近 詠  三村純也主宰の近詠です
 (山茶花7・6・5月号所載)

 冬 至
            三村純也
 倫敦の霧深き夜の漱石忌
 原稿に手を入るる間の湯冷めかな
 二度風呂に湯冷め加減を払ひけり
 夢あまた捨てて来し身に燗熱く
 鰭酒に思はせぶりなことを言ふ
 日向ぼこして憂き世とも浮世とも
 おでん屋にいつも一人でゐる女
 押せ押せにはやも冬至となりにけり
 一陽来復せしとも見えぬ曇り空
 あたたかき冬至なれども暮れてゆく
 又しても眉のぴくつき風邪兆す
 年内に無理な仕事の増えてゆく
 夜船見えポインセチアの出窓かな


 京 近 江
            三村純也
             芦屋 二句
 黄落の画廊の多き通りかな
 虚子記念館散紅葉散黄葉
             京都 三句
 雲水の歩み変らずしぐれけり
 方丈の奥より嚏聞こえけり
 生湯葉と生麩を買うて初時雨
             近江 六句
 横川へと初霜置ける阿闍梨みち
 白菜を甘うするべく風荒るる
 近寄れば鴨次々に水潜る
 鳰潜きしままにゐなくなる
 柴漬に大物期待してはゐず
 鴨鍋や湖賊の話聞きながら
             大阪 二句
 たこ焼器たまには売れて年の暮
 黒門の地廻りらしき懐手


 山里
            三村純也
 風の日の栗毬のまま落ちて来る
 猿逃げてあたりは虚栗ばかり
  ひあま
 火天まで大きな栗の爆ぜにけり
 廃村の猪垣残りゐるばかり
 炮烙の割れむばかりに銀杏爆ず
 銀杏を煎りつつ酒の燗しつつ
 名人といふ猪撃ちの古免状
 名人の新蕎麦を打つ気迫あり
 とびつきり大根辛き走り蕎麦
 新蕎麦とあれば一合二合では
 冬紅葉とてこれからの色ばかり
 伊賀越も細道にして翁の忌
 芭蕉忌や淀の夜船を月照らし