ひびき句会    当季雑詠
 定例日=第四金曜日
 句会場=北九州市・陣原市民センター

 ひびき句会(第106回 6月23日)主宰選報告

 ひびき句会6月の特選句報告です。
 何気なく過ごしてしまいがちですが、想えば、有難い日本の四季。
 大きな意味のある梅雨なんですねぇ・・・・
 今月の兼題は「空梅雨」でしたが、そんな意味でもやっぱり空梅雨は、いやです。
 程々に、と云う言葉は、大自然には通用しないようです。
 とにかく無事に梅雨明けを迎えたいものです。 

 純也先生の特選を清記順にご報告申しあげます。

 旱梅雨阿蘇の夕照只ならず      木野寿美
 田廻りの天仰ぐのみ旱梅雨      末永あつし
 空梅雨の玄関先の土埃        川村冨美子
 置き去りの川舟乾ぶ旱梅雨      柳田道子
 水分の神に詣でて旱梅雨       渡川義久
 勢ひなく回る水車の旱梅雨      上月ひろし
 空梅雨や山の鴉の声嗄れ       衛藤知香
 空梅雨のひび割れ目立つ田となりぬ  潮 照子
 空梅雨の棚田に干割れ広ごれる    渡川義久
 空梅雨のダムの水嵩憂ひけり     西村多恵
 翡翠の光となりし水しぶき      神谷かよ
 空梅雨の断水時刻迫り来て      伊藤容子
 空梅雨の滝壺しぶくこともなく    永野佐和
 朝な夕な空梅雨の田を見廻りて    潮 照子
 空梅雨の田んぼを走る日照雨かな   衛藤知香
 翡翠のいつもの杭に身じろがず    渡川幸子
 旱梅雨刈られし土手の土埃      山下みつぐ
 空梅雨の川音のなき橋渡る      有働あき代
 
                            (報告/外村勢佳)  


 ひびき句会(第105回 5月26日開催)主宰選報告

 兼題は「薄暑」と「筍」、出席18名、投句5名でしたが・・・・
 最近の異常気象に依って、この度の兼題「薄暑」は、既に猛暑の様な日々の、五月に
 して、申し訳ない季題でした。
 早や梅雨兆すこの頃、純也先生の特選を清記順にご報告申しあげます。

 クレープの屋台賑はふ薄暑かな     本田理恵
 エキストラ出番待ちなる街薄暑     権代政樹
 パンを焼く香り漂ふ薄暑かな      柳田道子
 一輪車押して筍山下る         山下みつぐ
 改札を出て雑踏の街薄暑        川村冨美子
 碇泊のマスト真白き薄暑かな      外村勢佳
 掘り立ての筍にある湿りかな      潮 照子
 たかんなの出たがつてゐる地割れかな  神谷かよ
 一撃の筍掘りの鍬さばき        渡川義久
 ふつふつと鍋の筍香り立つ       久保洋子
 先生は水筒の番園薄暑         渡川幸子
 筍を掘る一撃の狂ひなく        森島邦彦
 筍掘りとどめはここと誤たず      西村多恵
 旅行鞄軽き薄暑の旅路かな       上月ひろし
 筍に朝の山気の湿りかな        渡川幸子
 自販機の水買つてゐる薄暑かな     川村冨美子
 ふる里のいつもの味のたけのこ飯    神谷かよ
 朝掘の筍すぐに売り切れて       木野寿美
 早暁の白子筍採りにけり        山下みつぐ
 鍬選び筍掘りと気構ふる        林 礼子
 心得て筍掘りの鍬の音         本田理恵
 髪を切ることも薄暑の旅支度      渡川幸子
 朝市の筍に糠添へくるる        川村冨美子
 二の腕の産毛の光る薄暑かな      潮 照子
 傘寿とて筍掘りの慣れし鍬       神谷かよ
 宿下駄に足湯のほてり夕薄暑      衛藤知香

 本年9月30日、「俳人協会山口県支部俳句大会」に「純也先生」ご講演のため九州に
 お越し頂ける、とあって「山茶花北九州句会」貸切バスにて、出席の予定で進んでおり
 皆様何より楽しみにして居られるようです。
 先生には、此の為の投句用紙のコピーを沢山お送り頂きました。有り難うございました。
                               (報告/外村勢佳)  


 ひびき句会(第104回 4月28日開催)主宰選報告

 兼題は「春惜しむ」と「梨の花」。
 日頃あまり縁のない「梨の花」は難しかった様です。
 幸いにも「うす緑を帯びた山懐の梨園」を探すことが出来、園丁の苦労話など聴く
 事が出来ました。
 梨の花が咲き終りそれから「梨園の新葉」の頃がとても美しいとの事でした。

 純也先生の特選を清記順にご報告いたします。

 梨の花大いなる月出てゐたる      久保洋子
 棚仕立なる一面の梨の花        西村多恵
 梨棚をくぐりて花の盛りかな      川村冨美子
 みちのくの旅の終りの春惜しむ     木野寿美
 惜春の小雨に回る観覧車        本田理恵
 命日に野花を手向け春惜しむ      森島邦彦
 梨咲いて里の段畑暮れ残る       衛藤知香
 木洩日のオープンカフェの春惜しむ   木野寿美
 英彦の磴のぼりつつ春惜しみけり    柳田道子
 惜春の虚子も迎へし館跡        渡川幸子
 せせらぎの光に風に春惜しむ      渡川義久
 惜春の暮れなづむ古都見晴かす     渡川幸子
 ニュータウン増え土筆野の廃れゆく   川村冨美子
 梨の花咲き満つ峡の明るさよ      伊藤容子
 惜春の野外ステージ海へ向く      衛藤知香
 
                            (報告/外村勢佳)  


 ひびき句会(第103回 3月24日開催清記順)主宰選報告

 未だ気温が定まらないとは言え 高校球児達の 最後の最後まで諦めない頑張りに元気を
 貰う日々でした。
 お蔭様で「ひびき句会」の皆様にもしっかり意識して頂き、年に一度と決めた本来の
 「吟行句会」も「9月30日」(土曜日)と決めさせて頂き進行中です。

 純也主宰の特選14句を清記順にご報告いたします。

 阿蘇谷のからりと晴るる厩出し    永野佐和
 待ちかねし厩出し日和草匂ふ     渡川幸子
 昨夜の雨袴にふふむ土筆摘む     山下みつぐ
 昂れる牛宥めつつ厩出し       川村冨美子
 一頭に続き駆け出す厩出し      渡川幸子
 まや出しの厩舎の藁を入れ替ふる   久保洋子
 厩出し田舎へ町の獣医来る      久保洋子
 厩出しの馬駆けまはり跳ねまはり   柳田道子
 厩出しの仔牛跳ねつつ親につく    末永あつし
 引退の競走馬ゐて厩出し       西村多恵
 馬具手入れ終へ厩出しの一ト日かな  川村冨美子
 厩出しの駒馬柵越しに草を食む    有働あき代
 ニュータウン増え土筆野の廃れゆく  川村冨美子
 土筆摘む畦から畦を飛び渡り     潮 照子

 出席17名、投句6名でした。
                          (報告/外村勢佳)  


 ひびき句会(第102回 2月24日開催)主宰選報告

 今月の兼題は「末黒の芒」と「余寒」でした。
 兼題に関して申しますと、平尾台の野焼も終り、見はるかす羊群石の数にも、毎年ながら
 驚かされます。
 蒼天の揚雲雀の声に癒され、台地の息吹をしかと感じ、高速で30分そこそこの近場です
 が、いつもながらに心洗はれる吟行地です。

 今回の出席は17名、投句は5名でした。
 純也先生には特選22句」、入選20句と沢山選んで頂きました。

 特選を清記順にご報告いたします。

 病室へ入る余寒の手を洗ふ      末永あつし
 打ち晴れて余寒の風が耳を刺す    神谷かよ
 バス停の椅子に残れる余寒かな    有働あき代
 又しても余寒の街の救急車      永野佐和
 蒼天の末黒の芒広ごりて       伊藤容子
 岩煤け末黒の芒そこかしこ      渡川幸子
 風癖のままの末黒の芒かな      木野寿美
 余寒なほ検査結果を待つ一と日    宮崎サカエ
 剣山のごとき末黒の芒かな      上月ひろし
 余寒なほ灘からの風ことのほか    神谷かよ
 タクシーを待つ町角の余寒かな    有働あき代
 遅れ着くバスを待つ間の余寒かな   西村多恵
 斑にも阿蘇の末黒の芒原       木野寿美
 終電車降りしホームの余寒かな    渡川義久
 戸締りのドアの把手の余寒かな    渡川義久
 起き抜けの厨の余寒尚更に      木野寿美
 こなしゆく余寒の日々の厨ごと    川村冨美子
 足早に人去る夜の駅余寒       渡川幸子
 ただいまの声に声無き余寒かな    渡川幸子
 鳶舞ふ台地にこぞる芒の芽      外村勢佳
 捨て畑の畦の末黒の芒かな      潮 照子
 改札を抜けてホームの余寒なほ    木野寿美
 
                            (報告/外村勢佳)  


 ひびき句会(第101回 1月27日開催)主宰選報告

 立春も過ぎ日差しは何となく明るく「日脚伸ぶ」この頃です。
 「北九州山茶花句会」は、1月15日、純也先生をお迎え致しての初句会となりました。
  新メンバーを含み42名の出席で、盛会裏に終わる事が出来ました。
 先生をお迎えしての新年会は初めてでしたので、会員の皆々様大変な喜び様でした。
 感謝感謝です。

 純也先生の特選18句を清記順にご報告いたします。

 侘助や庭師は石を据ゑたがり     衛藤知香
 侘助の俯きしまま開きけり      衛藤知香
 冬灯ひとり暮しに馴れもして     潮 照子
 寒灯に厨仕事の捗らず        伊藤容子
 侘助の一輪落ちて露地暮るる     渡川義久
 侘助や茶室の内の声洩れて      久保洋子
 次の戸の間遠き峡の冬灯       西村多恵
 疲れ果て帰る我が家の冬灯      上月ひろし
 侘助の半開きなる白さかな      衛藤知香
 寒灯の足元照らす滝行場       末永あつし
 受験子の二階の窓の冬灯       渡川義久
 石炭に栄えし波止の冬灯       渡川幸子
 侘助のもの言ひたげなおちよぼ口   宮崎サカエ
 寒灯の消ゆることなきナース室    渡川義久
 帰り来る子を寒灯の待ちゐたる    川村冨美子
 寒灯や黙り坊の古本屋        久保洋子
 病む人の涙に映る寒灯        森島邦彦
 落人の里の冬の灯二つ三つ      山下みつぐ

 出席16名、欠席投句7名でした。

                           (報告・外村勢佳)  


 ひびき句会(第100回 12月23日開催)報告

 「ひびき句会」がこのたび100回を迎えました。
 今回はそれを記念しての吟行兼忘年句会となりました。
 会員24名中出席者17名、投句5名にての納め句座となり、句会後は懇親を深める事が
 出来ました。

 純也先生の特選を清記順にご報告申し上げます。

 ただでさへ波立つ灘の北風荒るる  衛藤知香  
 北風吹くや白波の湾弓なりに    宮崎サカエ
 冬日濃し胸豊かなる海女の像    渡川幸子
 大北風に煙れる灘の波頭      森島邦彦
 立ち上る波に抗ふ冬かもめ     中山富子
 冬涛の岩呑みこんで散りにけり   神谷かよ
 風音も岸打つ波も冬ざるる     潮 照子
 一舟も見ず玄界の北風荒るる    末永あつし
 荒浪の音をそびらに山眠る     中山富子
 突堤にしぶき吹き上げ冬怒涛    渡川幸子
 冬帽の見下ろす海の荒れにけり   上月ひろし
 冬怒涛テトラポットにしぶくかな  川村冨美子
 潜く鳰浮き上がるのはどのあたり  木野寿美
 冬耕の畝整然と灘へ向く      渡川義久
 海鳴の径に水仙咲きそむる     久保洋子
 冬紅葉夕日に色を尽くしけり    西村多恵

 次回は新年早々の1月15日(日)、三村純也主宰をお迎えして多数の参加で「北九州句
 会」の新年句会を予定しています。
 いよいよ「新しい年」又「祝賀会」に向っての一歩となります。
 来る年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
                             (報告/外村勢佳)
 


 ひびき句会(第99回 11月25日開催)主宰選報告

 ひびき句会も第99回を迎えました。
 今月の兼題は「冬」と「切干作る」でした。
 純也先生の特選を清記順にご報告いたします。

 速足に改札抜ける冬の駅       本田理恵
 切干に打つて付けなる灘日和     神谷かよ
 先触れの風吹きつけて冬将軍     衛藤知香
 切干の筵とり込む三和土かな     末永あつし
 日を追うて切干の笊動かして     川村冨美子
 切干の夜目にも白く匂ひけり     柳田道子
 警策の音のほかなき冬の寺      森島邦彦
 小袋に詰めて切干匂ひけり      衛藤知香
 海峡を冬将軍に阻まるる       潮 照子
 簀子敷き切干作る里日和       渡川義久
 ポケットに手を入れ歩き冬に入る   上月ひろし
 精進の膳の切干大根かな       西村多恵
 こんなにも縮み切干干しあがる    川村冨美子
 うすみどり混じる切干細りゆく    木野寿美
 宿坊の縁に切干乾きけり       永野佐和
 切干の乾く日和の続きけり      渡川幸子
 切干のこれほどまでの軽さとは    外村勢佳
 静電気走るドアノブ冬に入る     本田理恵

 次回は12月23日(金)、「ひびき句会 百回記念」となり吟行の後「忘年句会」と
 なります。
 会員の皆様のお蔭により百回を迎える事が出来喜んでおります。
 何はともあれ 次回盛り上がり 良いご報告が出来ます様にと祈ります。
 なお、兼題は「行く年」と「八手の花」です。
                          (報告/外村勢佳)
 


 ひびき句会(第98回 10月28日開催)主宰選報告

 京都の「紅葉」、北の「初雪」便りと朝夕は、めっきり冷え込む様になりました。
 ひびき句会の10月は新会員2名をお迎えし出席18名、投句6名での開催となりました。
 また、ひびき句会は12月23日にて100回を迎えます。
 祝い楽しく年越をしたいと既に「吟行」及び「忘年会」として予約済み・只今受付中です。

 純也先生の特選を清記順にご報告いたします。
 

 香り利き幸せさうに新酒酌む     木野寿美
 目覚めよき朝の日差しに小鳥来る   木野寿美
 新造の舳に艫に今年酒        権代政樹
 出来立ての新酒に蔵の活気あり    潮 照子
 ブランチの熱きコーヒー小鳥来る   川村冨美子
 彼の人と酌みたき新酒なりしかな   渡川幸子
 新酒酌む耳まで赤き下戸も居て    本田理恵
 一様に下戸にもすすめ今年酒     衛藤知香
 黄昏の一樹に群るる小鳥かな     山下みつぐ
 ひと息に新走り干す男かな      川村冨美子
 含みては頷き合ひて新酒かな     渡川幸子
 新酒酌み父の年回修しけり      宮崎サカエ
 好き者の寄りて新酒の封を切る    中山富子
 村中が新酒まつりに賑はへる     神谷かよ
 おもたせの新酒に酔うてしまひけり  伊藤容子
 乾杯のワイングラスの今年酒     山下みつぐ
 新走入荷の暖簾くぐりたる      渡川義久
 父の忌のコップに供ふ新走      宮崎サカエ
 
                          (報告/外村勢佳)  


 ひびき句会(第94回 9月25日開催)主宰選報告

 待ちに待った秋酣の日々、大自然に習うこと色々の昨今です。
 9月25日(日)、豊前の「非文句碑」掃除方々「北九州句会」のメンバー27名はバスを
 貸切り、求菩提山まで足を延ばし「吟行」句会を致して参りました。
 降らず照らずの良い吟行でした。
 純也先生の「椿の記念樹」もすくすくと沢山の実を付けてました。
 また、非文先生の「ふる里」句碑も地に馴染大変良い感じでした。

 純也先生の特選を清記順にご報告申しあげます。

 対岸へ追はれて渡る秋の蛇   潮 照子
 自転車を押す他はなし野分中  武谷君子
 さざ波をたて渡りゆく秋の蛇  川村冨美子
 くろぐろと波裏返る野分かな  柳田道子
 ハイカーの列の乱るる秋の蛇  木野寿美
 のろのろと石垣を這ふ穴惑   有働あき代
 朝市に野分傷みのもの並ぶ   川村冨美子
 丹精の鉢転げたる野分かな   伊藤容子
 鳶舞うて蜑発祥地野分晴    外村勢佳
 底なしの青さ広げて野分晴   渡川幸子
 野分過ぎ芥の浮かぶ船溜    川村冨美子
 下校子に囃されて蛇穴に入る  渡川幸子
 増水の川を横切る穴惑     木野寿美
 だしぬけに山道横切る穴惑   森島邦彦
 光りつつ草に紛るる穴惑    木野寿美
 
                           (報告/外村勢佳)  


 ひびき句会(第96回 8月26日開催)主宰選報告

 思いもよらぬ経路の台風にて被害に遭われた東北の皆さまにお見舞い申し上げます。
 台風の玄関と言われる九州地方には、この上ないお湿りとなり草木はもとよりお蔭様にて
 ほっと一息つけました。

 今回の兼題は掴まえ所の無い「立秋」と「茗荷の花」。
 何時もながら、素直に詠む事の難しさ・・・・
 是より秋本番、しかしながら短い季節を大切にしたいと存じます。

 純也先生の特選を清記順にご報告申しあげます。
 
    
 分け入りて茗荷の花の一つのみ   有働あき代
 立秋の仏間にお鈴響きけり     本田理恵
 知らぬ間に咲きて萎れて花茗荷   木野寿美
 今朝もまた一つ開いて花茗荷    潮 照子
 木洩日に透きてそこここ花茗荷   中山富子
 水撒きのたびに伸びゐる花茗荷   有働あきよ
 炭住の今は廃屋花茗荷       権代政樹
 花茗荷葉陰にひとつ二つ三つ    山下みつぐ
 高階の窓開け秋の立ちにけり    柳田道子
 いつ咲いていつ萎むとも花茗荷   武谷君子
 庭隅の茗荷の花のつぎつぎと    伊藤容子
 葉の陰の茗荷の花の薄明り     衛藤知香
 
                            (報告/外村勢佳)


 ひびき句会(第95回 7月22日開催)主宰選報告 

 早や7月も終り、朝を待ち兼ねるが如きしきりの朝蝉に、元気を貰ふと同時に哀れさえ感じる
 日々、暑中お見舞い申し上げます。
 北九州はお蔭様で、豪雨の被害もなく黒崎祇園、戸畑の提灯山笠も終り関門大花火大会を待つ
 この頃です。

 7月の「ひびき句会」、この度も、沢山の特選を頂きました。清記順にご報告申しあげます。
 

 逝きし子と蓮の花見る夢を見て  有働あき代
 簡単に一人暮しの冷奴      潮 照子
 崩れ落つ蓮の花弁の穢れなし   渡川義久
 葉畳に見え隠れして蓮の花    森島邦彦
 冷奴薬味は裏の畑のもの     渡川幸子
 天盛りの薬味の香る冷奴     衛藤知香
 抽んでて蓮の蕾のうすみどり   宮崎サカエ
 空気めく金婚夫婦冷奴      渡川幸子
 居酒屋の肴のいつも冷奴     武谷君子
 晩酌の薬味をたんと冷奴     伊藤容子
 独酌の始つてゐる冷奴      衛藤知香
 冷奴一旗あげることもなく    権代政樹
 昨日は葱今日は生姜の冷奴    上月ひろし
 職退きて古里暮し冷奴      渡川義久
 秘仏の扉開きて蓮の風入るる   中山富子
 古代蓮いにしへの世の遠からず  柳田道子
 父在さば冷で一杯冷奴      宮崎サカエ
 掌に切り揃へたる冷奴      武谷君子
 山門の中より蓮華匂ひくる    久保洋子
 迷ひたるもう一品の冷奴     上月ひろし
 冷奴薬味に箸の迷ひたる     渡川義久
 手作りの茶屋の腰ある冷奴    中山富子
 庭に出て薬味揃へし冷奴     山下みつぐ
 開ききり触れなば散らむ蓮かな  衛藤知香
 冷奴薬味は庭のありあはせ    権代政樹
 箸置きは硝子の魚冷奴      本田理恵
 

 出席者18名、投句者3名でした。
 次回は8月26日(金)、兼題は「立秋」と「茗荷の花」です。
                              (報告/外村勢佳)