水無瀬句会    兼題句会(席題あり)雑詠可
 定例日=第一金曜日
 句会場=島本町・高浜公会堂

 水無瀬句会(7月6日開催)報告

 兼題は【夾竹桃】【蝉】でした。
 句会前日より大雨警報による交通マヒ等あり句会場も使用出来なくなり、
 句会は中止としました。
 いつもご出席くださる方には連絡し、三句出句をいただき先生の選を受け
 ました。出句32名でした。

 純也主宰の特選6句を清記順に報告致します。

 初蝉の一声のみの遥かなる    芳田トモ子
 鉄錆の匂ふ工場の夾竹桃     米澤道子
 工場の更地を囲み夾竹桃     芳田トモ子
 夾竹桃ダンプカー土をこぼしゆく 辻井左夜佳
 廃校の錆びしフェンスの夾竹桃  米澤道子
 刑務所の高塀に沿ふ夾竹桃    畠中俊美

 次回は8月3日(金)2時締切です。兼題は【秋めく】【朝顔】です。
 皆さまのご出席、ご投句をお待ち申し上げます。
                        (報告/里見かつこ)
 


 水無瀬句会(6月1日開催)報告

 兼題は【入梅】【青嵐】 席題 【樗の花】
 出席13名  投句19名でした。
 純也主宰の特選14句を清記順に報告致します。

 世界遺産候補の墳の青嵐      境 雅秋
 図書館の本の匂ひも梅雨に入る   西村妙子
 青嵐湾処の蝶を舞ひ上げて     大竹美智子
 通し土間吹き抜けてゆく青嵐    伊藤とし子
 蒸してきて風にも梅雨入近きこと  清水多憙子
 機音の路地にこもりて梅雨に入る  畠中俊美
 宇治橋を吹き抜けてゆく青嵐    石部洋子
 糠床の世話怠らず梅雨に入る    竹内恵子
 恋の絵馬打ち鳴らしゐる青嵐    杉アよしこ
 蒸しむしと入梅の近き畷道     島田夏楓
 香菜の白き花咲き梅雨に入る    大竹美智子
 山崎の合戦の碑の梅雨に入る    中野硯池
 鰐口の音くぐもれる入梅かな    奥野とみ
 梅雨入りと諾ふ風の湿りかな    吉本隆太郎

 三村純也先生御句

 確かめるまでもなかりし梅雨入かな
 雲さまで暗からねども梅雨入とや
 こんなにも降つて梅雨入まだと言ふ
 百年の家の匂ひの梅雨に入る

 次回は7月6日(金)2時締切、兼題は【夾竹桃】【蝉】です。
 皆さまのご出席、ご投句をお待ち申し上げます。
                       (報告/里見かつこ)
 


 水無瀬句会(5月4日開催)報告

 兼題は【夏めく】【根切虫】、席題が【栃の花】。
 出席12名  投句21名でした。
 純也主宰の特選25句を清記順に報告致します。

 ふり仰ぐハンカチの木の夏めきぬ   岩城未知
 夕風に街路樹さわぎ夏めきぬ     吉田富枝
 案の定ころがり出づる根切虫     畠中俊美
 案外と逃足はやき根切虫       杉アよしこ
 夏めくや水田に鷺の影動き      岩城未知
 まぎれなくこの狼藉は根切虫     清水多憙子
 夏めくやショーウインドの海の色   高橋 翠
 根付きたるものつぎつぎと根切虫   畠中俊美
 一会とは言はず一期の栃の花     藤堂くにを
 武具飾る寺の座敷を開け放ち     西村妙子
 疎まるるために生れて根切虫     堂前悦子
 丸まりて死んだふりして根切虫    米澤道子
 掘り起す土よりまろぶ根切虫     松田桐花
 洗濯の一気にふえて夏めけり     高橋 翠
 根切虫まづ一匹を探し出す      田中晃真
 灯台に砕ける波の夏めける      岡本 戎
 一と夜さによくやってくれ根切虫   竹内恵子
 橡咲いてレンガ造りの裁判所     畠中俊美
 夏めくや水の匂ひの千枚田      田中晃真
 照らされて慌てふためく根切虫    米田静枝
 その下を掘ればかならず根切虫    織作香代
 厭はれて生きるさだめの根切虫    吉本隆太郎
 デザートに添ヘしミントの夏めきぬ  芳田トモ子
 根切虫這ひ出したまま動かざる    浅野智久恵
 夏めくやまた用なきに手を洗ひ    辻井左夜佳

 三村純也先生御句

 沓脱に引き出されたる根切虫
 根切虫命乞ふかに丸まれる
 根切虫観念の身を横たふる
 大罪を一寸の身に根切虫
 見つかれば即断罪の根切虫

 次回は6月1日(金)2時締切、兼題は【入梅】【青嵐】です。
 皆さまのご出席、ご投句をお待ち申し上げます。
                        (報告/里見かつこ)


 水無瀬句会(4月6日開催)報告

 兼題は【花】【長閑】 席題 【しゃぼん玉】
 出席17名  投句15名でした。
 純也主宰の特選15句を清記順に報告致します。

 御手洗の落花浮かむを掬びけり    西上禎子
 碇泊のヨットへと花吹雪きけり    竹内恵子
 屋形船ゆっくり花の濠めぐる     西村妙子
 また一つ花に齢を重ねけり      藤堂くにを
 のどけしや一人の客の渡舟出づ    伊瀬知正子
 のどけしや山の辺の道幾曲がり    松田桐花
 単線に乗り替へてより旅のどか    堂前悦子
 山寺の昼を報らせる鐘のどか     織作香代
 荷物番だけとなりたる花筵      大竹美智子
 旗振ればすぐ来る渡舟のどけしや   堂前悦子
 昼寄席に行列できてのどけしや    清水多憙子
 花の園迷子放送二度三度       西村妙子
 花の夜を待ちつつ茣蓙に囲碁を打つ  堂前悦子
 花の塵ゆらぎて河馬の鼻のぞく    杉アよしこ
 しばらくは花にとどまる屋形舟    清水多憙子

 三村純也先生御句

 借景の山にも花の咲きはじむ
 咲き満ちし花になほある蕾かな
 満月の面を横ぎりし落花かな

 次回は5月4日(金)2時締切、兼題は【夏めく】【根切虫】です。
 皆様のご出席をお待ち申し上げます。
                        (報告/里見かつこ)
 


 水無瀬句会(3月2日開催)報告

 兼題は【雪の果】【如月】、席題【伊勢参】。
 出席13名、投句17名でした。

 純也主宰の特選22句を清記順に報告致します。

 忘れ雪消えて鳥語の湧くごとし   吉本隆太郎
 単線の終着駅の名残雪       伊藤とし子
 峠路に雪のちらつく伊勢参     畠中俊美
 湖明かりして名残雪消えゆきぬ   米田静枝
 ジョギングの河川敷行く雪の果   大竹美智子
 松が枝に解けつつ光る忘れ雪    伊瀬知正子
 たどり来し花背の里の雪の果    織作香代
 御所の松名残の雪のひとしきり   清水多憙子
 ただ座る看取りの窓の雪の果    芳田トモ子
 やうやくに雪の別れとなりにけり  畠中俊美
 山越えて名残の雪のまのあたり   織作香代
 うすうすと大文字山の忘れ雪    伊藤とし子
 千枚田守れる曽々木の雪の果    畠中俊美
 古戦場望む峠の雪の果       島田夏楓
 こたびこそ名残の雪と思ひつつ   堂前悦子
 堂裏の薄墨色の忘れ雪       米田静枝
 シチュー煮る窓に音なく忘れ雪   清水多憙子
 降りて止み止みては降りて雪の果  松田桐花
 踊り子の越えし天城の別れ雪    藤堂くにを
 関ヶ原別れの雪となりにけり    西村妙子
 ひとしきり名残の雪の離任式    芳田トモ子
 嵩減りし薪の上に積む別れ雪    伊瀬知正子  
    
 三村純也先生御句

 山国のいつとは知れぬ雪の果
 今度こそ雪の別れと思ひたく
 雪の果惜しむ心のなくもなし

 次回は4月6日(金)2時締切、兼題は【長閑】【花】です。
 皆様のご出席をお待ち申し上げます。
                       (報告/里見かつこ)  


 水無瀬句会(2月2日)報告

 兼題は【春待つ】と【厄落し】、出席13名、投句18名でした。

 純也主宰の特選14句を清記順に報告致します。

 誘はれし旅に浮き立ち春を待つ   横田昭二
 昇格の海外赴任春を待つ      伊瀬知正子
 憂きことを忘れて春を待ちにけり  堂前悦子
 約せしは二三にあらず春を待つ   西上禎子
 散財といふ厄落ありにけり     山内茉莉
 土器を一気に投げて厄落      竹内恵子
 海に向く玻璃戸を磨き春を待つ   伊藤とし子
 春待つや食養生に心して      西上禎子
 ランドセル届きし日より春を待つ  芳田トモ子
 火渡りの熾を走りて厄落す     竹内恵子
 五円玉ばかりを賽し厄落し     横田昭二
 リハビリの膝さすりつつ春を待つ  島田夏楓
 百度踏む人もまじりて厄落す    米澤道子
 雑木山靄立ち込めて春近し     西村妙子

 三村純也先生御句

 待つことに慣れし暮らしに春を待つ
 木蔭より女出て来て厄落とす
 月影の明るすぎたる厄落
 年寄のすすめるままに厄落とす

 次回は3月2日(金)2時締切、兼題は【如月】【雪の果】です。
 皆様のご出席をお待ち申し上げます。  
                       (報告/里見かつこ)
 


 水無瀬句会(1月5日)

 兼題は【初空】と【初電話】 席題【雑煮】 出席14名 投句19名でした。
 純也主宰の特選11句を清記順に報告致します。

 元気よき声の飛び込む初電話     西村妙子
 身拵へ固むる外出寒に入る      西上禎子
 病癒えし声の響ける初電話      米澤道子
 初茜村の夜明けは田んぼから     里見かつこ
 白寿とは思へぬ声の初電話      藤堂くにを
 背伸して初灯明を点しけり      辻井左夜佳
 ワイキキを手に取るやうに初電話   藤堂くにを
 今し鳴る待ちわびてゐし初電話    境 雅秋
 ダイヤモンド富士に恵まれ初御空   松澤新陽
 姉の声妣かと紛ふ初電話       伊瀬知正子
 なめらかに鳶輪を描く初御空     吉本隆太郎  

  三村純也先生御句

 初電話ならずFAXなりしかな
 初電話果たして彼や物堅き 
 初空を仰ぎ決心したること

 次回は2月2日(金)2時締切 兼題は【春待つ】【厄落し】です。
 皆様のご出席をお待ち申し上げます。
                          (報告/里見かつこ)  


 水無瀬句会(12月1日)報告

 兼題は【生姜酒】と【寒さ】 席題【池普請】、出席14名、投句17名でした。
 純也主宰の特選27句を清記順に報告致します。

 はちみつを一滴二滴生姜酒      織作香代
 近道の畦を来し顔寒々と       松澤新陽
 ただいまと遺影の夫に言ふ寒さ    堂前悦子
 忌を修す父逝きし日の寒さ言ひ    境 雅秋
 外来魚駆除を兼ねたる池普請     杉アよしこ
 薬よりこれに限ると生姜酒      大竹美智子
 寒いならおいでとメールハワイより  西上禎子
 生姜湯も好き生姜酒もつと好き    藤堂くにを
 冷ゆる夜の下戸にも少し生姜酒    伊藤とし子
 生姜酒荒れたる喉に染みにけり    杉アよしこ
 大寺の足裏からくる寒さかな     織作香代
 何にでも効くとすすめる生姜酒    清水多憙子
 猫舌はDNAぞ生姜酒        藤堂くにを
 葬礼の片付け早き寒さかな      辻井左夜佳
 池普請戻せし水のまだ濁る      山内茉莉
 生姜酒生姜湯家族飲み分けて     織作香代
 跳ねまはる鯉をまづ売り池普請    横田昭二
 寝る前の生姜効かせし酒熱う     西上禎子
 冷え性の祖母のたしなみ生姜酒    島田夏楓
 自転車ごと乗りし渡舟の寒さかな   米澤道子
 身に痼り心にしこりある寒さ     里見かつこ
 吹き抜くる渡舟の風の寒さかな    伊瀬知正子
 足音のひびく夜道の寒さかな     大竹美智子
 辛さにもすぐに馴染みて生姜酒    横田昭二
 かたまりて堂の寒さに法話聞く    畠中俊美
 冷え症の身の晩酌の生姜酒      杉アよしこ
 葛根湯がはりに飲みて生姜酒     清水多憙子

 三村純也先生御句

 薬とてやや過ごしたる生姜酒
 生姜酒には勿体なき銘酒かな
 寒々と悪しき予感の当たりたる

 次回は1月5日(金)1時締切、兼題は【初空】【初電話】です。
 皆様のご出席をお待ち申し上げます。
                        (報告/里見かつこ)  


 水無瀬句会(11月3日)報告

 兼題は【落葉】と【北窓塞ぐ】 席題【初時雨】、出席13名投句19名でした。
 純也主宰の特選24句を清記順に報告致します。

 掃きぐせの馴染む箒に落葉掻く    伊瀬知正子
 落葉掃風にいぢわるされにけり    里見かつこ
 ガレージの隅へ落葉の吹き溜る    米澤道子
 山ガールらしき一行落葉道      西村妙子
 山寺の一夜の落葉かほどにも     吉田富枝
 竹林にかかるともなき初時雨     横田昭二
 一歩づつ足沈めゆく落葉径      辻井左夜佳
 北窓を塞ぎ藪騒遠ざかる       杉アよしこ
 北窓を塞げば風の唸り来る      島田夏楓
 北窓を塞ぐ風音聞きながら      堂前悦子
 筵もて北窓塞ぐ牛舎かな       境 雅秋
 マルチーズ連れてマロニエ落葉踏む  藤堂くにを
 落葉掃く奉仕の法被そこここに    西上禎子
 北窓を塞ぎ小部屋を慈む       島田夏楓
 番小屋の小さき北窓塞ぎけり     大竹美智子
 落葉踏み沢に沿ひゆく札所道     畠中俊美
 朝ごとの落葉掃く人蹴りゆく人    伊藤とし子
 街灯の照らせる落葉時雨かな     西上禎子
 北窓を塞ぐにまづは掃除して     浅野智久恵
 北窓を塞ぎて灯す机辺かな      横田昭二
 分け入りて落葉時雨の磨崖仏     竹内恵子
 廃園の遊具へ落葉降りそそぐ     奥野とみ
 北塞ぎ明日は杜氏に行くと言ふ    芳田トモ子
 北窓を塞ぎ噂に遠くゐる       境 雅秋

 三村純也先生御句

 隠居部屋より北窓を塞ぎけり
 アトリエの北窓塞ぐこともなし
 一日で掃けぬ落葉となりにけり
 焚くこともならぬ落葉を掃きにけり

 次回は12月1日(金)2時締切です。
 綺麗になりました公会堂は1階を使用できるようになりましたので、足元が楽に
 なりました。
 皆様のご出席をお待ち申し上げます。
 兼題は【生姜酒】【寒さ】です。
                           (報告/里見かつこ)
 


 水無瀬句会(10月6日)

 兼題は【秋の雨】と【椎茸】、席題【実南天】、出席13名 投句18名でした。
 純也主宰の特選13句を清記順に報告致します。

 榾木古り椎茸小粒ばかりなり   伊瀬知正子
 木漏日の椎茸園の匂ひかな    杉アよしこ
 椎茸の榾木へ日の斑やはらかき  島田夏楓
 椎茸を干すあるだけの笊出して  芳田トモ子
 ことのほか早き暮色の秋の雨   織作香代
 駅前の写真屋ひそと秋の雨    田中晃真
 病棟の廊下の湿り秋の雨     石部洋子
 椎茸の菌打つ音のひびきけり   織作香代
 遊具なき児童公園秋の雨     杉アよしこ
 大き目を選りて椎茸笊に干す   松田桐花
 ぱらぱらと上りきらざる秋の雨  横田昭二
 いつの間に昼が夜となり秋の雨  芳田トモ子
 防犯灯消えては点いて秋黴雨   西上禎子

 次回は11月3日(金)2時締切、兼題は【北窓塞ぐ】【落葉】です。
 綺麗になった高浜公会堂へ皆さまのご出席をお待ち申し上げます。
                           (報告/里見かつこ)
 


 水無瀬句会(9月1日)報告

 会場の都合で今月も出句のみとなりました。
 兼題は【二百十日】と【秋の灯】、出句者31名。
 純也主宰の特選16句を清記順に報告致します。

 秋燈に集るだけで佳き仲間     藤堂くにを
 二百十日水の買ひ置きたしかめて  西村妙子
 刈り急ぐ二百十日の風荒く     山内茉莉
 そよ風の庭に厄日の気配なく    堂前悦子
 ビル街の一部屋ごとの秋灯     島田夏楓
 家族出て実を採り入るる厄日まへ  米澤道子
 飛行機に二百十日の月とあり    山内茉莉
 隣人の灯火親しむ影うごく     畠中俊美
 人工芝のベランダ乾く厄日かな   辻井左夜佳
 風も出ず二百十日の過ぎにけり   竹内恵子
 秋灯や綴ぢ糸直す謡本       奥野とみ
 灯下親しむ少年にコミック本    西上禎子
 テトラポット波迎へ打つ厄日かな  田中晃真
 らしくなき二百十日の空仰ぐ    堂前悦子
 夕茜二百十日の無事を謝す     伊藤とし子
 果樹園の添木繕ふ厄日かな     米澤道子

 次回は10月6日(金)です。
 高浜公会堂の改修工事が終了しましたので、通常通りの句会になります。
 新装なりました公会堂へ、みなさまのご出席をお待ち申し上げます。
 兼題は【秋の雨】【椎茸】です。
                        (報告/里見かつこ)  


 水無瀬句会(8月4日)報告

 会場の都合で出句のみとなりました。
 兼題は【南瓜】と【星月夜】 出句者32名でした。
 純也主宰の特選15句を清記順に報告致します。

 甲板の椅子に仰げる星月夜      芳田トモ子
 山脈の黒々とある星月夜       伊藤とし子
 南瓜ごろごろ飛鳥路のなぞへ畑    境 雅秋
 南瓜蔓畦道に伸び居座れる      畠中俊美
 ひとまづは南瓜寝かせる三和土かな  織作香代
 その中にダイヤモンドも星月夜    田中晃真
 ココ椰子の葉擦れの浜の星月夜    奥野とみ
 中風除け供養の南瓜頂きぬ      畠中俊美
 島宿の何はなくとも星月夜      境 雅秋
 偲ぶとは語ることなり星月夜     藤堂くにを
 夫とても一気に割れぬ大南瓜     畠中俊美
 朝市の切売りのなき南瓜かな     米澤道子
 野放図にどこへでも這ふ南瓜蔓    吉本隆太郎
 果てしなく砂漠の白く星月夜     杉アよしこ
 ワイキキの砂冷めずして星月夜    西上禎子

 次回は9月1日(金)ですが、高浜公会堂緊急改修工事延長のために、句会は
 取り止め出句のみとなります。
 兼題は【二百十日】【秋の灯】です。
 皆様のご出句お待ち申し上げます。
                        (報告/里見かつこ)
 


 水無瀬句会(7月7日)報告

 会場の都合で出句のみとなりました。
 兼題は【茄子】と【夕立】、出句者32名でした。

 純也主宰の特選19句を清記順に報告致します。

 裸婦像を丸洗ひして夕立晴      奥野とみ
 夕立に遭ひて逃げ込む峠茶屋     米田静枝
 日の温み残す茄子を貰ひけり     吉本隆太郎
 手に裂きし水茄子漬の紫紺かな    伊瀬知正子
 公園の夕立去りたる雫かな      大竹美智子
 夕立の長蛇のタクシーのりばかな   米田静枝
 夕立にテニスコートを明け渡す    藤堂くにを
 夕立に濡れるがままにペダル踏む   石部洋子
 夕立にシャッター街の軒を借る    西上禎子
 水占の水面を叩く夕立かな      島田夏楓
 大夕立傘持つ人も踏みだせず     伊瀬知正子
 煮て揚げて茄子の献立ことかかず   清水多憙子
 いつしかに夫婦似てきし焼茄子    畠中俊美
 ともかくも駅に飛び込む夕立かな   清水多憙子
 丹精の茄子採れること採れること   境 雅秋
 朝市のしづくのままに茄子盛る    米澤道子
 もぎたての茄子の蔕に刺さされけり  杉アよしこ
 潮入川遡り行く白雨かな       境 雅秋
 悔残しコールドゲーム大夕立     奥野とみ

 次回は8月4日(金)ですが、高浜公会堂緊急改修工事のため、句会は取り
 止め、7月同様、出句のみとします。
 兼題は【星月夜】【南瓜】です。
 皆様のご出句お待ち申し上げます。
                        (報告/里見かつこ)
 










俳句「山茶花」のホームページです