巻頭句    山茶花5月号の巻頭からそれぞれ
 三人の句をご紹介します
 

 雑詠
            三村純也選
 浮かぶのはあのころの顔年賀状 京都 織作香代
 名無しとてすぐ当てのつく賀状かな
 目つむりて計をめぐらす初湯かな
 初場所の小兵の大き抱負かな
 成人の日の病室へ晴着かな
 雪国の供華とし摘まれ猫柳 神戸 芳田トモ子
 赴任地の慣れぬ生活に余寒なほ
 思ひ切り伸びて羽ばたく春の鴨
 つまづいて一声のみの初音かな
 吉日を選ぶ慣ひの雛飾る
 黒光りして干海苔の剥がさるる 神戸 山内茉莉
 鍋物の春菊の色消すまじく
 瀬戸内の時化て余寒の船溜
 捨猫の箱のぞく子ら春時雨
 どこを見てゐる雛市の雛の目
 飛天集
            純也選
小金井 杉原祐之
 暖かや家鴨のごとき産声を
 ようこそと呼び掛け抱けば暖かし
 産院の待合室の雛飾
 産院の妻を見舞へば春の月
吹田  田中晃真
 庭手入やつと終りて冬籠
 うづたかき薪の束の大根焚
 釣竿のしなり確かめ春を待つ
 日溜りに膨らみ競ふ寒雀
岡垣   神谷かよ
 短パンの部活の子らの初詣
 人日の郵便局の人混めり
 天うがつ湯気の逆巻く寒造
 湯気よりも白き酒米寒造
 若草集
            三村純也選
 大和屋の跡地に集ひ戎駕籠 富山 上村ミチル
 奉納のヱビスビールも初戎  
 萌え出でしばかりの麦も踏まれゆく 水戸 中原雅美
 週末の貸農園に麦を踏む
 生垣を凹まし積もる深雪かな 新潟 中本真人
 鈎針のごとく氷柱の先曲がる
 華甲集
            三村純也選
 更けてきて柝の音の透ける夜番かな 大阪 山内繭彦
 クリスマスドイツ菓子売る屋台出て
 着ぶくれて失物探す女かな
 炭焼の首のタオルを上る湯気 高知 伊野部哲也
 炭出しの日を待つ竃のほのぬくし
 炭竃の口を塞ぎて誰もゐず
 結ひ上げし髪を気遣ひ初詣 吹田 山本澄恵
 三宝のわりには小さき鏡餅
 寒紅のきりりと苦言呈すかな
 瞳々集
  春一番、公魚
            西上禎子選
 南の開く土佐湾の春一番 高知 伊野部哲也
 浪の秀を白く飛ばせる春一番
 漁に出ぬ船軋みゐる春一番
 春一番鹿せんべいのもうないない 奈良 橋 翠
 遠乗りの帽子をとばす春一番
 理髪店の回る看板春一番
 スカーフを解くいたづらも春一番 吹田 山本澄恵
 釣り上ぐる公魚賤ケ岳ゆらし
 小雪舞ふ公魚釣りの身じろがず