まほろば句会    奈良県中心の吟行句会
 定例日=第一火曜日
 句会場=吟行地付近

 まほろば句会(第378回 7月3日開催)主宰選報告
  県立民族博物館吟行
           
  純也主宰の特選(清記順)

 開け放つ二間続きの夏座敷      内田陽子
 古民家の井戸のほとりの七変化    伊藤とし子
 夏帽子忘れしバスの遠ざかる     境 雅秋
 ダンボール三和土に受けて夏燕    伊藤よし子
 荒神の護符貼る竃の梅雨湿り     橋 翠
 街路樹の蔭の深まり梅雨明くる    小塚青楓
 古民家の暗さ涼しき通し土間     山岡美奈子
 一声につづきて鳴きぬ蟇       五味原立子
 空梅雨の止まりしままの水車小屋   伊藤とし子
 天井の煤竹黒く土間涼し       奥野とみ
  

 出席者   27名

 次 回   8月7日(火)
 吟行地   宮滝、象の小川
 集 合   近鉄吉野線大和上市駅 午前10時
 句会場   吉野宮滝野外学校
 句会費   昼食込みで二千円(要予約)
 締 切   午後2時  5句出句
                    (報告/佐藤弥澄)
 


 まほろば句会(第377回 6月5日開催)主宰選報告
  赤目四十八滝吟行
          
 純也主宰の特選(清記順)

 木もれ日に輝る大滝のひとところ   面地豊子
 弘法の窟と伝へ滴れる        橋 翠
 滝口へ高き石段一歩づつ       栗山武司
 絞り込み一つ気に落つる不動滝    奥野とみ
 滝壺の竜の棲むかのふかみどり    面地豊子
 はんざきの目のある如くなきごとく  境 雅秋
 重なれる岩を噛みつつ滝落つる    杉本蒼生子
 眼閉ぢ動かぬままの山椒魚      畠中俊美
 滴りの歯朶打ちつづけ尽くるなし   小塚青楓
 次の滝へと木洩日の径たどる     伊藤とし子
 山椒魚あるかなきかの目の動く    奥 可津女
 轟音もせせらぎも聞き滝巡る     佐藤扶紀子
 河鹿鳴き山気いよいよ澄みにけり   境 雅秋
 
 
 出席者   29名

 次 回   7月3日(火)
 吟行地   奈良県立民族博物館
 集 合   近鉄橿原線郡山駅 午前10時
 句会場   郡山市民交流館
 締 切   午後2時  5句出句
                     (報告/佐藤弥澄)
 


 まほろば句会(第376回 5月1日開催)主宰選報告
  馬見丘陵公園吟行
          
 純也主宰の特選(清記順)

 だしぬけに沼揺らし鳴く牛蛙     畠中俊美
 実桜の落ちて赤きも黒ずむも     松澤新陽
 蟇過れる亀に目もくれず       内田陽子
 藤垂れて古墳の水の濁るまま     横尾典子
 こでまりの花はづませて虻行き来   畠中俊美
 川跨ぎ百はあるべし鯉幟       境 雅秋
 先生にまとはりついて遠足子     佐藤弥澄
 親亀に子亀ばたばた付き泳ぐ     奥野とみ

 出席者   30名

 次 回   6月5日(火)
 吟行地   赤目四十八滝
 集 合   近鉄大阪線 赤目口駅前 午前10時
 句会場   青蓮寺レークホテル会議室
 締 切   午後2時  5句出句
 昼 食   会費込みで二千円
                (報告/佐藤弥澄)  


 まほろば句会(第375回 4月3日開催)主宰選報告
  浄瑠璃寺吟行
        
 純也主宰の清記順特選

 触れてみて乾きし音の花馬酔木    祝 澤子
 落椿拾ひし指の湿りかな       松尾清朝
 九体仏つぶさに拝す日永かな     山岡美奈子
 長閑さや亀の甲羅の泥乾く      山岡美奈子
 山菜の料理の〆のわらび餅      奥 可津女
 舞ひ上がり舞ひ上がりして桜散る   上田美代子
 落椿千個以上はありぬべし      境 雅秋
 のどけしやはにわの口のぽかと開く  佐藤扶紀子

 出席者   29名

 次 回   5月1日(火)
 吟行地   馬見丘陵公園
 集合場所  近鉄大阪線 五位堂駅前 午前10時
 締 切   午後2時  5句出句(句会費千円)
 句会場   公園内 花見茶屋A棟
                    (報告/佐藤弥澄)  


 まほろば句会(第374回 3月6日開催)主宰選報告
  今井町環濠集落吟行
        
 純也主宰の特選(清記順)

 環濠の名残の水の温みけり      伊藤とし子
 落椿泥付きしまま朽ちぬまま     佐藤扶紀子
 向き向きに落ち広がれる椿かな    奥 可津女
 千軒を潤ほせし井の柳の芽      橋 翠
 勅使門閉ざされしままお屋根替    畠中俊美
 古井戸の太子飲まれし水温む     内田陽子
 釣瓶の井残す古町柳の芽       古川洋子
 くしけづる風にほぐれし柳の芽    小塚青楓
 環濠の名残りとどめて菖蒲の芽    奥野とみ
 囀の降り来る高さありにけり     横尾典子 
 環濠へつづく門川水草生ふ      杉アよしこ
 古町の環濠跡に芹生ふる       橋 翠
 本堂の木彫の龍の春埃        伊藤よし子
 音もなく一つ落ちたる椿かな     伊藤とし子
 環濠のはづれの澱み水草生ふ     伊藤とし子
 咲き満ちて落ちつづきゐる大椿    小塚青楓
 環濠の淀みの中の落椿        田中美恵女

 出席者   33名

 次 回   4月3日(火)
 吟行地   浄瑠璃寺界隈
 集合場所  近鉄奈良駅 観光案内所前 午前10時
 昼 食   塔尾茶屋(1000円)要予約
 締 切   午後1時30分 5句出句(句会費1000円)
 句会場   塔尾茶屋
                   (報告/佐藤弥澄)


 まほろば句会(第373回 2月6日開催)主宰選報告
  奈良まち吟行

 純也主宰の清記順特選

 野遊の大縄跳びの子らの声     佐藤扶紀子
 奈良町の路地のそこここ春の猫   杉アよしこ
 奈良町の路地知りつくす恋の猫   畠中俊美
 奈良町の防火バケツの薄氷     内田陽子
 冴返る石子詰なる由来読み     伊藤とし子
 風波に抗ひ鳰の水脈を引く     新谷 均
 駅前の行基の像の氷柱かな     内田陽子
 柊を挿しある路地の奈良格子    杉アよしこ
 奈良町の路地入り組める余寒かな  杉アよしこ
 骨董屋一刀彫の雛飾る       畠中俊美

 出席者   26名

 次 回   3月6日(火)
 吟行地   橿原市今井町環濠集落
 集合場所  近鉄橿原線八木西口駅 午前10時
 締 切   午後2時 5句出句(句会費千円)
 句会場   今井町まちなみ交流センター 会議室
                     (報告/佐藤弥澄)  


 まほろば句会(第372回 1月9日開催)主宰選報告  
  橿原神宮初詣吟行

 純也主宰の清記順特選

 畝傍山まなかひにして初句会     佐藤弥澄
 天霧らふ畝傍の山の淑気かな     杉本蒼生子
 日溜まりの池のほとりの寒桜     横尾典子
 コンビニの傘役立たぬしまきかな   栗山武司
 開運の大絵馬に立ち初写真      畠中俊美
 雨去つて畝傍日当たる初景色     栗山武司
 待ち合はす駅のホームに御慶述ぶ   北村 葵
 風変るたびに向き変へ鴨の陣     奥 可津女
 大絵馬の前の一家の初写真      橋 翠
 松過ぎて手持無沙汰の巫女溜     杉本蒼生子
 荒波に翻弄されて池の鴨       佐藤扶紀子
 たぶたぶと波に乗りたる鴨の群    祝 澤子
 糠雨の御饌田の畦に若菜摘む     内田陽子
 いくたびも読む大吉の初みくじ    上田美代子
 手柄杓の桧の香する初手水      内田陽子

 出席者   27名

 次 回   2月6日(火)
 吟行地   奈良町界隈
 締 切   午後2時 5句出句(句会費千円)
 句会場   奈良県文化会館会議室
                     (報告/佐藤弥澄)  


 まほろば句会(第371回 12月5日開催)主宰選報告
  奈良まち吟行
      
 純也主宰の特選

 日溜りにおのづとたむろ冬の鹿    北村 葵
 それなりに人出もふえて街師走    石部洋子
 冬晴や鹿寄せホルンよく響き     田中美恵女
 落葉舞ふ風強ければどこまでも    佐藤扶紀子
 大屋根の鴟尾輝かす冬日かな     伊藤よし子
 元興寺跡の牡丹の冬芽かな      杉アよしこ
 一人にはあまる嵩あり落葉掃く    横尾典子
 冬ざれて鹿のぬた場の乾びたる    佐藤扶紀子
 朝靄の采女の池の浮寝鳥       内田陽子
 興福寺仰ぎながらの日向ぼこ     新谷 均
 ホルン鳴り森の奥より冬の鹿     名田三智子
 冬の鹿ぬたばに溜る水を飲む     面地豊子
 枯れ尽くす若草山へ雲疾し      山岡美奈子
 ひとしきり又ひとしきり銀杏散る   内田陽子

 出席者   33名

 次 回   1月9日(火)
 吟行地   橿原神宮の初詣風景
 集合場所  橿原神宮前駅
 集合時間  午前10時
 句会場   橿原神宮前駅 駅前 参道会館会議室
                      (報告/佐藤弥澄)
 


 まほろば句会(第370回 11月7日開催)主宰選報告
  「カエデの里」吟行
 

 純也主宰の特選

 
?田の水漬ききらめくひとところ   畠中俊美
 山茶花や下馬の立札墨うすれ     大西桂子
 廃校の止まれる時計冬に入る     佐藤扶紀子
 鈴鳴らし神水汲みぬ神の留守     杉アよしこ
 一畝の虫喰ふ広葉冬菜畑       古川洋子
 散りてなほ燃ゆる紅葉を拾ひけり   新谷 均
 野分後の川やうやくに落ち着きぬ   佐藤弥澄
 
?田の青の濃きもの薄きもの     中村隆雄
 廃校となりし歳月銀杏散る      山岡美奈子
 色濃きも淡くも楓三千本       北村 葵
 神さぶる杉の木立も冬に入る     杉本蒼生子
 国宝の社殿へと降る杉落葉      山岡美奈子
 馥郁と社務所に対の菊の鉢      杉本蒼生子
 バス停にベンチがひとつ冬ぬくし   境 雅秋

 出席者   30名

 次 回  12月5日(火)
 吟行地  奈良町の師走風景
 集 合  近鉄奈良駅 観光案内所前 午前10時
 句会場  奈良県文化会館 会議室
                        (報告/佐藤弥澄)
 


 まほろば句会(第369回 10月3日開催)主宰選報告
  高取案山子祭吟行

 純也主宰の特選

 稔り田に風の狼藉そこかしこ     境 雅秋
 鶏頭花風に揺れゐて撓ふなし     横尾典子
 分譲の荒地にすだく昼の虫      内田陽子
 ジーパンの案山子誰かに似てをりぬ  伊藤よし子
 雨に立つ薬草苑の案山子かな     杉アよしこ
 濡れそぼつ休耕田の昼の虫      畠中俊美
 案山子翁鍬を振り上げをりにけり   境 雅秋
 秋耕にはやも何やらあおき生ふ    横尾典子
 古墳めく丘一面の竹の春       奥 可津女
 行く秋の薬の町の石畳        名田三智子 
 霧にしづみし山並も古町も      伊藤とし子
 松手入築地の外に梯子かけ      小塚青楓
 長屋門残る旧家の松手入       北村 葵
 辿り着く青畝生家は秋時雨      松尾清朝
 渋らしく生り放題の柿大樹      伊藤とし子
 そぼ濡れて案山子まつりの幟立つ   中村隆雄
 その中の笑ひそめたる石榴の実    祝 澤子
 案山子展並ぶ我等も案山子めく    奥 可津女
 野紺菊青畝生家へ径険し       杉アよしこ

 出席者   30名
 次 回   11月7日(火)
 吟行地   菟田野町・カエデの里
 集合場所  近鉄大阪線 榛原駅北口
 集合時間  午前10時
 句会場   カエデの里会議室
                       (報告/佐藤弥澄)
 


 まほろば句会(第368回 9月5日開催)主宰選報告
  飛鳥路吟行

 純也主宰の特選

 飛鳥路の目路のかぎりの豊の秋    境 雅秋
 秋あかね空青ければなほ赤く     新谷 均
 猿石に人面石に昼の虫        伊藤とし子
 穴まどひゐさうな草の湿りかな    内田陽子
 畦草の刈られ稲刈近きこと      境 雅秋
 陵へたどる山路の葛の花       杉アよしこ
 亀石の向きの変はらず蝗とぶ     杉アよしこ
 石仏の裏より昼の虫の声       上田美代子

 出席者   29名

 次 回   10月3日(火)
 吟行地   高取・案山子祭
 集合場所  近鉄南大阪線 壺阪山駅前
 集合時間  午前10時
 句会場   やすらぎ荘
                      (報告/佐藤弥澄)  


 まほろば句会(第367回 8月1日開催)報告
  キトラ古墳吟行
         
 純也主宰の特選

 蝉しぐれキトラ古墳をゆさぶりぬ    畠中俊美
 見はるかす飛鳥の里の青田かな     名田三智子
 喘ぎつつ登る階葛の花         境 雅秋
 盗掘のありし古墳の草いきれ      橋 翠
 展望台入口とあり草茂る        佐藤扶紀子
 蝉時雨止みし古墳の静寂かな      伊藤とし子
 まろまろと墳点々と草の花       境 雅秋
 分け入りし山路に迷ひ花茗荷      畠中俊美
 青田吹く風にも古代甦る        松尾清朝
 蝉しぐれ降りかかりくる古墳みち    伊藤とし子
 大夕立飛鳥の里を煙らせて       奥 可津女
 伸びきつて風にゆらゆらねこじやらし  奥野とみ
 刈られたる畔草匂ふ日の盛り      杉アよしこ
 夏萩の展望台へつづく径        杉アよしこ
 館涼し古墳の壁画つまびらか      杉本蒼生子
 夏草を踏みつつキトラ古墳まで     大西 桂子
 乱れ咲く萩かきわけて古墳道      小塚青楓
 露涼しキトラ古墳のいと小さく     杉アよしこ
 見晴らしのよき寺跡の蝉の声      小塚青楓
 古墳出て万緑の風吸ひ込みぬ      新谷 均

 出席者 27名

 次 回   9月5日(火)
 吟行地   飛鳥路 集合場所  近鉄南大阪線 飛鳥駅前
 集合時間  午前10時
 句会場   明日香村中央公民館分室 
                       (報告/佐藤弥澄)  


 まほろば句会(第366回 7月4日開催)
  久米寺吟行             

 純也主宰の特選

 台風の予報に句会早めけり      内田陽子
 降り足りぬまま紫陽花の盛り過ぎ   伊藤とし子
 台風の予報どほりの風はらむ     真田正恵
 守衛所の留守扇風機廻りづめ     祝 澤子
 台風の兆しの風の生ぬるく      佐藤扶紀子
 葉の色になりきつてをる青蛙     上田美代子
 神宮の守衛所に据ゑ扇風機      畠中俊美
 山内をわがものがほの梅雨鴉     奥野とみ
 台風の兆し大樹のざわめける     小塚青楓
 木漏日の池に浮き立つ花藻かな    面地豊子
 久米仙人訪うて藪蚊に刺されけり   佐藤弥澄

 出席者   25名
 次 回   8月1日(火)
 吟行地   キトラ古墳
 集合場所  近鉄南大阪線 壺阪山駅前
 集合時間  午前10時
 句会場   観覚寺 地区公民館
                       (報告/佐藤弥澄)