草笛句会    兼題句会(雑詠可)
 
定例日=第三木曜日
 句会場=武蔵野公会堂 ほか

 草笛句会報告(6月21日開催)

 6月の兼題は「蛇」と「風薫る」、席題は「短夜」でした。
  毎年この時期になると最寄りの井の頭池の鳰が話題になり、句会の前に鳰の巣や
 親子を探して池の周りを歩きました。
 昨年は池にかかる橋の近くに浮巣があり、子を狙って近づいた蛇が、なんと親に
 対岸まで追払われる場面をつぶさに見ました。
 ここの池には主の蛇がいるという話です。

 三村純也主宰の特選は次の十句でした。

 蛇そこと傘で指しつつ後退る    本澤さちこ
 やけに動く捕へし蛇の麻袋     本澤さちこ
 蜷局より蛇するすると伸びにけり  本澤さちこ
 出くはして蛇の行方を見定むる   本澤さちこ
 鎌首をもたげて蛇の泳ぎゆく    柳沢いわを
 大欅続く参道風薫る        柴 多美子 
 昆布干す北方領土見ゆる浜     荻野朝子
 遠巻きにとぐろ巻く蛇見るばかり  芦立みさ子
 紅茶飲むオープンテラス風薫る   穎川あきお
 蛇嫌ひゆゑに目ざとき人ばかり   野間泰子

 次回の草笛句会は7月19日(木)兼題は「泳ぎ」「ビール」、
 会場は武蔵野公会堂です。
                       (報告/安楽陽子)
 


 草笛句会報告(5月17日開催) 

 兼題は「朴の花」と「更衣」、席題は「柏餅」でした。
 ホトトギス新歳時記「朴の花」の例句にある朴散華について、純也先生から
 「朴散華すなはち知れぬ行方かな 茅舎」 は、辞世の句です。
 まぼろしに自分の命の果てを見たのです。
 それに応えて、虚子が「示寂すといふ言葉あり朴散華」と追悼の句を作りました。
 朴散華は、この応答で留めるべき表現です、と頂きました。

 三村純也先生の特選は次の通りです。

 更衣して軽くなる旅鞄      野間泰子
 葉隠れのまた葉隠れの朴の花   野間泰子
 更衣はやりすたりは気に掛けず  新庄茂文
 ひとり身に戸惑ひつつの更衣   新庄茂文
 やうやくに日指し定まり更衣   大友紀子
 病ややよき日の衣更へにけり   芦立みさ子 
 行き過ぎて匂ひに気付き朴の花  柳沢いわを
 鼻上げて像のご機嫌子供の日   岡栄子
 少女らの声甲高く更衣      柴 多美子
 更衣してスカーフを手離せず   安楽陽子

 来月の草笛句会は6月21日(木)、兼題は「風薫る」と「蛇」です。
 ご参加を心よりお待ちしています。
                           (報告/安楽陽子)  


 草笛句会(4月19日)報告 

 兼題は「囀」と「春の宵」、席題は「若緑」でした。
 小室藍香さんの講評の中に、「春の宵母屋の灯りはや消えて」の句について、
 農繁期の農家では朝が早いので早めに休んだり、夜に作業が行われたりするの
 で母屋の灯りの早く消えることを思い出したと鑑賞され、印象に残りました。

 純也先生の特選は次の通りです。

 雨上がる気配に森の囀れる      小室藍香
 着飾りて稚児の列ゆく灌仏会     岡栄子
 燕来る名主の家のなまこ壁      岡栄子
 鶯の渓の向かうと競ひつつ      不破澄子
 武蔵野の囀高く澄みにけり      不破澄子
 三味の音の聞ゆる路地の春の宵    柳沢いわを
 紫雲あげ十勝平野の霜くすべ     荻野朝子
 かをり立つ名代の店の蓬餅      大友紀子
 囀にある金の声銀の声        甚目灯村
 囀の大樹仰げば降るごとく      安楽陽子

 次回の草笛句会は5月19日(木)兼題は「朴の花」「更衣」です。
 ご参加を心よりお待ちしています。
                       (草笛句会 安楽陽子)


 草笛句会報告(3月15日)
  兼題「目刺」「ミモザの花」 席題「卒業」

 「目刺」を置いていないスーパーマーケットもある昨今ですが、一読して目に
 浮かぶ様々な「目刺」が詠まれました。
 「ミモザの花」は街中でもよく見かけるようになりましたが、主宰の特選には
 「目刺」の句の方が圧倒的に多いという結果になりました。

 純也先生選

 道場の名札外して卒業す       小室藍香
 土産屋の裏路地に干す目刺かな    小室藍香
 目刺干す行き来に狭き浜の路地    小室藍香
 目刺干すうるめ鰯もかたくちも    小室藍香
 卒業の子ら校門を去りがたく     不破澄子
 目刺焼く母の背うすくなりにけり   不破澄子
 蓬摘む流れの音を聞きながら     不破澄子
 際立ちて腸の苦みの目刺かな     大友紀子
 声高に燥ぎて通る卒業子       大友紀子
 妻留守のひとり酌みつつ目刺焼く   柳沢いわを
 酌みながら目刺焦がしてしまひたる  柳沢いわを
 藁の縒りたちまち燃えて目刺焼く   本澤さちこ
 丸干しの目刺連ごと反りにけり    本澤さちこ
 目刺焼く青き煙の目に沁みて     荻野朝子
 ぶきつちよに朴訥に生き目刺焼く   荻野朝子
 捨て置きの鉢に一輪花すみれ     岡栄子
 目刺焼き味見すすめる浜女      岡栄子
 進路まだ決まらぬままに卒業す    山岸すず
 学舎いま駐屯基地に雲雀鳴く     山岸すず
 焦がしてはならぬ火加減目刺焼く   芦立みさ子
 焼き過ぎて尾の無き目刺並びけり   新庄茂文
 人来れば七輪煽ぐ目刺売       甚目灯村
 教会の午後の静けさ花ミモザ     野間泰子
 生干しの艶よき目刺選びけり     宮本裕子
 異人館訪うてミモザを見上げけり   中川佳子

 来月の草笛句会は4月19日(木)兼題は「囀」「春の宵」、
 会場は武蔵野公会堂です。歩いて3分の所に井の頭公園があります。
 ご参加を心よりお待ちしています。
                          (草笛句会 安楽陽子)
 


 草笛句会報告(2月25日)
 
 兼題「紅梅」は「若布」、席題は「金縷梅」でした。
 寺社や公園ならずとも庭に梅を育て愛する人は多く、「紅梅」も様々です。
 「梅一輪一輪ほどの暖かさ」(嵐雪)はほのかに紅味を帯びた一輪の句とあり、
 「紅梅」を詠んだものと知りました。
 「紅梅」の本意を捉え句に仕上げるにはもっと感性を磨く必要がありそうです。
 純也先生の御選では「若布」の句が多く特選に選ばれました。

 舷へ身を折り曲げて若布刈る    本澤さちこ
 沿道に海女手秤りの若布売る    本澤さちこ
 蜑の家の庭に魚干し若布干し    本澤さちこ
 かさかさと乾き若布の塩こぼす   小室藍香
 濃紅梅薄紅梅ともとほりぬ     芦立みさ子
 乾きたる若布の嵩を抱へゆく    柳沢いわを
 若布干す軒の家並の浜伝ひ     宮本裕子
 若布干す長さとりどり選り分けて  野間泰子
 ふるさとの瀬戸のにほひの干若布  不破澄子

 来月の草笛句会は3月15日(木)、兼題は「目刺」「ミモザの花」、
 会場はJR中央線京王線吉祥寺駅から歩いて5分の武蔵野公会堂第6会議室です。
 東京は勿論のこと、他の地域の皆さまのご参加も心よりお待ちしています。
                            (報告/安楽陽子)   


 草笛句会報告(1月18日)

 新年の草笛句会は不在投句を合わせて19人の参加でした。
 兼題は「初鏡」と「春待つ」、席題は「寒椿」。
 率直な実感や思いのこもった句が多く、純也先生の特選は次の通りです。

 何蒔くと決めず春待つ畑を鋤く     小室藍香
 少しずつ減りし服薬春を待つ      芦立みさ子 
 あれを着んこれを着んとて春を待つ   芦立みさ子
 初鏡老の気概を映しけり        芦立みさ子
 せがまれて幼き子にも初化粧      柳沢いわを
 春を待つ旅の予定を立てながら     柳沢いわを
 農園の畝均し終へ春を待つ       柴 多美子
 初鏡普段どほりの身繕ひ        柴 多美子
 前向きに生きるほかなし春を待つ    野間泰子 
 秘湯訪ふ旅のプランに春を待つ     野間泰子
 頬紅を差し百歳の初鏡         本澤さちこ
 粧ふとて紅引くだけの初鏡       本澤さちこ
 寒の餅産後の娘へと送り来る      不破澄子
 第一に安産祈る初詣          不破澄子
 待春のつかまり立ちをする子かな    杉原祐之
 薬園の土手入れして春を待つ      宮本裕子
 常よりも手数の増えて初化粧      大友紀子
 寒九の水吸ひ日持ちよき仏花かな    岡栄子

 次回の草笛句会は2月15日(木)、兼題は「紅梅」「若布」、
 会場は「かたらいの道市民スペース」第1会議室です。
 ご参加を心よりお待ちしています。
                              (報告 安楽陽子)
 


 草笛句会(12月18日開催)報告

 兼題は「ストーブ」・「冬菜」、席題は「師走」でした。
 エアコンなどの普及で身の回りから「ストーブ」が消えて久しく、「冬菜」も栽培
 はもちろん、収穫出荷の様子を見る機会も減っています。
 こうした変化の中で私たちは俳句を詠んでいるのですね。
 ストーブについては、“思い出”の「ストーブ」は選ばれず、今もなお使われている
 様子を句にしたものが選に入っています。
 オブジェやインテリアのように置かれているだけのストーブには季節感がないとい
 うことかと考えられます。

 今回純也先生の特選はありませんでした。
 そこで草笛句会のメンバー紹介も兼ねて、複数入選の方も選外の方も全員1句づつ
 掲載しました。

 和裁所に研屋来てゐる師走かな    小室藍香
 衛士詰所小さきストーブ置かれあり  野間泰子
 小料理屋小座布団干す冬日向     宮本裕子
 湧水の流れに洗ひ冬菜売る      柳沢いわを
 火加減の粗朶組み直す煖炉かな    山岸すず
 国訛溢れストーブ列車かな      柴 多美子
 もてなしの薪ストーブの炎かな    不破澄子
 ストーブに帰港の漁師集ひ来る    本澤さちこ
 井戸端に積み上げてある冬菜かな   芦立みさ子
 鎮もりて暖炉の薪の崩るるも     大友紀子
 焼するめ匂ふストーブ列車かな    荻野朝子
 ストーブの切れたる音に目覚めたる  杉原祐之
 ストーブに更かす団欒荘泊り     岡栄子
 大いなる外葉広がり冬菜畑      中原雅美
 冬菜売る富士を遠見の正面に     秋山嘉恵
 ストーブに背を向けしまま談笑す   新庄茂文
 ストーブを囲みて駅に列車待つ    甚目灯村
 塩漬の冬菜歯ざはりすがすがし    西川満里子 
 山小屋の暖炉明りに集ひけり     安楽陽子
                            (報告 安楽陽子)  


 草笛句会(11月16日)報告

 句会場に最寄りの井の頭公園は冬紅葉が日差しに映え、欅落葉がしきりに散って、
 人通りがありながらも静かな佇まいでした。
 兼題は「凩」と「茶の花」、席題は「芭蕉忌」でした。
 この日までにこちらでは「凩」は何度も吹き荒れました。
 なお、「茶の花」を「茶花」というのは誤用で、「茶花」とは茶道に使う花のこと
 とご指摘を頂きました。

 純也先生の特選は次の通りです。

 不要品捨つることより冬支度    山岸すず
 片付けて片付きすぎる寒さかな   山岸すず  
 党本部前凩の吹き荒るる      杉原祐之
 アーケード寂れ凩吹き抜くる    杉原祐之
 富士見えて茶の花日和つづきけり  芦立みさこ
 茶畑に茶の花日和続くかな     甚目灯村
 降りしきる欅落葉を浴びにけり   不破澄子
 凩に托鉢の僧足速む        新庄茂文
 凩に赤提灯の揺れどほし      野間泰子
 大垣を旅の予定に翁の忌      安楽陽子

 次回の草笛句会は12月21日(木)、兼題は「ストーブ」「冬菜」です。
 ご参加を心よりお待ちしています。
                        (報告/安楽陽子)  


 草笛句会報(10月19日)

 兼題は「夜寒」と「栗」、席題が「冬支度」でした。
 句会当日の東京は朝から土砂降りの雨のうえ最高気温12度の肌寒い一日でした。
 小室藍香さんが井の頭公園で橡の実が目の前に雨とともに落ちてきた話をされて、
 一同しんとなりました。
 純粋な好奇心、それは俳句に必須ものでした。

 純也先生の特選は次の14句でした。

 家族ゐてのこその栗飯皮を剥く    松村登美子
 鍵穴を探る夜寒の灯かな       松村登美子
 取りあへず引つ張り出して冬支度   松村登美子
 コンビニにとまれ立ち寄る夜寒かな  山岸すず
 裏表気にせず羽織る夜寒かな     山岸すず
 とり切れぬ渋に染まりし栗ごはん   柳沢いわを
 三人の子のそれぞれの栗拾ふ     杉原祐之
 栗拾熊出る噂ちらほらと       岡栄子
 栗売の猿にやられし話もし      本澤さちこ
 生まれ来る子の分までも冬支度    不破澄子
 毒菌何が齧りし跡ならむ       宮本裕子
 救急車疾駆遠のく夜寒かな      荻野朝子
 膝掛を巻いて立ちゐの夜寒かな    安楽陽子
 軍手して長靴はきて栗拾       安楽陽子

 次回の草笛句会は11月16日(木)、兼題は「凩」「茶の花」、
 会場は武蔵野公会堂です。
 ご参加を心よりお待ちしています。
                       (報告/安楽陽子)  


 草笛句会報告(9月21日)
  兼題「月一切」「草の花」席題「秋の蝶」

 今年は9月に入っても曇りや雨の日が多く、「無月」の句が2句、子規忌にちなんで
 子規庵を訪ねたことから「月の客」の句が詠まれました。
 季題から発想を広げてゆくことを念頭に、俳句を楽しみたいものです。

 純也先生の特選は次の通りです。

 子規庵の裏木戸を出る月の客     小室藍香
 うつすらと白み無月のありどころ   不破澄子
 いやに混む台風前の道路かな     不破澄子
 小夜更けてひときは高き虫時雨    宮本裕子
 供華に添へ散歩に摘みし草の花    柳沢いわを
 無月とて地酒を提げて来たりけり   野間泰子
 偲びては語りあひては夜長の灯    松村登美子
 国境よぎるレールの草の花      荻野朝子
 ベランダに満ちたる月を見上げけり  中川佳子
 月の道乱して船の遠ざかる      本澤さちこ

 次回の草笛句会は10月19日(木)、兼題は「夜寒」「栗」、
 会場は武蔵野公会堂第6会議室です。
 皆さまのご参加を心よりお待ちしています。
                            (報告・安楽陽子)  


 草笛句会(8月17日開催)報告

 兼題は「天の川」と「稲の花」、席題は「盂蘭盆」でした。
 「天の川」は思いの広がりやすいところが反って難しかったようです。
 また、「稲の花」は主食の米の生産に関わる花ですので、再挑戦したい兼題です。

 三村純也先生の特選は次の通りでした。

 兄嫁の盆疲れして居眠れる     小室藍香
 流れ来し盆供漂ふ淀みかな     小室藍香  
 降り続く雨の小止みの墓参     不破澄子
 迎火も送火もまた雨の中      不破澄子
 新盆の妻の遺影につきつきり    不破澄子
 幾度も水汲みかへて墓洗ふ     松村登美子
 あの世までついて行きかけ昼寝覚  松村登美子
 合宿の子らの歓声天の川      野間泰子
 介護付きホームに入ると爽やかに  山岸すず
 少年のすこし大人び地蔵盆     岡栄子
 山小屋を発つ天の川仰ぎ見て    柳沢いわを
 日の暮れてなほ細細と秋の蝉    柴 多美子
 稲の花咲きしと声の弾み来る    本澤さちこ
 衛星の光横切り天の川       安楽陽子
 一言に経説き給ひ盆の僧      安楽陽子

 次回の草笛句会は9月21日(木)兼題は「月一切」「栗」。
 会場は武蔵野公会堂第6会議室です。
 ご参加を心よりお待ちしています。
                           (報告/安楽陽子)  


 草笛句会(7月20日開催)報告

 兼題は「噴水」と「日焼」、席題は「汗」でした。

 詠みつくされた兼題でしたので、切り取られた場面に工夫が見られました。
 また、公園など夏に子供が遊べるよう設えた噴水は季題とは異なる性質のものなの
 でしょう。
 純也先生の特選は次の通りです。

 献血に日焼の腕を突き出せる     小室藍香
 美術館出て噴水の空仰ぐ       柳沢いわを
 外出の一と日にかくも日焼して    柳沢いわを
 挨拶を交す互ひの汗の顔       柳沢いわを
 背番号やうやく貰ひ日焼の子     野間泰子
 噴水の飛沫のブツクカバーにも    杉原祐之
 塩漬のレモンひりひり朝曇      山岸すず
 水が水押し噴水の立ち上がる     甚目灯村
 ブラインド洩れて射しこむ西日かな  不破澄子
 見るからに湘南ボーイ日焼濃く    岡栄子

 来月の草笛句会は8月17日(木)、兼題は「稲の花」「天の川」、
 会場はJR三鷹駅から徒歩5分の「かたらいの道市民スペース」です。
 夏休みの方是非ご参加ください。
                         (報告/安楽陽子)