近 詠  三村純也主宰の近詠です
 (山茶花7・6・5月号所載)

 柳の芽
            三村純也
 茶事進む間に春時雨幾たびも
 抽斗に鍵のかかれる種物屋
 開帳を三度をろがみ百寿とぞ
 人事とは裏のあるもの鳥雲に
 凱旋の尻尾を挙げて恋の猫
 観音の鐘が合図の磯開
 申し訳ほど飯蛸の飯の粒
            久米田池  四旬
 羽ばたいて走りて鳴いて鳰うらら
 そよ風を転がつてくる鳰の笛
 雪柳咲きし一枝の跳ね上がり
  ふるつか
 古墳にして梅林となるところ
 いつ消えし電話ボックス柳の芽
 ふんだんに嵯峨竹使ひ垣手入


 厄落し
            三村純也
 何となく一息つきぬ寒の雨
 寒土用野菜の高値続きけり
 大寒や持病もつとも肩の凝り
 気になつてゐることばかり春を待つ
 見廻りの農夫に日脚伸びにけり
 鉢巻も初天神の縁起物
 寒椿瑕もろともにふくらみ来
 寒鯉の己が濁りを抜けられず
            悼  大峯あきら先生
 深吉野の雪を訪はまく思ひつつ
 年寄の勧めるままに厄落し
 月影の明るすぎたる厄落し
 仕立師も着付師も来て針供養
 病状を問はず語らず春寒し


 初鶏
            三村純也
 速達の次は宅配日短
 社会鍋夕べは雪となりゆくも
 年忘太鼓持とし駆り出され
 その人が来れば座和み年忘
 今気付きたるセーターの前後ろ
 数へ日の貯金の如く減つてゆく
 新聞の薄きを読んで小晦日
 初鶏の国家紅とはものものし
 二月堂より見下ろしの初景色
 父に似し母に似しとて初鏡
 裏白を敷けばかまぼこ改まる
 廻礼に微醺の息を洩らしけり
 帯の蝶背に余りて春着の子