山茶花例会    兼題句会(席題あり)雑詠可
 定例日=第四日曜日
 句会場=たかつガーデン

 山茶花例会(6月24日開催)レポート

 最大震度6弱を記録した大阪府北部を震源とした地震から約一週間、大阪の街は一部
 を除いてほとんど平常を取り戻しつつあります。
 山茶花のメンバーも、地震によるものではない軽傷が一名だけ、被害というよりそ
 の影響で“ガスがまだ復旧していないのが難儀”という人が数名という例会の日まで
 の状況でした。
 各地の皆さまからご心配いただき、純也主宰と京阪神在住者ともども篤く御礼申し
 あげます。
 さて、例会。兼題は「御祓」と「若竹」、席題は「草取」。
 純也主宰は講評で「“おはらい”と“みそぎ”は意味がちがいます。混同しないように」。
 広辞苑から引用すると“おはらい=災厄・汚穢おわい・罪障などを除き去るために行
 う神事。また、その時、神に祈って誦よむ詞。また、その厄除けの御札”。
 一方、“みそぎ=身に罪または穢れのある時や重大な神事などに従う前に、川や海で
 身を洗い清めること”。
 言葉の意味を正しく知るべしという指導と理解しました。

 その純也主宰が“印をつけた”10句は、

 花柄の帽子目深に草むしる     山田綾子
 山荘を開きあたりの草を引く    伊藤とし子
 日の出待ち切れず草取始めけり   吉田富枝
 輪をくぐる禰宜の沓鳴る夏祓    米田静枝
 大袋三つとなりし草を取る     佐藤扶紀子
 若竹の葉のひろごりも勢ひあり   山田綾子
 青々と茶筌の里の今年竹      杉本蒼生子
 今年竹伸びる青空あけてあり    藤堂くにを
 真つ直ぐにただひたむきに今年竹  山田綾子
 やはらかき木洩日こぼし今年竹   内田陽子

 互選から純也主宰の3句。

 白栲の禰宜映り澄む御祓川
 どつぷりと暮れてはじまる御祓かな
 今年竹日照雨の光ふりまける

 参加者は38名でした。
                         (報告/中西英明)  


 山茶花例会(5月27日開催)レポート

 大阪は夏日でした。からりと晴れ上がるという感じはなく、梅雨近しを思わせる暑
 さでした。
 すでに九州南部まで入梅し、沖縄も奄美も九州南部も平年より早い梅雨入り。
 大阪の入梅の平均は6月7日ごろとされていますが、入梅している地方によっては
 4〜5日早まっていますので、大阪も6月に入ればすぐに梅雨入り宣言かも。
 兼題の「麦秋」はからりと晴れ上がった感じの強い季題ですが、さて、どう詠まれ
 たか。
 もうひとつの兼題は「業平忌」、席題は「蚕豆」でした。
 純也主宰は講評の前に「昨日(26日)俳人協会の関西俳句大会が開かれ、山茶花
 からも3人の方が優秀な成績で表彰されました。
 ただ残念なのは山茶花の会員からの出句者が少なかったことで、今後は是非、せめ
 て一口でも出句し、腕を競うとともに、俳人協会の催しにご協力ください」。

 例会の句については「同じような句が結構ありました。ということは発想が貧困と
 いうことで、反省すべきです。兼題が難しかったのは言い訳になりません」と辛口
 コメント、決して特選ではないと念押しのうえ純也主宰が「印をつけた」句は、

 対岸に日の残りゐる麦の秋   松澤新陽
 奥琵琶のゆかりの里の業平忌  畠中俊美
 一畝の万葉園の麦の秋     畠中俊美
 古写本の寺に伝はり業平忌   橋 翠
 麦刈を済ませし夜の田の匂ふ  山方 曙
 在五忌や言問団子供へもし   中西英明
 竹林の奥なる寺の業平忌    米澤道子
 在五忌の業平橋を渡りけり   杉本蒼生子
 京言葉残る在所の業平忌    山方 曙
 在五忌や別れに終る恋ばかり  伊藤とし子

 純也主宰の3句。

 何となく目の奥かゆき麦の秋
 靄晴れてゆくどこまでも麦の秋
 その墓と伝ふ石塔業平忌

 伝統俳句協会の関西支部大会がこの日行われており、お手伝いをお願いした人もあ
 って、例会の参加者は37名にとどまりました。
                        (レポート/中西英明)
 


 山茶花例会(4月22日開催)レポート

 最近、この日が「アースデイ」ということが忘れられつつあるようです。
 「アースデイ」とは地球環境について考える日として提案された記念日のひとつで、
 1970年にアメリカの上院議員が環境問題についての討論集会を開催することを
 呼びかけたのがきっかけとなり、大きな輪に広がりました。
 これとは別に国連も3月21日をアースデイと制定、現在はふたつのアースデイが存
 在するということになっています。
 例会の日、大阪ではそれほどのこともなかったのですが全国の各地、特に内陸の地域
 では4月下旬としては記録的な気温を観測しました。
 いわば言い出しっぺのアメリカが地球温暖化防止に逆行するような政策を打ち出して
 いる現在、もう一度見直しが必要と感じさせられる春の一日でした。
 この日、純也主宰は俳人協会からの「たっての願い」で名古屋で講演、主宰不在の例
 会となりました。
 兼題は「行春」と「蛙」、席題が「竹の秋」。
 互選の後、3人の瞳々集選者が選評、主宰の句も紹介されました。
 主宰の句を二つの兼題から一句づつご紹介します。

 行春の少し冷たき京の雨
 蛙鳴き陵の昼深まりぬ

 参加者42名は純也主宰の後日選を楽しみに会場を後にしました。
                           (レポート/中西英明)  


 山茶花例会(3月25日開催)レポート

 “春に三日の晴れなし”ともいいますが、寒かったお彼岸の中日から気温は急上昇、
 そして晴天も続いています。
 たまたまでしょうが、少年野球のチームが二組、マイクロバスで近鉄・上本町駅に
 横付けし、これから遠征なのでしょうか改札口に歩いて行くのを見かけました。
 一方、甲子園では“選抜高校野球”が三日目、開催中の大相撲が千秋楽。近くの寺
 町界隈も桜が三分咲き。いよいよ春ど真ん中での例会となりました。
 兼題は「磯開」と「ミモザの花」、席題は「若鮎」。
 純也主宰は講評で「ミモザの花は黄色は黄色でも独特の色で印象に残りますが、そ
 れを“教会”や“お屋敷”で詠むより、もう少し変ったものに目をつけてもよさそうに
 感じました。
 “磯開”は(神事というより)暮らしに密着した“生活感”が出ないと、それらしくな
 りません」。
 古文の動詞の活用に注意を喚起しつつ純也主宰がこの日「印をつけた」10句は、

 磯開はやも磯笛聞こえ来る    岡本 戎
 磯開舳先そろへて合図待つ    米澤道子
 大鍋に貝汁煮えて磯開      吉田富枝
 仕合せはこんな色かも花ミモザ  藤堂くにを
 対岸も旗のたなびく磯開     田中晃真
 沖凪ぎて風の冷たき磯開     伊藤とし子
 法螺の音を風さらひゆく磯開   杉アよしこ
 釣りあげて水の匂ひの上り鮎   境 雅秋
 島中にサイレン響き磯開     橋 翠
 町長も町役も来て磯開      奥 可津女

 純也主宰の3句。


 持株の掟厳しき磯開
 観音の鐘が合図の磯開
 花ミモザ神戸に似合ふ花として

 
参加者は44名でした。
                         (レポート/中西英明)
 


  山茶花例会(2月25日開催)レポート

 冬季五輪ももう閉会式、今年の2月は殊に“逃げ足”が速かったように感じましたが、
 ことわざには“二月ひと月は小糠三合で暮らす”というものがあります。
 なにかと物入りな年末年始を過ごしてきて、ここいらで財布の紐を締めようという
 思惑なのでしょうが、そうはうまく行かないものでもあります。
 “うまく行かない”のはこの日の兼題の句。純也主宰は講評で「そこそこうまく出来
 てはいますが、類句の山でした。
 兼題が難しいと言うのではなく、類句を抜ける深い、新しい句を目指すのが難しい
 ということでしょう。
 そのためには“写生”を狭く考えないことも大切です。
 ときには飛躍するぐらいでないと類句も抜けられませんから」。

 純也主宰が「ちょっと思いつかない素材を取り上げたりしているので“印をつけた”」
 10句は次のとおりです。

 虚子も来し水車場跡の草青む    山内繭彦
 鶯の谷すぐそこに玉座の間     吉田富枝
 下萌やゴルフ仲間のひとり増え   山田綾子
 朝作務の回廊に聞く初音かな    山方美智子
 満を持し若草山の下萌ゆる     藤田信義
 待ち人の来たりしごとき初音かな  藤田信義
 鶯や週末ごとの畑仕事       大竹美智子
 マンションの園芸クラブ下萌ゆる  橋 翠
 仕掛けたる罠のなかまで下萌ゆる  芳田トモ子

 純也主宰の句を互選から。

 下萌を広げて雨の上りたる
 笑ふほど初音の拙かりにけり
 悼兜太獺魚を祭りけり

 参加者は43名でした。                    
                         (レポート/中西英明)  


 山茶花例会(1月28日開催)レポート

 例会としては“初句会”となった1月の第4日曜日。
 この日は毎年恒例の大阪国際女子マラソンの開催日になっています。
 数えて37回目にもなる歴史ある大会で、ランナーたちが大阪の中心部を駆け抜ける
 のが見所になっているのですが、大規模な交通規制も行われます。
 当日たまたま乗ったタクシーの乗務員は、マラソンの日は距離が稼げないので休むと
 いう仲間が多いと言っていました。
 確かに街を走っているタクシーは普段の日曜日と比べても明らかに少なく見えました。
 1月例会の兼題は「初天神」と「日脚伸ぶ」、席題は「寒鯉」。
 1月21日に開かれたNHK全国俳句大会に選者として参加した純也主宰は「選者の
 高齢化を感じた大会でしたが、俳人協会系の俳句のレベルの高さも感じました」。
 兼題について「“日脚伸ぶ”は日暮の時間が遅くなるということで、日差しの影が伸
 びることではありませんから意味を取り違えないように。また、”初天神”の句の中
 に“護摩を焚く”ような句がありましたが、護摩は仏教、神社で護摩を焚く神仏習合
 のような例を私は知りません」。
 この日、純也主宰が「印をつけた」10句は、

 立読の本屋を出れば日脚伸ぶ      杉本蒼生子
 さまざまの絵馬の校名初天神      吉田富枝
 曽根崎に雪のちらつく初天神      大竹美智子
 初天神絵馬書く場所の増やしあり    大竹美智子
 初天神歌仙の額に小町古り       橋 翠
 分校の野球練習日脚伸ぶ        松澤新陽
 寒鯉の水重さうに浮かびくる      内田陽子
 初天神同じ願ひの絵馬重ね       伊藤とし子
 日脚伸ぶ路地のチョークのまるしかく  織作香代
 寒鯉のあぶくを一つ吐きしのみ     杉本蒼生子

 互選から純也主宰の3句。

 三浪の初天神へ行きもせず
 揉めもせず選考終り日脚伸ぶ
 寒鯉の己が濁りを抜けられず

 参加者43名の初句会でした。
                        (レポート/中西英明)


 山茶花例会(12月24日開催)レポート

 2017年納めの例会はクリスマスイブの開催となりました。
 不思議なことに、というか、何となくというか、例会の前の腹ごしらえにはフライド
 チキンが食べたくなって、会場に近い上本町6丁目交差点の角にある“カーネルおじさ
 ん”の店に行くと・・・・
 普段なら割とゆっくり食事も句の推敲もできる店なのですが、この日はオーダーの人
 の列が店の外まではみ出していました。
 それも持ち帰り用のパックを注文する人がほとんどで、とても待っておれません。
 仕方なく(鳥の)唐揚定食のある中華料理チェーンの店へ向かったのですが、そこが
 閉店!
 胃袋のパニックを抑えてチキンともクリスマスとも関係のない、コーヒーのお代わり
 ができるドーナツショップに入りました。
 ここの店内放送はアメリカのFMラジオ局風のDJ、エルヴィス・プレスリーのクリ
 スマスソングのメドレーがかかっており、おかげで何となくクリスマス気分になりま
 した。

 この日の兼題は「年忘」と「冬休」、席題は「千鳥」。
 喉が潰れたという純也主宰は「出来上がった面白い句と話にもならない句が混じりあっ
 ていました」ときつい選評、「“冬休”で塾通いとか“卒論”とかいう古い発想はダメ」。
 その純也主宰が「印をつけた」10句は、

 義理で行く昨日につづく年忘  伊藤とし子
 年忘得意料理を持ち寄りて   織作香代
 二次会は上司ぬきなる年忘   伊藤とし子
 貸切の馴染の小店忘年会    杉本蒼生子
 献杯を故人の席へ年忘     山田綾子
 年忘とはいへさはりなき話   内田陽子
 到来の肉に俄かの年忘     芳田トモ子
 温泉の宿の雪のちらつく年忘  畠中俊美
 冬休寮生残るままにかな    織作香代
 年忘歳も忘れてしまひたく   中西英明

 純也主宰の句を互選から3句。

 査読する論文句集冬休
 冬休などなき通信教育部
 二三人寄ればまたまた年忘

 参加者42名。句会が終わるころには冬の雨が降りだしていました。
                            (レポート/中西英明)
 


  山茶花例会(11月26日開催)レポート

 2017年10月の例会は台風21号襲来のため中止になりましたので久しぶりの例会
 となりました。
 この日会場へ向かう電車の車内吊り広告に「ブラックフライデー」と謳ったものがある
 のに気付きました。
 今年の流行語大賞の候補にもないこの言葉、ひょっとして世界的に株価が大暴落した
 「ブラックマンデー(1987年10月19日)」と関係があるのかと考えたのですが
 それは大違い。
 アメリカのフィラデルフィアの警察が使った言葉が広まったそうで、感謝祭の休日、つ
 まり11月の第四木曜日の次の日、ちょうど年末バーゲンがスタートする時期にあたっ
 ていることから週末の買い物の人が街にあふれて警察の仕事が忙しくなる、警察として
 は憂鬱な日ということで名づけられたとわかりました。
 その後小売業が儲かり黒字になるということで「ブラック」が定着したのだそうです。
 アメリカの人もこんな「験担ぎ」をするのは小さな発見でした。

 ところで、俳句では流行語や新語はどの程度許されるのでしょう。小池百合子東京都知
 事が使った「アウフヘーベン」などは本来は哲学の用語として広辞苑にも載っています
 が、一般の人には多分理解不能でしょうから俳句にはムリでしょう。
 かつて純也主宰から「広辞苑(などの大きな辞書という意味か)に載っているぐらいの
 語ならOK」と聞かされたことがありますが・・・・

 この日の兼題は「神農祭」と「凩」、席題は「冬木」でした。
 “神農祭”は類想が多かった、“凩”は作りようのある季題と純也主宰が「印をつけた」の
 は次の10句でした。

 新薬に社運を託し神農祭     奥野とみ
 標本の生薬香る神農祭      内田陽子
 凩に負け自転車を押しにけり   吉田富枝
 若返る薬のほしき神農祭     織作香代
 献灯に料亭の名も神農祭     大竹美智子
 凩や段差注意の札揺らし     橋 翠
 強壮剤鬻ぐ露店も神農祭     山内繭彦
 銀杏散り込める神農さんの路地  伊藤とし子
 凩の雲なき空を鳴り渡る     山内繭彦
 平癒せし神農の虎納めけり    山内茉莉

 互選から純也主宰の3句。

 神農の虎の愛嬌良過ぎたる
 みな頼りなき神農の虎の貌
 神農の虎にそつぽを向かれけり

 田中美恵女さんが初の例会参加、参加者は43名でした。
                           (レポート/中西英明)
 


 10月22日開催予定の例会は台風21号の接近による
 荒天のため中止となりました。


 山茶花例会(9月24日開催)レポート

 一枚板のような青空に覆われた一日になりました。
 たくさんの家族連れを見かけた街ではハロウィンの商戦が盛り上がっているように見え
 ました。
 一昨年の渋谷での大騒ぎをふと思い出したのですが、もともとのハロウィンの意味を知
 っている人はどれだけいるのかと考えさせられもしました。
 それというのもこの行事の本来は、古代ヨーロッパに住んでいたケルト人の風習に始ま
 ったもので、一年の終りとされた10月31日に、この時期に現れる悪霊や魔女から身
 を守るために仮面をかぶったり魔除けの火を焚いたもの。
 俳句で大切にしたい“(季題の)本意”からは外れたものになってしまっているようです。
 “本意”とまで言わないものの、純也主宰は講評で「兼題の“木犀”は匂うという点だけ言
 えば“沈丁花”でも良さそうな句がありました。“穴まどひ”も夏でもいいような、席題の
 “秋耕”も“冬耕”と置き換えてもいい、そんな句がありました」。
 季題を、ただ十七音に詠み込むだけではだめ、そこにその季節らしさが俳句には求めら
 れると考えさせられました。

 この日、純也主宰が「印をつけた」10句は、

 一行の悲鳴をよそに穴まどひ     吉田富枝
 尾の見えて東司の裏の穴まどひ    大竹美智子
 穴まどひ消えよ消えよと立ちすくむ  横田昭二
 穴まどひ土蔵に潜みゐるらしく    米澤道子
 秋耕の根菜用の畝深く        伊瀬知正子
 とぐろ巻く力まだあり秋の蛇     織作香代
 街中が木犀の香に溺れたる      橋 翠
 木犀の弾くるごとく香りそむ     吉本隆太郎
 七坂に木犀の香の漂へり       原 信次
 蛇穴に入りて裏庭広くなる      山本澄恵

 純也主宰の“大嫌い”な蛇の3句。

 山の日のまだまだぬくし穴或 
 穴惑日和続けば今日もゐし
 大水に流されて来て穴惑

 参加者は46名でした。
                           (レポート/中西英明)
 


 山茶花例会(8月27日開催)レポート

 大阪は知る人ぞ知るワインの本場です。
 大阪府は昭和初期はぶどうの収穫量・生産量共に日本一でした。
 それがワインづくりに結びついたのは1914(大正3)年のことですからその歴史は
 100年以上ということになります。
 第二次世界大戦後にぶどう畑は住宅地に変わりましたが、現在でも日本有数のぶどうの
 産地となっています。
 ワイン用のぶどうを栽培するには三つの条件が必要といわれ、@雨が少ない A日照時
 間が長い B昼夜の温度差が大きいことが挙げられます。
 今年の大阪は高温少雨、亜熱帯の乾期のような天候がつづき、条件の@とAは文句なし。
 ではぶどうの出来がよく出来るかというとBがきになります。
 そこで、夏場の最高/最低気温の推移を調べると・・・・7月は熱帯夜の連続、高低差
 は大きくはありません。
 8月に入っても、8月6日までは7月と同じような状態で、7日=立秋でようやく最高
 が30度を割りました。
 けれども最低気温が25度以上、つまり熱帯夜となったのは7〜26日まででわずかに
 4日だけ、特に25日には29.1度まで上っています。これでは昼夜の温度差が大き
 いとはいえない状態でしたが・・・・
 例会開催当日の最低気温は、なんと20.7度! 急な冷え込みとなりました。
 おかげで体調を崩した人もあったようで、純也主宰も「“夏風邪”をひいてしまい、体温
 が37度台」と、講評も「座ったままで失礼します」。
 披講を担当している大竹美智子さんもその被害者(?)だったようで、披講中に咳込み
 がひどくなり、急遽ピンチヒッターが登場するという一幕がありました。
 兼題は「花火」と「西瓜」、席題は「風の盆」。
「互選でたくさん選ばれていても私がいただかなかった句は類句がありそう」という純也
 主宰が「印をつけた」10句は、

 花火師の磧に撒ける清め塩      内田陽子
 西瓜食ぶホームステイの子も混じり  杉本蒼生子
 マッチすることも覚えて庭花火    伊藤とし子
 西瓜番一つを提げて帰りけり     藤田信義
 笠内は美人なるべし風の盆      境 雅秋
 さいころに切りて見舞の西瓜かな   芳田トモ子
 もてなしの井戸の西瓜をたぐりあぐ  畠中俊美
 バーベキュー皆で片づけ庭花火    山田綾子
 病院の屋上よりの遠花火       内田陽子
 湧水にくるくる廻る西瓜かな     里見かつこ

 純也主宰吟を互選から3句。

 大阪の景気托せし花火かな
 丸ごとはめつたに売れぬ西瓜とや
 近道の瀬音の路地も風の盆

 面地豊子さんが初参加、総勢47名の例会となりました。
                          (レポート/中西英明)  


 山茶花例会(7月23日開催)レポート

 大阪はこのところ連日の猛暑日で熱帯夜です。
 せめて夕立でもほしいところですが、降ってもパラパラぐらい、かえって蒸し蒸しして
 きて、もうウンザリ。
 あと2週間で立秋(8月7日)を迎えるのですから、暦の上ではまぎれなく「晩夏」と
 いうことになりますが、そうなればなったで大阪は長い残暑に見舞われます。
 けれども、、夏至(6月21日でした)のころと比較すると“日の出”から“日の入”まで
 の時間、つまり昼間は30分ほど短くなってきています。
 昼間の日照が短くなれば、それだけ太陽から受ける熱量は少なくなり、暑さは和らぐと
 いうのが理屈ではあるのですが、そうは問屋が・・・・
 ということで決められたのではないでしょうが、この日の兼題は「晩夏」と「百日紅」。
 昼間の長さを考えれば確かに「晩夏」になりつつあるのですが、純也主宰も講評で「実
 際は暑いし、実感がなく、なかなか詠み辛い兼題です。“百日紅”も、ついお寺と取り合
 わせてしまいがちで連想が広がりませんね」。
 「なお、(例句も多い)“晩夏光”という言い方は、私はあまり認めたくありません」。

 席題は「白玉」。純也主宰が「印をつけた」10句をご紹介します。

 純也主宰選

 法話聞くぽつくり寺の百日紅    奥野とみ
 空蝉のいつより我をはなさざる   木とし子
 里坊の百日紅の月日かな      大竹美智子
 荷なし船つらなり下る淀晩夏    松宮善之
 終ひ湯に雨を聞きゐる晩夏かな   山内茉莉
 白玉にこつてりまぶすあんこかな  中西英明
 白玉を掬うて女よく喋る      境 雅秋
 馬柵に凭り雲の色見る晩夏かな   山田綾子
 咲きつぎていつ盛りとも百日紅   山本澄恵
 売り出されゐる邸内の百日紅    奥野とみ

 純也主宰吟を互選から3句。

 礼状も書かざるうちに晩夏かな
 塔頭のどこも静まり百日紅
 白玉の店に女優と出会いたる

 午後からはところにより激しい夕立があるかもという予報は例会の会場近辺には当ては
 まらず、参加者45名はどんより蒸し蒸しのなかを帰途につきました。
                         (レポート/中西英明)
 









俳句「山茶花」のホームページです