山茶花吟行   京阪神各地を吟行
定例日=第二日曜日
句会場=吟行地付近

 山茶花吟行(1月14日開催)結果報告
  吟行地=奈良公園一体

 純也先生が「印をつけた」10句は次のとおりです。

 御手洗の石に苔生ふ淑気かな     大竹美智子
 どの鹿も悴む脚を折りしまま     北村好作
 献酒積む車舎
(くるまやどり)の淑気かな  石部洋子
 大仏の手よりあふるる淑気かな    岡本 戎
 初詣大仏殿の鴟尾目ざし       伊藤とし子
 焼藷屋リヤカー止めて薪を焼べ    五味原立子
 はばたけば一尋近き寒鴉       山内繭彦
 苔むせる石灯籠の霜しづく      伊藤とし子
 悴める手を占ひの卓に置く      山田綾子
 読みかへし顔のほころぶ初みくじ   畠中俊美

 互選から純也先生吟の3句。

 初みくじ引いてため息つくもあり
 浮寝鳥鐘におどろくこともなし
 二月堂より見下しの初景色

 極寒の奈良でしたが、出席は先生を含め41名でした。
 初参加は松尾清朝、遠方から伊野部哲也さんが出席でした。
                          (記録/伊瀬知正子)
 


  山茶花吟行(12月10日開催)レポート
  吟行地=高槻市界隈


 大阪と京都の真ん中に位置する高槻市は土佐日記の頃から交通の要衝としても知られていました。
 京都を起点とする西国街道の宿場であり、高山右近の城下町であり三十六歌仙の伊勢姫 や能因法師らが
 隠棲したと伝えられる文化都市でもありました。
 その交通の要衝に新たに新名神高速道路が開通し、その開通式が開かれたのが12月10日。
 その供用開始(12月10日午後3時)前に高速道路をウォーキングで楽しもうというイベントが行わ
 れ、JRや阪急電車の駅前には新名神高速道路の高槻インターチェンジまでイベントの参加者を運ぶ臨
 時バスを待つ人たちが長い列をつくっていました。
 山茶花のメンバーはそんな風景には目もくれず、市の南側の右近ゆかりの城下町、北側 の文人ゆかりの
 地、さらには南北をつなぐ賑やかな商店街を。
 純也主宰は体調の急変とかで急遽不参加になりましたが、33名の参加者は吟行のポイント をしっかり
 とキャッチしたようで、主宰の後日選を楽しみに帰路につきました。
 

 主宰の後日選では次の10句に「◎」をいただきました。

 堂裏の竹鳴る音も冬ざるる    里見かつこ
 裏通りにも人流れ街師走     中西英明
 探鳥の人と道づれ冬ぬくし    芳田トモ子
 標のみ遺る窯跡冬ざるる     伊藤とし子
 窯跡の古曽部の路地の石蕗明り  畠中俊美
 日当りて冬芽ふくらむ気配あり  大竹美智子
 北窓を塞ぐステンドグラスかな  藤堂くにを
 城跡も連隊跡も冬ざるる     伊瀬知正子
 伊勢寺のさくら古木の冬芽かな  米澤道子
 昼の月さへ冬ざれてをりにけり  中西英明

日本で二番目に古いという上宮天満宮はJRの駅の
北側。狛犬と石の大鳥居。
天満宮への長い長い石段を、とても登りきれないと
いう人のために石段下に設けられた遥拝所。
梅鉢の御紋が光り輝いていました。
 (写真とレポート/中西英明)


 山茶花吟行(11月4日開催)主宰選報告
  吟行地=神戸市・王子動物園

 純也主宰が「印をつけた」10句をご紹介いたします。

 山茶花の咲きそめてより風の日々   木内美恵子
 美術館出て六甲の初時雨       畠中俊美
 パンダ老いその遊び場も冬ざるる   山田綾子
 休みなく園丁落葉掃き寄する     伊藤とし子
 敷藁を足しキリン舎の冬用意     内田陽子
 子の笑顔撮る父笑顔小六月      山本澄恵
 木の実落ち息つぎの河馬浮いてくる  伊藤とし子
 落葉掃く禽舎の鳥をよけながら    山内茉莉
 静もれる獣舎の窓の冬の蠅      米澤道子
 掃く音の遠くなりゆく落葉かな    芳田トモ子

 主宰吟を互選から3句

 アシカ舎の水の匂ひの秋の風
 パンダよりコアラの人気秋日和
 小春日にさへもホッキョクグマの倦む
                         (記録/岡澤ひろみ)  


 山茶花吟行(10月8日開催)レポート
  吟行地=堺市・大仙公園一帯

 世界遺産登録の国内候補地・百舌鳥古市古墳群の中心となるのが日本最大の墳墓・大仙古墳です。
 かつては仁徳天皇陵と呼ばれていたので、そう記憶している人も多い筈。
 10月の山茶花の吟行はその大仙古墳の目の前に広がる大仙公園一帯でした。
 久しぶりに訪れた公園とその周辺は、世界遺産として名乗りをあげるに相応しく整備も進んでいるように
 見受けられました。
 けれども・・・・新たに出来た広い駐車場には来園者の車がまだ半分程度、観光バスも来ていません。
 それ以上に気になったのが車のナンバープレートです。「和泉」と「堺」がほとんどで「大阪」も稀、他
 府県ナンバーは無し。つまり地元の車ばかり。
 公共交通機関で来るにもJRの百舌鳥駅は関西国際空港行きなどの快速電車は通過、無人駅ではなさそう
 ですが駅員の姿は見受けられませんでした。
 最近少しは名の売れてきた“ゆるキャラ”の「もずやん」と「はにわ課長」の姿も見えずじまいで、これで
 は世界遺産に相応しい「おもてなし」や集客力があるとはいえないと感じさせられました。
 句会場はその百舌鳥駅から二駅、堺市駅の駅前の「サンスクエア堺」という施設。
 純也主宰は「今朝、急に家族が体調を崩して出かけるのが遅れたと」と吟行はできず、句会場へ直行、
 「今日の私の句は以前に来た時の記憶で作ったもの」と白状(?)されました。
 「吟行句会ではうっかり仮名遣いを間違ったり、誤字になったりということがあります。そのへんは十分
 ご注意を」と述べるにとどめた純也主宰がこの日「印をつけた」句は以下の10句でした。

 一すぢの水脈の初鴨らしきもの   伊藤とし子
 陵の濠に初鴨らしきもの      杉アよしこ
 杉苔の茶室の路地の毒茸      奥野とみ
 御陵より小鳥こぼれて来たりけり  境 雅秋
 陪塚の十を数へて草紅葉      境 雅秋
 じいじいところころとにみ昼の虫  北村好作
 見えてゐる先もみささぎ秋高し   横尾典子
 毒茸の傘反り返り裏返り      西崎ミネ子
 秋天にかざし眼鏡を拭きにけり   中西英明
 式部の実先へ先へと細りつつ    北村好作

 純也主宰の句を3句。

 陵の空広ければ鳥渡る
 陵と知るや知らずや小鳥来る
 菱の実は陪塚の水濁るまま

 参加者は34名でした。
 
大仙公園の立体模型。スケールは250分の1とか。
周辺には11の陪塚(ばいちょう)があり、ボランテ
ィアガイドの話では武器や日用の道具類が埋められて
いるらしいということでした。
大仙古墳の真正面にある銀杏の大木が色づきはじめ、
実も落ちはじめていました。
その独特の臭い、「世界遺産」登録に影響しないか、
少し心配になりました。
 (写真とレポート/中西英明)


 山茶花吟行(9月10日開催)レポート

 吟行地は中之島界隈とされていました。
 山茶花の吟行としても珍しい場所ですが、この一帯には大阪が昔「天下の台所」といわれた頃の歴史の
 集積があり、大阪で一番あたらしいものがひしめくという、いわば句材には困ることのないところです。
 薔薇園のある中之島公園、三十石舟の終着で熊野古道の出発点でもある八軒屋浜、商業や金融の中心だ
 った北浜から淀屋橋にかけての土佐堀通りや対岸の堂島・・・・
 そこで山茶花のメンバーが写生したものは句から読み取っていただけますが、純也主宰は講評で“幼稚な
 現場主義”という言葉をつかって、俳句における写生とはなにかと、自身の考えを述べられました。
  「写生の文と写生の句には違いがあります。見たとおりをそのまま句にするのは、いわば“幼稚な現場主
 義”。そのままを書く“文”に対して、俳句の場合は”まず季題あり”で、見つけた季題にどう心を添わせる
 かということ。
 例えば『秋の水』でも『春の水』でもいいような句には心が添っていないように思います。
 そのためにはある程度のフィクションがともなうことがあってもいいと思います」。
 ひとことでいうと「感じがでているかどうか」ということと理解したのですが、たまたま読んだ、画家
 のエドガー・ドガの言葉が頭に浮んできました。
 ドガはこう言ったということです。「見えるものをそのまま写し取るのはとてもいいことだが、記憶の
 なかに留まったものを描く方がもっとよい」(8月16日付朝日新聞のコラム“折々のことば”より)。
 記憶を甦らせている間に、心が添ってくるということなのかも知れないと思いました。

 ではこの日、純也主宰が「印をつけた」10句ではどうでしょうか。

 米相場立ちゐし浜の秋の風      中西英明
 大川の悠然たりし秋の水       横田昭二
 振りまはすだけでとんぼは網の中   佐藤扶紀子
 みづ色に空晴れながら秋暑し     里見かつこ
 適塾にひそむ秋蚊にさされけり    畠中俊美
 おほかたは切り詰められて秋の薔薇  横尾典子
 闕所なる淀屋の跡の露けしや     内田陽子
 露けしや塾生部屋の柱傷       奥野とみ
 刈り込まれたる薔薇園に昼の虫    伊藤とし子
 混み合ひて今日よりといふ走り蕎麦  畠中俊美

 純也主宰の3句。

 外寝して後生大事の紙袋
 中之島にもとんぼうの空がある
 昼の虫鳴いて図書館休館日

 参加者は37名でした。
 
大阪には銅座も銀座もありました。
銅座の碑は愛珠幼稚園の前に立てられています。
この幼稚園は日本で二番目にふるい幼稚園です。
高麗橋から東横堀川をわたったビルの前。
東京の銀座より古くからあったそうです。
                              (写真とレポート/中西英明)


 山茶花吟行(8月13日開催)レポート

 今年も8月の吟行は四天王寺界隈になりました。
 “今年も”と書いたのは、実は吟行地が3年連続で四天王寺界隈だったからです。
 それほど“大阪のお盆風景”を代表するこの界隈、いつ行っても何回行っても詠みきれないほど季題も句材
 も溢れています。
 もちろん、人も溢れていて、印象としては今年が最高だったように感じさせられました。
 純也主宰は講評で「去年も来たからということもあるのでしょうが、今年はピリッとした句が少なかった」
 と苦言を呈されましたが、それでも新しい発見はあるはず。
 目のつけどころ、表現方法など、お互いに進化、深化させないとならないと反省させられました。
 このレポートでは昨年と今年、純也主宰が“印をつけた”句を比べてみます。

 まず昨年(2016年)の句は、

 
骨董市刃物市あり盆の寺      西上禎子
 諳んずる父母の戒名盆参      西上禎子
 濡れタオル頭に被り墓掃除     熊谷謙一
 盆の市マッチも売つてをりにけり  中西英明
 経木書く残暑の日差し浴びながら  熊谷謙一
 槙売の盆も昔と変りしと      高木とし子
 掃苔の亀の子束子すり減りて    熊谷謙一
 幸村の落命の地の蝉時雨      中西英明
 タクシーに行き先告げて汗拭けり  長井良孝
 新盆や朱書の墓銘墨に変へ     中西英明

 そして今年。

 大木を取り囲みゐる蝉の穴     伊藤とし子
 隅つこに研屋の出張る盆の市    境 雅秋
 蓮はみな蕾の固き盆の供華     伊藤とし子
 香水を一と吹きしては扇子売る   しのぶ日月
 占ひの葭簾囲の小屋ゆがみ     芳田トモ子
 ミストより切子の風に佇みぬ    吉田富枝
 安物はなぜかなくさず秋扇     中西英明
 経木書く机に団扇二三本      芳田トモ子
 芋殻ありますと書かれて文具店   しのぶ日月
 経木書くときは外してサングラス  北村好作

 いかがでしょうか。進化深化はあったでしょうか。
 来年も、もう一度ここに挑戦してみたいと思わずにいられない吟行地でした。
 しめくくりに純也主宰の句を互選結果から3句ご紹介します。

 朝風のはやも蒸しゐる展墓かな
 容赦なき日を仰ぎつつ墓洗ふ
 掃苔や当歳とある戒名も

 さすがに参加者は少なく、21名に終りました。 
 
四天王寺には鳥居があります。
特に珍しいことでもないのですが・・・・
書かれている文字は「釈迦如来転法輪処当極楽土東門
中心」。
釈迦如来が説法する所で、極楽の東門であるという意
味だそうです。
一枚20円の「経木(薄っぺらい木のお札)」に戒名
を書き、回向していただきます。
その経木を亀の形の水盤に流すという、四天王寺名物
の供養「経木流し」です。
            (写真とレポート/中西英明)


 山茶花吟行(7月9日開催)レポート

 いわゆる「夏の朝曇」なのか雨雲なのか判然としない朝を迎えました。
 今月の吟行地は神戸。開港150周年の記念行事がいろいろある、その真っ只中への吟行です。
 神戸海洋博物館では「大帆船展」開催中とのことですが、見ものだと思っていた港での帆船パレードは
 7月15日から。港では格別のこともなく、観光クルーズもいつもの通り。
 吟行に参加すると、まずこのホームページ用の写真の確保に向かうのですが、今回の目標の一つは“日本
 最短の国道”の標識の撮影。
 無事ゲットしてから吟行をはじめ、旧居留地から南京町などを回りましたが、純也主宰の行動も同じよ
 うなものだった様子で、講評では「メリケン波止場や、モトコー(神戸っ子はJR・元町駅あたりの高
 架下をこう呼ぶのだそうです。エキゾチックな衣料や、キッチュな商品を売る店が並び、さすが港町!
 という雰囲気)を通り、花隈城址から相楽園、そして句会場まで歩きましたが、やっぱりタクシーに乗
 るほうがよかった」。
 「(バラエティに富んだ吟行地だったせいで)今日は面白い句が多かったですね。けれども(同じとこ
 ろを見てまわるので)類句も多かった」。

 純也主宰が「印をつけた10句」。

 造り滝流れ変らず音もまた      高森育子
 地図を見るたびに外せるサングラス  伊瀬知正子
 港出てゆく遊船の一トゆらぎ     伊藤とし子
 山梔子の八重の白とはことのほか   木とし子
 神戸牛神戸ワインの暑気払      中西英明
 曇る日も明るく咲きて梅雨桔梗    横田昭二
 帆をたたみマストの並ぶ梅雨港    中野硯池
 弱冷といふ曖昧な冷房車       藤堂くにを
 原色の南京町のかき氷        中西英明
 清盛の開きし港雲の峰        山田綾子

 互選から純也主宰の句を3句。

 モトコーのここらもつとも五月闇
 開港百五十年目の梅雨明よ
 揺れ揃ひ濃きも淡きも梅雨桔梗

 お天気のせいか、句会場までの急坂を避けたのか、参加者は30名にとどまりました。
その距離(長さ)にご注目ください。
187.1kmではなくただのmです。
南京町で見つけた自販機。
可口可楽(略字です)とはお察しのとおりコカ・コ
ーラ。
パンダが逆さま? 不思議な絵です。
 (写真とレポート/中西英明)