今月の季題    6月の季題を山茶花の各地の句会の
 兼題と会員の例句から選びました

 麻のれん 6月1日 夙川句会兼題

 首題は「夏暖簾」とする歳時記が多いよう
 です。
 ちょっと洒落た感じは麻独特のもの。
 いかにも風通しがよさそうです。
    夏のれん母の形見の衣を解き    大阪  黒川恵子
    
夏のれんはたりと風の止まりたる  堺   橋雅代
    
誂へて又水玉の夏のれん      みなべ 野口キヨ子  


 鮎 6月2日 水無瀬句会兼題
           
 鮎は生れた川を知っているといいます。
 稚魚はいったん海に下り、この時期に生れ
 た川に遡ってきます、
 堰を越す跳躍力、何度ものチャレンジ。
 姿形以上の根性を持った魚です。
 
 傍題=鮎釣、鮎の宿 など
    解禁の十日遅れの鮎の宿    群馬  川部雲
    堰音の深まる夕べ鮎の宿    京都  山田敬子
    友釣の鮎に疲れの見えて来し  みなべ 宮本五子


 五月雨 6月4日 吹田句会兼題

 陰暦の5月に降る長雨のこと。
 断続的なことを“さみだれ式”などと言って、
 やや否定的なニュアンスで使われることも
 ありますが、なぜか自衛隊の護衛艦にもつ
 けられている名前です。

 傍題=五月雨(さつきあめ)、さみだるる
     五月雨の護岸検査のゴムボート   新潟  中本真人
     鎖樋伝ふ速さの五月雨       北九州 井上文子
     打つ人の絶えぬ札所のさみだるる  宗像  永野佐和


 栗の花 6月10日 堺句会兼題
               
 独特の臭気を放つ「栗の花」。
 目につくのは“雄花”で、その付け根のところ
 に潜むように“雌花”が咲いているのですが、
 ほとんど気付かないほどの小さな花です。
 もちろん、”イガ”になるのは雌花だけです。
 
    散り敷いて蠢くやにも栗の花   市川  山岸すず
    深々と熊の爪あと栗の花     大阪  山内繭彦
    栗の花へろへろ揺れて雨呼べり  吹田  西村妙子


 あめんぼう 6月15日 草笛句会兼題
        
 6本の脚で表面張力で水に浮ぶのが「あめん
 ぼう」。
 ミズスマシともいうようですが、この場合は
 漢字の「水馬」(傍題)のほうが感じが出て
 いますね。

 傍題=あめんぼ、水馬(みずすまし) など
    あめんぼの憑かれし如く走り出す    京都  松澤新陽
    おつとりもせつかちもゐるあめんぼう  吹田  山本澄恵
    あめんぼの水輪水輪を追ひにけり    下関  西村多恵


 翡翠 6月18日 濃尾句会兼題
     同23日 ひびき句会兼題
       
 渓流の宝石と呼ばれるカワセミ。
 俳句では「翡翠」と書くのが普通ですが、他
 に川蝉、魚狗、水狗、魚虎、魚師などの字を
 カワセミと読ませることがあります。
 
 傍題=ひすゐ
    翡翠の残像引いて翔ちにけり  吹田  堂前悦子
    翡翠の獲物銜へて一閃す    川西  堤 文男
    翡翠を水中カメラ据えて待つ  大阪  久保達也    
  


 短夜 6月21日 豊中句会兼題

 夏の夜の短い感じをあらわす季題です。
 6月の中旬ごろが一番日の出の早い時期で、
 例えば兵庫県では4時46分ごろ。
 東京・小笠原村の南鳥島では4時前です。
 
 傍題=明易し、夏の朝
    短夜を持て余しゐる齢かな    大阪  仲辻耕太郎
    短夜の寝つけぬままの旅枕    富田林 中住笛美
    二三句をひねり短き夜なりけり  北九州 馬見塚吾空


 鹿の子 6月25日 山茶花例会兼題

 奈良公園では子供の鹿は春日神社の境内にあ
 る「鹿苑」で保護されていますが、6月一杯
 は子鹿の公開イベントが開かれます。
 うっかり「小鹿」と書かないようにご用心。

 傍題=子鹿、親鹿
    立ち上がりまたへたり込む鹿の子かな 大阪   亀井 碧
    桃色の子鹿の耳のよく動く      太子   南 魚水
    踏んばつて脚震へゐる鹿の子かな   大阪狭山 田中正彰