堺句会    兼題句会(席題あり)雑詠可
 定例日=第二土曜日
 句会場=堺市・利晶の杜 サロン夢庵 ほか

 堺句会(第625回 6月9日開催)報告
         
 兼題は「守宮」と「萍」、席題は「青簾」。
 出席者11名、欠席投句者11名でした。 

 純也先生の特選は12句でした。
 

 ボート過ぎ萍またも寄りにけり  横田昭二
 萍のまれに小花を上げにけり   田中晃真  
 消し忘れゐし外灯に守宮来る   奥野とみ    
 釣り上げし鮒の萍まみれかな   奥野とみ 
 船頭の櫂に萍へばりつく     奥野とみ 
 守宮這ふ茶屋の憚り借りにけり  境 雅秋 
 萍の隙間押しわけ田舟ゆく    畠中俊美 
 古家に何時しか守宮住み着きて  高橋雅代 
 農小屋の壁に張り付く守宮かな  高橋雅代 
 湿りたる山小屋の壁守宮這ふ   内田陽子 
 白川の風にゆれゐる青簾     岡本 戎 
 山荘の窓に夜な夜な来る守宮   吉田富枝   

 純也先生吟。

 陪塚の濠の萍畳かな
 萍を伝ひて小蜘蛛逃げにけり
 萍に地震のさざ波起こりけり  
 庇より尾垂るるほど大守宮     
 戸袋に巣のあるらしき守宮かな     
 
            
 次回 7月14日(土) 兼題 「道をしへ」「香水」              
                         (報告/吉田富枝)   


 堺句会(第624回 5月5日開催)報告   
         
 兼題は「余花」、「袋掛」。席題は「子どもの日」でした。  
 出席者10名、欠席投句者8名、純也先生の特選は14句でした。 
           
 純也先生特選
 
    
 余花に会ふことも吉野の旅なれば   伊藤とし子  
 袋掛一つひとつに心こめ       田中晃真     
 永らへてまたこの余花に逢へしこと  見学つや子     
 海遊館へUSJへ子どもの日     境 雅秋      
 打ち揃ひ姉さん被り袋掛       境 雅秋      
 余花に逢ふ熊野古道の木の根道    奥野とみ      
 品切れのお子さまランチ子供の日   奥 可津女     
 正面に富士を遠目の袋掛       佐藤扶紀子     
 摘花して粒を揃へて袋掛       佐藤扶紀子     
 木漏れ日を眩しみながら袋掛     木村喜代子     
 連山のくつきり晴れて袋掛      木村喜代子     
 枇杷に掛けたる枇杷色の紙袋     木村喜代子     
 十ばかり軒のぶだうの袋掛      吉田富枝      
 観音をめぐり湖北の余花に逢ふ    吉田富枝 

 純也先生吟。

 潮の香の日がな濃き日の袋掛
 腕よりも指が痛しと袋掛    
 余花訪ね奥駈道をすこし行く    
 余花の宿ランプの宿として知られ    
 トロツコを乗り継いで来し余花の宿     
 
        
 次回 6月9日(土)
 兼題 守宮 萍
                       (報告/吉田富枝)
   


 堺句会(第623回 4月14日開催)報告

 桜の時期もあっというまに過ぎ、句会場の利晶の杜の近くを流れる土居川には
 沢山の鯉のぼりが飾られ風に尾を靡かせています。
 兼題は「薊の花」、「春昼」、席題は「蛤」でした。
 今月は厳選で更に心を引き締めて俳句に取り組まねばと思っています。
 純也先生の特選は6句でした。
 
       
 春昼の啼き合ふ山羊の親子かな  奥野とみ
 誕生日とて蛤のお吸物      見学つや子 
 春昼や遅れしままの花時計    米澤道子    
 春昼のとりとめもなき長電話   畠中俊美      
 春昼の出航のドラ鳴り渡る    畠中俊美      
 蛤を醤油こがして焼きにけり   吉田富枝      

 純也先生吟。
 
                 
 春昼の古大時計一つ鳴る          
 することのあまたある日の春の昼       
 牧仕事そろそろ終り薊摘む           
 花薊馬柵のそばにも遠くにも          
 山羊食めり薊の棘を舌に巻き          
 

 出席は10名、欠席投句が11名でした。

 次回は5月5日(土)、兼題は「余花」と「袋掛」です。
                             (吉田富枝)   


 堺(第622回 3月10日開催)句会報
           
 兼題は「目刺」と「紫雲英」、席題は「蜷」。
 出席者10名、欠席投句者11名、純也先生の特選は9句でした。
                
 純也先生特選
                 
 朝市の目刺のすぐに売切れて     伊藤とし子
 紫雲英田の園児てんでに摘みはじむ  横田昭二   
 産直といひ呼売の目刺焼く      松宮善之     
 足るを知る齢となりて目刺焼く    境 雅秋      
 海の色残る目刺を選りにけり     境 雅秋      
 歯応へのなかなか固き目刺かな    大西桂子      
 げんげ田に入れば一束すぐ摘める   木とし子     
 摘み取る子駆け回る子も紫雲英畑   岡本 戎       
 海の色焦がさぬやうに目刺焼く    木村喜代子 

 純也先生吟

 阪急がれんげ畑を行きし頃
 国分寺国分尼寺もれんげ畑  
 一画は発掘中のれんげ畑     
 目刺の旗並びてみなべ町に入る    
 連泊の民宿今朝も焼目刺         
 
            
 次回は4月14日(土)、兼題は「春昼」と「薊の花」です。
                          (報告/吉田富枝)
 


 堺(第621回 2月10日開催)句会報 
        
 兼題は「針供養」と「野焼く」、席題は「薄氷」。
 出席者10名、欠席投句者11名。純也先生の特選は19句でした。
 
               
 針供養仕立下ろしの紬来て       伊藤とし子  
 守りつぐ休耕田の野焼かな       伊藤とし子    
 ぷるるんと蒟蒻揺らし針納む      境 雅秋      
 薄氷の藁しべ啣へをりにけり      境 雅秋      
 針供養和服の人もちらほらと      田中晃真      
 燻りて一気に燃ゆる野焼かな      横田昭二      
 新妻の着物姿の針供養         佐藤弥澄      
 針供養娘は母に似てきたる       佐藤扶紀子     
 たまに縫ふだけの縫針納めけり     奥 可津女     
 ボタン付けくらゐが出来て針供養    大西桂子      
 とびとびに付けゆく野火のつらなりぬ  米澤道子      
 呉服屋へ寄り道をして針祭る      米澤道子      
 叩かれて先へさきへと野火猛る     畠中俊美      
 針納め和裁学校休講日         高橋雅代      
 連立ちて和服姿の針祭         木村喜代子     
 和裁せし姉の古針納めけり       祝 澤子      
 野を焼きし残り香著き野良着脱ぐ    祝 澤子      
 明日香路や野焼の煙をちこちに     中住笛美      
 折針を溜めし小瓶も納めけり      吉田富枝      

 純也先生吟。
 
            
 仕立師も着付師も来て針供養  
 宮内庁御用職人針供養       
 休耕の使ひやうなき野を焼ける     
 廃線を跨がむとする野焼かな        
 
       
  次回は3月10日(土)、兼題は「目刺」と「紫雲英」です。  
                           (報告/吉田富枝)
   


 堺(第620回 1月13日開催)句会報
        
 一月封切の、堺を舞台とした映画「嘘八百」を見てきました。
 千利休の茶碗をめぐる人々の化かし合いの面白い内容。
 句会場の利晶の杜も登場し、旧堺灯台、阪堺電車、露地など良く知っている場所が
 次々出てきてとても楽しいひと時でした。       

 一月の兼題は「初日」と「雪達磨」、席題は「寒卵」。
 出席者11名、欠席投句者11名、純也先生の特選は9句でした。

 純也先生選

 住吉の松のきらめく初日影     伊藤とし子   
 雪達磨小学校の門にかな      佐藤弥澄     
 いつせいに鳩の翔ちたる初日かな  米澤道子     
 庭の雪掻きあつめては雪達磨    見学つや子    
 卓上に飾るほどなる雪達磨     大西桂子     
 子等帰りひとりぽつちの雪だるま  高橋雅代     
 登校の列を迎ふる雪だるま     木村喜代子    
 六甲の展望台の初日影       西崎ミネ子    
 その頃は見舞と云へば寒卵     吉田富枝     
 
                   
 純也先生吟 

 かばかりの水残し消え雪兎        
 歓迎の旗持たされて雪達磨          
 暮れて着く温泉宿の前の雪達磨          
 星の夜の歩きたさうな雪達磨            
 さるほどに雲振り払ひ初日の出           

 次回は2月10日(土)、兼題は「針供養」と「野焼く」です。
                            (報告/吉田富枝)
 


 堺(第619回 12月9日開催)句会報    
 
 兼題は「煤払」と「浮寝鳥」、席題は「マスク」。  
 出席者11名、欠席投句者12名。純也先生の特選は19句でした。
          
 純也先生選

 煤掃の僧に大きな仏の手       伊藤とし子 
 背高の息子を頼る煤払        伊藤とし子   
 風波に大きく揺らぐ浮寝鳥      伊藤とし子    
 マスクして人目を避けてをりにけり  伊藤とし子    
 煤払小ぶりの竹を伐って来て     奥野とみ     
 風裏に寄り集まりて浮寝鳥      奥野とみ     
 外濠の街騒馴れの浮寝鳥       奥野とみ     
 換気扇まづ取りはづし煤払      松宮善之     
 神棚の小さき鳥居も煤払       見学つや子    
 声聞いてその人と知るマスクかな   境 雅秋     
 小舟ゆく波にゆらめく浮寝鳥     畠中俊美     
 煤掃の腰落ちつけて仏具拭く     米澤道子     
 日照雨して寄り合うてゐる浮寝鳥   米澤道子     
 満席となる煤逃の囲碁クラブ     木村喜代子    
 遠くまで来し煤逃の散歩かな     木村喜代子    
 ふと我に返り羽搏く浮寝鳥      内田陽子     
 マスクして世間を狭くしてをりぬ   祝 澤子     
 煤払終へ夕飯は出前とる       中住笛美     
 朝靄の沖よりうすれ浮寝鳥      吉田富枝     
                
 純也先生吟

 陵の昃ればいよよ浮寝鳥     
 浮寝鳥鳴き交はしつつ暮れなづむ   
 持物の多き神将煤払           
 煤払したるばかりの薄埃           
 
        
 次回は1月13日(土)、兼題は「初日」と「雪達磨」です。    
                             (報告/吉田富枝)
 


 堺(第618回 11月11日開催)句会報 

 会員のお二人がそれぞれ庭で採れた郁子とみかんを持って来てくださいました。
 そこで、この日の席題は「郁子」と「みかん」という10月の季題となりました。
 もぎたての果物は美しく紫と黄が輝いていました。
 食べるには惜しく帰りにみんなで持って帰り家で頂くことになりました。
               
 兼題は「切干」と「冬めく」、純也先生の特選は11句でした。
  
 純也先生特選
                 
 切干の乾く日和の二三日      伊藤とし子
 切干のはやもねぢれる日ざしかな  横田昭二   
 建具替へ座敷一つ気に冬めける   奥野とみ     
 陵のいよよ静もり冬めける     奥野とみ     
 釣人のどこか冬めく後ろかげ    見学つや子    
 手のとどく枝より庭のみかん摘む  見学つや子    
 地下道を吹き抜ける風冬めける   奥 可津女    
 切干の自家用といふ不揃ひも    佐藤扶紀子    
 早戸出の尖りし風の冬めける    内田陽子     
 いつの間に失せ団欒の間のみかん  祝 澤子     
 切干の輪切は糸で軒に吊る     吉田富枝     

 純也先生吟

 身ほとりに風のざわめき冬めきぬ
 なかんづく冬めくものに海の色   
 冬めいて御陵は世界遺産待つ      
 切干にして屑大根ならずとも        
 
    
 出席者10名、欠席投句者10名でした。

 次回 12月9日(土)
 兼題 煤払 浮寝鳥 
                         (報告/吉田富枝)
 


 堺(第617回 10月14日開催)句会報
         
 兼題は「柚子」と「冬支度」、席題が「小鳥」。参加11名・欠席投句12名、
 計23名でした。
 純也先生の特選18句をご紹介します。
             
 取りあへず身の回りより冬支度    伊藤とし子
 天気図に急かされてゐる冬支度    伊藤とし子  
 献立を決め一つもぐ庭の柚子     伊藤とし子    
 整理することから始め冬支度     田中晃真     
 山荘のすこし早めの冬支度      田中晃真     
 もぎたての柚子の香りの夕厨     見学つや子    
 陵の朝靄くぐり小鳥来る       見学つや子    
 除雪車の試運転とて冬支度      佐藤弥澄     
 人頼みすること増えし冬支度     奥野とみ     
 大布団まづ出すことが冬支度     木とし子    
 冬支度ビニールハウス張り替へて   米澤道子     
 冷え性の母の物より冬支度      大西桂子     
 やうやくに取りかかりたる冬支度   木村喜代子    
 いつよりか早め早めの冬支度     内田陽子     
 とりあへず羽織るもの出し冬支度   内田陽子     
 冬支度切羽詰つて始めたる      中住笛美     
 したくなきものの一つに冬支度    岡本 戎       
 御手洗に人ゐぬ時は小鳥来て     吉田富枝     
             
 純也先生吟
               
 半袖も一枚残し冬支度
 印結ひ柚釜に使ふ柚子ならむ
 遠目にもあのでこぼこは柚子ならむ
 柚子もいで明日へ希望ふくらます            

 次回は11月11日(土)、兼題は「切干」と「冬めく」です。
                          (報告/吉田富枝)
   


 堺(第616回 9月9日開催)句会報 
             
 九月の兼題「秋刀魚」は今が漁の最盛期ですが、今年は例年になく不漁だと漁師の
 嘆く様子がテレビで流れていました。         
 東京の目黒の秋刀魚祭も今年は新鮮な秋刀魚が手当出来ず、昨年の冷凍物を使う事
 になったと関係者が取材に答えていました。
 庶民の魚の代表の秋刀魚が高値となり秋の食卓も淋しい限りです。 

 兼題=秋刀魚 爽やか、席題=蜻蛉、 出席者11名 欠席投句者11名でした。  
 純也先生の特選は6句でした。

 爽やかや旅の誘ひにすぐのりて    伊藤とし子  
 亀石の頭に止り赤とんぼ       伊藤とし子    
 爽やかやおしやれ心を取りもどし   米澤道子     
 威勢よき声につられて秋刀魚買ふ   高橋雅代     
 初秋刀魚真一文字に光りけり     内田陽子     
 焦げ目濃き方が美味さう秋刀魚焼く  中住笛美

 純也主宰吟
 

 思ひ切つて出て来し旅の爽やかに  
 奉納の写経百巻爽やかに        
 切るに惜し切らねば焼けぬ秋刀魚かな    
 焼く前に秋刀魚刺身で喰へといふ        
 懐剣の長さを越ゆる秋刀魚かな         
 
   
 次回は10月14日(土) 兼題は「柚子」と「冬支度」です。
                            (報告/吉田富枝) 


 堺(第615回 8月12日開催)句会報 
           
 お盆の前日の猛暑日にもかかわらず皆様には良く来ていただきました。
 この暑さですが会場の利晶の杜は沢山の人で賑わっていました。
 利晶の杜と道を隔てて利休の屋敷跡があります。
 元は千坪以上のお屋敷だったそうですが今は井戸あるのみで50坪くらいです。
 ガイドさんの説明では利休没後色々な人の元を点々として現在の持ち主は裏千家さん
 であると教わりました。

 兼題は「新涼」と「水引の花」、席題は「走馬灯」。
 出席10名、欠席投句は12名、純也先生の特選9句をご報告いたします。
            
 純也先生特選。

 水引の紅点々と咲きのぼる     伊藤とし子  
 水引草先の先まで紅つづる     見学つや子    
 庭隅にこんがらがつて金糸草    奥野とみ     
 ぐつすりと寝て新涼の目覚めかな  横田昭二     
 昃れば水引草を見失ふ       佐藤扶紀子    
 昨日とは打つて変つて秋涼し    内田陽子     
 水引の花点となり線となり     内田陽子     
 気のおけぬ人とただゐて秋涼し   岡本 戎      
 堰音に水引揺るる日もすがら    吉田富枝  

 純也先生吟

 咲いてゐて枯れたる如し水引草  
 返信の一言に涼新たなる       
 水引の紅白もつれなかりけり       
 水引草つういつういとつんつんと       
 木漏れ日に水引の穂の消えてなし        
 
      
 次回 9月9日(土)
 兼題 秋刀魚 爽やか 
                           (報告/吉田富枝)
 


 堺(第614回 7月8日開催)句会報
         
 兼題は「夜店」と「極暑」、席題が「初蝉」でした。
 出席者11名、欠席投句者10名、純也先生の特選は17句でした。
                    
 雨上りばたばた解く夜店の荷      伊藤とし子
 極暑にも耐へねば生きてゐる限り    伊藤とし子  
 ひとり居の老躯苛む極暑かな      伊藤とし子  
 当て物にはずれ泣き出す夜店の子    境 雅秋   
 ねだられてひよこを買ひし夜店かな   境 雅秋   
 撫でらるる夜店の兎おとなしく     松宮善之   
 静脈の手首に浮かぶ極夏かな      田中晃真   
 永らへし命の際の極暑かな       見学つや子  
 なんとなく何買ふとなく夜店見る    見学つや子  
 初蝉のふと陵のあたりより       見学つや子  
 寄り合うて夜店のひよこ啼くばかり   奥野とみ   
 ざりがにをおまけに貰ふ夜店かな    米澤道子   
 親の手をふり切り巡る夜店かな     米澤道子   
 焼きそばのソースの匂ふ夜店かな    奥 可津女  
 綿菓子のきらきら太る夜店かな     内田陽子   
 何を買ふつもりなけれど夜店の灯    内田陽子   
 初蝉の日の出待ちかね鳴き出しぬ    吉田富枝

 純也先生吟
 
 一ト賑はひすめば夜店も終り頃
 あきらかにまがひものなる夜店かな
 参道のだらだら坂の夜店かな     
 常夜灯より電気引く夜店かな       
        
 次回 8月12日(土)
 兼題 新涼 水引の花   
                        (報告/吉田富枝)