巻頭句    山茶花1月号の巻頭からそれぞれ
 三人の句をご紹介します
 

 雑詠
            三村純也選
 何食ふも腹八分目の食の秋 奈良 村上唯志
 ももんがの飛び交ふ木曽の大月夜
 蜑勢ひ豊漁続く島の秋
 些事一つ処せずに呆け木の葉髪
 饒舌の性疎まれて木の葉髪
 防犯灯消えては点いて秋黴雨 大阪 西上禎子
 またひとり偲ぶ人増え秋の雨
 手付かずの夫の遺品の露けしや
 新松子維新見守り来し城の
 鉾杉のそそりそそりて秋高し
 消すメール答ふるメール夜業人 新潟 中本真人
 鬼太鼓の稽古の庭の虫時雨
 魚沼の早稲の穂太く垂れにけり
 蔵元の杉玉下がる雁木かな
 雁木の扉自治会長の札を提げ
 飛天集
            純也選
          堺   奥野とみ
 秋祭俵みこしを飾りたて
 里祭馬の尻尾に幣を結ひ
 総代の袴ゆがみて里祭
 ひよつとこがお菓子を配り秋祭
          城端 岩城未知
 仮装して踊りし昭和懐かしく
 杖鳴らし足踏みならし音頭取
 おほかたは昭和一桁講をどり
 柵内の古井戸にして昼の虫
          神戸 斎藤妙子
 直感の穴場信じて茸狩
 先導にいちいち見せて茸狩
 茸狩の喚声あがる方を見る
 裏返したる毒茸の濃紫
 若草集
            三村純也選
 箒抱きハロウィンの魔女出来上がる 熱海 西島ちはる
 ハロウィンのかぼちやのキッシュ焼きにけり
 何せしとなく夏休過ぎてゆく 新潟 中本真人
 保養所のフロントに飼ふ兜虫
 今日一日ことなく終へて温め酒 岡山 大村満晴
 まづ背広着替へよ酒を温めむ
 華甲集
            三村純也選
 終の火の尉となりゆく霊送 大阪 山内繭彦
 ?まれて蟷螂斧を宙に振る
 芋虫の食うては糞をこぼしけり
 朝顔の濃きも淡きも紺が好き 吹田 山本澄恵
 パソコンのトラブル夜食どころでは
 夫も子も寝付きしあとの夜長かな
 敗荷の伏しゐて沼の波立たず 豊中 北村好作
 張り替へて亀甲張の障子かな
 うろつひてゐるにはあらず穴惑
 瞳々集
  新米、木の実落つ
            山内繭彦選
 炊き上がる香にときめきて今年米 八尾 米澤道子
 不意打に木の実の落つる登城坂
 箒目に落ちてとどまる木の実かな
 新米や天日干してふ朱書あり 下関 西村多恵
 手間隙をかけし棚田の今年米
 青きものあまた交りて木の実落つ
 新米を炊く慶びの朝かな 北九州 外村勢佳
 掬い上げたる新米の粒揃ひ
 今年米温もりのまま袋詰め