今月の季題    9月の季題を山茶花の各地の句会の
 兼題と会員の例句から選びました

 蟷螂 9月2日 吹田句会兼題

 カマキリです。肉食性で、数回の脱皮を経
 て大きくなっていきます。
 勇気のある虫とされ、戦国時代の兜には、
 カマキリの“立物(兜の飾り)”がつけられ
 たものも伝わっています。

 傍題=いぼむしり
    かまきりの斧を構へて反り返る  茨木  島田夏楓
    
死にどころ得し蟷螂の眼澄む   長岡京 中西以佐夫
    
蟷螂の腹に伝はる息づかひ    福岡  武藤典子  


 秋彼岸 9月7日 夙川句会兼題
           
 俳句で“彼岸”というと春のお彼岸のこと。
 春のお彼岸との詠み分けの難しい季題です
 ね。少し侘しい感じを出すこと?

 傍題=後の彼岸、秋彼岸会
    ひさびさに急須の茶立て秋彼岸  豊中  吉住文江
    無縁墓隅に寄せられ秋彼岸    高石  吉田富枝
    閼伽桶の乾く間もなし秋彼岸   西宮  大澤美代女


 秋刀魚 9月9日 堺句会兼題

 今年は不漁のようですというニュースが毎
 年のように伝えられますが・・・・
 結果まずまずというのも毎年のこと。
 さて今年は?
    秋刀魚焼く匂ひの路地を通りけり  忠岡  戎野芙喜子
    夕風に秋刀魚のけむり漂ひて    岡山  竹谷雅之
    風下に七輪置きて秋刀魚焼く    岡山  北山 仁


 水澄む 9月15日 百舌鳥野句会兼題
       22日 ひびき句会兼題
               
 秋は水が澄むといわれますが、いささかは
 心理的に感じることなのかも。
 高濱虚子の句にも「水澄まず」という表現
 がありましたね。
    流れゆくものの影あり水澄めり  立川  宮本裕子
    丸太橋掛かる一水澄みにけり   神戸  藤生敏子
    溶岩の隙の源流水澄めり     金沢  高田俊彦


 夜食 9月16日 豊中句会兼題
        
 秋は“夜長(季題にもされています)”。
 そして馬も肥えるほど、食欲も甦ってくる季
 節。深夜のコンビニに車を走らせて“夜食”を
 買いにゆくこともあったりして・・・・
    ニューヨーク便の夜食のうどんかな  大阪  中西英明
    真夜中の仮眠交替夜食とる      吹田  横田昭二
    声聞きて温めなほす夜食かな     城端  塚崎昭生


 月一切 9月17日 草笛句会兼題
       
 「月一切」とは“季題季語としての月の句な
 らばなんでもいいということ。
 同じように春の“花一切”などが出されること
 もあります。
 さて、どう詠むか。却って焦点を絞りにくく
 なることもありますが・・・・
    境内を通り抜けして夕月夜    神戸  奥田花珠子
    月の道海の面揺らし伸びゆけり  下関  西村多恵
    海に沿ふ夜汽車に仰ぐ望の月   愛媛  阿部晃子 
  


 木犀 9月24日 山茶花例会兼題

 今年の夏が暑かったからでしょうか、まだ山
 あいでも咲いていないようです。
 その香りで咲いたと知る花でもあります。
 こんな小さな花がいっぱい咲いて思い切り香
 を放ちます。
 
 傍題=金木犀、銀木犀
    木犀の匂ふ家居を開け放ち    たつの 山本龍子
    木犀の香る窓辺に母をよぶ    宮崎  川越悦子
    木犀の香りいくたび歩を止めて  富山  廣田裕代


 萩 9月24日 濃尾句会兼題

 「萩の寺」を名乗るお寺は各地に数々。
 傍題も数々・・・・
 これは奈良・白毫寺。

 傍題=萩の戸、こぼれ萩、萩の宿 など
    風筋の一叢ごとに萩揺るる    神戸  斎藤妙子
    触れずには通れぬ小径萩こぼす  北九州 中村ふき
    山かげの紅萩走り咲きにけり   中間  宮崎サカエ