ひびき句会    当季雑詠
 定例日=第四金曜日
 句会場=北九州市・陣原市民センター

 ひびき句会(第118 回 6月22日開催)純也選報告  

 東京は、早や梅雨明けとか。
 北九州は夜空を裂く稲光につづき、土砂降りになったりすることもありますが、
 それも梅雨明けの兆しかと。
 今のところ、昨年のような豪雨の被害もなく過ごせております。

 6月の兼題は「黒南風」と「鵜飼」でした。
 純也先生の特選18句を清記順にご報告申しあげます。

 疲れ鵜か舳先の上に目つむれる    中山富子 
 黒南風や酒持ちよりて蜑溜り     神谷かよ
 火屑浴び荒鵜水面に見え隠れ     渡川義久
 篝火の果てて鵜舟の淦を汲む     柳田道子
 黒南風の砲塁今も海へ向く      立石禮子
 かがり火に鵜匠の姿ゆらぎけり    潮 照子
 黒南風にかたづけ早き糶場かな    神谷かよ
 黒南風やひねもす工都うち暗み    安田和代
 黒南風や海女小屋固く閉ざされて   衛藤知香
 鵜篝の緋のしたたれる水面かな    神谷かよ
 黒南風や唐人墓は海を向き      森島邦彦
 魚吐かす鵜匠へ拍手沸き上がる    渡川義久
 見物の舟影淡く鵜飼待つ       衛藤知香
 黒南風の濁声太き鴉かな       伊藤容子
 篝火に映ゆる荒鵜の水しぶき     木野寿美
 鵜飼果て傾ぐ烏帽子を正すなく    森島邦彦
 鵜松明水面照らして更けにけり    伊藤容子
 夕雲のたなびく鵜川昏れなづむ    末永あつし
   
                      (報告/外村勢佳)  


  ひびき句会(第117回 5月25日開催)主宰選報告

 いよいよ待ったなしの真夏日、先日の研修会の「水の都・大垣」が懐かしく思い
 出されてなりません。
 今月の兼題は「祭」「烏賊」色々な祭が描かれた様で先生に沢山の特選を頂きま
 した。
 烏賊火も美しく描き出された様です。
 純也主宰の特選を清記順にご報告いたします。

 釣り上げて烏賊の墨浴ぶ漢かな    上月ひろし
 一笛に山車軋みつつ動きそむ     森島邦彦
 いつの間に烏賊火遠退き更けにけり  渡川幸子
 瞬きて沖の烏賊火の夜もすがら    衛藤知香
 風に乗り祭太鼓の更くるまで     立石禮子
 今日馬関明日は博多と祭好き     権代政樹
 烏賊釣の灯に赤銅の漁夫の顔     本田理恵
 出揃ひて烏賊釣舟の沖照らす     中山富子
 宮入の一番山車の幣高く       衛藤知香
 雨粒を吹き飛ばし山笠突つ走る    神谷かよ
 洗ふ手に吸ひつく烏賊の力かな    渡川幸子
 川渡る神輿に湧ける祭かな      柳田道子
 裂かれても俎抱く烏賊の足      山下みつぐ
 はばかだず昼酒酌みて祭人      本田理恵
 川渡御の大喊声に水しぶく      衛藤知香
 父の胸祭法被の子の眠る       立石禮子
 大垣のまつり土産の水饅頭      末永あつし
 提灯の水面に揺るる夜宮かな     西村多恵
 紙吹雪道に貼り付き祭果つ      渡川幸子
 
                        (報告/外村勢佳)  


 ひびき句会(第116回 4月27日開催)主宰選報告

 いよいよ850号祝賀研修会です。お忙しい事と存じ上げます。
 皆々様にお逢い出来ます事を、何より楽しみにしております。

 4月の純也先生の特選12句を清記順のご報告申しあげます。
         
 ひと仕事目処のつきたる朝寝かな  伊藤容子
 旅疲れこれほどまでの朝寝して   伊藤容子
 落人の里の棚田の麦青む      渡川義久
 登校の子等の声聞く朝寝かな    山下みつぐ
 約束を忘れ朝寝をしてしまふ    潮 照子
 これと言ふ予定なき日の朝寝かな  中山富子
 寝返りて旅の朝寝を貪りぬ     渡川幸子
 傍らの開墾碑古り麦青む      久保洋子
 朝寝して夢の続きをもう一度    権代政樹
 翳りゆく青麦畑のそよぎかな    山下みつぐ
 目覚しを止めて朝寝の日曜日    渡川幸子
 たまさかの朝寝を夫に起こさるる  安田和代
                          (報告/外村勢佳)    


 ひびき句会(第115回 3月23日開催)主宰選報告

 爛漫の桜前線いよいよ列島を埋めつくし、甲子園の賑いが聞えてきそうな日和が
 続き、お花見も今週いっぱいでは・・・と思われる北九州です。 

 ひびき句会は、当初 純也先生の読売講座の、フォロー会として始まりましたが
 少しずつ会員が増え現在に至っております。
 山茶花誌850号祝賀会にて、皆様にお逢い出来ます事を楽しみにしています。

 純也主宰の特選を清記順にご報告申しあげます。

 啓蟄の蜥蜴とびだす庭を掃く   宮崎サカエ
 啓蟄の土やはらかく雨上がる   久保みゆき
 蟻穴を出づるや否や働けり    渡川幸子
 啓蟄の犬の嗅ぎゐる草の中    神谷かよ
 久々の家庭菜園地虫出づ     林 礼子
 合流のしぶき七色春の水     衛藤知香
 啓蟄の道掘り返すショベルカー  川村冨美子
 啓蟄や内濠調査水を抜き     衛藤知香
 染物を濯ぎ広げて春の水     伊藤容子
 英彦谷に春の水音谺して     森島邦彦
 輝きて川藻を辷る春の水     永野佐和
 啓蟄や発掘の畑埋めもどし    西村多恵
 鬩めぎ合ふ潮入川の春の水    山下みつぐ
 啓蟄の馬ませ内を嗅ぎ回はる   末永あつし
 唐臼の音の弾みて春の水     渡川義久
 ほとばしる平家の里の春の水   立石禮子
 堰落つる音も光りも春の水    渡川幸子
 啓蟄や納屋の農具の手入して   永野佐和
 発掘の続く遺跡に地虫出づ    西村多恵
 琅
?の色を湛へて春の水     久保洋子
 啓蟄の土盛り上げてそこかしこ  森島邦彦
 橋脚の日の斑ゆらゆら水の春   外村勢佳
 啓蟄や測量機立て道普請     本田理恵

 出席は18名、投句8名でした。
                       (報告/外村勢佳)  


 ひびき句会(第114回 2月23日開催)主宰選報告

 沢山のパワーを頂き湧きに湧いたオリンピックも終り、柔らかな日差しのあちこち
 の梅が香に、ふと立ち止まり、空を見上げる北九州のこの頃です。
 今月は出席22名、投句3名。沢山の特選を頂きました。

 純也先生の特選25句を清記順にご報告申しあげます。

 道風の社額の薄れ冴返る     渡川幸子
 風すさび鶴の塒田冴返る     衛藤知香
 手を擦るだけの見舞の冴返る   山下みつぐ
 冴返る平家の塚の荒るるまま   立石禮子
 ランナーに風容赦なく冴返る   伊藤容子
 開拓碑故国を向いて冴返る    永野佐和
 静電気走るドアノブ冴返る    権代政樹
 冴返る真白き紙で指を切り    本田理恵
 どこからか沈丁の香の漂ふ日   久保みゆき
 バスを待つ病院前の沈丁花    山下みつぐ
 こつこつと急く靴音の冴返る   久保洋子
 海峡の荒れゐる町の冴返る    川村冨美子
 一湾を覆ふ雲垂れ冴返る     伊藤容子
 昨夜会ひし人の訃報の冴返る   西村多恵
 だしぬけに警策響き冴返る    森島邦彦
 退院の目処なき暦冴返る     山下みつぐ
 遅れ来るバス待つ風の冴返る   潮 照子
 水底にきらりと硬貨冴返る    中村征代
 客足の遠のく街の冴返る     上月ひろし
 路地裏を曲れば匂ふ沈丁花    宮崎サカエ
 冴返るまたも渡船の遅れ着き   西村多恵
 シャッターを閉づ街並の冴返る  木野寿美
 家族葬とふ斎場の冴返る     山下みつぐ
 香り来る袋小路の沈丁花     木野寿美
 終電のベル冴返るホームかな   久保みゆき 
                          (報告/外村勢佳)  


 ひびき句会(第113回 1月26日開催)主宰選報告
 
 今年の寒冷前線は、日本列島をすっぽり包み北九洲のみならず、鹿児島までも
 一面真っ白に染め上げました。
 北陸のどか雪のニュースには、慄くばかりです。
 1月のひびき句会は出席19名、投句6名。 
 純也先生に「ラグビーは佳句が多かった」とお褒めの言葉を頂きました。

 純也先生の特選を清記順にご紹介いたします。

 ラガー等の口一文字ボール追ふ     柳田道子
 トライ決めラガーの校旗ひるがへる   中村征代
 逆転のトライ決めたるラガーかな    川村冨美子
 ラグビーの観客席の遺影かな      立石禮子
 猛然と連覇へラガートライかな     伊藤容子
 大空を見上げラガーのル―ティーン   山下みつぐ
 倒れ込みつつトライするラガーかな   木野寿美
 ノーサイド肩を抱き合ふラガーかな   渡川義久
 ラガー等のベンチに並ぶ古薬缶     末永あつし
 ラグビーのハーフタイムの芝手入    川村冨美子
 風花やワイパー使ふほどもなく     西村多恵
 立ち上がるラガーに拍手湧き起こる   本田理恵
 朝の日に舞うて風花ひとしきり     宮崎サカエ
 トライしてラガー拳を突き挙ぐる    渡川義久
 灯台をかすめ風花耀へり        森島邦彦
 トライするラガーの祈り天仰ぐ     永野佐和
 ミーティング重ね飛び出すラガーかな  潮 照子
 鼻筋に絆創膏のラガーかな       久保洋子
 擦り抜けて突破口得しラガーかな    中村征代
 ラグビーの勝者の顔に血のにじむ    川村冨美子
 雄叫びの前歯欠けたるラガーかな    山下みつぐ
 あてどなき風花路地にとめどなく    古閑しづか
 独走のトライに湧けるラガーかな    中山富子
 草擦れの頬に涙のラガーかな      山下みつぐ
 独走のラガー追風のがさずに      永野佐和
 風花のとどまらずして失せにけり    衛藤知香
 ラガーシャツ引つ張り拭ふ涙かな    渡川幸子

 次回は2月23日(金)、兼題は「冴返る」「沈丁花」です。
                             (報告/外村勢佳)  


 ひびき句会(第112回 12月22日開催)主宰選報告

 平成29年もいよいよカウントダウンとなりました。
 新しい年を迎えるに当り心より此の一年間のご指導感謝申し上げます。

 12月の兼題は「年用意」と「浮寝鳥」でした。
 出席20名、欠席投句6名。純也先生の特選15句を清記順にご報告申しあげます。

 捨てることより始めたる年用意  中村征代   
 外濠の流れのままに浮寝鳥    末永あつし
 水鳥の陣を乱して風荒ぶ     木野寿美
 ひとり居の弱音を吐かず年用意  中山富子
 調味料書いて記すも年用意    宮崎サカエ
 禁漁の湖を気ままの浮寝鳥    衛藤知香
 諍ひに素知らぬふりの浮寝鳥   渡川幸子
 ひもすがら日和さづかり年用意  権代政樹
 煮炊きして玻璃戸の曇る年用意  潮 照子
 省略も主婦の知恵なり年用意   林 礼子
 古格子外し洗ふも年用意     伊藤容子
 消すよりも足すメモ多し年用意  渡川幸子
 手慣れたる順序のありて年用意  永野佐和
 水鳥の泳ぐともなく散らばれる  衛藤知香
 曳波に身を委ねたる浮寝鳥    山下みつぐ

 新年は1月7日(日)、純也先生をお迎えして「小倉リーセントホテル」にて
 新年句会を行います。 
 更に8日には「よみうりFBS文化センター」の俳句講座。
 純也先生にはご多忙の中感謝の念に堪えません。
 平成30年も、どうぞ宜しくお願い申し上げます。
                         (報告/外村勢佳)
 


 ひびき句会(第111回11月24日)主宰選報告

 師走の照る日曇る日、何となく気忙しくなりました。
 英彦山の冬紅葉も散り果て 初雪の便りも聞かれるこの頃です。

 今回の兼題「凩」は「北風」との違いのニュアンスを的確に捉えるのが難しかった
 にも拘わらずたくさんの特選を頂きました。 

 純也先生の特選を清記順にご報告申しあげます。
  
 凩を背ナに誘導ライト振る      山下みつぐ
 凩にペダル踏む子のしかめ面     森島邦彦
 海峡の荒れ凩の港町         川村冨美子
 凩の商店街の早仕舞         木野寿美
 新海苔のその香も艶も手ざはりも   永野佐和
 新海苔の幟はためく小店かな     久保洋子
 新海苔の有明産の筆太く       木野寿美
 子を庇ひつつ凩に真向ひぬ      渡川幸子
 朝市に販ぐ新海苔生のまま      西村多恵
 凩や補聴器狂ひ鳴りをして      有働あき代
 ひと焙りして新海苔の香りかな    川村冨美子
 新海苔の摘みしばかりのおみお付け  山下みつぐ
 有明の初海苔舟の威勢よく      宮崎サカエ
 凩の煽り転がすレジ袋        本田理恵
 凩に浮足立ちて戻りけり       衛藤知香
 海苔
?の見ゆる新海苔販売所     渡川義久
 一膳に新海苔あればそれでよし    上月ひろし
 凩に飛ばされ帽子どこへやら     宮崎サカエ
 凩の夜は迷ひなく鍋料理       木野寿美
 桐箱へ納め新海苔届きたる      本田理恵
 改札を出で木枯の街に散る      川村冨美子
 新海苔の帯封軽く巻かれたる     衛藤知香
 封切りて新海苔ほのと香りけり    立石禮子
 新海苔の色艶の濃き香りかな     林 礼子
 新海苔の香りと艶のまぎれなし    神谷かよ

 出席者22名、投句5名でした。
                          (報告/外村勢佳)  


 ひびき句会(第110回 10月27日開催)主宰選報告

 10月の兼題は「新米」と「うそ寒」でした。
 今月より新会員3名も加わり、出席21名 投句5名楽しい句会となりました。
 先生に沢山の特選を頂き、新会員にも励みになった事と喜んでおります。
     
 純也先生の特選25句を清記順にご報告いたします。
             
 一粒も零さずに磨ぐ今年米    外村勢佳
 炊きあぐる新米匂ふ厨かな    伊藤容子
 アンデスの塩つけ結ぶ今年米   本田理恵
 見送りし後の桟橋うすら寒    権代政樹
 帰路急ぐ夕べの径のうすら寒   潮 照子
 新米の仏飯小さき嵩なれど    外村勢佳
 今年米まづ仏飯に炊きにけり   久保洋子
 新米の馥郁として炊き上がる   衛藤知香
 一日を雨に降られてうそ寒し   神谷かよ
 黄昏の芳一堂のそぞろ寒     山下みつぐ
 試食とて匙一杯の今年米     永野佐和
 うそ寒や越して隣人便りなき   中村征代
 新米の食卓にはや顔揃ふ     渡川幸子
 炊き上がる香りも艶も今年米   渡川幸子
 新米と言はずもがなの香りかな  神谷かよ
 院内の長き廊下のうそ寒く    木野寿美
 掬ひ見せ売る新米の粒揃ひ    外村勢佳
 水どころより新米の届きけり   川村冨美子
 切れさうに点る街灯うそ寒し   木野寿美
 うそ寒の即入院となりにけり   宮崎サカエ
 うそ寒の本降りとなる暗さかな  衛藤知香
 うそ寒の路地裏よりの猫の声   川村冨美子
 人気なき雨の境内うそ寒し    古閑しづか
 法要の膳の新米噛みしむる    伊藤容子
 艶々と豪雨の跡の今年米     古閑しづか
 新米の滾りはじめし厨かな    久保みゆき

 今年も残す二か月となり、英彦山の紅葉も早や盛りを過ぎ、冬紅葉へと鎮もりつつ
 あるこのごろです。
                             (報告/外村勢佳)
 


 ひびき句会(第109回 9月22日開催)主宰選報告

 この度の「間引菜」「水澄む」素敵な季題でしたが、難しかった様です。
 出席19名 投句5名。純也先生の特選12句を清記順にご報告いたします。

 金の鯉緋の鯉めぐる水澄めり     宮崎サカエ
 黒々と稚魚の走れる水澄める     中山富子
 里山の日和つづきの水澄めり     衛藤知香
 お土産のお礼に抜菜持たせけり    上月ひろし
 土掴む根の逞しき抜菜かな      渡川幸子
 間引菜を加へて今朝のサラダかな   潮 照子
 ひもすがら唐臼を打つ水澄めり    外村勢佳
 どれも皆摘むには惜しき菜を間引く  渡川義久
 水分の神の澄む水汲みにけり     柳田道子
 指ほどの間引大根漬けにけり     宮崎サカエ
 雨あとの菜間引く日和たまはりぬ   末永あつし
 昨夜からの大雨予報菜を間引く    久保洋子

 次回は「新米」「うそ寒」 です。
 美味しい新米の句が沢山出来ます様祈ります。
                          (報告/外村勢佳)  


 ひびき句会(第108回 8月25日開催)主宰選報告

 ホ句の秋ですね。あの猛暑が嘘のように、良い季節になりました。
 先日、平尾台の千草の風に暫し吹かれて参りましたが自然の営みに感激でした。

 8月の兼題は「木槿」と「稲妻」、参加は18名、欠席投句は4名でした。
 純也先生の特選20句を清記順にご報告いたします。

 垣越しに朝の挨拶花木槿      宮崎サカエ
 木槿咲き旧街道の宿場跡      柳田道子
 海峡のマストを照らすいなびかり  川村冨美子
 稲光知盛像の仁王立ち       権代政樹
 民宿の朝食早き白木槿       木野寿美
 灘にとび島へ走りし流れ星     柳田道子
 隣家へ枝折戸古りし木槿垣     衛藤知香
 稲光コンビナートの浮き立てり   木野寿美
 稲妻や犬の遠吠えいづこより    林 礼子
 一つ落ち二つ開きて白木槿     本田理恵
 底紅の咲き継ぐ紅の濃かりけり   衛藤知香
 防人の海一閃の稲光        権代政樹
 穂高岳へと稲妻走る小屋泊り    渡川幸子
 神宿る島へ稲妻走りたる      渡川義久
 稲妻や棚田千枚稔りたる      山下みつぐ
 出し抜けに眼裏走るいなびかり   森島邦彦
 稲妻の水平線を真つ二つ      上月ひろし
 白木槿ひとり娘の嫁ぐとや     本田理恵
 海境の島浮き上がるいなびかり   山下みつぐ
 旅の夜の心細さに稲びかり     潮 照子

 9月30日は、待ちに待った「山口県俳人協会俳句大会」です。
 純也先生のご講演と、お逢い出来ますことを、みんなで楽しみに致して居ります。
                              (報告/外村勢佳)
 


ひびき句会(第107回 7月28日開催)主宰選報告

 言うまいと思えど・・・・・・ 何と暑い日が続きます。
 心配していた台風も北九州からは逸れ、この度は一安心と言った処です。
 早やお盆様をお迎えするに当たり、あの方この方と・・・・ 思い出されます。
 俳句を学び充実した日々を送れます事に感謝感謝です。

 兼題は「道をしへ」と「月見草」、出席18名、欠席投句5名でした。
 純也先生の特選を清記順にご紹介いたします。

 道草の子らの先行く道をしへ    末永あつし
 道をしへ七盛塚を翔び立てり    山下みつぐ
 硬山の裾に咲きそめ月見草     宮崎サカエ
 足弱に行きつ戻りつ道をしへ    潮 照子
 開発の進む河原の月見草      川村冨美子
 斑猫の翔んで置いてけぼりくらふ  山下みつぐ
 落人の里の小径の道をしへ     渡川義久
 漁火を見やる岬の月見草      森島邦彦
 夕散歩月見草咲くあたりまで    宮崎サカエ
 咲き誇る待宵草の薄明り      木野寿美
 月見草灘むらさき暮れにけり    神谷かよ
 月見草風の潤ひそめにけり     潮 照子
 漁火の点りそめたる月見草     柳田道子
 坂道の三千院の道をしへ      渡川義久
 月光に開ききつたる月見草     林 礼子
 
                          (報告/外村勢佳)