巻頭句    山茶花7月号の巻頭からそれぞれ
 三人の句をご紹介します
 

 雑詠
            三村純也選
 川風に声のとぎれて夕雲雀 川西 西山洋美
 転校しなじめぬままに卒業す
 音もなく芽吹き促す雨一ト日
 手間どりしわりに嵩なき土筆和
 観桜のお薄一服頂きぬ
 ひやかしがその気になつて苗木市 神戸 田中由子
 苗木市荷となるものを提げにけり
 雨止むを待ちつつ桜餅ひとつ
 新社員それと一目のスーツ黒
 立ち漕ぎもしてふらここの空目指す
 舞ひ上がり舞ひ上がりして桜散る 奈良 上田美代子
 目で追うて散りゆく花を惜しみけり
 ほつほつと残る桜も今日限り
 散る桜鐘の余韻に乗ることも
 ふるまひの甘茶ほんのり黄金色
 飛天集
            純也選
              新潟 中本真人
 風邪声の息の続かぬ講義かな
 外套を抱き診察の順を待つ
 詰め込んで鞄膨るる風邪薬
              吹田 西村妙子
 暖かやパンダ音たて笹を食む
 蜜蜂の羽音かすかに梅の丘
 目張り鮓買うてのぼれる梅の丘
              京都 織作香代
 見廻りの靴音ひびく大試験
 立ち竦む春一番の砂埃
 卒業子皆勤賞も見せてくれ
 若草集
            三村純也選
 始まれる単身赴任月朧 国分寺 杉原祐之
 転園の手続すませ花ミモザ
 浜独活のテトラポットの隙間より 北九州 上月ひろし
 やどかりの蠢いてゐる忘れ潮
 露天湯に独り占めなる夕桜 遠賀 久留紀子
 花くづを吹き分け沈む露天風呂
 華甲集
            三村純也選
 旬のものばかりを散らし雛の鮨 鈴鹿 卯滝文雄
 風となり光となりて仔馬駈く
 水軍の島々掠めつばくらめ 北九州 木野寿美
 競ひ漕ぐ子等のふらここ軋みつつ
 梅早し住まふ人なき屋敷とて 大阪 山内繭彦
 照りくれば碧の絨毯いぬふぐり
 瞳々集
  日永、菜の花
            伊藤とし子選
 永き日の湖きらきらと凪渡る 吹田 浜田きみ子
 風呂屋はやのれん掛りて町遅日
 菜の花の風車の丘を染めにけり
 永き日の予定超過の旅なれど 西宮 岡澤ひろみ
 打ち続く菜の花畑に径見えず
 転た寝の窓辺の猫の日永かな
 行く先は決めず日永の一人旅 北九州 加来美智子
 永き日を心ゆくまで海を見る
 さざなみの光にゆるる花菜の黄