京都句会    当季雑詠
 定例日=第二金曜日
 句会場=中京区・ウイングス京都

 京都句会(11月10日開催)特選句報告

 京都市右京区西院溝崎町のローム本社周辺では毎年恒例のイルミネーションが催され
 ます。
 並木に飾るLED電球を前年より6万個増やして過去最多の86万個とし、メタセコ
 イアやヤマモモなどの樹木86本に装飾されます。
 期間中の土日・祝日は本社南隣の名倉公園でのイベントやショーなども予定されてい
 るそうです。

 日  時   11月24日(金)〜12月25日(金)
        午後4時45分〜午後10時まで
 場  所   ローム本社周辺
 お問合せ   ローム本社 075-311-2121
 かがやき光る並木道などを散策されてはいかがでしょう。

 三村純也主宰の特選20句を清記順にご報告いたします。

 マスク買ふ小顔に見えるとふを選り  山内茉莉
 水使ふ度にクリーム冬に入る     芳田トモ子
 抽斗のすぐに乱れて冬に入る     西村妙子
 大綿の森の木洩日よぎりけり     杉アよしこ
 句も芸の内の役者の翁の忌      中西英明
 木の葉髪からむ無聊の手櫛かな    伊藤とし子
 山茶花を虻の飛び交ふ日和かな    杉アよしこ
 襖絵の花鳥山水笹子鳴く       橋 翠
 北風に耐へ歩数計見て歩く      松澤新陽
 神宝の絵巻の展示神の留守      中西英明
 凩の唸りてビルの谷間かな      安岡房子
 境内の隅に積みある落葉籠      杉アよしこ
 口きかぬ時はゐねむり十夜婆     畠中俊美
 色深めちよつと縮れて冬紅葉     中西英明
 峠茶屋込み合うてくる時雨かな    島田夏楓
 水分の井のこんこんと神の留守    小塚青楓
 文化の日国宝展へ列長く       吉本隆太郎
 釣果なき人寄り合うて日向ぼこ    里見かつこ
 天龍寺晴れて時雨の大覚寺      藤堂くにを
 みづうみのひすい色なる今朝の冬   山岡美奈子
 

 三村純也主宰吟

 滝空へ舞ひ上がりては紅葉散る
 たよりなき十一月の日和かな
 けふよりは十一月ぞ心せむ

 出席者18名、欠席投句者20名でした。
 次回は 12月8日(金) ウィングス京都2階 会議室2 
      当季雑詠5句、欠席投句3句、14時締切です。
 みなさまのご参加を心よりお待ちいたしております。
                            (報告/織作香代)
 


 京都句会(10月13日開催)特選句報告

 京都府宮津市の日本三景の一つである天橋立で、冬の訪れを告げる花火大会が開催さ
 れます。
「日本三景天橋立ふゆ花火」と称しての花火、晩秋の澄んだ夜空を彩ることでしょう。

 場  所   天橋立阿蘇海上
 日  時   2017年10月29日(日)
         午後4時〜 模擬店スタート
         午後7時半〜  ふゆ花火打ち上げ(小雨決行)
 お問合せ  (公舎)天橋立観光協会  .0772-22-8030
 観光のあとの一服の清涼剤として楽しまれてはいかがでしょう。

 三村純也主宰の特選28句を清記順にご報告いたします。

 赤い羽根着け呼びかくる赤い羽根   中西英明
 子規庵に糸瓜の種を貰ひたる     岡澤ひろみ
 訪ふ人もなき寺の萩刈られあり    畠中俊美
 新藁を干す日当りのよき斎庭     山方美智子
 乗合の舟より宇治の秋惜しむ     吉本隆太郎
 気後れを励ましくるる朝の鵙     伊藤とし子
 買つて欲しさうに松茸匂ひけり    藤堂くにを
 奥嵯峨の戸毎色濃き実南天      畠中俊美
 包丁をあれこれ変へて栗を剥く    米澤道子
 宿更けて鹿の遠声聞こえけり     中尾文貞
 浮雲を一気に抜けて鷹渡る      山方 曙
 宝前の百鉢の蓮破れそむる      中尾文貞
 ともどもに老い十五夜の月仰ぐ    松宮善之
 ふる里の朱欒の香る仏間かな     伊瀬知正子
 縁遠き娘に居着かるる秋思かな    中西英明
 群れ咲きて一花づつなる曼珠沙華   香山直子
 刈られたる河原に群るる鶫かな    吉本隆太郎
 順延のまたも順延運動会       芳田トモ子
 うそ寒をひとりが言へばまたひとり  熊谷謙一
 さきがけて且つ散る桜紅葉かな    中西英明
 咲きそろひコスモス風を呼び始む   熊谷謙一
 奥嵯峨を歩めばつのる秋思かな    吉本隆太郎
 クレソンの流れの水の澄みにけり   山方美智子
 灯台に寄する高波雁渡る       松田光子
 提灯の家紋灯りて秋祭        橋 翠
 ワクチンの予約をするも冬支度    里見かつこ
 柴栗の十が十とも虫の穴       芳田トモ子
 海鼠好き食道楽は父似かな      稲川はつを

 三村純也主宰吟

 説法の身に入みし顔入まぬ顔
 竹藪の昼くらがりの虫時雨
 蟷螂の後退りする時もあり

 新しく宇治市の中森京美さまをお迎えしての10月の句会は出席者18名、
 欠席投句者21名でした。

 次回は 11月10日(金) ウィングス京都2階 会議室2 です。
               当季雑詠5句、欠席投句3句、14時締切です。
 皆さまのご参加を心よりお待ちいたしております。
                      (報告/織作香代)  


 京都句会(9月8日開催)特選句報告

 秋の七草のひとつであるフジバカマ(藤袴)の鑑賞会が右京区水尾の里で催されます。
 鑑賞会では藤袴だけでなく、渡り蝶のアサギマダラもたくさん飛来します。
 期間中、柚子加工品や軽食販売のブースも特設されるとのことです。
  日  時   平成29年9月29日(金)〜10月8日(日)
          ただし10月5日(木)、6日(金)除く
         8時30分〜14時(入園無料)
  場  所   京都市右京区水尾地区内
  アクセス   JR保津峡駅下車、自治会バス乗車片道15分
              (大人250円 小人150円)
          鑑賞会期間中は、約30分間隔で臨時バスが運行されます。
 お問合せ   右京地域力推進室 まちづくり推進担当 075-861-1264 です。
 原種の藤袴とアサギマダラを身近に感じられてはいかがでしょう。

 三村純也主宰の特選12句を清記順にご報告いたします。

 遠目にも棚田染め上げ曼珠沙華  石部洋子
 内緒ごとささやかれしよ萩の前  辻井左夜佳
 西行の芭蕉の往きし芒原     中西英明
 帰郷して話の尽きぬ夜長かな   中尾文貞
 秋風や齢重ぬることに馴れ    辻井左夜佳
 大方は虚栗なる毬落ちて     伊藤とし子
 段取りの回覧届く秋祭      米澤道子
 旅にゐて又湯に浸る夜長かな   山岡美奈子
 盛り土のままなる墓の曼珠沙華  菅野惇子
 新聞の電子版より秋の声     橋 翠
 山荘の電波届かぬ夜の長き    伊瀬知正子
 居ぬ人の提灯も吊り地蔵盆    中野硯池

 三村純也主宰吟

 寺町の風なほぬるき秋彼岸
 欄干も擬宝珠もしめる白露かな
 流燈の沖へ行き着くはずもなし
 高々と流れ九月の夜の雲

 出席者16名、欠席投句者21名でした。
 次回は 10月13日(金) ウィングス京都2階 会議室2 です。
      当季雑詠5句、欠席投句3句、14時締切です。
 皆さまのご参加を心よりお待ちいたしております。
                             (報告/織作香代)
 


 京都句会(8月11日開催)特選句報告

 京都市右京区梅津フケノ川町30の梅宮大社では「嵯峨天皇祭」が執り行われます。
 平安京の完成や、雅楽の国風化、などをすすめた嵯峨天皇の徳を偲んだ祭礼です。
  日 時      2017年8月27日(日)
   祭典         8:30〜
   少年相撲大会     9:30〜
   吹奏楽演奏     17:00〜
   梅津六斎念仏踊   19:00〜
   盆踊大会      20:00〜 
 当日は露店なども出て、境内は終日賑わうとのことです。
 京都の初秋を楽しまれてはいかがでしょう。
 お問合わせ  梅宮大社 рO75−861−2730 です。

 三村純也主宰の特選17句を清記順にご報告いたします。

 夜空にも快晴のあり盆の月     山内茉莉
 水塔婆供へ六道詣かな       横田昭二
 霧走る阿蘇山頂の避難壕      松田光子
 年金を引き出しにゆく生身魂    藤堂くにを
 一打目は捨て鐘のごと迎鐘     中西英明
 庭に下り蝉の追突くらひけり    里見かつこ
 想ひ出のあるから廻る走馬燈    藤堂くにを
 七夕の児等の願ひに笹撓ふ     吉本隆太郎
 植木屋の手配をするも盆用意    米澤道子
 瓜の馬小柄な母を偲びつつ     伊藤とし子
 切西瓜種少なきを選りにけり    安岡房子
 ふるさとに身より無くなり盆の月  畠中俊美
 絵日記に海水浴の一日も      橋 翠
 戒名を控へて参る迎鐘       吉本隆太郎
 模擬店の呼込み役は浴衣の子    山方 曙
 雑談もせずにさつさと盆の僧    中西英明
 浴衣の娘帯の歪みを直し合ふ    小塚青楓

 三村純也主宰吟

 風の音流れの音の夜の秋
 曇りなき神鏡に秋立ちにけり
 贈り交はして祭鱧祭蛸

 出席者12名、欠席投句者27名でした。
 次回は 9月8日(金) ウィングス京都2階 会議室2 です。
 みなさまのご参加を心よりお待ちいたしております。
                          (報告/織作香代)
 


 京都句会(7月14日開催)特選句報告

 京都市左京区泉川町の下鴨神社では京の夏の風物詩である“みたらし祭”が執り行われ
 ます。
 輪橋という橋の下から御手洗池に入って進み、池の前の祭壇に蝋燭をお供えし、池か
 ら上がったところのご神水をいただくことで無病息災、安産、災厄祓除のご利益を受
 けられます。
 境内には提灯が奉納され、糺の森の参道には夜店が出ます。
 日   時  2017年7月22日(土)〜7月30日(日)
              午前5時半〜午後9時
 お問い合わせ  下鴨神社 075-781-0010

 また、立秋前夜の8月6日(日)18時半より、なごしの祓・矢取り神事が行われます。
 御手洗の池に50本の斎串(いぐし)を立て、人形(ひとがた)を流すと同時に裸男た
 ちが斎串を奪い合う勇壮な御祓いの神事です。
 斎串が矢のように見えるところから、矢取りの神事ともよばれています。古来より無病
 息災、開運厄除の加護があると伝えられています。

 納涼かたがたご参拝されてはいかがでしょう。

 三村純也主宰の特選24句を清記順にご報告いたします。

 番小屋のシャッター閉まり旱簗    島田玲子
 耳に入りたるまくなぎの羽音かな   熊谷謙一
 粽買ふ長刀鉾に並びても       山内茉莉
 一車線塞ぎて鉾の建ちすすむ     畠中俊美
 もてなしの一つとなせる青田風    山方美智子
 花ユッカ水族館へ海展け       橋 翠
 鉄棒の錆びし公園小判草       伊地智洋子
 一ツ葉の巌の割れ目につらなれる   米澤道子
 鉾立の遣ひ古りたる木槌かな     米澤道子
 風待ちの如く船鉾碇泊す       藤堂くにを
 一品は鴫焼とせむ初茄子       山方美智子
 梅雨蝶のひたすら日差し追ひにけり  小塚青楓
 野放図に実梅散り敷くひとところ   香山直子
 鉾を立て終へてひとまづ手を締むる  中西英明
 崩しつつ話途切れずかき氷      横田昭二
 何やかや理由をつけて飲むビール   里見かつこ
 宇治川の見ゆる茶房の氷水      畠中俊美
 河鹿鳴く鯖街道の谷の底       山方 曙
 虫干のそろそろ始末したきもの    大竹美智子
 古代蓮くれなゐ濃ゆく蕾みけり    山岡美奈子
 怪談に身をかたくして涼み台     安岡房子
 備付け便箋つかひ避暑日記      橋 翠
 銘柄の何でもよろし生ビール     山内茉莉
 ミイラ仏祀る岩屋の滴れる      松田光子

 三村純也主宰吟

 怨霊の化したる茄子と伝へたる
 夕立にスカ喰はされてばかりなる

 出席者17名、欠席投句者24名でした。
 次回は 8月11日(金) ウィングス京都 会議室2 です。
              当季雑詠5句、欠席投句3句、14時締切です。
 皆さまのご参加を心よりお待ちいたしております。
                           (報告/織作香代)
 


 京都句会(6月9日開催)特選句報告

 京都市上京区千本通寺之内上ルの千本ゑんま堂「引接寺(いんじょうじ)」では恒例の
 「風祭り」が催されます。
 風祭りは、涼しげな音色で涼をはこぶ風鈴を飾り、夕涼みを楽しむ催しです。
 「香を楽しむ会(参加は要予約)」なども盛り込まれ、境内は浴衣や着物姿の人たちで
 にぎわいます。
 「香を楽しむ会」は催行人数に満たない場合は中止となるそうです。

 日 時    2017年7月1日(土)〜7月15日(土)
        18:30〜
 お問い合わせ 千本ゑんま堂  рO75−462−3332 

 夏の夕べ、ぶらりと立ち寄られてはいかがでしょう。

 三村純也主宰の特選32句を清記順にご報告いたします。

 貝殻の藻を靡かせて鮑取る       島田玲子
 一雨も二雨も欲し旱簗         山方 曙
 九体仏おはす御堂のさみだるる     中西英明
 草取の軍手土の香草の色        織作香代
 早苗饗や持ち寄る酒の多いこと     里見かつこ
 辛口の地酒に適ふ初鰹         稲川はつを
 手伝ひもせず早苗饗に招かるる     里見かつこ
 早乙女の一歩に田水濁りけり      伊瀬知正子
 風荒く浜昼顔の砂かぶる        松田光子
 雨脚の激しくなりて梅雨に入る     芳田トモ子
 ひつそりと去来の墓の木下闇      中尾文貞
 スペアミントはびこる庭も梅雨に入る  杉アよしこ
 溝浚へ上げたる泥の置きどころ     山内茉莉
 埒も無きこと考へて明易し       西村妙子
 トロ箱に胸鰭閉ぢてつばめ魚      島田玲子
 意地になりむきになりつつ十薬引く   浅野智久恵
 十薬の匂ひ立てつつ洗ひけり      杉アよしこ
 五年生総出の田植日和かな       里見かつこ
 虹色に光りし鯖の腹太く        島田玲子
 夕映の植田に鷺の影ひとつ       中尾文貞
 ゴルフ場どの山からの時鳥       芳田トモ子
 虫干やこんな着物もありしかと     伊地智洋子
 紫陽花の濡れて濃くなる色ばかり    藤堂くにを
 十薬の花を賞でつつ抜きにけり     杉アよしこ
 羅の電車の風に翻る          松澤新陽
 蠅虎動き出すまで気のつかず      横田昭二
 自販機に鱗粉ちらし火蛾舞へる     大竹美智子
 いつしかに植田となりて鴨泳ぐ     杉アよしこ
 葭切の声に大淀晴れ渡る        畠中俊美
 冷房のバスに拾つて貰ひけり      藤堂くにを
 蛍火の野外ライブをよぎりけり     中尾文貞
 スクリーンめく西窓の日除かな     岡澤ひろみ

 三村純也主宰吟

 汗のまま今日の稼ぎを酒に換ふ
 釣り上がる鮎の一閃二閃かな
 美女柳未央柳と名の二つ
 淀川原茅花流しの吹き渡る

 出席者18名、欠席投句者23名でした。
 次回は 7月14日(金) ウィングス京都2階 会議室5・6
      当季雑詠5句、欠席投句3句、14時締切です。
 みなさまのご参加を心よりお待ちいたしております。
                           (報告/織作香代)
 


 京都句会(5月12日開催)主宰選報告

 京都市東山区建仁寺塔頭・霊源院の庭園「甘露庭」では山紫陽花の変種「甘茶の花」
 の特別公開がはじまりました。
 新緑の古刹に彩りを添える甘茶の花は、釈迦の生誕を祝う仏教行事「花祭」で仏像に
 注ぎかける「甘茶」の原料です。
 釈迦の一生を凝縮したここ甘露庭は菩提樹や沙羅双樹などとともにゆかりの深い甘茶
 約250株が植わっています。
 寺では建仁寺の開祖・栄西や霊源院を開いた龍山徳見にちなんで、両者が日本に伝え
 たとされる茶と饅頭を提供する席も設けられています。
 特別公開は6月18日までですが、5月28日午後8時からは蛍を放ちての夜間拝観
 もあるそうです。
 お問合わせは 建仁寺塔頭・霊源院 п@080-1434-6560
                  Fax 075-277-1118 です。

 三村純也主宰の特選25句を清記順にご報告いたします。

 年毎に遅れおくれの更衣       浅野智久恵
 初夏やなんじやもんじやの白揺れて  松澤新陽
 奥宮を隠す勢ひの椎若葉       山岡美奈子
 摘み切れぬ莢豌豆の日々硬く     大竹美智子  
 解くほどに笹の葉匂ふ粽かな     松宮善之
 夕映の松帆の浦の松落葉       畠中俊美
 海難碑までぎつしりと昆布干す    中西以佐夫
 塗り立ての畦に鳥来て何つつく    芳田トモ子
 北祭牛はひたすら車引く       島田夏楓
 貯木場の丸太の匂ふ薄暑かな     山岡美奈子
 眩しみて葉桜の影踏みてゆく     橋 翠
 白とてもカーネーションは母の色   藤堂くにを
 到来の新茶と判る荷をほどく     畠中俊美
 一島を飴色にして昆布干す      中西以佐夫
 樟新樹鈴振るごとく風に鳴る     松澤新陽
 色も香も粒も揃ひし豆の飯      畠中俊美
 深閑と新樹明りの磨崖仏       久保達也
 ひつつめを一
息に解き祭あと    米澤道子
 手に受けてみし藤房のひんやりと   米澤道子
 虚子塔へ横川の径の風若葉      中尾文貞
 国道をよぎる田植機泥を曳く     松田光子
 青蘆やここにも小さき舟着場     山岡美奈子
 初鰹龍馬自慢を聞きながら      伊瀬知正子
 咳き込みてなほ咳き込みて夏の風邪  織作香代
 高々と峡の一戸に幟立つ       松田光子

 三村純也主宰吟

 新茶汲むためにだけある器かな
 手相また変り卯の花腐しかな
 掘り上げし大筍の男ぶり

 新しく京都の直木信子さんをお迎えしての5月の句会は出席者18名、欠席投句者
 27名でした。
 次回は 6月9日(金) ウィングス京都2階 会議室2 
             当季雑詠5句、欠席投句3句、14時締切です。
 みなさまのご参加を心よりお待ちいたしております。
                          (報告/織作香代)
 


 京都句会(4月14日開催)主宰選報告

 京都市北区雲ケ畑出谷町261の志明院では「志明院大祭」が執り行われます。
 修験道の古式に従い、山伏姿の男女行者らが錫杖を手に般若心経を唱えるなか、
 住職が柴灯大護摩に護摩木を投じます。
 残り炭がくすぶる上を、住職を先頭に信者や一般参拝者が、無病息災を祈って
 裸足で渡ります。
 この時期境内の石楠花が満開になるので「石楠花祭」とも言われています。
 新緑の鴨川源流雲ケ畑辺りを楽しまれてはいかがでしょう。

 日 時     2017年4月29日(土・祝)13時〜
 お問合わせ   志明院 п@075-406-2061

 4月14日開催の三村純也主宰の特選22句を清記順にご報告いたします。

 雉子走るいまは廃れし石切場     松田光子
 一箸に連なりすべる海雲かな     浅野智久恵
 父と子のキャッチボールの日永かな  中尾文貞
 大川に潮の満ち来て花月夜      畠中俊美
 線香の香のおさがりの蓬餅      中西英明 
 鈍行の乗り継ぎいくつ花の旅     畠中俊美
 海おぼろ筏の下に珠ねむる      辻井左夜佳
 息継ぎの河馬の大口落花浴ぶ     芳田トモ子
 ほろよひに惜春の情なしとせず    中西英明
 虚子塔へ横川の径の残花かな     中尾文貞
 ずんぐりの鶯餅は母の味       織作香代
 バス停のパン屋の軒の燕の巣     畠中俊美
 千枚田には千疋の初蛙        中西英明
 夜桜に憂き世忘れし人ばかり     清水多憙子
 店先に焼きながら売る蓬餅      大竹美智子
 都踊東男の夫連れて         中野硯池
 上潮に押し戻さるる花筏       伊藤とし子
 村人の俄か茶店の蓬餅        小塚青楓
 巣燕の無人駅舎を飛び交へり     伊瀬知正子
 花ふぶく西行庵の縁にかけ      畠中俊美
 放課後のテニスコートも花の雨    橋 翠
 嵐峡に散りて忽ち花筏        藤堂くにを

 三村純也主宰吟

 雉子鳴いて草茫々の無人駅
 頼みとは仔猫貰つてくれないか
 大船に乗つて沈みし春の夢

 出席者16名、欠席投句者28名でした。
 次回は 5月12日(金) ウィングス京都2階 会議室2 です。
 当季雑詠5句、欠席投句3句、14時締切です。
 みなさまのご参加を心よりお待ちいたしております。
                             (報告/織作香代)
 


 京都句会(3月10日開催)主宰選報告

 待ちに待った桜の季節となりました。今回は桜の名所周遊無料バス運行についてご紹
 介 いたしましょう。
 桜の名所「背割堤」(八幡市)のある淀川河川公園に交流施設「さくらであい館」が
 開所されることとなりました。
 それに合わせて、京都府は同公園と乙訓地域の桜の名所を結ぶ「かぐや姫・さくら周
 遊バス」を無料で運行します。
 運行期間は、開所イベントのある25・26両日と、「八幡桜まつり」の4月1日〜
 10日。さくらであい館と、向日神社(向日市)、JR向日町駅(同)、長岡天満宮
 (長岡京市)、JR長岡京駅(同)、阪急西山天王山駅(同)、JR山崎駅(大山崎
 町)を結びます。
 2台で午前9時から午後5時まで運行し、背割堤や向日神社、長岡天満宮の桜を満喫
 することが出来ます。
 お問合わせは 京都府観光振興課 п@075-414-4841 です。
 それぞれの桜を楽しまれてはいかがでしょう。

 三村純也主宰の特選17句を清記順にご報告いたします。

 春障子水かげろふの影揺るる      芳田トモ子
 巣立ちゆく鷺騒がしき御陵かな     畠中俊美
 ほつれ疵など見当らず享保雛      山方 曙
 拝観の時間も延ばし御開帳       中西英明
 昨夜の雪残る峠の伊勢参        畠中俊美
 こぼさじと
?子計る手際かな      米澤道子  
 浪人と留年重ね卒業す         吉井 薫
 蜑ヶ家の前は内海若布干す       山岡美奈子
 祝の膳桃の一枝添へもして       浅野智久恵
 あたたかやバギーから足ぶらぶらと   中尾文貞
 比良山の水湧く沢の座禅草       山方 曙
 涅槃変猫描くいはれ語り継ぐ      伊瀬知正子
 平伏も仰け反り泣くも涅槃絵図     西村妙子
 一日の留守を雛に頼みゆく       伊藤とし子
 紙雛飛び出すバースデ―カードかな   松宮善之
 参道に研屋来てゐる日永かな      大竹美智子
 繕ひし男結びの並ぶ垣         芳田トモ子

 三村純也主宰吟

 太陽の愛限りなき絵踏かな
 田楽の秘伝の味噌の香りかな
 この家の有為転変は雛ぞ知る
 真相を明かされぬ死の冴返る
 呱々の声上げゐる如し蕗のたう

 新しく中蔵みづほさんをお迎えしての句会は出席者20名、欠席投句者26名でした。
 次回は 4月14日(金) ウィングス京都2階 会議室2 です。
     当季雑詠5句、欠席投句(前日までに)3句、14時締切です。
 みなさまのご参加を心よりお待ちいたしております。
                   (報告/織作香代)


 京都句会(2月10日開催)主宰選報告

 京都市左京区の下鴨神社では、3月3日に流し雛の神事が執り行われます。
 流し雛は平安時代に始まったといわれ、子供の健やかな成長を願い、子供の身代わりの
 小さな人形を川や海に流し、厄を払う行事です。
 下鴨神社では、和紙で着物を作り、土で丸めた顔に胡粉を塗った、素朴な人形を乗せた
 桟俵(さんだわら)を、境内を流れる御手洗川に流し、子供の無病息災を祈願します。
 桟俵は、家に持ち帰り一年間飾ったのち、翌年に流すのが一般的ですが、当日流しても
 良いとのことです。

 日 時  2017年3月3日(金)
       10:00 雛人形授与の受付開始       
       10:30 祈祷開始       
       11:30 平安装束の御内裏様とお雛様による流し雛の儀       
       11:45 一般による流し雛
 料 金  観覧無料(桟俵 大1000円、小500円)

 京都の春の風物詩に触れられてはいかがでしょう。
 お問合わせは 下鴨神社 рO75−781−0010 です。

 三村純也主宰の特選22句を清記順にご報告いたします。

 告白はバレンタインの日にせねば   藤堂くにを
 春立つやオープンカフェに人の増え  吉井 薫
 臨済も曹洞も来る寒念仏       中野硯池
 名山に名水のあり蕗の薹       藤堂くにを
 山焼けば果たして雨となる夜更    山内茉莉
 免許証納め御礼の初詣        松宮善之
 娘の部屋の春愁の灯の消え残る    久保達也
 駆り出され庫裏に寿司巻く節分会   里見かつこ
 揉み合ひに湯気立ち上る会陽かな   吉本隆太郎
 焚上げの火の粉浴びつつ追儺待つ   香山直子
 太き指もて畳針納めゆく       米澤道子
 蛇口から立春の水ほとばしる     中尾文貞
 ファスナーの布を噛みゐて冴返る   織作香代
 何摘むと問へば若菜をかざしけり   伊瀬知正子
 恋猫の片目潰れて帰りけり      竹内恵子
 雨晴れて余寒の風の立ちにけり    中尾文貞
 鉢とても伊万里を使ひ君子蘭     吉井 薫
 吉日を選ぶ慣ひの雛飾る       芳田トモ子
 税務署にマスクの列の二重三重    伊瀬知正子
 参詣の径巾だけの雪かかれ      山方美智子
 雪まじり来て春の雨とは言へず    山内茉莉
 火を囲み出番待ちゐる追儺鬼     大竹美智子

 三村純也主宰吟

 知らされぬまま過ぎしこと冴返る
 笹鳴の池を隔てし藪あたり
 菰のまま雪に埋もれし寒牡丹
 句会へも二月礼者となりにけり

 出席者18名、欠席投句者28名でした。
 次回は 3月10日(金) ウィングス京都2階 会議室2 
      当季雑詠5句、欠席投句3句、14時締切です。
 皆さまのご参加を心よりお待ちいたしております。
                          (報告/織作香代)
 


 京都句会(1月13日開催)主宰選報告

 心の邪気や疫病、天災などを退散し福を呼び込む節分。京都の社寺でも多彩な行事が
 とりおこなわれます。
 そのなかのいくつかをご紹介いたしましょう。

 八坂神社節分祭 2017年2月2日(木)・3日(金)
  075-561-6155   境内の舞殿にて、2日13;00から先斗町歌舞会、
             15:00から宮川町歌舞会の舞踊や舞楽奉納が、
             3日11:00から今様奉納、13:00から祇園東歌舞会
             による舞踊奉納が行われます。
             また両日16:00から豆撒きも行われます。
 須賀神社節分祭 2017年2月2日(木)・3日(金)
  075-771-1178    9:00〜20:00 追儺招福豆撒きは2日15:00〜
             平安時代初期に創建された古い神社で。節分祭では烏帽子に
             水干姿、布で顔を隠した懸想文売りが梅の枝を担ぎ、境内を
             売り歩きます。
             平安時代、貴族らが顔を隠して懸想文の代筆をしたのが始ま
             りです。
             現在はお守りとして鏡台や箪笥などに入れると、より美しく、
             良縁にめぐまれ、衣装持ちになれる、などとされています。
 吉田神社節分祭 2017年2月2日(木)・〜4日(土)
  075-771-3788    2日18:00〜追儺式  3日23:00〜火炉祭
             追儺式では、黄金の四つ目の仮面をかぶった方相氏が松明を
             持った童子をともなって登場し、赤・青・黄鬼を追い詰め、
             上卿以下が桃の弓に葦の矢を射かけて鬼たちを払います。
 壬生寺節分祭  2017年2月2日(木)・〜4日(土)
  075-841-3381    8:30〜21:30
             壬生狂言「節分」は2・3日13:00〜20:00
                (毎時00分開演、T日8公演)
             白河天皇の発願によりはじめられ、800余年もの歴史のあ
             る節分会です。
             厄除け・開運を願い墨書きする炮烙は、壬生狂言「炮烙割」
             で割られます。
             4日にはぜんざいの無料摂待もあります。
 北野天満宮節分祭 2017年2月3日(金)
  075-461-0005     節分祭 10:00〜
             奉納行事 13:00〜
             境内にて茂山千五郎社中による「北野追儺狂言」、上七軒の
             舞妓・芸妓による日本舞踊が奉納され、豆撒きが行われます。
 廬山寺追儺式鬼法楽 2017年2月3日(金)
  075-231-0355      15:00〜鬼法楽(鬼おどり)
                 16:00〜豆撒き
                 17:00〜古札焼き式

 由緒ある社寺で邪気を払い、福を呼び込まれてはいかがでしょう。

 三村純也主宰の特選27句を清記順にご報告いたします。

 参道の木橋の香る淑気かな     杉アよしこ
 三倍のポイント付けて初セール   横田昭二
 福笹を手に足早の女将かな     織作香代
 餅花の人の行き来にさざめきぬ   米澤道子
 初旅の富士に隅なき朝日かな    伊瀬知正子
 初場所や小兵なればの技多く    山内茉莉
 園児服買ふ日に丸を初暦      芳田トモ子
 米朝をじつくり聞いて寝正月    吉井 薫 
 お年玉ぽち袋にも気を使ひ     嵯峨明美
 丹念に矢道を掃いて弓始      島田玲子
 雪を踏む音すれちがひ遠ざかる   中尾文貞
 奉射祭や北風を貫き矢の走り    島田玲子
 初みくじ折り目正しく結はへけり  岡澤ひろみ
 比叡颪夜通し鳴つて今朝の雪    竹内恵子
 寒雀落ち着きのなく啄める     米澤道子
 肩書はないのがよろしおでん酒   稲川はつを
 少女らの嬌声響く初みくじ     島田夏楓
 寒紅や惚れた腫れたは無縁でも   中西英明
 暮るるほど人詰め掛くる初恵比須  吉本隆太郎
 色足袋の舞妓の自由時間かな    里見かつこ
 はやばやと句会のつづく初暦    畠中俊美
 乗初の一日フリー切符かな     大竹美智子
 産土神の藪の日溜り笹子鳴く    大竹美智子
 初みくじ引きて八卦も見てもらふ  中西英明
 深々と日矢の射しゐて龍の玉    中尾文貞
 初泣の勝つまで止めぬゲームかな  山内茉莉
 分家には分家の味の雑煮炊く    島田夏楓

 三村純也主宰吟

 湯豆腐や一人酒好く齢となり
 着ぶくれてむさぼるやうに飯を食ふ
 パソコンに向かひ続けて去年今年 

 新しく米澤道子さん、伊瀬知正子さんをお迎えしての初句会、出席者は21名、
 欠席投句者24名でした。

 次回は 2月10日(金) ウィングス京都2階 会議室2 です。
      当季雑詠5句、欠席投句3句、14時締切です。
 皆さまのご参加を心よりお待ちいたしております。
                           (報告/織作香代)
 


 京都句会(12月9日開催)主宰選報告

 京都市東山区の六波羅蜜寺では、空也踊躍念仏(くうやゆやくねんぶつ)が行われて
 います。
 念仏の祖空也上人が、京中に疫病が流行したときその救済を願ってはじめた踊りで、
 「かくれ念仏」とも言われています。
 「かくれ念仏」は空也上人以来の法灯を絶やさないための苦肉の策として秘かに修め
 られた行で、この念仏は「南無阿弥陀仏」という言葉を聞かれてもわかりにくく変え
 てあり、人が来たらいつでも止められるよう、詞に終わりが定められていません。
 しかしその動作・所作は空也上人の当時のままを守り続けており、重要無形民俗文化
 財にも指定されています。期間中は毎日、日が暮れるころに約30分間唱えられます。
 場   所    六波羅蜜寺
 日   時    2016年12月13日〜12月31日
               16時頃から30分間くらい。
            ただし、12月31日は非公開となっています。
 お問合わせ    六波羅蜜寺 п@075-561-6980 

 三村純也主宰の特選41句を清記順にご報告いたします。

 悴みし指に鉛筆追試験        島田夏楓
 山寺の襖絵翳る時雨雲        伊藤とし子
 綿虫の傘に入り来し雨の中      松澤新陽
 駅まではバイク通勤裘        中尾文貞
 折れぬやう箸持ち帰る大根焚     山内茉莉
 蜜柑摘む沖の漁火灯るまで      松田光子
 囲ひして寺領の奥の冬菜畑      畠中俊美
 聖樹立て更に客呼ぶパチンコ屋    山岡美奈子
 照り翳りしていくたびも時雨虹    伊藤とし子
 雑踏をさけて路地ゆく年の暮     山田敬子
 短日の何も決まらず会議果つ     織作香代
 素人の脚立乗り下り松手入      伊地智洋子
 山茶花の蕾に追はれ始めけり     熊谷謙一
 嬰あやすごと埋火を掘り起す     島田夏楓
 消火器の点検するも年用意      大竹美智子
 手抜きすることも要領年用意     中野硯池
 マラソンの北風に向ひて折り返す   松澤新陽
 簪に櫛に帯締め年用意        山内茉莉
 遠比良の白く光れる浮寝鳥      中尾文貞
 駅師走キャリーバッグをよけながら  清水多憙子
 勇みたつ犬をなだむる猟夫かな    中尾文貞
 畳替済みたる部屋へ退院す      中野硯池
 荒鋤の藁のまばらの冬田かな     吉本隆太郎
 顔ぶれも店も変はらず年忘      芳田トモ子
 フレームに出荷準備の鉢並ぶ     畠中俊美
 土付けしまま大根の干してあり    二ッ谷寿枝
 枝広げ仁王立ちなる枯木かな     横田昭二
 駆け寄りて手袋の手を握り合ふ    辻井左夜佳
 川涸れてむき出しとなる蛇籠かな   米澤道子
 踏まれても銀杏落葉の光あり     松澤新陽
 ドラッグ店どこも割引き十二月    竹内恵子
 寒牡丹風吹くたびに紅深く      石部洋子
 着ぶくれてなほ着ぶくれて退院す   織作香代
 鰤網に沖つ白波寄せ来たり      中尾文貞
 もう師走はや師走とて街並も     山内茉莉
 宇治の瀬に鵜の羽根ひろぐ小春かな  杉アよしこ
 黄落の中の一亭灯りそむ       山岡美奈子
 船頭の汗拭くほどの冬ぬくし     嵯峨明美
 比良の端の山家の軒の干大根     畠中俊美
 少々の揺れに屈せず毛糸編む     伊地智洋子
 襷掛け和尚も銀杏落葉掻く      松宮善之

 三村純也主宰吟

 生湯葉と生麩を買うて初時雨
 掘るほどに息のあがりて蓮根掘
 闇汁に嵩ばるものを提げて来し
 咳の子をあやし己も咳き込める

 今月は新しく、京都市左京区の家村悦子さんをお迎えしての句会でした。
 出席者22名、欠席投句者21名でした。
 次回は 1月13日(金) ウィングス京都2階 会議室2 です。
 当季雑詠5句、欠席投句3句、14時締切です。
 みなさまのご参加を心よりお待ちいたしております。
                            (報告/織作香代)  


 京都句会(11月11日開催)主宰選報告

 京都市上京区御前通今出川上る馬喰町の北野天満宮では京都の初冬の風物詩である大福梅
 の授与が、事始めの12月13日から行われます。
 この大福梅は、境内の梅の収穫から塩漬け天日干しまで、北野天満宮の神職や巫女たちが
 総出で作られたものです。
 大福梅は、元日の朝に祝膳の初茶として飲むと、邪気を祓い一年間の無病息災の御利益が
 あると言われています。
 大福茶の授与は、村上天皇がこのお茶を飲み病気が平癒したことに由来しています。

 日   時    2016年12月13日 8時半頃から12月下旬までの予定ですが、
          無くなり次第終了とのことです。
 お問合わせ    北野天満宮  п@075-461-0005

 三村純也主宰の特選25句を清記順にご報告いたします。

 葛城の裾の山家の小豆干す       畠中俊美
 照り翳りせはしき一ト日冬に入る    清水多憙子
 河豚鍋や食ひ道楽は父ゆづり      稲川はつを
 搾乳の牧夫も牛も息白し        松田光子
 茅葺の開け放たれて障子貼る      橋 翠
 残菊を括る支柱の傾ぐまま       大竹美智子
 時雨虹近江の田畑一跨ぎ        山方美智子
 日向ぼこ煙草吸ふ人相寄れる      松澤新陽
 五時限のはやうす暗く初時雨      中西以佐夫
 風邪の子にチーズケーキの焼き上がる  松宮善之
 綿虫の千体仏へ消えてゆく       畠中俊美
 草虱払ふ間のなくバス来たる      熊谷謙一
 みな賞を貰ひて並ぶ菊花展       橋 翠
 木の葉髪いつしか夢の遠ざかる     伊藤とし子
 住みなれし路地の戸ごとの菊の鉢    米澤道子
 流木を交へ風除組みにけり       岡澤ひろみ
 髪形も同じ双子の七五三        伊地智洋子
 冬に入るリップクリーム買ひ足して   芳田トモ子
 自販機の冷多きまま冬に入る      中西英明
 渋柿の皮剥く指のこはばり来      西村妙子
 どんよりと余呉湖に冬の来たりけり   中尾文貞
 狭庭とて雑木ばかりの落葉掃く     清水多憙子
 婚礼もある吉日の七五三        中西英明
 君が来しゆゑの炉開なりしかな     山内茉莉
 晴れゐても立冬の日の力なく      吉本隆太郎

 三村純也主宰

 香典の相場諮りてそぞろ寒
 目も耳も歯も冬に入る齢かな
 馬柵に沿ひつつ銀芒金芒
 前山の日和に柿の干し上がる

 出席者20名、欠席投句者23名でした。
 次回は 12月9日(金) ウィングス京都2階 会議室2
              当季雑詠5句、欠席投句3句、14時締切です。
 皆さまのご参加を心よりお待ちいたしております。
                          (報告/織作香代)
 


 京都句会(10月14日開催)主宰選報告

 京都市上京区烏丸通下長者町下ル桜鶴円町385、京都御所西の護王神社では、平安朝古
 儀・亥子祭が斎行されます。
 平安時代、亥の月・亥の日・亥の刻に行われた宮中の亥の子餅つきの神事を再現したもの
 です。
 雅楽が流れるなか、宮司が天皇に祭員が殿上人に扮し、5人の奉仕女房とともに、拝殿に
 て「おつき式」が繰りひろげられます。
 亥の子餅は神前に供えられるほか、京都御所まで調貢行列をつくって献上されます。
 優雅な祭礼に思いを馳せられてはいかがでしょう。

  日  時    2016年 11月 T日(火)
            午後5時よりはじまり午後8時半頃終了予定
 お問い合せ     護王神社  рO75-441-5458

 三村純也主宰の特選38句を清記順にご報告いたします。

 鍬の手を止めて仰げば秋高し     織作香代
 お手植の松より始め松手入      西村妙子
 祇王寺の苔の小径の薄紅葉      織作香代
 秋晴をひたすら念じ旅支度      畠中俊美
 日を集めゐるベランダの菊の鉢    山田敬子
 返信の言葉に迷ふ秋思かな      西村妙子
 雨あとの流れのままに下り鮎     伊藤とし子
 御物展出て神苑の菊花展       橋 翠
 龍馬展刃毀れの刃の冷まじく     山内茉莉
 伐採の丸太山積み秋の雨       山田敬子
 身に入むや天井の絵の龍睨み     小塚青嵐
 赤い羽根懸命に付けくれにけり    松宮善之
 よろけ縞軽く着こなし秋祭      稲川はつを
 栗の毬軍手を通し棘しにけり     中野硯池
 夕風に蘆の穂さわぐ古江かな     畠中俊美
 公園に移動パン屋と色鳥と      山内茉莉
 桃吹いて河内の空の乾きけり     米澤道子
 老松といふ古酒めきし新酒あり    藤堂くにを
 種茄子の土に尻すゑなほ太る     中西以佐夫
 立枯の原に芒の一トところ      杉アよしこ
 気付きたる吾子笑み返す運動会    吉本隆太郎
 自然薯を掘りゆく土の匂ひけり    熊谷謙一
 カーテンの揺れ秋の蚊のよろよろと  松澤新陽
 快眠に快食重ね秋高し        中西英明
 くぼみたる寝椅子に秋思しみじみと  中西以佐夫
 後の月更けても暈のかかるまま    吉本隆太郎
 間引かれし大根直ぐにみな太る    中西以佐夫
 返信のなきまま暮るる秋思かな    岡澤ひろみ
 置かれたるところに香る榠
?の実   横田昭二  
 宇治訪うて瀬音に秋を惜しみけり   山岡美奈子
 顰め面して香りゐる榠
?の実     横田昭二  
 間引菜の朝餉に色を添へるべく    山方美智子
 海光に色づく蜜柑島日和       中尾文貞
 分校の猪の一ト夜に掘りし穴     畠中俊美
 野菊まで路ありさうななささうな   里見かつこ
 タンカーの沖ゆく浜の秋祭      松田光子
 開け放つ二階貫く鵙の声       熊谷謙一
 走り蕎麦笊一枚はまたたく間     松田文江

 三村純也主宰吟

 中洲にも飛び移りゐて曼珠沙華
 遠砧続いてゐしが止みにけり
 遠砧吉野の谷のいづくより

 出席者18名、欠席投句者25名でした。
 次回は 11月11日(金) ウィングス京都2階 会議室2 です。
      当季雑詠5句、欠席投句3句、14時締切です。
 皆さまのご参加を心よりお待ちいたしております。
                             (報告/織作香代)
 


 京都句会(9月9日開催)主宰選報告

 京都市左京区岡崎の京都府立図書館では、NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」に登場
 する雑誌のモデル「暮しの手帳」の創刊号を紹介する特別展が開かれています。
 図書館は1948年9月の創刊号から最新号まで約460冊を保管。ドラマが始まって以
 降、利用者からの問い合わせが多く、創刊号の実物展示のほか、96ページの記事をカラ
 ーコピーして読めるようにしました。
 服飾紹介や指人形の作り方、アイロンのかけ方などを記載、「日本人に一番いいスカート
 の長さ」を考察した記事もあります。
 ひととき、戦後の暮らしの一端を垣間見られてはいかがでしょう。
 期間は10月10日までで、無料です。

 三村純也主宰の特選32句を清記順にご報告いたします。

 敬老日卒寿の夫の恙なく       浅野智久恵
 バーベキューもて締め括る夏休    山方 曙
 葡萄狩一房とても食べきれず     清水多憙子
 のろのろと小径横切る穴まどひ    石井順恵
 貨車過ぎて保線区もとの虫時雨    竹内恵子
 土俵場の掃き清められ八朔祭     安岡房子
 手動ドアなる単線の火取虫      米澤道子
 鶏頭を見れば数へて子規思ふ     嵯峨明美
 極暑には負けず残暑に負けてをり   藤堂くにを
 台風に籠ると酒を買うて来る     中西英明
 高層ビル増ゆる対岸鯊を釣る     松田光子
 残る蚊の煤のごとくに降り来たる   中西以佐夫
 風なくば蝶に揺れゐる萩の花     清水多憙子
 親方と二代目揃ふ松手入       松田文江
 踏んばりの利かず病みゐる残暑かな  石井順恵
 一湾を覆ひて余る鱗雲        吉本隆太郎
 灯を消して追慕に浸る虫の夜     稲川はつを
 露の野に史跡の謂れ拾ひよむ     山岡美奈子
 日照雨して露草の瑠璃映えにけり   中尾文貞
 栗飯の売れてビジネス街の昼     里見かつこ
 名にし負ふ唐崎の松色変へず     伊藤とし子
 コスモスの何処に挿しても風を呼ぶ  辻井左夜佳
 背を押され手を引つ張られ踊の輪   岡澤ひろみ
 更けてなほ夜流し追へる風の盆    吉本隆太郎
 苔むせる石灯籠の露けしや      伊藤とし子
 きつおすと嘆く京都の残暑かな    中西英明
 カーブまたカーブの路肩花芒     松田文江
 灯を消して軒下近き虫の声      山方 曙
 厄日とて夕日の大き日本海      米澤道子
 秋蝉や後継ぎ絶えて墓残り      熊谷謙一
 山霧の囲むロッジに目覚めたる    岡澤ひろみ
 百日紅散りつぐ八百屋お七の碑    橋 翠

 三村純也主宰吟

 銀河濃し妻の幼き日は知らず
 生身魂生前葬も済まされて
 吊革のべとついてゐる残暑かな

 出席者21名、欠席投句者24名でした。
 次回は 10月14日(金) ウィングス京都2階 会議室2 です。
     当季雑詠5句、欠席投句3句、14時締切です。
 みなさまのご参加を心よりお待ちいたしております。
                             (報告/織作香代)
 


 京都句会(8月12日開催)主宰選報告

 京都市西京区嵐山宮町3の松尾大社では京都の晩夏の風物詩「八朔祭」がとり行われます。
 風雨安泰、五穀豊穣、家内安全などを祈る数千個の灯りの中でさまざまな伝統芸能が繰り
 広げられます。
  日 時   2016年9月4日(日) 8時頃から。
  行 事   女神輿巡幸・八朔相撲・赤ちゃん土俵入り・子供みこし・嵯峨六斎念仏・
        上桂御霊太鼓奉納など。
  お問合わせ 松尾大社 п@075-871-5016 です。
 諸行事の実施される京都最後の夏祭を楽しまれてはいかがでしょう。

 三村純也主宰の特選22句を清記順にご報告いたします。

 ふるさとの城を望みて墓洗ふ     畠中俊美
 御僧の軽装にして盆用意       横田昭二
 怠け癖引きずつてゐる残暑かな    伊藤とし子
 後継ぎの挨拶兼ねてお中元      横田昭二
 城に灯の入りて鵜舟の滑り出づ    芳田トモ子
 フィナーレとわかるテンポの揚花火  大竹美智子
 独り居の母を手伝ひ盆用意      大竹美智子
 一村の静寂の中に田水沸く      芳田トモ子
 炎昼の揚羽の影の濃かりけり     山方美智子
 人混みに靴紐解け秋暑し       中西英明
 急く素振りなく盆の僧帰らるる    吉本隆太郎
 海の日の舟屋の客となりにけり    中野硯池
 初嵐浜に打ち上ぐ藻の乾び      畠中俊美
 沖合に読経流るる船施餓鬼      中尾文貞
 神の田の四手の揺れゐて今朝の秋   山岡美奈子
 盆僧の声のかすれに鉦高く      米澤道子
 見入るほどいよよ濃くなる銀河かな  吉本隆太郎
 喪に急ぐ炎天の道蒸し返す      中野硯池
 生かされし命つくづく盂蘭盆会    清水多憙子
 茣蓙の上に仏具磨くも盆用意     山方 曙
 燃えつきし苧殻の灰の風にとぶ    清水多憙子
 ハンモック正体もなく猫眠る     嵯峨明美

 三村純也主宰吟

 終電の発ちし駅舎の火取虫
 八人の子を育てあげ生御魂
 大声の内緒話も夕涼み

 東大阪市の大西治代さんが初ご出席、大阪市の菅野惇子さんが初ご出句の会となりました。
 出席者20名、欠席投句者22名でした。

 次回は 9月9日(金) ウィングス京都2階 ビデオシアター です。
             当季雑詠5句、欠席投句3句、14時締切です。
 みなさまのご参加を心よりお待ちいたしております。
                               (報告/織作香代)
 


 京都句会(7月8日開催)主宰選報告

 京都市東山区祇園町南側551の市立弥栄中学跡地に日本初の「漢検漢字博物館・図書館」
 (漢字ミュージアム)が開館しました。
 T階中央には世界最大の漢和辞典に収録される漢字5万を記した高さ約8メートルのタワー
 が立っています。
 昨年の「今年の漢字」に選ばれた「安」の実物の書、日中韓のどの国でも使われる常用漢字
 808字を樹木の葉に見立てた展示物、映像シアターや漢字の歴史を紹介するパネル展示も
 あります。
 2階にはすしねたに使われる魚の漢字を当てるクイズや部首の組み合わせをゲーム感覚で学
 べる機器、自分の体で漢字を作るコーナーなどがあり、漢字に関する専門図書も揃えられて
 います。
  開館時間   9:30〜17:00(入館は16:30まで)
  入 館 料   大人 800円  大学・高校生 500円
          小・中学生 300円
  休 館 日   月曜日(休館が祝日の場合は翌平日に振替)
           年末年始/臨時休館あり
  お問合わせ  075-757-8686
 漢字の奥深さ、面白さを楽しまれてはいかがでしょう。

 三村純也主宰の特選31句を清記順にご報告いたします。

 使ふともなく絵団扇を取り上ぐる   伊藤とし子
 兜虫ゐるてふ子らの秘密基地     大竹美智子
 客のなき浜茶屋砂を掃くばかり    芳田トモ子
 心を隠し齢を隠しサングラス     稲川はつを
 水菓子の出て川床の灯の濃くなりぬ  山内茉莉
 睡蓮の一花に池面あり余る      小塚青楓
 嵯峨に来て湯豆腐といふ暑気払    藤堂くにを
 さりげなく話題を変へて心太     吉井 薫
 ぎこちなく皿を洗へるキャンプの子  松田光子
 手を合はせ黴の遺品を片付けて    里見かつこ
 雲の峰水の近江を囲みけり      松田文江
 入れ込みの毛羽立つ畳泥鰌鍋     石井順恵
 一と雨の浄めし茅の輪くぐりたる   清水多憙子
 合掌家一歩入りたる涼しさよ     松田光子
 園児らに小さきプールの開かるる   島田夏楓
 出仕度の汗のネクタイ黒なりし    山内茉莉
 バス停の在り処に迷ふ炎天下     松田文江
 二階囃子始まる宵となりにけり    中野硯池
 水を抽く睡蓮一花揺れもせず     伊藤とし子
 浮かびてはくるりと沈む海月かな   芳田トモ子
 母の忌の葛饅頭を供へけり      浅野智久恵
 直売の西瓜を味見して買ひぬ     松田文江
 水平線まで波高き海開        伊地智洋子
 何もかも暑さのせゐにして仕舞ふ   藤堂くにを
 ベビーバギー降りて押す子の夏帽子  松澤新陽
 ご神体大蛇でありし茅の輪かな    橋 翠
 日盛やしばらく河馬の浮いて来ず   中尾文貞
 鳥類の標本室の梅雨じめり      橋 翠
 狭庭とて習ひとなりし水を打つ    吉井 薫
 木洩日の浮舟の碑の四葩かな     杉アよしこ
 座につきてやをら取り出す扇かな   横田昭二

 三村純也主宰吟

 金魚鉢鼻押し付けて見てゐる子
 蛇に驚きその衣に立ちすくむ
 すててこの時に限つて人が来る

 出席者23名、欠席投句者21名でした。
 次回は 8月12日(金) ウィングス京都2階 ビデオシアター です。
 当季雑詠5句、欠席投句3句、14時締切です。
 皆さまのご参加を心よりお待ちいたしております。
                              (報告/織作香代)