濃尾句会    嘱目・雑詠・吟行など。兼題あり。
 定例日=第三日曜日
 句会場=名古屋市・岐阜市・鈴鹿市ほか

 濃尾句会(10月22日)結果報告

 今月は台風21号が接近したため吟行を中止、通信句会に切り替えて実施しました。
 兼題は「朝寒」、純也先生の特選は以下の通りでした。

 横走りしては落鮎腹返す       奥 安則
 鮎落ちて簗の番屋に人気なく      同
 鮎落ちて川風尖りそめしとも      同
 落鮎を狙ふ鷺の眼鋭かりけり      同
 掛かりたる藻草ひからび崩れ簗     同
 靄ごめの峡の谷より鹿の声       同
 濡れそぼち肩の落ちたる案山子かな   同
 のつそりと亀の這ひ出す落し水     同
 腕さすり朝の寒さを愚痴りをる     同
 山車曳く子笛を吹く子も秋祭     卯滝文雄
 秋祭母の手縫ひの法被着て       同
 巡業の力士紛るる秋祭         同
 納豆を搗き込む餅も里祭        同
 朝寒の雨の続けばことのほか      同
 山寺の軒に柿干し豆を干し      井上喜美子
 鵙鳴いて園を巡れる歩の軽く      同
 秋晴や園を走る子転がる子       同
 噴水の秀に虹の立つ秋日和       同
 自治会の法被貸し出す秋祭      秋山好弘
 赤とんぼ父の指から子の指に      同
 ガソリンを満タンにして盆の僧     同
 秋風に鳴るもの吹かれゆきしもの   濱口志乃
 枝枝の雫輝き秋晴るる         同
 逸早く膝に覚ゆる夜寒かな      藤井智子

 次回は11月19日(日)・白子コミュニティセンターにて。
 兼題は「落葉」です。
                        (報告/卯滝文雄)
 


 濃尾句会(9月24日)結果報告

 今月は、濃尾句会を簡単に紹介します。
 山茶花濃尾句会は、昭和56年4月に岐阜県、愛知県の同人・誌友17名にて発足
 しました。
 当時の主宰・石倉啓補先生をお迎えして結成、懇談会を開催しております。
 会員の俳句研修と親睦を目的として、定例句会(主に吟行句会)を継続して開催し
 ています。
 会員は、他結社の方々も含め25名を超える時期もありましたが、現在は一桁の人
 数となっています。
 継続のためには会員を増やす必要があり、それが課題となっているのが現状です。

 兼題は「萩」、純也先生の特選は以下の通りでした。

 鯊を釣る荷下ろし終へし船からも  奥 安則
 家族連れ多き河口の鯊日和      同
 燃え立ちて水禍の土手の曼珠沙華   同
 竜巻の警報出たる厄日かな      同
 初萩の花をまばらにそよぎそむ    同
 虫の音に長湯となりし今宵また   中村妙美

 次回は10月22日(日)、岐阜ハートフルスクエアーにて。
 兼題は「朝寒」です。
                         (報告/卯滝文雄)  


 濃尾句会(8月20日)結果報告

 今月も6月に続いて金華山の麓の長良川周辺を吟行しました。
 6月の吟行の時には水量が少なく、鵜匠さんも鮎の育ちが悪いと嘆いておられま
 したが、このところの雨で水量はたっぷりとありました。
 水面には鮎と思われる魚が飛び跳ねており、鵜川らしいたたずまいとなっており
 ました。

 兼題は「走馬灯」、純也先生の特選は以下の通りでした。

 淦汲みて床板干せる鵜舟かな    奥 安則
 逆縁を悔いて点せる走馬灯      同
 残されし子らを照らして走馬灯    同
 長良川渡る夕風秋めける       同
 うすれつつ流るる雲の秋めける    同
 さりながら木蔭の風はすでに秋    同
 泳ぎ子を母の見守るテントかな    同
 舟を打つ波音たかく大夕立     藤井智子
 とりどりの天幕を張りて泳ぎ出す   同
 泳がずに水駆け合へる二人かな    同
 父の檄飛んで泳ぎ子真つしぐら    同
 噴水のだしぬけに立つ飛沫かな   井上喜美子
 この晴れのいつまで続く水を打つ   同
 町興しなる賑はひの盆踊       同
 つまらなきとは走馬灯止まるとき  卯滝文雄
 道端の埃まみれの真葛かな      同
 虫の音の闇を誘つてをりにけり    同
 井戸水を使ふ生活の新豆腐     濱口志乃
 四阿の新涼の風ほしいまま      同
 高層に見る音のなき遠花火     中村妙美
 しぶきほど前に進まぬ泳ぎかな   秋山好弘

 次回は9月24日(日)、白子コミュニティセンターにて。兼題は「萩」です。
                          (報告/卯滝文雄)  


 濃尾句会(7月16日)結果報告

 濃尾句会の吟行先の一つである鈴鹿市白子港は、三重県が管理する白子港と鈴鹿市
 が管理する白子漁港とが隣接しています。
 わたしたちから見ればまったく一つのものですが。
 漁は伊勢湾内の物がほとんどで、イカナゴ、イワシをはじめアナゴ、海苔、浅蜊な
 どが水揚げされています。
 当日は、たくさんの水上バイクが爆音を轟かせ、波しぶきを上げておりました。

 兼題は「夏痩」、純也先生の特選は以下の通りでした。

 蓮の葉をかづき蕾の色づける       奥 安則
 羽ばたかんとして鷺草の花開く       同
 夏痩はいつものことと気にもせず      同
 夏痩せて気力の失せることもなく      同
 荷を降ろし行商人の背の汗        秋山好弘
 採り置いて熟るるを待てるトマトかな    同
 水喧嘩憎まれ口の容赦なく         同
 カーテンの風をはらみて梅雨明くる    井上喜美子
 たちまちに路地を暗めて夕立来る      同
 梅雨明を間近に豪雨二度三度        同
 亀上る板の置きあり蓮の池        藤井智子
 夏痩せて肩の窪みのなほ深く       中村妙美
 炎天に炙り出さるる思ひかな       濱口志乃
 噴水の空支へつつ落ちにけり       卯滝文雄

 次回は8月20日(日)、長良川鵜飼ミュージアムにて。
 兼題は「走馬灯」です。
                   (報告/卯滝文雄)  


 濃尾句会(6月18日)結果報告

 今月は、鵜飼が行われている長良川や鵜匠宅を吟行しました。
 句会場として初めて利用したのは、「長良川うかいミュージアム」。
 この施設は、岐阜市を代表する伝統文化の「長良川鵜飼」の情報発信やその価値
 などを広く紹介するために、平成24年に建設されたものです。
 一年を通して開いており、会議室などの貸し出しや土産の販売も行っています。

 兼題は「翡翠」、純也先生の特選は以下の通りでした。

 束子干し並べて昼の鵜舟かな    奥 安則
 羽繕ひ羽搏ちて鳥屋に鵜の並ぶ    同
 あめんぼの重なり合うて流されて   同
 羽繕ひ巣立ち間近の燕とも      同
 出番待つ鵜舟に映ゆる夕日かな    同
 翡翠の堰のしぶきを潜りけり    卯滝文雄
 山城の影迫り出せる鵜川かな     同
 川霧の流れ出したる鵜川かな     同
 薤を漬けし臭ひのいつまでも    中村妙美
 すばしこく走る蜥蜴に尻尾なく    同
 碧々と鵜の目輝く鳥屋の昼     藤井智子

 次回は7月16日(日)、白子コミュニティセンターにて。
 兼題は「夏痩」です。
                          (報告/卯滝文雄)  


 濃尾句会(5月28日)結果報告

 今月は、津市の萬松山円光寺に立ち寄りました。
 臨済宗東福寺派の寺で、森や藪に囲まれた静かな佇まいの中にあります。
 特に沙羅双樹の花が咲く頃と紅葉の頃に参拝者が多いようです。

 兼題は「植田」、純也先生の特選は以下の通りでした。

 図書館の若葉明かりの窓辺かな     奥 安則
 ひよいひよいと植田に水輪描けるもの   同
 緑蔭を抜け来し風をひとり占め     濱口志乃
 さはさはと擦れ合ふ音も新樹かな     同
 縦横の列乱れなき植田かな       中村妙美
 目高の子涌き出るごとく生まれけり    同
 舌少しのぞかせ寝入る子猫かな     秋山好弘
 鮴づくし素揚げは鰭を張るままに    卯滝文雄

 次回は6月18日(日)、長良川鵜飼ミュージアムにて。
 兼題は「翡翠」です。
                    (報告/卯滝文雄)
 


 濃尾句会(4月15日)結果報告

 今年の桜は開花は早かったものの、寒波の影響を受けて長い間楽しむことがで
 きました。
 吟行先の岐阜市清水川緑地公園でも、盛りは過ぎたものの散りごろとなってお
 り、花屑が川面を埋めておりました。

 兼題は「草餅」、純也先生の特選は以下の通りでした。

 花散らす雨本降りとなりにけり   奥 安則
 亀鳴いて水面の月の揺らぎけり    同
 春愁のまたも深爪してしまふ     同
 草餅の耳の硬きは焼きもして     同
 ふるさとの香り搗き込む蓬餅     同
 手作りの餡の片寄る蓬餅       同
 春の蚊の賽銭箱の陰よりぞ     卯滝文雄
 仰ぎゐる傘へ桜の散り止まず     同
 制服の職場体操花の下        同
 香り濃く色濃く搗きて蓬餅      同
 亡き妻のしやがみしあたり庭菫   秋山好弘
 道草をするランドセル陽炎へり    同
 ゆるやかに弧を描きつつ鳥帰る   藤井智子
 花屑の瀬につまづくも流るるも    同
 草餅に故郷の茶を淹れにけり    濱口志乃
 首傾げ犬の眼の追ふしやぼん玉    同
 粒餡と確めて買ふ蓬餅       中村妙美

 次回は5月28日(日)、白子コミュニティセンターにて。
 兼題は「植田」です。
                     (報告/卯滝文雄)  


 濃尾句会(3月19日)結果報告

 句会に先立って鈴鹿市の菅原神社に立ち寄りました。
 この神社は、地元では「国分の天神さん」と呼ばれおり、枝垂れ梅で有名な所
 です。
 約350本の梅が咲き誇っており、ポン菓子の実演販売があるなど、家族連れ
 で賑わっていました。
 その後、鼓ヶ浦海岸へと足を伸ばし、砂浜で見つけた防風を掘るなど、暖かで
 楽しい一日でした。

 兼題は「燕」、純也先生の特選は以下の通りでした。

 野遊や駆け出す子等を仔犬追ふ  奥 安則
 野遊の山菜あれば摘みもして    同
 鋤き終へし田面かすめて初燕    同
 改築の成りし駅舎に燕来る     同
 松葉手で掃いて防風掘りにけり  卯滝文雄
 暖かや帰港の船に鴎群れ      同
 大琵琶にひるがへりたる燕かな   同
 逃げし猫さがす貼紙町のどか    同
 落ちてなほ姿崩さぬ椿かな    中村妙美
 改築を思案の軒に燕来る      同
 飾り物なけれどせめて雛あられ   同
 古町に電柱多し燕来る      藤井智子
 初燕水嵩増えし川を擦る      同
 春めきし野川の音となりにけり  濱口志乃
 日向ぼこ明日明後日の予定なく  秋山好弘

 次回は4月15日(土)、岐阜ハートフルスクエアーにて。
 兼題は「草餅」です。
                           (報告/卯滝文雄)  


 濃尾句会(2月26日)結果報告

 今月は、岐阜梅林公園に立ち寄りました。
 この公園には約50種、1,300本の梅が植えられています。
 1月下旬頃から3月下旬頃まで、多くの人の目を楽しませてくれます。
 今年も「ぎふ梅まつり」が、3月11日・12日に開催されます。
 梅林公園では栗鼠にも出会え、春をしっかりと感じ取ることが出来ました。

 兼題は「薄氷」、純也先生の特選は以下の通りでした。

 梅寒し湯気立つ茶屋に人気なく     奥 安則
 日表の畦の見えきし雪解かな       同
 逆波の雪解濁りの河口かな        同
 
?挿しの三角波に舟返す         同
 日をはじき動き出したる薄氷       同
 風波に片寄せられし薄氷         同
 春時雨縁を濡らしてゆきにけり     井上喜美子
 草の芽を木の芽を愛でて園めぐる     同
 芽起しの雨と思へば歩も軽く       同
 恙なく卆寿を迎へ初日の出        同
 日の透ける障子越しなる初音かな     同
 梅咲くと聞けばたれかれ誘ひ合ひ     同
 梅林の猪に注意の札立てて       卯滝文雄
 咲かんとて犇きゆるる杉の花       同
 魁て蓬の芽吹く堤かな          同
 小気味よく水車の回る雪解風       同
 薄氷といへど一日解けぬまま       同
 並びゐる漬物桶の薄氷          同
 頭を低く唸り始めし恋の猫       濱口志乃
 梅の香に静けき心取り戻す        同
 下萌に急き立てられて庭手入       同
 折角の約束の日の春の風邪        同
 春寒に一と日伸ばしの籠り癖       同
 冷たさを通り越したる痛さかな     秋山好弘
 似合ふかと夫に問はれし冬帽子      同
 ラグビーのトライにマウスピース飛ぶ   同
 妻逝きて触るる足なき炬燵かな      同
 バーゲンに出掛け拗す春の風邪     中村妙美
 生垣の中に聞こゆる初音かな       同
 幹朽ちてゐしが枝立ち梅の花       同
 葡萄棚繕ふ四温日和かな        藤井智子
 梅見茶屋人出よみつつ床几置く      同

 次回は3月19日(日)、白子コミュニティセンターにて。
 兼題は「燕」です。
                  (報告/卯滝文雄)
 


  濃尾句会(1月15日)結果報告

 思いがけない積雪で、吟行が中止となりました。
 兼題は「凍蝶」、純也先生の特選は以下の通りでした。

 重たげに凍蝶翅を閉ぢにけり      奥 安則
 凍蝶の翅を引きずり二歩三歩       同
 凍蝶のよろめく翅を立て直す       同
 凍蝶の葉裏に縋る命かな         同
 凍蝶の風にはがされ飛んでゆく      同
 風向きの変れば動くどんどの輪      同
 火柱にわつと広がるどんどの輪      同
 葉隠れに果してありし冬苺        同
 日溜りのここも寒梅さきがけて      同
 寒梅の蕾雪のせふふみそむ        同
 冬の蝶日の移ろふに従ひぬ       卯滝文雄
 凍蝶のなぜに日を避け葉に縋る      同
 凍蝶の飛べざるほどに羽傷み       同
 翅閉ぢて凍蝶影を小さくす        同
 跳ぶやうに竹馬の子の走りけり      同
 竹馬でゆくには起伏多き道        同
 竹馬の視線は遠き山にあり        同
 年賀状手書きの来るは珍しく      井上喜美子
 天日に輝き武将凧揚がる         同
 落ち着きのもどり七種粥の香に      同
 初雀窓辺に来てはのぞきゆく       同
 癖のこる形見の筆で賀状書く       同
 初鏡みだしなみなる紅をひく       同
 凍蝶のひよろひよろ縋る力あり     藤井智子
 左義長の燠にのし餅ふくれけり      同
 左義長の火入れの神酒を受けにけり    同
 笹鳴の落ちつく間なく枝移る       同
 大雪に句会中止となりにけり      中村妙美
 携帯電話切つて御慶を交しけり      同
 波へ向き素足蹴り上ぐ寒稽古       同
 悴みて口までしどろもどろかな     濱口志乃
 恋猫の声ぶつつかりそれつきり      同
 柚子貰ふ風呂にどうぞのメモ入れて   秋山好弘
 寒稽古寄せくる波に踏ん張りて      同

 次回は2月26日(日)、岐阜ハートフルスクエアーにて。
 兼題は「薄氷」です。
                      (報告/卯滝文雄)
 


 濃尾句会(11月20日)結果報告

 句会場の白子コミュニティセンターから、車で5分ほどの距離に御座池公園があり
 ます。
 この公園の隣に御座ケ池があり、毎年鴨の群が渡って来ます。
 今年も千羽を越える鴨が、所狭しと陣を組んでおりました。
 当日は小春日和ということもあって、数人の釣人も見えました。

 兼題は「蓮根掘る」、純也先生の特選は以下の通りでした、

 大根干す二階の窓の手摺にも    奥 安則
 山影の伸び来て冷ゆる蓮根掘     同
 泥の手の泥の蓮根を掘り上ぐる    同
 蓮根掘る泥に尻餅つきもして     同
 その先を掴めぬままに蔓枯るる   卯滝文雄
 青写真雲の動きを測りつつ      同
 掘り上げし蓮根を泥の田に洗ふ    同
 手際よく屑切り落し蓮根掘      同
 鍬先で槽引きよせて蓮根置く    藤井智子
 手を借りて足抜きにけり蓮根掘    同
 置石の苫屋へ冬日惜しみなく     同
 綱引の腰を落して運動会      秋山好弘
 新刊の紙爽やかに香りけり      同
 伸び縮みしつつ崩れぬ鴨の陣    井上喜美子
 暖房に旅の疲れのほぐれゆく     同
 咲きそめて羽音の集ふ花八手    中村妙美
 街路樹の枝葉切られて冬仕度     同
 取られたる足ひつこ抜き蓮根掘る  濱口志乃

 次回は12月25日(日)、岐阜ハートフルスクエアーにて。
 兼題は「数へ日」です。
                         (報告/卯滝文雄)  


 濃尾句会(10月16日)結果報告

 句会場に近いJR岐阜駅は、同名古屋駅から新快速で約20分の距離にあります。
 観光地で有名な飛騨高山へは、この駅より高山本線が出ています。
 駅舎は改装工事がほぼ終了し、飲食店がたくさん出店するなど便利さが数段よくな
 りました。
 JR東海では利用客が8番目に多い駅だそうです。

 兼題は「秋の暮」、純也先生の特選は以下の通りでした。

 喪の家の戸締りはやき秋の暮    奥 安則
 テープ切るすんでに転び運動会    同
 滝口へ張り出す枝の初紅葉      同
 手摘みして松の仕上げの手入かな   同
 斎王の禊場跡の秋の声        同
 時折は斜めに走り鮎落つる      同
 分け入りて径なき径の蘆の花     同
 末枯れしものに凭れて末枯れて    同
 落葉踏み鳴らして園を巡りけり   井上喜美子
 声の出るカードの届き敬老日     同
 出を待てる稚児泣き止まぬ秋祭    同
 大幟はためく宮の七五三       同
 秋雨や昼を灯して町工場      濱口志乃
 ばつたんこ時折響き松手入      同
 拾ひたる椎も土産に加へけり     同
 残照の風に波立つ芒原        同
 毒菌朱の美しく恐しく       藤井智子
 まぎれなく栗飯を炊く匂ひかな    同
 廃校の楠の大樹に小鳥来る     中村妙美
 銭湯へ妻と連れ立つ秋の暮     卯滝文雄

 次回は11月20日(日)、白子コミュニティセンターにて。
 兼題は「蓮根掘る」です。
                      (報告/卯滝文雄)  


  濃尾句会(9月18日)結果報告

 今月は、鈴鹿市の荒神山観音寺を訪れました。
 この寺は、真言宗御室派で、境内には講談や浪曲などで有名な吉良仁吉の碑があり
 ます。
 雨が続いていたこともあって、茸(ほとんどが毒茸)がいたるところに生えており
 ました。

 兼題は「良夜」、純也先生の特選は以下の通りでした。

 大株の傘をひろげし茸かな     奥 安則
 紅の傘そりかへりたる菌かな     同
 蟷螂の髭をしごいて見せにけり    同
 蟷螂の首をねぢ曲げ怒りけり     同
 昼の虫日照雨に声の細りつつ     同
 台風の近づく風の生ぬるく      同
 凪ぎ渡り湖の耀ふ良夜かな      同
 ひたひたと湖波寄する良夜かな    同
 爽やかに一と日を使ひ切りにけり  濱口志乃
 雨止むや否やとんぼうそこここに   同
 気紛れの雨兼用の秋日傘       同
 褒められていよいよ励む夜学の子   同
 雨あとの濁れる波に鯊を釣る    卯滝文雄
 雨の止むほんのひととき虫の声    同
 竃の残る三和土のきりぎりす     同
 立ち並ぶ伊根の舟屋の良夜かな    同
 解けそむ芒に風の柔らかく     中村妙美
 初めての敬老の日の記念品      同
 五つ六つ句を諳んじて子規祀る   井上喜美子
 山門の一枝のみの初紅葉      藤井智子
 水喧嘩どつち付かずの人のゐて   秋山好弘

 次回は10月16日(日)、岐阜ハートフルスクエアーにて。
 兼題は「秋の暮」です。
                      (報告/卯滝文雄)  


 濃尾句会(8月22日)結果報告

 句会場・岐阜ハートフルスクエアのある岐阜市加納地区を流れる清水川には、翡翠
 が一羽住み着いています。
 今月も吟行中に飛ぶ姿や、留まっているところを見掛けました。
 句に詠みたいと思っているのですが、その季節にはなかなか姿を現さず、いまだに
 詠めないままです。いつか必ず・・・・・

 兼題は「西瓜」、純也先生の特選は以下の通りでした。

 かき氷食べたる後の舌の色     中村妙美
 抱きかかへ届けくれたる西瓜かな   同
 川風に初秋の気配ありにけり     同
 お隣へ半分分けて大西瓜       同
 鬼やんまきらりと風を折り返す   卯滝文雄
 一つ去り安らぐ間なく台風来     同
 台風の過ぎて大きな日の沈む     同
 照りながら川の流るる残暑かな   濱口志乃
 新豆腐と書いて忙しく商へる     同
 雨の降る気配に途切れ蝉の声    秋山好弘
 外出を控へさしたる暑さかな     同
 励ましの残暑見舞をいくたびも   井上喜美子
 薔薇すべて剪定を終へ夏の果     同
 秋蝉の終の一声引き絞り      奥 安則

 次回は9月18日(日)、白子コミュニティセンターにて。
 兼題は「良夜」です。
                           (報告/卯滝文雄)  


 濃尾句会(7月17日)結果報告

 句会に先立ち津市一身田にある高田本山専修寺に立ち寄りました。
 境内には鉢植の蓮が所狭しと並べられ、今が盛りと色とりどりの花を咲かせておりま
 した。
 また会館ホール脇の池にも蓮が生い茂り、こちらも沢山の花が咲いておりました。
 今年は琵琶湖(草津市)の蓮が、ほとんど壊滅状態とのことですが、こちらの寺では
 見事と言えるぐらいの花の数でした。

 兼題は「扇」、三村純也先生の特選は以下の通りでした。

 
?きつつ蓮の浮葉に亀乗れる    奥 安則
 浮輪の子波に乗つたり呑まれたり   同
 着こなして夏痩隠す女かな      同
 預かりし子に夏痩せをさせまじく   同
 年々に老斑増えて夏痩せて      同
 買収を拒む空地の草いきれ      同
 汗拭いて胸板薄くなりしとも    卯滝文雄
 解決の糸口探す額に汗        同
 滑りては亀這ひ上がる蓮浮葉     同
 木の暗の納骨堂の蝉時雨       同
 浮輪抱きかかへて波へ走り込む    同
 白波へ向かひ跣足で駆けにけり   中村妙美
 犇めきて葉裏に動く毛虫かな     同
 どくだみの花の白さの雨に浮く    同
 ときどきは風に応へて合羞草     同
 人柄の扇使ひのゆるやかに     藤井智子
 土用波藻屑ひろげて引きにけり    同
 通り雨蓮の散華をまのあたり     同
 風の波日差しの波の大青田     濱口志乃
 こちらまで風をくれをる扇かな    同
 海風に髪遊ばせて涼みけり      同
 樹々揉んで草揉んで青嵐かな    井上喜美子
 風恃みカーテン洗ふ梅雨晴間     同
 動かねば知らぬままなり蛇の影   秋山好弘

 次回は8月22日(月)、岐阜ハートフルスクエアーにて。
 兼題は「西瓜」です。
                 (報告/卯滝文雄)