近 詠  三村純也主宰の近詠です
 (山茶花1・12・11月号所載)

 宮相撲
            三村純也
 曇りなき神鏡に秋立ちにけり
 箱書に由緒の硯洗ひけり
 鳴りどほしなる踏切の花カンナ
 巡るほど店の数なき盆の市
 朝風のはやも蒸しゐる展墓かな
 容赦なき日を仰ぎつつ墓洗ふ
 掃苔や当歳とある戒名も
 轟音の高架下なる地蔵盆
 音悪き鉦を叩いて地蔵盆
 地蔵盆夜風湿つて来たりけり
 逸材と宮相撲より知られたる
 スカウトの人と来てゐる宮相撲
 大技の出でて湧き立つ宮相撲
            一部「俳句ウェップ」発表分と重複


 新茶
            三村純也
            泉州 田尻 四句
 箱で売る目刺グラムで売る目刺
 大栄螺蓋持ち上げて息をつく
 潮打たれ打たれ栄螺の売れ残る
 蠅除けのためにも蚊遣香を焚く
 本復を祝ふ新茶を汲みにけり
 百薬の長は新茶と汲みにけり
            中之島 二句
 押し合うていびつならざるつつじかな
 図書館に庁舎に新樹明りかな
 川風の午後となりゆく加茂祭
 白丁にも公家顔のあり加茂祭
            芸大キャンパス 三句
 牡丹の瓦解といふを目のあたり
 映りてはさざ波が消すえごの花
 栴檀の花に大きな蝶いくつ
              一部「俳句界」発表分と重複


 百千鳥
            三村純也
 石庭のどこに潜んでゐし蝶か
 一力の灯らぬ間なき春の宵
                 奈良 佐保川堤 四句
 何ごともなき交番の花の昼
 咲き満ちて浮き上りたる桜かな
 花の雲若草山へ連ねたる
 橋渡り返して花を惜しみけり
 葉桜や箸は先より古びゆく
 大朝寝して三文の損もなし
 神木のひもすがらなる百千鳥
 飛び交うていさかひもして百千鳥
 羊の毛刈つて六甲日和かな
 蜃気楼見しことありと誇らしげ
 蜃気楼出るぞ出るぞと出ずじまひ
              「俳句界」発表分と重複