水無瀬句会    兼題句会(席題あり)雑詠可
 定例日=第一金曜日
 句会場=島本町・高浜公会堂

 水無瀬句会(6月2日開催)主宰選報告

 兼題は【鮎】と【夏帽子】、席題【十薬】、出席12名 出句17名でした。
 純也主宰の特選13句を清記順に報告致します。

 シチリアもポンペイも知る夏帽子   藤堂くにを
 民宿の主手づから鮎を釣る      島田夏楓
 船旅の母子揃ひの夏帽子       畠中俊美
 釣果なき人へ生簀の鮎を売る     里見かつこ
 のぞみ待つ東京駅の夏帽子      西村妙子
 傘寿なほ健脚にして夏帽子      堂前悦子
 園児らの色分けしたる夏帽子     清水多憙子
 校章の光る小振の夏帽子       米澤道子
 おしゃれよりUVカット夏帽子    伊瀬知正子
 玄関に胴長を吊る鮎の宿       米澤道子
 鮎宿の主自慢の蓼酢かな       境 雅秋
 路地奥にして十薬の咲くところ    島田夏楓
 誰にともなく夏帽をふる船出     伊藤とし子

 
次回は7月7日(金)ですが、高浜公会堂緊急改修工事のため、句会は取り止
 め、出句のみとなります。

 兼題は【夕立】【茄子】です。皆様のご出句お待ち申し上げます。
                    (報告/里見かつこ)
 


 水無瀬句会(5月5日開催)主宰選報告

 兼題は【蕗】と【夏めく】 席題【薬の日】 出席14名 出句14名でした。
 純也主宰の特選11句を清記順に報告致します。

 三村純也選

 葉を加へ蕗の佃煮ほろ苦く     伊瀬知正子
 庭の蕗加へて香る五目ずし     畠中俊美
 音立てて蕗の広葉の俄雨      大竹美智子
 蕗広葉打つ雨音のひとしきり    吉本隆太郎
 磯笛のひびく入江の夏めきぬ    米澤道子
 夏めきて船のデッキに人溢れ    芳田トモ子
 酢のものの増ゆる献立夏兆す    境 雅秋
 一時はどしゃ降りの雨夏めきぬ   田中晃真
 持ち帰る蕗の長さをもてあます   松澤新陽
 空家の鶏小屋朽ちて蕗茂る     竹内恵子
 先越され蕗の葉散ってゐるばかり  織作香代 

 三村純也先生御句

 土産とて蕗の佃煮くらゐしか
 夏めくや清めの塩に湿りなく

 次回は6月2日(金)高浜公会堂にて2時締切。
 兼題は【鮎】【夏帽子】です。皆様のご出席、ご投句をお待ち申し上げます。
                         (報告/里見かつこ)
 


 水無瀬句会(4月7日開催)主宰選報告

 兼題は【春の暮】と【山葵】 席題【蘖】でした。
 出席15名 出句17名でした。

 純也主宰の特選11句を清記順に報告致します。

 山葵田の水車の音の絶ゆるなく   伊瀬知正子
 山葵田の砂ふき上ぐる一トところ  米澤道子
 白糸の滝径に買ふ山葵かな     西上禎子
 いち早く花街灯り春の暮      清水多憙子
 天覧碑建つ山葵田の水音かな    奥野とみ
 星淡くあはく瞬き春の暮      島田夏楓
 銭湯より板場出て来る春の昼    辻井左夜佳
 渡し舟一便増えて春の暮      清水多憙子
 葉山葵の花束のごと売られあり   杉アよしこ
 渓流に隠し田のごと山葵沢     吉本隆太郎
 木漏日に山葵の水の音軽く     米澤道子

 三村純也先生御句

 献上の山葵育つる沢と聞く
 山葵田に山国の日のみなぎれる
 山葵田に畝といふものありにけり

 次回は5月5日(金)高浜公会堂にて2時締切です。
 兼題は【夏めく】【蕗】です。
 皆様のご出席、ご投句をお待ち申し上げます。
                         (報告/里見かつこ)
 


 水無瀬句会(3月3日開催)主宰選報告

 兼題は【啓蟄】と【蜆】、席題【蘆の角】、出席17名 出句16名でした。
 純也主宰の特選14句を清記順に報告致します。

 大椀の店主自慢の蜆汁       島田夏楓
 砂吐かすこつ教へくれ蜆売     吉田富枝
 穴を出で蟻の働く他はなし     藤堂くにを
 門川に啓蟄の泥動きそむ      米澤道子
 小石除けしづく払へば瀬田蜆    中西以佐夫 
 薄靄のまだきの湖の蜆舟      竹内恵子
 啓蟄のマンホールから作業員    竹内恵子
 練習のボートに紛れ蜆舟      大竹美智子
 十三湖靄に閉ざされ蜆舟      西上禎子
 朝市の時に水かけ蜆売る      米澤道子
 啓蟄の畦に転がす猫車       里見かつこ
 杭打ちの響きて地虫出でにけり   横田昭二
 発掘のボランティア増え地虫出づ  伊瀬知正子
 砂あれば銭を返すと蜆売      藤堂くにを

 三村純也先生御句

 啓蟄の土濡れてゐず乾きゐず
 啓蟄や発掘現場水たまり
 蜆汁すすれば酔の抜けてゆく
 大まかに枡で掬うて蜆売る
 濃紫こそ瀬田蜆なる証し

 句会場の横を流れる淀川も春らしくなってまいりました。
 自然の残る水無瀬句会へ是非ご参加ください。
 次回は4月7日(金)高浜公会堂にて2時締切です。
 兼題は【山葵】【春の暮】です。
 皆様のご出席、ご投句をお待ち申し上げます。
                         (報告/里見かつこ)
 


 水無瀬句会(2月3日開催)主宰選報告

 兼題は【早春】と【残雪】 席題【春の風邪】でした。
 出席15名 出句17名でした。
 純也主宰の特選15句を清記順に報告致します。

 早春のスカーフ首に歩の軽く    伊瀬知正子
 業平の墓へ残雪踏みしめて     西村妙子
 掻き寄せて残雪砦めけるかな    境 雅秋
 峠越して残雪の飛騨泊り      畠中俊美
 いのち得て数へやうとは年の豆   西上禎子
 閉校の校歌の山に残る雪      里見かつこ
 ニュータウン展望台に残る雪    田中晃真
 妻拗ねてゐるのか春の風邪なのか  藤堂くにを
 青空に雪形の馬現るる       伊藤とし子
 侮りて外出つづき春の風邪     畠中俊美
 国境とふ名の峠雪残る       西上禎子
 遭難者閉ぢ込め残る山の雪     松澤新陽
 残雪の訪ふ人もなき奥の院     畠中俊美
 雪残る鍵屋の辻といふところ    藤堂くにを
 早春や農協に立つ農具市      境 雅秋

 三村純也先生御句

 早春の空突き上げて釼岳(つるぎ)聳(た)つ
 町石を埋めんばかりに雪残る
 幸招くごと早春の日射し濃し

 次回は3月3日(金)高浜公会堂にて2時締切、兼題は【啓蟄】【蜆】です。
 皆様のご出席、ご投句をお待ち申し上げます。
                          (報告/里見かつこ)
 


 水無瀬句会(1月6日開催)主宰選報告

 兼題は【風花】と【賀状】、席題が【初句会】、出席17名、出句16名でした。
 純也主宰の特選21句を清記順に報告致します。

 業平も小町も揃ひ初句会       藤堂くにを
 俳号と一句は手書年賀状       田中晃真
 乱れても手書き賀状に如くはなし   堂前悦子
 すぐそこに住む人よりの賀状かな   中西以佐夫
 成績は問はず顔見せ初句会      吉本隆太郎
 風花の手のひらそれて舞ひにけり   吉本隆太郎
 風花の一ひら唇に止まりけり     岡林セツ子
 糶終り糶場風花舞ふばかり      境 雅秋
 風花の舞ひて荒神詣かな       藤堂くにを
 安否知るよすがの賀状なりしかな   清水多憙子
 ともし火のごとき賀状の縁かな    伊藤とし子
 消息をただ知らせ合ふ賀状かな    吉田富枝
 風見鶏描きて賀状のKOBEより   藤堂くにを
 風花や山のかなたに幸住むか     境 雅秋
 恙なく賀状喜寿あり卒寿あり     芳田トモ子
 香港も五年目とある賀状かな     高橋 翠
 安否とふ二伸うれしき賀状かな    畠中俊美
 浮ぶのはあのころの顔年賀状     織作香代
 ダイレクトメールめきたる賀状来る  島田夏楓
 名無しとてすぐあてのつく賀状かな  織作香代
 風花の雲なき空のいづこより     伊瀬知正子

 三村純也先生御句

 賀状見て思ひ出したる一事あり
 大江山よりの風花ひもすがら
 恋心秘めし賀状でありにけり

 本年も水無瀬句会への出句よろしくお願い申し上げます。
 次回は2月3日(金)高浜公会堂にて2時締切です。
 兼題は【早春】【残雪】です。皆様のご出席、ご投句をお待ち申し上げます。
                      (報告/里見かつこ)
 


 水無瀬句会(12月2日開催)主宰選報告

 兼題は【北風】と【湯ざめ】 席題が【闇汁】出席12名 出句18名でした。
 純也主宰の特選19句を清記順に報告致します。

 純也主宰選

 パソコンのマウスの手から湯ざめして  竹内恵子
 廃線の錆びし鉄路を北風走る      米田静枝
 湯ざめしてまでも鬼平犯科帳      藤堂くにを
 北風に負けじと口を一文字       西村妙子
 毒舌をふるひ酢牡蠣に噎せにけり    中西以佐夫
 湯ざめかと葛根湯の箱探す       芳田トモ子
 鳥肌の立ちて紛れもなき湯ざめ     大竹美智子
 湯ざめなど忘れ星影仰ぎけり      織作香代
 闇汁の闇に女の姦しく         畠中俊美
 星の夜を窓に寝惜しむ湯ざめかな    里見かつこ
 小さき顔更にちぢめて北風の中     境 雅秋
 湯ざめとは無縁の外湯めぐりかな    田中晃真
 酔ひざめに追うちかけし湯ざめかな   杉アよしこ
 湯ざめして三面鏡を閉ぢにけり     伊藤とし子
 湯ざめしてホットレモンに温まる    西村妙子
 複雑な宿の廊下の湯ざめかな      吉田富枝
 ビル街に入れば北風のなほ強く     堂前悦子
 パソコンをいぢり過ぎたる湯ざめかな  松田桐花
 湯ざめして誤植一つを見つけたる    伊藤とし子

 三村純也先生御句

 書き上げしもの気に入らぬ湯ざめかな
 原稿に手を入るる間の湯ざめかな
 笑ひ転げ湯ざめなどなき円居かな
 二度風呂に湯ざめ加減を払ひけり

 今年も水無瀬句会への出句ありがとうございました。
 次回は1月6日(金)高浜公会堂にて1時締切です。
 兼題は【賀状】【風花】です。皆様のご出席、ご投句をお待ち申し上げます。
                            (報告/里見かつこ)
 


 水無瀬句会(11月4日開催)主宰選報告

 兼題は【草じらみ】と【冬めく】、席題が【返り花】。
 出席18名、出句14名でした。

 純也主宰の特選20句を清記順に報告致します。

 うかと咲く縁切寺の帰り花     藤堂くにを
 靄立ちて雨の棚田の冬めきぬ    畠中俊美
 工事場に火を焚きはじめ冬めける  横田昭二
 冬めくや音なき雨の降りつづき   堂前悦子
 散歩する犬にもつきて草じらみ   松澤新陽
 足早の駅へ猫背の冬めける     杉アよしこ
 寒さより哀しきことに耐へてをり  藤堂くにを
 冬めけるものに定時に来ないバス  里見かつこ
 警察犬付けてもどりぬ草虱     西村妙子
 固まりてバス待つ人の冬めける   辻井左夜佳
 下校子の手さげ袋の草じらみ    岩城未知
 村雨のあがりたちまち冬めける   織作香代
 とる程にうんざりしだす草じらみ  吉本隆太郎
 隠沼に靄立ち込めて冬めける    米澤道子
 巡礼の払ひ合ひゐる草虱      伊藤とし子
 石に座し気づかぬままに藪虱    横田昭二
 狂ひ咲きとはいへ香り衰へず    吉本隆太郎
 まだ一つ背につきゐし草じらみ   岡林セツ子
 払うてもなかなか取れず草じらみ  岡林セツ子
 冬めくと靴音高くなりにけり    浅野智久恵

 三村純也先生御句

 大きくて草虱とも言へぬほど
 身長の縮みし話冬めきぬ

 次回は12月2日(金)高浜公会堂にて2時締切、
 兼題は【湯ざめ】【北風】です。
 皆様のご出席、ご投句をお待ち申し上げます。
                           (報告/里見かつこ)
 


  水無瀬句会(10月7日開催 )主宰選報告

 兼題は【十月】と【鵙】 席題は【蘆】、出席18名 出句17名でした。

 純也主宰の特選20句を清記順に報告致します。

 夢殿の開扉を待てる鵙の声     高橋 翠
 朝空の鵙の高音に晴れて来し    杉アよしこ
 宮址統べ大極殿の鵙高音      松澤新陽
 鵙の声まだきの空を切り裂いて   竹内恵子
 ニュータウン展望台に鵙高音    田中晃真
 真つ青に空晴れ渡り鵙高音     堂前悦子
 鵙高音天王山の晴れ渡る      浅野智久恵
 ひからびて木肌の色に鵙の贄    堂前悦子
 夕鵙や釈迦堂の鐘聞こえ来る    織作香代
 朝鵙や好天期して窓開く      杉アよしこ
 神山に鵙の高音の響きけり     竹内恵子
 正倉院開封の儀の菊日和      高橋 翠
 贄くはへ夕鵙杜へ消えにけり    伊瀬知正子
 しづもれる御陵貫く鵙高音     畠中俊美
 十月の空透くポプラ並木かな    西上禎子
 鶏頭や子規に余生といふはなく   藤堂くにを
 からたちの垣のここそこ鵙の贄   田中晃真
 十月の雨が大気を入れ変ふる    里見かつこ
 好晴の今日締めくくり鵙高音    松澤新陽
 陵のしじまを破り鵙高音      清水多憙子

 三村純也先生御句

 もう十月とため息を交へつつ
 十月と思へぬ暑さなりしかな
 十月の森拾ふもの摘めるもの
 鵙日和とは山日和里日和

 次回は11月4日(金)高浜公会堂にて2時締切です。
 兼題は【草じらみ】【冬めく】です。
 皆様のご出席、ご投句をお待ち申し上げます。
                            (報告/里見かつこ)


 水無瀬句会(9月2日開催)主宰選報告

 兼題は【芋虫】と【野分】、席題は【鰯雲】。
 出席13名 出句21名でした。
 純也主宰の特選17句を清記順に報告致します。

 丈なして犬吠埼の野分波      西上禎子
 工事場のシート吹っ飛び野分あと  浅野智久恵
 芋虫の葉を喰ひ尽し茎を這ふ    里見かつこ
 朝市の荷に芋虫のひそみゐし    堂前悦子
 夕野分一番星を置きて去る     中西以佐夫
 糞ばかり残り芋虫見当らず     米澤道子
 梅田より生駒の見えて野分晴    里見かつこ
 野分来と物干竿を寝かせあり    境 雅秋
 舟と舟打ち合うてゐる野分かな   中西以佐夫
 芋の葉に揺られ芋虫太りゆく    清水多憙子
 湯治宿昼を灯せる野分かな     伊瀬知正子
 芋虫を憎みて農に老いにけり    境 雅秋
 河岸を市のパトロール野分あと   竹内恵子
 葉脈を残し芋虫太りゆく      伊瀬知正子
 早々と雨戸閉ざして野分の夜    伊藤とし子
 芋虫をつまめば青き糞こぼす    西上禎子
 悲鳴あげつつ芋虫を踏みつぶす   吉田富枝


 三村純也先生御句

 禰宜ひとり野分の後のものを掃く
 東(ひんがし)へ突つ走りゆく野分雲
 芋虫を引き剥がしゆく箸の先
 サッカーが好きで芋虫大嫌ひ

 次回は10月7日(金)高浜公会堂にて2時締切、
 兼題は【十月】【鵙】です。
 皆様のご出席お待ち申し上げます。   
                          (報告/里見かつこ)
 


 水無瀬句会(8月5日開催 )主宰選報告

 兼題は【墓詣】 【残暑】 席題【鳳仙花】出席16名 出句19名
 純也主宰の特選29句を清記順に報告致します。

 ただ灼けて仮説住宅列びたる     西上禎子
 父三十路母は八十路の墓洗ふ     松田桐花
 食欲と気力に残暑乗り越えむ     伊瀬知正子
 なつかしき人に逢ひたる墓参かな   奥野とみ
 大阪の残暑のがるる術のなく     堂前悦子
 立志伝なき一族の墓参        中西以佐夫
 日がな音して工事場の残暑かな    浅野智久恵
 ご先祖の銘の薄れし墓洗ふ      伊瀬知正子
 水運び子らの手伝ひ墓洗ふ      畠中俊美
 一族の長老となり墓洗ふ       伊藤とし子
 猛の付く残暑に老躯萎えにけり    吉本隆太郎
 夜風なほ残暑引きづりをりにけり   清水多憙子
 日帰りの新幹線の墓参        竹内恵子
 わが庭のものも供華とし墓参     岡林セツ子
 ふる里に顔なじみなき墓参かな    杉アよしこ
 溝川の乾びきつたる残暑かな     松澤新陽
 幼ナらに石階高き墓参かな      西上禎子
 秋暑し工事現場に火花散り      米澤道子
 年々に坂の険しき展墓かな      伊藤とし子
 戦死の墓碑多き故郷の墓参かな    奥野とみ
 遠景に津波の瓦礫秋暑し       西上禎子
 託されし一族の墓洗ひけり      清水多憙子
 母に似し姉と連れ立つ墓参かな    西村妙子
 ほてりたる糠床返す残暑かな     米澤道子
 墓詣のみとなりたる故郷かな     杉アよしこ
 墓洗ふまづは一声かけてより     中西以佐夫
 タクシーを永く待たせて墓洗ふ    吉本隆太郎
 じつとして居ればなほさら秋暑し   里見かつこ
 累代の少しく傾ぐ墓洗ふ       境 雅秋

 
三村純也先生御句

 看取りつつ耐ふるしかなき残暑かな
 代々の養子続きの墓参かな
 詫びることのみ多き墓洗ひけり
 掃苔やかの日のことを偲びつつ
 無沙汰詫びながらの墓を洗ひけり

 
次回は9月2日(金)高浜公会堂にて2時締切、兼題は【芋虫】【野分】です。
 皆様のご出席お待ち申し上げます。
                            (報告/里見かつこ)
 


 水無瀬句会(7月1日開催)主宰選報告

 兼題は【汗】と【炎天】 席題は【昼寝】、出席16名 出句17名 でした。
 純也主宰の特選14句を清記順に報告致します。

 棟梁の叩き起せる三尺寝       里見かつこ
 汗しとどあやす赤児に泣かれゐて   西村妙子
 炎天にして満車なる駐車場      大竹美智子
 軋みつつ市電の進む炎天下      米澤道子
 向日葵に天動説を信じけり      藤堂くにを
 泣き疲れ寝入りたる子の汗みどろ   大竹美智子
 炎天といへど槌音途切れなく     石部洋子
 汗の物汗をかきつつ干しにけり    浅野智久恵
 道迷ひゐると気付きし炎天下     伊藤とし子
 修羅物に風やや荒き薪能       藤堂くにを
 合宿の汗の背中を流しあふ      島田夏楓
 ひたすらに百度踏みゐて汗しとど   畠中俊美
 冷汗の引きていつしか玉の汗     田中晃真
 開通の真近の工事炎天下       里見かつこ

 次回は8月5日(金)高浜公会堂にて2時締切です。
 兼題は【墓参】【残暑】です。皆様のご出席お待ち申し上げます。
                            (報告/里見かつこ)  









俳句「山茶花」のホームページです