山茶花吟行   京阪神各地を吟行
定例日=第二日曜日
句会場=吟行地付近

 山茶花吟行(6月11日開催)レポート
  吟行地=京都・嵐山界隈

 近畿地方は、ほぼ平年並みに6月7日に梅雨入りしました。
 この日、早朝には一部の地域で降ったものの、吟行を始めるころには雨が上り、降らず照らずながらまず
 まずの日和となりました。
 吟行地は京都・嵐山界隈。JR・嵯峨嵐山駅前では人力車が“客引き”に懸命でした。
 そのお兄さんに、ちょっと話を聞いてみました。
 外人客が乗ることも多いとのことですが、料金は必ず日本円でキャッシュとお願いするそうです。
 すぐ近くに外貨を円に両替するベンダーがあり、持ち合わせのない人はそこへ案内します。
 クレジットカードは残念ながらお使いいただけません。
 たまたま通りかかった若い夫婦をキャッチしたお兄さん、コースと料金の交渉がまとまったところで「念
 のためにお伺いしますが、“お目出度”では?」。
 まだ安定期に入っていない妊婦は乗ってもらわないことにしているのだそうです。

 講評で純也主宰は「吟行では人によって見るものが違い興味もちがうことから幅広い句が見せていただけ
 ます。やはり吟行に参加する、句を作るというのは大事です」。
 「いつもよりたくさん採ったような気がした」純也主宰がこの日「印をつけた」10句。

 去来の墓訪ひて藪蚊に刺されけり   畠中俊美
 落柿舎のささくれしるき円座かな   境 雅秋
 青梅と見ればだんだん増えてくる   熊谷謙一
 投句箱中を覗けば黴匂ふ       伊瀬知正子
 竹林に馴染みはじめし今年竹     小塚青楓
 ヘルメット被る庭師の汗匂ふ     松澤新陽
 竹林を明るくしたる今年竹      山本澄恵
 めまとひを払ひ笑み合ふ見ず知らず  里見かつこ
 緋毛氈のべ遊船の客を待つ      伊藤とし子
 新築のアーチの薔薇の半ばほど    織作香代

 互選から純也主宰の3句。

 汀へと伸びつつ緑立ちにけり
 緑蔭をなし大枝垂桜かな
 竹皮を脱ぐ落柿舎の月日かな

 初参加の中園みづほさんを迎えて総勢40名の吟行となりました。 
 
「三船祭」で有名な車折神社の本殿前にて。
ここでは新暦で「大祓い」を行うようです。
同じ車折神社で。
お守りの「祈念神石」をいただき、願がかなうと、
他の石に感謝のコメントを書いて神社に返納するの
だそうで、そんな石ころが山と積まれていました。
写真は西上禎子さんが発見したもの。
 (写真とレポート/中西英明)


 山茶花吟行(5月14日開催)レポート
  吟行地=田尻町・漁港とその周辺

 大阪府泉南郡田尻町は大阪・なんばから和歌山に向かう南海電車で約40分、今は静かな町ですが、昔は
 綿業で大いに栄え、泉州名物「玉葱」発祥の地で知られ、関西国際空港のお膝元ともなっています。
 ここでは毎週日曜日に朝市が行われ、“漁港の朝市”として周辺の住民から親しまれているのですが、中に
 は大阪市内からマイカーで買い物に来る人もあり、常設になっている会場は都心並みの大賑わい。
 目玉は「穴子」。獲れたての穴子が次々に捌かれ、焼かれ、焼き上がりを待つ人の行列ができるほどの大
 人気です。
 地元の野菜類も売られており、玉葱や、これも泉州名物“水茄子”などが産地ならでの値で買えるとあって
 こちらも見逃せません。
 純也主宰によると「同じように賑わう兵庫県明石市の“魚ん棚”とは売られている魚の種類も少しちがって
 いて興味深く見て廻ることができました」。
 講評では「気になった季題は“蛸”です。これはホトトギスの歳時記には載っていませんが、角川版などに
 は夏の季題として取り上げられています」。
 「ただし、蛸壺とか蛸飯が季題として通用するかといえば、これは苦しいと思います。蛸を獲るための道
 具であり、それを使った料理であるわけですから」。

 純也主宰が「必ずしも特選という訳ではありませんが“印をつけた”」句は、

 とんび舞ひヨット溜りの風の音  野口一美
 赤
の小さきを釣りて自慢の子  野口一美
 甚平を着て潮焼けの皺深く    北村好作
 爆音も機影も島も夏霞      田中美恵女
 母亡くて母の日ただの日曜日   藤堂くにを
 網に入るままに生簀を蛸の這ふ  山内繭彦
 潮の香に重ね塗りして日焼止   芳田トモ子
 南風吹く潮入川のぼら跳ねて   境 雅秋
 釣堀の竿の混み合ふひとところ  山内繭彦
 
二つ子供三人水遊       芳田トモ子

 互選から純也主宰の3句。

 蝿除けのためにも蚊遣香を焚く
 潮打たれ打たれて栄螺売れ残る
 箱で売る目刺グラムで売る目刺

 母の日の参加者は33名でした。
 
焼き穴子。
すぐに売り切れてしまいます。
沖にみえる凹凸が関西国際空港。
手前の橋は阪神高速道路湾岸線。
                                                (写真とレポート/中西英明)


 山茶花吟行(4月9日開催)レポート

 今回の吟行は「奈良・佐保川の桜」。
 佐保川は奈良市の東の山間部に源流を持つ川で、若草山を北側からまわり込むようにして平野部へと出、
 近鉄・新大宮駅の辺りから南へ転じ、やがて大和川に合流します。
 いわば、奈良市を代表する河川であるといえるでしょう。
 そんな佐保川の堤には数多くの桜が植栽されています。
 桜並木は奈良市法蓮町にはじまり、大和郡山市との境界付近まで数キロにわたって延々続きます。
 毎年、春になると、その桜並木を一目見ようと多くの花見客で賑わいます。
 もともとこの桜並木は、幕末、奈良奉行を務めた川路聖謨(かわじとしあきら)によって植えられた古木で
 あるとされます。
 川路聖謨が奈良奉行を務めたのは1846年からの5年間。赴任中、川路は植樹運動を先導し、奈良の市
 街地の緑化に尽力しました。
 吟行のもう一つの見所は「大仏駅」。明治時代、ここには鉄道が通っていてその名は「大仏鉄道」。
 大仏鉄道は現在のJR・加茂駅と奈良駅とを結んだ約10キロの鉄道で、わずか10年ほどでその幕を下
 ろしました。
 佐保川のすぐ近くには「大仏駅」のあったところに「大仏鉄道記念公園」が整備されていますが、そこに
 咲く枝垂桜は一見の価値あり!
 そんな佐保路で、山茶花の参加メンバーが発見したものを、純也主宰が「印をつけた」10句からイメー
 ジしていただきましょう。

 雨あとの日射しまばゆき桜かな   奥野とみ
 雨晴れて紅色深む桜かな      山本澄恵
 満開というて蕾も散る花も     佐藤扶紀子
 騒ぎ立て花啄ばめる二羽三羽    横尾典子
 細りきて花の堤もここらまで    北村好作
 堰上る魚影の見えて花堤      西上禎子
 花馬酔木搭見え伽藍見え隠れ    木内美恵子
 有体に申せば桜より酒ぞ      藤堂くにを
 行き戻りしつつ蝶舞ふ川原かな   横田昭二
 花冷に加へし齢とぞ思ふ      藤堂くにを

 講評で純也主宰は「(昨夜からの)雨も上って、桜も満開。どうにでも句を詠める状況でしたが、それだ
 けにちょっとひねらないといい句は生れないということ。
 桜とは、明るいけど気持ち悪いと感じさせることもあります。今日はそんなことを意識しながら」と狙い
 を語った純也主宰の句を互選から3句。

 花の径冥府へ続きゐる如く
 橋渡り返して花を惜しみけり
 咲き満ちて浮き上がりたる桜かな

 前日からの雨のせいか、参加者は30名と少なかったのですが、佐保川の堤は喧騒もなく、じっくりと花
 を愛ずる時間をすごしました。                
 
佐保川に迫り出す桜。
花見につきものの露店も喧騒もなく、おすすめです。
句会場の隣、奈良県商工会館のウインドで見つけた
「阿修羅」のフィギュア。
左はブロンズで像高40センチほど。
お値段は19万円でした。
                                 (写真とレポート/中西英明)


 山茶花吟行(2月12日開催)レポート
  吟行地=大阪城―梅林とその周辺

 大阪城の一角には梅林があり、無料で市民に開放されています。
 この時期はここが大阪城観光の目玉で、100種類以上、紅白・一重・八重など多色多様の梅を求めて
 遠くからも梅見の人が訪れます。 その梅の名をご紹介しましょう。

 曙枝垂れ(あけぼのしだれ) 旭鶴(あさひつる) 旭牡丹(あさひぼたん)梓弓(あずさゆみ)
 東錦(あずまにしき) 幾夜寝覚(いくよねざめ)浮牡丹(うきぼたん) 雲錦朱砂(うんきんしゅしゃ)
 鶯宿(おうしゅく)大盃(おおさかずき) 思いのまま 鹿児島紅(かごしまこう) 春日野(かすがの)
 華農玉蝶(かのうぎょくちょう) 寒紅(かんこう)玉拳(ぎょくけん) ・・・・
 なかには 黒田錦(くろだにしき)や 月の桂(つきのかつら)などお酒のような名前もあり 武蔵野
 鈴鹿の関、名古屋紅梅などは地名、美しい名では 朱鷺の舞 月影 そのほかそのほか・・・・

 この日、寒くなるだろうと着込んできたら汗をかいたという純也主宰が「印をつけた」10句は、

 春の鳰小魚嘴に浮きにけり     伊瀬知正子
 梅林の紅白響き合ふところ     北村好作
 見栄を切るやうな枝ぶり梅の花   里見かつこ
 さ緑を解き白梅となりにけり    内田陽子
 見頃なる樹齢揃ひの梅の園     藤田信義
 羽ばたきの帰る兆の濠の鴨     佐藤扶紀子
 冴返ることにも慣れてしまひけり  藤堂くにを
 春の鴨光を連れてすべりけり    内田陽子
 幹えぐれつつ老梅の盛りかな    横田昭二
 梅見とは一度どこかで振り返る   藤堂くにを

 互選から純也主宰の句をご紹介します。

 楊貴妃といふ梅さほど匂はねど
 梅林の古木となつてゆく月日
 梅林の咲く気配なき一樹かな

 参加者は47名でした。                             
 
大阪城のとなり、大阪ビジネスパークのガラス張りの
ビルの壁面には春の雲が。
開花情報などに使われる「標準木」。
大阪城には 桜 と 梅 の標準木があります。
この日はまだ「蕾固し」のままでしたが、周囲には五分咲きの梅も。
発表ではどうなるのか・・・・
  (写真とレポート/中西英明)


 山茶花吟行(1月8日開催)レポート
  吟行地=生国魂神社、高津宮ほか

 新年初吟行は冷たい雨の日の開催となりました。
 初詣も兼ねての吟行地は、大阪・上町台地に残る古社・生国魂神社と、そのすぐ近くの高津宮。
 生国魂神社はもともと、現在の大阪城のあるあたりに建っていたものを、城の建造の折りにいまの
 地に移設したものとされていて神武天皇がお祀りした祭神は生島大神と足島大神。
 親しみをこめて「さん」づけで呼ぶことの多い大阪の人からは「いくたまさん」と、まるで親戚か
 なにかのように呼ばれています。
 その参道には、初詣が多かった松の内はさまざまな露店が出ていたと思われますが、それが一段落
 の8日には骨董市に変わっていました。
 一瞥しただけではありますが、どうやら掘り出し物や珍品はないようで、いかにもヒマそうな親父
 に声をかけられ、あわててその積りはないと逃げ出しました。
 講評で純也主宰は「雨の日には雨の句ができるといいますが、やっぱり吟行は晴れている方がいい
 ですね」。
 その主宰が、この日「印をつけた」10句は、

 門松の梅の一輪ふふみそむ    佐藤扶紀子
 御手洗の青竹にある淑気かな   大竹美智子
 年玉の目当ての店の児等の声   長井良孝
 薀蓄をたれ初売の露天商     杉﨑よしこ
 一円を引きてどんどの用意かな  芳田トモ子
 雨なれど揃ふ顔ぶれ初句会    芳田トモ子
 御降や天地創造する如く     藤堂くにを
 拝殿のひと抱へある大火鉢    大竹美智子
 願ひごとまたひとつ増え初詣   面地豊子
 凱旋のごとく両手に福袋     里見かつこ

 純也主宰の3句を互選から。

 玉砂利の雨に濡れゆく淑気かな
 竜の玉雨に磨かれ出でにけり
 寒九なれども大降りを寿がむ

 参加者38名の寒の雨の吟行でした。   
 
 生国魂神社の境内、上方落語の祖といわれる
 米澤彦八の記念碑。
 おおきな鏡餅。
 こちらは井原西鶴像。見えますか?
 小さな、ミニチュアのような鏡餅。
                           (写真とレポート/中西英明) 


 山茶花吟行(12月11日開催)レポート
  吟行地=大阪市内

 今回の吟行地は大阪市内、それぞれでプランを組んで、大阪の歳末風景を詠むという企画でした。
 幹事から示されたモデルコースは
 ①大阪駅北側にこの秋オープンした「うめきたガーデン」、
 ②天王寺動物園と、隣の日本庭園「慶沢園」
 ③市民の台所といわれ、東京のアメ横に匹敵する黒門市場 の3コース。
 このうち、黒門市場から、これも東京の合羽橋商店街と並び称される「道具屋筋」や「法善寺横丁」
 あたりまで足を伸ばした人が多かったようです。
 黒門市場には河豚を商う専門店もいくつかあって、参加者は河豚談義をしながら河豚屋をひやかす
 というシーンを予想していましたが・・・・
 いわゆる“インバウンド”外国人観光客で市場のなかはそれこそアメ横並の雑踏、「そもそも河豚とい
 うものは、締めてから一昼夜ぐらい熟成させないと旨さが出ない」などと薀蓄を語る余裕などさら
 さらなく、“大阪の左歩き”を知らぬ観光客を避けるのがせいぜいというありさまでした。
 そして句会場は大阪で最古級の高津宮のそば、近松門左衛門の墓所からも近い大阪社会福祉会館。
 このあたりは静まりかえっていましたが・・・・
 句会で純也主宰は「めいめいで好きなところへ行きなさいという指示の吟行でしたから皆さんの句
 を読むと、その人がどこをどう吟行してきたかということが分かり、だからこそ面白い句もたくさ
 んありました」。
 純也主宰が「印をつけた」10句から参加者の足どりを追っていただきましょう。

 虎河豚の潤む目をして捌かるる   内田陽子
 タグ付きしはさみの動く松葉蟹   伊瀬知正子
 売り物の道具屋筋の聖樹かな    中西英明
 冬日射しミナミの路地はまだ眠る  吉田富枝
 三方の白木の匂ひ年の市      芳田トモ子
 捌きゐるところは見せず河豚鬻ぐ  境 雅秋
 死は一度恋は一生近松忌      藤堂くにを
 鉛色して枯蓮の水面かな      織作香代
 無造作に牡蠣割る銜へ煙草かな   杉﨑よしこ
 期することありて分厚き日記買ふ  山内繭彦

 互選から純也主宰の3句。

 たこ焼器たまには売れて年の暮
 黒門の地廻りらしき懐手
 年の市値踏のみして買はぬまま

 黒門市場には鰻の専門店もあり、「半助(蒲焼の頭だけを切り落としたもので、大阪では昔、豆腐
 と煮込んだりしました)」が安い値で売られているのを懐かしく見るなど、いかにも大阪らしい吟
 行、参加者は43名でした。
 
黒門市場のなかの「イートイン」。
インバウンド対応という商魂ありあり!
あんまり鮮明ではありませんが、これが「半助」。
身の部分も少し残っていて、これがオイシイ!
 写真とレポート/中西英明


 山茶花吟行(11月13日開催)レポート
  吟行地=嵐山・嵯峨野一帯

 11月10日から新聞で掲載の始まった「紅葉だより」。
 それによると嵐山は“色づく”で、この時期恒例の阪急電車の先頭車両の“紅葉のヘッドマーク”も、この日
 はまだ取り付けられていません。
 それでも嵐山はごった返しの大混雑、紅葉の季節の先触れとなる恒例の「もみじ祭」が行われるというこ
 ともあったのでしょうが・・・・
 普段は静かな天竜寺は境内が駐車場に化し、他府県ナンバーがズラリと並び、雲水ならぬガードマンが出
 動、車の整理に当っていました。
 一帯には早めに色づいた紅葉もあり、それをバックに外国の観光客が入れ替わり立ち代り記念写真。
 中国語が飛び交っていました。
 純也主宰は講評で「ここへ来ると、どうしても紅葉を詠みたくなりますが、紅葉というのは実は詠みづら
 い季題で、どんな句が出てくるか懸念していたのですが、皆さん紅葉以外の季題をうまく探して詠まれて
 いたと感じました」。
 純也主宰が「印をつけた」10句は、

 斎宮を偲ぶ宮居の石蕗の花      内田陽子
 手入よき生垣の上の柚たわわ     山方 曙
 後ずさりして見る銀杏黄葉かな    面地豊子
 みやげ屋の二階に布団干してあり   長安悦子
 青空を鏡に山の装ひそむ       中西英明
 雲ひとつなしと仰げば帰り花     熊谷謙一
 身に入むや娘の縁ねがふ母の絵馬   杉﨑よしこ
 念入りに風邪気の顔を化粧ひけり   山内茉莉
 落葉踏むゴーギャンの赤ゴッホの黄  藤堂くにを
 相討ちのごと凭れ合ひ枯蓮      大竹美智子

 純也主宰の三句を互選から。

 この人出紅葉疲れといふべしや
 この峰の紅葉に御幸いくそたび
 奥津城へ苔の細道散紅葉

 藤堂くにをさんが初参加、総勢40名の吟行でした。
 句会が終るころ、JRの嵯峨嵐山駅のホームは京都方面へ向かう人で溢れかえっていました。     
 
 化野念仏寺にこんな掲示が出ていました。
 ”心霊スポット”などといわれて、押しかける人も
 多いようです。
 嵯峨嵐山駅のとなりには「トロッコ嵐山」駅が
 あります。
 SLなどが展示されていて人気の高い駅に付帯の
 ホールでみつけた人力鉄道の復元です。
                                  (写真とレポート/中西英明)


 山茶花吟行(10月9日開催)レポート
  吟行地=兵庫県明石市

 明石市は東経135度の子午線が通っている町として知られています。
 世界標準時の基準となるのが子午線で、太陽がこの線の真上に来た時刻が日本標準時の正午。
 じつは北海道と沖縄では約1時間の時差があるのですが、日本ではどこでも正午ということになって
 います。
 さらにいえば、実は子午線の通る町は結構たくさんあって、京都府福知山市や和歌山県和歌山市にも
 子午線は通っています。
 その中で明石市が特に有名なのは日本で最初に子午線の標識を建てたから。いわば先手必勝。
 先手必勝といえば、この町の「昼網」(夏=6月の季題)の糶。
 珍しく一般の人にも公開の糶場になっていて、すぐ近くの「魚ん棚商店街」などから糶人が集まり、
 毎日11時過ぎから熱気にみちた値入れが始まります。
 この日の吟行の“目玉”の一つがこの糶風景で、15分ほどで終ってしまう糶に山茶花のメンバーが糶
 人より多く見えるほど集まりました。
 はからずもこの日は明石のお祭。近くの神社から出た神輿が「魚ん棚商店街」を練り歩くなど、大い
 に盛り上がっていました。
 参加者のほとんどがこんな風景に接しているからでしょうが、句会ではどうしても似たような句が多
 くなります。
 純也主宰は「似たような句が多くなるのは仕方がありませんが、私が採った句と採らなかった句の違
 いを、特に採られなかった人はその訳を考えてみてください」。

 純也主宰が「印をつけた」10句は、

 昼網の糶を保冷車並び待つ     中西英明
 昼網の針付きしまま糶られけり   佐藤弥澄
 日曜の漁船溜りの赤とんぼ     杉原祐之
 快速の一駅ごとに秋澄めり     佐藤弥澄
 秋祭ケーブルテレビ取材に来    中西英明
 秋の蚊の風のまにまに近寄れる   長井真理子
 池一つ桜紅葉の円の中       山内茉莉
 天守跡とてそこここに毒茸     米澤道子
 秋鯖の目のくりくりと糶られけり  大竹美智子
 昼網を目利き揃ひの糶りあへる   中西英明

 純也主宰の句を互選から。

 昼網のものに外道のなかりけり
 干蛸の軽々廻り秋の風
 色街は港のはづれ秋の風

 この日の「祭」風景を取材中の地元のケーブルテレビのクルーが句会場にも突撃取材に現われ参加者
 46名が苦吟の様子などをカメラにおさめていきました。
 初参加はやはり地元の長井真理子さんでした。
 子午線のすぐそばに柿本神社があります。
通称「人丸神社」。歌仙・柿本人麻呂を祭神とする
神社で、この「亀の碑」も見所のひとつ。
碑文を誤らず読み上げると台座の耳のある亀が動き
出すといわれます。
 「魚ん棚」の商店街の天婦羅屋さんの店先。
名物というのが右手前の「いいだこ天」。
ほかに鱧、ししゃも、鰯などなど。
普段なら食べ歩きもできるのですが、この日は祭の
人ごみで断念を余儀なくされました。
                                (写真とレポート/中西英明)


 山茶花吟行(9月11日開催)レポート
  
吟行地=千里南公園、千里北公園 ほか

 日本で初といわれる大規模開発で誕生した千里ニュータウンは、1962年の入居開始から50年
 以上を経て、完全に成熟した街になっています。
 計画的に配置された公園には丘あり池あり、それを取り巻くジョギングコースありと、すっかり街
 に溶け込んできています。
 今回の吟行地は、千里ニュータウンを南北に走る阪急千里線の南千里駅や北千里駅の周辺、千里南
 公園と千里北公園と名づけられた二つの公園がポイントです。
 うち、南公園は別名「いしぶみの丘」。周遊コースにそって万葉の歌碑から芭蕉の句碑までまさに
 景観の一部として配置され、伝統野菜としても知られる「吹田慈姑」の実験田や、メタセコイアの
 巨木など句材はいっぱい!
 一方の北公園では丘の上に山茶花の先々代主宰・下村非文師の巨大な句碑があり、その丘からは広
 大なニュータウンの大景が望めます。
 真っ白の彼岸花が満開の木槿の根元に咲き、山雀が慈姑の田で水浴びをしていたり、釣堀には夏帽
 子の人が糸を垂れていたりと、見つけた季題もいっぱい!
 純也主宰は講評で「何年にわたったのか、この沿線にある関西大学で大学生に俳句の講座をもった
 ことがあり、毎年、南公園の池の周りを吟行した記憶があります。
 ここには珍しい木があったり花が咲いていたり、捉える季題には不自由しないのですが、それだけ
 にどこまで踏み込めたか、そのうえでちょっとした視点の違いを逃さずに詠むか、それが大事にな
 ってきます」。 この日、純也主宰が「印をつけた」10句は、

 曼珠沙華凭れあひつつ二三本     米澤道子
 草引けば白露の土の匂ひして     瀬川雅子
 風となりそよぐポプラの爽やかに   山本澄恵
 きちきちの助走もなしに跳びにけり  松澤新陽
 こほろぎの電話ボックスすみかとし  松澤新陽
 慈姑田の水の匂へる残暑かな     伊藤とし子
 鰯雲崩れぬままに流れゆく      山内繭彦
 四阿に一期一会の秋の人       山内 凛
 蹴とばせば笠をぽろりと毒茸     内田陽子
 街騒の小流れにして蜻蛉飛ぶ     山方美智子

 純也主宰の句は、

 踏みなやむへくそかづらの遊歩道
 九月なほ木陰の風を恋ひにけり
 鉦叩風の奥処に紛れなし

 吟行初参加の福田ゆきえさんを迎えて、総勢44名の残暑の吟行となりました。
阪急電車・南千里駅の名物(?)、燕の巣。
駅員さんたちが燕の巣のために、こんな棚を作っ
ていました。
  慈姑の昔の名は「恵具」。
それを詠んだ歌が万葉集にあります。
その歌碑。地名の「山田」はいまもそのまま残っ
ています。
  (写真とレポート/中西英明)  


 山茶花吟行(8月14日開催)レポート
  吟行地=大阪・四天王寺界隈

 大阪でお盆といえば四天王寺と一心寺。200メートルほどしか離れていないこの界隈には
 毎年、お盆詣りの老若男女が集います。
 今年はさらにもう一つ、大河ドラマの主人公・真田幸村のゆかりの地を巡る人たちが加わり
 ました。
 幸村が討ち死にしたと伝えられている安居神社の境内にもそれらしい人が見かけられました。
 わざわざ関東方面からやってきたらしいグループは社務所で幸村のことを色々質問、ドラマ
 と史実の違いに驚いたり納得したり。
 この神社は一心寺の北門の真向かい、昔は名水が湧いたという枯井戸があったり、すぐ近く
 に通天閣が見えていたり、それなりに詠める吟行地でしたが、山茶花のメンバーの関心事は
 やはり四天王寺。
 有名な亀の池や、よそのお寺では見かけない「経木流し」のお堂を覗いたり。
 境内には“盆の市”が立ち、高野槙や、なぜか堺の刃物が売られていたり・・・・
 JRや近鉄、地下鉄のターミナルになっている天王寺駅から歩いて「倒れるかなと思った」
 という純也主宰は、「吟行、お盆となるとどうしても似たような句になってしまいますが」
 と「印をつけた」句は“似たよう”でない10句でした。

 骨董市刃物市あり盆の寺      西上禎子
 諳んずる父母の戒名盆参      西上禎子
 濡れタオル頭に被り墓掃除     熊谷謙一
 盆の市マッチも売つてをりにけり  中西英明
 経木書く残暑の日差し浴びながら  熊谷謙一
 槙売の盆も昔と変りしと      高木とし子
 掃苔の亀の子束子すり減りて    熊谷謙一
 幸村の落命の地の蝉時雨      中西英明
 タクシーに行き先告げて汗拭けり  長井良孝
 新盆や朱書の墓銘墨に変へ     中西英明

 純也主宰の3句を互選結果から。

 盆すでに送り団子も並びそむ
 草市の香りの中に経木書く
 紙袋いくつも提げて盆の僧

 地元の人は“今日は人出が少ない”と話していましたが、参加者も少なく22名の吟行となりました。 
 
安居神社の幸村像。兜を脱ぎ、太刀を傍らに置
いて、休息中のところを襲われて討ち取られた
と伝わっています。
  四天王寺が母体の名門難関校、四天王寺学園に
はこんな横幕が張られていました。
銅メダル、おめでとう!
文武両道ならぬ“文ス(ポーツ)両道。
                           (写真とレポート/中西英明)


 山茶花吟行(7月10日開催)レポート
  吟行地=大阪市平野区・杭全神社、大念仏寺とその一帯

 梅雨の晴れ間の猛暑の一日となりました。
 吟行地の大阪・平野区の一帯は堺と同様、環濠に囲まれた自治都市で、大坂夏の陣では徳川家康が陣を
 敷いたことでも知られています。
 現在は大阪24区のなかでも最も人口の多い区としても有名で、その名をさらに高めているのが「平野
 の夏まつり」。区内の九つの地区がそれぞれ「だんじり」を保有しており、7月の11日から14日ま
 で、その「だんじり」が区内を練りまわります。
 JR・大和路線の平野駅から5分も歩けば杭全(くまた)神社。明日からの祭本番に備えて境内では、
 神職 やボランティアの皆さんが献灯のための電気工事や、境内を掃き清めるなどの作業を行っていま
 した。
 宮神輿の蔵は残念ながらまだ大きな南京錠で鎖されていましたが、祭支度とは地味な作業が多いという
 こともわかりました。
 その南側は寺町になっており、閻魔像で名高いお寺などが櫛比しています。とりわけ広い境内を持つの
 が大念仏寺。ここを祭支度に開放しているということで、「だんじり」の組み立て作業やだんじり囃子
 の稽古などが行われていました。
 お寺と神社の、ちょっと珍しいコラボレーションというところでしょうか・・・・
 講評で純也主宰は「各所でお祭りの準備が進んでいましたが、祭支度というとかえって祭本番よりも句
 にしやすいのかも知れないと感じた吟行でした。平野という古い街、祭、神社、寺など、句材も多く、
 そのため焦点を定めきれていない句も多く見られました」。
 
 主宰がこの日「印をつけた」10句は、

 拝殿の隅で首振る扇風機      畠中俊美
 氏子でもなきに浮き立つ祭かな   岡本 戎
 まだあどけなき児の打てる祭鉦   山内繭彦
 地蔵堂多き古町夏燕        境 雅秋
 山車蔵に巡路図貼りて祭町     杉﨑よしこ
 朝涼の宮居に祝詞ひびきたる    杉﨑よしこ
 生ひ揃ひ神饌田涼しきそよぎかな  山内繭彦
 地区ごとに祭団扇の違ふ柄     木内美恵子
 古町の小さき床屋の釣忍      小塚青楓
 閻王に八十年の懺悔かな      奥野とみ

 純也主宰の3句。

 軽トラで祭の献酒運び込む
 大祭テントはお化屋敷とや
 祭香具師地割に揉めてをりにけり

 参議院の選挙の投票日、猛暑。参加者はちょっと少な目の37名でしたが、古川洋子さんの初参加が
 ありました。                              
 杭全神社の狛犬。前足にご注目ください。
 “足止めの紐”が括りつけられています。
 こうしておけば家出人が見つかったりすると信じ
 られています。
 平野は交通の要衝でもありました。
 こんな道標があちこちに立っています。
 大峯山、高野山などの字が刻まれています。
 (写真とレポート/中西英明)