今月の季題    11月の季題を山茶花の各地の句会の
 兼題と会員の例句から選びました

 時雨 11月2日 夙川句会兼題

 初冬、にわかに降りだして、すぐに止み、
 かと思うとまた降りだす・・・・
 そんな雨。
 京都との取り合わせが多いようですが、そ
 れ以外でも趣は発見できそうです。

 傍題=片時雨、夕時雨、村時雨 など
    小夜時雨見送る尾灯角に消え   藤沢  松永澄子
    東山時雨て京の暮れ急かす    奈良  村上唯志
    
湖は明るきままの時雨かな    吹田  竹村元秀  


 落葉 11月3日 水無瀬句会兼題
           
 杉苔の緑の絨毯と紅葉の落葉のコントラス
 トです。そんな句も出来そうですね。
 
 傍題=落葉?、落葉籠、落葉焚く など
    片寄せて落葉の嵩のそこここに   熱海   野間泰子
    落葉踏み鳴らして園を巡りけり   名古屋  井上喜美子
    火をかけし落葉に落葉掃き寄する  豊中   北村好作


 石蕗の花 11月5日 吹田句会兼題

 「つわぶき」の花。
 語源は「艶葉蕗(つやはぶき)」とか「厚
 葉蕗(あつはぶき)」からきたと言われま
 すが。常緑多年草です。
 食用になり、葉で包む“つわ寿司”というも
 のもあるようです。
    咲増えて庭の明るき石蕗の花   滑川  坪川紀子
    水面にも映り明るき石蕗の花   福山  山口つねみ
    このあたりかつて硬山石蕗の花  門司  権代政樹


 大綿 11月8日 みをつくし句会兼題
           
 「あぶら虫」の一種で、白くみえるのは分泌
 物だそうです。
 どこからか湧いて出て、大量発生する年も。
 
 傍題=綿虫
    薄ら日の大綿のなほ青白く   京都  織作香代
    大綿の宙にかがやく命かな   大阪  栗本伊基子
    木洩日に紛れ大綿失せにけり  大阪  山内繭彦


 山茶花 11月15日 豊中句会兼題
        
 俳誌「山茶花」の由来は、大正時代の創刊者
 ・野村伯月が新たな俳誌のタイトルを考えて
 いたとき、たまたま庭に山茶花が咲いていた
 ところから閃いたものだと聞いたことがあり
 ます。
    山茶花の月日はじまる一花かな  水無瀬  辻 順子
    大輪の白山茶花に紅ほのと    丸亀   毛利静江
    山茶花や家古るままに主変り        三村純也
     


 枯蓮 11月23日 京阪句会兼題
       
 刀折れ矢尽き、というのは「後漢書」にある
 表現ですが、枯れた蓮をみるとまさにそんな
 感じがします。
 そんな枯蓮も雀にはしばしの憩いの場。
    蓮枯れて動かぬ水の昏さあり   堺    谷口佳寿
    蓮枯れて吹かるる風の音ありし  北九州  加来美智子
    音ひとつ立てず吹かるる枯蓮   遠賀   安部紫流 
  


 凩 11月26日 山茶花例会兼題
      16日 草笛句会兼題
      24日 ひびき句会兼題


 たちまち枯れ木にしてしまう風というところ
 から“木枯らし”。一号、もう吹きましたね。
 
 傍題=木枯し
    木枯と言へども乾く濯物     堺   佐潟ふじ子
    木枯しや峯の三日月吹き飛ばし  芦屋  佐々木静子
    凩をまともに受けてペダル漕ぐ  西宮  櫻井俊治


 神農祭 11月26日 山茶花例会兼題

 江戸時代の大坂でコレラが流行、薬業の人た
 ちが病除けの薬として「虎頭殺鬼雄黄圓」と
 いう丸薬をつくり、「神虎(張子の虎)」の
 お守りと一緒に授与したのが始まりと言われ
 ています。
 虎は薬の名前の一部だったわけですね。 
    似て非なる神農の虎ゆきかひぬ  高槻  畠中俊美
    神農の虎雄かしら雌かしら    吹田  田中晃真
    神農の虎の垂れ目で小肥で    神戸  山内茉莉