みをつくし句会    兼題句会(席題あり)雑詠可
 定例日=第二水曜日
 句会場=大阪市中央公会堂、AP大阪など

 みをつくし句会(第481回 2月14日開催)純也選報告

 兼題は「二月」と「いぬふぐり」、席題は「白魚」でした。
 純也主宰の特選は11句でした。

 三村純也選。

 宍道湖の朝日もろとも白魚汲む    松澤新陽
 久々の洗濯日和いぬふぐり      西村妙子
 照りくれば碧の絨毯いぬふぐり    山内繭彦
 昨日より今日の日射しの犬ふぐり   菅野惇子
 濃く淡く棚田の畦のいぬふぐり    米澤道子
 川風の冷たけれどもいぬふぐり    杉本蒼生子
 犬ふぐり境界石の朱の褪せて     境 雅秋
 畦あれば小径のあればいぬふぐり   清水多憙子
 夕方の空の明るき二月かな      横田昭二
 白魚網大きく水を零しけり      香山直子
 網叩き寄せて白魚一トすくひ     小塚青楓

 純也先生吟

 橋渡る二月の風を覚悟して
 いぬふぐり咲いてそろそろ鍬手入
 目を洗ふほどに瑠璃濃きいぬふぐり
 いぬふぐり大いぬふぐり咲き交じる
 
                       (報告/山内茉莉)  


 みをつくし句会(第480回 1月10日開催)純也選報告

 兼題は「スキー」と「寒月」、席題は「宝恵籠」でした。
 三村純也主宰の特選は22句でした。

 純也主宰選

 スキー場スノボコースの賑はへる    小塚青楓
 音高く夜汽車過ぎゆく寒の月      石井順恵
 幇間の掛声揃ふ戎籠          境 雅秋
 就職の決まりスキーへ出かけし子    杉本蒼生子
 温泉にスキー疲れを癒しけり      清水多憙子
 退勤の人の駆け込むスキーバス     石井順恵
 雪焼に旅の楽しさ聞かずとも      大沢美代女
 タクシーの空車待つ夜の寒の月     浜田きみ子
 乗り越えしあの日あの時寒の月     大沢美代女
 寒月に散居の村の隠れなし       香山直子
 リフト待つ間も気の逸るスキーかな   山田綾子
 梁煤け薪の香満つるスキー宿      小塚清風
 スキーヤー寝落ちし帰路のバス静か   浜田きみ子
 もう子には添うて滑れぬスキーかな   里見かつこ
 雪煙上げてスキーのはや遠し      杉本蒼生子
 満員の雑魚寝承知のスキー宿      浜田きみ子
 リフト券腕に巻きつけスキーヤー    小塚青楓
 スキー履き登校せしはその昔      淺野智久恵
 寒月やとぎれとぎれに通夜の客     山田綾子
 ひもすがらカレーの匂ふスキー宿    畠中俊美
 宝恵籠に喜劇役者の真顔積む      藤堂くにを
 宝恵籠の大阪締めに発つてゆく     山内茉莉

 純也先生吟

 寒三日月割れしガラスの如くにも
 寒月の赤きに地震を怖れけり
 味噌鍋が名物にしてスキー宿
 スキーヤー山を背負ひて来たりけり
 
                        (報告/山内茉莉)  


 みをつくし句会(第479回 12月13日開催)純也選報告

 兼題は「冬凪」と「ポインセチア」、席題は「極月」でした。
 冬凪の句に湖の冬凪がありました。
 冬凪は海だけで湖は言えないか?と句会で質問があり、純也先生にお伺い
 したところ湖もいいのではとのお返事でした。

 純也先生の特選は次のとおりです。

 ほどほどの幸せポインセチア買ふ    米澤道子
 冬凪や白き灯台なほ白く        織作香代
 冬凪の船小屋どこも出払うて      西村妙子
 極月のティッシュ配りの無表情     米澤道子
 冬凪の潮目を過るフェリーかな     山内茉莉
 冬凪の波止にチャペルの鐘ひびく    大竹美智子
 冬凪や要塞たりし島聳え        境 雅秋
 二次会へポインセチアの階を踏む    境 雅秋
 冬凪の積荷はかどる波止場かな     横田昭二
 歓迎のポインセチアを飾りけり     山内繭彦
 待ち合はすポインセチアのロビーかな  清水多憙子
 病室を明るくポインセチアかな     山田綾子
 ポインセチア据ゑてパーティ整ひぬ   山田綾子
 また一つ極月の用後回し        山内茉莉
 日差しより灯を恋うポインセチアとも  大沢美代女
 冬凪の波止場のフリーマーケット    大竹美智子
 極月の買ひ置きし物また買うて     山内茉莉

 純也先生吟

 読み倦みてポインセチアに目を移す
 病室の聖画とポインセチアかな
 冬凪の果てに全き日の沈む
 冬凪の曇つて来ても暮れ来ても
 冬凪の沖に鎮座の神の島
 
                        (報告/山内茉莉)  


 みをつくし句会(第478回 11月8日開催)純也選報告

 今回の兼題の一つ「亥の子」は陰暦10月の亥の日に、関西方面で行われて
 いる行事で、山に帰られる田の神に感謝する収穫祭のようなものです。
 見たことがない人が多く、難解な兼題に挑まれた方に感謝しています。
 兼題のもう一つは「大綿」、席題は「小春」でした。
 先生の特選22句を清記順にご報告します。

 風音にまじりて聞こゆ亥の子唄    西村妙子
 大綿の急ぐともなく漂へり      香山直子
 肉桂の香を搗きいれて亥の子餅    大竹美智子
 大綿と見れば一度は掬ひたく     高木とし子
 村ぢゆうに配り配られ亥の子餅    山内繭彦
 まばたきをすれば大綿見失ふ     田中晃真
 産土へ黄粉まぶしの亥の子餅     小室藍香
 大綿を御廟の前に見失ふ       山田綾子
 和菓子舗の少し小ぶりの亥の子餅   杉本蒼生子
 応へなき家へ悪たれ亥の子搗     山内繭彦
 列なして御所へ献上玄猪餅      杉崎よしこ
 千石を蔵に積むてふ亥の子唄     藤堂くにを
 大綿のしらじら増ゆる夕まぐれ    米澤道子
 亥の子餅まづ田の神へ供へあり    清水多憙子
 それらしき焼印押され亥の子餅    織作香代
 旅人へ振る舞ひくれし亥の子餅    西村妙子
 廃屋の寒天小屋に雪ばんば      里見かつこ
 黒胡麻の粒のほのかに亥の子餅    大竹美智子
 日翳れば綿虫青味帯び来たる     山内繭彦
 綿虫のもてあそばるる風すこし    小塚青楓
 腰痛をかばひつつ搗く亥の子餅    石井順恵
 縁側に時間止つてゐる小春      藤堂くにを

 純也先生吟

 風の夜となつて来たりし亥の子かな
 数へ唄唱へて亥の子突きにけり
 亥の子突色とりどりの襷して
 振る舞へば金持じやとて亥の子餅
 
                         (記録/山内茉莉)  


 みをつくし句会(第477回 10月11日開催)純也選報告

 毎回みをつくし句会の兼題は難しいと言われますが10月の特選は20句も
 ありました。幹事としては嬉しい限りです。
 10月の兼題は「落花生」と「身に入む」、席題は「威銃」でした。

 純也先生選

 身に入むや友逝く話病む話     杉本蒼生子
 身に入むや継ぐ者のなく店たたむ  石井順恵
 威銃飛鳥巡りの足止めて      山田綾子
 身に入むや昭和のままの小商    田口町子
 称名寺参道に売る落花生      小室藍香
 身に入むや行年若き兵の墓     境 雅秋
 身に入むや母の残せし日記帳    畠中俊美
 身に入むや鏡の顔の皺深く     石井順恵
 テロ跡に立ちし十字架身にぞ入む  奥田花珠子
 身に入むや流人の小屋は窓ひとつ  境 雅秋
 喰ひだせば残すことなく落花生   山内繭彦
 今更に夫なき暮し身に入みぬ    堂前悦子
 身に入むやピエロの丸き頬の紅   高橋 翠
 今さらに夫の大きさ身にぞ入む   大澤美代女
 ひとり居の夜風身にしむ家路かな  石部洋子
 見舞はれて人の心の身に入みぬ   香山直子
 身に入むや閉店セール賑うて    大竹美智子
 ひとつづつ振りて選別落花生    芳田トモ子
 献体の友の決意の身にぞ入む    濱田きみ子
 落花生干す広縁の新聞紙      山内茉莉

 純也先生吟

 神戸には移民の歴史落花生
 言ひ返す言葉もあらず身に入みぬ
 お決まりの成田土産の落花生
 身に入みて明日は我が身のこと多く
 落花生剥くにも品のありにけり


 11月は句会場が大阪駅前第一ビル11階の「凌霜クラブ」です。
 多数のご参加をお待ちしています。
                         (報告・山内茉莉)  


 みをつくし句会(第476回 9月13日開催)純也選報告

 兼題は「西鶴忌」と「鰯」、席題は「曼珠沙華」でした。
 西鶴忌はどうしても取り合わせが多くなりがちですが、かなり面白い俳句が
 ありました。
 鰯は身近な魚なのでなるほどという句です。
 席題の曼珠沙華は入選したのは2句のみ。やはり、即吟は難しいようです。

 先生の特選をお知らせします。

 純也先生選

 西鶴忌多作多捨とは言ふものの   杉崎よしこ
 色街のすたれて久し西鶴忌     清水多憙子 
 朝釣りのびく満杯の鰯かな     田中晃真
 浜干しの鰯狙ひて鳶高し      小室藍香
 好色は人の性なり西鶴忌      杉本蒼生子
 豪商は夢のまた夢西鶴忌      濱田きみ子
 トロ箱を跳ねる鰯の糶られ行く   奥田花珠子
 鰯糶るこぼれし鰯踏みながら    堂前悦子
 無造作に春画積む書肆西鶴忌    境 雅秋
 その小さき墓へ夕日の西鶴忌    山田綾子
 海光の蜑路地狭め鰯干す      畠中俊美
 いつの間に鰯も裂ける主婦となる  菅野惇子
 とりたてを指で捌きて鰯かな    清水多憙子
 即吟のうらやましくも西鶴忌    田口町子
 色男を以つて任じて西鶴忌     境 雅秋
 町名に残る花街西鶴忌       米澤道子
 今もあるそろばんの塾西鶴忌    山田綾子
 デパートの質流展西鶴忌      山内茉莉

 純也先生吟

 演習の一代男西鶴忌
 骨のまま喰へて梅煮の大鰯
 一円が足らざるレジや西鶴忌
 会計のカード一枚西鶴忌
                        (報告/山内茉莉)  


  みをつくし句会(第475回 8月9日開催)報告

 兼題は「相撲」と「赤のまま」、席題は「大根蒔く」でした。
 純也先生からは「“相撲”と季題さえ入れば良し、ではなく、季感が必要」と
 ご指導がありました。
 兼題をよく理解して作らなければ・・・と反省です。

 先生の特選15句を清記順にお知らせします。
 
 純也先生選

 草相撲にも砂被りてふ処        藤堂くにを
 弱さうな子に声飛んで草相撲      西村妙子
 大根蒔くにも大安を選びけり      藤堂くにを
 田舎道どこもよく似て赤のまま     田口町子
 少年を負かして少女草相撲       杉本蒼生子
 ままごとの茣蓙に散らばる赤のまま   石井順恵
 ままごとは昭和の遊び赤のまま     小塚青楓
 大根蒔く恵みとなりし日照雨かな    畠中俊美
 八朔相撲小さきながらも勝ちすすむ   畠中俊美
 緬羊舎昼はからつぽ赤のまま      奥田花珠子
 赤のまま暗渠は口を昏く開け      境 雅秋
 午後よりは少女の部あり宮相撲     大竹美智子
 痩せし子の番狂はせの宮相撲      畠中俊美
 決壊の土手に残れり赤のまま      松澤新陽
 たはやすく転びまた起つ草相撲     山田綾子

 純也先生吟

 スカウトの人の来てゐる村相撲
 大技の出でて湧き立つ宮相撲
 女人禁制を守りて宮相撲
 逸材と村相撲より知られたる
 
                          (文責 山内茉莉)  


 みをつくし句会(第474回 7月12日開催)報告

 暑い中、句会場の変更にも関わらず出席下さった皆さまに御礼申し上げます。
 打水も道をしへも席題の草いきれも 身近だったのか入選が多く係として嬉し
 く感じました。
 兼題は「打水」と「道をしへ」、席題は「草いきれ」でした。

 純也先生選

 水を打つ女将の白き踵かな     杉本蒼生子
 道をしへ分岐の道を迷ひなく    山田 明
 夕星の土手に残れる草いきれ    松澤新陽  
 向ひあふお茶屋競ひて水を打つ   畠中俊美
 打水や通行人へ会釈して      西村妙子
 いみじくも近道をゆく道をしへ   織作香代
 水打つていよよ灯の入る先斗町   畠中俊美
 水打つて提灯映ゆる石畳      杉崎よしこ
 撒水車足を濡らして追ひし日も   高木とし子
 僧を待つ門に二度目の水を打つ   大竹美智子
 小さくとも老舗割烹水を打つ    松澤新陽
 頂上へ着けば消えゐし道をしへ   杉本蒼生子
 水を打つ仕草の粋な女将かな    杉崎よしこ
 打水の路地に提灯点りそむ     大竹美智子
 斑猫のひげの先まで瑠璃しるき   香山直子
 打水や勢ぞろひして客を待ち    山内繭彦
 分け入りて淀の湾処の草いきれ   畠中俊美
 この道をたどればいつも道をしへ  石井順恵
 高々と飛びていづこへ道をしへ   芳田トモ子

 純也先生吟

 水を打ち重ね商売敵かな 
 亡骸を迎ふる水を打ちにけり
 
                        (報告/山内茉莉)












俳句「山茶花」のホームページです