近 詠  三村純也主宰の近詠です
 (山茶花6・5・4月号所載)

 京 近 江
            三村純也
             芦屋 二句
 黄落の画廊の多き通りかな
 虚子記念館散紅葉散黄葉
             京都 三句
 雲水の歩み変らずしぐれけり
 方丈の奥より嚏聞こえけり
 生湯葉と生麩を買うて初時雨
             近江 六句
 横川へと初霜置ける阿闍梨みち
 白菜を甘うするべく風荒るる
 近寄れば鴨次々に水潜る
 鳰潜きしままにゐなくなる
 柴漬に大物期待してはゐず
 鴨鍋や湖賊の話聞きながら
             大阪 二句
 たこ焼器たまには売れて年の暮
 黒門の地廻りらしき懐手


 山里
            三村純也
 風の日の栗毬のまま落ちて来る
 猿逃げてあたりは虚栗ばかり
  ひあま
 火天まで大きな栗の爆ぜにけり
 廃村の猪垣残りゐるばかり
 炮烙の割れむばかりに銀杏爆ず
 銀杏を煎りつつ酒の燗しつつ
 名人といふ猪撃ちの古免状
 名人の新蕎麦を打つ気迫あり
 とびつきり大根辛き走り蕎麦
 新蕎麦とあれば一合二合では
 冬紅葉とてこれからの色ばかり
 伊賀越も細道にして翁の忌
 芭蕉忌や淀の夜船を月照らし


 穴惑
            三村純也
 女の子強き八朔相撲かな
 台風の中継記者に波迫る
 吉野まで辿り着けたる野分かな
 揺れてゐる萩と揺られてゐる萩と
 中洲にも飛び移りゐて曼珠沙華
 方丈を驚かしたる穴惑
 穴惑去なして作務の箒かな
 家売れて手入せぬ松残りたる
              伯母 池内豊子を悼む
 長き夜の船場の昔語りかな
              六甲・摩耶 四句
 露草も咲いてゐるはず巡りみむ
 湖日和とも野菊晴とも言はむ
 露寒や山湖を巡る径細く
 馬柵に沿ひつつ金芒銀芒