ネット句会    このページはどなたでもご覧いただけますが
 投句・選句は登録済みの会員のみ可能です


 5月の兼題「鯖」の披講=互選の開始です。
 
 美味しい鯖を求めて、京都の老舗へ。
 美味しい鯖を求めて、大分の宿へ。
 コンビナートの灯を見ながら釣り、釣舟の灯を眺め・・・・
 いろいろな「鯖」が詠まれました。
 気の毒に中った人も・・・・
 庶民の魚、「鯖」。
 いつもの通り選句(1句)の締め切りは5月25日です。
 どの「鯖」がお好みですか?
 
お使いのメールソフトの種類が増えてきており、それによっては【投句】、【選句】
 のボタンをクリックしてもメールソフトが立ち上がらないことがあります。
 その場合は、宛先に「postーsazanka@mbj.nifty.com」と
 すべて半角でご入力いただき、そこから送信していただければ結構です。
 お手数ですが、どうぞよろしくお願い申しあげます。
 



5月の兼題「鯖」の披講です。
番号 番号
鯖ずしのいづうに寄るも京巡り 51 若狭より鯖の保冷車ひた走る
関さばといふそれだけの旅であり 52 学食の鯖定食の不評かな
鯖味噌煮食へとメモ有り妻の留守 53 海中の壱岐に連なる鯖火かな
釣り自慢こんなに鯖をもらひても  54 ぎて益々鯖の青みけり
鯖の背のくの字くの字の縞模様 55 入れ食ひの鯖に船酔ひしてしまふ
関さばの刺身に酒の進みけり 56 生き腐れとふ鯖食はず嫌ひかな 
八戸に上がりしと聞き鯖を買ふ 57 鯖売らる笊を大きくはみ出して
家苞に焼き鯖一尾旅終わる 58 舞鶴沖鯖火の殖ゆる浜泊リ
お土産の京鯖ずしの重さかな 59 焼鯖をつまみ酒酌む北陸線
10 水色の風に招かれ鯖を食ふ 60 好物の鯖もさうさう毎日は
11 鯖走る巻き上ぐ息子はしりけり 61 俎の鯖傷の目を見開きぬ
12 浜焼鯖ほほばり沖を眺めけり 62 八戸の沖より届く鯖便り
13 蕁麻疹おそれ鯖鮨アレルギー 63 鯖寿司も皿鉢料理の中にかな
14 好きなれど生鯖食べること恐し 64 鯖寿司のはや売り切れて道の駅 
15 鯖の背の模様浮き立つ味噌煮かな 65 味噌醤油鯖煮談義の厨かな
16 二人居に余る大鯖もらひけり 66 舌鼓打つ串刺しの焼き鯖に
17 塩鯖はノルウェー産と決めつけて 67 塩鯖の焼いても残る青さかな
18 潮流の速きに鯖の太りけり 68 顔顰め挑む鯖折り釣り講座
19 釣人の雑魚にごま鯖混じりたる 69 生食を控ふる鯖の定めとも
20 鯖今も食はず嫌ひを通しをり 70 閉じる目のいささか鯖を嫌ふかな
21 水揚のこぼれしままの小鯖かな 71 魚屋の燈火に鯖の青光り
22 部屋中に鯖のへしこの匂ひけり 72 断崖の下に片寄る鯖火かな
23 一湾に釣師込み合ふ鯖の群 73 朝市の鯖の目こちらにらみをり
24 漁師妻沖の鯖火を見てをりぬ 74 鯖の背の流紋くつきり海の紺
25 鯖街道焼鯖一本喰らひけり 75 不夜城の如く海中鯖火燃ゆ
26 夫好きな鯖に中りて蕁麻疹 76 鯖の目の輝き失せて家に着く
27 学食の定番鯖の味噌煮かな 77 鯖おろす一刀両断とはいかず 
28 しめ鯖のよき塩梅に所酒 78 夫釣りし鯖の夕餉となりにけり
29 鯖寿司のてらてら光る沖の青 79 金華山あたりと覚ゆ遠鯖火
30 翼下には鯖火島にはカジノの灯 80 目遣いをされた気がして鯖選ぶ
31 酢じめの鯖皮を一気に剥ぎにけり 81 鯖づくし土佐の老舗の旅籠かな
32 母煮付く鯖をふと恋ふ夕餉かな 82 厨より鯖の味噌煮の匂ひ来る 
33 舟釣の坊主免れ鯖一尾 83 復興や鯖火よもつと大いなれ
34 海荒れて本牧岸に鯖釣るる 84 土曜夜は決まつて鯖の下宿かな
35 丸まると一本求め鯖の旬 85 鯖街道起点の幟浜焼鯖
36 縞模様見た目で取つた鯖棒鮨 86 太太と鯖一本の重さかな

 ←投句はこちら
   選句はこちら→

 ※このページの操作で「山茶花のポスト」のリンク、「投句」・「選句」のボタンをクリックしても
  既定のメールソフトが立ち上がらない場合は、会員の皆さんにお送りした参加要領に記載のとおり、
  手動入力で「投句」、「選句」を行ってください。 



4月の兼題「桜貝」の純也選です。
番号 作者  一句評に代えて
 龍馬像海向く浜の桜貝 寿子  

 同じ句、似た句が多く、発想が貧困だと
 思いました。
 総じて句柄が甘い。甘い季題だけに、そ
 れをどう乗りこなすかを考えないといけ 
 ません。
 波と潮騒とを一句に同時に使うというの
 も、言葉の選択が甘いと思います。
 4句目「引波」は「引く波」としました。



24  若き日の夫よりのもの桜貝 聡子
69  色褪せぬ卒寿の母の桜貝 喜柊
71  引く波を追うて拾ひし桜貝 香代
82  弓なりの浜の汀の桜貝 安楽陽子

4月の兼題「桜貝」の互選結果です。
番号 作者 互選
海に向くカフェの窓辺の桜貝 泰子 月子
引く波を追ひかけ拾ふ桜貝 義久 良孝、多憙子
耳朶と紛ふピアスのさくら貝 ひろこ あつし
21 手文庫に古き手紙と桜貝 俊治 茂文
22 小さき穴開くが悲しき桜貝 かつゆき 一美
29 初恋はこはれやすくて桜貝 内田陽子 征一、俊美
35 すなめりを遠く見る浜桜貝 多恵 俊治、安楽陽子
51 引潮の砂の潮目の桜貝 さちこ せい子
52 うつすらと真砂に埋もれ桜貝 房子、香緒子
53 ときめきの彼に貰ひし桜貝 俊美 聡子
55 由比ヶ浜片翅ばかりの桜貝 みつぐ みさえ
58 文塚におさむ恋文桜貝 内田陽子 加奈子
59 さくら貝沖に白帆の点々と 文雄 香代、寿子
60 桜貝拾うばかりの一人旅 せい子 あきお
61 桜貝めざとき子らのつぎつぎと 多憙子 さちこ
63 砂に書く好きの二文字桜貝 征一 内田陽子
64 波音と星の瞬きさくら貝 加奈子 文雄
67 引き波に見失ひたる桜貝 かつゆき 達也、ひろこ、薫
73 ねだられて又さがす浜桜貝 房子 泰子
78 さくら貝母に少女の頃ありき   ひろこ 義久
82 弓なりの浜の汀の桜貝 安楽陽子 裕亮、みつぐ、武司
85 遠き日の想い出誘ふ桜貝 多恵 かつゆき


4月の兼題「桜貝」の全作品です。
番号 番号
海に向くカフェの窓辺の桜貝 51 引潮の砂の潮目の桜貝
いとほしき思ひ出ひとつ桜貝 52 うつすらと真砂に埋もれ桜貝
さくら貝嬰の手くぼと同じいろ 53 ときめきの彼に貰ひし桜貝
引く波を追ひかけ拾ふ桜貝 54 桜貝拾ふ砂浜鴎飛ぶ
桜貝拾ひし浜の変りやう 55 由比ヶ浜片翅ばかりの桜貝
海遠く住み憧れて桜貝 56 これは父これは母へのさくら貝
夢破れ拳の中の桜貝 57 娘に持たせやる臍の緒と桜貝
龍馬像海向く浜の桜貝 58 文塚におさむ恋文桜貝
耳朶と紛ふピアスのさくら貝 59 さくら貝沖に白帆の点々と
10 押す波の端にわすれたる桜貝 60 桜貝拾うばかりの一人旅
11 西能登の夕日にかざす桜貝 61 桜貝めざとき子らのつぎつぎと
12 桜貝まさごに研がれさくら色 62 サーファーの沖へ出るなく桜貝
13 煌めきの波に磨かれ桜貝 63 砂に書く好きの二文字桜貝
14 千里浜の旅に拾ひし桜貝 64 波音と星の瞬きさくら貝
15 三人の老婆笑ひし桜貝 65 桜貝乙姫さまの忘れもの
16 引出しに思い出秘めし桜貝 66 残照に少し乱れて桜貝
17 潮騒の浜に打ち寄せ桜貝 67 引き波に見失ひたる桜貝
18 ちぎり絵の紅一点の桜貝 68 桜貝波のさらへる恋心
19 思ひはす八重の潮路よ桜貝 69 色褪せぬ卒寿の母の桜貝
20 ハンカチでふわつと包む桜貝 70 掌の真砂もすこし桜貝
21 手文庫に古き手紙と桜貝 71 引波を追うてつまめる桜貝
22 小さき穴開くが悲しき桜貝 72 拾ひたる潮の香りの桜貝
23 黒砂に拾ってくれと桜貝 73 ねだられて又さがす浜桜貝
24 若き日の夫よりのもの桜貝 74 妻捨てる抽斗奥の桜貝
25 抽斗に古き手紙とさくら貝 75 砂浜に花びら散りし桜貝
26 全きのなにやら嬉し桜貝 76 砕け散り移白なる桜貝
27 見つけたし桜貝靴ぬらしても 77 桜貝拾ひし浜のかはりやう
28 箱開けて竜宮遠く桜貝 78 さくら貝母に少女の頃ありき  
29 初恋はこはれやすくて桜貝 79 打ち上げられ朝日に透ける桜貝
30 嫁ぐ娘の荷に忍ばする桜貝 80 鳴き砂の浜に果てたる桜貝
31 桜貝ちよこんと乗せし掌 81 引く波にまた持て行かれ桜貝
32 てのひらの桜貝陽にとけてゆき 82 弓なりの浜の汀の桜貝
33 どつちの手開かぬ手には桜貝 83 白綿の真ん中に留め桜貝
34 波しぶきかかる掌さくら 84 波うちに転がり光る桜貝
35 すなめりを遠く見る浜桜貝 85 遠き日の想い出誘ふ桜貝



3月の兼題「雛」の純也選です。
番号 作者 一句評に代えて
竈には火吹竹ある雛調度 かつゆき 6番の句「初節句」について。
初節句は男の子の節句、女の子の場合には
初雛というのが、俳句の季題のルールです。
33番の「蒼天」は固く感じられますので
「青空」に替えました。
16 飾り継ぐ近江商家の享保雛 俊美
17 覗き見る御簾の内なる御殿雛 とし恵
19 向き合はぬまま仕舞はれし雛かな 内田陽子
33 青空を眺め雛の流れゆく 香代
58 紅唇の薄紙透けて雛納む さちこ
66 ピンク色ばかりつまむ子雛あられ 泰子
68 お座りの上手にできて雛の前 香代

3月の兼題「雛」の互選の結果です。
番号 作者 互選
雪洞の消えてひそひそ雛の間 義久 みさえ、内田陽子、多憙子、あつし、育世
砂浜を駆けて子の追ふ雛の舟 文雄 さちこ、寿子
竈には火吹竹ある雛調度 かつゆき 文雄、達也、ひろこ
12 年ごとに何やら寂し雛納 多憙子 征一
16 飾り継ぐ近江商家の享保雛 俊美 月子、みつぐ、聡子
17 覗き見る御簾の内なる御殿雛 とし恵 泰子
20 古雛拝せし床の軋みたる 武司、とし恵
33 蒼天を眺め雛の流れゆく 香代 加奈子
57 雛の間に畏み座る男の子 義久 香代、かつゆき
58 紅唇の薄紙透けて雛納む さちこ 房子
59 町内を舟曳き回し流し雛 文雄 俊美、せい子
62 繕ひを重ね旧家の雛調度 俊治 あきお、寿粱、薫
66 ピンク色ばかりつまむ子雛あられ 泰子 俊治
68 お座りの上手にできて雛の前 香代 義久
69 酒蔵の試飲の間にも内裏雛 多憙子 茂文
82 おはぐろの雛の口元垣間見し 寿子 良孝、裕亮


3月の兼題「雛」の全作品です。
番号 番号
雪洞の消えてひそひそ雛の間 51 古雛や妣の三十路の富士額
砂浜を駆けて子の追ふ雛の舟 52 ふるさとのひな東京のひひなかな
雛の夜の男ばかりとなりにけり 53 婚遅くなるとて早も雛収む
竈には火吹竹ある雛調度 54 紅絹すでにほつれし母の官女雛
雛の目の嬉しげにまた悲しげに 55 灯ともせば五人囃の楽響く
離乳期のテーブル囲み初節句 56 立ち騒ぐ子の悄らしく雛の間
臈たけし逢魔時の古雛 57 雛の間に畏み座る男の子
向き合ひて箱に収めし内裏雛 58 紅唇の薄紙透けて雛納む
ひとり来てひとりは淋し雛の宿 59 町内を舟曳き回し流し雛
10 雛人形紙で折られて立ちにけり 60 兄嫁や静かな朝の雛納め
11 目の輝く対の市松雛の壇 61 太き指父は上手に雛飾る
12 年ごとに何やら寂し雛納 62 繕ひを重ね旧家の雛調度
13 三男に嫁来て雛に和みけり 63 つれづれに夫折り上げし紙雛
14 せめてもと桃一枝を紙雛に 64 拝殿の脇に雛の段飾り
15 お迎へは雛の段や浦の宿 65 雛祭ジャズの演奏クインテット
16 飾り継ぐ近江商家の享保雛 66 ピンク色ばかりつまむ子雛あられ
17 覗き見る御簾の内なる御殿雛 67 奈良なれや出窓に飾る墨雛
18 幕末の頃の呉服屋古雛 68 お座りの上手にできて雛の前
19 向き合はぬまま仕舞はれし雛かな 69 酒蔵の試飲の間にも内裏雛
20 古雛拝せし床の軋みたる 70 まず雛を愛でて老舗の京料理
21 流し雛点になるまで見送れり 71 片親の心尽くしの雛の膳
22 入国者雛に微笑むターミナル 72 お歯黒の雛の口の小さきこと
23 教はりてやうやく仕上ぐ紙雛 73 舟浮かべ雛乗せある家を訪ふ
24 雛飾る室内犬を考慮して 74 目と口を入れて切り絵の雛笑ふ
25 狭き家壁に貼られし紙雛 75 尼の御所太夫の舞うて雛祭
26 雛膳の雪洞めける桂剥き 76 母であり祖母でもありし雛祭
27 冠をちよつと直して雛飾る 77 ふと見れば妣のおもかげ内裏雛
28 客が来て雛の雪洞燈しけり 78 柔道着の女子しなやかに雛に座す
29 五十余年女雛のやうな妻と住み 79 いもうとの親王飾初雛 
30 妻眺む子供の頃の雛飾 80 色あせて昔偲ばる雛人形
31 掛軸も屏風も飾り雛の宿 81 雛の日にと蕾のももを日当りに
32 雛飾るかつて質倉なる茶房 82 おはぐろの雛の口元垣間見し
33 蒼天を眺め雛の流れゆく 83 向き向きにおもてを上げて流し雛
34 かんばせの父と母似の雛人形 84 雛の客去にて畳の広さかな



2月の兼題「梅」の純也選です。
番号 作者  一句評にかえて
紅梅に固く結びし恋みくじ 達也  梅の句は古くなりがちなのですが、今回も、
 発想的に斬新なものは、残念ながら見当たり
 ませんでした。
 もっと対象に肉薄する姿勢、凝視する姿勢を
 大事にしましょう。そうしていると、何か心
 に浮かんで来るはずですし、対象のほうから
 語りかけてくれるはずです。
 頭でこしらえるのではなく、実景を深く見る、
 あるいは過去の体験に思いを馳せることです。
12 来ては翔ちまた来て梅の目白かな さちこ
35 賑はへる舞妓の野点梅の宮 俊美
53 廃屋となりし屋敷の梅真白 みつぐ
57 神鈴の音途切れなき梅日和 多憙子
83 産土に紅白梅の咲き揃ふ


2月の兼題「梅」の互選の結果です。
番号 作者 互選
魁の梅一輪のふふみかな 俊治 文雄
臥竜梅枯山水を発つ構へ あつし 征一
紅梅に固く結びし恋みくじ 達也 とし恵
18 梅が香のそぞろ歩きの日和かな 香代
21 頸筋の風に芯あり梅三分 香緒子 一美
22 白梅の朧に浮かぶ月夜かな あきお 寿梁、寿子
23 退官の梅の記念樹満開に 泰子 武司、俊治、さちこ、聡子
24 梅開く花びらよりも長き蕊 加奈子 義久
25 咲き分けて源平梅の白勝ちに みさえ 多憙子
33 苔むせる枝の先まで梅の花 とし恵 かつゆき
51 近づいて少し離れて梅の香に 泰子 俊美、房子
52 しだれ梅ふふむ雨粒より小さく 加奈子 香代
54 梅が香をまとひ淡島詣かな 香緒子 あつし
57 神鈴の音途切れなき梅日和 多憙子 みつぐ、良孝
58 白梅のさみどりがちに咲いてをり 寿子 多恵
59 梅ひらく盆栽家庭裁判所 月子 達也
60 かがよへる放物線のしだれ梅 みさえ 加奈子、克子
63 老木の太き枝ぶり梅白し 安楽陽子 泰子
65 白梅に佇てば自づと妣のこと   内田陽子 香緒子
68 月ヶ瀬のどこ歩きても梅香る 文雄 内田陽子
73 園丁の今年遅しと梅一輪 房子 みさえ、せい子
74 太閤の天守くつきり梅日和 かつゆき 月子、安楽陽子
76 後ろ手に組む人多き梅見かな 俊治 茂文、佑亮


2月の兼題「梅」の全作品です。
魁の梅一輪のふふみかな 51 近づいて少し離れて梅の香に
見ておくれやすと誘はれ梅の花 52 しだれ梅ふふむ雨粒より小さく
表札に旧の町名梅二月 53 廃屋となりし屋敷の梅真白
臥竜梅枯山水を発つ構へ 54 梅が香をまとひ淡島詣かな
検診の結果良性梅香る 55 母衣背負ふ馬上の藩主梅の宮
絶間なく絵馬の打ち合ふ梅の宮 56 藩邸にまづ魁の梅見かな
天神へ歩を今少し梅日和 57 神鈴の音途切れなき梅日和
練塀の小路どこからか梅匂ふ 58 白梅のさみどりがちに咲いてをり
紅梅に固く結びし恋みくじ 59 梅ひらく盆栽家庭裁判所
10 貸家札立て白梅の大和棟 60 かがよへる放物線のしだれ梅
11 天神に通ひて三日梅咲きぬ 61 鉄幹の細き枝より梅の花
12 来ては翔ちまた来て梅の目白かな 62 都会へと若者の発ち野梅咲く
13 紅白の相半ばする盆梅展 63 老木の太き枝ぶり梅白し
14 汐風に匂ひはなちし梅の花 64 さむしろの梅の御苑の老夫婦
15 大仏の雨に濡れをり梅の花 65 白梅に佇てば自づと妣のこと  
16 紅白の梅匂ふ夜にペアルック 66 源氏名の同じ梅にも遅速かな
17 手水舎にふはり香のきて夜の梅 67 紅白戦梅咲き競ふ伊豆の山
18 梅が香のそぞろ歩きの日和かな 68 月ヶ瀬のどこ歩きても梅香る
19 紅梅の散りてまばらな水面かな 69 梅林の藪に鳴きたてみそさざい
20 姿無き梅に頭を回しおり 70 梅林や池に動かぬ舟と舟
21 頸筋の風に芯あり梅三分 71 落雁と抹茶注文梅日和
22 白梅の朧に浮かぶ月夜かな 72 梅まつり茶人頭巾は俳句の徒
23 退官の梅の記念樹満開に 73 園丁の今年遅しと梅一輪
24 梅開く花びらよりも長き蕊 74 太閤の天守くつきり梅日和
25 咲き分けて源平梅の白勝ちに 75 梅の香を深呼吸して背筋伸ぶ
26 粒々とつぶやくごとく梅蕾む 76 後ろ手に組む人多き梅見かな
27 ぽつぽつと咲きそむ梅のいぢらしき 77 梅の花零す小さな鳥の群
28 梅まつり土産に買ひし苗木かな 78 凛とした朝に古木の梅の花
29 富士望む曽我の梅林見に来よと 79 老舗継ぐ倅の覚悟梅は実に
30 咲く頃と機織る村へ梅の花 80 風見鶏どちらを見ても梅日和
31 梅二月元気ですかと来る便り 81 絵手紙の梅はみ出して息災と
32 谷戸深く梅に朝日の叶ひけり 82 通ひくる梅のかをりに歩を速め
33 苔むせる枝の先まで梅の花 83 産土に紅白梅の咲き揃ふ
34 蕾なき枝さしかはす梅古木 84 紅梅の丸まる蕾紅ぞ濃き
35 賑はいの舞妓の野点梅の宮 85 梅散りて見る花のなき狭庭かな
36 梅園に揺るる短冊二つ三つ 86 梅ふふみ輝き落つる雨雫



1月の兼題「初湯」の純也選です。
番号 作者  一句評に代えて
目つむりて計をめぐらす初湯かな 香代  今時、そういう風習を残している家庭がどれほど
 あるかは分りませんが、銭湯だけではなく、一般
 家庭でも初湯は、二日の朝に入ったものでした。
 元日から、身を削いではいけないからと教わって
 いました。
 従って、夜景が見えたとか、どうも元日のような
 感じがする句には、私はやや違和感を持ちました。
 すべてが略式になってゆく時代ですから、せめて
 正月だけは、俳人なればこそ、昔のままにと心掛
 けているのですが、やはり、難しく感じます。
機嫌良く常連集ふ初湯かな 泰子
13 薬湯の混み合うてゐる初湯かな 香緒子
20 露天湯の岩を枕の初湯かな あつし
26 たつぷりと湯の花入れて初湯かな かつゆき
28 惜しげもなく溢るるままの初湯かな 安岡房子
51 銭湯の桶新しき初湯かな 泰子
52 ほろ酔を醒ます初湯でありにけり 征一
53 そこはかと檜の匂ふ初湯殿 みさえ
68 玉の子を胸に抱へて初湯かな 文雄
84 丁寧に父の背流す初湯かな せい子


1月の兼題「初湯」の互選の結果です。
番号 作者 互選
目つむりて計をめぐらす初湯かな 香代 月子、多憙子
仕舞湯の初湯となりし客のあと さちこ 佑亮
満天の星の中なる初湯かな 月子 俊美
富士の絵の塗替へられて初湯かな 多憙子 泰子、薫
14 ゆるゆると百まで数ふ初湯かな 育世 ひろこ
17 番台の長寿祝ぎては初風呂に 武司 せい子
18 初湯出てヘアトニックの封を解く 寿梁 良孝
19 新しき肌着をおろし初湯かな せい子 香緒子
20 露天湯の岩を枕の初湯かな あつし 文雄
23 漁火を遠くに宿の初湯かな 克子 あきお
24 病み癒えて軽き身浸す初湯かな  とし恵 育世
27 初風呂や古希に近づき脚細し あきお 茂文
28 惜しげもなく溢るるままの初湯かな 安岡房子 みさえ
31 三代の揃うて入る初湯かな 俊治 加奈子
51 銭湯の桶新しき初湯かな 泰子 加藤房子、あつし
52 ほろ酔を醒ます初湯でありにけり 征一 俊治、かつゆき
53 そこはかと檜の匂ふ初湯殿 みさえ 義久、とし恵
55 かかり湯の杓も新し初湯かな 俊治 寿梁
57 夕日さす檜の香る初湯かな 加奈子 寿子
63 初湯して朝の小道の人通り 佑亮 武司、一美
66 四手の垂る老舗の宿の初湯かな さちこ みつぐ
71 冨士の嶺をまなかひにして初湯かな 香代 征一
75 手をのばし脚をのばして初湯かな 育世 香代
82 子を包む真白きたをる初湯殿 とし恵 克子
84 丁寧に父の背流す初湯かな せい子 達也、安岡房子、安楽陽子、さちこ


1月の兼題「初湯」の披講です。
番号 番号
目つむりて計をめぐらす初湯かな 51 銭湯の桶新しき初湯かな
仕舞湯の初湯となりし客のあと 52 ほろ酔を醒ます初湯でありにけり
満天の星の中なる初湯かな 53 そこはかと檜の匂ふ初湯殿
富士の絵の塗替へられて初湯かな 54 湯桶また椅子も新たに初湯かな
初風呂や婿と背中を流し合ひ 55 かかり湯の杓も新し初湯かな
丹念に鬚をあたりし初湯かな 56 夫初湯する間に夕餉整へて
機嫌良く常連集ふ初湯かな 57 夕日さす檜の香る初湯かな
子ら去んで浸る独りの初湯かな 58 数かぞへる声高らかに初湯かな
東北の旅の秘湯の初湯かな 59 客帰り夜中に浴びる初湯かな
10 初湯入る孫の騒ぎのその中 60 朝酒の後の初湯に身を伸ばす
11 初湯出て紅さされゐる童かな 61 新しきタオルに換へて初湯かな
12 初風呂の長きを案ず老い暮し 62 熱過ぎて無念無想の初湯かな
13 薬湯の混み合うてゐる初湯かな 63 初湯して朝の小道の人通り
14 ゆるゆると百まで数ふ初湯かな 64 波打たせ初湯にざばと太鼓腹
15 人形を泳がせ遊ぶ初湯の子 65 恙無く喜寿を迎へて初湯かな
16 心地よきタオル新し初湯かな 66 四手の垂る老舗の宿の初湯かな
17 番台の長寿祝ぎては初風呂に 67 みちのくの混浴といふ初湯かな
18 初湯出てヘアトニックの封を解く 68 玉の子を胸に抱へて初湯かな
19 新しき肌着をおろし初湯かな 69 ジャグジーも薬湯もある初湯かな
20 露天湯の岩を枕の初湯かな 70 孫ら来て騒がしくなる初湯殿
21 去年のこと思ひ巡らし初湯かな 71 冨士の嶺をまなかひにして初湯かな
22 初湯出で心豊かになりにけり 72 七十路の肌いとほしむ初湯かな  
23 漁火を遠くに宿の初湯かな 73 初風呂や少女にほのとハーブの香
24 病み癒えて軽き身浸す初湯かな  74 目を閉じて仏心の初湯かな
25 初湯浴ぶ水平線は目の高さ 75 手をのばし脚をのばして初湯かな
26 たつぷりと湯の花入れて初湯かな 76 函館の夜景眼下に初湯かな 
27 初風呂や古希に近づき脚細し 77 初風呂のやはらかき湯気楽しめり  
28 惜しげもなく溢るるままの初湯かな 78 長風呂のできぬ性分初湯かな
29 呼声の高く響ける初湯かな 79 碧い眼とひとつ舟なる初湯かな
30 ひと年の計を煉りつつ初湯かな? 80 初湯出で抱きつく嬰児抱き上ぐる
31 三代の揃うて入る初湯かな 81 初風呂も娘の後に男性陣
32 今年はも主婦しんがりの初湯かな 82 子を包む真白きたをる初湯殿
33 新しき下着用意し初湯かな 83 波音の遠退く街の初塩湯
34 初風呂の檜のかをり独り占め 84 丁寧に父の背流す初湯かな



12月の兼題「浮寝鳥」の純也選です。
番号     句 作者  一句評にかえて
波一つ越え二つ越え浮寝鳥 育世  18? 26? 61 も出来てはいるのですが、類句があります。
 恥ずかしいことながら、私も先人から同じ句と指摘を受
 けたことがあります。
 その方のその句も、さらに先人から私とまったく同じ指
 摘を受けたということで、そうなれば類想の類想という
 ことになってしまいます。
 用心のうえに用心、注意のうえに注意が必要ということ
 を忘れてはならないということでしょう。

 72 の夕茜は夕映えぐらいでいいでしょう。
 また、波にゆりかごという発想は、言葉は悪いのですが
 “ごまんとある”といわれると思います。

汽水湖の外は荒波浮寝鳥 真人
風強く陣を狭むる浮寝鳥 かつゆき
15 砂利船の水脈にも馴れて浮寝鳥 達也
16 昼の月白々かかり浮寝鳥 内田陽子
19 頸曲げて流れのままの浮寝鳥 あつし
27 陣組みしまま漂へる浮寝鳥 みつぐ
32 風にまた少し流され浮寝鳥 泰子
51 その中の一羽首上げ浮寝鳥 加藤房子
53 キャンパスの誰も来ぬ池浮寝鳥 安楽陽子
71 陣なすとなく日溜まりの浮寝鳥 真人
73 この中に番何組浮寝鳥 俊治

12月の兼題「浮寝鳥」の互選の結果です。
番号 作者 互選
プライバシーあるよな間合浮寝鳥 俊治 内田陽子、良孝
浮寝鳥木場には木場の匂ひあり 文雄 安楽陽子
10 聡き目を翼に仕舞ひ浮寝鳥 香緒子 せい子、香代
12 廃船の音なき水に浮寝鳥   良孝 佑亮
13 遠目には石にも見ゆる浮寝鳥 克子 武司
15 砂利船の水脈にも馴れて浮寝鳥 達也 加奈子
17 餌をねだる群より外れ浮寝鳥 とし恵 寿梁
18 ときをりは首を擡げて浮寝鳥 加藤房子
29 浮寝鳥見てゐし夢は何ならむ 義久 泰子
31 陵の濠をよすがに浮寝鳥 俊美 多恵、あつし
32 風にまた少し流され浮寝鳥 泰子 達也、かつゆき、薫
51 その中の一羽首上げ浮寝鳥 加藤房子 みつぐ
52 同じ夢見つつをるやも浮寝鳥 泰子 克子
57 さだめなき波を褥に浮寝鳥 寿子 俊美、安岡房子
59 浮寝鳥夢の続きを羽ばたいて  内田陽子 義久
61 風まかせ波にゆだねる浮寝鳥 俊美 月子
63 浮寝鳥湖の入江を分かち合ひ とし恵 文雄
68 浮寝鳥日がな一日過ごす沼 月子
69 相寄りしままたゆたうて浮寝鳥 香代 みさえ、あきお、育世、ひろこ
71 陣なすとなく日溜まりの浮寝鳥 真人 多憙子
76 日の射して心地良いかな浮寝鳥 あきお 茂文
78 漣は海のゆりかご浮寝鳥 克子 征一、とし恵
79 漂ふてゐても陣あり浮寝鳥 多憙子 香緒子
80 微睡つ波にたゆたふ浮寝鳥 寿子

12月の兼題「浮寝鳥」の全作品です。
番号 番号
波一つ越え二つ越え浮寝鳥 51 その中の一羽首上げ浮寝鳥
水脈引くも浮寝の鴨も陣ごとに 52 同じ夢見つつをるやも浮寝鳥
汽水湖の外は荒波浮寝鳥 53 キャンパスの誰も来ぬ池浮寝鳥
プライバシーあるよな間合浮寝鳥 54 浮島の陰に身を寄す浮寝鳥
浮寝鳥木場には木場の匂ひあり 55 辺つ風や鴛鴦の浮寝に夕日差す
港湾の荷揚げの音や浮寝鳥 56 小半時動かぬ鷺と浮寝鳥
布衣の身の浮寝鳥めく暮しあり 57 さだめなき波を褥に浮寝鳥
てんでんにふかれふかれて浮寝鳥 58 鴨浮寝観光客の躁よそに
風強く陣を狭むる浮寝鳥 59 浮寝鳥夢の続きを羽ばたいて 
10 聡き目を翼に仕舞ひ浮寝鳥 60 うたた寝か南の夢か浮寝鳥
11 浮寝鳥鵺伝説の赤蔵ケ池 61 風まかせ波にゆだねる浮寝鳥
12 廃船の音なき水に浮寝鳥   62 ジョギングの一周す中浮寝鳥
13 遠目には石にも見ゆる浮寝鳥 63 浮寝鳥湖の入江を分かち合ひ
14 眠りてもほほけてをらず浮寝鳥 64 陽光に押さるるがまま浮寝鳥
15 砂利船の水脈にも馴れて浮寝鳥 65 この辺り鳥獣保護区浮寝鳥
16 昼の月白々かかり浮寝鳥 66 防塁を吹き抜く風や浮寝鳥
17 餌をねだる群より外れ浮寝鳥 67 離るると見えて又寄る浮寝鳥
18 ときをりは首を擡げて浮寝鳥 68 浮寝鳥日がな一日過ごす沼
19 頸曲げて流れのままの浮寝鳥 69 相寄りしままたゆたうて浮寝鳥
20 浮寝鳥我は汀を進むなり 70 風波に片寄せられし浮寝鳥
21 噴水を避けし日溜り浮寝鳥 71 陣なすとなく日溜まりの浮寝鳥
22 浮寝鳥小雨降りても動かざる 72 茜色映ゆる池面の浮寝鳥
23 そぼ降りてときに羽撃ちの浮寝鳥 73 この中に番何組浮寝鳥
24 波に揺れ触れ合いもせず浮寝鳥 74 浮寝鳥ゆるりと脚の動き視ゆ
25 大波も小波も静か浮寝鳥 75 廻りゆく浮寝鳥なり池の中
26 ときをりは羽繕いひして浮寝鳥 76 日の射して心地良いかな浮寝鳥
27 陣組みしまま漂へる浮寝鳥 77 飛び石を渡る人絶え浮寝鳥
28 さざ波の湖中の鳥居鴨浮寝 78 漣は海のゆりかご浮寝鳥
29 浮寝鳥見てゐし夢は何ならむ 79 漂ふてゐても陣あり浮寝鳥
30 水鳥の日に日に増ゆる沼江かな 80 微睡つ波にたゆたふ浮寝鳥
31 陵の濠をよすがに浮寝鳥 81 内海の見ざる聞かざる浮寝鳥
32 風にまた少し流され浮寝鳥 82 暁闇に気配消すなく浮寝鳥
33 高浪に見えつ隠れつ浮寝鳥 83 さざなみにただ漂ふて浮寝鳥 
34 浮寝鳥矢切の渡し 身を寄せて 84 水鳥と同じくうねる女心
35 寄す波に一日まかせて浮寝鳥 85 さざ波の揺り籠のごと浮寝鳥



11月の兼題「綿虫」の純也選です。
番号 作者 寸評に代えて
綿虫の綿虫を追ふ虚空かな 文雄  選句依頼が山積みで、選評も書けない
 状況をお許しください。
 いつも申し上げておりますが、変わっ
 た情景のなかの綿虫よりも、より綿虫
 という季題の本質に迫った句を、私は
 よしとしたいと思っています。
13 隧道の洞へ綿虫消えしまま 武司
19 綿虫の日ざしに透けて消えにけり
28 綿虫のふはりと越えし牧の柵 安岡房子
55 大綿の飛んで北国日和かな 征一
61 大綿の薪積む軒に漂へり 香緒子
63 いづくより来し綿虫のいづくへと 泰子
66 雪虫の群れては消ゆる夕まぐれ とし恵
72 湯煙に紛れ大綿消えにけり 真人
74 大綿の去来の墓に見失ふ 俊美
79 綿虫の埃とまがふ浮遊かな 克子
81 綿虫の湖の夕日に湧き上がる あつし


11月の兼題「綿虫」の互選の結果です。
番号 作者 互選
綿虫のふと見失ふ日ざしかな 多憙子 あきお
10 綿虫の浮いて暮色に見失ふ 義久 みつぐ
14 綿虫の骸のまじる塵を掃く 克子 良孝
16 残照の中にさまよふ雪蛍 みつぐ 征一
17 大綿に口元押さへ女学生 俊治 克子
19 綿虫の日ざしに透けて消えにけり 寿梁、安岡房子
23 綿虫の消え行く湖の暮色かな あつし 文雄、ひろこ
29 綿虫や青山墓地のマリア像 加藤房子 育世
54 夕鐘へ大綿すつと消えにけり 安岡房子 月子
55 大綿の飛んで北国日和かな 征一 武司、さちこ、義久、香緒子、安楽陽子
57 大綿や天守閣無き城山に 加藤房子 泰子
59 日かげればまだ大綿のそこにあり 俊治 寿子
60 綿虫の青を灯せる夕べかな 文雄 みさえ
61 大綿の薪積む軒に漂へり 香緒子 かつゆき
63 いづくより来し綿虫のいづくへと 泰子 達也、加藤房子
67 夕暮の綿虫群を解いてゆく 安楽陽子 薫、せい子
68 綿虫のあまた飛びゐてぶつからず 多憙子 俊美
69 綿虫や半畳ほどの白洲跡 みさえ 佑亮
72 湯煙に紛れ大綿消えにけり 真人 加奈子
74 大綿の去来の墓に見失ふ 俊美 香代
78 遮断機の降りて綿虫どこからか 武司 茂文、俊治
79 綿虫の埃とまがふ浮遊かな 克子 多憙子


11月の兼題「綿虫」の全作品です。
番号 番号
大綿の出でて連峰白々と 51 綿虫のゆたにたゆたに宮の杜
綿虫の綿虫を追ふ虚空かな 52 綿虫や高野を下る電車内
綿虫の消え行く先を見失ふ 53 綿虫の舞ふ庭園の船隠
雪ばんば馬券売り場に割込みぬ 54 夕鐘へ大綿すつと消えにけり
山門を入り綿虫に迎へらる 55 大綿の飛んで北国日和かな
逆光に綿虫の影失へり 56 芥かと見れば綿虫ふはふはと
雪虫の吾が掌に留まる命かな  57 大綿や天守閣無き城山に
綿虫の写真に残る白い点 58 払ふより逃げるほかなし雪ばんば
綿虫のふと見失ふ日ざしかな 59 日かげればまだ大綿のそこにあり
10 綿虫の浮いて暮色に見失ふ 60 綿虫の青を灯せる夕べかな
11 綿虫ややつと垣根を越えて飛び 61 大綿の薪積む軒に漂へり
12 ふいと来し綿虫ついと去りゆけり 62 綿虫の飛んでござると坊が妻
13 隧道の洞へ綿虫消えしまま 63 いづくより来し綿虫のいづくへと
14 綿虫の骸のまじる塵を掃く 64 綿虫や加茂川沿ひの遊歩道
15 綿虫の光りて越ゆる瓢塚 65 綿虫や今日の一ト日の恙無く
16 残照の中にさまよふ雪蛍 66 雪虫の群れては消ゆる夕まぐれ
17 大綿に口元押さへ女学生 67 夕暮の綿虫群を解いてゆく
18 雪蛍光悦墓に憑くごとく 68 綿虫のあまた飛びゐてぶつからず
19 綿虫の日ざしに透けて消えにけり 69 綿虫や半畳ほどの白洲跡
20 綿虫に見入り口開く我が子かな 70 綿虫や行くところありほつといて
21 綿虫の浮く校門に夕日射す 71 綿虫のゐさうな風の匂ひかな
22 暮なづむ綿虫の青ただよひ来 72 湯煙に紛れ大綿消えにけり
23 綿虫の消え行く湖の暮色かな 73 綿虫のほどよく群れて漂へる
24 綿虫を探しあぐねて日のかげり 74 大綿の去来の墓に見失ふ
25 綿虫のふはりとひと日黄昏るる 75 当直の窓なぞり行く雪蛍
26 綿虫や裏道が好き路地が好き 76 綿虫の風に吹かれて消えにけり
27 大綿や水面に人の狡き顔 77 綿虫の狭庭にあそぶ二つ三つ
28 綿虫のふはりと越えし牧の柵 78 遮断機の降りて綿虫どこからか
29 綿虫や青山墓地のマリア像 79 綿虫の埃とまがふ浮遊かな
30 大綿に乗つ取られたる無人駅 80 花の園画家綿虫を払ひつつ
31 翅の音消して綿虫飛びにけり 81 綿虫の湖の夕日に湧き上がる
32 綿虫の手に動かざる白き翅 82 綿虫や老父の背に二つ三つ
33 漂ふてわが指に来よ雪婆 83 綿虫の舞ふ日喪中のはがき着く
34 綿虫や遠くコンテナ列車行き 84 綿虫を捕ふと虚空掻きまはす



10月の兼題「秋祭」の純也選です。
番号 作者 一句評に代えて
石階を神輿下り来る秋祭 文雄  「秋祭」には、収穫、豊漁の感謝の心持ちが
 出ていないといけません。
 夏祭の起源は疫病退散ですが、春、秋の祭は
 農作が起源であるということを忘れてはいけ
 ません。
 秋祭に豊凶を占うことは、ないと思います。

紋付のもう酔うてゐる秋祭 みつぐ
10 酒樽を俵積みして浦祭 加藤房子
16 村長も校長もをる秋祭 泰子
28 浦凪ぎて布団太鼓の秋祭 寿子
30 法被着て嬶等張り切る浦祭 達也
51 大漁旗御座船囲む浦祭 義久
53 同窓会兼ね古里の秋祭 加奈子
58 筋雲の沖へと流れ浦祭 寿子
65 産土の宮司老いたる里祭 達也
80 餅箱におにぎりならべ秋祭 かつゆき


10月の兼題「秋祭」の互選の結果です。
番号 作者 互選
担ぎ手としてふるさとの秋祭 俊美 俊治、月子
紋付のもう酔うてゐる秋祭 みつぐ 内田陽子
町の禰宜頼み在所の秋祭 さちこ 茂文
10 酒樽を俵積みして浦祭 加藤房子、征一 かつゆき
12 掛け持ちの宮司駆けつけ里祭 多恵 あつし
20 裏方のかひがひしきも里祭 多憙子 さちこ
21 秋祭笛も太鼓も地下の衆 喜志子 多恵
22 氏神に轟く太鼓里祭 とし恵
27 作柄は良と出にけり秋祭 育世 多憙子
29 秋祭中日を雨に祟らるる 安岡房子 ひろこ
30 法被着て嬶等張り切る浦祭 達也 武司
31 長老のはよから酔うて在祭 武司 俊美、香代
34 見覚えのある人減りし里祭 加奈子 義久
51 大漁旗御座船囲む浦祭 義久 みつぐ
53 同窓会兼ね古里の秋祭 加奈子 寿粱、克子
55 故郷の屋台一つの秋祭 茂文 香緒子
56 御社の掃除してより在祭 さちこ 安岡房子
57 綿菓子に長き列あり秋祭 泰子 あきお
58 筋雲の沖へと流れ浦祭 寿子 佑亮
62 船の上に巫女の舞ひをる浦祭 俊治 加藤房子、良孝、泰子
72 家いえの門に幣結ひ秋祭 俊美
73 つやつやの握り飯盛り村祭 香代 寿子、加奈子
75 秋祭子供力士の揃ひ踏 文雄 達也
76 五十戸の村を獅子舞ふ秋祭 香緒子 育世
81 厨より酢飯のかをり秋祭 とし恵 文雄
82 過疎村の子供総出の秋祭 せい子 安楽陽子
83 秋祭六年生のねびまさり 武司 みさえ


10月の兼題「秋祭」の全作品です。
番号 番号
石階を神輿下り来る秋祭 51 大漁旗御座船囲む浦祭
担ぎ手としてふるさとの秋祭 52 久々に姉妹のそろふ在祭
紋付のもう酔うてゐる秋祭 53 同窓会兼ね古里の秋祭
褐色の漢等仕切る浦祭 54 恐いもの風雨と囃し秋祭
休暇取り帰る能登人浦祭 55 故郷の屋台一つの秋祭
秋まつり鳶先導の木遣節 56 御社の掃除してより在祭
町の禰宜頼み在所の秋祭 57 綿菓子に長き列あり秋祭
奉納の神楽に拍手里祭 58 筋雲の沖へと流れ浦祭
稲穂描く幟背負うて秋祭 59 羽織るもの携へ蝦夷の秋祭
10 酒樽を俵積みして浦祭 60 湯女も出て艶めく秋の祭かな
11 町内の焼そば係秋祭 61 爆竹の音高らかに里祭
12 掛け持ちの宮司駆けつけ里祭 62 船の上に巫女の舞ひをる浦祭
13 明々と舞台設へ秋祭 63 婦人部の出店賑ふ村祭
14 今もって家号の通る村祭 64 先づ子等の提灯行列村祭
15 幼子の法被鉢巻秋祭 65 産土の宮司老いたる里祭
16 村長も校長もをる秋祭 66 村守る一大行事秋祭
17 花火もて知らす社の秋祭 67 過疎の村活気づきたる秋祭
18 かみさぶる鎮守の杜の秋祭 68 闇夜よりすうつと風や秋祭
19 群衆の中のひとりよ秋祭 69 刈跡の田に莚敷く秋祭
20 裏方のかひがひしきも里祭 70 唐破風の廻り舞台や里祭
21 秋祭笛も太鼓も地下の衆 71 世話役は白寿の翁里祭
22 氏神に轟く太鼓里祭 72 家いえの門に幣結ひ秋祭
23 しんがりは子供の神輿秋祭 73 つやつやの握り飯盛り村祭
24 御祝儀を戸口で渡す秋祭 74 まず辻に幟の立ちて村祭
25 山裾の鎮守賑はふ秋祭 75 秋祭子供力士の揃ひ踏
26 秋祭水音弱く風強く 76 五十戸の村を獅子舞ふ秋祭
27 作柄は良と出にけり秋祭 77 やきそばの湯気につられる秋祭
28 浦凪ぎて布団太鼓の秋祭 78 御座船を迎へ船団浦まつり
29 秋祭中日を雨に祟らるる 79 秋祭果て労ひの酒を酌む
30 法被着て嬶等張り切る浦祭 80 餅箱におにぎりならべ秋祭
31 長老のはよから酔うて在祭 81 厨より酢飯のかをり秋祭
32 寅さんの啖呵聞きたし秋祭 82 過疎村の子供総出の秋祭
33 ママ友の舁き手の混じり里祭 83 秋祭六年生のねびまさり
34 見覚えのある人減りし里祭 84 五円玉握つて駆けた村祭
35 車椅子並びて見入る秋祭 85 里祭暮れてぞめきの近づきぬ



9月の兼題「秋茄子」の純也選です。
番号 作者 寸評にかえて
もてはやす程にあらねど秋茄子 多憙子  今月はちょっと厳しいことを申しあげます。
 まず、秋茄子と嫁の取り合わせでは古すぎです。
  7  優し見ゆ  こんな文法は、ありません。
  23 浅漬も冬の季題
  24 が入選して、23 と56が落選なのは何故か、よく
     お考えいただきましょう。
  58 「老ひ」は文法間違い。「老い」です。
 こういう間違いをする人は、少なくとも、私が俳句を始
 めた40年前にはありませんでした。
 それだけ、現代仮名遣いが浸透しているということでし
 ょうが、伝統俳句はそんなことと関わりはありません。
 日本語の美しさは、歴史的仮名遣いにあるのです。
 分からなかったら、古語辞典を引いて下さい。
  60? 類句だらけのフレーズです。 
24 浅漬の色つややかに秋茄子 みさえ
31 葉傷みの目立ちながらも秋茄子 寿子
35 紫を深め小振りの秋茄子
64 長雨の止みし畑の秋茄子 安楽陽子
65 日照雨して秋茄子紺を極めたる 文雄
69 枝詰めて夫の手入れの秋茄子 俊美
87 秋茄子の枝整へし先にかな


9月の兼題「秋茄子」の互選の結果です。
番号 作者 互選
秋茄子小ぶりのままに生りじまひ 香緒子 内田陽子、壱也
くいつくいつと荷籠で唸る秋茄子 みつぐ 月子
ちよつと見は固さうなりし秋茄子 内田陽子 文雄
秋茄子の終の一花となりにけり 文雄 みつぐ、多憙子、薫
水はじき包丁きしむ秋茄子 とし恵 育世
もてはやす程にあらねど秋茄子 多憙子 俊治
秋茄子をきゆきゆつと洗ふ水の切れ 香代 茂文、加藤房子
20 秋茄子や何か罵る人の影 佑亮 征一
21 秋茄子や笑顔絶やさぬ嫁とゐて 喜柊 多恵、香代
27 刈り終へし田の隅にまだ秋茄子 真人 良孝、俊美
28 二年目の菜園見事秋茄子 泰子 かつゆき
29 言ひ出せば引かぬ性分秋茄子 征一 加奈子
31 葉傷みの目立ちながらも秋茄子 寿子 さちこ、香緒子
33 勢ひの未だおとろへず秋茄子 育世 武司、佑亮
34 糠漬けは母に及ばず秋茄子 ひろこ 寿梁
51 また出来た女の年子秋茄子 征一 達也
54 糠床に紫紺を残し秋茄子 寿子 泰子
56  浅漬に色艶残す秋茄子 茂文 あきお
58 秋茄子老ひて益々畑が好き 一美 安楽陽子
62 秋茄子の色艶ほめて嫁ほめて  喜柊 みさえ
68 貸農園隣の畝も秋茄子 かつゆき せい子
71 盛り付けし白磁の皿の秋茄子 あつし 義久
72 秋茄子の色糠床に残りけり 安岡房子 とし恵
75 マゼンダを買い足して描く秋なすび ひろこ 一美
79 秋茄子の棘もろともに太りたる とし恵 安岡房子
81 朝採りの終の秋茄子嫁と食む 香代 寿子


9月の兼題「秋茄子」の全作品です。
番号 番号
秋茄子小ぶりのままに生りじまひ 51 また出来た女の年子秋茄子
くいつくいつと荷籠で唸る秋茄子 52 蔕の棘立つ秋茄子の首太く
取り立てをじつくり焦がし名残茄子 53 肥りすぎ或は疵つき秋茄子
ちよつと見は固さうなりし秋茄子 54 糠床に紫紺を残し秋茄子
秋茄子の終の一花となりにけり 55 ころころとして藍深き秋茄子
水はじき包丁きしむ秋茄子 56 浅漬に色艶残す秋茄子
秋茄子や味ある人の優し見ゆ 57 秋茄子に塩ごしごしと指太し
もてはやす程にあらねど秋茄子 58 秋茄子老ひて益々畑が好き
秋茄子をきゆきゆつと洗ふ水の切れ 59 秋茄子の朽ちて限界集落よ
10 糠漬の色香零るる秋茄子 60 秋茄子や嫌ひなものは嫌ひなり
11 ずんぐりと実りの垂るる秋茄子 61 バーベキューに欠かせぬものに秋茄子
12 この畝の秋茄子どれも直ならず 62 秋茄子の色艶ほめて嫁ほめて 
13 秋茄子の?ぎたて紫紺水はじく 63 里帰りして秋茄子を飽きるほど
14 蔕ごとの茄子の漬物妣は好く 64 長雨の止みし畑の秋茄子
15 秋茄子といへど男はそこまでは 65 日照雨して秋茄子紺を極めたる
16 深鉢の味こつてりと秋茄子 66 九十の母の育てし秋茄子
17 秋茄子を搾れば汁の濃紫 67 秋茄子の小ぶりながらもずんぐりと
18 秋茄子や焼いて宴を楽しめり 68 貸農園隣の畝も秋茄子
19 秋茄子漬食べ頃と貼り店先に 69 枝詰めて夫の手入れの秋茄子
20 秋茄子や何か罵る人の影 70 野菜庫の隅を残せり秋茄子
21 秋茄子や笑顔絶やさぬ嫁とゐて 71 盛り付けし白磁の皿の秋茄子
22 茎闌けてあらはな枝の秋茄子 72 秋茄子の色糠床に残りけり
23 お茶請けは京の浅漬秋茄子 73 等級の付きて出荷の秋茄子
24 浅漬の色つややかに秋茄子 74 宿坊の朱塗りの膳や秋茄子
25 菜園やひとつ傷ある秋茄子 75 マゼンダを買い足して描く秋なすび
26 秋茄子此れを目玉に無人店 76 秋茄子の太るを待ちて畑通ひ
27 刈り終へし田の隅にまだ秋茄子 77 秋茄子や嫁ぎ来る人べつぴんさん
28 二年目の菜園見事秋茄子 78 水遣りに追肥に応ふ秋茄子
29 言ひ出せば引かぬ性分秋茄子 79 秋茄子の棘もろともに太りたる
30 秋茄子錦市場の漬物屋 80 盛り上げて紫紺あざやか秋茄子
31 葉傷みの目立ちながらも秋茄子 81 朝採りの終の秋茄子嫁と食む
32 塩もみに紺滲み出る秋茄子 82 瑠璃色の勾玉のごと秋茄子
33 勢ひの未だおとろへず秋茄子 83 秋茄子を上り框に長話
34 糠漬は母に及ばず秋茄子 84 秋茄子の色艶見せて客を待つ
35 紫を深め小振りの秋茄子 85 秋茄子や須磨と明石の風しづか
36 秋茄子を漬けて紫慈しむ 86 秋茄子や思わず撫づるつややかさ
37 素人が蔕に傷つく秋茄子 87 秋茄子の枝整へし先にかな
38 秋茄子の紺をきざみて一夜漬 88 秋茄子をカレー仕立ての有田かな



8月の兼題「終戦の日」の純也選です。
番号 作者  <寸評にかえて 純也>
 一面の意見広告終戦忌 真人  終戦の日は、事柄として、季題としても、
 非常に重いものです。
 ただ、それを季題として諷詠するとなる
 と、やはり詩でなくてはなりません。
 説明、ましてスローガンのような句は、
 俳句としてはいただけません。

 新たな一年、ご健吟をお祈り申しあげま
 す。
 防空壕崩れず残り終戦日 文雄
29  白壁に残る弾痕終戦日 かつゆき
33  終戦の日よ一筋の飛行雲 月子
54  ケロイドの消えぬ吾が胸終戦日 かつゆき
62  そのことを父には訊けず終戦日 加藤房子
81  終戦日弔旗にはたと風止んで 安楽陽子
88  疎開地の絆は今も終戦日 泰子

8月の兼題「終戦の日」の互選結果です。
番号 作者 互選
靖国の杜の騒めき終戦日 俊治 多憙子、安楽陽子、ひろこ
日本へ向く墓に供華終戦忌 さちこ 月子、寿子
防空壕崩れず残り終戦日 文雄 武司
終戦日多く語らず父母は逝き ひろこ 寿梁
遠きかなテレビに映る終戦日 あきお 茂文、克子
14 語り部の老いにけらしよ終戦日 多憙子 せい子
16 焼け跡に終戦の日の母と立つ 義久 俊美
27 扁額の兄へ目礼敗戦忌 あつし 征一
29 白壁に残る弾痕終戦日 かつゆき あきお
30 終戦日あの時をりし家にをり 茂文 良孝
33 終戦の日よ一筋の飛行雲 月子 文雄
35 終戦日浜で遊んでゐし記憶 征一 さちこ
37 沖縄の旅路で祈る終戦日 とし恵 加藤房子、薫
38 黙祷の重き時間の終戦日 泰子 香緒子
52 終戦の日といふ重き式日かな 香緒子 安岡房子
54 ケロイドの消えぬ吾が胸終戦日 かつゆき 加奈子
56 機影なき空森閑と終戦日 寿子 多恵
58 母かつて竹槍部隊終戦日 月子 達也
62 そのことを父には訊けず終戦日 加藤房子 香代
74 黙祷の堪ふる涙の終戦日 俊美 義久、泰子
79 五穀米炊いて八月十五日 文雄 みつぐ、あつし
81 終戦日弔旗にはたと風止んで 安楽陽子 とし恵
82 誕生日であり終戦の日でありぬ 加奈子 佑亮
83 父母に問はず仕舞の終戦日 とし恵 内田陽子
84 引揚げの記憶幽かに終戦日 ひろこ 俊治
88 疎開地の絆は今も終戦日 泰子 育世、みさえ


8月の兼題「終戦の日」の全作品です。
番号 番号
一面の意見広告終戦忌 51 助かりし壕跡今に終戦日
銃創の跡見せ父の終戦日 52 終戦の日といふ重き式日かな
靖国の杜の騒めき終戦日 53 ニュース見て終戦の日と思ひけり
日本へ向く墓に供華終戦忌 54 ケロイドの消えぬ吾が胸終戦日
終戦の日の小島に遺る魚雷基地 55 貫通の臑撫ぜ諭す終戦日
防空壕崩れず残り終戦日 56 機影なき空森閑と終戦日
終戦日多く語らず父母は逝き 57 終戦の日には焦土でありし街
遠きかなテレビに映る終戦日 58 母かつて竹槍部隊終戦日
やうやくに少し安堵の敗戦日 59 ささやかな陰膳いつも終戦日
10 ままならぬ遺骨の帰還終戦日 60 終戦日語りし縁者皆仏
11 耳底にわだつみのこゑ終戦日 61 家々に灯の灯りたる終戦日
12 終戦日すなはち我の齢かな 62 そのことを父には訊けず終戦日
13 尋ね人の欄新聞に終戦忌 63 試食する戦時の食事終戦日
14 語り部の老いにけらしよ終戦日 64 終戦日雨降つて人走りをり
15 おもむろに知る終戦の日のニュース   65 ゆつくりと黒猫よぎる終戦日
16 焼け跡に終戦の日の母と立つ 66 薄れゆく父の遺影や終戦日
17 終戦の日を老母は正座して 67 終戦忌ラヂヲの前に体操す
18 敵味方なく七十回終戦日 68 終戦日サイレン聞いて黙?す
19 靖国の御神酒を供ふ終戦日 69 終戦日ぬかづく額皺多し
20 終戦日黒きカーテン取り外し 70 終戦の日遺児の襁褓を替える母
21 太陽は東に鈍し終戦日 71 終戦の日の混乱を兄は知り
22 敗戦日オリンピックの真最中 72 核のゴミ出してはならぬ終戦日
23 終戦の日ゴミの分別体験す 73 終戦の日の詔勅の御名御璽
24 特集記事新たな事実終戦日 74 黙祷の堪ふる涙の終戦日
25 呑み会の軍歌斉唱終戦日 75 切れぎれの記憶つなげり終戦日
26 俘虜の父日々待ちわびし終戦日 76 絶望の伝はる画像終戦日
27 扁額の兄へ目礼敗戦忌 77 オリンピック最中今年の終戦日
28 終戦日語りし妣の声聞こゆ 78 思い出の何もなき父終戦日
29 白壁に残る弾痕終戦日 79 五穀米炊いて八月十五日
30 終戦日あの時をりし家にをり 80 まなうらのにじむ八月十五日
31 玉音に頭を垂れし終戦日 81 終戦日弔旗にはたと風止んで
32 語らずに父母は逝きけり終戦日 82 誕生日であり終戦の日でありぬ
33 終戦の日よ一筋の飛行雲 83 父母に問はず仕舞の終戦日
34 終戦日平和宣言都市にをり 84 引揚げの記憶幽かに終戦日
35 終戦日浜で遊んでゐし記憶 85 母の背の竹のごとくや敗戦忌
36 終戦の日のオリンピック競技かな 86 終戦の日の日捲りに父母偲ぶ
37 沖縄の旅路で祈る終戦日 87 終戦日安くてうまいチョコと飴
38 黙祷の重き時間の終戦日 88 疎開地の絆は今も終戦日



お問い合わせなどは「山茶花のポスト」まで