みをつくし句会    兼題句会(席題あり)雑詠可
 定例日=第二水曜日
 句会場=大阪市中央公会堂、AP大阪など

 みをつくし句会(第478回 11月8日開催)純也選報告

 今回の兼題の一つ「亥の子」は陰暦10月の亥の日に、関西方面で行われて
 いる行事で、山に帰られる田の神に感謝する収穫祭のようなものです。
 見たことがない人が多く、難解な兼題に挑まれた方に感謝しています。
 兼題のもう一つは「大綿」、席題は「小春」でした。
 先生の特選22句を清記順にご報告します。

 風音にまじりて聞こゆ亥の子唄    西村妙子
 大綿の急ぐともなく漂へり      香山直子
 肉桂の香を搗きいれて亥の子餅    大竹美智子
 大綿と見れば一度は掬ひたく     高木とし子
 村ぢゆうに配り配られ亥の子餅    山内繭彦
 まばたきをすれば大綿見失ふ     田中晃真
 産土へ黄粉まぶしの亥の子餅     小室藍香
 大綿を御廟の前に見失ふ       山田綾子
 和菓子舗の少し小ぶりの亥の子餅   杉本蒼生子
 応へなき家へ悪たれ亥の子搗     山内繭彦
 列なして御所へ献上玄猪餅      杉崎よしこ
 千石を蔵に積むてふ亥の子唄     藤堂くにを
 大綿のしらじら増ゆる夕まぐれ    米澤道子
 亥の子餅まづ田の神へ供へあり    清水多憙子
 それらしき焼印押され亥の子餅    織作香代
 旅人へ振る舞ひくれし亥の子餅    西村妙子
 廃屋の寒天小屋に雪ばんば      里見かつこ
 黒胡麻の粒のほのかに亥の子餅    大竹美智子
 日翳れば綿虫青味帯び来たる     山内繭彦
 綿虫のもてあそばるる風すこし    小塚青楓
 腰痛をかばひつつ搗く亥の子餅    石井順恵
 縁側に時間止つてゐる小春      藤堂くにを

 純也先生吟

 風の夜となつて来たりし亥の子かな
 数へ唄唱へて亥の子突きにけり
 亥の子突色とりどりの襷して
 振る舞へば金持じやとて亥の子餅
 
                         (記録/山内茉莉)  


 みをつくし句会(第477回 10月11日開催)純也選報告

 毎回みをつくし句会の兼題は難しいと言われますが10月の特選は20句も
 ありました。幹事としては嬉しい限りです。
 10月の兼題は「落花生」と「身に入む」、席題は「威銃」でした。

 純也先生選

 身に入むや友逝く話病む話     杉本蒼生子
 身に入むや継ぐ者のなく店たたむ  石井順恵
 威銃飛鳥巡りの足止めて      山田綾子
 身に入むや昭和のままの小商    田口町子
 称名寺参道に売る落花生      小室藍香
 身に入むや行年若き兵の墓     境 雅秋
 身に入むや母の残せし日記帳    畠中俊美
 身に入むや鏡の顔の皺深く     石井順恵
 テロ跡に立ちし十字架身にぞ入む  奥田花珠子
 身に入むや流人の小屋は窓ひとつ  境 雅秋
 喰ひだせば残すことなく落花生   山内繭彦
 今更に夫なき暮し身に入みぬ    堂前悦子
 身に入むやピエロの丸き頬の紅   高橋 翠
 今さらに夫の大きさ身にぞ入む   大澤美代女
 ひとり居の夜風身にしむ家路かな  石部洋子
 見舞はれて人の心の身に入みぬ   香山直子
 身に入むや閉店セール賑うて    大竹美智子
 ひとつづつ振りて選別落花生    芳田トモ子
 献体の友の決意の身にぞ入む    濱田きみ子
 落花生干す広縁の新聞紙      山内茉莉

 純也先生吟

 神戸には移民の歴史落花生
 言ひ返す言葉もあらず身に入みぬ
 お決まりの成田土産の落花生
 身に入みて明日は我が身のこと多く
 落花生剥くにも品のありにけり


 11月は句会場が大阪駅前第一ビル11階の「凌霜クラブ」です。
 多数のご参加をお待ちしています。
                         (報告・山内茉莉)  


 みをつくし句会(第476回 9月13日開催)純也選報告

 兼題は「西鶴忌」と「鰯」、席題は「曼珠沙華」でした。
 西鶴忌はどうしても取り合わせが多くなりがちですが、かなり面白い俳句が
 ありました。
 鰯は身近な魚なのでなるほどという句です。
 席題の曼珠沙華は入選したのは2句のみ。やはり、即吟は難しいようです。

 先生の特選をお知らせします。

 純也先生選

 西鶴忌多作多捨とは言ふものの   杉崎よしこ
 色街のすたれて久し西鶴忌     清水多憙子 
 朝釣りのびく満杯の鰯かな     田中晃真
 浜干しの鰯狙ひて鳶高し      小室藍香
 好色は人の性なり西鶴忌      杉本蒼生子
 豪商は夢のまた夢西鶴忌      濱田きみ子
 トロ箱を跳ねる鰯の糶られ行く   奥田花珠子
 鰯糶るこぼれし鰯踏みながら    堂前悦子
 無造作に春画積む書肆西鶴忌    境 雅秋
 その小さき墓へ夕日の西鶴忌    山田綾子
 海光の蜑路地狭め鰯干す      畠中俊美
 いつの間に鰯も裂ける主婦となる  菅野惇子
 とりたてを指で捌きて鰯かな    清水多憙子
 即吟のうらやましくも西鶴忌    田口町子
 色男を以つて任じて西鶴忌     境 雅秋
 町名に残る花街西鶴忌       米澤道子
 今もあるそろばんの塾西鶴忌    山田綾子
 デパートの質流展西鶴忌      山内茉莉

 純也先生吟

 演習の一代男西鶴忌
 骨のまま喰へて梅煮の大鰯
 一円が足らざるレジや西鶴忌
 会計のカード一枚西鶴忌
                        (報告/山内茉莉)  


  みをつくし句会(第475回 8月9日開催)報告

 兼題は「相撲」と「赤のまま」、席題は「大根蒔く」でした。
 純也先生からは「“相撲”と季題さえ入れば良し、ではなく、季感が必要」と
 ご指導がありました。
 兼題をよく理解して作らなければ・・・と反省です。

 先生の特選15句を清記順にお知らせします。
 
 純也先生選

 草相撲にも砂被りてふ処        藤堂くにを
 弱さうな子に声飛んで草相撲      西村妙子
 大根蒔くにも大安を選びけり      藤堂くにを
 田舎道どこもよく似て赤のまま     田口町子
 少年を負かして少女草相撲       杉本蒼生子
 ままごとの茣蓙に散らばる赤のまま   石井順恵
 ままごとは昭和の遊び赤のまま     小塚青楓
 大根蒔く恵みとなりし日照雨かな    畠中俊美
 八朔相撲小さきながらも勝ちすすむ   畠中俊美
 緬羊舎昼はからつぽ赤のまま      奥田花珠子
 赤のまま暗渠は口を昏く開け      境 雅秋
 午後よりは少女の部あり宮相撲     大竹美智子
 痩せし子の番狂はせの宮相撲      畠中俊美
 決壊の土手に残れり赤のまま      松澤新陽
 たはやすく転びまた起つ草相撲     山田綾子

 純也先生吟

 スカウトの人の来てゐる村相撲
 大技の出でて湧き立つ宮相撲
 女人禁制を守りて宮相撲
 逸材と村相撲より知られたる
 
                          (文責 山内茉莉)  


 みをつくし句会(第474回 7月12日開催)報告

 暑い中、句会場の変更にも関わらず出席下さった皆さまに御礼申し上げます。
 打水も道をしへも席題の草いきれも 身近だったのか入選が多く係として嬉し
 く感じました。
 兼題は「打水」と「道をしへ」、席題は「草いきれ」でした。

 純也先生選

 水を打つ女将の白き踵かな     杉本蒼生子
 道をしへ分岐の道を迷ひなく    山田 明
 夕星の土手に残れる草いきれ    松澤新陽  
 向ひあふお茶屋競ひて水を打つ   畠中俊美
 打水や通行人へ会釈して      西村妙子
 いみじくも近道をゆく道をしへ   織作香代
 水打つていよよ灯の入る先斗町   畠中俊美
 水打つて提灯映ゆる石畳      杉崎よしこ
 撒水車足を濡らして追ひし日も   高木とし子
 僧を待つ門に二度目の水を打つ   大竹美智子
 小さくとも老舗割烹水を打つ    松澤新陽
 頂上へ着けば消えゐし道をしへ   杉本蒼生子
 水を打つ仕草の粋な女将かな    杉崎よしこ
 打水の路地に提灯点りそむ     大竹美智子
 斑猫のひげの先まで瑠璃しるき   香山直子
 打水や勢ぞろひして客を待ち    山内繭彦
 分け入りて淀の湾処の草いきれ   畠中俊美
 この道をたどればいつも道をしへ  石井順恵
 高々と飛びていづこへ道をしへ   芳田トモ子

 純也先生吟

 水を打ち重ね商売敵かな 
 亡骸を迎ふる水を打ちにけり
 
                        (報告/山内茉莉)


 みをつくし句会(第473回 6月14日開催)報告

 みをつくし句会、皆さまにご心配をおかけいたしました。
 6月から復帰しました。

 今月の兼題は「昼網」と「未央柳」、席題は「蛍」でした。
 昼網の糶を見たことが無い方があり、難しいとの意見と知らない季題に挑戦す
 る面白さがあるとの意見もありました。
 これからも、困って(?)挑戦して下さい。
   
 純也先生特選

 昼網の糶声波止にひびきけり    大竹美智子
 昼網の小魚こぼるるまま運ぶ    米澤道子
 沖眺め昼網の糶待つ男       大竹美智子
 昼網の老漁夫にして矍鑠と     浜田きみ子
 やうやくに暮れて蛍の湧き出づる  畠中俊美
 昼網の糶場に猫の屯せる      境 雅秋
 昼網の水音絶えざる糶場かな    杉崎よしこ
 昼網の跳ねる小蝦と小魚と     杉本蒼生子
 昼網の糶を待ちゐる猫車      畠中俊美
 潮水に昼網の雑魚流しけり     山内茉莉
 見物の囲む昼網はや終る      米澤道子
 声高に昼網と手を叩き売る     石井順恵
 わが腕に来し蛍の飛び去らず    小塚青楓
 昼網の跳ねて糶台落つるもの    堂前悦子
 蛍火の消えて瀬音の高まり来    畠中俊美
 昼網の跳ねゐる鰈買ひにけり    菅野惇子
 昼網の氷の嵩の夥し        浅野智久恵

                        (文責/山内茉莉)
 


 みをつくし句会(第472回 5月10日開催)報告

 兼題は「葉桜」と「海酸漿」でした。

 三村純也先生の特選9句を清記順にご報告いたします。

 葬送の車列の道の花は葉に    織作香代
 葉桜の哲学の道風騒ぐ      畠中俊美
 帰国子にたつぷりと炊く豆の飯  奥田花珠子
 葉桜となりて山路の山気濃く   里見かつこ
 海酸漿鳴らし晶子の海遠し    大沢美代女
 名木の葉桜仰ぐ人もなく     小室藍香
 葉桜の野崎参りとなりにけり   藤堂くにを
 葉桜の日の斑きらめく流れかな  清水多憙子
 葉桜に明るき雨の一と日かな   杉本蒼生子

 三村純也先生吟

 葉桜となり了せたる暗さあり
 葉桜となりていよいよ巨木なる
 花は葉に大型ゴミに仏壇も

 次回は 6月14日(水) 会場 大阪中央公会堂 4号室   
 兼題は 「昼網」「未央柳」です。 
                        (報告/織作香代)
 


  みをつくし句会(第471回 4月12日開催)報告

 兼題は「梨の花」と「馬刀」、席題は「孕鹿」でした。

 純也先生の特選9句を清記順にご報告いたします。

 馬刀貝のしつぺがへしの砂あびぬ  中西以佐夫
 バターの香酒の香馬刀の焼ける音  山内茉莉
 屈まりて遠目差しの孕鹿      杉本蒼生子
 梨棚の一気呵成の花盛り      田中晃真
 馬刀掘の兄の後ろをついてゆく   橋 翠
 飛び出すを
?みそこねて馬刀の穴  芳田トモ子 
 棚なせる丘一面の梨の花      山内繭彦
 浮き立ちて山の斜面の梨の花    畠中俊美
 馬刀の潮まともに顔に浴びにけり  境 雅秋

 純也先生吟

 梨の花よりも花付きばかり見る
 飛び出して来ては採られて馬刀あはれ
 馬刀採るに袋の大き過ぎざるや
                            (報告/織作香代)  


  みをつくし句会(第470回 3月8日開催)報告

 兼題は「卒業」と「ミモザの花」、席題は「垣繕ふ」でした。
 「卒業」は誰もが経験していることなのでいい句が多く、「ミモザの花」は取り
 合わせの句が多かったようです。

 純也先生選

 烟るとは咲いてゐること花ミモザ     大澤美代女
 学食のカツカレー食べ卒業す       石井順恵
 四年とは長し短かし卒業す        境 雅秋
 ミモザ咲くオープンカフェに待ち合はす  西村妙子
 光るまで明日卒業の靴磨く        芳田トモ子
 校則の丸刈りのまま卒業す        杉本蒼生子
 丘の上の村の教会ミモザ咲く       杉崎よしこ
 どか雪の卒業式となりにけり       山内繭彦
 見納めの大樹仰ぎて卒業す        山田綾子
 追試験前日に終へ卒業す         山田 明
 道場の名札そのまま卒業す        小室藍香
 予備校の申し込みして卒業す       松澤新陽
 門番のゐる邸宅の花ミモザ        山内繭彦
 担任に仲人頼み卒業す          小塚青楓
 モデルルームのテーブルに花ミモザ    香山直子
 卒業の日の学食の混み合へる       大竹美智子
 卒業歌ちらつく雪を玻璃に見て      堂前悦子
 ミモザ咲き風に機嫌の風見鶏       浜田きみ子
 客多き古き洋館花ミモザ         畠中俊美
 おでん屋の借りも払ひて卒業す      中西以佐夫
 卒業式終へ出発のツーリング       石井順恵
 文楽に弟子入りの子も卒業す       中西以佐夫

 純也先生吟

 卒業の答辞を読める車椅子
 何事も器用にこなし落第す
                         (報告/山内茉莉)


 みをつくし句会(第469回 2月8日開催)報告

 兼題は「春時雨」と「鶯」、席題は「下萌」でした。
 兼題の春時雨は夕立でも春雨でもいいののではないかと思う句がありました。
 鶯も難しかったようです。
 特選が少ないのはもう詠みつくされているからでしょうか?

 先生の特選句13句を清記順にお知らせ致します。

 純也先生選

 二年坂三年坂と春時雨         織作香代
 鶯の迎へてくれしゴルフ場       山田 明
 初音かと歩をゆるめたる山路かな    大澤美代女
 滝道に鶯の声こだまして        山田 明
 南座の看板濡らし春時雨        大竹美智子
 源氏山晴れ鶯の鳴き渡る        小室藍香
 春時雨西行庵の軒借りて        織作香代
 つまづいて一声のみの初音かな     芳田トモ子
 鳩つつく土手のなぞへの下萌ゆる    松澤新陽
 放哉が終の住処の春時雨        菅野惇子
 洗濯物干す手の止まる初音かな     石井順恵
 舌足らずながら初音に力あり      堂前悦子
 染寺へ辿る畦道下萌ゆる        杉本蒼生子

 純也先生吟

 待つうちに鶯鳴いてくれにけり
 鶯の気配もあらず木々騒ぐ
 障子やや暗くなりしは春時雨
 いつしかに春雨となり春時雨
 
                         (文責/山内茉莉)  


 みをつくし句会(1月11日開催)報告
  兼題=成人の日・凍蝶  席題=寒一切

 兼題の「成人の日」の句に見受けられた「新成人」「成人式」について、先生の
 朱筆に「季になるか?」とありました。
 「成人式」は昨今、夏に行う地域もあるので「成人の日」の傍題としては無理が
 あるということでしょう。
 ”その日”を詠まないといけないということだとあらためて感じさせられました。

 純也先生の特選は27句を清記順にご紹介いたします。

 そはそはと成人の日の父の笑み     小塚青楓
 本島へ成人の日の臨時便        境 雅秋
 金文字の成人の日の招待状       山内茉莉
 成人の日とて煙草は吸ふなかれ     山内繭彦
 凍蝶のただ張りついてゐる命      奥田花珠子
 成人の日のオートバイツーリング    高橋 翠
 成人の日まづ仏壇に晴着の子      畠中俊美
 凍蝶の翅に透きゐる命かな       杉崎よしこ
 煌めきて成人の日の日照雨かな     杉崎よしこ
 良き縁を成人の日の娘に祈る      堂前悦子
 市長来て漫才師来て成人の日      境 雅秋
 凍蝶の夢幻の息つなぐ         西村妙子
 凍蝶のいのちをつなぐ日射しとも    堂前悦子
 ほろと落つ凍蝶の翅傷もなく      芳田トモ子
 凍蝶のすがる力の衰へず        小塚青楓
 冬の蝶草に縋りて動くなし       杉本蒼生子
 凍蝶のいのち通ふと見えぬ翅      山田綾子
 寒造見学まづは井戸覗き        境 雅秋
 ふるへゐる凍蝶に風容赦なく      堂前悦子
 成人の日の病室へ晴着かな       織作香代
 凍蝶の翔ぶにはあらず風に揺れ     米澤道子
 成人の日の献血車列長し        田中晃真
 寒菊の濃き紅の籬かな         杉本蒼生子
 まだきより混む美容室成人の日     境 雅秋
 荒壁に薄く凍蝶張りつきぬ       米澤道子
 思はざる青天つづき寒に入る      畠中俊美
 掛声の素振り百本寒稽古        米澤道子

 純也先生吟

 整へし成人の日の眉毛かな
 海へ入る成人の日の赤褌
 形よき成人の日の朱唇かな
 
                    (報告/山内茉莉)  


 みをつくし句会(12月14日開催)報告

 兼題は「冬芽」と「鮟鱇」、席題は「漱石忌」でした。
 「鮟鱇」は食べたことのない方もあり大変だったようです。
 また反対に「冬芽」は身近にあり、どう詠むかがむずかしかったと思われます。
 席題の「漱石忌」は入選が一句のみと特選には届きませんでした。

 純也先生の特選15句を清記順にご報告いたします。

 鮟鱇を吊るすフツクの太さかな     境 雅秋
 吊し切る鮟鱇の水浴びながら      山内茉莉
 ふつくらと辛夷とわかる冬芽かな    芳田トモ子
 地下足袋を履いて鮟鱇捌きをる     山内繭彦
 水盤に活けし木の枝の冬芽かな     岡本 戎
 鮟鱇の吊し切らるる定めかな      清水多憙子
 鮟鱇の七つ道具のどれがどれ      小塚青楓
 鮟鱇の塩に束子にぬめり取る      織作香代
 どの枝も日の当たりゐて冬木の芽    清水多憙子
 鮟鱇のずり落ちさうな大秤       小室藍香
 鮟鱇の腹たぷたぷと吊るさるる     境 雅秋
 鮟鱇の肝別にして売られけり      奥田花珠子
 雨雫溜めて冬芽の一つづつ       杉本蒼生子
 鮟鱇のあご骨残し捌かるる       香山直子
 甲冑もビロードもある冬芽かな     田中晃真

 純也先生吟

 一枝に一つづつなる冬芽かな
 新世界鮟鱇のやうなものも出て
 冬芽とてこちら木蓮これ辛夷
 冬芽とし育めるもの繋ぐもの
                        (報告/山内茉莉)  


 みをつくし句会(第466回 11月9日開催)報告

 今月は特選10句という厳しい選でした。
 兼題は「冬紅葉」と「浅漬」、席題は「セーター」。
 特選10句を清記順に報告します。

 純也先生選

 照り映えてどこかが冥し冬紅葉     杉本蒼生子
 舞鶴の引揚館の冬紅葉         川戸美佐子
 子の選びくれしセーター少し派手    山内茉莉
 老いてなほセーターは赤よかりけり   境 雅秋
 セーターの色に自分を変へてみる    大澤美代女
 ちりちりとちぢれるものも冬紅葉    芳田トモ子
 浅漬に旅の地酒を酌みにけり      畠中俊美
 客減りし貴船の宿の冬紅葉       松澤新陽
 琴坂の瀬音の細り冬紅葉        畠中俊美
 浅漬のわが家の味にしくはなし     田中晃真

 純也先生吟

 味見とて掌に浅漬の一つづつ
 浅漬を噛むほどの歯は残りゐし
 たましひの抜けたる紅葉散りにけり
 何にでも名店はあり浅漬も
 冬紅葉とてこれからの色ばかり
                          (報告/山内茉莉)  


 みをつくし句会(第465回 10月12日開催)報告

 兼題は「秋思」と「蔦」でした。
 秋思は新しい季題です。
 人それぞれの秋思と純也先生のお考えの秋思との違いを感じさせられました。
 蔦紅葉の季題はあるがままを詠めばいいので作為のある句は見抜かれていました。
 今月の特選17句をよくご鑑賞下さい。

 純也先生選

 鳴き砂の音に秋思の深まりぬ    田中晃真
 暮れてゆく山湖の靄の秋思かな   織作香代
 秋思とふ看取り疲れの隠されず   小室藍香
 仕舞湯に沈め秋思の身のひとつ   境 雅秋
 石庭に人それぞれの秋思かな    清水多憙子
 単身赴任長引く夜の秋思かな    横田昭二
 山畑の煙たなびく秋思かな     織作香代
 寺塀に沿うて秋思の歩となりぬ   小塚青楓
 濃く化粧ひ秋思の顔を隠しけり   堂前悦子
 居留地に建つ聖堂の蔦紅葉     奥田花珠子
 落葉松の小径を辿る秋思かな    杉本蒼生子
 沖へ向け小石投げゐる秋思かな   山内繭彦
 蔦紅葉チャペルの煉瓦古りにけり  清水多憙子
 栗鼠走る古刹の森の蔦紅葉     小室藍香
 海の藍ただ見つめをる秋思かな   菅野惇子
 くづれさうなる石塀の錦蔦     織作香代
 虚貝踏めば秋思のおのづから    境 雅秋

 純也先生吟

 山麓のすとんと暮るる秋思かな
 ごはごはとして来て蔦のもみぢそむ
 何しても根の続かぬ秋思かな
 水薬こぽと鳴りたる秋思かな
 
                      (報告/山内茉莉)  


 みをつくし句会(第464回 9月14日開催)報告

 兼題は「虫一切」と「霧」、純也先生の特選は17句でした。

 朝霧の柵に沿ひゆく散歩かな      香山直子
 ゴンドラの霧の中へと消えてゆく    畠中俊美
 前走車霧が攫うてしまひけり      境 雅秋
 病棟をすつぽり包み虫時雨       大竹美智子
 息止まるほどの濃霧に遭ひしこと    高木とし子
 送り来し野菜に混じり鳴くちろろ    芳田トモ子
 霧ごめの山小屋の灯の消ゆるなく    米澤道子
 ケーブルカー霧に灯して着きにけり   大澤美代女
 推理小説一気読みして虫の夜      西村妙子
 石庭のいづくともなく虫の声      清水多憙子
 霧冷や旅のスカーフ固く結ひ      境 雅秋
 焦るほど眠れぬ闇の虫の声       織作香代
 霧じめる一灯暗き行場小屋       浜田きみ子
 霧の灯を連ね空港連絡橋        境 雅秋
 熊除けの鈴腰につけ霧深し       田中晃真
 霧吹きに応へ鈴虫鈴を振る       浜田きみ子
 錫杖の音霧ごめの中をゆく       畠中俊美

 純也先生吟

 虫鳴いて山荘暮らしあとわづか
 莊更けてゆく雨しづく霧しづく
 考へて答出ぬこと虫時雨
 千年の霧に古りゆく伽藍かな
 虫の声止んで雨音更けにけり

                          (報告/山内茉莉)
 


 みをつくし句会(第463回 8月10日開催)報告

 兼題は「迎鐘」と「初秋」、席題は「桐一葉」でした。

 純也先生選

 迎鐘つきて帰りの歩の軽き   香山直子
 東山昏れて六道詣なほ     清水多憙子
 灯点りて人波絶えず迎鐘    杉本蒼生子
 迎鐘響けと念じ撞きにけり   石井順恵
 戒名を唱へつつ撞く迎鐘    大竹美智子
 引綱のはやもささくれ迎鐘   芳田トモ子
 槙買うて迎鐘つく列につく   西村妙子
 顔を知る仏いくたり迎鐘    山内茉莉
 ひたすらの列ひたすらの迎鐘  山内茉莉
 腰のばし婆の気合の迎鐘    畠中俊美

 純也先生吟

 迎鐘際限もなく撞かれそむ
 初秋やご退位の沙汰走り抜け
 何一つ初秋らしきもののなく
 迎ふるは汝ひとりのみ迎鐘
 
                             (報告/山内茉莉)  


 みをつくし句会(第462回 7月13日開催)報告

 兼題は「泥鰌鍋」と「西日」、席題は「青葡萄」でした。
 なんと、今回は特選に35句も採っていただきました。
 固有名詞になっている「どぜう鍋」もOKということもわかりました。

 純也先生選

 浅草へ詣で帰りの泥鰌鍋        杉本蒼生子
 バス中へ差し込む西日避けがたく    小塚青楓
 病棟を覆ふ西日の濃かりけり      大竹美智子
 街路樹の西日遮りくれにけり      浜田きみ子
 老舗とて入れ込み親し泥鰌鍋      山内茉莉
 埋まりゆく西日差さざる座席より    織作香代
 小上りに女ばかりの泥鰌鍋       境 雅秋
 下足札昔のままに泥鰌鍋        清水多憙子
 法被着て泥鰌鍋屋の下足番       米澤道子
 辻回り不意に西日におそはるる     大竹美智子
 西日射す部屋の借り手のまだつかず   大澤美代女
 座布団を重ね胡坐の泥鰌鍋       米澤道子
 リクルートスーツの背ナの西日かな   杉崎よしこ
 下宿屋の狭き一と間の西日かな     杉本蒼生子
 大川にまだ日の高きどぜう鍋      中西以佐夫
 泥鰌鍋こぼるるほどの葱入れて     米澤道子
 砂利舟の西日濃き川下りゆく      越中屋テル子
 折角のお誘ひなれど泥鰌鍋       浅野智久恵
 西日照る軒に貸家の札掛かり      杉本蒼生子
 交番の褪せし手配書西日濃し      山田 明
 西日いま優先席に容赦なく       清水多憙子
 非常口何時も西日に晒されて      越中屋テル子
 遅れ来て西日の席に着きにけり     奥田花珠子
 ペダル踏む顔に西日の容赦なく     石部洋子
 鈍行の堅き座席に西日さす       大竹美智子
 バス曲り西日まともとなりにけり    浜田きみ子
 モデルルーム西日まともな時もあり   高木とし子
 葱足して割した足して泥鰌鍋      織作香代
 見晴しの良き席にして西日濃し     大澤美代女
 居酒屋の西日のあたる勝手口      香山直子
 通されし畳の焦げや泥鰌鍋       高橋 翠
 泥鰌鍋牛蒡の匂ひ吹きこぼれ      小室藍香
 泥鰌鍋ぐつぐつぐつと運ばるる     田中晃真
 香に立てる笹掻牛蒡泥鰌鍋       境 雅秋
 なかなかに冷めぬ西日のあたる部屋   織作香代

 純也先生吟

 浅草に来れば必ず泥鰌鍋
 泥鰌鍋守りて慶應ボーイかな
 入れ込みの古き座布団泥鰌鍋
 沈みてもなほある西日明りかな
 踏切が西日の窓にまた鳴れり
 
                                      (報告/山内茉莉)
 










俳句「山茶花」のホームページです