今月の季題    5月の季題を山茶花の各地の句会の
 兼題と会員の例句から選びました

 茨の花 5月4日 夙川句会兼題

 清楚でいて野趣を持ち、香りを放ちながら
 咲きながら散る花。
 薔薇の仲間で棘をもっています。

 傍題=野茨の花、花茨 など
     ログハウス売りに出てゐて花茨  神戸  山田綾子
     
野茨の咲いて岬へつづく道    みなべ 榎本好子
     
棘に守られ白妙の花茨      北九州 竹谷君子  


 新茶 5月7日 吹田句会兼題
           
 お茶は、実は年3〜4回摘まれます。
 もちろん、俳句でいう新茶とは4月半ば頃
 から摘まれる「一番茶」のこと。
 ちなみに今年の八十八夜は5月2日です。
 
 傍題=走り茶
    入念に終の一滴新茶汲む      室生  新谷 均
    ケーキとて迷ふことなく新茶汲む  芦屋  倉員祥子
    新茶淹れ今朝のちらしに目をとほす 北九州 木村カズエ


 葉桜 5月10日 みをつくし句会兼題

 桜は若葉になっても独特の存在感を持つ木
 と言えるでしょう。
 丹念に見ると小さなサクランボをつけてい
 るのも珍しくありません。
 塩漬けにされた「さくら葉」は、葉桜には
 ないほのかな香りを放ち、食用に用いられ
 ます。
     葉桜にもう虫喰ひの五つ六つ  東京  松村登美子
     葉桜や離村を語る碑一つ    城端  岩城未知
     葉桜に古短冊の揺れ残る    堺   今川美代子


 穴子 5月17日 豊中句会兼題
               
 食用にされるのはたくさん種類のあるアナゴ
 のなかで「マアナゴ」と呼ばれるもの。
 体の側線が特徴です。
 東京湾のほか、各地で獲れますが、長崎県の
 対馬では刺身で食べることもあるそうです。
 “海鰻”と字をあてることもあります。
 
    瀬戸内のどこも旬なる穴子かな  高槻  木とし子
    玉ねぎも穴子御飯も淡路島    西宮  浅田千津子
    長いもの嫌ひと言うて穴子食ぶ  門司  潮 照子


 粽 5月18日 草笛句会兼題
        
 端午の節句のお団子。
 米の粉を練ったものを笹や茅の葉で包んで蒸
 し上げます。

 傍題=笹粽、茅粽、粽結ふ など
    さみどりの一口ほどの粽かな    吹田  横田昭二
    冷めてなほ葉のさみどりの粽かな  芦屋  長安悦子
    姉妹の話きりなき粽かな      門司  川村冨美子


 筍 5月26日 ひびき句会兼題
       
 土の中からチョロっと芽が出た頃が掘り頃。
 最近では自分で掘る観光農園も人気だそう。
 お持帰りは1キロあたり5〜600程度と、
 スーパーで買う半値程度。
 ただし、入場料がかかります。

 傍題=たかうな、たかんな、竹の子 など
    筍掘出荷時間を気にしつつ   守山  竹内恵子
    掘り出せし筍地熱帯びゐたり  高槻  河端青柚史
    外釜に筍を茹でこぼしけり   岡垣  神谷かよ
  


 麦飯 5月28日 山茶花例会兼題

 昔、江戸を訪れた地方の侍や大名を中心に、
 体調が悪くなる、足元がおぼつかなくなるな
 どが続出しました。白米を食べることによる
 ビタミンb1不足=脚気、“江戸患い”です。
 ビタミンb1は麦や蕎麦に含まれ、江戸で蕎麦
 が好まれたのは脚気とも関係ありそう。
    麦飯や無芸大食恥とせず   長浜  熊谷謙一
    麦飯の片寄りて炊きあがる  堺   見学つや子
    麦飯に一汁一菜なりしころ  榛原  佐藤弥澄


 植田 5月28日 濃尾句会兼題

 田植を終えたばかりの田のこと。
 根が定着するまでは風に揺らされたりしない
 ように水を張ります。
 空や雲、遠くの山が水面に映る時期の田んぼ
 が「植田」です。
    足跡に藻の生えそめし植田かな    奈良   栗山武司
    植田いま苗の色濃き淡きあり     高取   中村隆雄
    ひよろひよろと風撫で渡る植田かな  北九州  外村勢佳