堺句会    兼題句会(席題あり)雑詠可
 定例日=第二土曜日
 句会場=堺市・利晶の森 サロン夢庵 ほか

 堺(第613回 6月10日開催)句会報  

 兼題は「栗の花」と「蛇の衣」、席題は「梅雨に入る」。
 出席11名、欠席投句11名。純也先生の特選は19句でした。

 栗の花匂ふとバスの窓を閉づ    伊藤とし子 
 陪塚の主として蛇衣を脱ぐ     伊藤とし子   
 脱ぎをへて眼光れる蛇の衣     横田昭二     
 殻脱いで蛇するすると藪に消ゆ   佐藤弥澄     
 曇る夜のとみに匂へる栗の花    奥野とみ     
 リフオームの床剥ぎゆけば蛇の衣  奥野とみ     
 樋掃除手遅れとなり梅雨に入る   奥野とみ     
 首もたげゐるかと見れば蛇の衣   奥 可津女    
 山宿のどこかに匂ふ栗の花     奥 可津女    
 吊革のかすかな匂ひ梅雨に入る   境 雅秋     
 使はれぬ農具に掛かる蛇の衣    米澤道子     
 車窓より行手つぎつぎ栗の花    畠中俊美     
 門川の流れにかかる蛇の衣     畠中俊美     
 蛇衣を脱ぎつつ石の隙間より    大西桂子     
 梅雨に入る鎮守の杜の小暗がり   岡本 戎      
 積み上げし割木の上の蛇の皮    高橋雅代     
 蛇の衣仏足石に脱がれあり     木村喜代子    
 遠目にも白き車窓の栗の花     内田陽子     
 吉兆と僧の下げ来る蛇の衣     吉田富枝  

 純也先生の御句

 銭形の柄の残れる蛇の衣
 八方へ垂れて匂へる栗の花 
 栗の花力まかせに匂ひ来る   
 千年の神木に垂れ蛇の衣      
 丹波路の入口にして栗の花       
 
         
 次回は7月8日(土)、兼題は「極暑」と「夜店」です。
                            (報告/吉田富枝)    


 堺(第612回 5月13日開催)句会報
          
 会場近くの土居川には沢山の鯉のぼりが風に泳いでいます。
 端午の節句は過ぎたのですが川の鯉のぼりは所狭しと元気一杯です。
 個人の家の鯉のぼりはめっきり減りましたが川に掛かる鯉のぼりを見ると優しい
 気持ちになります。

 兼題は「初夏」と「葵祭」、席題は「卯の花腐し」、出席者10名、欠席投句11名、
 純也先生の特選は11句でした。

 初夏の淀にエイトの声高し   松宮善之  
 賀茂祭馬たしなめて出番待つ  松宮善之    
 賀茂祭白丁も牛も足重く    伊藤とし子    
 はつなつの波打際を歩きけり  佐藤弥澄     
 馬勇み牛のんびりと賀茂祭   佐藤扶紀子    
 葵懸け昔ながらの社家の町   境 雅秋     
 裏町の小さき門にも懸葵    奥 可津女    
 牽馬の葵しなびて賀茂祭    内田陽子     
 賀茂川に葵祭の映り行く    岡本 戎      
 競ひ立つ馬をなだめて賀茂祭  祝 澤子     
 侮れぬ牛車の速さ賀茂祭    吉田富枝     

 純也先生吟

 川風も午後となりゆく賀茂祭  
 馬よりも牛の疲れて賀茂祭     
 しづしづと人らをろがむ賀茂祭     
 白丁にも公家顔のあり賀茂祭        
 はやしをれ牛車の葵蔓かな          

 次回 6月10日(土)
 兼題 栗の花 蛇の衣  
                           (報告/吉田富枝)
 


 堺(第611回 4月8日開催)句会報 
           
 寒い日が続き桜が例年より長持ちし、得をしたような気分になります。
 会場の近くの土居川の両岸の桜も見ごろと聞き、句会の帰りに寄り道をしてみました。
 花筏の流れる中を遊覧船が通り、満開の花にどの人も満面の笑顔でした。

 兼題は「林檎の花」と「風車」、席題は「朝寝」、純也先生の特選は10句でした。

 純也先生選

 走る子を励まし廻る風車       横田昭二 
 初恋は遠き日のこと花りんご     佐藤弥澄   
 牛飼うて牛乳売つて花林檎      境 雅秋     
 花林檎あれよあれよと摘まれゆく   境 雅秋     
 吹いて見て走つても見る風車     大西桂子     
 遠山のうすく棚引く花林檎      米澤道子     
 信濃路の旅の車窓の花林檎      畠中俊美     
 朝寝して夢の続きをさ迷へる     内田陽子     
 野仏に誰が供へたる風車       吉田富枝     
 飴買うておまけに貰ふ風車      吉田富枝 

 純也先生吟

 花林檎咲いて立山曇りがち  
 立山のあはあはけぶる花林檎   
 林檎咲く村へ花嫁やつて来し     
 風車廻りすぎてはしどけなし       
 廻りゐるや廻されゐるや風車        

 出席者11名、欠席投句者は9名でした。
   
 次回は5月13日(土)、兼題は「初夏」と「葵祭」です。
                               (報告/吉田富枝)  


 堺(第610回 3月11日開催)句会報

 この日の兼題は「茎立」と「春の雨」、席題は「利休忌」でした。
 句会場の利晶の杜の二階から道を隔てて利休の屋敷跡が見えます。
 元は広大な屋敷だと思われますが今は50坪程の小さいもので井戸が一つ残されて
 いるのみ。
 ボランチィアガイドが訪れる人を丁寧に案内し、戦国の世の話に引き込んでおられ
 ました。

 純也先生の特選8句をご紹介いたします。

 茎立ちて傾ぎしままの鉢一つ    伊藤とし子
 容赦なく茎立の畑掘り返す     奥野とみ   
 茎立ちて蕪も大根も花盛り     境 雅秋     
 春時雨しつつ叡山虹立ちぬ     畠中俊美
 ほつほつと采女の池に春の雨    内田陽子  
 茎立つてひつくり返りさうな鉢   内田陽子    
 滅多斬りされ茎立の大根畑     祝 澤子     
 潮風に浜大根の茎立てる      西崎ミネ子  

 純也先生吟

 風もなく春雨の糸もつれそむ  
 虚子館に春雨傘の忘れ物      
 茎立ちしもの抜き捨てしままにあり   
 茎立ちて間引き忘れしものらしく      
 茎立といふに短く茎立てる           
 
  
 出席者10名、欠席投句者12名でした。
   
 次回は4月8日(土)、兼題は「林檎の花」と「風車」です。
                           (報告/吉田富枝)   


 堺(第609回 2月11日開催)句会報 
   
兼題 盆梅 雪崩  席題 下萌

 出席、欠席投句とも11名でした。
 純也先生の特選18句をご報告します。

 盆梅の齢重ねし紅ふかく      伊藤とし子
 エアーバッグ背負ひ雪崩の調査員  横田昭二
 盆梅の洞なす幹の花盛り      横田昭二
 ゲレンデを分断したる雪崩かな   松宮善之
 空洞も枝にも見惚れ盆梅展     田中晃真
 盆梅や漢詩の軸の篆書体      境 雅秋
 一本に源平咲きの盆梅も      奥 可津女
 盆梅の盆梅らしき枝の反り     佐藤扶紀子
 風音に目覚む山小屋雪なだれ    木村喜代子
 茫然と見渡してゐる雪崩跡     木村喜代子
 盆梅のほこりを払ふ小筆かな    内田陽子
 岩を巻き込み駆け下る雪崩かな   内田陽子
 轟音の追ひかけて来る雪崩かな   内田陽子
 盆梅に朝市の日の緩びそむ     西崎ミネ子
 山小屋の難まぬがれし雪崩かな   西崎ミネ子
 湯治宿暮れてはるけき雪崩音    中田道子
 捜索の断念となる大雪崩      吉田富枝
 大広間几帳で仕切り盆梅展     吉田富枝
 
        
 純也先生吟。

 親不知子不知雪崩止め幾重
 捜索の手立ても立たぬ雪崩かな
 拝領の品の一つに盆梅も 
 盆梅も旧藩邸も古りにけり 

 次回  3月11日(土)
 兼題  春雨 茎立   
                           (報告/吉田富枝)  


 堺(第608回 1月14日開催)句会報 
   兼題 乗初 寒椿  席題 悴む

 初句会でしたが、会場のさかい利晶の杜は飲食禁止で、堺の老舗の和菓子屋さんの
 花びら餅とお茶でお祝いをしました。

 出席10名、欠席投句11名。純也先生の特選は16句でした。

 乗初の優先席をゆづられし    伊藤とし子
 忘れゐし大事な用に悴めり    伊藤とし子
 下向きに咲き切つてゐる寒椿   田中晃真
 生きるとはまた耐ゆること寒椿  見学つや子
 寒椿こらへきれずに紅こぼす   見学つや子
 対岸のUSJへ初渡船      境 雅秋
 自転車も尾を振る犬も初渡船   境 雅秋
 気持よく寝てゐる子供初電車   奥 可津女
 悴みてはつきり言へぬ言葉かな  奥 可津女
 葉表に莟の固き寒椿       大西桂子
 乗初の膝に豊かに日差来る    木とし子
 山の辺の道の山家の寒椿     畠中俊美
 乗初のバス停へ急く晴着の娘   西崎ミネ子
 寒椿ひらくともなく落ちにけり  中田道子
 乗初の一駅なれどおしやれして  吉田富枝
 乗初の臨時停車の稲荷駅     吉田富枝

 純也先生吟

 葉ごもりに一つ咲きゐる寒椿
 乗初の車内に日射しゆきわたる 
 乗初の車窓に海のひろがり来 
   

 次回 2月11日(土) 兼題 雪崩 盆梅   
                             (吉田富枝)  


 堺句会(第607回 12月10日開催)報告
      
 会場の「さかい利晶の杜」はテレビでも紹介されて、この日も大勢の人が訪れ、とても
 賑わっていました。
 兼題は「日向ぼこり」と「鳰」、席題は「風呂吹」。
 出席者11名 欠席投句者は10名でした。
 純也先生の特選17句をご紹介いたします。
 
 
 鳰鳴いて隠沼に闇迫りくる      伊藤とし子
 日向ぼこ米寿傘寿と肩寄せて     伊藤とし子
 聞き込みの刑事の来たる日向ぼこ   佐藤弥澄 
 浮き沈みしつつ遠くへ鳰       松宮善之 
 縁側に隣の猫と日向ぼこ       田中晃真 
 丸き背を更にまるめて日向ぼこ    境 雅秋 
 風呂吹に眼鏡くもらせ舌焼いて    境 雅秋 
 耳鳴りの気になる日向ぼこりかな   見学つや子
 日向ぼこ何か忘れてゐるやうな    見学つや子
 浮かび出てすぐに寄り添ふ番鳰    奥野とみ
 湖暮れて蘆の間に間の鳰の笛     畠中俊美
 日向ぼこ子等となぞなぞきりもなく  高橋雅代
 湖暮れて鳰の寄り来る一ト処     岡本 戎 
 桟橋に人の浮子見て日向ぼこ     内田陽子
 日向ぼこしてあれこれと考へず    中住笛美
 をさな子と綾取りをして日向ぼこ   祝 澤子
 店先に新聞ひろげ日向ぼこ      祝 澤子

 純也先生吟。

 日向ぼこして憂き世とも浮き世とも 
 日向ぼこ浮き世のねぢれ面白く 
 変わり映えなき話して日向ぼこ   

 次回 平成29年1月14日(土)
 兼題 「乗初」、「寒椿」
                             (吉田富枝)
 


 堺句会(第606回 11月12日開催)報告   
        
 句会場のサロン夢庵は山之口商店街の端のほうにあります。
 此処から歩いて五分程で以前利用していた開口神社があり、小春日和のこの日は七五三
 詣りも多いと聞き、句会の前に見に行かれた方もあります。
 席題も「七五三」と決まりました。
 兼題は「木枯」と「大根」、出席者9名 欠席投句者11名でした。

 純也先生の特選は9句でした。

 聞分けのよき子となりて七五三    伊藤とし子
 一人居の夜は木枯を聞くばかり    岡本 戎
 木枯の途絶え今宵は星の夜      岡本 戎
 青首をもたげ大根太りたる      佐藤弥澄
 門川を大根の葉の流れ行く      田中晃真
 ネクタイを締めてうれしき七五三   見学つや子
 大根引く尻餅の子を笑ひ合ひ     境 雅秋
 越天楽終日ながし七五三       奥 可津女
 凩の磨いて行きし星座かな      内田陽子

 純也先生吟

 本降りとなり来し雨に大根抜く
 大根干す峡の日和を知り尽くし  
 凩の余波とは言へど湖荒るる     
 凩の星空広げゆきにけり         

 次回は12月10日(土)、兼題は「鳰」と「日向ぼこり」です。
                             (報告/吉田富枝)  


 堺句会(第605回 10月8日開催)報告 
         
 句会場のサロン夢庵は山之口商店街の一角にある古い建物です。
 この日はまだ暑くエアコン三台つけてもあまり効きません。    
 エアコンは動いているのですが古くて埃が溜り涼しくなってこないようです。
 机のガタピシも我慢、暑いのも我慢の句会でした。    

 兼題は「薄紅葉」と「猪」、席題は「朝寒」。
 出席・欠席投句とも各11名、純也先生の特選は11句でした。

 陵の森どことなく薄紅葉     伊藤とし子
 手負猪逃げ込む藪を踏みしだき  伊藤とし子
 朝寒を覚ゆることもしばしかな  見学つや子
 猪撃も自慢の犬も老いけらし   奥野とみ
 平城といへ急磴の薄紅葉     米澤道子
 飛び散れる滝水受けて薄紅葉   横田昭二
 累代の屋号を誇り猪を撃つ    境 雅秋
 猪害の新たな土の匂ひかな    佐藤扶紀子
 ぬかるみの著き足跡猪ならむ   木村喜代子
 山下るヘツドライトを猪過る   木村喜代子
 道の辺の名もなき草の薄紅葉   高橋雅代

 純也先生吟。
                    
 名人といふ猪撃の古免状
 一雨に薄紅葉せし気配あり 
 猛進とまでは見えねど猪の跡  
 薄紅葉したるばかりに縮れそむ  

 次回 11月12日(土)
 兼題 大根 木枯 
                             (吉田富枝)
 


 堺(第604回 9月10日開催)句会報
   兼題=鈴虫 女郎花  席題=鰯雲

 句会場のサロン夢庵は山之口商店街の一角にあります。
 この日は八朔祭りで商店街を子供御輿が通ります。少子化の波はここにも来ていて十人
 ぐらいの子供に大人が二十人ほど付いて回っていました。
 でも子供たちは生き生きと嬉しそうに御輿を担いでいました

 出席10名、欠席投句12名、純也先生の特選は12句でした。

 健やかに今日も出歩く鰯雲    伊藤とし子
 鳴き過ぎの夜の鈴虫置き処変ふ  奥野とみ
 りんりんと籠の鈴虫鳴き交はす  見学つや子
 霧吹に鈴虫ひげを立ち上ぐる   見学つや子
 鈴虫の洩るる花街の小路かな   米澤道子
 鈴虫の逃げし仏間に鳴きゐたり  畠中俊美
 嵯峨野路の風に靡ける女郎花   高橋雅代
 鈴虫を聴く夜咄の茶の湯かな   西崎ミネ子
 鈴虫の籠置く下足箱の上     西崎ミネ子
 鈴虫を鳴かせてあるじ設けかな  内田陽子
 鈴虫の鳴き止む時もひげを振る  吉田富枝
 鰯雲瀬戸内海をまたぎたる    吉田富枝

 純也先生吟

 村出づる峠はひとつ女郎花
 生けしとも浸けてあるとも女郎花
 鈴虫の昼も鳴きゐて庫裏暗し   
 鈴虫の声も供物の一つかな    
 
            
 次回は10月8日(土)、兼題は 薄紅葉 と 猪 です。
                               (報告/吉田富枝)  


 堺(第603回 8月13日開催)句会報

 句会場の「利晶の杜」の横に利休屋敷跡があります。
 ボランティアガイドさんが二人おられ、お話を聞くとやはりここに利休の広大な屋敷が
 あったそうです。
 今は古井戸があるだけの狭い敷地で、この井戸で利休が茶をたてたという事です。
 真偽のほどは分かりません。

 兼題は「七夕」と「芙蓉」、席題は「門火」でした。
 純也主宰の特選12句をご紹介します。

 病み細る指に願の糸結ぶ      伊藤とし子
 薄ら日に芙蓉の酔の浅からず    伊藤とし子
 日照雨にも一と色進む芙蓉かな   田中晃真
 スーパーの混み合つてゐる盆用意  奥 可津女
 路地奥に人の声あり門火燃ゆ    奥 可津女
 門火焚く後姿の老いにけり     境 雅秋
 地下街のビルの広場の星祭     畠中俊美
 老いてなほ七夕竹に願ひごと    畠中俊美
 縁あれと願ひの糸を赤く結ふ    佐藤扶紀子
 七夕の二人の夕餉ワイン酌む    佐藤弥澄
 より高き枝へ願の糸結ぶ      内田陽子
 笹ただでくれて七夕飾売る     吉田富枝

 出席者9名 欠席投句者14名でした。 
 
 次回 9月10日(土)
 兼題 鈴虫 女郎花         
                                    (吉田富枝)
 


 堺句会(第601回 7月9日開催)報告
   兼題 梅酒 山開  席題 蝉


 七月の句会場は山之口商店街にあるサロン夢庵でした。
 ここの商店街もシャッターの下りた店が多く、昔を知る人には淋しい光景です。
 その中でも頑張っておられる八百屋さん、魚屋さん、パン屋さん等がおられ、ついつい
 帰りには買ってしまいます。

 出席11名、欠席投句10名。純也先生の特選は17句でした。

 忘れられゐる古梅酒の琥珀色    伊藤とし子
 民宿の主自慢の梅酒酌む      松宮善之
 遭難の碑に黙祷し山開       松宮善之
 偈を稱へ法螺鳴りひびく山開    横田昭二
 妣漬けし梅酒いよいよ琥珀色    境 雅秋
 手造りの梅酒と客にすすめけり   奥野とみ
 母作りおきし梅酒の年古りて    奥 可津女
 梅酒つぐ夫の遺愛の小盃      見学つや子
 ふと心ゆるびしときの梅酒かな   見学つや子
 霧の中法螺の音渡る山開      畠中俊美
 甘い目につくりし梅酒たしなみぬ  木村喜代子
 おくほどに琥珀深むる梅酒かな   岡本 戎
 山開行者を讃へ山讃へ       内田陽子
 荒縄に担げる御神酒山開      内田陽子
 古梅酒のとろりとろりと注がるる  内田陽子
 梅酒漬け蓋に日付を記しけり    中住笛美
 本棚に夫の遺せし梅酒かな     吉田富枝

  次回 8月13日(土)
 兼題 七夕 芙蓉     
                                  (吉田富枝)