近 詠  三村純也主宰の近詠です
 (山茶花9・8・7月号所載)

 落 第
            三村純也
 昃ればまた薄氷となるところ
 親不知子不知雪崩止め幾重
 捜索の手立ても立たぬ雪崩かな
 収穫のはうれん草の雪払ふ
 長男の次男のバレンタインデー
 動かぬはを挿しゐる舟らしく
  を挿す咥へ煙草の漢かな
 障子やや暗くなりしは春時雨
 落第に何を言うてもはじまらぬ
 要領のよさが仇して落第す
 落第しそのまま行方知らずかな
 落第の子もパーティに来てゐたる
 これほどに咲きひろごりていぬふぐり
               一部 『俳句界』発表分と重複


 寒牡丹
            三村純也
 除夜の鐘雪の遠音となりにけり
 パソコンに向ひ続けて去年今年
 海道の初松籟のひびきかな
 方丈の雪隠にまで鏡餅
 人前で言へぬ初夢なりしこと
 春着の子はきはきものを言ひにけり
 福娘とは選ばれし雇はれし
 寒雀翔つて日向の残りたる
 さながらに雪籠なる寒牡丹
 菰のまま雪に埋もれし寒牡丹
 風邪の身を優先席に沈めたる
 冬芽はやほどけむばかり日射し濃し
 念仏を聴聞に来て雪女郎


 冬 至
            三村純也
 倫敦の霧深き夜の漱石忌
 原稿に手を入るる間の湯冷めかな
 二度風呂に湯冷め加減を払ひけり
 夢あまた捨てて来し身に燗熱く
 鰭酒に思はせぶりなことを言ふ
 日向ぼこして憂き世とも浮世とも
 おでん屋にいつも一人でゐる女
 押せ押せにはやも冬至となりにけり
 一陽来復せしとも見えぬ曇り空
 あたたかき冬至なれども暮れてゆく
 又しても眉のぴくつき風邪兆す
 年内に無理な仕事の増えてゆく
 夜船見えポインセチアの出窓かな