巻頭句    山茶花6月号の巻頭からそれぞれ
 三人の句をご紹介します
 

 雑詠
            三村純也選
 牛曳いて来て闘はす女伊達 大阪 西上禎子
 勢子代り合うて闘牛嗾くる
 角突きの火花散らして譲らざる
 獣医呼ぶ闘牛場のアナウンス
 負牛の手負ひの首をさすり泣く
 手袋の利き手を外し探し物 新潟 中本真人
 雪濁沖から波の押し返す
 雪濁抜けたる船の揺れ始む
 ねんごろに祓ふ豆腐も針供養
 海苔掻の波の届かぬ足場知る
 闘牛のための増便島渡船 神戸 山内茉莉
 闘牛の銅光り黒光り
 行司役とし闘牛の目を読みぬ
 闘牛のどちらも傷がつかぬやう
 目を剥いて闘牛勝ちを知つてをり
 
 飛天集
            純也選
金沢 野村玲子
 廻廊の風もろに来る涅槃変
 涅槃図の延べ切れざりし長さかな
 涅槃図の嘆きに枯るる一樹かな
 観音堂地蔵堂にも涅槃団子
八尾 米澤道子
 日の暮れて待ちつづけゐる蓮如輿
 蓮如輿花挿し替へて発たれけり
 湖凪ぎし朝に発たれし蓮如輿
 蓮如輿村はづれまで見送れる
鈴鹿 奥 安則
 逆波の雪解濁りの河口かな
 合流の渦を巻き込み雪解川
 本堂の風鐸鳴らす雪解風
 大屋根に雪の残れる涅槃寺
 
 若草集
            三村純也選
 耕しの終りし畑に雀跳ね 小金井 杉原祐之
 年度末業務を前の春の風邪
 頬を打つ風強けれど草青む
 雪吊の縄に飛びつく雪凍る 新潟 中本真人
 大試験息を殺して見廻れる
 日曜もなく受験日と定まれる
 春風に誘はるるままペダル漕ぐ 倉敷 大上宏己
 練習の自転車支へ春の風
 
 華甲集
            三村純也選
 勝名乗り受け土佐軍鶏の仁王立ち 高知 伊野部哲也
 負鶏の抱き止められて瞼閉づ
 負鶏の夕べにはもう喰はれけり  
 大試験いよいよ腹をくくりけり 豊中 北村好作
 ほころぶといふはこのこと初桜
 春雷に犬の遠吠一度きり
 梅花祭芸妓の点前垣間見て 神戸 大竹美智子
 捨畑の摘む人のなき蕗の薹
 上り簗魚躍りては光りては
 
 瞳々集
  御水取、陽炎
            中本真人選
 女人講小格子つかむ御水取 神戸 山内茉莉
 堂内の達陀の影御水取
 走りの行天狗めきたる御水取
 火の粉降るここが上席お水取 大阪 西上禎子
 水取の取材の記者も火の粉浴び
 かげろへり水平線もタンカーも
 水取の炬火に良弁杉浮かぶ 伊藤とし子
 陽炎に遅れがちなる路線バス
 后陵から帝陵へかげろへり