京阪句会    兼題句会(席題あり)雑詠可
 定例日=第四木曜日 
 句会場=岡本町(おかほんまち)会館

 京阪句会報(6月22日開催)
  【兼題=「五月晴」「茅の輪」】
 
 句会の前日は大雨でしたが当日は兼題に相応しく五月晴となりました。
 純也先生の特選を清記順にお知らせします。

 純也先生選

 古里の潮風通ふ茅の輪かな      藤田信義
 菅貫の匂へる夜べの雨しづく     伊藤とし子
 公園にゲートボールの梅雨晴間    松宮善之
 茅の輪結ふ禰宜も氏子も老いにけり  伊瀬知正子
 雨粒を項に茅の輪くぐりけり     堂前悦子
 斎竹を添へて茅の輪の立ち上る    伊瀬知正子

 純也先生吟

 浄不浄分かち茅の輪の立ちにけり
 浄闇に立てる茅の輪の匂ひけり
 神体の山を収めて大茅の輪

 出席は15名  欠席投句は18名でした。

 来月は7月27日(木)、兼題は「日盛」「睡蓮」です。
 どうぞお一人でも多くご参加ください。
 また、奮ってのご投句をお待ち申し上げます。
                         (報告/吉本隆太郎)
 


 京阪句会報(5月25日開催)
  【兼題=「花水木」「卯浪」】

 純也先生の特選を清記順にお知らせします。

 純也先生選

 紅白のモデルハウスの花水木    奥 安則
 花水木キャンパスへ道坂がかる   堂前悦子
 土佐湾も室戸岬も卯浪立つ     島田夏楓
 のぞき込む三段壁の卯波かな    清水多憙子
 磯桶の大きく揺らぐ卯浪かな    伊藤とし子
 船旅の卯浪まぶしき目覚めかな   卯滝文雄
 灯台の小さく見ゆる卯波かな    伊藤とし子
 鑑真の越え来し海の卯浪かな    中西英明
 良寛像佐渡見る沖の卯浪かな    安岡房子

 純也先生吟

 島浦の卯浪しぶける礁原
 押し寄する三段壁の卯浪かな
 花水木通りと呼ばれ潮匂ふ
 領事館多き通りの花水木

 出席は15名  欠席投句は19名でした。

 来月は6月22日(木)、兼題は「五月晴」「茅の輪」です。
 どうぞお一人でも多くご参加ください。
 また、奮ってのご投句をお待ち申し上げます。
                         (報告/吉本隆太郎)
 


 京阪句会報(4月27日開催)
  【兼題=「百千鳥」「春暁」】

 純也先生の特選を清記順にお知らせします。

 純也先生選

 宿駅の名残の杜の百千鳥       田中由子
 春暁のパン屋にパンを焼く匂ひ    卯滝文雄
 夢ふつと醒め春暁の窓明り      伊藤とし子
 どの木からとなく聞え来て百千鳥   松澤新陽
 春暁の峰を法螺の音渡りゆく     畠中俊美
 春暁の魚河岸糶の声高く       畠中俊美
 春暁の湖辺に揺るる舫ひ舟      伊藤とし子
 春暁の車列吐き出すフェリーかな   中西英明
 春暁の動きそめたる艀かな      奥 安則
 大伽藍囃してゐたる百千鳥      伊瀬知正子
 春暁に染まる渡舟場の動きそむ    岡澤ひろみ
 深吉野の夜明け促す百千鳥      伊瀬知正子

 純也先生吟

 石庭を溢れ出しゆく百千鳥
 神木のひもすがらなる百千鳥
 飛び交うていさかひもして百千鳥
 降る如く流るる如く百千鳥
 陵に勅使ぬかづく百千鳥

 出席は16名  欠席投句は19名でした。

 来月は5月25日(木)、兼題は「花水木」「卯浪」です。
 どうぞお一人でも多くご参加ください。
 また、奮ってのご投句をお待ち申し上げます。
                          (報告/吉本隆太郎)  


 京阪句会報(3月23日開催)
  【兼題=「水温む」「ものの芽」】

 純也先生の特選を清記順にお知らせします。

 純也先生選

 水温む撒き餌に鯉のたかぶれる    中川貞子
 杭のみの船津の跡の水温む      中西英明
 道草の水切遊び水温む        藤田信義
 まとまりし雨にものの芽動きそむ   奥 安則
 日毎濃き鉢のものの芽何やらん    香山直子
 ものの芽のどれが醜草名草やら    田中晃真
 ものの芽のむらさきがちに揃ひけり  卯滝文雄
 ものの芽のきのうとけふの色違へ   中西以佐夫
 ものの芽にひもすがらなる小糠雨   伊藤とし子

 純也先生吟

 御手洗の温みし水に鶲来る
 空濠は萌え外濠は水温む
 わだかまり解けし如くに水温む
 温みたる水に何やら泳ぐもの

 出席は17名、欠席投句は19名でした。

 来月は4月27日(木)、兼題は「百千鳥」「春暁」です。

 どうぞお一人でも多くご参加ください。
 また、奮ってのご投句をお待ち申し上げます。
                         (報告/吉本隆太郎)  


 京阪句会報(2月23日開催)
  【兼題=「水菜」「野焼く」】


 純也先生の特選を清記順にお知らせします。

 純也先生選

 野火守の法被焦げ跡そこここに    伊瀬知正子
 風向きの変りて野火の暮れてゆく   伊藤とし子
 群雀騒ぐ中州の草を焼く       松宮善之
 大淀の土手延々と草を焼く      松宮善之
 野火の色燃え上がりつつ違へつつ   香山直子
 裾の葉をまとめ水菜を引きにけり   卯滝文雄
 川越えて煙流るる野焼かな      横田昭二
 野を焼ける見物席の淀堤       中川貞子
 向き変へて走り出したる野火を追ふ  奥 安則
 歯切れよき音の囲める水菜鍋     横田昭二
 飛び立ちてひたすら野火の突つ走る  畠中俊美
 株太り水菜の畦を隠しけり      浜田ミヱ子
 京に住み鍋の水菜に馴染みたる    松澤新陽
 歯ごたへの何より水菜サラダかな   清水多憙子
 遠野火の果つるともなく闇を這ふ   吉本隆太郎
 土手焼くと通行止の縄を張る     浅野智久恵
 鯨舌は懐かしき味水菜鍋       藤田信義
 音立てて野火立ち上がるひとところ  奥 安則
 京菜漬朝粥の食すすみけり      伊瀬知正子

 純也先生吟

 過疎の村捨つることなく野を焼ける
 隈もなき富士を煙らせ野を焼ける

 出席は17名  欠席投句は18名でした。

 来月は3月23日(木)、兼題は「水温む」「ものの芽」です。
 どうぞお一人でも多くご参加ください。
 また、奮ってのご投句をお待ち申し上げます。
                              (報告/吉本隆太郎)
 


 京阪句会(1月26日開催)報告
  兼題 「寒雀」「水仙」


 純也先生特選

 水仙や鏡照りして朝の海     藤田信義
 日ごときて用心深き寒雀     清水多憙子
 潮風が香を拡げゐて野水仙    境 雅秋
 水仙の香に沿うてゆく岬道    伊藤とし子
 水仙の丘に蜜蜂放ちけり     卯滝文雄
 己がじしはづみ啄む寒雀     藤田信義
 枝先に動かぬふくら雀かな    伊藤とし子
 水仙の雪を被きて咲きにけり   奥 安則
 寒雀弾むと見ればふくれけり   奥 安則
 啄むとなく日溜りの寒雀     島田夏楓
 姦しく群れて日向の寒雀     岡澤ひろみ
 水を飲む序列のありて寒雀    伊瀬知正子
 撒きしパンよう見つけずに寒雀  中西英明

 純也先生吟
 

 寒雀翔つて日向の残りたる
 寒雀親分らしき一羽ゐて
 水仙の香の真ッ直ぐに匂ひ来る
 水仙に潮さゐもなき一ト日かな
 荒るる日は潮の飛び来る水仙花

 出席は14名 欠席投句19名でした。

 1月句会は吉本隆太郎さんの急遽の入院で、皆様にはご心配とご迷惑をお掛け致し
 ました。
 
 来月は2月23日(木)、兼題は 「水菜」「野焼く」です。
 どうぞお一人でも多くご参加ください。
 また、奮ってのご投句をお待ち申し上げます。
                             (報告 伊瀬知正子)
 


 京阪句会報(12月22日開催)
  【兼題=「冬枯」「大根焚」】


 純也先生の特選を清記順にお知らせします。

 純也先生選

 大根焚すこし冷ましていただきぬ  夘滝文雄
 大根焚塀の外へも湯気あふれ    熊谷謙一
 冬枯や墓石は白く日を返し     熊谷謙一
 冬枯の草立ちしまま折れしまま   織作香代
 冬枯の野にただ鴉啼くばかり    清水多憙子
 枯れきつて風船蔓なほ揺るる    米澤道子
 御奉仕の姉さまかぶり大根焚    境 雅秋
 はふはふと眼鏡くもらせ大根焚   境 雅秋
 火挟でよそひ分けたる大根焚    中川貞子
 鳥の声絶え冬枯の淀河原      松宮善之
 地震の崖崩れしままに冬枯るる   松宮善之
 大根焚寺苑狭しと釜並ぶ      浅野智久恵
 真つ先に淀の中州の冬枯るる    藤田信義
 大鍋の底さらひくれ大根焚     松澤新陽
 参道と云へど細道大根焚      久保達也
 冬枯の欅に月の懸かりけり     浅野智久恵
 かたくなに薪を使ひて大根焚    堂前悦子
 団参の鳴滝御坊大根焚       中川貞子
 近寄れぬほどに湯気上げ大根焚   岡澤ひろみ

 純也先生吟

 口癖のなんまいだぶつ大根焚
 はばかりを借るにも念仏大根焚
 冬枯るるばかりの事件現場かな

 出席は13名、欠席投句は18名でした。

 来月は1月26日(木)、兼題は「水仙」「寒雀」です。
 どうぞお一人でも多くご参加ください。
 また、奮ってのご投句をお待ち申し上げます。
                            (報告/吉本隆太郎)  


  京阪句会報(11月24日開催)
  【兼題=「初霜」「銀杏落葉」】

 純也先生の特選を清記順にお知らせします。

 純也先生選

 一夜さに一気の銀杏落葉かな    藤田信義
 渋滞の車に銀杏散りつづく     伊藤とし子
 図書館へ銀杏落葉を浴びながら   奥 安則
 初霜のありしと思ふ庭のもの    浅野智久恵
 銀杏散る学びし校舎すでになく   堂前悦子
 境内を銀杏落葉の余すなく     吉本隆太郎
 初霜の兆す夜空の星明り      浜田ミヱ子
 初霜を置きて棚田の煌めけり    吉本隆太郎
 掃き寄する間に初霜の消えてゐし  伊藤とし子

 純也先生吟

 横川へと初霜を置く阿闍梨みち
 黄落の画廊の多き通りかな
 小祠を埋めて銀杏落葉かな
 一枚もこぼさぬ銀杏黄葉かな

 出席は17名  欠席投句は16名でした。

 来月は12月22日(木)、兼題は「冬枯」「大根焚」です。
 どうぞお一人でも多くご参加ください。
 また、奮ってのご投句をお待ち申し上げます。
                            (報告/吉本隆太郎)  


 京阪句会報(10月27日開催)
  【兼題=「秋耕」「小鳥」】


 純也先生の特選を清記順にお知らせします。

 純也先生選

 四阿に憩へば小鳥近くまで     清水多憙子
 図鑑手に御所の小鳥を探りけり   伊瀬知正子
 帝陵は街のシンボル小鳥来る    中川貞子
 秋耕を急き立ててゐる夕日影    島田夏楓
 秋耕の自給自足のほどのもの    田中由子
 正倉院展の開幕小鳥来る      藤田信義
 公開の御所の入口小鳥来る     松澤新陽
 秋耕のたそがれてゆく畝ならぶ   中西以佐夫
 色鳥の姿見せては隠れては     松澤新陽
 日溜りの移動図書館小鳥来る    岡澤ひろみ
 秋耕の転がり出たる藷ひとつ    熊谷謙一
 枝先の揺れて小鳥の見え隠れ    伊藤とし子

 純也先生吟

 秋耕も今年限りにするといふ
 秋耕に四囲の山々雪かぶる

 出席は14名  欠席投句は18名でした。

 来月は11月24日(木)、兼題は「初霜」「銀杏落葉」です。
 どうぞお一人でも多くご参加ください。
 また、奮ってのご投句をお待ち申し上げます。
                              (報告/吉本隆太郎)
 


 京阪句会報(9月22日開催)
  【兼題=「秋の灯」「秋鯖」】

 句会当日は秋分の日に当たり、午後から雨の予報でしたが割合多くの方が出席され幹事も
 ほっと致しました。
 純也先生の特選を清記順にお知らせします。

 純也先生選

 山腹の一つは茶屋の秋灯      中川貞子 
 悔み状書く秋灯の手暗がり     伊藤とし子
 秋灯や晩学なほも励まねば     堂前悦子
 読めぬ文字また出て来たる秋灯下  熊谷謙一
 秋灯や眼鏡に重ね虫眼鏡      卯滝文雄
 定食の値の変るなき秋の鯖     中西英明
 畳屋のひとり仕事の秋灯      米澤道子
 秋灯やルーペをかざし辞書を引く  伊藤とし子
 読み返す司馬遼太郎秋灯      久保達也
 貸ビルの夜更けの塾の秋灯     伊瀬知正子
 読み返す遺句みな親し秋灯     中川貞子
 晩学の辞書の重たき秋灯      奥 安則
 秋鯖の胡麻斑くつきりありにけり  西村妙子
 目薬をさして稿継ぐ秋灯      奥 安則 
 溶鉱炉近く秋鯖よく釣るる     中西以佐夫

 純也先生吟

 大きさも反りも揃ひて秋の鯖
 集くものいよよ昂ぶる秋灯
 達筆な崩しは読めて秋灯

 出席は15名、欠席投句は16名でした。

 来月は10月27日(木)、兼題は「秋耕」「小鳥」です。
 どうぞお一人でも多くご参加ください。
 また、奮ってのご投句をお待ち申し上げます。
                            (報告/吉本隆太郎)
 


 京阪句会報(8月25日開催)
  【兼題=「溝萩」「稲妻」】


 純也先生の特選を清記順にお知らせします。

 純也先生選

 稲妻の切つ先ささる夜の河     中西以佐夫  
 怯え鳴く馬に稲妻つづけざま    奥 安則
 千屈菜の咲き群れてゐて流れ澄む  中川貞子
 稲妻を追ひかけ雨の降りだしぬ   清水多憙子
 稲妻や隣の犬の吠えだして     西村妙子
 稲光雨ともならず遠ざかる     清水多憙子
 稲妻に犬の遠吠え二度三度     田中晃真
 溝萩のここら昔の船着場      松宮善之
 稲妻の走れる山に神在す      中川貞子
 稲妻の一陣の風起し消ゆ      米澤道子
 千屈菜に水含ませて供へけり    横田昭二
 稲妻の棚田百枚照らしけり     伊瀬知正子
 漆黒の沖に稲妻走りけり      伊藤とし子

 出席は14名  欠席投句は14名でした。

 来月は9月22日(木)、兼題は「秋の灯」「秋鯖」です。
 どうぞお一人でも多くご参加ください。
 また、奮ってのご投句をお待ち申し上げます。
                            (報告/吉本隆太郎)  


 京阪句会報(7月28日開催)
  【兼題=「晩夏」「百日草」】


 句会の最中に物凄い音がしたので外に出て見ましたら久しぶりの夕立でした。
 でも句会終了時には止んでおりました。

 純也先生の特選を清記順にお知らせします。

 純也先生選

 見上げたる雲の高さも晩夏かな   堂前悦子
 暗く硬く運河光れる晩夏かな    卯滝文雄
 百日草無縁墓にも供へけり     松宮善之
 咲き疲れ見えなくもなく百日草   西村妙子
 揚舟の淦の錆びたる晩夏かな    奥 安則
 仏花とし日々新たなる百日草    伊瀬知正子
 引潮に打ち上ぐ藻屑浜晩夏     畠中俊美
 今日も咲く百日草に夜が来る    伊藤とし子
 浜茶屋の幟褪せたる晩夏かな    米澤道子
 白骨のごとき流木浜晩夏      藤田信義
 供華に剪る百日草の一日目     伊藤とし子
 花の色かへ今日も剪る百日草    安岡房子
 百日草花なき庭に咲きつぎて    畠中俊美
 下葉はや乾びながらも百日草    清水多憙子
 風紋の荒き砂丘の晩夏かな     藤田信義
 夜空とて雲しろじろと晩夏かな   清水多憙子

 純也先生吟

 雑草が生えて晩夏の社宅跡
 流るるとなき大川の晩夏かな

 出席は14名  欠席投句は14名でした。
 来月は8月25日(木)、兼題は「溝萩」「稲妻」です。
                             (報告/吉本隆太郎)