巻頭句    山茶花9月号の巻頭からそれぞれ
 三人の句をご紹介します
 

 雑詠
            三村純也選
 山女焼く俄作りの炉を囲み 神戸 大竹美智子
 音立てて山女のしづく炉火に落つ
 迷路めく水路暮れゆく行々子
 バジル摘む香の広がれる梅雨入かな
 昼網の糶声波止にひびきけり
 昼網の糶を保冷車並び待つ 大阪 中西英明
 空港の灯を指呼の間の穴子舟
 鑑真の越え来し海の卯浪かな
 南天も咲く子規庵の小庭かな
 一灯を守り来し堂のさみだるる
 溢れ出す喃語のシャワー子どもの日 小金井 杉原祐之
 おつぱいを授け授かりつつ朝寝
 新緑の雨をシャワーと呼ぶ子かな
 遠足の声の溢るるホームかな
 子の脛に貼り付きゐたる落花かな
 飛天集
            純也選
             堺  伊藤とし子
 御手植の松の歳月落葉降る
 紫陽花の色づきそめし山気かな
 雨雲に匂ひの籠る栗の花
 陪塚の主として蛇衣を脱ぐ
             鈴鹿 奥 安則
 賀茂祭軋む牛車の藤揺るる
 賀茂祭牛の尿に列止まり
 葭雀葭を撓ませ鳴きたつる
 葭切の川を隔てて鳴き合へる
             八尾 米澤道子
 掻き終へて称へられたる御田牛
 御田植のしたたる早苗配らるる
 娘等の襷掛け合ふ御田植
 御田植の終り田の面の澄みそむる
 若草集
            三村純也選
 萍の風に乱され波にまた 水戸 中原雅美
 萍の吹かれ流され抗はず
 茎太く刃の葉持ち夏薊
 自転車の革のサドルも油照 新潟 中本真人
 白日傘スクールバスを見送れる  
 花屑の上に敷きたる花筵 小金井 杉原祐之
 朝桜より水蒸気立ち上がる
 華甲集
            三村純也選
 どの風となく捉へそめ萩若葉 高知 粟田宥生
 さゆらぎに色見えそむる花あふち
 どの尾根となく老鶯の声こだま
 桜蘂降る哲学の径かな 大阪 山内繭彦
 棚なせる丘一面の梨の花
 足音に鳥翔つ雀隠れかな
 よく動く桶の鯰の髭の先 高知 伊野部哲也
 恭順を示す鯰の腹白し
 巻き上ぐる泥と流るる梅雨鯰
 瞳々集
  油虫、竹落葉
            伊藤とし子選
 打つ構へ出来ぬ間に消え油虫 みなべ 山内恵子
 ごきぶりの築百年を自在にす
 いつせいに降る時眩し竹落葉
 いきなりの灯りに竦む油虫 北九州 衛藤知香
 息殺しごきぶりを打つタイミング
 竹落葉山の日和に反り返る
 油虫大騒ぎして打ち逃す 岡山 西田明弘
 家中を巻き込み果てし油虫
 そこかしこごきぶり除けの厨かな