「桜の通り抜け」が北区の造幣局で始まります。
 こちらは八重桜が中心で球形の大輪の花が下がる「大提灯」など130種、350
 本が咲き乱れています。  
 10日には一足早く「特別観桜会」が開かれて、お年寄りや招待者は花の競演を楽
 しみました。
 11日~17日の間、午前10時~午後9時まで(土日は午前9時~)、ちょうど
 今が見頃です。  
 南門から北門への一方通行をそぞろ歩きされたらいかがでしょう。

 純也先生の特選句を清記順にご紹介いたします。

 花疲夕餉は昨夜のカレーとし    米田静枝
 笊に盛る筍どれもワンコイン    伊瀬知正子
 英語出来敬語は出来ず新社員    中西英明
 水のなき棚田のどこに蛙鳴く    芳田トモ子
 全員がバイリンガルの新社員    中西英明
 ハルカスの展望階の春の宵     山内茉莉
 飴配る保険会社の新社員      上月ひろし
 証書入る筒鳴らし合ふ卒業生    竹村元秀
 花吹雪止めば水面に河馬の鼻    斎藤妙子
 春愁や生きて来し分物たまり    奥野とみ  
 げんげ田の石を撥ねゆく耕運機   芳田トモ子
 途中から鈍行となりのどけしや   米澤道子
 花吹雪舞ひ来る中を舟進む     奥 可津女
 ドローンの飛びゆく花の雲の上   久保達也
 居重ねの客あしらひの笑顔かな   山内繭彦
 水濁しはしやぎ廻れる蝌蚪の群れ  米澤道子
 よぎりたる影のたしかに初燕    清水多憙子
 家苞に嵯峨の小ぶりの桜餅     畠中俊美
 永き日のリリースしては魚を釣る  衛藤知香
 化粧汐かけ桜鯛糶られけり     北村好作
 

 純也先生の御句

 この寺の左手挙ぐる甘茶仏
 定期買ふ大行列も春の宵
 コンビニの上の入学の子の新居
 芸大へ落語家志望入学す
 春愁やうす笑ひして伎楽面

 出席18名 入選40句でした。

 次回は 5月14日(月曜日) 場所は中之島中央公会堂、 
     B1第4会議室 6時半締切です。
 皆様の御出席、御出句をお待ち申し上げます。
   (レポート  米澤道子)
 


 青芦句会(3月12日)レポート

 好評の朝の連続テレビ小説「わろてんか」も最終回まで二週間となりました。
 実際に収録に使われたスタジオセットがNHK大阪放送局で12日から公開されて
 いますし、「わろてんか」のラッピング電車が、大阪市営地下鉄堺筋線で運行され
 ています。
 安井道頓等によって、1615年に完成した道頓堀に沿う一帯は「なにわのブロー
 ドウェイ」といわれ、なかでも「浪花座」「中座」「角座」「朝日座」「弁天座」
 が「道頓堀五座」と呼ばれていました。  
 そして芝居や寄席の見物客が、軒を並べる飲食店を利用することで有名な「くいだ
 おれ」の食文化も生まれました。
 現在も大阪市内各所で大小の寄席が催されていて、お笑いで大阪を元気にして商都
 ならぬ「笑都大阪」は、賑わいを続けています。

 純也先生の特選句を清記順にご紹介いたします。

 鴨引きし池の広さに鳰の鈴     伊藤とし子
 まだ掛けておきたき雛の軸なれど  清水多憙子
 初燕潮入川を遡り         境 雅秋
 春愁や二度買ふ同じ文庫本     中西英明
 夜学子に長き三年卒業す      芳田トモ子
 革靴に慣れしと笑顔新社員     石井順恵
 葉がくれのままの紅濃き椿かな   織作香代
 学校に着くまでに消え春の雪    斎藤妙子
 東京へパンダ見に行く春休     長安悦子
 大石忌一力亭のある限り      藤堂くにを
 もつれつつ風にほどけし雪柳    米澤道子
 無の軸を掛け利休忌の南宗寺    奥野とみ
 種物屋がらがら大戸開けてをる   境 雅秋
 一掴み抜いて濁れる芹の水     山下みつぐ

 純也先生の御句

 
?子の解禁の日の波荒く
 抽出に鍵のかかれる種物屋
 子を抱いて父の背広くあたたかく
 春寒し切手はがれし手紙着き
 吊革を持ちたがる児に山笑ふ

 出席19名 入選40句でした。
 次回は4月9日(月曜日)場所は中之島中央公会堂B1第4会議室
 6時半締切です。
 皆様の御出席、御出句をお待ち申し上げます。
       (レポート 米澤道子)
 


 青芦句会(2月12日)レポート

 建国記念日の振替休日の12日は、街も地下鉄などの車内も、また中之島中央公会堂
 も比較的閑散としていました。
 大正7年に竣工した中央公会堂は、老朽化のために平成11年3月から再生工事が行
 われ、平成14年9月に完成、同12月に国の重要文化財に指定されました。
 数えて今年、100周年を迎える中央公会堂、青芦句会は平成15年1月からここを
 句会場として使用していて、今年の1月から16年目に入りました。
 
 純也先生の特選句を清記順に御紹介いたします。

 雪掻いてかいてきりなき一ト日かな   山内繭彦
 山火果て星のきらめきことのほか    織作香代
 バレンタインチョコに魂胆ありぬべし  中西英明
 机周り片づけ過ぎて春寒し       米澤道子
 何からとなくつぎつぎと名草の芽    北村好作
 氷瀑の扇開きでありにけり       境 雅秋
 休み田の畦にも零れいぬふぐり     山下みつぐ
 下萌をうながす雨となりにけり     清水多憙子
 ジムを出るいつもの時間日脚伸ぶ    松田光子
 雪掻の手つかづのまま立ち尽くす    山内繭彦
 園児等の木の実持ち寄り植ゑにけり   米澤道子
 受験子の母の言葉に頷きぬ       山内茉莉
 立春の立たぬ卵を茹でにけり      藤堂くにを
 鬼役はいつも園長豆を撒く       上月ひろし
 初午やおもかる石をひよいと持ち    織作香代
 女子高の塀乗り越えて恋の猫      山下みつぐ
 覚えなき打身の痕の冴返る       伊藤とし子
 昇段の足らぬ一点冴返る        芳田トモ子
 東山晴れて御苑の春時雨        伊藤とし子
 天気図に雪崩畏るる湯宿かな      山内茉莉
 薄氷に日の差さぬまま暮れにけり    斎藤妙子
 残雪に更なる嵩の積りけり       北村好作
 火渡りの僧の加持受け厄払ふ      畠中俊美

 純也先生の御句

 石庭を走り抜けたる恋の猫 
 産土の人まばらなる針供養
 門前の田楽茶屋の月日かな
 大マスクしてマラソンのボランティア
 
 出席20名 入選42句でした。
 次回は3月12日(月曜日) 場所は中之島中央公会堂 B1第4会議室
 6時半締切です。
 皆様の御出席、御出句をお待ち申し上げます。
                               (報告/米澤道子)
 


 青芦句会(平成30年1月8日)レポート

 雨模様の「成人の日」。祝日ということもあり2時締切でした。
 いつもは御出句の方々にも 御出席いただき珍しい顔ぶれが揃う句会となりました。
 特選句は新年らしい、清々しい句が並んでいます。

 純也先生の特選句を清記順に御紹介いたします。

 失名の賀状なれどもすぐ分る    佐藤扶紀子
 初売と書いていつもの特価品    岡澤ひろみ
 殉職に黙祷捧げ出初式       奥野とみ
 ブログ書くことがすなはち初日記  中西英明
 仕舞風呂あがり摺り込む胼薬    斎藤妙子
 敦賀まで幾度くぐる時雨虹     芳田トモ子
 お降りの沓脱石に二タ三粒     境 雅秋
 糶声にぴくりと動く河豚の鰭    久保達也
 戻り来るたびに数増え初雀     山内繭彦
 特選といふ望外のお年玉      中西英明
 歌かるた勘の戻らぬうちに終ふ   斎藤妙子
 色どりに人参入れて七日粥     横田昭二
 とりたてて期することなく初日記  伊藤とし子
 初刷と言ふ広告の山届く      島田夏楓
 新しきパスワード記し初日記    久保達也
 書き出しの曇のち晴初日記     伊瀬知正子
 膝もとに好きな一枚歌かるた    伊藤とし子
 誰も来ずどこへも行かず老の春   石井順恵
 雲低く海昏くとも春隣       斎藤妙子
 火の絶えて幾年経たる火鉢かな   北村好作
 餅花の色なき影の揺れ交す     竹村元秀
 信号を渡りながらの御慶かな    栗本伊基子
  
 純也先生の御句

 新聞の薄きを読んで小晦日
 廻礼に微醺の息を洩らしけり
 父に似し母に似しとて初鏡
 源泉の掛け流なる初湯かな
 風花や六甲越ゆる雲速く

 出席22名 入選56句でした。

 次回は2月12日(月曜日) 場所は中之島中央公会堂 B1第4会議室
 いつもの6時半締切になります。
 皆様の御出席、御出句をお待ち申し上げます。
                         (レポート 米澤道子)
 


 青芦句会(12月11日)レポート

 大阪の梅田から難波まで約4キロを貫く御堂筋。
 両側に植えられている972本もの銀杏並木は四季折々に市民をはじめ観光客の目を
 楽しませてくれています。
 しかし秋になり並木が彩り実がなり、それが道路に落ちて潰れると臭いを放ちます。
 そこで臭いを減らそうというのが「御堂筋線消臭大作戦」。
 午後10時から朝5時の人目につかない時間帯に、作業員5人が3日がかりでひっそ
 りと「銀杏落し」を行いました。
 銀杏は「生きる化石」とも呼ばれ、約2億年前から地球上に存在するそうですが、野
 生種はほぼ消え「絶滅危惧種」に指定されています。
 排気ガスにも強く、御堂筋のシンボルの銀杏並木。先日来の凩に 裸木となりました
 が、夜の御堂筋はイルミネーションに彩られ光溢れています。

 純也先生の特選句を清記順に御紹介いたします。

 ほほけても折れず倒れず枯芒       奥野とみ
 着ぶくれて納得ゆかぬことばかり     栗本伊基子
 酒蔵の店頭に売る酒の粕         長安悦子
 仏壇に話しかけつつ年用意        栗本伊基子
 葛根湯探す水洟すすりつつ        伊藤とし子
 子を連れて映画館へと煤籠        芳田トモ子
 美濃路へと時雨の虹を友として      岡本 戎
 足止の空港に雪ふりやまず        菅野惇子
 花ざかりなれど目立たぬ八つ手かな    横田昭二
 悪びれず湯婆を使ふ齢なれ        島田夏楓
 その中に鎧兜も冬木の芽         田中晃真
 着ぶくれて屈託もなき家居かな      伊藤とし子
 手袋を脱いで守衛の一休み        斎藤妙子
 湯上りの祖母の手縫のちやんちやんこ   石井順恵
 風邪の子のゲーム三昧なりしかな     大竹美智子
 淀屋橋渡る毛皮にあごを埋め       田中由子
 括るでも刈るでもなくて菊枯るる     清水多憙子
 ざりがにを追ひし小沼の初氷       島田夏楓
 大方は葉先枯れたる冬菜畑        山下みつぐ
 後姿誰が誰やら宿褞袍          石井順恵
 隼の不意の構への急降下         末永あつし
 着ぶくれてシャンソン聞きに行くと言ふ  米田静枝
 朝採と言ふまでもなき湿地かな      北村好作
 天然の虎河豚の皮だけを買ふ       中西英明
 パソコンに向ふ膝掛毛布かな       岡澤ひろみ
 ひたすらによき事願ひ日記買ふ      清水多憙子
 ダンス教室出てくる人の着ぶくれて    芳田トモ子

 純也先生の御句

 凝りもせず啜りて牡蠣に中りたる
 指先も足も痺れて牡蠣をむく
 息白く遅刻しさうな子の走る
 事始舞も鼓も遠くなり

 出席13名 入選53句でした。
 一年間ありがとうございました。 今後ともよろしくお願い申し上げます。
 次回は平成30年1月8日(月曜日) 
 場所は中之島中央公会堂 B1第4会議室 いつもと違い、2時締切です。
 皆様の御出席、御出句をお待ち申し上げます。    
                          (レポート 米澤道子)
 


 青芦句会(11月13日)レポート

 今年もクリスマスシーズンを控えて冬の風物詩のイルミネーションが、街路樹の装飾
 や3Dマッピングなどで 彩り始めました。
 市役所周辺から公会堂にかけての中之島公園周辺でも、「水辺に広がる光のアート」
 として準備が進んでいます。
 昼間にその作業を見ていますと、クレーン車を使いガードマンが見張るなか、街路樹
 にコードをぐるぐる巻きにしていました。
 樹々にはまだ黄葉が残っていますが、いずれ裸木になるのでしょう。
 金縛りにでも会っているような姿です。
 昨年の大阪中央公会堂の「OSAKA光のルネサンス」では純也先生が教鞭をお執り
 の大阪芸術大学アートサイエンス学科の学生たちが制作し新聞にも紹介されました。
 今年の「ウォールタペストリー大阪中央公会堂」にはどんな作品が繰り広げられるの
 でしょう。
 
 純也先生の特選句を清記順に御紹介いたします。

 口紅の色にこだはり木の葉髪      米田静枝
 時雨虹神の島より立ちにけり      山下みつぐ
 七五三五色の紐のメダル下げ      大竹美智子
 菊師いま大河ドラマにかかりきり    北村好作
 図書館へ母子連れ立つ文化の日     岡澤ひろみ
 泥除けの機械うなりて蓮根掘る     米澤道子
 かんてきと言ひ七輪と言ひ秋刀魚焼く  境 雅秋
 大過なく齢重ねて木の葉髪       伊藤とし子
 凩に向かひ門衛たぢろがず       横田昭二
 夜もすがらどよもしやまず鰤起し    山内繭彦
 着ぐるみのパンダと握手七五三     大竹美智子
 虎落笛しきりの夜の不整脈       中西英明
 足もとのそれ松茸と声高に       髙木とし子
 藪ふかく帽子にまでも牛膝       伊藤とし子
 掘りながら選り分けらるる蓮根かな   米澤道子
 長屋門残る屋敷の冬構         畠中俊美
 古時計秒針きざむ夜長かな       髙木とし子
 目印を下足に付けて十夜婆       米澤道子
 人力車嵯峨の時雨をひた走る      清水多憙子
 計るたび変る血圧冬の朝        中西英明
 並べみてほんに立派な富有柿      奥 可津女
 滝壺の藍深みゆく寒さかな       奥野とみ
 萩刈つて前栽広くなりにけり      境 雅秋
 天蓋を揺らし神楽の夜を徹す      伊瀬知正子
 境内を鶏駆け廻り神の留守       伊瀬知正子
 

 純也先生の御句
 

 日当たれば芝のどこかに残る虫
 返り花残してつつじ刈り込まれ
 円錐の痩せゆく銀杏黄葉かな
 

 出席17名 入選53句でした。

 次回は12月11日(月曜日)場所は中之島中央公会堂 B1第4会議室 
 6時半締切です。
 皆様の御出席、御出句をお待ち申し上げます。
   (レポート 米澤道子)  


 青芦句会(10月9日)レポート

 青芦句会は連休最終日の「体育の日」でした。
 ご存知の通り、1964年10月10日の東京オリンピックの開会日を記念して「ス
 ポーツに親しみ、健康な心身を培う」ことを趣旨として1966年に制定されました。
 その後2000年に10月の第二月曜日に変更されました。
 10月10日は晴れる確率が高く特異日と言われますが、今年の第二月曜日の9日も
 秋晴れとなって西日本では季節外れの暑さに熱中症に注意しながら、体力測定や、運
 動会が繰り広げられました。
 句会では「体育の日のせめてものスクワット 英明」が唯一「体育の日」を詠んだ句
 になりました。

 純也先生の特選句を清記順に御紹介いたします。

 新米の快気祝となりにけり     栗本伊基子
 体育の日のせめてものスクワット  中西英明
 威銃熊野古道に轟きぬ       松田光子
 ゆつくりと弛まず動く夜なべの手  伊藤とし子
 松手入仕上げの菰を巻きゐたる   北村好作
 ずぶずぶと御輿は海へ浦祭     境 雅秋
 勲章の展示ケースの秋の声     杉﨑よしこ
 猪垣といふもトタンの四枚ほど   北村好作
 撒かれゐしものとは知らず栗拾   大竹美智子
 おひつごとおかはりもして茸飯   芳田トモ子
 色づけばすぐ散る桜紅葉かな    島田楓風
 干し上がる鋼光りの唐辛子     芳田トモ子

 純也先生の御句

 十六夜の風の湿つて来たりけり
 鹿を煮て松茸狩の下山待つ
 茸縄に大きな鈴の結はへあり

 出席16名  入選35句でした。

  次回は11月13日(月曜日) 場所は中之島中央公会堂 
                B1第4会議室 6時半締切です。
 皆様の御出席、御出句をお待ち申し上げます。
                         (レポート 米澤道子)
 


 青芦句会(9月11日)レポート

 句会場近くの「中之島薔薇園」は都会のオアシスといわれ、満開の春はもちろんですが、
 花のない時期でも四季折々に散策や、ジョギングを楽しんでいる人の姿が見られます。
 9月の薔薇園は、こんなにも切らなくてもと思うほど剪定をされています。
 ぼつぼつ新芽が伸びだして、だんだんと生気を取り戻し、そのような中で秋に開花する
 四季咲き性の薔薇がちらほら咲き出しています。
 その陰には肥料を施し、殺虫剤散布、草引き、夏季の乾燥と高温を防ぐための水遣りな
 どの手を入れて、それに報いるかのように見事な満開の薔薇園になります。
 今月の青芦句会は、「残暑疲れか?類想もあり!」と先生が言われるように厳選でした。
 薔薇の開花のように肥料を施し水遣りの手間暇をかけて俳句の花を咲かせたいものです。
 
 純也先生の特選句を清記順に御紹介いたします。

 虫を聞くことにも泪出てしまふ     藤堂くにを
 形見分け始まりて閉づ秋扇       大竹美智子
 路地住みの戸締り時の夜々の月     岩城未知
 寝そびれしもととは秋の蚊の遠音    髙木とし子
 羽根たたみゐる鷺草のなかりけり    長安悦子
 鰡飛んで潮の満ち来る能舞台      松田光子
 秋簾まだ外されぬ日の続く       奥 可津女
 廃校のプールに群るる赤とんぼ     米澤道子
 湯の町の草むらどこも虫時雨      横田昭二
 一服の長き園丁昼の虫         斎藤妙子

 純也先生の御句

 何もなき一日欲しやいわし雲
 船通るたびに残暑の波匂ふ
 焼肉のコリアタウンの残暑かな
 栗山も松茸山も峰つづき

 出席18名  入選36句でした。
 次回は10月9日(月曜日) 場所は中之島中央公会堂 B1第4会議室
               6時半締切です。
 皆様の御出席、御出句をお待ち申し上げます。
                           (レポート 米澤道子)  


 青芦句会(8月14日)レポート
  
 美しい銀杏並木がつづく御堂筋は、延長4Km、幅44mになって今年で80周年に
 なります。
 銀行、商社、事務所などの高層ビルが建ち並ぶ大阪の代表的なビジネス街ですが、そ
 の御堂筋で大阪最大といわれる盆踊りが行われます。
 南御堂(難波別院)では8月24日、25日。
 北御堂(津村別院)では8月27日、28日。
 道路の拡張まえは、南御堂あたりに芭蕉終焉の地「花屋仁左衛門の貸座敷」がありま
 したが、現在は側道のグリーンベルトに、「此付近芭蕉終焉地」の碑がひっそりと建
 っているのみです。
 なお、南御堂の境内には自然石に彫られた「旅に病んで夢は枯野をかけ廻る」の句碑
 があります。
 銀杏並木が色づくころ、御堂筋を散策するのはいかがでしょうか。

 純也先生の特選句を清記順に御紹介いたします。

 今日はあと五軒廻ると盆の僧    中西英明
 雨ながら声張り上げる音頭取    米澤道子
 葛咲いて貯水池の風あらたまる   衛藤知香  
 端居して遠き水音聞くばかり    山内繭彦
 かみしめて聴く新盆の阿弥陀経   末永あつし
 冷房の効き過ぎらしき疲れとも   斎藤妙子
 端持ちて二人一組昆布干す     芳田トモ子
 泣き声に泣きだす子ゐて秋暑し   中西英明  
 鯉の背の色深みきし水の秋     杉﨑よしこ
 生盆の指折り待てる米寿の賀    織作香代
 七夕の一夜明けたる笹のいろ    谷野正子
 戒名の経木の増えて迎鐘      伊瀬知正子
 短かめに着こなし踊上手なる    伊藤とし子
 反戦と言ふは易けれ終戦日     山内茉莉
 嵩のもの抱へ草市帰りかな     境 雅秋
 湧水を引き摂待の大薬缶      島田夏楓
 香を利いて草市に買ふ線香かな   境 雅秋
 日没を待たず花火の音あがる    奥野とみ
 一斉に揺れはじめたる切子かな   北村好作
 コーラスの発表を終へソーダ水   杉﨑よしこ
 とび入りと手振りで知れる踊かな  谷野正子

 純也先生の御句

 立秋をただ迎へしといふばかり
 信号の無駄に長くて炎天下
 名宝に秘仏に汗の引きにけり
 界隈の示し合はせて門火焚く

 出席17名 欠席投句28名 入選55句でした。

 次回は9月11日(月曜日)場所は中之島中央公会堂 B1第4会議室
              6時半締切です。
 皆様の御出席、御出句をお待ち申し上げます。
                          (レポート 米澤道子)
         


  青芦句会(7月10日)レポート

 今月5日の九州北部地方での豪雨。気象庁は「記録的短時間大雨情報」を断続的に発
 表しました。
 これは数年に一度しか観測しない大雨のことだそうです。
 テレビ、新聞のトップニュースとして豪雨の現状を見るたびに心が痛みます。
 青芦句会へも北九州の方々からの御出句があり、「わが町の温和な川の梅雨出水」の
 句がありました。
 一日も早い梅雨明けを願うばかりです。
 堂島川と土佐堀川に挟まれた中之島、句会場の公会堂は、大雨になれば・・・・?
 ふと思ったりしました。

 純也先生の特選句を清記順に御紹介いたします。
 

 伊勢海老のメインディッシュの夏料理   中西英明
 一日の極暑をしづめ星一つ        伊藤とし子
 面映ゆくリボン派手めな夏帽子      米田静枝
 採れすぎて昨日も今日も茄子料理     大竹美智子
 蓮見茶屋朝がゆ出してもてなせり     清水多憙子
 腹当の子を転がしてありにけり      境 雅秋
 梅雨明けの今日か明日かと仰ぐ空     田中由子
 冷房を出て退勤の息深く         田中由子 
 兜虫大きく画きて入賞す         斎藤妙子
 茄子に指軋ませながら洗ひけり      大竹美智子
 冷蔵庫開けて北海道牛乳         藤堂くにを
 暮れるまで梅雨晴惜しみ子等遊ぶ     横田昭二
 水中花水の減りゆくことあはれ      しのぶ日月
 今釣れしものづくしなる夏料理      北村好作
 保育所へ着替へ持たせて水遊       米澤道子
 滝しぶき観瀑台にまで及ぶ        松田光子
 さぶいぼをタオルで覆ふ海開       菅野惇子
 ナイターのさよなら勝ちに憂さ払ふ    伊藤とし子
 甲種とて泳ぎ自慢の海開         伊瀬知正子
 賑やかに終活といふ夏期講座       奥野とみ
 一匹の鳴けばたちまち蝉時雨       岡本 戎
 沙羅の花ためらひもなく落ちにけり    清水多憙子
 倒木のまたも塞げる登山道        松田光子
 撒水車通り過ぎればもう乾き       石井順恵
 元子爵別邸といふ夏館          中西英明

 純也先生の御句
 

 遠つ世を中つ世を経て滴れる
 どつちでもとは言ひながらビールから
 降り抜きしあとの薄日の睡蓮花
 青嵐大竹藪を揉み上げて
 

 出席18名 欠席投句29名 入選49句でした。
 次回は 8月14日(月曜日)場所は中之島中央公会堂 B1第4会議室
     6時半締切です。
 皆様の御出席、御出句をお待ち申し上げます。
                           (レポート/米澤道子)
 






俳句「山茶花」のホームページです