今月の季題    7月の季題を山茶花の各地の句会の
 兼題と会員の例句から選びました

 夏館 7月2日 吹田句会兼題

 瀟洒な建物をとりまく植栽もすっきり整え
 られ、いかにも風通しがよさそう。
 夜はシャンデリアの灯がこぼれそうな大き
 な窓も開け放たれていたりして・・・・
    極太の梁剥き出しの夏館    奈良  前田喜義
    
行き交へる船も一望夏館    堺   奥野とみ
    
カーテンの揺るる出窓も夏館  西宮  廣瀬照子  


 朝曇 7月6日 夙川句会兼題
           
 いちばん暑い時期、雨を催すでもなく雲が
 空を覆います。
 風もなく、いかにも湿度の高そうな朝。
 少しだけ夜明けも遅くなってきました。
    トーストのシナモン効いて朝曇  市川  山岸すず
    風鐸のさゆらぎもなき朝曇    堺   境 雅秋
    朝曇ブラックバスは黒からず   神戸  山田綾子


 夜店 7月8日 堺句会兼題

 “ひよこ”も売っていましたね。
 輪投げ、金魚すくい、飴細工・・・・
 商店街もまだ賑やかだった頃、その本通り
 の外れのあたりにカーバイドのランプの匂
 いが漂っていた記憶が。
     安物の指環きらめく夜店かな    大阪  しのぶ日月
     夜店見て廻る子財布握りしめ    北九州 渡川幸子
     醤油焦げる香につられ買ふ夜店かな 岡垣  神谷かよ


 道をしへ 7月12日 みをつくし句会兼題
        28日 ひびき句会兼題
               
 結構獰猛な虫で、小型昆虫を捕食します。
 猛毒とされているツチハンミョウとは別の
 種類です。

 傍題=斑猫
    道をしへ置いてけぼりを喰らはする  大阪  中西英明
    休憩の暇与へず道をしへ       西宮  櫻井俊治
    案内まだ続けるつもり道をしへ    神戸  田中由子


 夏痩 7月16日 濃尾句会兼題
        
 食欲も失せ、寝不足が祟って・・・・
 素麺ばかり食べていないで、たまには栄養
 のあるものを食べて、夏に負けないように。

 傍題=夏負
    夏痩の奥まる眼母に似て      城端  宮本淑枝
    夏痩の体ごと押す手動ドア     滋賀  山岡美奈子
    着痩せでは通らぬほどに夏やせて  大阪  辻井左夜佳


 百合 7月19日 豊中句会兼題
       
 もともとは食用として栽培されていた百合の
 花をシーボルトらがヨーロッパに紹介し、明
 治末期には大いに外貨を稼ぎました。
 この花にそんな歴史があるとは・・・・
 
 傍題=姫百合、鬼百合、早百合 など多数
    投げ入れの白百合の向き定まらず  千葉  森田和代
    三方へ向き据ゑ鉄砲百合咲けり   三重  田端双葉
    姥百合といへどもほのと香りあり  橿原  小林恵美子 
  


 噴水 7月20日 草笛句会兼題

 古くから親しまれている噴水ですが、この
 世界にも技術革新があり、いろいろな噴水
 が登場しています。
 いま世界一は150メートルまで吹き上が
 るそうです。
 
 傍題=吹上げ
    へたへたと崩れ噴水止みにけり   三重  濱口志乃
    庭園灯消え噴水の音も消ゆ     大阪  林 直入
    メロディーに乗り噴水の伸び縮み  北九州 久保洋子


 百日紅 7月23日 山茶花例会兼題

 青空に拳を突き出すように咲きますが・・・
 いちど咲いた枝先から、また芽を出して花を
 つけるので長い間咲き続けているように見え
 ます。

 傍題=百日白
    大和棟続く門前百日紅   富田林  中住笛美
    門跡の壁高々と百日紅   高石   吉田富枝
    大寺の甍古りたる百日紅  芦屋   大澤美代女