今月の季題    1月の季題を山茶花の各地の句会の
 兼題と会員の例句から選びました

 初便 1月4日 夙川句会兼題

 新年はじめての便りのこと。
 年賀状とも寒中見舞いとも違いますが、お
 のづから新年の雰囲気がただよいます。
 旅先のハワイなどからAIR MAILで来る便り
 も。
    パソコンの投句にそへて初便  高槻  清水多憙子
    励ましの心添へあり初便    福岡  高宮加代子
    
一人とて独りにあらず初便   富山  小幡富貴子  


 年玉 1月7日 吹田句会兼題
           
 もともとは新年の祝儀として目上から目下
 に贈られるものでしたが、いまは子供たち
 にあたえるお金や商品のこと。
 いまどきの目安では、年齢÷2×1000円が
 相場とか。
 
 傍題=お年玉
    元気よく挨拶できてお年玉  堺   橋雅代
    幼には図書券包みお年玉   明石  安達華子
    備へたる新札足りずお年玉  城端  山本欣正


 スキー 1月10日 みをつくし句会兼題

 いっときのブームは去りましたが、いまだ
 に根強い冬の人気スポーツ。
 寒い時期にわざわざ寒いところへ、などと
 いわれても、スキーは好きー(?)です。
    先導のシュプールに附く山スキー   小平  柴 多美子
    どのバスもどつと吐き出すスキー客  熱海  野間泰子
    スキー客戻り大浴場混める      滑川  坪川紀子


 凍蝶 1月17日 豊中句会兼題
           
 生きているのか死んでいるのか、風に吹かれ
 て動いているのか自分の意思で動いているの
 か・・・・
 蝶(春)、夏の蝶、秋の蝶、冬の蝶などとの
 違いを詠まねばならない季題ですね。
    凍蝶の夢幻の息つなぐ     吹田  西村妙子
    荒壁に薄く凍蝶はりつきぬ   八尾  米澤道子
    凍蝶のいのち通ふと見えぬ翅  神戸  山田綾子


 初鏡 1月18日 草笛句会兼題
        
 新しい年に、初めて鏡に向かうこと。
 その鏡のことでも良いとされています。
 まさか初詣に行く電車の中で?

 傍題=初化粧
    あらためて老たしかむる初鏡  釧路  三浦いつ子
    髪型をいくとせ変へず初鏡   神戸  倉員祥子
    念入りに化粧施し初鏡     香港  八幡すみ
     


 雪 1月21日 濃尾句会兼題
       
 お住まいの地ではもう雪はふりましたか?
 昨年末は記録的な積雪を観測したところも。
 その影響もさまざま、趣もさまざまですね。

 傍題=牡丹雪、綿雪、深雪、吹雪、雪明り、
    雪煙、雪の朝、暮雪 など
    降り出して止む気配なし雪月夜     石狩  樋口 博
    真つ新な雪きゆつと踏むきゆつと鳴る  金沢  柿本久美
    奥社まで足跡もなき深雪かな      富山  廣田裕代
  


 ラグビー 1月26日 ひびき句会兼題

 これも冬の人気スポーツのひとつ。
 来年(2019年)にはワールドカップの日
 本開催が決まっていますから、その前年の今
 年は注目を集めそう。
 TVの中継でも見てルールを覚えましょう!
    円陣のラガー小さき声を出す     小金井 杉原祐之
    膝くづし泣いてラグビー果てにけり  鈴鹿  奥 安則
    タックルを弾き飛ばせるラガーかな  堺   小塚青楓


 日脚伸ぶ 1月28日 山茶花例会兼題

 一年中でもっとも日没の早いのは、冬至前の
 12月上旬。
 冬至でさえ既に日脚は伸びつつあるのですが
 それを実感できる1月の中旬ぐらい。
 春の旅のプランなどもそろそろ・・・・ 
    古書店に思はず長居日脚伸ぶ   豊中  多胡誠道
    坂の街坂の空より日脚伸ぶ    西宮  大澤美代女
    日脚伸ぶ畑の草ものびて来て   みなべ 山内恵子