巻頭句    山茶花11月号の巻頭からそれぞれ
 三人の句をご紹介します
 

 雑詠
            三村純也選
 揚花火五輪のマーク描きけり 西宮 石井順恵
 花火師の汗の塩ふく法被かな
 花火果てざわめき戻る湖畔かな
 ふる里の花火は峡に谺して
 たらたらと手花火映る子の瞳
 夕立にシャッター街の軒を借る 大阪 西上禎子
 夢に海貝風鈴にまどろめば
 祓はれし犬も飛び込み海開
 草市の青く匂へるもの提げて
 草市に夫の好みし花を選る
 講ごとに揃ひ乗り込む船祭 大阪 しのぶ日月
 苧殻ありますと書かれて文具店
 香水を吹きて露店の扇子売る
 正調の鄙ぶる節の踊唄
 他所者の荒しに来る盆踊
 飛天集
            純也選
榛原 佐藤弥澄
 姉妹ねぶた衣装を着せ合うて
 レポーター佞武多衣装を着せられて
 出陣の佞武多太鼓の合はせ打ち
 信号の消され佞武多の動き出す
大阪 山内繭彦
 刺身にもなるてふ鯖の高からず
 琅の打ち合ふ音も青嵐
 志語りて酌める初鰹
 淵深き魚影山女に紛ふなし
鈴鹿 卯滝文雄
 籔明けて竹伐る音のひびきけり
 月明に稗の抜き出る棚田かな
 山家みな開け放ちあり稲の秋
 山影の稲田を覆ふところかな
 若草集
            三村純也選
 トラックの陰に茣蓙敷き三尺寝 新潟 中本真人
 浮輪吊る物干竿も避暑の宿
 ポケットも膨れしリュックキャンプの子  
 アポイントまでの時間を噴水に 国分寺 杉原祐之
 噴水に入りたがる子を宥めけり
 噴水の飛沫のブックカバーにも
 草相撲ハーフパンツに廻し締め 水戸 中原雅美
 大学の相撲部の来て宮相撲
 華甲集
            三村純也選
 タンカーへ新車次々日の盛り 鈴鹿 卯滝文雄
 ラケットの握りの汗をまた拭ふ
 川床に上がれば風のおのづから  
 矍鑠と羅を着こなされゐる 豊中 北村好作
 経木書くときは外してサングラス
 すでに入る余地の無きほど踊の輪
 網に入るままに生簀を蛸の這ふ 大阪 山内繭彦
 音もなくくちなは藪に消えにけり
 母を真似鹿の子草食みそめにけり
 瞳々集
  流星、中元
            中本真人選
 流星を仰ぐ残像消ゆるまで 吹田 横田昭二
 徳島の和三盆なるお中元
 三代のつきあひ深きお中元
 流星を天文台に集めたる 国分寺 杉原祐之
 流星や神話の絵本読み聞かせ
 流星や若衆宿を抜け出せる
 流星に五七五の願ひ事 吹田 田中晃真
 大空の縦横無尽流れ星
 辛口の百薬の長お中元