百舌鳥野句会    兼題句会 (雑詠可)
 定例日=第三金曜日
 句会場=堺市・萩原天神参集殿

 百舌鳥野句会(第184回 10月20日)開催ご報告 

 「堺かるた」20回目のご案内は「け」です。
 
」 遣明の船は出て行く堺港

 それまで兵庫津から出ていた遣明船は応仁の乱(1467〜1477)で山名宗全の
 軍に兵庫津を占領されてからは、堺港から遣明船がでるようになりました。
 16世紀には南蛮貿易の港として栄え、1957年には臨海工業地帯の港として整備
 されました。
 大波止の旧堺燈台、小波止の龍女神像がランドマークです。

 10月の百舌鳥野句会の兼題は「案山子」「角切」、席題は「草紅葉」でした。
 主宰の選ばれた特選句23句を清記順にご報告致します。

 襤褸着せて主に似たる案山子かな    北濱祥子
 紀ノ川の渡船場あとの草紅葉      境 雅秋
 睨み立つ案山子に鳥語かまびすし    内田陽子
 角切の鹿を倒せし土煙         小西桂子
 角伐られしばしきよとんと立ちつくす  小塚青楓
 笑み浮かぶ八の字眉の案山子かな    松澤さなえ
 寺領田の弁慶らしき案山子かな     奥 可津女
 傾ぎたる案山子入日に染まりけり    北濱祥子
 角切られ鹿の小さくなりにけり     境 雅秋
 角切の鹿押へつけ茣蓙の上       見学つや子
 農夫より案山子おしやれをしてをりぬ  今井勝子
 角切られ鹿幕外へまつしぐら      杉本蒼生子
 Tシャツの胸ゆたかなる案山子かな   浜田きみ子
 角切の傷薬置く勢子溜り        杉本蒼生子
 棚田守る案山子ネクタイ締めてをり   見学つや子
 山田へと爺担ぎ行く案山子かな     三宅侑子
 捨案山子烏がつつきをりにけり     境 雅秋
 体重を鹿に預けて角を伐る       伊瀬知正子
 見覚えの父のシャツ着て案山子かな   吉田富枝
 どことなく物言ひたげに案山子立つ   見学つや子
 角切の禰宜の草鞋の泥乾く       西崎ミネ子
 角切に控へてをりし救護班       今井勝子
 先生に似てゐる学校田の案山子     佐藤扶紀子

 主宰の御句

 奈良の鹿ゆゑ角切は免れず
 角切られ間延びの貌の走り去る
 一反を任されてゐる案山子かな
 濡れそぼち念力抜けし案山子かな
 鉢巻をしても案山子の侮られ

 出句11名 欠席投句投句23名でした。
 次回平成29年11月17日(金) 兼題は「大根」と「十夜」です。
 皆様のご出席ご投句をお待ち致しております。  
                             (報告/内田陽子)


 百舌鳥野句会(第183回 9月15日開催)ご報告 

 「堺かるた」19回目のご案内は「こ」です。
 「
」 こおどりと国宝拝殿桜井神社
 桜井神社は鎌倉時代の建築で国宝の割拝殿がある神社です。
 「こおどり」はこの割拝殿がある宝前で奉納されます。
 音頭取りの歌に合わせて、「ひめこ」を背負った鬼神と三尺棒を持った天狗を中心に
 総勢18名が鉦と太鼓の囃に合わせて踊る国指定無形民俗文化財です。
 2017年は10月8日11時頃より30分ほど奉納されます。
 又、当日は午前8時より「お神楽」「氏子入り」9時頃より地車5台が宮入します。
   交通  泉北高速鉄道泉ヶ丘徒歩30分
       鉢ケ峯行バス10分片蔵下車徒歩3分
       畑息バス10分桜井神社前下車すぐ

 秋の一日桜井神社を訪れられませんか!黒紋付で踊る姿が印象的です。
 新米の入った小袋も観客に投げ与えられます。

 9月の百舌鳥句会の兼題は「水澄む」「花野」 席題は「敬老の日」でした。
 主宰の選ばれた特選句8句を清記順にご報告致します。

 水澄んで寺の名を持つ窯どころ      橋 翠
 いきいきと咲き競ひゐる花野かな     横田昭二
 北狐つと過りたる花野かな        杉本蒼生子
 抽んでしもの揺れつづく花野かな     小塚青楓
 狐雨明るく過る花野かな         北濱祥子
 水澄んで水占吉と出でにけり       境 雅秋
 慰霊塔古りて水澄むダム湖かな      奥野とみ
 日照雨して花野の風の輝ける       伊野部哲也

 主宰の御句

 山里の澄まねばならぬ水澄めり
 虎めいて溶岩横たはる花野かな

 出席11名 欠席投句18名でした。
 次回は10月20日(金) 兼題は「角切」「案山子」です。
 皆様のご出席ご投句をお待ち致しております。
                            (報告 / 内田陽子)  


 百舌鳥野句会(第182回 8月18日開催)ご報告  

 毎回ご覧いただいております「堺かるた」18回目のご案内は「き」です。
 「
」 狂歌より頓智で名高い新左衛門
 曽呂利新左衛門は安土桃山時代に堺に住んでいた刀の鞘師です。また秀吉の御伽衆とも
 言われています。
 新左衛門の機知、頓智を表す話の一つに「米の倍増し」があります。
 秀吉が「何でも好きな褒美をやる」と言うと新左衛門は「この広間の畳に端の方から順
 に一畳目は一粒、二畳目は2倍の二粒、3畳目はその倍の4粒というように2倍、2倍
 と米を置き広間の百畳分全部いただきたいと言いました。
 秀吉は簡単に請け負いましたが、百畳となると(現代の計算でいくと)米一粒0,02gの
 計算で4800兆トンという膨大な量になることが分かり、秀吉は謝り褒美は別のものに替
 えてもらったということです。
       
(参考資料 堺共同漬物会社HOMEページ レファレンス事例詳細「昔の堺」)

 8月の百舌鳥野句会の兼題は「ねぶた」と「鳳仙花」席題は「蜩」でした。
 主宰の選ばれた特選句9句を清記順にご報告致します。

 純也主宰選

 あかつきの道にねぶたの鈴ひろふ  佐藤弥澄
 行会の空すぐ曇り鳳仙花      白木美智子
 こぼれ咲き花壇の外の鳳仙花    熊谷謙一
 ねぶた曳く人も揃ひの豆絞り    西崎ミネ子
 とりどりに咲いてはじけて鳳仙花  伊藤とし子
 鈴の音ねぶたの夜を跳ね続く    福田 薫
 鳳仙花種こぼしつつ咲きつづく   境 雅秋
 旅人も跳ね人となりて佞武多追ふ  伊瀬知正子
 ねぶたの灯津軽の闇を押し上げて  山田綾子
 
(注)上記のうち、「跳ね人(はねと)」は佞武多祭の踊り手のことで、歳時記によっては単独で「佞武多」の傍題
     としても扱われています。
     たまたま8月22日の山手句会でも「跳ね人」を季題として詠んだ句がありましたので注記します。
     例句 「眠りても耳朶に跳人の鈴の音(俳人協会第23回東北俳句大会 入選」
                                     (文責:ホームページ編集部)
  

 主宰の御句

 鳳仙花寺の一ト間を借りて住む
 太けれど倒れ易くて鳳仙花
 悪鬼の朱武者の紅ねぶた来る

 出席14名 欠席投句23名でした。

 次回は9月15日(金)、兼題は「水澄む」と「花野」です。
 皆様のご出席ご投句をお待ち致しております。
                            (報告 / 内田陽子)
 


 百舌鳥野句会(第181回 7月18日開催)ご報告 
                       
 平成25年に復刻された「堺かるた」17回目のご案内は「く」です。

 「
」 苦労して市民が作った大浜灯台

 堺市の大浜には白いモダンな六角形の旧堺燈台があります。
 現存する最古の木製洋式灯台の一つとして、国の史跡に指定されています。
 高さ11.3m、イギリス人技師のビグルストンの設計によるもので、建築費は市民の
 寄付などで賄われました。
 灯油ランプの青い灯がはるか沖まで照らしたということです。
 南海電車「堺駅」から徒歩15分。ロマンティックな灯台を7月31日の「堺の夜市」
 と合わせて訪れてみるのはいかがでしょうか。
 7月の百舌鳥野句会の兼題は「海桐の花」「炎天」 席題は「露涼し」でした。

 主宰の選ばれた特選句14句を清記順にご報告致します。

 掘削の背ナに炎天容赦なく     福田 薫
 そこばくのハーブの手入れ露涼し  見学つや子
 義理ひとつ果して戻る炎天下    浜田きみ子
 朝の間の野菜摘みとり露涼し    小塚青楓
 炎天の九回裏の守りかな      伊野部哲也
 黙々と発掘作業炎天下       境 雅秋
 傾ぎ咲く海桐の匂ふ磯づたひ    見学つや子
 海桐咲く波切神社の鯨の碑     高橋 翠
 露涼し牧夫は朝の乳搾り      境 雅秋
 そのかみの汐掛道の花海桐     小塚青楓
 バス素通りの炎天の停留所     木村喜代子
 廃線の鉄路匂へる炎天下      伊瀬知正子
 バス停へ行くも覚悟の炎天下    松澤さなえ
 道を問ふ人見当らず炎天下     奥野とみ

 主宰の御句
 

 炎天や人身事故の日に二度も
 意を決しゆく炎天でありしかな


 出席14名 欠席投句23名でした。

 次回 平成29年8月18日(金) 兼題 「ねぶた」「鳳仙花」
 皆様のご出席ご投句をお待ち致しております。
                            (報告 / 内田陽子)
 


 百舌鳥野句会(第180回 6月16日開催)ご報告
   
 「堺かるた」16回目は「あ」で北畠顕家と石津川のご案内です。
 「
」 顕家の悲壮な戦死石津川
 北畠顕家は南北朝時代、南朝の武将として伊勢・大和などを中心に北朝軍相手に戦いま
 したが、和泉国堺浦石津に追い詰められ落馬して討ち取られました。
 享年21という若さでした。
 石津川は大阪府が管理する二級河川です。この小さな川で歴史の大舞台が繰り広げられ
 たと思うと感慨深いものがあります。

 六月の百舌鳥野句会の兼題は「山椒魚」「苔の花」 席題は「雨蛙」でした。
 主宰の選ばれた特選句12句を清記順にご報告いたします。

 木洩れ日の茶庭の湿り苔の花     北濱祥子
 畦草を踏めば跳び出し青蛙      境 雅秋
 水槽の山椒魚の泡ひとつ       高橋 翠
 金輪際岩に化したる山椒魚      白木美智子
 時々は山椒魚の目も動く       菅野惇子
 張り付きて墓石の裏の雨蛙      見学つや子
 川底を後じさるする山椒魚      大西桂子
 祇王祇女ゆかりの庵の苔の花     小塚青楓
 はんざきの百年生くる面構へ     杉本蒼生子
 半眼のはんざき動く気配なし     杉本蒼生子
 祇王寺を訪ふ人絶えず苔の花     山田綾子
 鑑真の御廟の道の苔の花       佐藤弥澄

 主宰の御句

 選ばれて山椒魚に生まれたる

 出席11名 欠席投句25名でした。

 次回  7月21日(金)
 兼題  「海桐の花」「炎天」
 皆様のご出席ご投句をお待ち致しております。
                            (報告/内田陽子)  


 百舌鳥野句会(第179回 5月19日開催)ご報告 

 「堺かるた」15回目は「
」で僧行基のご案内です。
 「
」 民衆のためにつくした僧行基
 堺に生まれた行基は和泉を中心に仏教を伝えました。
 行基は一生の間に49のお寺をつくったと言われています。その内堺市に建てられたのは
 9寺でした。
 多くの人々を助けるために布施屋を建て農業のための池や溝を掘り、井戸もほりました。
 行基と井戸にまつわる話が残っています。
 「行基が堺の浜で井戸を掘って石の薬師如来をおまつりしました。すると、如来様の胸か
 ら綺麗な水が湧いてきて、『この水を沸かした風呂に入るとどんな病気でも治った』。
 この由来から堺の浜で『しほゆあみ』が行われ、その後も塩風呂が行われていた」と」、
 「昔の堺」続編にあります。

 5月の百舌鳥野句会兼題は「新緑」「夏霞」席題は「卯の花」でした。
 主宰の選ばれた特選句8句を清記順にご報告致します。

 新緑の森の膨らみ日々新た     高橋雅代
 新緑の真ん中にある誕生日     佐藤扶紀子
 通天閣ハルカスかけて夏霞     久保達也
 新緑のビルの間を埋めてゆく    吉田富枝
 新緑の空へ裸婦像胸反らす     吉田富枝
 新緑といへどほのかに紅おびて   伊瀬知正子
 新緑やサイクリングのよく通り   熊谷謙一
 眺望の人工島の夏霞        斎藤妙子

 主宰の御句

 新緑に新緑を塗り重ねたる
 どのあたりまで埋立地夏霞
 巨費投じ生まれし島の夏霞

 出席14名 欠席投句22名でした。
 次回は6月16日(金)、兼題は「山椒魚」と「苔の花」です。
 皆様のご出席ご投句をお待ち致しております。
                            (報告 / 内田陽子)  


 百舌鳥野句会(第178回 4月21日開催)ご報告
  
 昭和51年に作られ平成25に復刻された「堺かるた」。
 14回目のご案内は 「
」 昔“堺県庁”があった「本願寺派堺別院」のご案内です。
 「
」 和泉、河内、大和あわせて堺県
 堺県は明治元年から、明治14年に大阪府に合併されるまでの14年間歴史上に存在し
 ました。
 慶応4年、大阪府から堺県が行政上独立しました。その後、明治4年に廃藩置県が行われ、
 明治9年には隣の奈良県をも合併し堺県は和泉、河内、大和をあわせた大きな県になりま
 した。
 県庁ははじめ堺奉行所。のちに明治4年から14年までの10年間、本願寺派堺別院(北
 の御坊)に移りました。
 私が訪れた4月8日は花まつりの日、北の御坊と呼ばれた堺別院は満開の桜の下、花御堂
 は桜の花で葺かれ、階には百花繚乱の鉢の花が所狭しと並べられ、訪れる人が後を絶ちま
 せんでした。

 4月の百舌鳥野句会の兼題は「初桜」「春灯」席題は「筍」でした。

 主宰の選ばれた特選句17句を清記順にご報告致します。

 ほんのりと初花らしく枝の先   見学つや子
 手庇に仰ぐ初花ひいふうみ    小塚青楓
 祝事の案内の届き初桜      伊野部哲也
 帰国子の話あふるる春灯     奥野とみ
 初花のうつむきがちの二三輪   内田陽子
 春燈や復の葉書へ諾と書き    伊野部哲也
 初桜どの枝となくちらほらと   奥野とみ
 蕾よと過ぎし帰りの初桜     熊谷謙一
 統合をのがれし母校初桜     内田陽子
 春燈や時刻表繰り地図広げ    小塚青楓
 大枝のここにかしこに初桜    熊谷謙一
 初花の便りほつほつきのふけふ  境 雅秋
 もう一度取つて帰して初桜    大沢美代女
 初花のためらひがちに二三輪   見学つや子
 退職の日の春灯のかげりなし   浜田きみ子
 初桜予想違はずふふみけり    松澤さなえ
 上賀茂の社家の町並み初桜    三宅侑子

 主宰の御句

 初花を見つけ酔歩の夜道かな
 晴れて来し朝日に応へ初桜
 奥津城の逢魔ケ刻の初桜
 初花の咲くより庭に心置く
 初花をうながす雨となりにけり
 
     
 出席10名  欠席投句27名でした。
 次回は5月19日(金)。
 兼題 「夏霞」「新緑」。
 皆様のご出席、ご投句をお待ち致しております。
                              (報告/内田陽子)
 


 百舌鳥野句会(第177回 3月17日開催)ご報告 

 昭和51年に作られ平成25年に復刻された「堺かるた」13回目のご案内は「む」。
 堺包丁のご案内です。

 「む」 むかしから堺の包丁よく切れる

 600年の伝統が今も受け継がれる堺の刃物。
 原型はポルトガルから伝わったタバコ包丁と言われています。
 江戸幕府が「堺極」の印を付し、全国にその名が知れ渡りました。
 ホトトギス「新歳時記」には、「鞴祭」の項に「泉州堺は鉄砲鍛冶の昔から刃物どころ
 であり・・・鞴祭は賑やかである」と紹介されています。
 火を使うため包丁づくりは寒い時がよくポイントとなる鋼の温度は800度で職人の方
 は鋼の色を見極めながら打つそうです。
 世界から評価される匠の技が光る品です。町の始まりの頃から響き続けてきた堺打刃物
 の音が今日も堺の町に響いています。

 3月の百舌鳥野句会句会の兼題は「開帳」「春障子」 席題は「雲雀」でした。
 主宰の選ばれた特選句14句を清記順にご報告にご報告致します。

 堂内の昼なほ暗きご開帳     高橋雅代
 漱石の泊まりし部屋の春障子   杉本蒼生子
 灯明を昼夜灯してご開帳     高橋雅代
 照り陰る写経の手もと春障子   福田 薫
 春障子瀬田の夕照透かしをり   伊瀬知正子
 釣釜の懸かる広間の春障子    杉本蒼生子
 開帳の秘仏の朱唇やや薄く    浜田きみ子
 御詠歌の外まできこえ御開帳   浜田きみ子
 畦径に幟はためき出開帳     境 雅秋
 梅切り張り桜切り張り春障子   栗山武司
 譲り合ひ膝詰め合ひて出開帳   久保達也
 善の綱引きて拝する御開帳    福田 薫
 開帳の御簾垂れしまま仄暗く   斎藤妙子
 一灯の揺らぎに拝し御開帳    大沢美代女

 主宰の御句

 浦人ら漁を休んで御開帳
 開帳の一寸五分の観世音
 開帳を知らする鐘の鳴り渡る
 里人の守る古寺の御開帳
 一願をひたすら念じ御開帳

 出席13名 欠席投句24名でした。
 次回は4月21日(金)、兼題は「初桜」と「春灯」です。
 皆様のご出席・ご投句をお待ちしています。
                           (報告/内田陽子)
    


  百舌鳥野句会(第176回 2月17日開催)報告

 昭和51年に作られ平成25年に復刻された「堺かるた」12回目のご案内は「う」。
 「海恋し・・・」の歌で有名な与謝野晶子です。

 「
」 海恋し晶子生まれたこの堺

 晶子の歌に「堺の津南蛮船の行き交へば春秋いかに入りまじりけむ」とあるように、堺
 はそのかみ海運で栄え南蛮船が行き来していたエキゾチックな町でした。
 晶子は堺市甲斐町の老舗和菓子屋「駿河屋」の三女として生まれました。22歳で上京
 するまで堺の町で過ごしました。
 晶子生家跡の歌碑「海恋し潮の遠鳴り数へては少女となりし父母の家」(出典「恋衣」)
 は阪堺線のちんちん電車が走る大通りに面して建てられています。
 晶子の生家跡に佇んでも今は潮の遠鳴りは届きませんが、当時はビルなども立て込んで
 おらず、詩情豊かな所であったろうと思われます。
 参加者と宮司さんにバレンタインのチョコレートが配られ嬉しい句会となりました。

 2月の百舌鳥野句会の兼題は「和布」「猟名残」席題は「春の風邪」でした。

 主宰の選ばれた特選句11句を清記順にご報告致します。

 猟名残通ひ慣れたる山に入る   高橋雅代
 身の丈の三倍ほどの和布竿    伊野部哲也
 猟期果つ手柄話を持ち寄りて   山田綾子
 雫切れ風のままなる干和布    白木美智子
 遠山も近つ野山も猟名残     三宅侑子
 傷癒ゆる犬を撫でやり猟名残   伊野部哲也
 和布干す女も被る目出し帽    浜田きみ子
 腰縄に一羽引っ提げ猟名残    西崎ミネ子
 猟名残山彦遠くあるばかり    見学つや子
 使ひ癖つく和布竿繰りにけり   伊野部哲也
 今一度銃を構へて猟名残     熊谷謙一

 主宰吟

 晴れ渡り猟も名残の山河かな
 名残とは言へどかほどの猟の幸
 
                           (報告/内田陽子)  


 百舌鳥野句会(第175回 1月20日開催)報告)
   
 昭和51年に作られ平成25年に復刻された「堺かるた」11回目のご案内は家原寺
 (えばらじ)です。

 「」 知恵文殊行基生まれた家原寺(えばらでら)

 家原寺の本尊は文殊菩薩で、地元では「知恵の文殊さん」別名“ハンカチ寺”とも言
 われて親しまれています。
 受験生に人気のあるお寺で入学シーズンは本堂の壁や柱が、「合格祈願」「昇運」等
 と書かれた真っ白なハンカチでびっしりと隙間なく埋めつくされます。
 これほどの数の人が祈願に訪れているのかと、眼を見張るほどのハンカチの数です。
 奈良時代の僧侶、行基の生家です。 (「堺観光ガイド」「昔の堺」その他参照)

 1月の百舌鳥の句会の兼題は「寒灸」「日脚伸ぶ」席題は「寒施行」でした。

 主宰の選ばれた特選句21句を清記順にご報告いたします。

 とにかくも病抜けたし寒灸     菅野惇子
 いつからとなく何となく日脚伸ぶ  内田陽子
 眼を閉ぢて横たはる背に寒灸    松澤さなえ
 御幸道外れしところの寒施行    奥 可津女
 内井戸の土間の天窓日脚伸ぶ    奥野とみ
 句会終へ日脚伸びしと口々に    伊瀬知正子
 八十路なほ命惜しみて寒灸     杉本蒼生子
 恙なく卆寿賜ひし寒灸       見学つや子
 背を丸め母の小さし寒灸      境 雅秋
 うつ伏せの顔の耐へゐる寒灸    内田陽子
 日脚伸ぶ買物のつい多くなり    平野さち子
 リハビリの一歩一歩に日脚伸ぶ   奥野とみ
 きらめきを残し離陸機日脚伸ぶ   木村喜代子
 さう言へば効いてきたかも寒灸   内田陽子
 寒灸の壺を外れたる熱さかな    内田陽子
 遊園地親子連れ増え日脚伸ぶ    大西桂子
 寒灸のうすうすくゆる背かな    西崎ミネ子
 寒灸の烟の中に順を待つ      斎藤妙子
 寒灸の効き目信じて怺へけり    斎藤妙子
 寒灸の膝の震へのこきざみに    野口一美
 寒灸怺へる握り拳かな       越中屋テル子

 主宰の御句

 追悼の心に日脚伸びにけり
 一病を救ふが如く日脚伸ぶ 
 ちらちらの雪にも日脚伸びにけり
 
                          (報告/内田陽子)  


 百舌鳥野句会(第174回 12月16日開催)報告

 昭和51年に作られ平成25年に復刻された「堺かるた」、10回目のご案内は「竹内
 街道」です。

 「
」 竹の内街道は最古の国道

 竹の内街道は古代には丹比道(たじひみち)と呼ばれ、推古天皇が整備した大道がルー
 ツと言われています。
 堺は海に向かって開け商業の起点として発展しました。
 それに伴って摂津・河内・和泉三国への街道が発達しました。
 竹の内街道は堺市の大小路を起点として東へ向かい、二上山の南麓竹の内峠を越えて奈
 良県葛城市の長尾神社付近に至る約26kmの街道です。
 江戸時代、沿道の竹内集落に松尾芭蕉が一時期住んでいました。
 その地の綿弓塚には 
綿弓や琵琶になぐさむ竹の奥 芭蕉 という句が刻まれています。

 12月の百舌鳥野句会の兼題は「数へ日」「息白し」席題は「初雪」でした。
 主宰の選ばれた特選句19句を清記順に報告致します。 

 朝礼に立つ校長の息白し        木村喜代子
 数へ日の書いてまた消すスケジュール  見学つや子
 登校児迎へる教師息白し        野口一美
 息白く思ひ詰めたるやうに言ふ     内田陽子
 朝市の準備を急ぐ息白し        福田 薫
 数へ日に受診の一と日入れにけり    越中屋テル子
 喪主の辞の簡潔にして息白し      栗山武司
 引く人も引かるる犬も息白し      見学つや子
 数へ日をたしかめてゐるカレンダー   伊藤とし子
 受診待ちゐる数へ日の小半日      伊藤とし子
 信号で止まるジョギング息白し     大西桂子
 数へ日の道路普請の続きゐて      木村喜代子
 数へ日の予約の犬の美容室       橋 翠
 数へ日のメモに消すもの増えるもの   浜田きみ子
 調教に向かふ人馬の息白し       岡本 戎
 息白く悔みの言葉もごもごと      境 雅秋
 数へ日の電報めけるメール来る     今井勝子
 数へ日の重き買物袋かな        平野さち子
 数へ日の身にかなふこと一つづつ    見学つや子

 主宰の御句

 数へ日は数へ日としてこなしゆく
 数へ日と云へどこの能見逃せず
 息白く監督檄を飛ばしけり

 出席14名 出句26名でした。
 次回は平成29年1月20日(金)兼題は「寒灸」「日脚伸ぶ」です。
 今年一年ご協力ありがとうございました。来年もよろしくお願い申し上げます。
                              (報告/内田陽子)
 


 百舌鳥野句会(第173回 11月18日開催)報告

 昭和51年に作られ平成25年に復刻された「堺かるた」。
 9回目は「え」で、大安寺をご案内させていただきます。

 「
」 枝ぞえの絵師の苦心の大安寺

 この話は、尋常小学校の国語の教科書にも載ったそうです。
 昔、堺の某寺に久しく寄宿していた画師が別れの名残に障壁画を描き残し、旅立って
 行きました。
 しかし一ケ月もたたない内に突然戻ってきました。
 理由を尋ねると「何かもの足りないと思い気にかかっていたが、箱根山中でよい枝ぶ
 りの檜を見たので戻って来た」と言い、その場で一枝を描き添えました。
 寺伝では一枝を描き添えたのは檜ではなく「枝添えの松」と呼ばれる室中の松とされ
 ています。
 大きな松の枝が二手に分かれて伸びていく真中に小さく松が描かれています。
 大安寺は又、ルソン助左衛門を戒めるため松永弾正が「盈つれば缺ける」と柱に切り
 付けたと伝えられる刀痕が残っています。(大安禅寺案内記「昔の堺」参照)

 11月の百舌鳥野句会の兼題は「柿落葉」「石蕗の花」、席題は「冬暖」でした。

 主宰の選ばれた特選句9句を清記順にご報告致します。

 冬ぬくし窯元めぐり蔵めぐり     野口一美
 庭といふ構へならねど石蕗の花    境 雅秋
 独居にやうやう慣れて石蕗の花    伊瀬知正子
 敗鏡尼結びし庵の石蕗明り      境 雅秋
 路地裏の蜑の家並の石蕗の花     木村喜代子
 雨あとの虻の飛び交ふ石蕗の花    福田 薫
 もてなしのあつきほうじ茶石蕗の花  内田陽子
 わづかな実枝に残りて柿落葉     福田 薫
 冬ぬくし沓脱ぎ石に猫ねまり     境 雅秋

 主宰の御句

 柿落葉寿司を包むに足りにけり
 さきほどの蝶がまた来て石蕗の花
 後妻とて子に慕はれて石蕗の花
 裏庭も手入れ届きて石蕗の花
 石蕗の花に日照雨のいくたびも


 出席13名、出句27名でした。
 次回 12月16日(金)
 兼題 「数え日」、「息白し」
 皆様のご出席、ご投句をお待ち致しております。
                                               (報告/内田陽子)  


 百舌鳥野句会(第172回 10月21日開催)報告

 堺市で昭和51年に作られ平成25年に復刻された「堺かるた」8回目のご案内は、
  「
」 年一度南蛮行列堺まつり
 1600年の「堺遺産」に出会うまつり]をテーマに、大小路筋を堺の歴史・文化を
 古墳期−中世−近世―近代―現代)の時間軸で表現する一大パレードです。

 古墳期 世界文化遺産登録をめざす「百舌鳥古市古墳群」のPRと古墳時代の衣装を着用
     した行列など。
 中 世 三好一族と堺幕府行列・安土桃山時代の衣装・南蛮衣装行列(堺市の市内循環
     バスには南蛮の絵が描かれています。
 近 世 国際交流都市堺を表現(堺貿易商人) 近 代 大正・昭和のロマンを代表する
     衣装行列(与謝野晶子など)
 現 代 大パレードの最後は勇壮な10基のふとん太鼓が繰り出し会場は一気に熱気に
     包まれます。

 10月の百舌鳥野句会の兼題は「濁酒」と「新松子」、席題は「行秋」でした。
 主宰が選ばれた特選句16句を清記順にご報告致します。

 老木にしてこんなにも新松子    佐藤扶紀子
 濁酒ほどよく振りて注ぎにけり   福田 薫
 どんぶりに回し飲みして濁酒    栗山武司
 すでにして松笠模様新松子     見学つや子
 盆栽にやうやく付きし新松子    佐藤弥澄
 どぶろくに酔うて軍歌を高らかに  今井勝子
 老松の御陵通りの新松子      奥野とみ
 室鯵のくさやに酌める濁酒     内田陽子
 祭とて朱盃溢るる濁酒       小林陽子
 どびろくに幼なじみの顔揃う    浜田きみ子
 ひとゆすりして濁酒注ぎくるる   白木美智子
 手捻りの碗へとろりと濁酒     内田陽子
 どびろくや筵戸揺るるまたぎ小屋  境 雅秋
 猟犬を土間にはべらせ濁酒     大澤美代女
 行秋や発掘現場土乾び       境 雅秋
 二三杯肴なくとも濁り酒      野口一美

 主宰の御句

 どぶろくに酔ひつぶれたる不覚かな 
  杣小屋に集まつて来て濁酒
 床の下より出して来し濁酒

 出席14名、出句26名でした。
 次回 11月18日(金)、兼題は「柿落葉」と「石蕗の花」です。
                             (報告 内田陽子) 
   


 百舌鳥野句会(第171回 9月16日開催)ご報告

 昭和51年に作られ平成25年に復刻された「堺かるた」。
 7回目のご案内は百舌鳥八幡宮の「ふとん太鼓」です。
 今回は「」 名月の祭だ百舌鳥の八幡さん
 百舌鳥八幡宮の秋祭は仲秋の名月にあたる旧暦8月15日(今年は9月17・18日)に
 行われます。
 豊作祈願、放生会、満月を祝う風習が習合したものといわれ、大小18基のふとん太鼓が
 くりだします。
 祭の二日前、9月15日には、石清水八幡宮より、献幣の使も参向します。
 「ふとん太鼓」は太鼓を納めた台座の上に5段の朱色の大座布団に似たものが積み重ねら
 れ、氏子が勇壮に担ぎます。
 見どころは見仰げる高さの石段をゆさゆさと昇り、ゆらりゆらりと降りてくるふとん太鼓
 の荘厳華麗な様子です。

 石山の秋の月         
 月に群雲 花に風         
 風の便りは阿波の島         
 縞の財布に(五両十両金五十両)         
 ごろごろなるのはなんじゃいな         
 地震 雷 あと夕立         
 べーラ ベーラ ベラシヨツ ショイ

 とうたいながら、練り歩きます。JR百舌鳥駅徒歩10分です。
   (百舌鳥八幡宮、堺市観光案内参照)

 今月の兼題は「八朔」「蚯蚓鳴く」席題は「衣被」でした。
 主宰の選ばれた特選句20句を清記順に報告致します。

 八朔の太鼓打つ子の長襷       大西桂子
 蚯蚓鳴くわれの耳には聞こえねど   佐藤扶紀子
 八朔や初穂の出来を語りあひ     松澤さなえ
 耳遠くなりたる我に蚯蚓鳴く     南 魚水
 八朔の子供神輿の勢よく       高橋雅代
 蚯蚓鳴く活断層の地中より      木村喜代子
 八朔のしきたりに炊く小豆飯     杉本蒼生子
 八朔の蒲団太鼓の練り歩く      奥野とみ
 鳳輦に初穂の揺れて八朔祭      奥野とみ
 蚯蚓鳴く深夜ラジオの音低く     松澤さなえ
 空家なる生家は蚯蚓鳴くばかり    里見かつこ
 無住寺となりて昼より蚯蚓鳴く    栗山武司
 キリシタン隠れし寺に蚯蚓鳴く    伊瀬知正子
 八朔の結の縁者に餅配る       内田陽子
 八朔の鋤鍬洗ひ清めけり       北濱祥子
 お隣も向ひも空家蚯蚓鳴く      野口一美
 ふる里の土の匂ひの衣被       今井勝子
 八朔の心祝ひの小豆飯        伊藤とし子
 八朔や祖父に士族の矜持あり     久保達也
 八朔祭白装束の御輿舁く       斎藤妙子

 主宰の御句

 女の子強き八朔相撲かな
 辻々に八朔の馬曳き回す
 八朔の鞴に酒を供へけり

 出席15名  出句25名でした。
 次回は10月21日(金)、兼題は「濁酒」と「新松子」です。
 皆様のご出席ご投句をお待ち致しております。
                               (報告 内田陽子)
 


 百舌鳥野句会(第170回 8月19日開催)報告
                                       
 昭和51年に作られ平成25年に復刻された「堺かるた」、6回目のご紹介は大鳥大社と
 鳳だんじり祭りです。
 今回は「」 つま入の古い千草の大鳥大社

 鳳のだんじり祭は約400年前から継がれてきたと言われています。
 祭礼  10月7日(金)〜9日(日)
 場所  大鳥大社の中の美波比神社(JR阪和線鳳駅北300m)
 10台のだんじりが次々に市中へ繰り出し熊野街道を駆け抜けていきます。
 ここのだんじり祭では珍しく灯入れ曳行時も昼間と変わらず全力疾走します。
 夜の連合曳きでは美しく力強いだんじりの姿を見ることができます。

 今月の兼題は「韮の花」「盆の月」席題は「秋扇」でした。

 主宰が選ばれた特選句9句を清記順に報告致します。

 いつからかひとり生えして韮の花     伊野部哲也
 残されて一人となりぬ盆の月       見学つや子
 ふる里を出でず老いゆく盆の月      伊藤とし子
 ふる里の山々暗く盆の月         斎藤妙子
 韮の花見向かれもせぬ畦にかな      福田 薫
 代替はる故郷遠し盆の月         高橋雅代
 秋扇まだ手放せぬ外出かな        伊藤とし子
 白良浜盆の月夜でありにけり       栗本伊基子
 ばあちゃん子じいちゃん子ゐて盆の月   佐藤扶紀子

 主宰の御句

 盆の月一人眺めてゐるばかり
 納骨の高野に仰ぐ盆の月
 参道の杉の木の間の盆の月
 夕闇になほさだかなる韮の花

 出席13名 出句27名でした。
 次回は9月16日(金)、兼題は「八朔」と「蚯蚓鳴く」です。
 皆様のご出席ご投句をお待ち致しております。  
                               (報告 内田陽子)  


 百舌鳥野句会(第169回 7月15日開催)報告

 昭和51年に作られ平成25年に復刻された「堺かるた」。5回目のご紹介は大浜の「大魚
 夜市」です。
 今回は「」 かがり火の堺の浜の大魚夜市
 漁港として栄えていた頃の堺の魚商人達は「魚座」という組合を作っていました。
 そして鎌倉時代から海の神様の住吉大社の夏越祓神事に際して神輿が堺の宿院頓宮(住吉
 大社の御旅所)に渡御するのに合わせて地元の漁師達が魚を持ち寄って神前に奉納。
 その際大浜海岸に魚市が立ったことに由来します。
  日時  7月31日(日) p.m1:00〜p.m9:00
  場所  大浜公園  南海本線堺駅下車徒歩10分 鯛,栄螺などのせりは19時から
 「歳時記」では「堺の夜市」として出ています。 ぜひ、訪れてみて下さい。

 今月の兼題は「滴り」「海の日」 席題は「蝉」でした。
 主宰が選ばれた特選句10句を清記順に報告致します。

 滴りの長寿の水と名づけられ    平野さち子
 岩肌の苔ふくれ来て滴れる     杉本蒼生子
 海の日や海を恋ひつつ山住ひ    佐藤扶紀子
 海の日のはや真つ黒の浜育ち    伊瀬知正子
 海の日や進水式のテープ切り    高橋雅代
 滴りや磐座冥く苔むして      白木美智子
 海の日や古式泳法披露され     奥野とみ
 海の日のサーファー浜のごみ拾ふ  小塚青楓
 滴りを竹樋に引きし山暮し     見学つや子
 洞ふかく神を斎きて滴れる     伊藤とし子

 主宰の御句

 海の日や神戸に住んで海が好き
 海の日のオーシャンビューをほしいまま
 とこしなえなる磐座を滴れる
 滴りも富士の伏流水ならむ

 出席13名 出句26名でした。
 次回は8月19日(金)、兼題は「韮の花」「盆の月」です。
 皆様のご出席ご投句をお待ち致しております。
                                (報告/内田陽子)