濃尾句会    嘱目・雑詠・吟行など。兼題あり。
 定例日=第三日曜日
 句会場=名古屋市・岐阜市・鈴鹿市ほか

 濃尾句会(6月10日開催)結果報告

 JR岐阜駅の南側を流れている清水川には、翡翠の番が棲んでいます。
 吟行の時に運がよいと出会ったりします。今月も期待して川沿いを歩いたの
 ですが、残念ながら姿を見ることはありませんでした。
 それでも合歓や山梔子がきれいな花を咲かせておりました。

 兼題は「蝸牛」、純也先生の特選は以下の通りでした。

 あめんぼの雨の水輪に跳ねもして   奥 安則
 梅雨入の込み合ふコインランドリー   同
 羽抜けてをれど声よき羽抜鶏      同
 触れられて動かずなりぬ蝸牛      同
 角振りて向きを変へたる蝸牛      同
 子蟷螂斧を振り上げ転けにけり    濱口志乃
 でで虫も怖がる男の子なりしかな    同
 突堤に連なり座して夜釣り人      同
 父の日の何事もなく過ぎにけり    中村妙美

 次回は7月15日(日)、白子コミュニティセンターにて。
 兼題は「滴り」です。
                        (報告/卯滝文雄)  


 濃尾句会(5月27日)結果報告

 句会に先立ち鈴鹿青少年の森に立ち寄りました。
 この施設は鈴鹿サーキットの隣に位置しています。大きな道伯池を囲む森で、
 散策路、キャンプ場、グラウンドなどの設備が充実しています。
 当日は、ほととぎすがしきりに鳴いて句心を掻き立ててくれました。

 兼題は「鯖」、純也先生の特選は以下の通りでした。

 ほととぎす遠のく声に耳澄ます    奥 安則
 さざ波に跳んで見せもすあめんぼう   同
 乗りおくれバス停に佇つ薄暑かな    同
 初採りのなにはさておき豆御飯     同
 青嵐双手に帽子押へけり       井上喜美子
 田仕事の前に筍掘りに来る       同
 時に瀬を打ちて蜻蛉の飛び交へる   藤井智子
 駅前の祭り広場となりにけり     濱口志乃
 少々の雨天決行溝浚         秋山好弘
 蠅虎睨み利かせてをりにけり     卯滝文雄

 次回は6月10日(日)、岐阜ハートフルスクエアーにて。
 兼題は「蝸牛」です。
                          (報告/卯滝文雄)  


 濃尾句会(4月8日)結果報告

 今年の桜は開花が早かったので、JR岐阜駅近くの清水川堤防の桜(ソメイヨ
 シノ)は大方が散っておりました。
 気温も10度程度と低く、時雨もあって冬に戻ったような一日でした。

 兼題は「風船」、純也先生の特選は以下の通りでした。

 春愁をはらふ珈琲濃く入れて    奥 安則
 無精髭剃りて春愁うすらぎぬ     同
 藤棚を虻の羽音の出つ入りつ     同
 春惜しむ撫牛の背を撫でもして    同
 鮠跳ねる川辺を歩き春惜しむ     同
 入院のネームナンバー春寒し    秋山好弘
 退院の伸びし爪切る春炬燵      同
 諭されて免許証返納春寒し      同
 ぜんまいの折られし茎の並びをり   同
 風船を膨らます顔赤らめて     中村妙美
 顔ぶれの今年も同じ花の宴      同
 納骨の墓に花びら舞ひにけり     同
 花屑の貼りつく雨の鳥居かな    卯滝文雄
 着ぐるみの猫に風船もらひけり    同
 流れ来しとも現れしとも春の雲   濱口志乃
 藪椿今を盛りの虚子忌かな     藤井智子

 次回は5月27日(日)、白子コミュニティセンターにて。
 兼題は「鯖」です。
                        (報告/卯滝文雄)


 濃尾句会(3月17日)結果報告

 句会に先立ち、鈴鹿市の菅原神社や白子海岸に立ち寄りました。
 菅原神社は、しだれ梅の名所として知られています。境内には氏子や参拝者が
 寄贈した約350本のしだれ梅があります。
 これらの梅の世話は、氏子らによって行われております。
 当日は、それぞれに散った梅が鮮やかな景色を作りだしておりました。
 兼題は「雛」、純也先生の特選は以下の通りでした。

 紅白の散り敷く梅のそこかしこ      奥 安則
 土佐水木咲いて俯かざるはなし       同
 啓蟄の予定埋まりし農暦           同
 啓蟄の日を浴び立てる虫柱         同
 釣竿のへなへな映る春の水         同
 温みきし水に浮くもの潜くもの       同
 まとまりし雨に春子の吹き出せる      同
 毛氈に娘の名の刺繍雛飾る         同
 雛段に小さき娘の靴飾りけり        同
 お澄ましに菜の花浮かせ雛の膳       同
 大釜に甘酒匂ふ梅の寺          藤井智子
 茄子胡瓜不作と告げし粥占         同
 うち霞む伊勢神島はあのあたり       同
 高空に不意に消えたるひばりかな      同
 磯あそびかもめ鴉の攻防も         同
 日溜りの香りまみれの梅見かな      濱口志乃
 弁当を開きし子らに山笑ふ         同
 つつがなき日々の八十路の青き踏む     同
 鼓草生家もうなく父母も亡く       秋山好弘
 マフラーを上手く着こなすおしやれかな  同
 仏壇のうすきほこりに日脚伸ぶ      同
 買ひ足して窮屈さうな雛の壇      卯滝文雄
 一ト部屋を占め手づくりの吊し雛     同
 旬のものばかりを散し雛の鮨       同
 主なき庭より初音聞こえ来る      中村妙美
 雛の間の緊張ぎみの男の子        同

 次回は4月8日(日)、岐阜ハートフルスクエアーにて。
 兼題は「風船」です。
                        (報告/卯滝文雄)
 


 濃尾句会(2月11日)結果報告

 句会に先立ち立ち寄った加納天満宮の梅は、紅白ともに蕾が膨らんではおりま
 したが、開花にはもう少しという状態でした。
 それでも清水川沿いの蛍の沢には、蜷がしっかりと道を描いてくれていました。
 兼題は「犬ふぐり」、純也先生の特選は以下の通りでした。

 梅蕾を伝ひ伝ひて雨しずく     奥 安則
 掛茶屋の賑はつてゐる梅日和     同
 名産の蒟蒻も売り梅見茶屋      同
 雨粒のきらりと光るいぬふぐり    同
 風のまだ尖る堤のいぬふぐり     同
 犬ふぐり咲くかと見れば震へゐし   同
 手仕事に日々を過ごして針供養   濱口志乃
 干若布らしと軽き荷解きにけり    同
 唸り声裏返りては恋の猫       同
 ばつたんこ鳴りては水の温みけり   同
 風花や合格願ふ絵馬揺らし     中村妙美
 豆を撒く大きな福を願ひつつ     同
 頬を撫で行きし川風春近し      同
 落葉掃きその人の名を憶ひ出す   秋山好弘
 なりふりは構つてをれぬ寒さかな   同
 重ね着の着こなし上手下手のあり   同
 苞少し脱ぎしも混じる猫柳     藤井智子
 年新た飾る土鈴を振り比べ      同
 神木に耳当て春を聴かんとす    卯滝文雄
 差し潮に白魚影を濃く淡く      同

 次回は3月17日(土)、白子コミュニティセンターにて。
 兼題は「雛」です。
                          (報告/卯滝文雄)
 


 濃尾句会(1月21日)結果報告

 句会に先立ち鈴鹿市白子の朝市に立ち寄りました。
 白子の朝市は、毎月1と6の付く日に江島若宮八幡神社(通称:江島神社)の
 前の空き地で開かれています。
 20軒ほどの店が並ぶ小さな朝市ですが、漁港が近いこともあって活きた魚が
 水槽で売られており、その場で捌いてもらえます。
 値引き交渉も出来る庶民的な朝市です。

 兼題は「雪」、純也先生の特選は以下の通りでした。

 荒波へ拳突き出し寒稽古       奥 安則
 打ち寄せる波の音にも春隣       同
 奥社への行く手を阻む深雪かな     同
 今出でし渡船掻き消し雪しまく     同
 いくたびも覚めたる宿のしづり雪    同
 剪定の鋏の音の小気味好く      中村妙美
 踏みしめて行く駅までの雪の道     同
 歯を磨く間に初夢を忘れけり     秋山好弘
 寒泳の鉢巻並ぶ立ち泳ぎ        同
 大寒の研ぎ澄まされし星ばかり    卯滝文雄
 駆け込みて待合室に雪払ふ       同
 庭隅の小さな畑の鍬始        濱口志乃
 卒寿なる大きな節目初詣       井上喜美子

 次回は2月11日(日)、岐阜ハートフルスクエアーにて。
 兼題は「犬ふぐり」です。
                        (報告/卯滝文雄)  


  濃尾句会(12月17日)結果報告

 JR岐阜駅の南側を流れる清水川には、魚はもちろんのこと多くの野鳥が生息して
 います。
 この日も鴨、翡翠、大鷺、五位鷺など多くの鳥と出会うことが出来ました。
 特に翡翠は数メートルの距離で見ることが出来、貴重な体験をしました。

 兼題は「古暦」、純也先生の特選句は以下の通りでした。

 街の灯を映せる池の鴨浮寝     井上喜美子
 公園を埋めつくしたる落葉かな    同
 宅配の入れ替はり来る師走かな    同
 晦日まで用書き込まれ古暦      同
 つくづくと卒寿顧み年忘       同
 亡き人の部屋そのままに古暦    濱口志乃
 書くこともわづかな老の日記買ふ   同
 強風を下ろして山の眠りけり     同
 電話鳴りチャイムが鳴りて日短    同
 鳰潜ぐ水輪に映ゆる夕日かな    奥 安則
 藪騒に途切れ笹鳴二タ三声      同
 池普請残れる水を鷺漁る       同
 油染み付きしめし屋の古暦      同
 罰点は何んのことやら古暦     藤井智子
 一卓に顔よせ合ひて年忘       同
 検診の赤丸太き古暦         同
 朝夕の血圧印し古暦        秋山好弘
 山道の膝まで沈む落葉かな      同
 隙間風目覚めの頬を撫でにけり   中村妙美
 子のくれし栞大事に日記果つ    卯滝文雄

 次回は1月21日(日)、白子コミュニティセンターにて。
 兼題は「雪」です。
                         (報告/卯滝文雄)
 


 濃尾句会(11月19日)結果報告

 句会に先立ち、鈴鹿青少年の森を訪れました。
 この森は、鈴鹿サーキットの隣にあります。
 次代を担う青少年が自然の中でスポーツや野外活動に親しみ、豊かな人間性を養う
 ことなどを目的につくられた施設です。
 大きな池やキャンプ場などがあります。

 兼題は「落葉」、純也先生の特選は以下の通りでした。

 大綿の信長塀に漂へる       奥 安則
 引きごろの首迫り上げし大根かな   同
 軒に吊り手摺に掛けて干大根     同
 図書館へ銀杏落葉を浴びながら    同
 捨て舟の淦に浮きゐる落葉かな    同
 裏返り打ち重なりし朴落葉      同
 餌持たぬ人にも群れて冬鴎     中村妙美
 鉄線花の小振ながらも帰り咲く    同
 干柿を労るごとく揉みにけり     同
 舞ひ込みし見覚えのなき落葉かな   同
 蔓枯れてなほ赤々と実を残す    卯滝文雄
 寒波来る満天の星尖らせて      同
 落葉溜め水車朽ちゆくばかりかな   同
 旅用意風邪のワクチン受けもして  井上喜美子
 風音にどつと応へて落葉降る    濱口志乃

 次回は12月17日(日)、岐阜ハートフルスクエアーにて。
 兼題は「古暦」です。
                         (報告/卯滝文雄)  


 濃尾句会(10月22日)結果報告

 今月は台風21号が接近したため吟行を中止、通信句会に切り替えて実施しました。
 兼題は「朝寒」、純也先生の特選は以下の通りでした。

 横走りしては落鮎腹返す       奥 安則
 鮎落ちて簗の番屋に人気なく      同
 鮎落ちて川風尖りそめしとも      同
 落鮎を狙ふ鷺の眼鋭かりけり      同
 掛かりたる藻草ひからび崩れ簗     同
 靄ごめの峡の谷より鹿の声       同
 濡れそぼち肩の落ちたる案山子かな   同
 のつそりと亀の這ひ出す落し水     同
 腕さすり朝の寒さを愚痴りをる     同
 山車曳く子笛を吹く子も秋祭     卯滝文雄
 秋祭母の手縫ひの法被着て       同
 巡業の力士紛るる秋祭         同
 納豆を搗き込む餅も里祭        同
 朝寒の雨の続けばことのほか      同
 山寺の軒に柿干し豆を干し      井上喜美子
 鵙鳴いて園を巡れる歩の軽く      同
 秋晴や園を走る子転がる子       同
 噴水の秀に虹の立つ秋日和       同
 自治会の法被貸し出す秋祭      秋山好弘
 赤とんぼ父の指から子の指に      同
 ガソリンを満タンにして盆の僧     同
 秋風に鳴るもの吹かれゆきしもの   濱口志乃
 枝枝の雫輝き秋晴るる         同
 逸早く膝に覚ゆる夜寒かな      藤井智子

 次回は11月19日(日)・白子コミュニティセンターにて。
 兼題は「落葉」です。
                        (報告/卯滝文雄)
 


 濃尾句会(9月24日)結果報告

 今月は、濃尾句会を簡単に紹介します。
 山茶花濃尾句会は、昭和56年4月に岐阜県、愛知県の同人・誌友17名にて発足
 しました。
 当時の主宰・石倉啓補先生をお迎えして結成、懇談会を開催しております。
 会員の俳句研修と親睦を目的として、定例句会(主に吟行句会)を継続して開催し
 ています。
 会員は、他結社の方々も含め25名を超える時期もありましたが、現在は一桁の人
 数となっています。
 継続のためには会員を増やす必要があり、それが課題となっているのが現状です。

 兼題は「萩」、純也先生の特選は以下の通りでした。

 鯊を釣る荷下ろし終へし船からも  奥 安則
 家族連れ多き河口の鯊日和      同
 燃え立ちて水禍の土手の曼珠沙華   同
 竜巻の警報出たる厄日かな      同
 初萩の花をまばらにそよぎそむ    同
 虫の音に長湯となりし今宵また   中村妙美

 次回は10月22日(日)、岐阜ハートフルスクエアーにて。
 兼題は「朝寒」です。
                         (報告/卯滝文雄)  


 濃尾句会(8月20日)結果報告

 今月も6月に続いて金華山の麓の長良川周辺を吟行しました。
 6月の吟行の時には水量が少なく、鵜匠さんも鮎の育ちが悪いと嘆いておられま
 したが、このところの雨で水量はたっぷりとありました。
 水面には鮎と思われる魚が飛び跳ねており、鵜川らしいたたずまいとなっており
 ました。

 兼題は「走馬灯」、純也先生の特選は以下の通りでした。

 淦汲みて床板干せる鵜舟かな    奥 安則
 逆縁を悔いて点せる走馬灯      同
 残されし子らを照らして走馬灯    同
 長良川渡る夕風秋めける       同
 うすれつつ流るる雲の秋めける    同
 さりながら木蔭の風はすでに秋    同
 泳ぎ子を母の見守るテントかな    同
 舟を打つ波音たかく大夕立     藤井智子
 とりどりの天幕を張りて泳ぎ出す   同
 泳がずに水駆け合へる二人かな    同
 父の檄飛んで泳ぎ子真つしぐら    同
 噴水のだしぬけに立つ飛沫かな   井上喜美子
 この晴れのいつまで続く水を打つ   同
 町興しなる賑はひの盆踊       同
 つまらなきとは走馬灯止まるとき  卯滝文雄
 道端の埃まみれの真葛かな      同
 虫の音の闇を誘つてをりにけり    同
 井戸水を使ふ生活の新豆腐     濱口志乃
 四阿の新涼の風ほしいまま      同
 高層に見る音のなき遠花火     中村妙美
 しぶきほど前に進まぬ泳ぎかな   秋山好弘

 次回は9月24日(日)、白子コミュニティセンターにて。兼題は「萩」です。
                          (報告/卯滝文雄)  


 濃尾句会(7月16日)結果報告

 濃尾句会の吟行先の一つである鈴鹿市白子港は、三重県が管理する白子港と鈴鹿市
 が管理する白子漁港とが隣接しています。
 わたしたちから見ればまったく一つのものですが。
 漁は伊勢湾内の物がほとんどで、イカナゴ、イワシをはじめアナゴ、海苔、浅蜊な
 どが水揚げされています。
 当日は、たくさんの水上バイクが爆音を轟かせ、波しぶきを上げておりました。

 兼題は「夏痩」、純也先生の特選は以下の通りでした。

 蓮の葉をかづき蕾の色づける       奥 安則
 羽ばたかんとして鷺草の花開く       同
 夏痩はいつものことと気にもせず      同
 夏痩せて気力の失せることもなく      同
 荷を降ろし行商人の背の汗        秋山好弘
 採り置いて熟るるを待てるトマトかな    同
 水喧嘩憎まれ口の容赦なく         同
 カーテンの風をはらみて梅雨明くる    井上喜美子
 たちまちに路地を暗めて夕立来る      同
 梅雨明を間近に豪雨二度三度        同
 亀上る板の置きあり蓮の池        藤井智子
 夏痩せて肩の窪みのなほ深く       中村妙美
 炎天に炙り出さるる思ひかな       濱口志乃
 噴水の空支へつつ落ちにけり       卯滝文雄

 次回は8月20日(日)、長良川鵜飼ミュージアムにて。
 兼題は「走馬灯」です。
                   (報告/卯滝文雄)