ネット句会    このページはどなたでもご覧いただけますが
 投句・選句は登録済みの会員のみ可能です


 11月の兼題「小春」の披講=互選の開始です。
 
 11月7日は立冬でした。
 西高東低、冬型の気圧配置、とか、大陸からの冷たい空気が、とか、い
 かにも真冬のような気象情報を耳にすることも増えてきました。
 とはいえ、それが緩み、過しやすい日々も。
 そんな「小春」の日。
 今月は、そんな「小春」をお詠みいただきました。
 その過し方もさまざまですね。
 ただ公園のベンチに座っているだけではない、「小春」の貴重な時間。
 それはどんな時間なのか、どんな情景なのか・・・・
 情景に見出すか、どう感じるか、春の“うららか”とは
 異なる季節感をどう表現するか・・・・
 寄せられた作品から、「小春」にふさわしい句をお選びください。
 いつものように選句(1句)の締め切りは11月25日です。
 
お使いのメールソフトの種類が増えてきており、それによっては【投句】、【選句】
 のボタンをクリックしてもメールソフトが立ち上がらないことがあります。
 その場合は、宛先に「postーsazanka@mbj.nifty.com」と
 すべて半角でご入力いただき、そこから送信していただければ結構です。
 お手数ですが、どうぞよろしくお願い申しあげます。
 



11月の兼題「小春」の披講です。
番号 番号
里小春バス遅るるも苦にならず 51 小春日やテラス席から埋まるカフェ
足湯して袖擦り合ふも小春かな 52 お持たせの菓子つまみつつ縁小春
小春日の包み込んだる握手かな  53 釣人の居ならぶ波止の小春かな
幾艘の釣舟の出て湖小春 54 スカートの娘等きらきらと街小春
伸びをして猫また寝入る小春かな 55 軽き荷の退院の日の小春かな
小春日の続く余生であらまほし 56 小春日や塀に五筋の線白し
ベビー服花のごと抱き宮小春 57 寺田屋は小春野風呂の刀痕
電動の車いす押す小春かな 58 行き合はす人とベンチに園小春
小春日や子犬同士もうちとけて 59 小春日の路面電車の停留所
10 さくらえび干され小春の富士間近 60 見上げれば二羽寄り添いて小春かな
11 小春日の鯉悠々の泳ぎかな 61 クレーン伸び小春日和の雲掴む
12 小春日をたまはり弾む旅一と日 62 吉報受く縁側広き小春かな
13 遊漁の凪ぎて欠伸の小春かな 63 縁小春母の話のまた同じ
14 ヘルパーとベンチに話す小春かな 64 古書市にぶらり立ち寄る小春かな
15 ビル街の日射し楽しむ小春かな 65 石庭を猫が横切る小春かな
16 濡れ縁の柿渋塗るも小六月 66 鈴の音の行き交ふ札所寺小春
17 校庭の小春の空にドローン往く 67 小春日や足伸ばしゆく茶臼山
18 野良猫の庭に来て伏す小春かな 68 釣り人の背中に小春乗ってをり
19 濯ぎもの小春の棹にぴんと反り 69 宿下駄で小春の街を行くふたり
20 小春空祭り幟も午睡かな 70 赤牛の寝そべる阿蘇の小春かな
21 人力車みな出払ひて古都小春 71 オランウータン硝子にキスす園小春
22 砂浴びの鶏の親子の庭小春 72 草履並ぶ小春日和の野点かな
23 選句して祖母眠りおり小春の日 73 小春日や老犬散歩嫌がらず
24 コンビニの開店幟村小春 74 須磨小春波音遠きひと日かな
25 小春日のこわばる顔の緩みけり 75 一機また航路南へ小春空
26 噴煙の遥かに見えて阿蘇小春 76 小春日や郵便局へ遠回り
27 陽だまりに猫の伸びする小春かな 77 一夜さの風止みたれば小春かな
28 船頭が昔を語る小春かな 78 縁先に猫の来ている小春かな
29 海小春展望台の回転す 79 しどけなく眠るライオン園小春
30 父の忌を重ね二十年小六月 80 公園の紫煙くゆらす小春かな
31 雨続きの後にたまはる小春かな 81 小春日や樹々が水面に御射鹿池
32 園小春いつもの場所に同じ猫 82 小春日やうつらと夢に艶ばなし
33 富士の山小春日和に雪帽子  83 嘴太の睦む枝ある小春かな
34 鰡跳ねて跳ねて小春の潮入川 84 小春日やポストを駅に縄電車
35 声高みたる小春日の草野球 85 釣り人の波止に溢るる小六月
36 厨子の扉を開き小春の秘仏かな 86 妣のゐる気配小春のベンチかな
37 平穏といふも退屈小六月 87 洛北の古刹の庭の小春かな
38 老犬の小春の一歩また一歩 88 小春凪蹴立て底曳船もどる
39 旅鞄軽く纏めて小春の日 89 縁側に碁盤持ち出す小春かな
40 腕組みて老夫婦ゆく小春かな 90 人垣のジャズを聞きゐる小春かな
41 小春日や母の手筈の蔵整理 91 抱き上ぐる子の日の匂ひ小六月


 ←投句はこちら
   選句はこちら→

 ※このページの操作で「山茶花のポスト」のリンク、「投句」・「選句」のボタンをクリックしても
  既定のメールソフトが立ち上がらない場合は、会員の皆さんにお送りした参加要領に記載のとおり、
  手動入力で「投句」、「選句」を行ってください。 



10月の兼題「秋の暮」の純也選です。
番号 作者 一句評に代えて
赴任地へ夫戻りゆく秋の暮 俊治  選句が遅れましたことを皆さまにお詫び申しあげます・
 「秋の暮」は、新古今集の「三夕」の歌以来の大きな季題です。
 その風情を活かしつつ、どう新しさを加えるかが、たいへんに
 難しいところです。
 今回の句を拝見しますと、総じて、発想が古いか、季題の感じ
 を掴めていないかのようです。
 「渋滞の橋灯りゆく秋の暮」だったと自分の句ながら少々記憶が
 曖昧なのですが、これを片山由美子さんが、いたく誉めてくれ
 たことがありました。
 季題の本意を踏まえつつ現代が詠めているという言葉でした。
 なるほどそんなものかと、この季題の、ある感じがわかったよう
 に思いました。
一人泊つ芭蕉の里の秋の暮 内田陽子
陸橋を靴音急ぐ秋の暮 文雄
64 露天湯に灯の点りそむ秋の暮 俊治
89 鎮守の灯ともり子ら去る秋の暮 せい子


10月の兼題「秋の暮」の互選の結果です。
番号 作者 互選
なんとなく空を見てゐる秋の暮 さちこ 征一
赴任地へ夫戻りゆく秋の暮 俊治 文雄、義久、総子
日本国憲法ゆらぐ秋の暮 良孝 正仁
公園のチャイムに去る子秋の暮 泰子 俊治
12 杣道の下山気の急く秋の暮 香代 多憙子
13 白髪の巡査の背中秋の暮 総子 良孝
14 斑鳩の鐘にゆきあふ秋の暮 正子 香代、寿子
15 稜線の茜の雲や秋の暮 流水 あきお
23 島陰に渡船消えゆく秋の暮 せい子 みつぐ、流水、ひろこ
32 この先は電車一両秋の暮 寿子 房子
33 梵鐘の聞ゆる嵯峨野秋の暮 俊美 加奈子
40 小流れの音に耳置く秋の暮 義久 月子
53 葦の間を帰り来る舟秋の暮 寿子
55 嫁ぐ娘に何を話さん秋の暮 征一 香緒子
56 秋の暮古神楽告げる遠太鼓 基文 秋水
61 山畑に煙の匂ふ秋の暮 俊美 育世、正子、洋子、とし恵
62 病棟に母を残して秋の暮 房子 かつゆき
63 妻の留守自室にこもる秋の暮 良孝 達也
67 水亭のほのぼの灯る秋の暮 文雄 安楽陽子
72 古書店のうす暗きまま秋の暮 香代 茂文、内田陽子
84 午後よりの雨に早まる秋の暮 多憙子 多恵
85 すぐそばに闇のきている秋の暮 克子 泰子
88 公園のベンチ空きある秋の暮 とし恵 さちこ
89 鎮守の灯ともり子ら去る秋の暮 せい子 いわを
90 梵鐘の谿に消えゆく秋の暮 義久 俊美


10月の兼題「秋の暮」の全作品です。
番号 番号
なんとなく空を見てゐる秋の暮 51 さよならの声のあれこれ秋の暮
背の影屋台に並ぶ秋の暮 52 また一人追ひ越されゆく秋の暮
赴任地へ夫戻りゆく秋の暮 53 葦の間を帰り来る舟秋の暮
補陀落は夕日の彼方秋の暮 54 ケータイを切りて彷徨ふ秋の暮
一人泊つ芭蕉の里の秋の暮 55 嫁ぐ娘に何を話さん秋の暮
日本国憲法ゆらぐ秋の暮 56 秋の暮古神楽告げる遠太鼓
公園のチャイムに去る子秋の暮 57 灯の点かぬホテルのサイン秋の暮
陸橋を靴音急ぐ秋の暮 58 電線の鳥黒々と秋の暮
呼びに来るまでも遊ぶ子秋の暮 59 白川におこぼこぽこぽ秋の暮
10 ドローンの空撮果てて秋の暮 60 羽織るもの持たぬ後悔秋の暮
11 群れなして鴉の帰る秋の暮 61 山畑に煙の匂ふ秋の暮
12 杣道の下山気の急く秋の暮 62 病棟に母を残して秋の暮
13 白髪の巡査の背中秋の暮 63 妻の留守自室にこもる秋の暮
14 斑鳩の鐘にゆきあふ秋の暮 64 露天湯に灯の点りそむ秋の暮
15 稜線の茜の雲や秋の暮 65 秋の暮空一面の茜色
16 オレンジの入日波染む秋の暮 66 留守を守る仏に灯す秋の暮
17 見舞終へはや灯ともりし秋の暮 67 水亭のほのぼの灯る秋の暮
18 秋の暮どこか淋しく忙しなく 68 作業終へ戻る一舟秋の暮
19 はや閉づる里の茶房や秋の暮 69 右肩の暖かきかな秋の暮
20 ふるさとへ母に付き添ふ秋の暮 70 青春の太陽の塔秋の暮
21 秋の暮家路を急ぐ生徒たち 71 葛籠尾の岬明るし秋の暮
22 落日を追ひて海まで秋の暮 72 古書店のうす暗きまま秋の暮
23 島陰に渡船消えゆく秋の暮 73 簫条と雨降る古墳秋の暮
24 街角のジャズライブ聴く秋の暮 74 少年のボール蹴り継ぐ秋の暮
25 秋の暮越後の夕日波に落つ 75 おのづから居間へ人寄る秋の暮
26 芥焼く煙たなびく秋の暮 76 旅の荷の肩に重たし秋の暮
27 テロップの案外速し秋の暮 77 踏切を貨車長々と秋の暮
28 レース編み一刻染めて秋の暮 78 ジャズバーの窓灯りそむ秋の暮
29 秋の暮塒へ戻る鴉どち 79 連るる子の吾が手を探る秋の暮
30 玄海の島々ながれ秋の暮 80 門灯で地図を確かむ秋の暮
31 音もなく風吹きぬける秋の暮 81 黒煙の白煙となる秋の暮
32 この先は電車一両秋の暮 82 間遠なる鐘の音数ふ秋の暮 
33 梵鐘の聞ゆる嵯峨野秋の暮 83 遊ぶ子の去りがたき園秋の暮
34 秋の暮明かりか細き山の駅 84 午後よりの雨に早まる秋の暮
35 安全靴脱ぎ無事念ふ秋の暮  85 すぐそばに闇のきている秋の暮
36 薪割れば岩間の郷の秋の暮 86 厨窓うす紅色に秋の暮
37 寒さ増し人肌恋し秋の暮 87 居酒屋のしつとり過ごす秋の暮
38 帰り道灯り恋しき秋の暮 88 公園のベンチ空きある秋の暮
39 読みかへす亡父の境涯秋の暮 89 鎮守の灯ともり子ら去る秋の暮
40 小流れの音に耳置く秋の暮 90 梵鐘の谿に消えゆく秋の暮



9月の兼題「曼珠沙華」の純也選です。
番号 作者 <選評>
沿線の土手てふ土手の曼珠沙華 文雄  曼珠沙華という花は独特な雰囲気、また花の形をしています。
 別名も、あまりプラスイメージのものはありません。
 それを生かすには、今回の投句は観念的に過ぎるものが多かった
 ようです。
 また、「飛び火」のような捉えかたは少しありきたりといえます。
 今回の兼題に限らず、季題の感じ、季節感、実体を、深く捉えた
 上で、どう個人の思いを深めるか、俳句は簡単なようで、そんな
 にたやすいものではありません。
 だからこそ、面白いのです。
21 曼珠沙華磨崖仏訪ふ道すがら 多恵
29 無人駅ホーム外れの曼珠沙華 みつぐ
53 海望む棚田の畦の曼珠沙華 義久
62 山墓へ径の細りて曼珠沙華 俊美

9月の兼題「曼珠沙華」の互選の結果です。
番号 作者 互選
曼殊沙華畷に白きひとところ さちこ 征一
群れ咲くも飛び飛び咲くも曼珠沙華 泰子 良孝、安楽陽子、香代、香緒子
日当れば朱翳れば深紅曼珠沙華 俊治 達也
曼珠沙華手折るも剪るもためらはれ とし恵 多憙子
10 学童の通ふ畦道曼珠沙華 義久 俊治、いわを
13 燃えうつり飛び火のごとき曼珠沙華 多憙子 内田陽子、総子、多恵
15 祠ある小さき築山曼珠沙華 安楽陽子 流水
17 竹生島伊吹も見えて曼珠沙華 かつゆき 喜柊
18 曼珠沙華英彦の天狗の通り道 あつし 文雄、みつぐ
21 曼珠沙華磨崖仏訪ふ道すがら 多恵 とし恵
24 登校も下校も曼珠沙華の径 月子 房子
27 駆け巡る阿闍梨の剣に曼珠沙華  秋水 寿子
29 無人駅ホーム外れの曼珠沙華 みつぐ せい子、あきお
34 反れるだけ反りて緋の色曼珠沙華 房子 正仁、かつゆき
35 曼珠沙華朱きパレット畦染めて 基文 洋子
38 茅葺きの里の畦道曼珠沙華 せい子 義久
52 段畑の曼珠沙華燃ゆ宇和ノ海 房子 ひろこ
59 談らひの山懐の曼珠沙華 武司 俊美
70 カールした細き芸術曼珠沙華 洋子 基文
77 天降り地に刺さりしや曼珠沙華 育世 秋水
78 父母の眠るふるさと曼珠沙華 香代 正子、月子
86 墓守の絶えて久や曼珠沙華 せい子 育世、茂文、薫
87 曼珠沙華かたまり咲いて行者道 あつし 武司、泰子


9月の兼題「曼珠沙華」の全作品です。
番号 番号
道案内いつしか消えて曼珠沙華 51 楽土より湧きでし曼珠沙華かとも 
沿線の土手てふ土手の曼珠沙華 52 段畑の曼珠沙華燃ゆ宇和ノ海
曼殊沙華畷に白きひとところ 53 海望む棚田の畦の曼珠沙華
群れ咲くも飛び飛び咲くも曼珠沙華 54 剥落の田中の墓の彼岸花
日当れば朱翳れば深紅曼珠沙華 55 彼岸花栄養不足と孫が言ふ
この畦は何処へ続く彼岸花 56 庵跡囲む一面曼珠沙華
曼珠沙華手折るも剪るもためらはれ 57 墨染の袂合わせて曼珠沙華
曼珠沙華君の睫毛の長かりし 58 街道の外れて曼珠沙華の道
まんじゆしやげ白とりまぜて朱のまさり 59 談らひの山懐の曼珠沙華
10 学童の通ふ畦道曼珠沙華 60 曼珠沙華エロスの使者か夢に出ず
11 咲く時機と丈の揃うて曼珠沙華 61 をととひはなき曼珠沙華一咫に
12 産土の参道に燃え曼珠沙華 62 山墓へ径の細りて曼珠沙華
13 燃えうつり飛び火のごとき曼珠沙華 63 海沿ひの単線沿ひの曼殊沙華
14 黄昏の畔に揺れをる曼珠沙華 64 曼珠沙崋去年と同じ日と場所に
15 祠ある小さき築山曼珠沙華 65 化け狐揺らしてゐるか曼珠沙華
16 飛び火して背戸の畔にも曼殊沙華 66 曼珠沙華あの娘の噂かけ巡り
17 竹生島伊吹も見えて曼珠沙華 67 お不動の背に炎立つ曼珠沙華
18 曼珠沙華英彦の天狗の通り道 68 木漏れ日の揺れてやまずや曼珠沙華
19 曼朱沙華背くらべのごと列なしぬ 69 知らぬ間に咲いては消えて曼珠沙華
20 毒ありと謂れの哀し彼岸花 70 カールした細き芸術曼珠沙華
21 曼珠沙華磨崖仏訪ふ道すがら 71 武家屋敷廻る土塁の曼珠沙華
22 曼珠沙華水面の雲を押し上げて 72 燃え尽きしあとの虚しさ曼珠沙華
23 淋しさは夕暮のこの曼珠沙華 73 野仏へ手向けの花や曼珠沙華
24 登校も下校も曼珠沙華の径 74 明日香風揺らす棚田の曼珠沙華
25 雲一つ置かぬ白山彼岸花 75 筆先のごとき芽をあげ曼珠沙華
26 曼珠沙崋畔踏み外しをりにけり 76 直訴の碑に隣りて盛り曼珠沙華
27 駆け巡る阿闍梨の剣に曼珠沙華  77 天降り地に刺さりしや曼珠沙華
28 清水の舞台奈落の曼珠沙華 78 父母の眠るふるさと曼珠沙華
29 無人駅ホーム外れの曼珠沙華 79 彼岸花蕾は恐くなけれども
30 彼岸花道標のごと御殿堰 80 群生の紅の暗さや曼珠沙華
31 田を囲む畦に浮き立つ曼珠沙華 81 その紅の血潮のごとき曼珠沙華
32 古戦場の墓碑を囲むや曼珠沙華 82 公園の緑の芝に曼珠沙華
33 曼珠沙華父の姿のふりむきて 83 お社の飛梅の碑曼珠沙華 
34 反れるだけ反りて緋の色曼珠沙華 84 曼殊沙華色に惹かるるあの世とは
35 曼珠沙華朱きパレット畦染めて 85 赤密に白は疎らに曼珠沙華
36 ひそやかに神饌田の畦の曼珠沙華 86 墓守の絶えて久や曼珠沙華
37 開拓地見渡す丘の曼殊沙華 87 曼珠沙華かたまり咲いて行者道
38 茅葺きの里の畦道曼珠沙華 88 豊作を知らせゐる畦曼珠沙華
39 万葉の赤いぶかしげ曼珠沙華  89 彼岸花体内時計確かなり



8月の兼題「盆」の純也選です。
番号 作者 一句評に代えて  三村純也
盆休なき病院の混みに混む 泰子
今年度第一回の今回はたくさんいい句がありました。

昔ながらの風景もあれば、現代的なものもありました。
それぞれにお盆らしい感じを捉えています。
ただ、季題の斡旋に、もう一工夫必要なものもありました。
74などは、盂蘭盆会とするよりは、新盆としたほうが、
よりしみじみとした感じが出ます。

82の「新車跨がり」は文法的に無理で、いただけません。



床の間の掛軸選るも盆用意 とし恵
門々に提灯の出て盆らしく 文雄
11 レンタルの盆灯籠を吊しけり あつし
18 白檀の香りひときは盆の寺 克子
28 手分けして檀家総出の盆用意 房子
33 大雨の自治会館の盆踊 加奈子
35 亡き人の作法なぞりて盆支度 育世
56 昏れてなほ路地行くバイク盆の僧 正子
64 朝採りの畑の野菜も盆用意 俊美
65 差配することもなくなり盆支度 流水
68 盆路のはや整ひて風あらた 泰子
70 庭の花供華に添へもし盆用意 とし恵

8月の兼題「盆」の互選結果です。
番号 作者 互選
盆僧の茶も飲まれずに発たれけり 香緒子 俊治、武司、内田陽子、いわを
夜具畳む間もなく来る盆の僧 みつぐ 寿子、正仁
妻子居ぬことにも慣れて盆休 正子 房子
10 一椀は考の好物盆の膳 俊治 香代
13 閉め切りし家開け放ち盆支度 ひろこ 一美
17 嫁の来て女三代盆支度 せい子 聡子
22 道の辺の野菜売場も盆休 いわを さちこ
28 手分けして檀家総出の盆用意 房子 泰子
35 亡き人の作法なぞりて盆支度 育世 茂文、あきお
36 懐かしき声の聞こゆる盆の夜 あきお みつぐ
51 仏の灯守る家居の盆三日 内田陽子 多憙子
55 清浄暮れて高野の魂祭 征一 俊美
59 この店も断り貼りて盆休 俊治 正子、香緒子
61 新盆の門口開けて白提灯 香代 洋子、せい子
64 朝採りの畑の野菜も盆用意 俊美
66 盆の道埃鎮めの雨上がる 香緒子 ひろこ
68 盆路のはや整ひて風あらた 泰子 かつゆき
70 庭の花供華に添へもし盆用意 とし恵 多恵
72 子のとんぼ返りとなりぬ盂蘭盆会 文雄 良孝
74 盂蘭盆会しつらへ終るしじまかな 多憙子 育世
78 新盆や火のちりちりと燃えており 正仁 流水
83 玉砕の島の膨らむ盆の闇 喜柊 征一
84 化野の庵の一灯盆の月 せい子 秋水、月子
87 盆僧に着いて小坊主息子らし 聡子 文雄

8月の兼題「盆」の全作品です。
番号 番号
盆僧の茶も飲まれずに発たれけり 51 仏の灯守る家居の盆三日
来客に妻忙しき盆三日 52 盆提灯門の片扉の開けてあり
盆休なき病院の混みに混む 53 水害あとやつと片付き盆用意
夜具畳む間もなく来る盆の僧 54 漢等の露天湯に浮く盆の顔
床の間の掛軸選るも盆用意 55 清浄暮れて高野の魂祭
門々に提灯の出て盆らしく 56 昏れてなほ路地行くバイク盆の僧
田畑には人影見えず盆の朝 57 檀家への時間割ある盆の僧
同胞のみんな息災盆の月 58 奈良の盆鮑腸汁の夜食かな
妻子居ぬことにも慣れて盆休 59 この店も断り貼りて盆休
10 一椀は考の好物盆の膳 60 刃文冴え打粉しづかに盆の月
11 レンタルの盆灯籠を吊しけり 61 新盆の門口開けて白提灯
12 故郷にはらからもなく盆の月 62 盆の日々屋台回りに疲れ切り
13 閉め切りし家開け放ち盆支度 63 盆用意そこそこ済ませ句会へと 
14 玉砕の島の燈明盆の月 64 朝採りの畑の野菜も盆用意
15 線香は祖父の馴染みよ盂蘭盆 65 差配することもなくなり盆支度
16 新盆の座の中心の新生児 66 盆の道埃鎮めの雨上がる
17 嫁の来て女三代盆支度 67 とつぷりと暮れてお参り盆の寺
18 白檀の香りひときは盆の寺 68 盆路のはや整ひて風あらた
19 洞川の法螺の音渡る盆の月 69 仏壇の仏具磨きて盆支度
20 盆支度癖字の姑の今はなし 70 庭の花供華に添へもし盆用意
21 盆見舞父祖の地遠くなりにけり 71 八人の同胞揃ふ盂蘭盆会
22 道の辺の野菜売場も盆休 72 子のとんぼ返りとなりぬ盂蘭盆会
23 法衣より香の香りよ盂蘭盆会 73 卒寿超ゆ母の流儀の盆用意
24 新盆の笑うて話できるよに 74 盂蘭盆会しつらへ終るしじまかな
25 海老蔵と勧玄は立つ盆芝居 75 盆僧の代替りして初々し
26 他人事のやうに盆僧懺悔説く 76 盆用意二の次にして病院へ
27 初めての地で初めての盆祭 77 盆路の松明弾く山雨かな 
28 手分けして檀家総出の盆用意 78 新盆や火のちりちりと燃えており
29 新幹線棚をはみ出す盆土産 79 花供へやうやう終へし盆支度
30 墓のみの残る故郷の精霊会 80 盆支度習ひしひとの盆支度
31 一張羅それぞれに縫ひ盆用意 81 新盆のほほづきの鉢届きたる
32 初盆や川深く入り船流す 82 盆僧の新車跨り来られけり
33 大雨の自治会館の盆踊 83 玉砕の島の膨らむ盆の闇
34 白菊の三発鳴りて盆や来る 84 化野の庵の一灯盆の月
35 亡き人の作法なぞりて盆支度 85 にわか雨上がりて清し迎盆
36 懐かしき声の聞こゆる盆の夜 86 盆用意遠き日のこと想ひつつ
37 ひとり居の少しづつはや盆用意 87 盆僧に着いて小坊主息子らし
38 ご先祖やそつと歩いて迎へ盆 88 くつろいで帰りたるかな送り盆



前年度分の終盤、夏季の全作品と純也選、互選結果だけを残しておきます。

7月の兼題「暑気払」の純也選です。
番号 作者 一句評に代えて
碁敵と盤を離れて暑気払 文雄  学務が多忙で、選句が遅くなったことを、まず、お詫び申し上げます。

 暑気払いは、漢方薬や少量の酒を飲んで、暑気を払うというのが季題としての本来で、
 大酒を飲んだり、酒盛りをして騒ぐというのは、季題の本意としておかしいと思います。
 大酒飲みの私としても、反省しなければならないところです。
 が、下戸という人もありますので、甘いものや餅など、カロリーの高い物を食べるという
 のも、夏負を防止するという意味で、暑気払いという季題で詠んでもいいのではないかと
 思います。
 ただ、焼酎とか梅酒、蝮酒などは、元来、暑気払いのためにあったのではないかと思われ
 ますので、一句の中に重ねるのはどうでしょうか。
 また、あまり、あっさりしたものを食べているというのは、はや、夏負をしたような感じ
 がして、そのあたりは難しいものです。
長引きし会議のあとの暑気払 泰子
自販機のドリンク剤の暑気払 義久
29 鍵善のくずきりすすり暑気払 俊美
79 一服の枇杷の煎じ茶暑気払 内田陽子
山茶花ネット句会にご参加ありがとうございました。
8月からは8年目になります。
実際の句会と同様、花鳥諷詠、季題の本意に即した選に努めますので、8年目もよろしくお願い申しあげます。


7月の兼題「暑気払」の互選の結果です。
番号 作者 互選
碁敵と盤を離れて暑気払 文雄 多恵。あつし
長引きし会議のあとの暑気払 泰子 俊治
10 湯めぐりの締めは水風呂暑気払 香代 多憙子、薫
12 暑気払正露丸なと買ふてみる 総子 武司
16 献杯の一声ありて暑気払 武司 茂文、泰子
24 暑気払ひとて大粒の真珠買ふ 月子 良孝
26 愛といふ不思議な言葉暑気払 佑亮 征一
29 鍵善のくずきりすすり暑気払 俊美 香緒子
30 東京に一人残りて暑気払 茂文 月子、内田陽子
33 頭に背に腰に灸据ゑ暑気払 征一 総子、香代
51 球磨焼酎オンザロックに暑気払ふ 香代 安楽陽子
52 暑気下し秘蔵の猿酒をもて 征一 俊美
57 桑酒を回し飲みして暑気払 かつゆき 文雄
60 誘うのに重宝なりし暑気払 茂文 房子
64 ネクタイを緩め乾杯暑気払 一美 義久
66 警策に肩を打たれて暑気払 文雄 かつゆき、加奈子。一美
68 止まり木の片隅ひとり暑気払 月子 佑亮、あきお
70 蝮酒伏せて飲まされ暑気払 義久 寿子
78 暑気払愚にもつかない談義して 武司 みつぐ
83 手捻りのぐいのみふたつ暑気払  ひろこ 育世、せい子


7月の兼題「暑気払」の全作品です。
番号 番号
碁敵と盤を離れて暑気払 51 球磨焼酎オンザロックに暑気払ふ
幽霊飴舐めては暑気を払ひけり 52 暑気下し秘蔵の猿酒をもて
長引きし会議のあとの暑気払 53 兼題に百句挑みて暑気払ふ
紫蘇ジュース真つ赤に仕上げ暑気払 54 一軒で済まぬ上司の暑気払
激辛の担々麺で暑気払 55 勧められ高価ワインの暑気払
自販機のドリンク剤の暑気払 56 暑気払理屈其其縄暖簾
暑気払二つ返事でメール打つ 57 桑酒を回し飲みして暑気払
ざあざあと貴船河床暑気払 58 鰻重とステーキ食べて暑気払ふ
乾杯に気勢をあげて暑気払 59 恙身のことさら暑気を払はんと
10 湯めぐりの締めは水風呂暑気払 60 誘うのに重宝なりし暑気払
11 生のままの薬酒に酔うて暑気払 61 暑気払ふベリーショートの髪型に
12 暑気払正露丸なと買ふてみる 62 暑気払ひ合コン酒に酔ひにけり
13 居酒屋に女ばかりの暑気払 63 鼈に威儀を正して暑気払
14 焼肉の匂ふ駅前暑気払 64 ネクタイを緩め乾杯暑気払
15 齢重ね冷しあめなる暑気払 65 雲の上に人をらずして暑気払
16 献杯の一声ありて暑気払 66 警策に肩を打たれて暑気払
17 ガード下おでん頬張り暑気払 67 暑気払と言うては熱く盛り上がり
18 暑気払ほつと息つきグラス置く 68 止まり木の片隅ひとり暑気払
19 窓の風葉擦れの音に暑気払 69 連れ立ちて甘味処の暑気払
20 暑気払ふ涙目となる激辛に 70 蝮酒伏せて飲まされ暑気払
21 激辛のカレー平らぐ暑気払 71 プレミアム金曜どこも暑気払
22 若者の輪にほろ酔うて暑気払 72 暑気払熱きはうじ茶携へて
23 遠浅の浜堀りかへし暑気払 73 異国の赤きスープや暑気払
24 暑気払ひとて大粒の真珠買ふ 74 自家製の梅シロップに暑気下し
25 渓の宿唄にお喋り暑気払 75 呑む人も呑まぬも誘ひ暑気払
26 愛といふ不思議な言葉暑気払 76 熱き茶をすすりゐる下戸暑気払
27 暑気払ふ気のかよひけり金曜日 77 焼酎の味をおぼえて暑気払
28 恙の身とて暑気払欠かすなく 78 暑気払愚にもつかない談義して
29 鍵善のくずきりすすり暑気払 79 一服の枇杷の煎じ茶暑気払
30 東京に一人残りて暑気払 80 洒落聴きに寄席の満席暑気払
31 暑気払豪華客船ディナーかな 81 金太郎せしは昔よ暑気下し
32 体の良き夫の口実暑気払 82 自家製のシロップジュース暑気払
33 頭に背に腰に灸据ゑ暑気払 83 手捻りのぐいのみふたつ暑気払 
34 枇杷の葉を湯に浮かべおり暑気払 84 熱気あり会話のはずむ暑気払



6月の兼題「えごの花」の純也選です。
番号 作者  一句評に代えて
えごの花これほどに散りまださかり 多憙子  えごの花らしさが、もっと自然に出ないといけません。
 何とかしようとしているのは分るのですが、かえって作り
 すぎている感じです。
 切字が2つあったり、「引き立てり」「留めり」のように
 文法の間違い(下二段活用に「り」は接続しません)もあり
 ました。
11 散り敷くに少し間のあるえごの花 泰子
30 えご散りて夕闇迫る湖畔道 義久
55 咲くほどに散り敷くほどにえごの花 文雄
56 見上げては立ちどまりてはえごの花 泰子
72 咲きつぎてなほ散りつぎてえごの花 香代
85 咲きつづけ零れつづけてえごの花 とし恵


6月の兼題「えごの花」の互選の結果です。
番号 作者 互選
青空を見たしと散りぬえごの花 内田陽子 寿子
えごの花これほどに散りまださかり 多憙子 俊治、内田陽子、良孝、克子
えごの花散りて明るき石畳 かつゆき 茂文、月子、ひろこ
15 大木の陰を嫌はずえごの花 茂文 せい子
21 えご散るや山懐の碧血碑 克子 とし恵
30 えご散りて夕闇迫る湖畔道 義久 加奈子
33 風誘ふ花よりえごの散りにけり せい子 安楽陽子
35 えごの花雨に万朶の雫かな とし恵 義久、薫
51 ほつほつとこぼるる雨のえごの花 俊美 香緒子
52 丑雨に香のこぼれつぐえごの花 みさえ みつぐ
54 峡暮れて暮れぬ白さのえごの花 内田陽子 武司
55 咲くほどに散り敷くほどにえごの花 文雄 多憙子
57 りんりんと雨粒まとひえごの花 寿子 佑亮、房子
61 小流れの淀に渦巻くえごの花 みつぐ 文雄
62 香をよぎる村の介護車えごの花 良孝 さちこ
63 えごの花ひしめき咲きてどつと散る 多憙子 かつゆき
65 えご散つて花の螺鈿をなすところ 征一 みさえ
66 降りしきる雨に俯くえごの花 かつゆき 多恵
72 咲きつぎてなほ散りつぎてえごの花 香代 俊美
79 いく峠越えて湯宿やえごの花 せい子 あきお
85 咲きつづけ零れつづけてえごの花 とし恵 一美、征一、香代、泰子


6月の兼題「えごの花」の全作品です。
番号 番号
青空を見たしと散りぬえごの花 51 ほつほつとこぼるる雨のえごの花
せせらぎの清けき峪のえごの花 52 丑雨に香のこぼれつぐえごの花
えごの花これほどに散りまださかり 53 峡奥の踏まねば行けぬえごの花
その話えご散る径でもう一度 54 峡暮れて暮れぬ白さのえごの花
えごの花流すカーブの山雨急 55 咲くほどに散り敷くほどにえごの花
えごの花散りて明るき石畳 56 見上げては立ちどまりてはえごの花
えごの花深山の谷にせり出せる 57 りんりんと雨粒まとひえごの花
えごの花見上ぐる我に俯ける 58 門口にしたたか散りてえごの花
木洩れ日や東司に揺るるえごの花 59 えごの花踏みて新聞配達員
10 えごの花咲く生涯を詠ひたく 60 散敷きて黒土を白くえごの花
11 散り敷くに少し間のあるえごの花 61 小流れの淀に渦巻くえごの花
12 仰ぐれば降りそそぎさうえごの花 62 香をよぎる村の介護車えごの花
13 もう一度初心の気持えごの花 63 えごの花ひしめき咲きてどつと散る
14 えごの花山路のそよぐ風に揺れ 64 振り返る道にえご散るせつなさよ
15 大木の陰を嫌はずえごの花 65 えご散つて花の螺鈿をなすところ
16 実が毒と言ふも可憐よえごの花 66 降りしきる雨に俯くえごの花
17 人の波わけて白きやえごの花 67 堀をゆく舟より見上げえごの花
18 えごの花木々の緑を引き立て 68 えごの花ほとりと落ちて漂へる
19 散るえごの花に加速の通り雨 69 えごの花待ち合はせまでまだ少し
20 えごの花赤子ときをり歩くこと 70 伏せる父見つめる先のえごの花
21 えご散るや山懐の碧血碑 71 雨上がり雫の光るえごの花
22 えご散りて沢に消えゆく白さかな 72 咲きつぎてなほ散りつぎてえごの花
23 間道に白き絨毯えごの花 73 白杖の歩みをとめしえごの花
24 えご咲いて訪ふ人もなき峠茶屋 74 象のゐるアジアゾーンのえごの花
25 明るさをちりばめて散るえごの花 75 えごの花中州の空を掃きながら
26 車椅子並びて仰ぐえごの花 76 森のカフェへ回り道してえごの花
27 えごの花散り敷く磴に足留め(て) 77 えごの花零れ匂へる築地塀
28 白花の好きな隣人えごの花 78 あふれ咲く今が盛りのえごの花
29 えごの花見上ぐる暇なしに散る 79 いく峠越えて湯宿やえごの花
30 えご散りて夕闇迫る湖畔道 80 えごの花水の濁りを極めけり
31 練塀を越えてさゆれてえごの花 81 ゆらめきて群るる枝先えごの花
32 降りこぼるビルの片隅えごの花 82 鳥影の落として去るやえごの花
33 風誘ふ花よりえごの散りにけり 83 下向いて人を包めりえごの花
34 枝たはめ妻に嗅がするえごの花 84 表門裏門も古りえごの花
35 えごの花雨に万朶の雫かな 85 咲きつづけ零れつづけてえごの花



5月の兼題「鯖」の純也選です。
番号 作者  一句評に代えて
鯖ずしのいづうに寄るも京巡り 多憙子  私は釣をしませんので、魚のことはよく分らない
 点も多いのですが、こんなこともあろうか、こん
 な想像が広がるという句を選んでみました。
 想像が広がるということは、焦点が絞れていると
 いうことです。
 総じて、説明的、報告的な句が多かったように
 思いました。
鯖の背のくの字くの字の縞模様 香緒子
19 釣人の雑魚にごま鯖混じりたる
21 水揚のこぼれしままの小鯖かな みつぐ
35 丸まると一本求め鯖の旬 育世
55 入れ食ひの鯖に船酔ひしてしまふ 征一
63 鯖寿司も皿鉢料理の中にかな 聡子
78 夫釣りし鯖の夕餉となりにけり せい子


5月の兼題「鯖」の互選結果です。
番号 作者 互選
鯖ずしのいづうに寄るも京巡り 多憙子 香代
関さばといふそれだけの旅であり 月子 寿梁、佑亮、喜柊、多憙子
鯖の背のくの字くの字の縞模様 香緒子 克子、寿子、良孝
関さばの刺身に酒の進みけり 義久 俊治
家苞に焼き鯖一尾旅終わる かつゆき ひろこ
お土産の京鯖ずしの重さかな あきお 達也
15 鯖の背の模様浮き立つ味噌煮かな 茂文 俊美、薫
16 二人居に余る大鯖もらひけり 克子 房子
18 潮流の速きに鯖の太りけり せい子 みさえ
21 水揚のこぼれしままの小鯖かな みつぐ 加奈子
23 一湾に釣師込み合ふ鯖の群 文雄 泰子
27 学食の定番鯖の味噌煮かな 俊治 文雄
51 若狭より鯖の保冷車ひた走る 寿子 さちこ
53 海中の壱岐に連なる鯖火かな みつぐ あつし
54 皮剝ぎて益々鯖の青みけり 房子 香緒子
55 入れ食ひの鯖に船酔ひしてしまふ 征一 茂文
58 舞鶴沖鯖火の殖ゆる浜泊リ 俊美 安楽陽子
62 八戸の沖より届く鯖便り とし恵 月子
64 鯖寿司のはや売り切れて道の駅  かつゆき せい子
66 舌鼓打つ串刺しの焼き鯖に みさえ かつゆき、聡子
67 塩鯖の焼いても残る青さかな あきお 聡子
71 魚屋の燈火に鯖の青光り 克子 征一、あきお
72 断崖の下に片寄る鯖火かな あつし 内田陽子
74 鯖の背の流紋くつきり海の紺 多憙子 一美
79 金華山あたりと覚ゆ遠鯖火 香緒子 みつぐ、義久
80 目遣いをされた気がして鯖選ぶ 茂文 武司


5月の兼題「鯖」の全作品です。
番号 番号
鯖ずしのいづうに寄るも京巡り 51 若狭より鯖の保冷車ひた走る
関さばといふそれだけの旅であり 52 学食の鯖定食の不評かな
鯖味噌煮食へとメモ有り妻の留守 53 海中の壱岐に連なる鯖火かな
釣り自慢こんなに鯖をもらひても  54 ぎて益々鯖の青みけり
鯖の背のくの字くの字の縞模様 55 入れ食ひの鯖に船酔ひしてしまふ
関さばの刺身に酒の進みけり 56 生き腐れとふ鯖食はず嫌ひかな 
八戸に上がりしと聞き鯖を買ふ 57 鯖売らる笊を大きくはみ出して
家苞に焼き鯖一尾旅終わる 58 舞鶴沖鯖火の殖ゆる浜泊リ
お土産の京鯖ずしの重さかな 59 焼鯖をつまみ酒酌む北陸線
10 水色の風に招かれ鯖を食ふ 60 好物の鯖もさうさう毎日は
11 鯖走る巻き上ぐ息子はしりけり 61 俎の鯖傷の目を見開きぬ
12 浜焼鯖ほほばり沖を眺めけり 62 八戸の沖より届く鯖便り
13 蕁麻疹おそれ鯖鮨アレルギー 63 鯖寿司も皿鉢料理の中にかな
14 好きなれど生鯖食べること恐し 64 鯖寿司のはや売り切れて道の駅 
15 鯖の背の模様浮き立つ味噌煮かな 65 味噌醤油鯖煮談義の厨かな
16 二人居に余る大鯖もらひけり 66 舌鼓打つ串刺しの焼き鯖に
17 塩鯖はノルウェー産と決めつけて 67 塩鯖の焼いても残る青さかな
18 潮流の速きに鯖の太りけり 68 顔顰め挑む鯖折り釣り講座
19 釣人の雑魚にごま鯖混じりたる 69 生食を控ふる鯖の定めとも
20 鯖今も食はず嫌ひを通しをり 70 閉じる目のいささか鯖を嫌ふかな
21 水揚のこぼれしままの小鯖かな 71 魚屋の燈火に鯖の青光り
22 部屋中に鯖のへしこの匂ひけり 72 断崖の下に片寄る鯖火かな
23 一湾に釣師込み合ふ鯖の群 73 朝市の鯖の目こちらにらみをり
24 漁師妻沖の鯖火を見てをりぬ 74 鯖の背の流紋くつきり海の紺
25 鯖街道焼鯖一本喰らひけり 75 不夜城の如く海中鯖火燃ゆ
26 夫好きな鯖に中りて蕁麻疹 76 鯖の目の輝き失せて家に着く
27 学食の定番鯖の味噌煮かな 77 鯖おろす一刀両断とはいかず 
28 しめ鯖のよき塩梅に所酒 78 夫釣りし鯖の夕餉となりにけり
29 鯖寿司のてらてら光る沖の青 79 金華山あたりと覚ゆ遠鯖火
30 翼下には鯖火島にはカジノの灯 80 目遣いをされた気がして鯖選ぶ
31 酢じめの鯖皮を一気に剥ぎにけり 81 鯖づくし土佐の老舗の旅籠かな
32 母煮付く鯖をふと恋ふ夕餉かな 82 厨より鯖の味噌煮の匂ひ来る 
33 舟釣の坊主免れ鯖一尾 83 復興や鯖火よもつと大いなれ
34 海荒れて本牧岸に鯖釣るる 84 土曜夜は決まつて鯖の下宿かな
35 丸まると一本求め鯖の旬 85 鯖街道起点の幟浜焼鯖
36 縞模様見た目で取つた鯖棒鮨 86 太太と鯖一本の重さかな


お問い合わせなどは「山茶花のポスト」まで