夙川句会    兼題句会(席題あり)雑詠可
 定例日=第一木曜日
 句会場=夙川・西田公園内管理センター

 夙川句会(6月7日開催)主宰選報告

 前日、関西地方は梅雨入りしたばかりですが、昨日の雨もすっかり上がって、
 お昼過ぎからは青空も見えてきました。
 句会場の真隣の窓際の梨の大木には、ピンポン球大の青々とした実がびっしり
 と生っていました。

 今月の兼題は「風薫る」と「馬鈴薯の花」でした。
 清記順に特選句をご紹介いたします。

 主宰選

 馬鈴薯の花の果てまで開拓地   杉本蒼生子
 退院の朝の窓辺の風薫る     斎藤妙子
 薫風に快気祝はれをりにけり   堂前悦子
 馬鈴薯の花地平線まで続く    奥田花珠子
 ペダル漕ぐ少女の髪に風薫る   石井順恵
 馬鈴薯の花に開墾偲びけり    岡澤ひろみ
 馬鈴薯の花一面の丘続く     杉アよしこ
 地平線まで馬鈴薯の花ざかり   竹村元秀

 主宰吟

 馬鈴薯の花咲き北の大地かな
 馬鈴薯の花咲く大地人を見ず
 悲話秘めて馬鈴薯の花咲きにけり
 休日の川風薫る中之島

 次回7月5日(木)の兼題は「アイスクリーム」と「清水」です。
 皆様のご出席、ご出句をお待ち致しております。
                      (レポート 岡澤ひろみ)
 


 夙川句会(5月10日開催)主宰選報告

 晴天の西田公園を、眩しいほどの若葉がすっぽりと包みこんでいました。
 今月は定例の3日が祭日に当り、振替の2週目の句会日となりました。
 その日は、選者の田中由子先生がご用の為にお休みされましたので一句評を発
 表して、無事に句会を終えることができました。

 今月の兼題は「若葉」と「飛魚」でした。清記順に特選句をご紹介致します。

 主宰選

 捨てられし峡の棚田の若葉冷    長安悦子
 折紙を広げるやうにとびを干す   山内茉莉
 天草の島々かけてあご飛べり    杉本蒼生子
 旧館の壁一面の蔦若葉       鎌野光子
 船旅の先へ先へと飛魚とぶ     伊藤とし子
 飛魚の飛べる姿に焼きあがる    長安悦子
 若葉して有馬富士とは高からず   杉本蒼生子
 木漏れ日の図書館までの若葉道   倉員祥子
 つつまれて新居落ち着く若葉かな  斎藤妙子
 なほ奥へ沢音たどる渓若葉     岡澤ひろみ
 おのづから輝いている若葉かな   長安悦子 

 主宰吟

 降り抜いて若葉やしなふ雨ならむ
 飛魚のフェリー先導するごとく

 次回6月7日(木)の兼題は「馬鈴薯の花」と「風薫る」です。
 皆様方のご参加をお待ち申し上げております。
                      (レポート 岡澤ひろみ)
 


 夙川句会(4月5日開催)主宰選報告

 雨の上がった西田公園は、まぶしい若葉と丁度満開になったばかりの八重桜や
 躑躅、三椏、枳殻そして梨の花と、一気に春の花々が苑に咲き満ちていました。

 今月の兼題は「入学」と「乗込鮒」でした。清記順に特選句をご紹介致します。

 主宰選

 春鮒のよく釣れてゐる湖日和    杉本蒼生子
 仲良しは隣のクラス入学児     倉員祥子
 物怖ぢもせず先頭の入学児     伊藤とし子
 母の手を離せぬままの入園児    織作香代
 乗込みの鮒の勢ひの藻を揺らす   杉本蒼生子
 引つ越して来し子とともに入学す  倉員祥子
 沼底を乗込鮒の濁らせて      鎌野光子
 乗込みの鮒を目当ての釣支度    伊藤とし子
 竿すてて乗込鮒を掴み取る     斎藤妙子
 泥上げて乗込鮒の茜色       山内茉莉
 入学や故郷いよよ遠くして     杉本蒼生子
 濁り江の乗込鮒の見えかくれ    織作香代
 乗込鮒支流の底を濁しつつ     吉本隆太郎
 スキップしをしながら帰る入学子  長安悦子
 乗込の鮒騒ぎゐる水際かな     杉崎よしこ
 泥煙上げて乗込鮒群るる      越後寿子
 夜も騒ぐ乗込鮒の水しぶき     斎藤妙子
 有休の父の付き添ひ入学式     櫻井俊治
 水筒の必需品なる入学児      倉員祥子
 乗込や見慣れし田川さざめきて   越後寿子
 入学を写真の祖母に告げにけり   西山洋美
 春の鮒砂濁しつつ遡る       吉本隆太郎
 まづ習ふ交通ルール入学児     山田綾子
 乗込鮒群るる湾処の一トところ   杉崎よしこ

 主宰吟

 乗込の湾処へ迷ひ込みにけり
 乗込の湾処にせめぎ合へにけり
 野球部に見込まれてゐて入学子

 次回の夙川句会は 
5月10日(第二木曜日)に変更 となっております。
 兼題は「若葉」と「飛魚」です。皆様のご参加をお待ち致しております。
                       (レポート 岡澤ひろみ)
 


 夙川句会(3月1日開催)主宰選報告

 前夜の春の嵐が一気に去って、まだまだ春一番の風が残るものの何とか良い天候
 に恵まれた句会になりました。
 万葉植物苑へ坂を上って行くと、満開の白梅と濃紅梅が目に飛び込んできました。
 風にあおられて淡い梅の香りも漂ってきました。

 二日後の雛の日を控えて、田中由子さんがご持参くださった雛の数々や雛あられ
 も窓際に飾り、豆雛やミニの雛段を眺めながら嘱目吟をする人もあって、和やか
 な、華やいだ3月の句会となりました。
 句会後には、いつものように雛祭りの唄を斉唱!!

 今月の兼題は「春の雪」と「雲雀」でした。
 清記順に特選句をご紹介いたします。

 主宰選

 揚雲雀標野の空をほしいまま    吉本隆太郎
 揚雲雀目まひするほど空高く    石井順恵
 開きたる句帳に消えし春の雪    奥田花珠子
 片時も雲雀鳴かずにをれぬかに   杉本蒼生子
 庭下駄を濡らしては消え春の雪   米澤道子
 春の雪止みて街騒戻りけり     倉員祥子
 天辺を極めに揚がる雲雀かな    吉本隆太郎
 信号の色の滲める春の雪      横田昭二
 積るほどなく春雪のひとしきり   伊藤とし子
 上りつめ天に消えたる雲雀かな   杉崎よしこ
 若狭路の旅の終りの春の雪     斎藤妙子
 揚雲雀飛鳥の里を俯瞰して     酒井 宏
 川風に声のとぎれて夕雲雀     西山洋美

 主宰吟

 淡雪やそれとなく知る吾子の恋
 永訣の日の朝よりの春の雪
 子の恋の終りし夜の春の雪
 地には消え苔には残り春の雪
 あなどつてをられなくなり春の雪

 次回4月5日(木)の兼題は「乗込鮒」と「入学」です。
 皆様のご参加をお待ち申し上げます。
                       (レポート 岡澤ひろみ)
 


 夙川句会(2月1日開催)主宰選報告

 目の前に春が近づいているものの、今日は一日中朝からの冷たい雨が降り続いて
 冷え込む寒い句会日となりました。
 句会後には寒さを吹き飛ばすかのように、恒例の「豆撒」をして楽しみました。
 鬼のお面、小袋に入った豆、枡等々、由子先生の用意周到なお計らいで福の豆を
 撒き合う皆の笑顔は、すっかり童心に戻ったようでした。

 今月の兼題は「絵踏」と「黄梅」でした。清記順に特選句のご紹介を致します。

 主宰選

 眼閉じ絵踏せし身のくづほるる   石井順恵
 主の赦し信じて向かふ絵踏かな   櫻井俊治
 春節の銅鑼の響きて迎春花     越後寿子
 生き残るための踏絵をためらはず  伊藤とし子
 天仰ぐ顔歪む踏絵かな       岡澤ひろみ
 慈眼もて踏めと促す聖母像     石井順恵
 青ざめて遊女よろめく踏絵かな   杉本蒼生子
 絵踏して今に続きし血筋かな    斎藤妙子
 今の世に踏絵の汚れ残りたる    越後寿子
 晴れてゐる風の冷たき迎春花    伊藤とし子
 ためらひの足強張りし踏絵かな   米田静枝
 絵踏みして密かにこぼす涙かな   横田昭二
 妻子守り家守るための踏絵かな   岡澤ひろみ
 踏絵して足裏に消えぬ疼きかな   吉本隆太郎
 絵踏せし膝の震へのをさまらず   櫻井俊治
 迎春花虚子生誕日近づけり     田中由子
 絵踏なき世の聖堂に弥撒を受く   奥田花珠子
 十字切り毅然と絵踏拒みけり    岡澤ひろみ
 沈黙を破る神なき踏絵かな     田中由子
 絵踏済み安堵の顔の揃ひしや    山田綾子
 唇を噛みて絵踏を拒みけり     西上禎子
 踏絵遺す平戸は今日も波荒し    山田綾子

 次回3月1日(木)の兼題は「春の雪」と「雲雀」です。
 皆様のご参加をお待ち申し上げます。よろしくお願い申し上げます。
                      (レポート 岡澤ひろみ)  


 夙川句会(1月4日開催)主宰選報告

 まだまだ屠蘇気分の抜けきらない4日の初句会となりました。
 晴れ渡った西田公園は静もり返っていました。
 女性は来客等で忙しい三が日の後ですが、よく皆様ご参加下さいました。
 句会場には、由子先生のご持参のミニ羽子板や門松を飾り、皆で葩餅と昆布茶を
 頂きながら、平成30年度の新年のスタートをきりました。

 今月の季題は「初便」と「裏白」でした。
 清記順に特選句のご紹介をいたします。

 主宰選

 羽子板の弁慶富樫並び立つ    廣瀬照子
 初鏡昨日と違ふ顔がある     山内茉莉
 失名の推し量れざる賀状かな   西上禎子
 裏白の山の香ひろげつつ飾る   米澤道子
 初便旅の写真を入れもして    倉員祥子
 達筆に達者な絵添へ初便     廣瀬照子
 裏白に山の匂ひの残りけり    酒井 宏
 添書の十七文字の初便      米澤道子
 裏白の先欠くるなきちぢれかな  西上禎子
 恙なきことが何より初便     伊藤とし子

 主宰吟

 初便ニューヨークよりシカゴより
 婚約のはたおめでたの初便 
 裏白のたちまち乾きそめにけり
 裏白を敷けばかまぼこ改まる

 次回2月1日(木)の兼題は「黄梅」と「踏絵」です。
 皆様のご参加をお待ち致しております。
                      (レポート 岡澤ひろみ)
    


 夙川句会(12月7日開催)主宰選報告

 今年の納め句座の日は二十四節気の「大寒」にあたりました。
 大阪では今年一番の冷え込みになって初氷が見られたようです。
 でも、午後からは風もなくて、暖かな日差しの注ぐ園庭では落葉掃除のブロアー
 の音が響いていました。
 句会後はすぐ近くの中国料理店で忘年会を披き、一年の締めくくりをしました。

 今月の兼題は「粕汁」と「毛布」でした。
 「類想多すぎ」とのご指摘がありながらも沢山の入選句を頂きました。
 清記順に特選句をご紹介いたします。

 主宰選

 稚内目指す夜汽車の毛布かな     越後寿子
 奈良漬の老舗に買ひし酒の粕     長安悦子
 贈られて仕舞ひしままの毛布かな   杉本蒼生子
 絞りたてなる酒粕の重さかな     山内茉莉
 うたた寝の誰がかけくれし毛布とも  倉員祥子
 粕汁をふきつつ潤む眼かな      米田静枝
 好物の粕汁今日も明後日も      西山洋美
 母の味継ぎし粕汁なりしかな     堂前悦子
 粕汁に足の先まで温もりぬ      杉本蒼生子
 老ゆる身に電気毛布の馴染みけり   吉本隆太郎
 色柄に老若のなき膝毛布       長安悦子
 法話聞く婆の持参の膝毛布      米澤道子
 倒れ込むランナーくるむ毛布かな   長井良孝

 主宰吟

 粕汁に新発意頬を染めにけり
 お精進なれど粕汁具だくさん

 次回は1月4日(木)で、兼題は「初便」と「裏白」です。
 お正月気分の抜けきらない日ですが、皆様のご参加をお待ち申し上げます。
                          (レポート 岡澤ひろみ)


 夙川句会(11月2日開催)主宰選報告

 句会場までの西田公園の坂道も辺りも、取り囲む樹々の紅葉で一段と明るく照ら
 されていました。
 そんな小春日和の句会日となりました。

 今月の兼題は「一茶忌」と「時雨」でした。清記順に特選句をご紹介いたします。

 主宰選

 時雨にも濡れて足りたる伊賀の旅    藤堂くにを
 嵯峨野路の籔騒がせて時雨れけり    堂前悦子
 ふる里へ向ふ伊賀路の時雨かな     米澤道子
 さしかかる峠昏めて時雨れけり     岡澤ひろみ
 傘持ちて時雨覚悟の京歩き       松井ます子
 時雨るるや枯れはじめたる花時計    酒井 宏
 一茶忌や軒端に騒ぐ雀減り       岡澤ひろみ
 又しても小督の墓の時雨れけり     奥田花珠子
 一茶忌や少しいびつな柿を剥き     山田綾子
 しぐるるや数珠屋四郎衛兵戸を降ろし  西上禎子
 時雨傘携へ京に遊びけり        田中由子
 一茶忌やつひの棲家の土間暗く     斎藤妙子
 時雨傘ささずに外湯めぐりけり     吉本隆太郎

 主宰吟

 祇王寺へ近道とれば時雨れけり
 比叡山そこに見えゐて時雨れけり
 一茶忌や雀に仏供を施して
 一茶忌や路地にも雀少なくて

 次回12月7日(木)の兼題は「粕汁」と「毛布」です。
 今年最終の夙川句会となります。
 皆様のふるってのご参加をお待ち申し上げております。
                        (レポート 岡澤ひろみ)
 


 夙川句会(10月5日開催)主宰選報告

 10月に入った西田公園では、入口にある大きな桜の紅葉がまず目に入って来ま
 した。
 虫の声も微か乍ら聞こえてきましたが、暑かった一ヶ月の間にも季節は確実に移
 ろいを始めていました。

 今月の兼題は「秋惜しむ」と「林檎」でした。
 清記順に特選句をご紹介いたします。

 主宰選

 難題は先に延ばして林檎剥く     酒井 宏
 どんぐりのころがつてゐる方位盤   奥田花珠子
 天守より水都の秋を惜しみけり    吉本隆太郎  
 訳ありの林檎ことことジャムに煮る  岡澤ひろみ
 津軽富士見えて林檎の国に入る    藤堂くにを
 敦盛の首塚に秋惜しみけり      酒井 宏
 美術館巡りの旅に秋惜しむ      櫻井俊治
 仏壇の下げし林檎に皺少し      廣瀬照子
 
?ぎたての林檎の温み手に残る     斎藤妙子
 ひとり来て嵯峨野の秋を惜しみけり  杉本蒼生子
 歪なるお買ひ得とふ林檎かな     石井順恵
 朝仕度先づは林檎を剥きにけり    浅田千津子

 主宰吟

 暮れて着くフェリーに秋を惜しみけり
 最終の渡舟に秋を惜しみけり
 誘ひ合ふ如くに林檎色づきぬ

 次回11月2日(木)の兼題は「時雨」と「一茶忌」です。
 皆様方のご参加をお待ち申し上げております。
                     (レポート 岡澤ひろみ)
 


 夙川句会(9月7日開催)主宰選報告

 朝から秋雨が降ったり止んだりという句会日になりました。
 木の実を期待して行った万葉植物苑でしたが、句会場の窓から見える梨の実も、西
 の出入口の側の棗の実も、見事に一粒も残っていませんでした。
 鴉や鳥が木の実を食いちぎって庭を汚すのを嫌がって、園丁さんがきれいに取って
 しまわれたようです。
 あれ程の豊作の実をもぎ取るのには、手間暇かかったことでしょうが、淋しい限り
 です。

 今月の兼題は「根釣」と「秋彼岸」でした。清記順に特選句をご紹介いたします。

 主宰選

 遠目にも棚田色づき秋彼岸     斎藤妙子
 地震の跡古りし港の根釣かな    倉員祥子
 庭草を摘みて供華とす秋彼岸    櫻井俊治
 小舟より岩に降り立つ根釣人    越後寿子
 ふる里に血縁絶えし秋彼岸     藤堂くにを
 風通る秋の彼岸の仏間かな     西山洋美
 根釣てふみな閑人に見ゆるもの   藤堂くにを
 なんとなく座す岩決まる根釣かな  石井順恵
 かるがると荒磯伝ふ根釣人     杉本蒼生子
 槙の実の白く粉ふき秋彼岸     越後寿子
 手作りの浮子が自慢の根釣人    米澤道子
 ふる里の空澄み渡る秋彼岸     西山洋美

 主宰吟

 昃りぐせつきし山の日秋彼岸
 渦巻いて潮の満ち来る根釣かな

 次回10日5日(木)の兼題は「林檎」と「秋惜しむ」です。
 皆様のご出席とご出句をお待ち申し上げております。
                          (レポート 岡澤ひろみ)  


 夙川句会(8月3日開催)主宰選報告

 蝉時雨が暑さを一層煽っているような万葉植物苑での8月の句会となりました。
 会場のすぐ脇にある棗には、枝が撓るほどのうす緑の実がたわわに生っていました。
 10月ともなると棗の実は赤銅色になって、りんごを思わせるような甘酸っぱい味
 がすることでしょう。

 今月の兼題は「蜩」と「硯洗」でした。
 清記順に純也主宰の特選句をご紹介いたします。

 主宰選

 奥の院とて蜩の啼くところ     藤堂くにを
 聴き入れば我に蜩語る如      長井良孝
 一ト雨の去りて蜩鳴き揃ふ     米澤道子
 洗ひたる硯におろす有馬筆     藤堂くにを
 ボランティア誰も暑きこと言はず  奥田花珠子
 蜩や夕餉の早き坊泊り       櫻井俊治
 しばらくは漬け置き洗ふ硯かな   安達華子
 日展を目指し硯を洗ひけり     櫻井俊治
 仮名用の小さき硯洗ひけり     山内茉莉
 蜩の水引くやうに寄すやうに    越後寿子
 蜩の声の寄せては返しては     長安悦子
 硯洗ふ欠けたる角を労りて     斎藤妙子
 硯洗ふ晩学もまたたのしくて    奥田花珠子

 主宰吟

 伝来のゆゑは分からぬ硯洗ふ
 拝領の硯と伝ふ洗ひけり
 塾の子ら硯洗へる寺の井戸
 箱書に由緒の硯洗ひけり
 蜩の響み競へる杉木立

 次回9月7日(木)の兼題は「根釣」と「秋彼岸」です。
 皆様のご出句とご出席をお待ち申し上げております。
                       (レポート 岡澤ひろみ)  


 夙川句会(7月6日開催)主宰選報告

 メディアを通して思いもよらない大きな台風被害が伝わってくる中ながら幸いにも
 夙川の辺りは朝から蒸し暑い梅雨の晴間となりました。
 明日の七夕を控えた句会当日は、恒例の七夕笹にそれぞれの願い事や俳句を認めて
 句会場の窓辺に結わえました。
 田中由子先生が事前に笹をご予約下さっていましたのでみずみずしいぴんと伸びた
 葉っぱに、句会が始まるまでの短い間にその場でこしらえた飾りと短冊を次々と結
 わてゆくと、部屋はすっかり七夕気分に!!
 句会後は「ささのはさ〜らさら、、、、」と全員で合唱して童心に戻りました。
 七夕笹は地域のお店に飾らせて頂いて、後日、越木岩神社に納めて頂けるいうこと
 でした。
 翌日7日はよく晴れた七夕となりました。

 7月の兼題は「飴湯」と「朝曇」でした。清記順に特選句をご紹介いたします。

 主宰選

 産寧坂あめ湯の幟はためいて      鎌野光子
 朝曇ぽんぽん蒸気水蹴りて       越後寿子
 お腹にと飴湯欠かさぬ昔かな      清水多憙子
 飴湯のむやはり生姜を入れてこそ    堂前悦子
 糠床に足す糠を炒る朝曇        杉アよしこ
 シュノーケルはづし飴湯を飲みにけり  長安悦子
 浜茶屋に遊び疲れの飴湯飲む      伊藤とし子
 シナモンの香りの強き飴湯かな     杉アよしこ
 研ぐ鎌の鈍く光て朝曇         越後寿子
 山番の水汲みに来る朝曇        斎藤妙子
 田廻りを早目にすまし朝曇       石井順恵
 靄がかる明石大橋朝曇         杉本蒼生子
 街騒のすでに聞ゆる朝曇        吉本隆太郎
 幼児のしやうがを抜きの飴湯かな    長安悦子
 できたてを吹いて手渡す飴湯かな    安達華子
 登りきて峠の茶屋の飴湯かな      酒井 宏
 子の口に合ひし飴湯の冷め加減     安達華子
 陰干の薬草にほふ朝曇         斎藤妙子
 生姜効き後味のよき飴湯かな      横田昭二
 放牧の島の台地の朝曇         杉アよしこ
 朝曇してゐるうちの一仕事       清水多憙子

 主宰吟

 集塵車臭ひのこして朝曇

 次回8月3日(木)の兼題は「蜩」と「硯洗」です。
 皆様のご出席とご出句をお待ち申し上げております。
                         (レポート 岡澤ひろみ)
 
 











俳句「山茶花」のホームページです