近 詠  三村純也主宰の近詠です
 (山茶花11・10・9月号所載)

 百千鳥
            三村純也
 石庭のどこに潜んでゐし蝶か
 一力の灯らぬ間なき春の宵
                 奈良 佐保川堤 四句
 何ごともなき交番の花の昼
 咲き満ちて浮き上りたる桜かな
 花の雲若草山へ連ねたる
 橋渡り返して花を惜しみけり
 葉桜や箸は先より古びゆく
 大朝寝して三文の損もなし
 神木のひもすがらなる百千鳥
 飛び交うていさかひもして百千鳥
 羊の毛刈つて六甲日和かな
 蜃気楼見しことありと誇らしげ
 蜃気楼出るぞ出るぞと出ずじまひ
              「俳句界」発表分と重複


 鳥の恋
            三村純也
 空濠は萌え外濠は水温む
 震災の頬傷のある雛かな
 ?子を台車ごと糶り落としたる
            「山茶花」主宰就任二十周年 五句
 今日のためすこし早めの花衣
 春寒くとも祝なれば京なれば
 東山笑へば四方の山々も
 一切を都の春に委ねたる
 春愁や波風立たぬ月日なく
 石庭に紛るる地虫ありぬべし
 石庭の砂紋乱して鳥の恋
 剪定も畑の手入も作務として
 稲荷山より春雷の一ト転げ
 降りしきる雨の中なる初桜
                 「俳句」「俳句界」発表分と重複


 落 第
            三村純也
 昃ればまた薄氷となるところ
 親不知子不知雪崩止め幾重
 捜索の手立ても立たぬ雪崩かな
 収穫のはうれん草の雪払ふ
 長男の次男のバレンタインデー
 動かぬは?を挿しゐる舟らしく
  ?を挿す咥へ煙草の漢かな
 障子やや暗くなりしは春時雨
 落第に何を言うてもはじまらぬ
 要領のよさが仇して落第す
 落第しそのまま行方知らずかな
 落第の子もパーティに来てゐたる
 これほどに咲きひろごりていぬふぐり
               一部 『俳句界』発表分と重複