京都句会    当季雑詠
 定例日=第二金曜日
 句会場=中京区・ウイングス京都

 京都句会(6月8日開催)主宰選報告

 京都市上京区今出川通堀川東入ルの白峯神宮摂社の精大明神の七夕祭では蹴鞠な
 どが行われます。
 精大明神は蹴鞠の神様として、スポーツ上達を願う人の参拝が多いことで知られ
 ていて、サッカーのワールドカップでの勝利祈願の絵馬なども奉納されています。
 蹴鞠は大和朝廷に伝わったとされる球戯の一種で、6〜8人で輪になり、鹿革の
 鞠を地面に落とさないよう、右足のみで蹴り続ける遊戯です。
 日  時  2018年7月7日(土)
           13:30〜  舞楽奉納
                   蹴鞠神事
                   小町をどり
 場  所  白峯神宮境内
 お問合せ  白峯神宮 075-441-3810
 アクセス  市バス「堀川今出川」下車徒歩約2分
 境内には蹴鞠の碑、市指定天然記念物である樹齢数百年の神木“小賀玉の木”など
 があります。
 なお、希望者は無料で蹴鞠体験ができるそうです。
 足前に自信のある方はいちど頑張られてみてはいかがでしょう。

 三村純也主宰の特選8句を清記順にご報告いたします。

 腰下ろす茶店に滝の余り風     山岡美奈子
 梔子の香の濃き雨となりにけり   畠中俊美
 裏年といへどそこそこ柿の花    浅野智久恵
 藍甕を埋めし土間の梅雨じめり   松田光子
 昼ながら一献ほしき夏料理     清水多憙子
 掃きよする間にもこぼるる柿の花  畠中俊美
 息災とまでは言へねど更衣     清水多憙子
 ときをりは取つ組み合うて水馬   熊谷謙一

 三村純也主宰吟

 かはほりに川灯台の灯りそむ
 藻の花や川舟舫ひたるままに
 開店のバルーン上がり雲雀鳴く
 青蘆を分けゆき何を釣る人ぞ

 出席者21名、欠席投句者21名でした。
 次回は 7月13日(金) ウィングス京都2階 会議室2 です。
     当季雑詠5句、欠席投句3句、14時締切です。
 皆さまのご参加を心よりお待ちいたしております。
                        (報告/織作香代)
 


 京都句会(5月11日開催)主宰選報告

 京都市東山区四条花見小路上るの白川巽橋では、日ごろ食卓に上がる生き物への
 感謝の意を込めての宗教儀式「祇園放生会」が執り行われます。
 舞妓さんも参加して、約2000匹の稚魚が巽橋の上から白川に放流されます。
 比叡山の大阿闍梨による奉修や香煎茶の無料摂待もあるそうです。
 日  時    2018年6月3日(日)
          稚魚放流 12時すぎ
          加持・奉納演奏 11時〜13時
 場  所    祇園白川巽橋 辰巳大明神
 お問合せ    祇園放生会実行委員会 п@075-701-5181(赤山禅院)
 京都の初夏の風物詩を楽しまれてはいかがでしょう。

 三村純也主宰の特選15句を清記順にご報告いたします。

 刻々と火色濃くなり薪能      中尾文貞
 職退きてメーデー遠くなりにけり  伊地智洋子
 脱ぎきれぬ皮ぶら下げて今年竹   伊藤とし子
 晴れて来て松蝉の声盛り返す    芳田トモ子
 祭客とし着く出町柳かな      中西英明
 茶団子を土産に八十八夜かな    伊藤とし子
 鹿の子の足ふるはせて立たんとす  米澤道子
 母の日や二人の母にメール打ち   吉井 薫
 お手植の数ある杜の若葉風     安岡房子
 頂きし筍飯のほのぬくき      山方美智子
 辛抱を美徳と育ち麦の飯      藤堂くにを
 朝掘の京たけのこを妻に買ふ    岡本 戎
 夏帽子かぶればすでに旅ごころ   清水多憙子
 棲み古りし路地が故郷薔薇真赤   稲川はつを
 共に老い共にすこやか新茶汲む   清水多憙子

 三村純也主宰吟

 曇り来て八十八夜らしくなく
 カステラの分厚きを食べ春惜しむ
 祈りもて一日始まる百千鳥

 出席者20名、欠席投句者23名でした。
 次回は 6月8日(金) ウィングス京都2階 会議室2 です。
     当季雑詠5句、欠席投句3句、14時締切です。
 皆さまのご参加をお待ちいたしております。
                         (報告/織作香代)
 


 京都句会(4月13日開催)主宰選報告

 京都市伏見区深草鳥居崎町の藤森神社にて、藤森祭が行われます。
 菖蒲の節句の発祥地として名高く、毎年5月T日から5月5日までの開催ですが
 最も盛り上がるのは5日の駈馬神事です。
 手綱潜り、逆乗り、矢払い、横乗り、逆立ち、藤下がり、一字書き、の7種類の
 アクロバット的な技が披露されます。

 開 催 日  2018年5月T日(火)〜5月5日(祝・土)
         駈馬神事  5月5日(祝・土) 13時〜14時
                         15時〜16時
 アクセス  JR奈良線「藤森駅」下車徒歩5分
       京阪電車「墨染駅」下車徒歩7分
 お問合せ  藤森神社 пD075-641-1045
 新緑のなか、スリリングな妙技を楽しまれてはいかがでしょう。

 三村純也主宰の特選18句を清記順にご報告いたします。

 頬を刺す風ありながら春日傘     伊瀬知正子
 当選の貸農園に芋植うる       岡澤ひろみ
 春の海ときに男波の立ち上がる    山内茉莉
 藁大蛇酔はせ村練る春まつり     里見かつこ
 桜しべ降る塔頭の石畳        畠中俊美
 フェノロサの墓ある森の百千鳥    中尾文貞
 崩れたる榾に春子の二つ三つ     米澤道子
 門川を落花の流れとぎれなく     山方美智子
 子規庵に貰ひし糸瓜蒔きにけり    岡澤ひろみ
 日本の色さくら餅よもぎ餅      藤堂くにを
 ぼんぼりの朽ちて残花の佐保堤    畠中俊美
 バンドエイドして剪定の日もすがら  松宮善之
 立読といふこと覚え啄木忌      藤堂くにを
 毛刈りされかたまり鳴ける羊かな   米澤道子
 三塔の見えゐて遠し麦青む      伊瀬知正子
 白粉を足まで塗りて舟芝居      山内茉莉
 散り敷きてバージンロードめく落花  山方 曙
 群はなれ耳そばだてし孕鹿      米澤道子

 三村純也主宰吟

 大空を押し上げ枝垂桜かな
 ふんだんに嵯峨竹使ひ垣手入
 スーツのみ一人前の新入生

 新しく奈良市の島野美穂子さんをお迎えしての句会は出席者23名、
 欠席投句者24名でした。
 次回は 5月11日(金) ウィングス京都2階 会議室2 です。
     当季雑詠5句、欠席投句3句、14時締切です。
 皆さまのご参加をお待ちいたしております。
                          (報告/織作香代)
 


 京都句会(3月9日開催)主宰選報告

 今年もはや桜開花のニュースの流れるころとなりました。
 今回は地名の由来になったという伏見区墨染町の墨染寺の「墨染さくらまつり」
 をご紹介いたしましょう。
 薄墨色の小ぶりな花が特長の墨染桜が有名です。
 吹奏楽や大正琴の演奏、雅楽の舞なども披露され、近くの欣浄(ごんじょう)寺
 では、この日だけ本尊の伏見大仏の特別拝観が行われます。
 高さ5.3メートルの木造の仏像を目の前で見ることが出来ます。

 日  時  2018年3月31日(土)
        午前10時〜午後4時ごろ(お茶席は午後3時まで)
 料  金  無料(お茶席のみ300円)
 会  場  墨染寺(京阪「墨染」駅から西へ150メートル)
 お問合せ  墨染活性委員会 рO75-642-4566 

 三村純也主宰の特選22句を清記順にご報告いたします。

 裏のある京都言葉の冴返る      中西英明
 もういちど御髪をなでて雛納     伊藤とし子
 雛壇に一袋置く金平糖        米澤道子
 見回して二つ三つ摘む蕗の薹     中野硯池
 靄がかる海を見下ろす梅見かな    芳田トモ子
 重文の町家守りて雛飾る       畠中俊美
 木洩日の枝にちらつき囀れる     中尾文貞
 薙刀部連覇を果たし卒業す      橋 翠
 伊吹嶺の夕日に染まる斑雪かな    吉本隆太郎
 沿線の似通ふ家並のどけしや     杉アよしこ
 紅白の梅咲きそろふ日和かな     伊瀬知正子
 一人つ子嫁ぐ朝の母子草       島田夏楓
 新作の念珠売り出す彼岸かな     中西英明
 八荒の余波の及べる余呉の湖     中西英明
 美しく取り散らかして雛納      伊藤とし子
 花苗をおまけに貰ふ苗木市      米澤道子
 落第は承知の上のバイトかな     山内茉莉
 せがまれて綾取り遊び春炬燵     山岡美奈子
 木々芽ぐむ名札つけしもつけざるも  松澤新陽
 長持の占むる杜氏部屋春寒し     杉アよしこ
 小豆島沖に浮かびて梅日和      大竹美智子
 ひた走る比良八講の波頭       藤堂くにを

 三村純也主宰吟

 凱旋の尻尾を挙げて恋の猫
 申し訳ほど飯蛸の飯の粒
 開帳を三度をろがみ上寿とふ

 出席者19名、欠席投句者24名でした。

 次回は 4月13日(金) ウィングス京都2階 会議室2 です。
      当季雑詠5句、欠席投句3句、14時締切です。
 皆さまのご参加をお待ちいたしております。
                        (報告/織作香代)
 


 京都句会(2月9日開催)特選句報告

 京都市右京区梅津フケノ川町の梅宮大社(うめのみやたいしゃ)では京都の春の
 風物詩である梅産(うめうめ)祭が行われます。
 梅宮大社は橘諸兄の母、橘三千代が酒解神(大山祇、木花咲耶姫)をおまつりし、
 酒造安全と子孫繁栄を祈願した神社です。
 檀林皇后(嵯峨天皇の后)が井手町から現在地に遷座。皇后は当社に祈願し、初
 めて皇子をもうけた、と伝わっています。
 以来子授けの神として信仰され、境内にまたげ石や産砂をうける風習があります。
 神酒及び神苑の梅からつくった梅ジュースの接待もあります。
 境内の約35種550本の梅の花なども楽しまれてはいかがでしょう。

 日  時   2018年3月4日(日)
          祭典  9:00〜
          接待  9:30〜16:30
 お問合せ   梅宮大社 .075-861-2730

 三村純也主宰の特選27句を清記順にご報告いたします。

 蹲踞して追儺の鬼の出番待つ    大竹美智子
 改めて数へて年の豆の嵩      伊藤とし子
 水占の鉢にたゆたふ薄氷      山岡美奈子
 良薬は窓辺の日差し春の風邪    山岡美奈子
 立春の日射しに鯉の跳ねにけり   中尾文貞
 春寒し年相応といふ診たて     清水多憙子
 小気味好きハスキーな声春の風邪  伊地智洋子
 煎餅もバレンタインのハート型   藤堂くにを
 雪を掻く何はさておき道路まで   山方 曙
 繋がれて練習船は春を待つ     山方 曙
 濁声のおどけて出づる追儺鬼    米澤道子
 傘を打つ雨にも春の兆しあり    浅野智久恵
 まだ薪を横に積み足す春暖炉    山内茉莉
 玻璃越しの雪のまぶしき盆梅展   伊瀬知正子
 跡継ぎのなき畳屋の針供養     伊瀬知正子
 頬凍てて火渡りの順待ちゐたる   橋 翠
 突風に武者ぶるひして寒鴉     稲川はつを
 山陵のしじまに初音聞きゐたる   中尾文貞
 松ぼくり一つ転がる氷面鏡     杉アよしこ
 切株に残る木の香よ春の雪     山岡美奈子
 犬も老い今年限りの猟名残     山内茉莉
 友情に齢などなしおでん酒     稲川はつを
 利酒の誘ひも受けて梅探る     畠中俊美
 京なれば覚悟の上の余寒かな    清水多憙子
 雪とけて今年もここにふきのたう  岡本 戎
 降りて止み舞ひては止みて春の雪  松澤新陽
 平成も終りと飾る古雛       里見かつこ

 三村純也主宰吟

 寒土用野菜の高値続きけり
 東京に来てまでうどん春寒し
 旧正月や焼き餃子揚げ餃子
 深吉野の雪を訪はまく思ひつつ

 出席者21名、欠席投句者22名でした。
 次回は 3月9日(金) ウィングス京都2階 会議室2 です。
      当季雑詠5句、欠席投句3句、14時締切です。
 皆さまのご参加をお待ちいたしております。
                           (報告/織作香代)
 


 京都句会(1月12日開催)特選句報告

 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会等を契機として、京都を舞台
 に文化と芸術の祭典である「京都文化プロジェクト第2回推進フォーラム」が開催
 されます。
 シンポジウムをはじめ関連企画も盛りだくさんとのこと、入場無料ですが申込制と
 なっております。
 池坊専好氏(華道池坊次期家元)、村田吉弘氏(菊乃井主人)、山極壽一氏(京都
 大学総長)、松坂浩史氏(文化庁地域文化創生事務局長)によるシンポジウム「日
 本人のこころ〜京都の四季と生活文化」や「東京キャラバンin京都・二条城」の映
 像上映、そして京都名店の出汁の試飲などもあります。
 日 時  平成30年2月24日(土) 14:00〜16:00
 場 所  ロームシアター京都メインホール(左京区岡崎最勝寺町)
 申 込  電話、FAX又はホームページ(応募フォーム)のいずれかで申込み。
      ※申込の際に@氏名(ふりがな)A郵便番号・住所B電話番号C同伴者
       の有無(1名まで)の記入要
      ※参加者全員に参加証を(2月中旬頃)。申込多数の場合は先着順。
 申込番号 TEL.075-661-3755  FAX.075-661ー5855
            (年中無休8:00〜21:00)
 申込締切  1月31日(水)まで。
 お問合せ  京都文化力プロジェクト実行委員会事務局
           пD075-354-5413 FAX.075-354-5414

 三村純也主宰の特選32句を清記順にご報告いたします。

 雪積んで真つ新な街明けにけり   伊瀬知正子
 寒見舞スッポンスープ届けけり   畠中俊美
 笑まふ人黙る人ゐて初みくじ    岡澤ひろみ
 目覚めゆく瀬戸の島々初日の出   岡澤ひろみ
 買初の二時間待ちの福袋      畠中俊美
 不器用に生きて器用に独楽回す   藤堂くにを
 米俵くるくる廻る戎笹       織作香代
 竜の髯ふかぶかと実を蔵しけり   中尾文貞
 逆転の連覇に吠ゆるラガーかな   伊瀬知正子
 初売の手秤らしき盛られやう    米澤道子
 暖房車となりの肩が倒れくる    橋 翠
 負けん気の声の弾ける寒稽古    米澤道子
 初鏡気取つても皺隠し得ず     稲川はつを
 勝独楽のなほも余力の廻りけり   中尾文貞
 はからずも京の茶店の雪見酒    島田夏楓
 晴れ上がる比良よ比叡よ初電車   清水多憙子
 引退し御修法見る僧杖に倚る    松澤新陽
 むらさきは母しのぶいろ寒すみれ  藤堂くにを
 行平を出すも久しきなづな粥    芳田トモ子
 門松を立ててホテルの自動ドア   橋 翠
 何気なく引けば大吉初みくじ    清水多憙子
 左褄取りしまま宝恵籠に載る    藤堂くにを
 艶話しつつ手早き牡蠣割女     吉本隆太郎
 寒卵いのちのもとはまろきかな   中森京美
 御降の雪積む傘となりにけり    熊谷謙一
 箸紙の名の今年また増えにけり   菅野惇子
 噴煙の真直に昇る初御空      伊瀬知正子
 一服を夫へ参らす初手前      山内茉莉
 軽やかにタクトを振りて初稽古   橋 翠
 地酒には鶴の字多し寒造      藤堂くにを
 参拝の人の輪できて大焚火     大竹美智子
 買初の付録目当の雑誌かな     中西英明

 三村純也主宰吟

 彼女乗せ成人の日のスポーツカー
 海辺へと成人の日のバイク駆る
 帯の蝶背ナに余りて春着の子

 明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い申し上げます。
 新しく岡本戎さんをお迎えしての初句会は出席者21名、欠席投句者23名でした。
 次回は 2月9日(金) ウィングス京都2階 会議室2 です。
     当季雑詠5句、欠席投句3句、14時締切です。
 みなさまのご参加をお待ちいたしております。
                       (報告/織作香代)
 


 京都句会(12月8日開催)特選句報告

 京都市上京区の北野天満宮では「火之御子社鑽火祭(ひのみこしゃきりびさい)」
 が執り行われます。
 古式に則って、鑽火(きりび)により新しい火・浄火(斎火)をきりだします。
 きりだされた浄火は中庭内の篝火に移されます。
 それに点火した火縄を持ち帰り、元旦の雑煮など食事の調理に使うと無病息災でい
 られるとされています。
 「天満宮の火縄授与」として知られ、「天満宮のをけら詣り」としても親しまれて
 います。

 日 時    2017年12月31日(日)19:30〜
        ※火縄の授与は22:00〜
 場 所    北野天満宮
 お問い合せ  北野天満宮 п@075-461-0005
 
 三村純也主宰の特選22句を清記順にご報告いたします。

 目隠の厠の窓の花八手        杉アよしこ
 焼き立てといふ鯛焼の鮮度かな    藤堂くにを
 涎掛けして畏まる吸入器       中野硯池
 退屈といへばたいくつ日向ぼこ    清水多憙子
 手を挙げて挨拶送るマスクかな    横田昭二
 遠く鳴り近くに唸る虎落笛      里見かつこ
 短日の誰かわからぬ遠会釈      清水多憙子
 通院の予定だけなる古暦       菅野惇子
 供華絶やすまじく冬菊咲かせけり   松宮善之
 ビンゴゲームの景品買ふも年用意   大竹美智子
 振り返り富士を見惜しむ暖房車    松田光子
 久闊を叙しお互ひの木の葉髪     織作香代
 大根焚見知らぬ人と知己のごと    清水多憙子
 煤逃のバーゲンセール混みあひぬ   畠中俊美
 キャリーバッグ除けつつ急ぐ駅師走  清水多憙子
 手袋を外し眠る児抱き取りぬ     辻井左夜佳
 転院のはやも師走となりにけり    山田敬子
 鳴滝へ送る大根引きにけり      中野硯池
 焼藷の笛のいつまで路地にゐる    山内茉莉
 風邪引かぬ人で通つてゐた筈が    二ツ谷寿枝
 会ひたくもなく冬帽を目深にす    伊藤とし子
 明日のため早寝と決めて玉子酒    浅野智久恵

 三村純也主宰吟

 気がかりの大事残して古暦
 風邪籠して励みゐる選句かな

 出席者18名、欠席投句者23名でした。
 次回は 1月12日(金) ウィングス京都2階 会議室2
     当季雑詠5句、欠席投句3句、14時締切 です。
 みなさまのご参加を心よりお待ちいたしております。
                           (報告/織作香代)
 


 京都句会(11月10日開催)特選句報告

 京都市右京区西院溝崎町のローム本社周辺では毎年恒例のイルミネーションが催され
 ます。
 並木に飾るLED電球を前年より6万個増やして過去最多の86万個とし、メタセコ
 イアやヤマモモなどの樹木86本に装飾されます。
 期間中の土日・祝日は本社南隣の名倉公園でのイベントやショーなども予定されてい
 るそうです。

 日  時   11月24日(金)〜12月25日(金)
        午後4時45分〜午後10時まで
 場  所   ローム本社周辺
 お問合せ   ローム本社 075-311-2121
 かがやき光る並木道などを散策されてはいかがでしょう。

 三村純也主宰の特選20句を清記順にご報告いたします。

 マスク買ふ小顔に見えるとふを選り  山内茉莉
 水使ふ度にクリーム冬に入る     芳田トモ子
 抽斗のすぐに乱れて冬に入る     西村妙子
 大綿の森の木洩日よぎりけり     杉アよしこ
 句も芸の内の役者の翁の忌      中西英明
 木の葉髪からむ無聊の手櫛かな    伊藤とし子
 山茶花を虻の飛び交ふ日和かな    杉アよしこ
 襖絵の花鳥山水笹子鳴く       橋 翠
 北風に耐へ歩数計見て歩く      松澤新陽
 神宝の絵巻の展示神の留守      中西英明
 凩の唸りてビルの谷間かな      安岡房子
 境内の隅に積みある落葉籠      杉アよしこ
 口きかぬ時はゐねむり十夜婆     畠中俊美
 色深めちよつと縮れて冬紅葉     中西英明
 峠茶屋込み合うてくる時雨かな    島田夏楓
 水分の井のこんこんと神の留守    小塚青楓
 文化の日国宝展へ列長く       吉本隆太郎
 釣果なき人寄り合うて日向ぼこ    里見かつこ
 天龍寺晴れて時雨の大覚寺      藤堂くにを
 みづうみのひすい色なる今朝の冬   山岡美奈子
 

 三村純也主宰吟

 滝空へ舞ひ上がりては紅葉散る
 たよりなき十一月の日和かな
 けふよりは十一月ぞ心せむ

 出席者18名、欠席投句者20名でした。
 次回は 12月8日(金) ウィングス京都2階 会議室2 
      当季雑詠5句、欠席投句3句、14時締切です。
 みなさまのご参加を心よりお待ちいたしております。
                            (報告/織作香代)
 


 京都句会(10月13日開催)特選句報告

 京都府宮津市の日本三景の一つである天橋立で、冬の訪れを告げる花火大会が開催さ
 れます。
「日本三景天橋立ふゆ花火」と称しての花火、晩秋の澄んだ夜空を彩ることでしょう。

 場  所   天橋立阿蘇海上
 日  時   2017年10月29日(日)
         午後4時〜 模擬店スタート
         午後7時半〜  ふゆ花火打ち上げ(小雨決行)
 お問合せ  (公舎)天橋立観光協会  .0772-22-8030
 観光のあとの一服の清涼剤として楽しまれてはいかがでしょう。

 三村純也主宰の特選28句を清記順にご報告いたします。

 赤い羽根着け呼びかくる赤い羽根   中西英明
 子規庵に糸瓜の種を貰ひたる     岡澤ひろみ
 訪ふ人もなき寺の萩刈られあり    畠中俊美
 新藁を干す日当りのよき斎庭     山方美智子
 乗合の舟より宇治の秋惜しむ     吉本隆太郎
 気後れを励ましくるる朝の鵙     伊藤とし子
 買つて欲しさうに松茸匂ひけり    藤堂くにを
 奥嵯峨の戸毎色濃き実南天      畠中俊美
 包丁をあれこれ変へて栗を剥く    米澤道子
 宿更けて鹿の遠声聞こえけり     中尾文貞
 浮雲を一気に抜けて鷹渡る      山方 曙
 宝前の百鉢の蓮破れそむる      中尾文貞
 ともどもに老い十五夜の月仰ぐ    松宮善之
 ふる里の朱欒の香る仏間かな     伊瀬知正子
 縁遠き娘に居着かるる秋思かな    中西英明
 群れ咲きて一花づつなる曼珠沙華   香山直子
 刈られたる河原に群るる鶫かな    吉本隆太郎
 順延のまたも順延運動会       芳田トモ子
 うそ寒をひとりが言へばまたひとり  熊谷謙一
 さきがけて且つ散る桜紅葉かな    中西英明
 咲きそろひコスモス風を呼び始む   熊谷謙一
 奥嵯峨を歩めばつのる秋思かな    吉本隆太郎
 クレソンの流れの水の澄みにけり   山方美智子
 灯台に寄する高波雁渡る       松田光子
 提灯の家紋灯りて秋祭        橋 翠
 ワクチンの予約をするも冬支度    里見かつこ
 柴栗の十が十とも虫の穴       芳田トモ子
 海鼠好き食道楽は父似かな      稲川はつを

 三村純也主宰吟

 説法の身に入みし顔入まぬ顔
 竹藪の昼くらがりの虫時雨
 蟷螂の後退りする時もあり

 新しく宇治市の中森京美さまをお迎えしての10月の句会は出席者18名、
 欠席投句者21名でした。

 次回は 11月10日(金) ウィングス京都2階 会議室2 です。
               当季雑詠5句、欠席投句3句、14時締切です。
 皆さまのご参加を心よりお待ちいたしております。
                      (報告/織作香代)  


 京都句会(9月8日開催)特選句報告

 秋の七草のひとつであるフジバカマ(藤袴)の鑑賞会が右京区水尾の里で催されます。
 鑑賞会では藤袴だけでなく、渡り蝶のアサギマダラもたくさん飛来します。
 期間中、柚子加工品や軽食販売のブースも特設されるとのことです。
  日  時   平成29年9月29日(金)〜10月8日(日)
          ただし10月5日(木)、6日(金)除く
         8時30分〜14時(入園無料)
  場  所   京都市右京区水尾地区内
  アクセス   JR保津峡駅下車、自治会バス乗車片道15分
              (大人250円 小人150円)
          鑑賞会期間中は、約30分間隔で臨時バスが運行されます。
 お問合せ   右京地域力推進室 まちづくり推進担当 075-861-1264 です。
 原種の藤袴とアサギマダラを身近に感じられてはいかがでしょう。

 三村純也主宰の特選12句を清記順にご報告いたします。

 遠目にも棚田染め上げ曼珠沙華  石部洋子
 内緒ごとささやかれしよ萩の前  辻井左夜佳
 西行の芭蕉の往きし芒原     中西英明
 帰郷して話の尽きぬ夜長かな   中尾文貞
 秋風や齢重ぬることに馴れ    辻井左夜佳
 大方は虚栗なる毬落ちて     伊藤とし子
 段取りの回覧届く秋祭      米澤道子
 旅にゐて又湯に浸る夜長かな   山岡美奈子
 盛り土のままなる墓の曼珠沙華  菅野惇子
 新聞の電子版より秋の声     橋 翠
 山荘の電波届かぬ夜の長き    伊瀬知正子
 居ぬ人の提灯も吊り地蔵盆    中野硯池

 三村純也主宰吟

 寺町の風なほぬるき秋彼岸
 欄干も擬宝珠もしめる白露かな
 流燈の沖へ行き着くはずもなし
 高々と流れ九月の夜の雲

 出席者16名、欠席投句者21名でした。
 次回は 10月13日(金) ウィングス京都2階 会議室2 です。
      当季雑詠5句、欠席投句3句、14時締切です。
 皆さまのご参加を心よりお待ちいたしております。
                             (報告/織作香代)
 


 京都句会(8月11日開催)特選句報告

 京都市右京区梅津フケノ川町30の梅宮大社では「嵯峨天皇祭」が執り行われます。
 平安京の完成や、雅楽の国風化、などをすすめた嵯峨天皇の徳を偲んだ祭礼です。
  日 時      2017年8月27日(日)
   祭典         8:30〜
   少年相撲大会     9:30〜
   吹奏楽演奏     17:00〜
   梅津六斎念仏踊   19:00〜
   盆踊大会      20:00〜 
 当日は露店なども出て、境内は終日賑わうとのことです。
 京都の初秋を楽しまれてはいかがでしょう。
 お問合わせ  梅宮大社 рO75−861−2730 です。

 三村純也主宰の特選17句を清記順にご報告いたします。

 夜空にも快晴のあり盆の月     山内茉莉
 水塔婆供へ六道詣かな       横田昭二
 霧走る阿蘇山頂の避難壕      松田光子
 年金を引き出しにゆく生身魂    藤堂くにを
 一打目は捨て鐘のごと迎鐘     中西英明
 庭に下り蝉の追突くらひけり    里見かつこ
 想ひ出のあるから廻る走馬燈    藤堂くにを
 七夕の児等の願ひに笹撓ふ     吉本隆太郎
 植木屋の手配をするも盆用意    米澤道子
 瓜の馬小柄な母を偲びつつ     伊藤とし子
 切西瓜種少なきを選りにけり    安岡房子
 ふるさとに身より無くなり盆の月  畠中俊美
 絵日記に海水浴の一日も      橋 翠
 戒名を控へて参る迎鐘       吉本隆太郎
 模擬店の呼込み役は浴衣の子    山方 曙
 雑談もせずにさつさと盆の僧    中西英明
 浴衣の娘帯の歪みを直し合ふ    小塚青楓

 三村純也主宰吟

 風の音流れの音の夜の秋
 曇りなき神鏡に秋立ちにけり
 贈り交はして祭鱧祭蛸

 出席者12名、欠席投句者27名でした。
 次回は 9月8日(金) ウィングス京都2階 会議室2 です。
 みなさまのご参加を心よりお待ちいたしております。
                          (報告/織作香代)
 


 京都句会(7月14日開催)特選句報告

 京都市左京区泉川町の下鴨神社では京の夏の風物詩である“みたらし祭”が執り行われ
 ます。
 輪橋という橋の下から御手洗池に入って進み、池の前の祭壇に蝋燭をお供えし、池か
 ら上がったところのご神水をいただくことで無病息災、安産、災厄祓除のご利益を受
 けられます。
 境内には提灯が奉納され、糺の森の参道には夜店が出ます。
 日   時  2017年7月22日(土)〜7月30日(日)
              午前5時半〜午後9時
 お問い合わせ  下鴨神社 075-781-0010

 また、立秋前夜の8月6日(日)18時半より、なごしの祓・矢取り神事が行われます。
 御手洗の池に50本の斎串(いぐし)を立て、人形(ひとがた)を流すと同時に裸男た
 ちが斎串を奪い合う勇壮な御祓いの神事です。
 斎串が矢のように見えるところから、矢取りの神事ともよばれています。古来より無病
 息災、開運厄除の加護があると伝えられています。

 納涼かたがたご参拝されてはいかがでしょう。

 三村純也主宰の特選24句を清記順にご報告いたします。

 番小屋のシャッター閉まり旱簗    島田玲子
 耳に入りたるまくなぎの羽音かな   熊谷謙一
 粽買ふ長刀鉾に並びても       山内茉莉
 一車線塞ぎて鉾の建ちすすむ     畠中俊美
 もてなしの一つとなせる青田風    山方美智子
 花ユッカ水族館へ海展け       橋 翠
 鉄棒の錆びし公園小判草       伊地智洋子
 一ツ葉の巌の割れ目につらなれる   米澤道子
 鉾立の遣ひ古りたる木槌かな     米澤道子
 風待ちの如く船鉾碇泊す       藤堂くにを
 一品は鴫焼とせむ初茄子       山方美智子
 梅雨蝶のひたすら日差し追ひにけり  小塚青楓
 野放図に実梅散り敷くひとところ   香山直子
 鉾を立て終へてひとまづ手を締むる  中西英明
 崩しつつ話途切れずかき氷      横田昭二
 何やかや理由をつけて飲むビール   里見かつこ
 宇治川の見ゆる茶房の氷水      畠中俊美
 河鹿鳴く鯖街道の谷の底       山方 曙
 虫干のそろそろ始末したきもの    大竹美智子
 古代蓮くれなゐ濃ゆく蕾みけり    山岡美奈子
 怪談に身をかたくして涼み台     安岡房子
 備付け便箋つかひ避暑日記      橋 翠
 銘柄の何でもよろし生ビール     山内茉莉
 ミイラ仏祀る岩屋の滴れる      松田光子

 三村純也主宰吟

 怨霊の化したる茄子と伝へたる
 夕立にスカ喰はされてばかりなる

 出席者17名、欠席投句者24名でした。
 次回は 8月11日(金) ウィングス京都 会議室2 です。
              当季雑詠5句、欠席投句3句、14時締切です。
 皆さまのご参加を心よりお待ちいたしております。
                           (報告/織作香代)