山茶花例会    兼題句会(席題あり)雑詠可
 定例日=第四日曜日
 句会場=たかつガーデン

 山茶花例会(8月27日開催)レポート

 大阪は知る人ぞ知るワインの本場です。
 大阪府は昭和初期はぶどうの収穫量・生産量共に日本一でした。
 それがワインづくりに結びついたのは1914(大正3)年のことですからその歴史は
 100年以上ということになります。
 第二次世界大戦後にぶどう畑は住宅地に変わりましたが、現在でも日本有数のぶどうの
 産地となっています。
 ワイン用のぶどうを栽培するには三つの条件が必要といわれ、@雨が少ない A日照時
 間が長い B昼夜の温度差が大きいことが挙げられます。
 今年の大阪は高温少雨、亜熱帯の乾期のような天候がつづき、条件の@とAは文句なし。
 ではぶどうの出来がよく出来るかというとBがきになります。
 そこで、夏場の最高/最低気温の推移を調べると・・・・7月は熱帯夜の連続、高低差
 は大きくはありません。
 8月に入っても、8月6日までは7月と同じような状態で、7日=立秋でようやく最高
 が30度を割りました。
 けれども最低気温が25度以上、つまり熱帯夜となったのは7〜26日まででわずかに
 4日だけ、特に25日には29.1度まで上っています。これでは昼夜の温度差が大き
 いとはいえない状態でしたが・・・・
 例会開催当日の最低気温は、なんと20.7度! 急な冷え込みとなりました。
 おかげで体調を崩した人もあったようで、純也主宰も「“夏風邪”をひいてしまい、体温
 が37度台」と、講評も「座ったままで失礼します」。
 披講を担当している大竹美智子さんもその被害者(?)だったようで、披講中に咳込み
 がひどくなり、急遽ピンチヒッターが登場するという一幕がありました。
 兼題は「花火」と「西瓜」、席題は「風の盆」。
「互選でたくさん選ばれていても私がいただかなかった句は類句がありそう」という純也
 主宰が「印をつけた」10句は、

 花火師の磧に撒ける清め塩      内田陽子
 西瓜食ぶホームステイの子も混じり  杉本蒼生子
 マッチすることも覚えて庭花火    伊藤とし子
 西瓜番一つを提げて帰りけり     藤田信義
 笠内は美人なるべし風の盆      境 雅秋
 さいころに切りて見舞の西瓜かな   芳田トモ子
 もてなしの井戸の西瓜をたぐりあぐ  畠中俊美
 バーベキュー皆で片づけ庭花火    山田綾子
 病院の屋上よりの遠花火       内田陽子
 湧水にくるくる廻る西瓜かな     里見かつこ

 純也主宰吟を互選から3句。

 大阪の景気托せし花火かな
 丸ごとはめつたに売れぬ西瓜とや
 近道の瀬音の路地も風の盆

 面地豊子さんが初参加、総勢47名の例会となりました。
                          (レポート/中西英明)  


 山茶花例会(7月23日開催)レポート

 大阪はこのところ連日の猛暑日で熱帯夜です。
 せめて夕立でもほしいところですが、降ってもパラパラぐらい、かえって蒸し蒸しして
 きて、もうウンザリ。
 あと2週間で立秋(8月7日)を迎えるのですから、暦の上ではまぎれなく「晩夏」と
 いうことになりますが、そうなればなったで大阪は長い残暑に見舞われます。
 けれども、、夏至(6月21日でした)のころと比較すると“日の出”から“日の入”まで
 の時間、つまり昼間は30分ほど短くなってきています。
 昼間の日照が短くなれば、それだけ太陽から受ける熱量は少なくなり、暑さは和らぐと
 いうのが理屈ではあるのですが、そうは問屋が・・・・
 ということで決められたのではないでしょうが、この日の兼題は「晩夏」と「百日紅」。
 昼間の長さを考えれば確かに「晩夏」になりつつあるのですが、純也主宰も講評で「実
 際は暑いし、実感がなく、なかなか詠み辛い兼題です。“百日紅”も、ついお寺と取り合
 わせてしまいがちで連想が広がりませんね」。
 「なお、(例句も多い)“晩夏光”という言い方は、私はあまり認めたくありません」。

 席題は「白玉」。純也主宰が「印をつけた」10句をご紹介します。

 純也主宰選

 法話聞くぽつくり寺の百日紅    奥野とみ
 空蝉のいつより我をはなさざる   木とし子
 里坊の百日紅の月日かな      大竹美智子
 荷なし船つらなり下る淀晩夏    松宮善之
 終ひ湯に雨を聞きゐる晩夏かな   山内茉莉
 白玉にこつてりまぶすあんこかな  中西英明
 白玉を掬うて女よく喋る      境 雅秋
 馬柵に凭り雲の色見る晩夏かな   山田綾子
 咲きつぎていつ盛りとも百日紅   山本澄恵
 売り出されゐる邸内の百日紅    奥野とみ

 純也主宰吟を互選から3句。

 礼状も書かざるうちに晩夏かな
 塔頭のどこも静まり百日紅
 白玉の店に女優と出会いたる

 午後からはところにより激しい夕立があるかもという予報は例会の会場近辺には当ては
 まらず、参加者45名はどんより蒸し蒸しのなかを帰途につきました。
                         (レポート/中西英明)
 


 山茶花例会(6月25日開催)レポート

 梅雨らしい一日でした。というより、ようやく梅雨に入ったという感じの一日でした。
 「栗花落」という珍しい姓があります。“つゆり”または“ついり”と読みますが、会場の
 “たかつガーデン”のそばでも栗の花が匂っていました。
 兼題は「虎ヶ雨」と「鹿の子」、席題は「夏野」。
 「虎ヶ雨」はあだ討ちで有名な“曾我物語”の兄、曾我十郎の思い人・虎御前が十郎の死を
 知って泣いた涙といわれ、十郎が討たれた5月28日に降る雨のことといいます。
 純也主宰によればこの兄弟、「生まれながらにあだ討ちを運命づけられていたかわいそう
 な兄弟で兄が十郎、弟が五郎といいます。
 この五郎というのは実は御霊、怨霊のことで、佐倉惣五郎なども」。
 「ただ“曾我物語”の研究者は少なくなって」いるのだそうです。
 もう一つの兼題「鹿の子」については「“馬の子”でもいいような句がありました」。
 この日、主宰が「印をつけた」10句は、

 鹿の子のふらつきながら乳を呑む   小塚青楓
 校倉の蔭を動かず親子鹿       藤田信義
 乳足りて跳ねてもみせる鹿の子かな  山本澄恵
 虎ヶ雨来ぬ人を待つカフェかな    石部洋子
 母鹿が怖く小鹿に近寄れず      藤田信義
 母を真似鹿の子草食みそめにけり   山内繭彦
 ぽつぽつが沛然となり虎ヶ雨     境 雅秋
 今の世の女は泣かぬ虎ヶ雨      藤堂くにを
 水茄子をにぎれば瑠璃の水垂るる   木とし子
 母鹿の子連れ同志の屯かな      奥野とみ

 純也主宰吟を互選から3句

 曾我物の稀曲を舞うて虎ヶ雨
 木洩日の揺れをいぶかる鹿の子かな
 鹿の子の跳ねてをらねば眠りゐる

 参加者42名でした。
                         (レポート/中西英明)


 山茶花例会(5月27日開催)レポート

 山茶花の例会は大阪・上本町の「たかつガーデン」で開かれます。
 参加者は様々な交通手段で会場に向かうのですが、そのルートのひとつが地下鉄・堺筋
 線の「日本橋」から近鉄・奈良線に乗り換えるというコースです。
 堺筋線は、阪急電車と相互乗り入れしており、阪急・京都線「淡路」駅で京都線、千里
 線と接続、宝塚線や神戸線からも「十三」経由で行くことができます。
 「日本橋(これを“にっぽんばし”と読みます)」は外人観光客に人気の黒門市場や、
 電気街の最寄駅で、キャリーバッグを引きながら大きな声で話す声があちこちから聞こ
 えてきます。
 乗り換えの近鉄・奈良線も、奈良行きの特急などは外国人が多く、キャノンやニコンの
 カメラを首から提げ、幼児を抱いていたりすると間違いなく外国人。
 どうしてこんなに小さな子供を連れて海外旅行なのか、いつも疑問に思いますが・・・
 上本町に着くと、そこも関西国際空港と“あべのハルカス”へのシャトルバスのターミ
 ナルで外国語が飛び交っていました。
 会場“たかつガーデン”は、そのバスターミナルの向い側をさらに一筋入ったところで、
 幹線道路を渡っただけで静かな文教地区の趣きに一変します。

 この日の兼題は「山女」と「麦飯」、席題が「柿の花」でした。
 たまたま大阪が地元の伝統俳句系の結社の50周年記念の会が催され、純也主宰と瞳々
 集選者(5名)の内二人もその会に招待されて例会は欠席となりました。
 例会参加者は41名、「麦飯」には戦後の思い出を詠んだ句などが多かったのですが、
 それを主宰がどう評価するか、後日選への関心の高まるなかでの閉会となりました。
                           (レポート/中西英明)


 山茶花例会(4月23日開催)レポート

 例会の会場そばの近鉄百貨店を通りかかると「屋上スカイバイキング」のポスターが目に
 飛び込んできました。早い話がビアガーデンのオープン告知です。
 スーパーオープニングフェアと謳って時間制限なし、飲み放題、食べ放題と、お決まりの
 キャッチ、料金は男性・女性が2500円。ここまでは普通なのですが、それにつづいて
 子供(小中学生)1200円。まあ子連れもいるかも知れないと思ったのですが、さらに
 幼児(3〜6歳未満)700円!
 このビアガーデンは5月17日からの営業ということでしたが、4月28日営業開始とい
 うのが今年の大勢のようです。いつの間にかこんな時期になったのかと感じました。
 この日の兼題は「苗代」と「水芭蕉」、席題が「羊の毛剪る」。
 「“苗代”はほとんど見かけなくなってしまいましたね」という純也主宰の講評の切り出し
 で、ふいに思い出したのが長野県小諸市での純也主宰の講演でした。
 ホトトギスの歳時記に、農作業にまつわる季題が多いことにふれて、「虚子は“お父さん
 やお兄さんが畑仕事なんかをやっていた、そういう記憶がある”というような文章を残し
 ております。
 これは農事というか農業に対する興味で、それがやはり季題の本当のありようといいます
 か、あ、お米というのはこういう風にして苗を植えて、こういう風に草をとって、こうい
 う風に刈るものか、あるいは豆というのはこういう風にしていつごろ種を撒いて、いつご
 ろ間引いて、収穫していくものか、そういう興味を虚子は幼いときの記憶ということもあ
 って、小諸というところでも農業のあり方というか風俗、農事への関心を示し、そういう
 ものをつぶさに観察してやろうという感じにつながったのではないかと私は考えておりま
 す」。(平成20年4月29日の講演「小諸百句の魅力」から)
 「苗代」にかぎらず「水芭蕉」も「羊の毛剪る」も、ほとんど日常はみることのない季題
 ばかりですが、それをどう詠むか。
 純也主宰が「水芭蕉もこの辺でしたら六甲の高山植物園ぐらいでしか見られません。
 想像が限られてしまいますのでそれをどう働かせるかです。
 席題の羊の毛剪るもそうですね」と述べられた純也主宰が「印をつけた」10句は、

 出揃ひて朝風渡る苗代田     大竹美智子
 水のなきところにも咲き水芭蕉  小塚青楓
 竜神の謂れの沼の水芭蕉     山内繭彦
 木道の混み合ふことも水芭蕉   大竹美智子
 汚れたる羊の腹の毛も剪りぬ   杉本蒼生子
 田植機にサイズを合はせ苗代田  山内繭彦
 朝もやに来迎図めく水芭蕉    松澤新陽
 神の田を賄ふだけの苗代田    祝 澤子
 水芭蕉へは水音が道しるべ    藤堂くにを
 農協を抜けし同士の苗田かな   中西英明

 純也主宰吟を互選から。

 常のことなる山里の苗代寒
 急に照りにはかに曇り水芭蕉
 羊の毛刈つて六甲日和かな

 参加者は40名でした。
                          (レポート/中西英明)  


 山茶花例会(3月26日開催)レポート

 春雨というと、どことなく明るいイメージもするのですが・・・・
 例会のために快晴の午前中に家を出た人の中には当然のように傘も持参せず。ところが
 句会の始まるころには雲がたちこめ、なんとなくあやしげな空模様になってきました。
 この日の兼題は「下り簗」と「春分の日」、席題は「蕨」でした。
 講評で純也主宰は冒頭で、先に(3月12・13日)開かれた主宰就任20周年祝賀会
 が120人にのぼる参加者で盛会に終ったことに触れ「ありがとうございました」。
 「先月の兼題が “
?挿す” で今月が “上り簗” と、まるで琵琶湖シリーズのようになり
 ました。それを俳句にすると、両方とも実際に見る姿とは異なると、地元にお住まいの
 山方 曙さんからご指摘を受けるかも知れませんが、みなさん上手に“見てきたような”
 句をお作りになられていました。
 一方の“春分の日”は難しい季題です。お彼岸の中日でもあるわけですが、天文について
 の言葉と取り合わせると“つきすぎ”になってしまいますし、彼岸というと仏さま臭いと
 いうか・・・・ ですから“春分の日”として、その季節感を詠むことがポイントになる
 ように感じました」。

 主宰が「印をつけた」句は、

 春分の日の転勤の荷を解く    畠中俊美
 正午告ぐ春分の日の鐘の音    山本澄恵
 果樹園に春分の日の日射しかな  杉本蒼生子
 山宿の蕨を浸す大盥       境 雅秋
 上り簗番屋の裏の竹を伐り    芳田トモ子
 民宿の持山に摘む蕨かな     米澤道子
 番小屋の炉の赤々と上り簗    吉田富枝
 鷺除けの天蚕糸張り足す上り簗  山本澄恵
 上り簗番屋泊りも稀となり    山本澄恵
 手に慣れし蕨の丈の折りどころ  山内茉莉

 互選から純也主宰の句を三句。

 春分の天女舞ふべき富士日和
 橋灯りても春分の日の暮れず
 水嵩に勢ひのなき上り簗

 参加者は初参加の上野勝治さんを迎えて43名、春雨らしくない薄暗い雨のなかへ、ある
 人は傘を差し、ある人は傘もなく散会となりました。
                            (レポート/中西英明)  


 山茶花例会(2月26日開催)レポート

 山茶花の例会の会場に近い百貨店を見てまわるのが最近の楽しみになってきています。
 いうまでもなく百貨店商法の一つが季節の先取り。売り場は春満開です。
 衣料関係のフロアを歩くと半袖の薄物がでていたり、女性衣料では桜色めいたピンク系
 のものが目立ったり。
 日本流行色協会が選んだのはリーディングレッドという、ちょっとくすんだような赤で
 すが、もう一方の勢力・世界共通の色見本のメーカーが主張するトレンドカラーベスト
 テンは、トップがグリーン、というより若草色。
 一体どちらが主流になるのか、若干の興味も湧いてきました。

 この日の兼題は「
?挿す」と「いぬふぐり」、席題が「余寒」。
 純也主宰は講評で「兼題の“
?挿す”には気象条件など、実際にはどうなのか地元の人
 に確かめないといけないような句があり、選に迷わされました。
 また、例えば比良山や近江富士などの地名を入れた句がありましたが、地名をいれると、
 どうしても似たような句になりがちですから要注意です。
 “いぬふぐり”については、このごろよりもう少し暖かい時期をイメージさせるほうが
 いいのではないかと感じさせられました」。

 2月例会で純也主宰が「印をつけた」10句は、

 水深の以外に浅し
?を挿す      藤田信義
 晴ゐても
?挿す舟の揺れやまず    伊瀬知正子
 鵜よけ網さらにめぐらし
?を挿す   松澤新陽
 挿す
?に白波立てて比良颪      松宮善之
 検査着の身にだぶつきて余寒なほ   米澤道子
 赴任地の慣れぬ生活に余寒なほ    芳田トモ子
 
?挿しの見ゆる古江の蓮如道     畠中俊美
 この星に水と空気といぬふぐり    中西英明
 
?といふプラスチックを挿しにけり  山内茉莉
 比叡颪あらぬ日もあり
?を挿す    山本澄恵

 純也主宰吟を互選と、ご自身の自選から3句。

 恒星も惑星もありいぬふぐり
 
?挿すやラジオの昼の憩い聞き
 ガード下店まばらなる余寒かな

 この日の参加者は47名。会場に置かれた「三村純也主宰就任20周年祝賀会」の会場
 付近のマップはあっという間になくなりました。なにしろ参加予定者は120名を超し
 ていますから・・・・
                           (レポート/中西英明)
 


 山茶花例会(1月22日開催)レポート

 大寒(1月20日)も過ぎ、街も落ち着きを見せてきたこの日、お天気はめまぐるしく
 変わりました。
 青空が一転して真っ黒に、と思えば冷たい雨が降り出して、すぐに止むとまた日差しが
 戻る・・・・ 大陸からの低気圧が多分、筋状で流れ込んで来ていたのでしょう。
 句会場に着くと、傘を濡らしている人、傘も持っていない人が混在、寒さはそれほどで
 もなかったのがせめてもの幸いという感じでした。
 兼題は「春待つ」と「寒鴉」、席題は「雪女郎」。
 純也主宰は講評で「今日は面白い句が多かったと思いますが、一方で類想も目につきまし
 た。“春待つ”でランドセルや学習机など、入学準備と取り合わせるということは古いと
 いわれても仕方ありませんし、“寒鴉”にも類想がありました。
 “雪女郎”は、いわばいくらでも嘘をつける季題ですから、面白い句になりました」。

 この日、純也主宰が「問題のある句も含めて“印をつけた”」10句は、

 川沿を歩けば春を待つ心     鴨川加奈子
 除雪車の後の闇の雪女郎     吉田富枝
 雪女郎赤子大泣きさせて消ゆ   米澤道子
 春待つ気そそる改正ダイヤかな  中西英明
 足跡のぷつつり絶えし雪女郎   奥野とみ
 初産の準備整へ春を待つ     藤田信義
 花時計少し進みて春を待つ    藤堂くにを
 鳴きつのり挑みくるやう寒鴉   山内繭彦
 身構へて逃げるでもなき寒鴉   奥野とみ
 竹林の暗さも春を待つごとく   里見かつこ

 互選から純也主宰の句を3句ご紹介します。

 濁声の何かたくらむ寒鴉
 死体遺棄現場に鳴ける寒鴉
 直筆の虚子の掛軸春を待つ

 会場は昨年の大河ドラマ“真田丸”の近く、年末まではそれにあやかった幟やポスター
 などが目立っていましたが、もうそれも見当たらず、“上六”の近鉄百貨店の催事場の
“ 歳暮解体セール”で海苔や椎茸などを買い込んだらしい大きな袋を提げた人の姿が目
 につきました。
                           (レポート/中西英明)
 


 山茶花例会(12月25日開催)レポート

 クリスマスの開催となった今年の納めの例会、兼題は「クリスマス」と「枯尾花」、席題
 は「ストーブ」でした。
 海外ではクリスマスを休日にしている国もありますが、だからといって「メリークリスマ
 ス」と祝ってばかりではなくなってきているという話を聞きました。
 人種の坩堝になっている大都市では異教徒も多く、そうした人たちに配慮して特にニュー
 ヨークあたりでは「ハッピーホリデー」と挨拶を交すことが増えているということです。
 異教徒に配慮してというより配慮せざるを得ないのも現代の難問になっていますが・・・・

 純也主宰は「“クリスマス”と“枯尾花”、詠むにしてもずいぶん景色が違うなと思いま した
 が、皆さんも同じ思いでしょうね。
 昨日、買い物で三宮へでましたが、もちろん昔のような三角帽子の酔漢は見受けられませ
 んでしたし、つい連想してしまうカップルよりも、若い人たちがグループで騒いでいるよ
 うな場面が見受けられました」。
 体験的に刷り込まれた記憶より、今をちゃんと見ないといけないアドバイスと感じさせら
 れるコメントでしたが、「“枯尾花”というより枯蘆の方が響くような句もありました」。
 この日、純也主宰が「この句は問題だと思いながら印をつけた」10句は、

 どこ隠そサンタクロースのプレゼント  山内茉莉
 聖樹置くあれこれ物を移動して     鴨川加奈子
 クリスマスドイツ菓子売る屋台出て   山内繭彦
 ユニクロの大きな袋クリスマス     山内茉莉
 雪綿を飾り聖樹の出来上る       大竹美智子
 自衛隊基地にもクリスマスツリー    藤堂くにを
 クリスマスカードに一句したたむる   松宮善之
 聖夜劇台詞なき子ら歌ひけり      大竹美智子
 買つて出る薪ストーブの火番かな    伊瀬知正子
 息つめて聖樹点灯待ちにけり      織作香代

 純也主宰の三句を互選から。

 クリスマス神父秘蔵のワイン酌み
 入信の気はさらになくクリスマス
 クリスマスイブのひとりの焼鳥屋

 参加者は47名でした。
                        (レポート/中西英明)  


 山茶花例会(11月27日開催)レポート

 兼題は「時雨」と「柴漬」、席題が「冬耕」となったこの日。
 時雨どころではない、かなり本格的な冬の雨が降っていました。二十四節季の「小雪」が
 過ぎ「大雪」に向かう時期、七十二候では「朔風払葉(きたかぜこのはをはらう)」の候
 にあたるようです。
 近鉄・上本町駅から会場「たかつガーデン」までの歩道は“落葉径”、雨でつるつるの難路
 になっていました。
 その兼題「時雨」と「柴漬」について、純也主宰は講評で「“時雨”というのは大きな季題
 ですから、どうしても句が古くなるということがありますが、今日は新しい発想の句も見
 受けられました。“柴漬”は現在ではほとんど見ることが出来なくなっているようですが」。

 この日、主宰が「印をつけた」10句は、

 しぐるるや嵯峨の竹林なほ暗め     大西桂子
 遅れると伝言メール夕時雨       岡本 戎
 花背へとしぐるる峠越えにけり     岡澤ひろみ
 柴漬に蝦長き手を絡ませて       大竹美智子
 この度も時雨傘さし光悦寺       清水多憙子
 柴漬も今年限りと腰さする       久保達也
 時雨るるやへのへのもへの消えかけて  田村昶三
 何撒くとなき冬耕の粗起し       田中由子
 柴漬や掬ひし蝦の透き通り       橋 翠
 柴漬や古きものほど魚の寄り      松澤新陽

 互選から主宰の3句。

 ほまちにもならぬ柴漬止めもせず
 柴漬に大物期待してはゐず
 雲水の歩み変らずしぐれけり

 例会は初めての藤堂くにをさんを迎えて、参加者は45名でした。   
                         (報告/中西英明)  


 山茶花例会(10月23日開催)レポート

 例会開催日は二十四節気の“霜降”にあたっていました。
 ということで席題は「霜降」、兼題は「鹿」と「零余子」でした。
 ただ当日のお天気はとても霜が降りそうなものではなく、残暑でもない、小春日でもないと
 いう中途半端、そのうえどんよりと曇っておよそ秋らしくない一日でした。
 純也主宰は講評で「それなりに出来た句が多くて、割と多めに採らせていただきましたが、
 似たような句も多かったという感じです。
 表現にしても零余子が零れるというありふれたものが見られたのは残念なところです。
 もう少し違うところから切り口を求めることが必要だと思います。まあ、新しい切り口を探
 すというのは難しいことではありますが・・・・
 鹿にしても奈良や宮島にかかわらず、新しい切り口は必ずあります。実際、最近は害獣扱い
 されたり、街へおりてくることも増えています。私も神戸電鉄の車窓から鹿をみたこともあ
 り、少し驚きました。
 霜降はいうまでもなく二十四節季の一つで、これは新しい句ができそうな季題です」。
 「今日は“印”をつけにくかった、いちどつけた印をつけかえたり・・・」という純也主宰が
 最終的に“印をつけた”句は、

 霜降を節目にタイヤ履き換ふる   中西英明
 石鼎の旧居に聞きし鹿の声     佐藤弥澄
 鹿撃たる崩るるやうに脚折りて   山内茉莉
 むかご蔓引けば吊橋揺れにけり   松澤新陽
 霜降や豆幹燃やす煙立ち      吉田富枝
 公園に突然鹿の高鳴ける      佐藤扶紀子
 立ち尽し耳そばだつる牡鹿かな   米澤道子
 大粒のまづこぼれけり零余子採   藤田信義
 零余子飯何かもの足りなくもあり  鴨川加奈子
 山宿の露天湯に聞く鹿の声     大竹美智子

 純也主宰の三句。

 神鹿といふには毛並整はず
 土産屋に入りて叱られ奈良の鹿
 こぼしてもいくらでもある零余子かな

 参加者は42名でした。
                           (レポート/中西英明)
 


 山茶花例会(9月25日開催)純也主宰特選句報告

 不安定なお天気が一旦途切れた日の例会、兼題は「燕帰る」と「冷やか」、兼題は「秋彼岸」
 でした。
 純也主宰が「印をつけた」10句をご紹介します。

 冷やかなベンチに夫婦何語る    大西桂子
 秋冷の三日続きの雨の旅      岡澤ひろみ
 はからずも大安の日の帰燕かな   藤田信義
 沓脱の下駄の冷やかなりしかな   織作香代
 まだきより空の帰燕のおびただし  山内茉莉
 ニュータウン育ちの燕帰りけり   西上禎子
 通り土間抜け来る風の秋の冷    岡本 戎
 冷やかに突つぱねられて電話切れ  伊藤とし子
 冷やかな美辞麗句ある手紙かな   佐藤扶紀子
 黒光りして冷やかな公用車     佐藤弥澄

 純也主宰の3句。

 冷やかや諭しの一語毒含み

 立ち消えの線香多き秋彼岸
 開山忌兼ねたる秋の彼岸かな

 参加者は42名でした。
                           (報告/中西英明)  


 山茶花例会(8月28日開催)レポート

 台風10号の迷走の一因ともなっている“大陸からの寒気団”の影響もあってか、この日の
 大阪は連続猛暑日から解放され、やや凌ぎやすい、普段の残暑となりました。
 夏休みもそろそろお終いとあって会場に近い上六界隈では家族連れも多く、近くの百貨店で
 はギフト商品解体セールが行われていましたが、こちらは拍子外れの閑散。遊ぶことと買う
 ことは一致しないところもあるのかなと感じました。
 兼題は「南瓜」と「地蔵盆」、席題は「朝顔」。いずれも例句の多い季題でしたが、案の定
 三村純也主宰の評は辛口。「“南瓜”の句で、包丁の刃が立たないというような句がありま
 したが、こういう明治時代みたいな句はいけません。よくゴマンとあるといいますが、それ
 こそ十万と類句があります。“地蔵盆”もしかりです。
 想像が広がる、ということは焦点が一点にしぼられているという句でなければなりません。
 また、こういう兼題の場合には互選にも注意が必要です。一体この句のどこがよくて選んだ
 のか理解できない選もありました。」
 「一般的に選の下手な人は俳句も下手といわれますが、想像が広がる選を心がけましょう」
 と講評を結んだ主宰がこの日「印をつけた」句は、

 兵児帯をうれしがる子よ地蔵盆   清水多憙子
 菓子仕入れるも段取の地蔵盆    中西英明
 地蔵会の子の鳴らす鉦路地回る   畠中俊美
 弟の手を引いてゆく地蔵盆     伊藤とし子
 敷藁は萎えて南瓜は太りゆく    山田綾子
 ご詠歌の昼間はテープ地蔵盆    畠中俊美
 お下がりを両手で抱へ地蔵盆    岡澤ひろみ
 太陽を集めて黄なる南瓜かな    佐藤扶紀子
 配線の工事間に合ひ地蔵盆     山田綾子
 住み古りて世話役何度地蔵盆    里見かつこ

 純也主宰の句は、

 目疾地蔵歯痛地蔵と祀りけり
 ビル風に蝋燭消えて地蔵盆
 地蔵盆ゲーム持込禁止とし

 少しは凌ぎやすいとはいえ残暑は残暑、参加者はちょっと少な目の46名でした。
                            (レポート/中西英明)
 


 山茶花例会(7月24日開催)レポート

 兼題は「ハイビスカス」と「秋近し」、席題は「鱧」でした。
 純也主宰は講評で「“ハイビスカス”というと沖縄とかハワイとか南の島という連想があります
 が、沖縄というところを詠むとすればそれなりの覚悟が必要と思っています。
 私なんかは戦後の生まれですが、ここにいらっしゃる皆さんは何らかの形で戦争中という時代
 を生きてこられたと思います。
 花鳥諷詠というのは、“何らかの”という、そういう安っぽいところを詠んではいけません。
 発想の深いところからそういうことをサラリと詠むというのが花鳥諷詠の戦争の詠み方です。
 「暁烏文庫内灘秋の風」という虚子の句があります。内灘というところも米軍の施設(試射
 場)建設をめぐって、非常に激しい闘争のあったところです。
 そういうところを虚子は実にさらりと詠んでいます。こういうところから発想しないと、初
 めから社会性を目指しているような俳句には太刀打ちできません。
 そこのところを考えないと、上辺だけ、綺麗ごとのように詠んでいては話にならないと考えま
 す。
 “秋近し”も難しい季題ですね。“夜の秋”といえば夜だけのことになりますが、“秋近し”という
 と昼間でも秋めいてきたなあという感じが出ていないといけません。秋めいてきたことなど
 を、“まあ秋近しで詠んでやろうか”という姿勢ではいい句になりません」。

 純也主宰が「印をつけた」10句。

 島を発つフェリー乗場の仏桑花  山田綾子
 かまぼこの隅に売らるる鱧の皮  大竹美智子
 新郎もハイビスカスの胸飾り   奥野とみ
 窓少し開けて本読む秋近し    木村喜代子
 仏桑花人集まれば踊り出し    大竹美智子
 美術館よりの案内の秋近し    山内茉莉
 板前の手元に見とれ鱧料理    奥 可津女
 島人の墓地の中まで仏桑花    畠中俊美
 手際よく酒の肴の鱧の皮     横田昭二
 白波を見下す崖の仏桑花     横田昭二

 純也先生吟を互選から3句。

 空路とて今も離島よ仏桑花
 どこを訪うても戦跡の仏桑花
 亀甲墓ハイビスカスの花の下

 参加者は47名、句会後、何人かは天神祭の宵宮見物にまわったようでした。
                            (レポート/中西英明)
 







俳句「山茶花」のホームページです