草笛句会    兼題句会(雑詠可)
 
定例日=第三木曜日
 句会場=武蔵野公会堂 ほか

 草笛句会(6月15日開催)報告

 兼題は「茂」と「あめんぼう」、席題は「枇杷」でした。

 会場の武蔵野公会堂は、JR中央線と京王・井の頭線の吉祥寺駅から南に徒歩10分
 の、井の頭公園への途上にあります。
 参加者は折に触れて公園の様子を句に詠んで来ましたが、今月の井の頭池では鳰の浮
 巣の様子をつぶさに観察できる幸運に恵まれました。

 三村純也先生の特選は次の通りです。

 一陣の風に飛びはね水馬       柳沢いわを
 人住まぬらしく草木の茂るまま    柳沢いわを  
 小流れの淀みに群れて水馬      柳沢いわを
 別荘地草茂るまま売れぬまま     野間泰子
 暮るるまで老鶯の鳴く日和かな    野間泰子
 鳰浮巣潜りて浮きて繕へる      宮本裕子
 木洩れ日もこぼさぬ勢ひ樫茂る    宮本裕子
 流れ来る藻屑に寄りてあめんぼう   安楽陽子 
 銅像の威風堂々樫茂る        杉原祐之
 鉢合せして弾けたる水馬       柴 多美子
 あめんぼう一ト掻きごとの水輪かな  不破澄子
 茎咥へ来て繕へる鳰浮巣       小室藍香
 庭仕事藪蚊退治も一仕事       荻野朝子
 水馬おのれの影を蹴りにけり     甚目灯村

 来月の草笛句会は7月20日(木)、会場は武蔵野公会堂、
 兼題は「噴水」「汗」です。
 ご参加を心よりお待ちしています。 
                           (報告/安楽陽子)  


 草笛句会(5月18日開催)報告

 兼題は「若葉」と「粽」、席題は「雛罌粟」でした。
 花は終わりましたが、若葉もまた人を誘います。
 端午の節句には上方の粽、江戸の柏餅とも言われますが、山形市近郊出身の母は、
 一件の家で粽を作ると、子にねだられて次々とどの家でも粽を作ったものだと話
 していました。

 純也先生の特選は次の通りです。

 子の結ひし粽ほどけて蒸し上がる  柳沢いわを
 碩湯へ降りゆく谷の若葉かな    柳沢いわを
 拭き込まれ若葉の映ゆる廊下かな  甚目灯村
 粽結ふいまもふるさとぶりにかな  甚目灯村
 お隣りもそのお隣りも薔薇の垣   松村登美子
 二煎めも旨し甘しと新茶汲む    松村登美子
 夫に炊く竹の子御飯やはらかめ   岡栄子
 粽結ふ手順手さばき祖母仕込み   不破澄子
 手作りの香り家ぢゆう笹粽     安楽陽子

 来月の草笛句会は、6月15日(木)、兼題は「茂」と「あめんぼう」、
 会場は武蔵野公会堂です。ご参加を心よりお待ちしています。
                         (草笛句会 安楽陽子)
 


 草笛句会報告(4月20日)
 兼題「藤」「磯遊」 席題「朝寝」

 「藤」は4月の終わりから5月の初めにかけて咲くため、句会のために公園や身近な
 藤を見に行った方はがっかりされたようです。
 「磯遊」は思い出深い情景が句になりました。

 純也先生の特選は次の通りです。

 磯遊バケツの獲物なにやかや    柳沢いわを
 吊橋に見上げ見下ろす藤の花    柳沢いわを
 咲き垂れて水面の暗き藤の花    柳沢いわを
 蟹を追ひ小魚追ひて磯遊      小室藍香
 持ち寄りの重なり合うて桜餅    野間泰子
 半時のいつの間に経つ朝寝かな   安楽陽子
 沖の雲いつしか消えて磯遊     本澤さちこ
 磯遊思はぬ波をかぶりけり     甚目灯村
 藤棚の蔭とはならず花揺るる    柴 多美子

 来月の草笛句会は5月18日(木)、兼題は「若葉」「粽」です。
 ご参加を心よりお待ちしています。
                            (報告/安楽陽子)  


 草笛句会報告(3月16日)
  兼題「霞」「啓蟄」 席題「卒業」

 この春、日本一早かった都心の靖国神社に遅れること4日、武蔵野の桜もちらほらと
 咲き始めました。

 作品の中に「春霞」「霞立つ」の表現があったため、改めて先生にお聞きしたところ、
 「春霞」は和歌では言うが、現代俳句では言わない、
 「春うらら」も同様、「うららで」春季。
 また、「春立つ」は言わなくはないが、使用例少ない。とご回答いただきました。

 三村純也先生の特選は次の通りです。
 
 池の水替へ啓蟄の亀動く      小室藍香 
 啓蟄の池あはあはと虫柱      小室藍香   
 多摩の山相模の山の朝霞      安楽陽子
 芽吹きそむ朴の梢のたくましく   安楽陽子
 長き袖たくし卒業証書受く     不破澄子
 啓蟄の朽葉の下に動くもの     不破澄子
 神苑に出でて地虫の掃かれけり   柳沢いわを
 一舟を浮べて湖の霞濃し      柳沢いわを
 頭から焦げはじめたる目刺かな   松村登美子
 啓蟄の土黒々と濡れてをる     杉原祐之
 ひた走る列車に山河霞みけり    柴多美子
 啓蟄に土の入れ替へ待つ花壇    野間泰子
 金平糖ほろとこぼれて雛の句座   山岸すず
 蟻穴を出づ先導のあるらしく    本澤さちこ

 次回の草笛句会は4月20日(木)、兼題は「藤」「磯遊」、
 会場は武蔵野公会堂第6会議室です。
 ご参加を心よりお待ちしています。
                           (報告/安楽陽子)  



 草笛句会報告(2月16日開催)
  兼題「下萌え」「春の風邪」 席題「バレンタインの日」

 今回はJR三鷹駅北口5分の「武蔵野市立かたらいの道市民スペース」が会場でした。
 会場への道すがら、駅のエスカレーターを降りて右側の線路際の木立の中に国木田独歩
 の詩碑があります。
 碑面には武者小路実篤の筆により「山林に自由存す」と刻まれ、独歩のレリーフが刻ま
 れています。

 純也先生の特選は次の12句でした。

 春の風邪のど飴ばかり舐めてをり   野間泰子
 旅疲れ遊び疲れの春の風邪      野間泰子  
 梅林の奥の奥までシャトルバス    野間泰子
 芝居はねうつつの帰路の冴返る    松村登美子
 子の事のやうに話して猫の恋     松村登美子
 頬を打つ風強けれど草青む      杉原祐之
 年度末業務を前の春の風邪      杉原祐之
 月明に草の青みの分かるほど     本澤さちこ
 田の畦を行く近道の下萌ゆる     柳沢いわを
 赴任地へバレンタインの日のメール  小室藍香   
 素饂飩を食べて寝るだけ春の風邪   新庄茂文
 炊飯器おかゆモードに春の風邪    柴 多美子

 次回は3月16日(木)兼題は「霞」「啓蟄」、会場は武蔵野公会堂です。
 ご参加を心よりお待ちしています。
                           (報告/安楽陽子)  


 草笛句会(1月19日)報告
 
 兼題「水仙」「日脚伸ぶ」 席題「悴む」

 東京は元旦から晴天が続き、今月の雨の日はたった1日。
 空気が澄んで乾燥した日が続いています。今月の季題「日脚伸ぶ」には先生から
 「日差と日脚は違う」、また辞書に「日脚」は昼間の時間とはあるものの、「夕
 方に限る」とご指摘を頂きました。

 純也先生特選

 海に向く砲台跡の野水仙      本澤さちこ
 黒船の現れし岬の黄水仙      本澤さちこ
 日脚伸ぶことを交わして立話    本澤さちこ
 臘梅のありなしの色日に透けて   山岸すず
 立ち姿よき人に似て野水仙     山岸すず
 碁敵を待ちわびてゐる日向ぼこ   松村登美子
 退院の家に妻なき寒さかな     松村登美子
 寒紅をさして八十路の誕生日    荻野朝子
 帰りには書肆に寄り道日脚伸ぶ   柳沢いわを
 風折れの葉先のよぢれ野水仙    小室藍香
 縄とびの声いつまでも日脚伸ぶ   柴 多美子
 図書館のいつもの席に日脚伸ぶ   野間泰子
 駅伝の小旗振る手の悴める     安楽陽子

 来月の草笛句会は2月16日(木)兼題は「下萌」「春の風邪」、
 会場はJR中央線三鷹駅徒歩5分「かたらいの道市民スペース」です。
 ご参加を心よりお待ちしています。  
                           (報告/安楽陽子)  


 草笛句会報告(12月15日)報告
  兼題 冬の日 枯菊  席題 葱

 句会のある木曜日の井の頭公園に休日の喧騒はなく、水鳥が冬日を浴び、枯木の影が
 大きな模様を描いている広場や道を通る人もまた長い影を落として、聞こえるのは鳥
 の鳴き声という静けさでした。
 小室藍香さんを指導者にお迎えして半年が過ぎ、句会が生き生きと変わってきました。

 純也先生選

 庭に来て猫うづくまる冬日向    柳沢いわを
 冬日向瞼次第に重くなる      柳沢いわを
 電車待つ駅のホームの冬日向    柳沢いわを
 菊を刈るまだ枯れざるは瓶に活け  柳沢いわを
 枯菊を焚き二タ畝の畑仕舞ふ    小室藍香
 焼葱を喉に巻かれし日の遠く    小室藍香
 ビルの間に落ちる冬日の残る窓   小室藍香
 枯菊にわづかに残る紅の色     野間泰子
 大聖堂小聖堂も煤払        野間泰子
 毛糸編む一日ラジオを聴きながら  野間泰子
 冬日濃き露座大仏の慈顔かな    甚目灯村
 枯菊を焚くや終の香立つるかな   甚目灯村
 一枚を剥きたる葱の白さかな    本澤さちこ
 括りおく畦の小菊の立ち枯るる   本澤さちこ
 木に残るものを啄み鵯日がな    山岸すず
 冬芽もうふくらんでゐる日向かな  松村登美子

 次回の草笛句会は、1月19日(木)、兼題は「水仙」日脚伸ぶ」、
 会場は武蔵野公会堂です。
 ご参加を心よりお待ちしています。
                           (報告/安楽陽子)
 


 草笛句会(第510回 11月17日開催)報告

 兼題は「落ち葉」と「神の留守」、席題は「冬日和」でした。
 草笛句会は武蔵野公会堂が使用できない場合は、一駅先のJR三鷹駅北口5分の
 「かたらいの道市民スペース」が句会場になります。
 三鷹駅南口広場の東側からは、吉祥寺に向かって玉川上水の木立が茂り、歩道の
 落葉を踏み締めながら散策を楽しむグループも見られました。

 純也先生の特選は次の11句でした。

 梵妻の掃きても尽きぬ落葉かな    本澤さちこ
 日当りに大きく反りて朴落葉     本澤さちこ
 さりながら今朝も燈して神の留守   本澤さちこ
 取り敢へず掃き寄せてある落葉かな  山岸すず
 国分寺跡なる礎石草紅葉       山岸すず
 よくしやべる窓辺のインコ冬ぬくし  小室藍香
 神の留守千木に鴉の来ては鳴く    小室藍香
 神の留守承知の願ひごとひとつ    不破澄子 
 リサイクルフエアへ本出す文化の日  岡栄子
 押し込めば嵩戻りくる落葉籠     宮本裕子
 庭中の落葉を集め焚きし日も     中川佳子

 次回の草笛句会は12月15日(木)、 兼題は「冬日」「枯菊」、
 会場は武蔵野公会堂です。
 たくさんの方のご参加を心よりお待ちしています。     
                           (報告/安楽陽子)  


 草笛句会(第509回 10月20日開催)報告

 例年ならば何万株というコスモスに彩られる昭和記念公園ですが、日照不足のための
 発育不良で、花も5分咲きほどで終わりました。
 紅葉も遅れているようです。

 兼題は「朝寒」と「蜜柑」、席題は「銀杏」でした。
 
句会では、蜜柑というと炬燵が連想されるという質問が出、純也先生にお伺いしたと
 ころ、「蜜柑という季題に炬燵という発想がそもそも誤りです。
 俳句では、今回の蜜柑のような“生りもの”は“秋”のものとして詠むべきでしょう」と
 お返事をいただきました。

 三村純也先生の特選をご紹介いたします。

 起き抜けに手を揉む朝の寒さかな  本澤さちこ
 鈴生りの空家の庭の蜜柑かな    本澤さちこ
 朝寒や仏飯白き湯気見えて     甚目灯村
 日当りのよきより熟るる島蜜柑   甚目灯村
 初鴨の群れを追はれてゐる一羽   不破澄子
 小鳥来てリハビリに倦む窓辺かな  不破澄子
 三方に据りの悪き蜜柑かな     小室藍香
 小さき咳こぼす厨の朝寒し     小室藍香
 トロッコのレールのくねる蜜柑山  杉原祐之 
 片付かぬ机の上に蜜柑剥く     杉原祐之
 頂きし蜜柑のさほど旨からず    柳沢いわを
 たまさかの団欒みかん剥きながら  野間泰子
 銀杏の匂ひの残るタイヤかな    松村登美子
 駐輪の番号読めぬ秋の暮      山岸すず
 街路とて拾ふ人なき銀杏の実    安楽陽子
 硬さから味を測りし蜜柑かな    新庄茂文
                           (報告/安楽陽子)  


 草笛句会(9月15日開催)報告 
  兼題「夜長」「コスモス」 席題「秋刀魚」

 小室藍香氏を指導者に迎えて3回目の草笛句会、出席10名欠席投句8名、合計18名の
 参加でした。
 三村純也先生の特選は次の通りです。

 夜長の灯蔵書整理のはかどらず     野間泰子
 出涸らしの番茶を淹れて夜なべ措く   野間泰子
 括られて色なひまぜの秋桜       山岸すず
 トリケラトプス仰ぎ見る子に夏終はる  山岸すず
 独り居の音なき部屋の夜の長し     本澤さちこ
 空瓶にコスモス挿して厨窓       本澤さちこ
 コスモスの見返るやうな立ち姿     柴多美子
 アンコール拍手夜長に果つるなく    柴多美子
 はやばやと灯し夜長の始まりぬ     宮本裕子
 初秋刀魚小ぶりなれども値の高く    宮本裕子 
 一面のコスモスに風いく筋も      柳沢いわを
 麻酔さめ行きつ戻りつ夜の長き     松村登美子
 六地蔵十日の菊の供へあり       岡栄子
 旅宿のカーテン厚き夜長かな      杉原祐之
 座敷童子出さうな宿の夜長かな     荻野朝子
 夜長の灯明るく灯し俳誌読む      中川佳子
 せがまれて絵本何度も繰る夜長     不破澄子

 次回の草笛句会は10月20日(木)、会場は武蔵野公会堂、
 兼題は「朝寒」「蜜柑」です。
 ご参加を心よりお待ちしています。
                          (報告/安楽陽子)  


 草笛句会(8月18日開催)報告

 兼題は「西瓜」と「花火線香」、席題は「墓参」でした。
 
 小室藍香氏の選句と鑑賞からは俳句への熱意が伝わってきます。
 欠席投句を含めて参加は14名、三村純也先生の特選句は次の21句でした。

 暮れきらぬ路地の線香花火かな    小室藍香
 子の投げし鼠花火の追うて来る    小室藍香
 手花火の路地に大きな父の影     小室藍香
 こんなにも子の集ひ来る路地花火   野間泰子
 胡坐の子正座の子ゐて西瓜食ぶ    野間泰子
 年ごとに身内減りゆく墓参      野間泰子
 叩く音同じようなる西瓜かな     柴 多美子
 縁者みな高齢となり墓参       柴 多美子
 墓参とくに装ふこともなく      柴 多美子
 手花火の果てたる庭に雨の音     杉原祐之
 宿題を中座して来る庭花火      杉原祐之
 おのづから線香花火震へ落つ     杉原祐之 
 手花火の終はれば闇のあるばかり   新庄茂文
 手花火の残り一つにじやんけんす   新庄茂文
 鼠花火へつぴり腰に火をつけて    柳沢いわを
 かぶりつき汁したたらす西瓜かな   穎川あきお
 バス停へ坂の急なる日の盛り     岡栄子
 昇りくる泡の遅速よソーダ水     松村登美子
 墓洗ふ父祖の出自を聞きながら    山岸すず
 待ちかねし花火線香暮れなづむ    中川佳子
 手花火の爆ぜて座敷へ匂ひ来る    本澤さちこ

 次回の草笛句会は9月15日(木)兼題は「夜長」と「コスモス」、
 会場はJR中央線・京王井の頭線吉祥寺駅徒歩5分の武蔵野公会堂です。
 皆さまのご参加を心よりお待ちしています。
                               (報告/安楽陽子)  


 草笛句会(7月21日開催)報告
  兼題「夏の山」「睡蓮」 席題「髪洗ふ」


 小室藍香氏を指導者にお迎えしての初めての草笛句会が武蔵野公会堂で開かれました。
 草笛句会は藍香氏を中心に新たな気持ちで俳句を学んでいきます。
 多摩句会から柴多美子さんの参加もあり、欠席投句を含めて15名の句会でした。
 純也先生の特選は次の通りです。

 夏山家夜はむささびの来ることも  小室藍香
 髪洗ふ負けし涙は見せまじく    小室藍香
 八ヶ岳縦走終へし髪洗ふ      小室藍香
 仰ぐたび元気授かり夏の山     村松登美子
 朝涼を呼ぶ雨音でありしかな    松村登美子
 いつの間にたぐり寄せたる麻布団  松村登美子
 夜行バス暁に着く夏の山      山岸すず
 句座の客涼しく黒を着こなして   山岸すず
 赤黒く奇岩剥き出し夏の山     山岸すず
 木道の彼方に聳え夏の山      柳沢いわを
 雲の中雲の上なる夏の山      柳沢いわを
 夏の山雲湧きついで飛びついで   西尾美穂子
 そのかみの坑道隠す茂りかな    西尾美穂子
 恒例の避暑地に開くコンサート   安楽陽子
 恩師なる神父と集ひ夏山家     安楽陽子
 じぐざぐの夜つぴて続く登山の灯  本澤さちこ
 なにゆゑの涙溢るる御来迎     本澤さちこ
 快晴の後は土砂降り夏の山     柴 多美子
 三段のリフト乗り継ぎ夏の山    岡栄子
 ふんだんに樫を用ひて夏山家    杉原祐之
 単独の夏山制覇日本晴       荻野朝子
 重ね貼る鬼除護符や夏山家     甚目灯村

 次回の草笛句会は8月18日(木)、兼題は「西瓜」「花火線香」、
 会場は武蔵野公会堂(JR中央線京王線吉祥寺駅より徒歩3分)です。
 ご参加心よりお待ちしています。
                             (報告/安楽陽子)