南句会    兼題句会(席題あり)雑詠可
 定例日=第四月曜日
 句会場=住之江区・大阪護国神社

 南句会(6月26日)純也先生特選句報告
  (兼題) 蜘蛛  柿の花 (席題)下闇

 純也先生の特選句は以下の通りです

 下闇に入りて寧らぐ歩となりぬ    西上禎子
 走り根につまづきがちの木下闇    伊藤とし子
 朝蜘蛛は吉と追ひ出すことはせず   山本澄恵
 壁の蜘蛛消えて気になる行方かな   斎藤妙子
 蜘蛛の囲の郵便ポスト塞ぎをる    境 雅秋
 蜘蛛掃けば逃げ足丸め転げゆく    斎藤妙子
 柿の花咲いてこぼれて人住まず    境 雅秋
 蜘蛛の囲を顔に受けたる不覚かな   伊瀬知正子
 日照雨にも網を繕ふ女郎蜘蛛     田中晃真
 秀次の墓碑へ蜘蛛の囲払ひつつ    奥野とみ
 散り敷きて柿の仇花褥なす      西上禎子
 山辺の道沿ひどこも柿咲いて     西上禎子
 蜘蛛の囲の風に弾んでゐたるかな   栗本伊基子
 撒くやうに敷くやうに落ち柿の花   伊瀬知正子
 吹かれゐて身じろぎもせぬ女郎蜘蛛  伊藤とし子
 柿の花畦道黄ばめ散らばりぬ     大西桂子
 横切りて始めて気づき蜘蛛の糸    松澤新陽

 純也主宰吟を互選から

 脚つづめ蜘蛛の死にたるにはあらず
 コンテナに湧いて毒蜘蛛かもしれず
 かく散つてまだ残りゐる柿の花
 柿の花小溝を埋めてしまひたる
 しばらくは柿の花掃く作務続く

 出席12名 投句8名

 次回 7月24日   兼題 土用 浜木綿           
                    (報告/柳沢裕子)
 


 南句会報 (5月22日開催) 純也先生特選句報告
  (兼題) 烏賊  草笛  (席題)薄暑

 純也先生の特選句は以下の通りです

 干し烏賊の天敵浜の通り雨       田中晃真
 草笛を吹きつつバスを待つてをる    西村妙子
 草笛の風の便りと思ひけり       栗本伊基子
 草笛に草笛吹いて応へけり       奥野とみ
 初恋の草笛教へくれし人        伊藤とし子
 明け近き追込漁の烏賊火かな      横田昭二
 大皿の烏賊動きをり透けてをり     伊瀬知正子
 水槽の烏賊透きとほり伸びちぢみ    斎藤妙子
 草替へてやつと草笛らしくなる     田中由子
 草笛の思ひもよらぬ音の出て      栗本伊基子
 草笛の曲にならざる音を吹く      横田昭二
 更けて来て更に増えたる烏賊火かな   境 雅秋

 純也主宰吟を互選から

 何の葉もみな草笛になる漢
 草笛の草笛らしきビブラート
 草笛のあまり巧くてらしからず
 草笛や夕めいて来て空暮れず   
 

 出席12名 欠席投句11名 でした
 次回 6月26日 
 兼題 蜘蛛 柿の花
                        (報告/柳沢裕子)
 


 南句会(4月24日開催)純也先生特選句報告
  (兼題) 壬生念仏  萩若葉  (席題)行春

 純也先生の特選句は以下の通りです

 その中に眠る葉もあり萩若葉    田中晃真
 壬生念仏泣くも笑ふも頷いて    田中由子
 前ぶれもなく始まりし壬生狂言   奥野とみ
 大仰に壬生狂言の袖返す      伊藤とし子
 睡りよりさめしさみどり萩若葉   伊藤とし子
 萩若葉そよぐほどにもあらねども  栗本伊基子
 読み止しのままの一書に春の行く  伊藤とし子
 萩若葉戦ぐ長さの垂れそむる    伊瀬知正子
 眠る葉の醒めてそよげる萩若葉   境 雅秋
 壬生念仏演目札の古りにけり    山本澄恵

 純也主宰吟を互選から

 装束きて足は男や壬生狂言
 名人といふといへども壬生狂言
 砂塵あげ炮烙割るる壬生狂言
 見終りて壬生念仏とはこんなもの
 懸想ばみいづれも醜女壬生狂言   
 

 出席10名 欠席投句11名 でした

 次回5月22日  兼題 烏賊 草笛
                       (報告/柳沢裕子)
 


 南句会(3月27日開催)純也先生特選句報告
  (兼題) 春炬燵 春塵 (席題)初桜

 純也先生の特選句は以下の通りです

 一抜けて二抜けて独り春炬燵    田中由子
 雑踏を来て黒靴の春埃       奥 可津女
 辞職して入り浸りなる春炬燵    伊瀬知正子
 よくしゃべる友の聞き役春炬燵   亀井 碧 
 部屋隅のミシンの上の春埃     柳沢裕子
 世の中に少し遅れて春炬燵     伊藤とし子
 すぐ入る癖の抜けずに春炬燵    山本澄恵
 膝少し入れ話し込む春炬燵     奥野とみ
 湯治場のいつまでも据ゑ春炬燵   伊瀬知正子
 春塵や長らく立てしままの琴    奥野とみ
 硯箱使はぬままに春埃       大西桂子
 思案してゐて寝てしまふ春炬燵   伊藤とし子
 捨てられぬもろもろのもの春の塵  栗本伊基子
 退院を待ってくれゐし春炬燵    奥野とみ
 旅三日去ねば三日の春の塵     境 雅秋
 ジャガーにもベンツにも積み春埃  伊瀬知正子
 洗車せしばかりの屋根に春の塵   松澤新陽
 置きあれば脚の寄りゆく春炬燵   田中由子
 二三日寄らぬ机の春埃       伊藤とし子
 山門の案内板の春埃        柳沢裕子 
 良縁をとりもつことも春炬燵    栗本伊基子

 
純也主宰吟を互選から

 いつしかに家族みな寄る春炬燵
 しまふ気に誰もならざる春炬燵
 独り住む大きな家の春炬燵
 国会の中継眠し春炬燵

 出席 11名  投句11名
 次回 4月24日  壬生狂言  萩若葉
                       (報告/柳沢裕子)
 


 南句会 (2月27日開催)純也先生特選句報告
  (兼題) 蕗の薹 猫の恋  (席題)青饅

 純也先生の特選句は以下の通りです

 恋の猫和尚の膝に戻るなし      山本澄恵
 堂堂と物干し占拠猫の恋       川端恭子
 恋猫の疵なめてゐる軒の下      田中由子
 里山へつづく畦道蕗の薹       柳沢裕子
 恋猫を外より誘ふ声しきり      柳沢裕子
 蕗のたう見つかりさうで見つからず  栗本伊基子
 青饅のお酢はレモンの搾り汁     奥 可津女
 赤茶けし苞に見過ごし蕗の薹     山本澄恵
 恋の猫夜な夜な橋を渡りゆく     伊藤とし子
 恋猫の時をり虎の声も出し      斎藤妙子
 尼寺の庭狼藉のうかれ猫       西村妙子

 純也主宰吟を互選から

 その中の紫がちの蕗のたう
 捜す気になればなかなか蕗のたう
 蕗のたう傾ぎ出でたる一つかな
 恋猫の執念く睥み返しけり

 出席14名 欠席投句9名

 次回 3月27日  春炬燵 春塵  
                        (報告/柳沢裕子)


 南句会報(1月23日開催)純也先生特選句報告
   (兼題) 福寿草  春着  (席題)葛湯

 純也先生の特選句は以下の通りです

 四君子の母ゆづりなる春着かな   伊藤とし子
 歌舞伎座の前列占むる春着かな   奥野とみ
 自撮して春着姿を送信す      松澤新陽
 寄り合ひて日差し分け合ひ福寿草  斎藤妙子
 しばらくは正座くづさず春着の子  西村妙子
 隣家の祖父母に春着見せに来る   西上禎子
 七十路を事なく迎へ福寿草     天野千文
 置床に収まる福寿草の鉢      伊藤とし子
 氏神へ袖うちふりて晴着の娘    田中由子
 裄丈を直して春着娘にゆづる    奥 可津女

 純也主宰吟を互選から

 お下がりと見えぬ春着でありしかな
 御手洗に袖ぬらさじと春着かな
 エレベーター春着ばかりを詰め込んで

 出席14名 欠席9名 でした

 次回は2月27日 兼題「蕗の薹」「猫の恋」  
                       (報告/柳沢裕子)  


 南句会(12月26日)純也先生特選句報告
  (兼題) 御用納  白菜 (席題)手袋

 純也先生の特選句は以下の通りです

 片付かぬ仕事も御用納かな     伊藤とし子
 景気いま一つの御用納かな     伊藤とし子
 手際よき御用納の日和かな     栗本伊基子
 守衛とし御用納の門閉づる     伊藤とし子
 故里の送り来し荷に白菜も     奥 可津女
 シュレッダーの屑捨て御用納かな  西村妙子
 鎮もれる御用納の夜の庁舎     斎藤妙子
 白菜を漬ける姉様かぶりかな    境 雅秋
 宿直の明けての御用納かな     横田昭二
 手囲ひにキャンドル捧げ聖歌隊   西上禎子
 恒例の手順の御用納かな      斉藤妙子
 手秤に白菜選ぶ真顔かな      伊瀬知正子
 手袋を出掛けるたびに探しけり   柳沢裕子

 純也主宰吟を互選から

 御用納大阪締の復権し
 一献を廻して御用納かな
 白菜を甘うするべく風荒るる

 出席10名 欠席投句11名でした
 次回は1月23日 兼題は 福寿草 春着
                        (報告/柳沢裕子)
   


 南句会報(10月24日開催)純也先生特選句報告
  (兼題) 無花果 行く秋 (席題)新酒

 純也先生の特選句は以下の通りです 

 行秋の嶺にかかりし月細く       伊藤とし子
 無花果の汁付かぬやうにもぎ
にけり   柳沢裕子
 
もぐる手に無花果乳をしたたらす    山本澄恵
 無花果の熟るるはしより鳥つつく    西村妙子
 虫穴も彩りのうち柿紅葉        横田昭二
 無花果の熟れを窺ふ鴉かな       斎藤妙子
 新走好みし夫を偲びけり        大西桂子

 純也主宰吟を互選から

 行く秋の恋の行方は問はずとも
 煮て揚げて無花果料理こんなにも

 出席9名 欠席投句7名 でした
    
 次回は11月28日 2時締切 兼題は「八手の花」「短日」です
                         (報告/柳沢裕子)  


 南句会報(9月26日開催)純也先生特選句報告
  (兼題) 夜長  水澄む (席題)生姜

 純也先生の特選句は以下の通りです

 一睡のあとの目覚めの夜長かな   横田昭二
 長編の読み応へある夜長かな    伊藤とし子
 書き上げし稿読み返す夜長かな   伊藤とし子
 歯切れよくきれいに漬かり新生姜  奥 可津女
 時計鳴るたびに目をやる夜長かな  斎藤妙子

 純也主宰吟を互選から

 胸の内映すまで水澄みにけり
 魚信なく湾処の水の澄みにけり
 いくらでもいつまでも飲み夜長かな
  
 出席12名  欠席投句9名
    
 次回  12月24日 2時締切
 兼題  無花果 行く秋
                         (報告/柳沢裕子)
 


 南句会報(八月二十二日開催)純也先生特選句報告
  (兼題) 新涼  茗荷の花 (席題)新豆腐

 純也先生の特選句は以下の通りです

 懐石の一品なりし新豆腐     柳沢裕子
 新涼や朝の散歩を再開し     柳沢裕子
 湯上りの物干台の涼新た     伊瀬知正子
 一つ咲き二つ莟の茗荷かな    西上禎子
 ひもろぎの薄暗がりに茗荷咲く  大西桂子
 新涼の水輪大きく鰡跳べり    伊藤とし子
 酢の物の小鉢に添へて花茗荷   西村妙子  

 純也主宰吟を互選から

 新涼といへども朝のうちのこと
 浅間へと新涼の雲飛べりけり
 新涼や葉刈終へたる木々匂ひ
 花茗荷使はぬままに茶室古り

 出席9名 欠席投句10名
 次回  9月26日 2時締切
 兼題  水澄む 夜長
                       (報告/柳沢裕子)
     


 南句会報 (七月二十五日開催) 純也先生特選句報告
  (兼題) 夏休  空蝉 (席題)かき氷


 純也先生の特選句は以下の通りです

 夏休待ちかねし日々なつかしむ  柳沢裕子
 網持つ子虫籠持つ子夏休     大西桂子
 空蝉の金輪際の爪立てて     山本澄恵
 まだきより畑手伝ふ夏休     伊藤とし子
 空蝉の生あるごとく目の光り   奥 可津女
 爪たてて空蝉眼光らする     横田昭二
 海遊館へUSJへ夏休      境 雅秋
 図書館の朝から混みて夏休    斎藤妙子
 泣かされて強くなる子の夏休   栗本伊基子

 純也主宰吟を互選から

 空蝉の眼の見据ゑゐる前世かな
 勤行を聞きつつ蝉の殻を脱ぐ
 木国の墓にころがり蝉の殻
 空蝉に四苦の相の備はれる

 出席13名  欠席投句7名

 次回  8月22日 2時締切
 兼題  新涼  茗荷の花
                        (報告/柳沢裕子)