南句会    兼題句会(席題あり)雑詠可
 定例日=第四月曜日
 句会場=住之江区・大阪護国神社

 南句会(6月25日開催)純也先生特選句報告 
   (兼題) 空梅雨 十薬   席題 桑の実

 純也先生の特選句は以下の通りです

 空梅雨や水利権なる話出て     山本澄恵
 空梅雨と思へど旅の雨仕度     天野千文
 引き抜きしはずの十薬はびこれる  奥野とみ
 空梅雨の天を見上げて鴉鳴く    伊藤とし子
 空梅雨の境内にたつ砂埃      伊藤とし子

 純也主宰吟を互選から

 術もなく空梅雨嘆きゐたりけり
 空梅雨の濁りそめたる古井かな
 十薬に日にいくたびの通り雨
 
  
 出席12名 欠席投句8名

 次回 7月23日
                    (報告/柳沢裕子)  


 南句会報(5月28日開催)純也先生特選句報告  
 (兼題)卯の花腐し 薄暑 (席題)メロン


 純也先生の特選句は以下の通りです
 
 食欲のもどり見舞のメロン切る   伊藤とし子
 メロン出て快気祝の宴果つる    西上禎子
 ケータイでお互ひ探す街薄暑    柳沢裕子
 利休下駄濡らし卯の花腐しかな   天野千文
 旅の荷の重き卯の花腐しかな    伊藤とし子
 ヘリコプター旋回止まぬ薄暑かな  山本澄恵
 図書館の空席待ちの薄暑かな    斎藤妙子
 石庭の砂のきらめく薄暑かな    田中晃真
 みよし野の冷ゆる卯の花腐しかな  肥田恵子  

 純也主宰吟を互選から

 昼どきの賑はひすみし店薄暑
 通夜の灯を卯の花腐し降り包む
 山門を卯の花腐し降り包む

                   (報告/柳沢裕子)
 


 南句会(4月23日開催)純也先生特選句報告
 (兼題)桜餅 豆の花  (席題)藤 

 純也先生の特選句は以下の通りです

 まづは葉の香りを利きて桜餅   境 雅秋
 鄙めいて紅色の濃き桜餅     大西桂子
 虫押へとて桜餅ひとつづつ    境 雅秋
 百歳の誕生祝ふ桜餅       栗本伊基子
 母の忌の笑顔に供へ桜餅     伊藤とし子
 餅母の手描きの皿に盛る     栗本伊基子
 開けずともわかる見舞の桜餅   西村妙子
 雨止むを待ちつつ桜餅ひとつ   田中由子
 気の張らぬ薄茶の席の桜餅    奥野とみ

 出席 13名  欠席投句 7名 でした

 次回 5月28日
 兼題 卯の花腐し 薄暑 
                     (報告/柳沢裕子)  


 南句会(3月26日開催)純也先生特選句報告
  (兼題) 蒲公英  山笑ふ(席題)霞

 純也先生の特選句は以下の通りです

 ヤッホーの谺返して山笑ふ    斎藤妙子
 雪形のくづるるままに山笑ふ   伊藤とし子
 お握りの梅干ころげ山笑ふ    伊藤とし子 
 満員のゴンドラ行き来山笑ふ   奥野とみ
 売りに出す父祖の持山笑ひけり  伊瀬知正子
 たんぽぽに母が屈めば子も屈む  斎藤妙子 

 純也主宰吟を互選から

 たんぽぽに座しハルカスを仰ぎゐる
 円墳に貼りついてゐる鼓草
 たんぽぽに堤の日射しあますなし
 削られて拓かれて山笑ふなり
 白きもの残れる山も笑ひそむ

 出席 10名  欠席投句 8名

 次回 4月23日
 兼題 豆の花 桜餅
                       (報告/柳沢裕子)
 


 南句会(2月26日開催)純也先生特選句報告
  (兼題) 紅梅  春浅し (席題)残雪

 純也先生の特選句は以下の通りです

 残雪に日和つづきの二三日    伊藤とし子
 春浅し遠出はいまだ心して    柳沢裕子
 紅梅の濃きも淡きも咲き揃ふ   柳沢裕子
 春浅し発掘現場人見えず     伊瀬知正子
 やや遅れ咲いてひときは濃紅梅  斎藤妙子
 待ちに待つこの濃紅梅今年又   高木とし子
 遠見にもそれと紅梅濃紅梅    境 雅秋
 転勤の内示を受けて春浅し    境 雅秋

 純也主宰吟を互選から

 塔頭の一つ尼寺濃紅梅
 紅梅や尼は紫衣召し本山へ
 あばら家といへど紅梅濃かりけり
 托鉢に出る雲水に春浅し
 紅梅に飛び交ふ鳥は何やらん
 
  
 出席  12名  欠席投句 8名

 次回  3月26日 
 兼題  蒲公英  山笑う 
                     (報告/柳沢裕子)  


 南句会 (1月22日開催)純也先生特選句報告
 (兼題)悴む 初釜  (席題)春隣


 純也先生の特選句は以下の通りです

 母の手が悴む両手包み込む       萩田廣子
 初釜や仕立おろしの着物きて      柳沢裕子
 初釜の席にドレスの一人居て      奥 可津女
 悴みてシャッターチャンス逃しけり   奥野とみ
 悴む手出し合ふ握手なりしかな     山本澄恵
 悴みて人を待たせてしまひけり     栗本伊基子
 悴みて言葉もつれてしまひけり     栗本伊基子
 悴みて財布をさがし鍵さがし      西村妙子
 悴みてレジの支払ひ手間取りぬ     柳沢裕子

 純也主宰吟を互選から

 界隈を行き交ふ和服釜始
 日の障子日射しの廊下初茶の湯
 箱書きの茶碗取り出し初茶の湯  
 

 出席  8名  欠席投句 10名
 次回  2月26日   
 兼題  紅梅  春浅し 
                      (報告/柳沢裕子)  


 南句会報(12月25日開催)純也先生特選句報告
  (兼題)師走 湯豆腐 (席題)クリスマス

 純也先生の特選句は以下の通りです

 思ひつくままに師走の小買物      伊藤とし子
 昆布の香立てて湯豆腐ゆらぎそむ    山本澄恵
 少しづつ師走の用のずれてゆく     伊藤とし子
 快晴に師走忘れてゐたりけり      田中由子
 湯豆腐の浮き上がりしを逃すなく    田中晃真
 エレベーターエスカレーター師走人   田中晃真

 純也主宰吟を互選から

 一人客用の席ある湯豆腐屋
 厄介な用残りたる師走かな
 老舗でも名代でもなき湯豆腐屋
 
 
出席  8名  欠席投句 12名

次回  1月22日  兼題 初釜 悴む 
                     (報告/柳沢裕子)
 


 南句会報(11月27日開催)純也先生特選句報告
  (兼題) 返り花 冬暖か (席題)神迎

 純也先生の特選句は以下の通りです

 探鳥の苑に仰ぎて返り花     伊瀬知正子
 二三日冬暖かな日なりしに    高木とし子
 一輪に皆の目がゆく返り花    伊藤とし子
 何するとなく庭にゐて冬ぬくし  境 雅秋
 産土の風しづまりし神迎     伊藤とし子
 駄菓子屋に声集まりて冬ぬくし  天野千文
 蝶しづむ冬暖かき花時計     伊藤とし子
 冬ぬくしガラス磨きの調子づき  山本澄恵
 捨置きの鉢の菫の返り花     斎藤妙子
 返り花後じさりして見上げけり  大西桂子
 冬ぬくし忘れし帽子戻りきて   西村妙子

 純也主宰吟を互選から
 
 あはあはと母の忌日の返り花
 山吹の垣根突き出て返り花
 長旅に冬のぬくさの続けかし
 冬ぬくきことには狎れてをらざりし
 

 出席10名 欠席投句10名

 次回 12月25日 「師走」 「湯豆腐」
                      (報告/柳沢裕子)  


 南句会報(10月23開催)純也先生特選句報告
  (兼題) 秋深し  野菊 (席題)温め酒

 純也先生の特選句は以下の通りです

 風雨去りたる神苑の秋深む    伊藤とし子
 啄木の勤めし学舎野菊咲く    天野千文
 農小屋へつづく小径に野菊咲く  柳沢裕子
 長雨に大雨に秋深みゆく     西上禎子
 番外の札所へ畦の野菊濃し    伊藤とし子
 到来の酒盗に酒をあたためむ   西上禎子
 潮風の崖に野路菊群れにけり   斎藤妙子
 野菊濃し天誅組の碑をかこみ   境 雅秋
 ねんごろに酒温めて忌を修す   伊藤とし子
 忠魂碑摘み来し野菊供へけり   柳沢裕子
 草むらに紛れまぎれぬ野菊かな  山本澄恵
 秋深し風音に耳聡くなり     山本澄恵 

 純也主宰吟を互選から

 行く秋や売りたる土地に未練あり
 秋を行かしむる雨とし降り続く
 観音の里とし知られ野菊濃し
 石仏の供華となるべく野菊咲く

 出席12名  欠席投句8名

 次回 11月27日
 兼題 返り花  冬暖か
                       (報告/柳沢裕子)
 


 南句会(9月25日開催)純也先生特選句報告
  (兼題) 夜長  竹の春  (席題)青蜜柑

 純也先生の特選句は以下の通りです

 したたむる一字一字の夜長かな  栗本伊基子
 出しぬけに来て尻長き夜長人   境 雅秋
 風もなく木漏日揺るる竹の春   伊藤とし子
 野々宮へ一筋道の竹の春     奥野とみ

 純也主宰吟を互選から

 風の日は打ち合ふことも竹の春
 追剥ぎの出しとふ藪も竹の春
 雪隠の目隠しなれど竹の春
 竹の春土葬の土の新しく

 出席9名 欠席投句12名 でした  次回 10月23日
     兼題 秋深し 野菊 
                       (報告/柳沢裕子)  


 南句会報(8月28日開催)純也先生特選句報告
  (兼題) 残暑  朝顔  (席題)走馬灯

 純也先生の特選句は以下の通りです

 残暑なほ装束能の鏡の間      天野千文
 加賀よりの葛きり残暑見舞とて   西上禎子
 走馬灯点せば濁世廻りそむ     西上禎子
 買ひ物を切り上げ戻る残暑かな   柳沢裕子
 ためらへるごと走馬灯一ト回り   西上禎子
 衰へぬ残暑に庭の荒るるまま    斎藤妙子
 残暑とは思へぬ日日のいつまでも  奥 可津女
 かばかりの雨に残暑のぶり返す   斎藤妙子
 朝顔の濃きも淡きも紺が好き    山本澄恵

 純也主宰吟を互選から

 朝顔や病臥長びく子を看取り
 文字化けのメールが届く残暑かな

 出席12名 欠席投句6名でした
 次回 9月25日 兼題=夜長 竹の春
                       (報告/柳沢裕子)
 


 南句会報 (7月24日開催)純也先生特選句報告
  (兼題) 土用  浜木綿  (席題)あらひ

 純也先生の特選句は以下の通りです

 山宿の主自慢の洗鯉        奥 可津女 
 鯉こくにあらひに佐久の湯宿かな  伊藤とし子
 響動もして洞に砕くる土用波    西上禎子
 朽舟は砂に埋もれてはまおもと   境 雅秋
 快気祝はれをる土用鰻かな     西上禎子
 港より上る急坂土用凪       松澤新陽
 砕け散る波に浜木綿暮れてゆく   伊藤とし子
 尺蠖の尺をとらねば生きられぬ   田中由子
 流木を浜に打ちあげ土用波     西村妙子
 雨少しこぼして土用太郎かな    伊藤とし子

 純也主宰吟を互選から

 浜木綿に非文梅子を偲びけり
 浜木綿に思はぬ波の伸びて来る 
 満ち潮に出湯隠るる浜おもと
 貯木場の水の濁れる土用かな

 出席12名 欠席投句8名

 次回 8月28日  兼題 残暑 朝顔
                       (報告/柳沢裕子)