まほろば句会    奈良県中心の吟行句会
 定例日=第一火曜日
 句会場=吟行地付近

 まほろば句会(第366回 7月4日開催)
  久米寺吟行             

 純也主宰の特選

 台風の予報に句会早めけり      内田陽子
 降り足りぬまま紫陽花の盛り過ぎ   伊藤とし子
 台風の予報どほりの風はらむ     真田正恵
 守衛所の留守扇風機廻りづめ     祝 澤子
 台風の兆しの風の生ぬるく      佐藤扶紀子
 葉の色になりきつてをる青蛙     上田美代子
 神宮の守衛所に据ゑ扇風機      畠中俊美
 山内をわがものがほの梅雨鴉     奥野とみ
 台風の兆し大樹のざわめける     小塚青楓
 木漏日の池に浮き立つ花藻かな    面地豊子
 久米仙人訪うて藪蚊に刺されけり   佐藤弥澄

 出席者   25名
 次 回   8月1日(火)
 吟行地   キトラ古墳
 集合場所  近鉄南大阪線 壺阪山駅前
 集合時間  午前10時
 句会場   観覚寺 地区公民館
                       (報告/佐藤弥澄)
 


 まほろば句会(第365回 6月6日開催)報告
  長谷寺吟行

 純也主宰の特選

 懐かしき桑の実指を染めて食む    祝 澤子
 万緑の見渡すかぎり寺領とや     栗山武司
 親亀に乗り損ねたる子亀かな     奥野とみ
 栗の花バスの中まで匂ひ来る     畠中俊美
 老鶯の初瀬の谷に響きけり      杉アよしこ
 鴨足草木暗れの岩に揺れどほし    杉アよしこ
 牡丹寺名残りの一花見つけたる    奥野とみ
 風格のお手植松の緑かな       上田美代子
 紫陽花の色秘めしままうすみどり   祝 澤子

 出席者   30名

 次 回   7月4日(火)
 吟行地   久米寺
 集合場所  近鉄橿原線 橿原神宮前駅西出口
 集合時間  午前10時
 句会場   橿原神宮前駅中央出口 参道会館
                        (報告/佐藤弥澄)  


 まほろば句会(第364回 5月2日開催)報告
  東大寺吟行
     
 純也主宰の特選

 楽の音に芍薬献じ聖武祭       杉アよしこ
 笙の音に牡丹の献花聖武祭      橋 翠
 寺苑とてわらびの長けてゐるところ  佐藤扶紀子
 慶讃の居並ぶ僧の白重        内田陽子
 遠足の赤帽囲む仁王像        中蔵みづほ
 遠足子あふれかへりて東大寺     佐藤弥澄
 鹿の子が嬰児の頬を嗅ぎにくる    新谷 均
 遠足の子等の手に手に地図持ちて   北村 葵
 神鹿に取り巻かれゐる遠足子     名田三智子
 剥落の南大門の薄暑かな       伊藤よし子
 赤い帽子黄色い帽子遠足子      境 雅秋
 参道に砂埃たて遠足子        伊藤とし子
 遠足の列とぎれなき東大寺      伊藤とし子
 鹿の子の風にも耳をそばだてて    名田三智子
 笙の音に松落葉降る聖武祭      伊藤とし子
 大輪の牡丹の献花聖武祭       小塚青楓
 夏めくと鹿も木蔭に屯せる      境 雅秋

 出席者   29名でした
 次 回   6月6日(火)
 吟行地   長谷寺
 集合場所  近鉄大阪線 桜井駅北口午前10時(送迎車有)
 句会場   ホテル井谷屋
 会 費   2500円(昼食費含む)
 要予約   参加希望者は6月1日まで幹事に申込む事     
                       (報告/佐藤弥澄)  


 まほろば句会(第363回 4月4日開催)報告
    大野寺界隈吟行

 純也主宰の後日特選

 自家製の漬物並べ花の茶屋    境 雅秋
 磨崖仏枝垂桜の隙間より     小塚青楓
 磨崖仏供華の如くに山椿     松尾清朝
 そそり立つ磨崖仏守る桜かな   楠田 鈴
 大曲りせる瀬を返し初燕     栗山武司
 開かんと揺れ交しゐる糸桜    伊藤とし子
 花人となりて訪ぬる磨崖仏    奥 可津女
 せせらぎに花雪洞のゆれどほし  上田美代子
 日向より咲きそめしだれ桜かな  杉本蒼生子
 小気味好き春水の音一跨ぎ    内田陽子
 渓谷の柱状節理蔦若葉      北村 葵
 春陰の線刻しるき磨崖仏     しのぶ日月
 百千鳥聞き分け在す磨崖仏    松尾清朝
 杉苔に浮かべるさまの落椿    奥野とみ
 青空の透けて咲きそむ朝桜    杉アよしこ
 山里の餡たつぷりの蓬餅     杉本蒼生子
 崩るるも姿のままも落椿     伊藤とし子

 出席者   30名でした

 次 回   5月2日(火)
 吟行地   東大寺聖武天皇祭
 集合場所  近鉄奈良線 観光案内書前 午前10時
 句会場   奈良県立文化会館 会議室
                        (報告/佐藤弥澄)
 


 まほろば句会(第362回 3月7日開催)
  菅原神社ほか吟行


 純也主宰の特選

 菅原の里を巡れば梅真白      楠田 鈴
 盆梅の根元の苔の盛り上がる    杉本蒼生子
 鵜に荒されし陵の冴返る      伊藤とし子
 百年を越す盆梅の洞大き      奥 可津女
 波あらき御陵の濠の春の鴨     杉アよしこ
 みささぎに巣籠の鷺見えかくれ   伊藤とし子
 筆塚を囲みて梅の香りけり     横田昭二
 道問へば付き来て教へあたたかし  内田陽子
 陵に巣作りの鷺騒ぎけり      畠中俊美
 床の間に甲冑飾り盆梅展      面地豊子
 盆梅のおのづと醸す気品かな    北村 葵
 菅原の戸毎の庭の梅盛り      杉アよしこ
 一木の梅に紅白八重一重      上田美代子
 春愁や如来のお顔箔落ちて     田中美恵女

 出席者   30名でした

 次 回   4月4日(火)
 吟行地   大野寺
 集合場所  近鉄大阪線 室生口大野駅 午前10時
 句会場   桜井駅前  桜井まほろばセンター会議室
                         (報告/佐藤弥澄)  


 まほろば句会(第361回 2月7日開催)報告
  石光寺吟行

 
 純也主宰の特選

 藁苞を大きく被り寒牡丹       上田美代子
 苞内に散りしままなる寒牡丹     伊藤とし子
 寒牡丹崩れぬやうに覗きけり     畠中俊美
 寒牡丹姫の精とぞ思ひけり      新谷 均
 日をはじき荒鋤の田の薄氷      杉アよしこ
 二上の日射しあまねき牡丹の芽    奥野とみ
 天地のほのかにゆるみ牡丹の芽    P川雅子
 二上山の風に色褪せ寒牡丹      畠中俊美
 当麻寺路の七曲がり道野梅咲く    面地豊子
 苞ふかく色の褪せゆく寒牡丹     伊藤とし子
 空を行く二上颪寒牡丹        境 雅秋
 藁苞を南へ開けて寒ぼたん      真田正恵
 手探ればつぎつぎ現れて竜の玉    面地豊子
 寒牡丹散り敷けるあり苞の内     横尾典子
 臘梅の香に立ち給ふ観世音      杉本蒼生子
 二上山の風に牡丹の芽の固く     伊藤とし子

 出席者   30名でした

 次 回   3月7日(火)
 吟行地   奈良市 喜光寺・菅原神社
 集合場所  近鉄橿原線 尼ヶ辻駅 午前10時
 句会場   奈良県立文化会館 会議室
                       (報告/佐藤弥澄)  


 まほろば句会(第360回 1月10日開催)報告  
  三輪神社初詣吟行
 
 純也主宰の後日特選

 深々と頭を垂れて御慶述ぶ     佐藤弥澄
 巳の杉の大きな洞に寒卵      田中美恵女
 祓戸の神にも賽し初詣       境 雅秋
 苔生せる巳の神杉に寒卵      古川洋子
 三輪さんのここにも供へ寒卵    伊藤よし子
 大神の山気漲り年新た       上田美代子
 山の辺の道を逸れては梅探る    新谷 均
 三輪山の御神水もて初手水     奥野とみ  
 祓戸にまづは参りて初詣      田中美恵女
 大絵馬に願ひを込めて初詣     楠田 鈴
 初詣神杉の幣風に鳴り       境 雅秋
 三輪山に鈴の音冴ゆる登拝かな   栗山武司
 願ひ込め神水汲みて春近し     P川雅子
 神殿に靄たちのぼる淑気かな    伊藤とし子
 靄たちて御神体なる山眠る     伊藤とし子

 次 回  2月7日(火)
       吟行地  石光寺
 集合時間 近鉄南大阪線 二上神社口駅 午前10時
 句会場  近鉄橿原線橿原神宮前駅 駅前の参道会館
                           (報告/佐藤弥澄)
 


 まほろば句会(第359回 12月5日開催)報告
  春日大社・浮見堂等吟行

 純也主宰の特選

 冬ざれの無人駅過ぐ列車かな     新谷 均
 鳰の笛ひびきて玉の日和かな     山岡奈美子
 昨夜猪の荒れたるらしきぬた場かな  境 雅秋
 着ぶくれのわれに譲られ車内席    佐藤弥澄
 木の葉散り尽きし桜のしだれけり   横尾典子
 日に透けて濃きも淡きも冬紅葉    佐藤扶紀子
 さざ波に漂ひ憩ふかいつぶり     楠田 鈴
 懐手して古書籍を値踏みして     内田陽子
 奈良町といふ裏通り花八ツ手     奥 可津女
 枯芝のをちこち鹿の掘りし穴     五味原立子
 奈良町に紺のもんぺを買ひにけり   新谷 均
 足早に駅へ行き交ふ霜の朝      楠田 鈴
 春日山よりの小流れ涸るるなし    山岡奈美子
 路地抜けて路地に入りけり枇杷の花  境 雅秋
 着ぶくれて歩みの遅くなりにけり   北村 葵 
 紅葉散り水琴窟の音ひそか      村上唯志
 吹き溜まる銀杏黄葉の色褪せず    奥 可津女
 三笠山若草山も眠りたる       北村 葵
 冬の鹿なれば動きのやや鈍く     佐藤扶紀子
 番ひ鴨水尾ゆるやかに光りつつ    村上唯志
 揺れ止まず衣掛柳枯れ急ぐ      奥野とみ

 次 回  1月10日(火)  
 吟行地  大神神社初詣風景
 集合時間 JR桜井線・三輪駅  午前10時
 句会場  近鉄大阪線桜井駅前 まほろばセンター 会議室
                          (報告/佐藤弥澄)  


 第358回「まほろば句会」
  御所市・一言主神社吟行 

 純也主宰の特選

 鹿垣に沿うて葛城古道かな      内田陽子
 知らぬ間に草の実付けてゐたりけり  坂 義堯
 豆稲架のからから乾く里日和     境 雅秋
 千体の古りし石仏草紅葉       古川洋子
 山道に迷ひて栗を拾ひけり      佐藤弥澄
 葛城の古道すみれの帰り咲く     五味原立子
 守りつぐ千体仏の露けしや      伊藤とし子
 遠目にも榠?と判る歪さよ      中村隆雄
 草むらに入りそれつきり秋の蝶    小塚青楓  
 竹組んで何やら豆の干してある    横尾典子
 葛城の棚田の畔の赤のまま      杉アよしこ
 ひつそりと暗き蜘蛛塚露けしや    三輪和江
 六地蔵古りて鶏頭こぼれ咲く     橋 翠
 枯蟷螂らしくなく身のすばしこき   佐藤扶紀子
 水音して流れの見えず葛の花     境 雅秋
 神の留守なれど一言願ひけり     北村 葵 
 柿照りて構へ大きな大和棟      境 雅秋
 涎掛け褪せし石仏露けしや      伊藤とし子

 次 回  12月5日(月)※火曜日が月曜日に変わってます。
       吟行地  奈良の師走風景
 集合時間 近鉄奈良駅 観光案内所前 午前10時
 句会場  奈良県労働会館 会議室
                          (報告/佐藤弥澄)
 


 第357回「まほろば句会」奈良市・吉城園吟行  
  平成28年10月4日(火)


 純也主宰の後日特選

 乱れ萩枝垂れて終の花こぼす    村上唯志
 杉戸絵の騎馬武者古りて秋の風   伊藤よし子
 径ふさぐほどにはあらず園の萩   杉アよしこ
 東大寺若草山も秋高し       奥 可津女
 鹿除の格子の太き知事公舎     境 雅秋
 園丁の見付次第に取る菌      横田昭二
 四阿に座せば爽籟おのづから    境 雅秋
 一竿を結界としてこぼれ萩     小塚青楓
 人力車よく磨かれて古都の秋    古川洋子
 一と雨にすがれ萩とはなりにけり  境 雅秋
 棒をもて茸毒かと返し見る     山岡美奈子
 正倉院開封の日の秋晴るる     橋 翠
 磴狭め揺れては零れ残り萩     古川洋子

 出席者 31名

 次 回  11月1日(火)
 吟行地  御所一言主神社
 集合時間 近鉄御所駅前 午前9時30分
 句会場  御所中央公民館
 昼 食  各自持参
                          (報告/佐藤弥澄)
 


 第356回「まほろば句会」藤原京址吟行
  平成28年9月6日(火)

 純也主宰選の特選句

 風吹けど乱れず布袋葵かな        石部洋子
 木の実落ち礎石の遺りゐるところ     横尾典子
 三山を見渡す宮址ばつた飛ぶ       北村 葵
 発掘の土の匂うて秋暑し         山岡美奈子
 藤原宮跡の草叢昼の虫          伊藤とし子
 宮跡の空いつぱいの鬼やんま       境 雅秋
 蒸して来て青き香ほのとほてい草     内田陽子
 まだ水を張りたる田の面稲匂ふ      内田陽子
 むせかへるほどに稲の香匂ひたつ     佐藤扶紀子
 水澄んで打てば響くと思ふほど      新谷 均
 踏み込めば平城宮址ばつた跳ぶ      石部洋子
 たもとほる藤原宮址ばつた跳ぶ      杉アよしこ
 宮跡の草叢に鳴く昼の虫         杉本蒼生子
 本薬師寺跡の祠の秋の草         伊藤よし子
 草原となりし宮址の昼の虫        奥 可津女
 分け入りてばつた飛び交ふ宮址かな    畠中俊美
 風立ちて穂草の揺れの揃ひけり      境 雅秋
 露草の宮址に吹けばことのほか      山岡美奈子
 古里に似たる畦径稲匂ふ         境 雅秋
 終の声しぼり出したる法師蝉       佐藤弥澄
 炎天に発掘続く宮の跡          石部洋子
 芋の葉の風に構への盾のごと       内田陽子
 軍手もて発掘の汗拭ふなり        境 雅秋
 ゑのころの揺るる宮址の一トところ    杉アよしこ
 秋の声元薬師寺の礎石より        山田綾子
 草原の藤原京址あきつ飛ぶ        大西桂子
 発掘のベルトコンベアばつた飛ぶ     橋 翠
 穂の出でてやや傾ぎつつ稲筵       中村隆雄
 蜻蛉群れ藤原京址真つ平ら        瀬川雅子
 わづかなる宮址の畑の秋茄子       畠中俊美
 
    
 出席者 30名 でした

 次 回   10月4日(火)
 吟行地   吉城園
 集合時間  近鉄奈良駅・観光案内所前  午前10時
 句会場   奈良県文化会館 会議室
                            (報告/佐藤弥澄)
 


 第355回「まほろば句会」長岳寺吟行
  平成28年8月2日(火)

 純也主宰選の特選句

 参道に蝉の骸も空蝉も          奥野とみ
 逝く夏の古墳の濠の青みどり       杉本蒼生子
 風涼し素麺食ぶる庫裏の土間       岡本 戎
 峰寺の守宮張り付く東司かな       境 雅秋
 辿り来て庫裏にいただく麦茶かな     名田三智子
 山門に着きて滴る汗拭ふ         北村 葵
 冷やさうめんへつつひ並ぶ庫裏に食ぶ   五味原立子
 吹き抜ける風の涼しき庫裏の土間     杉本蒼生子
 山寺の池ふるはせて牛蛙         伊藤とし子
 鬼やんま放生池を旋回す         小塚青楓
 塩とんぼ放生池に睦び飛ぶ        奥野とみ
 一山を終日包む蝉時雨          村上唯志
 水琴窟聴けば涼風どこからか       佐藤扶紀子
 玉眼の弥陀を拝して汗引きぬ       伊藤とし子
 山の辺の道の古刹の蝉時雨        北村 葵
 山の辺の道に住み継ぎ梅筵        上田美代子

 出席者 25名 でした

 次 回   9月6日(火)
 吟行地   藤原京址
 集合時間  近鉄大阪線 八木駅南口  午前10時
 句会場   奈良県社会福祉総合センター 会議室
 昼 食   各自持参の事
                         (報告/佐藤弥澄)  


 第354回「まほろば句会」奈良女子大吟行
  平成28年7月5日(火)


 純也主宰選の特選句

 飛んで来てつとそれ蜻蛉さと返す   大西桂子
 風見鶏立つ女子大の屋根涼し     松澤新陽
 学食の人気メ二ューの冷し麺     橋 翠
 整然と奈良女子大の夏木立      杉本蒼生子
 奈良格子内に吊りたる古簾      上田美代子
 湧き立ちて若草山の雲の峰      杉本蒼生子
 店先にほてりし西瓜転がれる     瀬川雅子
 古町の古道具屋の葭簾        北村 葵
 校舎古り泰山木の咲き続く      横尾典子
 遺されし奉安殿に蟻這へる      奥野とみ
 女子大の庭に拾ひし落し文      奥野とみ
 梅雨明けの近き日射しに射られけり  横尾典子
 女子大の通りのカフェの夏氷     田中美恵女
 女高師の名残りの黴の大講堂     村上唯志
 奉安殿残るキャンパス夏木立     境 雅秋
 鹿の腹波打つてゐる極暑かな     内田陽子
 日除して古道具屋の軒低し      杉本蒼生子
 緑陰や鎖されしままの奉安殿     杉アよしこ
 サークルの貼紙褪せて夏休      山田綾子
 
 
 出席者 32名 でした

 次 回   8月2日(火)
 吟行地   奈良・長岳寺
 集合時間  JR桜井線 柳本駅  午前10時
 句会場   長岳寺境内 龍松亭
 昼 食   素麺(700円)要予約
                           (報告/佐藤弥澄)