京阪句会    兼題句会(席題あり)雑詠可
 定例日=第四木曜日 
 句会場=岡本町(おかほんまち)会館

 京阪句会報(6月28日開催)
  【兼題=「緑蔭」「夏帽子」】


 純也先生の特選を清記順にお知らせします。

 純也先生選

 夏帽子リボンなびかせ走りゆく    浜田ミヱ子
 ころがつてきし夏帽子追ひかけ来   田中由子
 絵を描きに今日も来てゐる夏帽子   堂前悦子
 緑陰を濃くして雨の上りけり     里見かつこ
 緑蔭に佇めば風おのづから      浜田ミヱ子
 パナマ帽和服着こなしをりにけり   田中由子
 不意打ちの風に飛ばされ夏帽子    畠中俊美
 ともかくも被りて歩く夏帽子     浅野智久恵
 下山して塩の噴きたる夏帽子     伊瀬知正子

 純也先生吟

 行商の被りつづけの夏帽子
 塩噴いて身過ぎ世過ぎの夏帽子

 出席は12名、欠席投句は20名でした。

 次回は7月26日(木)、兼題は「夕焼」「浴衣」です。
 どうぞお一人でも多くご参加ください。
 また、奮ってのご投句をお待ち申し上げます。
                       (報告/吉本隆太郎)
 


 京阪句会報(5月24日開催)
  【兼題=「燕の子」「若楓」】

 句会当日は前日の雨と打って変わって快晴となりました。
 純也先生が◎印を付けられた句をお知らせ致します。

 純也先生選

 雨上りゆく明るさの若楓       伊藤とし子
 雨止んで色深まれる若楓       横田昭二
 巣の縁に羽搏き始め燕の子      卯滝文雄
 若楓早瀬のしぶき受けながら     安岡房子
 水音にさへもそよぎて若楓      奥 安則
 若楓ひねもす日の斑揺らしけり    吉本隆太郎
 琴坂の瀬音を覆ふ若楓        畠中俊美
 我さきに嘴をつき出す燕の子     米澤道子
 羽ばたきて巣を乗り出せる燕の子   奥 安則
 今朝はもう居らぬ駅舎の燕の子    織作香代
 我先に啼き立ててゐる燕の子     岡澤ひろみ
 滝近き瀬音に揺るる若楓       伊藤とし子

 純也先生吟

 本堂も庫裏も茅葺き若楓
 燕の子業深き口開け揃へ
 教材となつて校舎の燕の巣

 出席は14名  欠席投句は19名でした。

 次回は6月28日(木)、兼題は「夏帽子」「緑蔭」です。
 どうぞお一人でも多くご参加ください。
 また、奮ってのご投句をお待ち申し上げます。
                       (報告/吉本隆太郎)
 


 京阪句会報(4月26日開催)
  【兼題=「風光る」「巣立」】

 純也先生の特選を清記順にお知らせします。

 純也先生選

 親鳥のこゑに踏ん切る巣立かな    吉本隆太郎
 鳴き交し離ればなれに巣立ちゆく   島田夏楓
 親鳥の巣立ちをさそう高音かな    大沢美代女
 湖開きすみし淡海の風光る      清水多憙子
 空見据ゑ巣立つ素振の幾度も     藤田信義
 ためらへる巣立促す声響く      田中由子
 フリスビー空に放てば風光る     伊瀬知正子
 やうやくに風に乗りたる巣立鳥    畠中俊美
 燕の子零るるやうに巣立ちけり    吉本隆太郎
 葦の間をすり抜け鷭の巣立ちけり   卯滝文雄
 朝まだき鴉の巣立騒がしく      藤田信義

 純也先生吟

 生ひ立ちを忘れて巣立ちゆきにけり
 首傾げゐしが一鳴き巣立鳥
 巣立ちたる自由不自由ありぬべし
 海といふもつとも風の光るところ

 出席は16名  欠席投句は16名でした。

 次回は5月24日(木)、兼題は「若楓」「燕の子」です。
 どうぞお一人でも多くご参加ください。
 また、奮ってのご投句をお待ち申し上げます。
                        (報告/吉本隆太郎)
 


 京阪句会報(3月22日開催)
  【兼題=「陽炎」「雛祭」】

 純也先生の特選を清記順にお知らせします。

 純也先生選

 雛の宿とて華げる妣の部屋     久保達也
 陽炎ひて空港海に浮くごとし    奥 安則
 招かれし御殿飾りの雛の間     清水多憙子
 門跡の尼の蒔絵の雛調度      伊瀬知正子
 故郷へ続く鉄路の陽炎へる     田中晃真
 豆雛に方三寸の緋毛氈       山岸すず
 遠嶺には雪の残れる雛祭      吉本隆太郎
 内裏雛のみ飾りある違ひ棚     米澤道子
 竹生島浮き上らせて陽炎へる    畠中俊美
 高祖母の名の桐箱の雛飾る     織作香代
 信号の赤が遠くに陽炎へる     藤田信義
 雛の間の灯ともし頃を待つばかり  中川貞子
 陽炎をゆらし坊ちやん電車来る   畠中俊美

 純也先生吟

 雛市の売れてゐるとも見えぬかな
 祀るにはあらず並べてありし雛
 仏供にも盛りて雛のちらし寿司
 塔頭の一つ尼寺雛祀る

 出席は15名  欠席投句は18名でした。

 次回は4月26日(木)、兼題は「巣立」「風光る」です。
 どうぞお一人でも多くご参加ください。
 また、奮ってのご投句をお待ち申し上げます。
                       (報告/吉本隆太郎)  


 京阪句会報(2月22日開催)
  【兼題=「蕗の薹」「春時雨」】

 純也先生の特選を清記順にお知らせします。

 純也先生選

 春時雨ときに六花のひとひらも    田中由子
 春時雨もとより濡れて行くつもり   境 雅秋
 ふきのたう妣と摘みしはこのあたり  奥 安則
 廃屋の庭にあちこち蕗の薹      浜田ミヱ子
 もてなしのそれも走りの蕗の薹    中川貞子
 西晴れて祇園小路の春時雨      伊瀬知正子
 蕗の薹固きも開きすぎたるも     松澤新陽
 春時雨當麻の塔へひとしきり     島田夏楓
 蕗の薹一つ見つけて摘まずおく    香山直子
 北嵯峨の小雪混りの春時雨      藤田信義

 純也先生吟

 蕗の薹手にして散歩帰りかな
 蕗の薹端山宅地となりつつも
 産土の古墳の丘の蕗の薹
 石庭をいくたびよぎり春時雨
 茶事進む間に春時雨いくたびも

 出席は16名、欠席投句は16名でした。

 次回は3月22日(木)、兼題は「陽炎」「雛祭」です。
 どうぞお一人でも多くご参加ください。
 また、奮ってのご投句をお待ち申し上げます。
                          (報告/吉本隆太郎)
 


 京阪句会報(1月25日開催)
  【兼題=「冬の蝶」「雑炊」】

 当日は指先が悴む程の寒さでしたが幸い多くの方が参加され、句会終了後は
 恒例の懇親会を開催し楽しい一時を過ごしました。

 純也先生の特選を清記順にお知らせします。

 純也先生選

 探梅や石仏あれば拝みもし      奥 安則
 しんがりのどこで迷ひし探梅行    畠中俊美
 探梅のただ一輪の香を仰ぐ      堂前悦子
 探梅や塚に登れば海展け       夘滝文雄
 茶店まだ開かぬ園の梅探る      伊藤とし子
 ふくらみてほころびを待つ梅いくつ  浅野智久恵
 山の日のうつろひやすき探梅行    中川貞子
 無人駅にて待合せ梅探る       藤田信義
 探鳥の記録取りつつ梅探る      伊瀬知正子
 大寒の出動多き救急車        里見かつこ
 探梅のバス便のなき県境       安岡房子
 いつしかに雪のちらつく探梅行    畠中俊美
 大寒の人影もなき淀川原       浅野智久恵
 探梅やすでに二万の歩行計      藤田信義
 大寒の鴉ひときは高く鳴く      吉本隆太郎
 探梅の満開なりし一樹かな      浜田ミヱ子
 探梅のあとの足湯のことのほか    織作香代
 大寒やさらに心をひきしめて     清水多憙子
 すぐ凍てて大寒に干すすすぎもの   安岡房子
 大寒の御陵音なく啓補の忌      伊藤とし子
 探梅や肌刺す風に面上げ       大沢美代女
 大寒の日とて休まぬウォーキング   伊瀬知正子
 探梅の風に疲れて戻りけり      米澤道子
 追炊をして大寒の風呂に入る     藤堂くにを

 純也先生吟

 大寒の日の子午線の上に今
 海神に大寒の日の淡からず
 大寒や使はぬ離室掃き清め

 出席は16名  欠席投句は17名でした。

 次回は2月22日(木)、兼題は「春時雨」「蕗の薹」です。
 どうぞお一人でも多くご参加ください。
 また、奮ってのご投句をお待ち申し上げます。
                          (報告/吉本隆太郎)
 


 京阪句会報(12月28日開催)
  【兼題=「冬の蝶」「雑炊」】


 愈々押し迫っての句会となりましたが、ほぼいつもの顔ぶれが揃いました。
 純也先生の特選を清記順にお知らせします。

 純也先生選

 雑炊を仕切る眼鏡のくもりかな   香山直子
 一人居にかき雑炊と洒落込みぬ   清水多憙子
 温室の戸にはりつきて冬の蝶    西村妙子
 手際よく雑炊までもしきりたる   畠中俊美
 つまみあげたる凍蝶の翅うごく   伊藤とし子
 文塚の畦に紛るる冬の蝶      畠中俊美

 純也先生吟

 雑炊に使ひ古りたる土鍋かな
 雑炊を温め直して小昼とす
 雑炊のために青葱刻み足す

 出席は14名、欠席投句は17名でした。

 次回は1月25日(木)、兼題は「大寒」「雑炊」です。
 どうぞお一人でも多くご参加ください。
 また、奮ってのご投句をお待ち申し上げます。
                        (報告/吉本隆太郎)
 


 京阪句会報(11月23日開催)
  【兼題=「初霜」「枯蓮」】

 寒い日が続いていましたが句会当日は快晴で割合暖かく、予想を超える出席と
 なりました。
 純也先生の特選を清記順にお知らせします。

 純也先生選

 しばし日を返し初霜消えにけり   横田昭二
 枯れ尽くし泥田に蓮の茎ばかり   中川貞子
 枯蓮のくの字重ねて水に浮く    浅野智久恵
 風癖のままに折れ伏す枯蓮     伊藤とし子
 初霜の棚田きらめく一
ところ   吉本隆太郎
 罅走り吹きつさらしの枯蓮田    奥 安則
 初霜の降ると取り込む鉢二三    境 雅秋
 枯蓮の風の意のまま折れ尽きて   浜田ミヱ子
 吹かるるも水漬くも折るる枯蓮   伊瀬知正子
 朝市の初霜被る積荷かな      藤田信義
 実の飛ばぬままに枯蓮首を折る   島田夏楓
 初霜を踏んで朝刊配りゆく     伊瀬知正子
 朝市の菜の初霜に濡れてゐし    伊藤とし子
 枯蓮の一本ごとに影絵めく     田中晃真

 純也先生吟

 枯蓮の水をさばしるもののあり
 修羅のさまなし始めたる枯蓮
 初霜の月下美人を焦がしたる
 初霜にみどり豊かに育つもの

 出席は15名  欠席投句は18名でした。

 次回は12月28日(木)、兼題は「雑炊」「冬の蝶」です。
 どうぞお一人でも多くご参加ください。
 また、奮ってのご投句をお待ち申し上げます。
                        (報告/吉本隆太郎)
 


 京阪句会報(10月26日開催)
  【兼題=「鶫」「秋の雲」】

 純也先生の特選を清記順にお知らせします。

 純也先生選

 秋雲の空高ければ高くゆく     藤堂くにを
 ハルカスのはるか上なる秋の雲   境 雅秋
 裏メニューなりし鶫を焼きにけり  伊瀬知正子
 秋の雲飛行機雲と擦れ違ふ     島田夏楓
 群なして鶫の騒ぐ大樹かな     浜田ミヱ子
 秋の雲メタセコイアの秀をゐざる  奥 安則

 純也先生吟

 一人旅いざなふ如く秋の雲
 御法度の鶫を焼いてもてなされ
 そのかみは鶫も焼きし炉なるべし
 胸張つてあたりうかがふ鶫かな

 出席は12名  欠席投句は20名でした。

 次回は11月23日(木)、兼題は「初霜」「枯蓮」です。
 どうぞお一人でも多くご参加ください。
 また、奮ってのご投句をお待ち申し上げます。
                        (報告/吉本隆太郎)


 京阪句会報(9月28日開催)
  【兼題=「秋簾」「霧」】

 純也先生の特選を清記順にお知らせします。

 純也先生選

 放牧の馬朝霧に見え隠れ     浜田ミヱ子
 宇治川の見える家並の秋簾    畠中俊美
 引越して行きし隣家の秋簾    藤田信義
 小恙の寝たり起きたり秋簾    伊藤とし子
 六甲へ霧の坂道七曲り      島田夏楓
 ロッジ出て影となりゆく霧の人  松澤新陽
 掛け古りて色褪せしまま秋簾   浜田ミヱ子
 秋簾花見小路も白川も      松澤新陽
 訪ふ人もなき路地奥の秋簾    伊藤とし子
 浦風のままに歪みし秋簾     米澤道子
 少し褪せ少し傾ぎて秋簾     吉本隆太郎
 登頂を諦め霧の尾根返す     伊藤とし子
 六甲へカーブ切るたび霧深く   伊瀬知正子
 案内板にも山霧の流れ来る    熊谷謙一
 秋簾ほつれも色もそれらしく   卯滝文雄
 奥の院へと霧襖杉襖       大沢美代女
 喪の家の閉ざされしまま秋簾   畠中俊美
 朝霧の晴れゆく丹波日和かな   岡澤ひろみ

 純也先生吟

 本願寺前の珠数屋の秋簾
 秋簾小唄教授の札古りて
 風ぐせのいつしか付きて秋簾
 波打つて波打つて霧濃くなりぬ

 出席は14名  欠席投句は19名でした。

 次回は10月26日(木)、兼題は「秋の雲」「鶫(つぐみ)」です。
 どうぞお一人でも多くご参加ください。
 また、奮ってのご投句をお待ち申し上げます。
                        (報告/吉本隆太郎)
 


 京阪句会報(8月24日開催)
  【兼題=「初秋」「芭蕉」】

 純也先生の特選を清記順にお知らせします。

 純也先生選

 落柿舎へ折るる小道の芭蕉かな    織作香代
 芭蕉葉の風おほげさに往なしけり   奥 安則
 音たてて雨にゆらげる芭蕉かな    横田昭二
 初秋の嵯峨野を往けば竹騒ぐ     藤堂くにを
 芭蕉葉のひるがえりては破れけり   浜田ミヱ子
 裂かれつつ風往なしゐる芭蕉かな   吉本隆太郎
 ニュータウン展望台の風は秋     田中晃真
 青きまま一筋裂ける芭蕉かな     横田昭二
 初秋のまた生り出せる畑のもの    熊谷謙一
 初秋の雲ちぎれそむ流れそむ     島田夏楓
 葉を塀にうち被せたる芭蕉かな    熊谷謙一
 実の垂るる植物園の大芭蕉      藤田信義

 純也先生吟

 縦揺れの奔馬の如き芭蕉かな
 鬣の如く裂けたる芭蕉かな
 月影におどろの芭蕉なりしかな
 初秋の日射しと思ふ風と思ふ

 出席は16名  欠席投句は17名でした。

 次回は9月28日(木)、兼題は「秋簾」「霧」です。
 どうぞお一人でも多くご参加ください。
 また、奮ってのご投句をお待ち申し上げます。
                       (報告/吉本隆太郎)  


 京阪句会報(7月27日開催)
  【兼題=「日盛」「睡蓮」】

 
 句会の当日はうだるような暑さでしたが日盛の中を通常より少し多めの出席者と
 なりました。
 純也先生の特選を清記順にお知らせします。

 純也先生選

 日盛の露店はシート掛けしまま    伊瀬知正子
 給油所のセルフサービス日の盛り   境 雅秋
 モネ展を見て睡蓮の池をみて     松澤新陽
 睡蓮の重ならぬやう葉を拡ぐ     吉本隆太郎
 日盛のわが影小さく濃かりけり    堂前悦子
 日盛の駅のタクシー黒ばかり     安岡房子
 法話すみ睡りそめたる未草      伊藤とし子
 睡蓮の閉ぢて水音だけ残る      藤堂くにを
 雨兆し睡蓮はやも花たたむ      清水多憙子
 日盛りの覚悟のうへの用ひとつ    畠中俊美
 日照雨にも睡蓮花をたたみそむ    田中晃真
 ユーカリの樹皮剥がれ落つ日の盛り  吉本隆太郎

 純也先生吟

 日盛りといふにあらねどむしむしと
 日盛りや芭蕉は曾良に支へられ
 日盛りの宿場往き来絶えにけり
 日盛りの行商のゐし水の跡

 出席は16名  欠席投句は19名でした。

 来月は8月24日(木)、兼題は「初秋」「芭蕉」です。
 どうぞお一人でも多くご参加ください。
 また、奮ってのご投句をお待ち申し上げます。
                         (報告/吉本隆太郎)