巻頭句    山茶花7月号の巻頭からそれぞれ
 三人の句をご紹介します
 

 雑詠
            三村純也選
 自家製の漬物並べ花の茶屋 境 雅秋
 花林檎あれよあれよと摘まれゆく
 揺れ交はしポピーの丈のみな揃ふ
 水切の飛沫の光り風光り
 初花の便りほつほつきのふけふ
 胴上げの洗礼受けて入学す 北九州 永田豊美
 休み田のなかのげんげ田二三枚
 乳を飲む仔馬短かき尻尾振り
 春愁や嫌とは言へぬこと続き
 それぞれに勝手に呼んで子猫の名
 まとまりし雨にものの芽動きそむ 鈴鹿 奥 安則
 野遊や駆け出す子等を仔犬追ひ
 野遊の山菜あれば摘みもして
 亀鳴いて水面の月の揺らぎけり
 春愁のまたも深爪してしまふ
 
 飛天集
            純也選
             新潟 中本真人
 湯ざめして不意の眠気に襲はるる
 雪吊の縄揺さぶつて雪落とす
 脱輪のバス傾ける深雪かな
 バス停にバス離れ着く深雪かな
             城端 岩城未知
 境内に雪残りゐて涅槃の日
 涅槃絵図五人がかりで掛けまうす
 警報の春一番に構へけり
 棟瓦飛んで春一番のあと
             神戸 大竹美智子
 牡丹の芽紅うすれつつ解れゆく
 初雲雀日射しの中に見失ふ
 遠足の子ら水際へ駆け出しぬ
 遠足の一人離れて従いてゆく
 
 若草集
            三村純也選
 立て掛けて夫婦二本の遍路杖 新潟 中本真人
 里帰り待つ玄関の雛飾
 歌舞伎座の千穐楽の初桜
 差し入れの近江の地酒花の宴 草津 中村ケンジ
 花の宴見つつランナー通り過ぐ
 遠足の子の賑はひの草津線
 花下にゐるいつもハモニカ吹く人よ 小金井 杉原祐之
 啓蟄の土黒々と濡れてをる
 阿と吽の文字の濃淡達磨市
 
 華甲集
            三村純也選
 プランターの土干し終へて菊根分 鈴鹿 卯滝文雄
 松葉手で掃いて防風掘りにけり
 歩きても立ち止まりても風光る 豊中 北村好作
 ひつそりと花惜しみゐるひと筵
 尻向けてパンダ笹食む春の昼 神戸 大竹美智子
 店先に焼きながら売る蓬餅
 
 瞳々集
  桜蘂降る、遠足
            田中由子選
 遠足の列やや伸びて小休止 三重 田端双葉
 遠足の先頭止めて列正す
 遠足の昼餉となりて花下へ散る
 桜蘂降り敷く雨の通学路 川西 西山洋美
 雨がちに雨がちに降る桜蘂
 遠足の列切離す回旋橋
 桜蘂降り積み進入禁止札 大阪狭山 小西ふじ穂
 遠足の声にふくらむ山の駅
 笛に散り笛に集まる遠足子