今月の季題    7月の季題を山茶花の各地の句会の
 兼題と会員の例句から選びました

 虹  7月1日 吹田句会兼題
 
 雨上がりの空にあらわれる虹。
 見えているだけ何となくうれしくなります。
 “HAVE A NICE DAY!”と語りかけてくるよ
 うにも感じます。 

 傍題=朝虹、夕虹 など
    噴水の穂先に虹の立ちにけり     寝屋川 浜田ミエ子
    国境の河を跨いで虹立てり      枚方  伊瀬知正子
    
虹立つとバスの片方にみな寄り来   西宮  廣瀬照子  


 アイスクリーム  
        7月5日 夙川句会兼題
       
 “氷菓(傍題)”の代表選手ですが、種類も味
 もいろいろです。ソフトクリーム、シャーベ
 ット、それにジェラートなど、溶けてしまわ
 ないうちにどうぞ。

 傍題=氷菓、氷菓子 
     氷菓子取り換へながら食うてをる  新潟  福井咲久良
     匙舐めてアイスクリーム食べ了る  みなべ 野口キヨ子
     氷菓子二本目食べる午後となる   唐津  中山十防


 西日  7月11日 みをつくし句会兼題
        
 ローカル線の2両の電車の左右の窓を串刺し
 にするような西日が。
 梅雨明けの旅のひと駒です。
     はや着きしホテルの窓の西日濃し  水戸  内堀武子
     見晴しの良き席にして西日濃し   西宮  大澤美代女
     西日燃ゆ外階段を宅配便      下関  松岡洋子


 滴り  7月15日 ひびき句会兼題 
      
 山間にふと見かけることも、それを探し求め
 て山に踏み込むことも。
 あるいはこの滴りが大河の源流であるかも。
 すぐそばに柄杓のおかれているのもよく見か
 ける風景ですね。
     ふくらみて怺へ怺へて滴れり   三重  秋山好弘
     まさをなる苔より出でて滴れる  下関  神田喜志子
     参道の苔に滴り絶ゆるなく    門司  長阿彌美穂子


 梅雨明  7月18日 豊中句会兼題
        
 6月29日、気象庁は関東甲信地方が梅雨明
 けしたと見られると発表しました。平年より
 22日も早い梅雨明でした。
 近畿地方の平年値は7月21日ごろとされて
 いますが、はたして・・・・
     梅雨明の干場狭しと濯ぎもの    城端  岩城未知
     梅雨明けて水匂はなくなりしけり  堺   境 雅秋
     木洩日の輝き増して梅雨明くる   北九州 上月ひろし
     


 ビール  7月19日 草笛句会兼題
       
 メキシコ産のビールです。
 ビンの口からライムを皮ごとねじ込み、ラッ
 パ飲みするのが本場流とか。
 ところで、暑気払いは今度で何回目?
 
 傍題=ビアガーデン、生ビール など
     乾杯のビール女も大ジョッキ   豊中  土井淳子
     一杯で治まり切れぬ生ビール   西宮  山口光弘
     何はさて旅の終りのビールかな  北九州 衛藤知香
  


 プール  7月22日 山茶花例会兼題

 流れるプール、砂浜に波がうちよせるプール
 など、海水をくみ上げたり、でっかいすべり
 台を備えたり。
 ナイター営業も普通のことになりました。
     足届くプールの底を確かめて   水戸  石田香緒子
     すれ違ふ女の髪にプールの香   国分寺 杉原祐之
     メガホンと呼笛下げてプール番  岡山  西田明弘


 浴衣  7月27日 ひびき句会兼題

 二人同時に予約すれば特別割引というサービ
 スも登場の貸浴衣。
 もちろん着付もセットで、和装用の小物まで
 貸してもらえて5000円ほどから。
 京都の町でよく見かける広告から。

 傍題=貸浴衣、染浴衣、古浴衣 など
    スマートフォン帯に挿し込み浴衣の娘  東京  本澤さちこ
    末の子に祖父が残せし古浴衣      大阪  田村昶三
    浴衣着て妹の世話焼きたがる      北九州 永田豊美