夙川句会    兼題句会(席題あり)雑詠可
 定例日=第一木曜日
 句会場=夙川・西田公園内管理センター

 夙川句会(5月4日開催)主宰選報告

 例年のことながら、第一週目の木曜日が定例日に当たっている夙川句会はゴールデン
 ウイークの最中に開くようになります。
 夏日の陽気に包まれた西田公園は、新緑の中、八重桜が坂道に散り敷いていてヤマボ
 ウシやハナミズキが涼し気な白い花を付けていました。
 連休にも関わらず出席者が26名とかつてない数に、満席の緊張感が漂った句会とな
 りました。
 翌日5日の子供の日を控えて、由子先生が鯉幟を3竿ご持参下さり、すぐさま開き、
 窓の風を捉えて、スイスイと気持ちよく泳ぎ出しました。
 即吟にも慣れるようにとのお計らいでした。

 細領巾の
  鷺坂山の
   白躑躅
 われににほはね
  妹に示さむ           (しろやしお)
              柿本人麻呂歌集  巻9ー1694

 「しろやしお」はツツジの一種で、日本にはツツジの野生種は多く、ツツジ類を落葉
 するかしないかで分けてみますと、ミツバツツジやレンゲツツジのように、冬には完
 全に落葉するものと、エゾムラサキツツジやサタツツジのように常緑性のものと、モ
 チツツジやサツキ、ヤマツツジのように、この中間で半落葉性のものがあります。
 常緑性の葉は、春に展開せずに夏に展開したものです。
 春に出た葉は秋に落葉し、夏に出た葉だけが越冬します。
 一方開花と展葉からみますと、ミツバツツジは葉の展開に先立って開花します。
 レンゲツツジやヤマツツジ、ミヤマキリシマなどは花と葉とがほぼ同時に開花展葉し
 ます。また、サツキツツジやアマギツツジなどは、葉が展開した後に開花します。
 万葉集に取り上げられているこれらのツツジは、野生のヤマツツジ系のツツジと思わ
 れますが、野生のものでは白花系のものは少ないのです。
 全国の山野のものでは白色のは少なく、全国に広く分布しているヤマツツジの基本色
 は赤色で、まれに白色、紅紫色、朱紅色のものが見られます。
 関西でツツジと言っているものの多くは、ミツバツツジ系のものですが、これも基本
 色は紅色です。

 今月の兼題は「春惜しむ」と「花茨」でした。清記順に特選句のご紹介を致します。

 主宰選

 また一つ齢重ねて春惜しむ       杉本蒼生子
 山菜もいつしか闌けて春惜しむ     鎌野光子
 あてもなく時刻表繰り春惜しむ     伊藤とし子
 病み上り日記空白春惜しむ       松井ます子
 山下る荷駄に一枝の花茨        櫻井俊治
 磨かれし柾目の机みどりの日      山田綾子
 ロッジへと続くなぞへの花茨      米田静枝
 番屋へと道細くなり花茨        奥田花珠子
 惜春の障子開けたりとざしたり     中西以佐夫
 カレンダー一枚めくり春惜しむ     越後寿子
 御朱印の数を重ねて春惜しむ      櫻井俊治
 花茨蕪村の句碑を訪ねんか       長安悦子
 野茨の花の匂へる棚田道        西山洋美
 春惜しむ御苑の芝に腰下ろし      松澤新陽
 川岸へ下りゆく道の花茨        二熊陸平
 洋館のアーチ仕立ての花茨       山内茉莉
 マスターのシェーカーの音に春惜しむ  竹村元秀
 せせらぎに沿ひゆく径の花茨      杉アよしこ
 洛外の門跡寺訪ひ春惜しむ       長安悦子
 存へて傘寿の春を惜しみけり      櫻井俊治

 主宰吟

 惜春の大溜息をつきにけり
 昆布〆の鯛の甘さに春惜しむ
 さまざまなことを心に春惜しむ
 教会へ茨の花の咲く小径
 憂ひなき人はあらじな花茨

 次回6月1日(木)の兼題は「通し鴨」と「麻のれん」です。
 皆様方のご出席とご出句をお待ち致しております。
                        (レポート 岡澤ひろみ)  


 夙川句会(4月6日開催)主宰選報告

 今年の桜の開花が遅くなったお蔭で、句会の日には夙川沿いの桜が見事に満開を迎え
 ていました。
 散りそめる花片も見当たらず、地面に落ちている花はといえば、小鳥たちが蜜を吸う
 ために花の根本から突いて花ごと落としたものだけでした。
 夕方からの雨の予報に、お昼頃の夙川の堤は人出で大混雑していました。
 以前にお伝えしました西宮市のオリジナルの「夙川舞桜」も、八分咲で大きな白い花
 を沢山付けていました。
 この桜は夙川周辺の桜から自然交配で生まれたオリジナルの花なのですが、ソメイヨ
 シノに混じって案内札が掛かっていなければ見過ごしてしまいそうな若木です。
 句会が終わる頃に雨が降り出しましたが、タイミング良く、きれいな今年の桜を観る
 ことのできた幸せ感に満たされました。

 今月の兼題は「仔馬」と「苺の花」でした。清記順に特選句をご紹介致します。

 主宰選

 物怖ぢぬ仔馬の父は三冠馬     松澤新陽
 耳立てて賢さうなる仔馬の眼    斎藤妙子
 馬の仔の何に驚き跳ねにける    杉本蒼生子
 母に似し眉間の白毛仔馬にも    松澤新陽
 妖精の住むとふ森の花いちご    櫻井俊治
 開けてあるビニールハウス花苺   西山洋美
 馬の仔の遠まなざしの山日和    米田静枝
 母馬に舐められ立ちし仔馬かな   杉崎よしこ
 鼻筋の真白き仔馬あどけなく    吉田敦子
 闖入の羊を追ひて仔馬跳ね     越後寿子
 敷藁の嵩高にして花苺       竹村元秀
 親馬に寄り添ひ跳ねる仔馬かな   清水多憙子
 母馬の鼻に撫でられ仔馬立つ    斎藤妙子
 風荒き岬を駆くる仔馬かな     杉崎よしこ
 花いちご青き実のつく鉢を買ふ   織作香代
 尾を振つて遠まなざしの孕み馬   杉本蒼生子

 主宰吟

 荒駒の気性の見ゆる仔馬かな
 撫でられてうつとうしげな仔馬かな

 長岡京市から藤堂くにをさんが初参加下さいました。

 次回5月4日(木)の兼題は「茨の花」と「春惜む」です。
 連休中ですが、皆様のご出席とご出句をお待ちいたしております。
                        (レポート 岡澤ひろみ)
     


 夙川句会(3月2日開催)主宰選報告

 3月に入ったばかりの万葉植物苑の梅は、まだまだ白や紅の色が褪せることなく満開の
 まま2日の句会日を迎えてくれました。
 園芸用のピンク色の可愛い馬酔木も満開で、苑に花の春の訪れを告げていました。
 句会場は明日の雛祭りに向けて、ミニの雛飾りをテーブルの上に飾ったり、桟俵の雛や
 雛の絵やらで、すっかり雛の部屋に変身してしまいました。
 句会後は雛祭りの歌を全員で斉唱〜いつまでも歌い続けたいものです。

 今月の兼題は「山笑ふ」と「立子忌」でした。特選句を清記順にご紹介いたします。

 主宰選

 山笑ふ通行止の除かれて       長安悦子
 立子忌や和服で歩くパリの街     石井順恵
 さりげなく野の花咲けり立子の忌   奥田花珠子
 ままごとの土筆幼なく立子の忌    西山洋美
 その昔狼煙揚げたる山笑ふ      岡澤ひろみ
 軽装のハイカー増えて山笑ふ     吉本隆太郎
 分校に子の声もどり山笑ふ      杉アよしこ
 山頂の意外に広し山笑ふ       櫻井俊治
 暮れなづむままごと遊び立子の忌   竹村元秀

 主宰吟

 久々に窓を開ければ山笑ふ
 嗤ふ山ほほゑめる山連なれる
 立子忌や赤鉛筆は折れやすく
 立子忌や句会おっほかた女性にて

 今月より神戸市東灘区在住の酒井 宏さんがご参加下さっています。

 次回4月6日(木)の兼題は「仔馬」と「苺の花」です。
 句会日は、夙川の桜がきれいに咲いている頃と思います。
 花見を兼ねて、皆様のご出席とご出句をお待ち致しております。
                        (レポート 岡澤ひろみ)
 


 夙川句会(2月2日開催)主宰選報告

 二日後にはもう立春という日の開催、日差しには明るさが増しつつもまだまだ寒さ厳
 しい一日でした。
 万葉植物苑の庭の白梅紅梅がそろそろ咲き出しました。
 1月には1、2輪咲いているのが見つかりましたが、寒さに押されて3分咲といった
 ところです。
 後日、朝日新聞の天声人語に「『春告草』と呼ばれる梅は、その花の色合いがかくも
 豊富である。つやのある明るい紅色は『本紅』であり、つぼみはピンクで咲くと白い
 色になる花は『移白』(うつりじろ)と言われる。
 反対に白から紅色になる『移紅』(うつりべに)もある。」と記されていました。
 果たして万葉植物苑の梅はどうだったのか、簡単に白梅紅梅と呼んでしまっていたこ
 とに、俳人としての観察力の不足を思い知らされた次第です。
 明日の節分を控えて、窓やらホワイトボードに鬼の面を飾り付けて、句会後には皆で
 揃って豆撒をして(由子先生のお計らい)賑やかにプレ節分を楽しみました。

 2月の兼題は「凍解」と「竹馬」でした。清記順に特選句をご紹介いたします。

 主宰選

 踏み出せぬ竹馬父が見守れり    山田綾子
 分校の子等の竹馬皆上手      奥田花珠子
 竹馬のやつと踏み出す第一歩    長安悦子
 竹馬をこなし一輪車に挑む     櫻井俊治
 凍解の池に顔出す真鯉かな     吉田敦子
 竹馬の前のめりして駆け廻る    斎藤妙子
 白梅の香りのほどに咲いてゐず   山内茉莉
 竹馬の屁つ放り腰を撮られけり   長井良孝
 竹馬に乗れしと書きて子の日記   倉員祥子
 竹馬の足音左右そろふなく     中西以佐夫
 すぐに飽き納屋に竹馬転がれる   二熊陸平
 竹馬に本気となりし靴を脱ぐ    田中由子
 つんのめりつつ竹馬の調子付く   岡澤ひろみ
 竹馬の鳩を翔たせて闊歩せる    杉本蒼生子
 竹馬にオリンピックはなけれども  山田綾子
 前のめりしつつ竹馬一歩づつ    織作香代
 竹馬の一歩なかなか踏み出せず   斎藤妙子
 竹馬に馴れて広ごる歩幅かな    櫻井俊治
 竹馬の犬に吠えられ転びけり    杉本蒼生子

 主宰吟

 竹馬に乗つてこんなに遠くまで
 竹馬に転びし記憶蘇る
 竹馬に乗りしままなる家路かな
 一
夜さに凍の解けたる牧場かな
 凍解の大地きしむが如くなる

 次回3月2日(木)の兼題は「山笑ふ」と「立子忌」 です。
 皆様方のご出席とご出句をお待ち致しております。
                         (レポート 岡澤ひろみ)
 


 夙川句会(1月5日開催)主宰選報告

 昨年末から正月にかけて、春先のような温かな日が続いた影響かも知れませんが、早々
 と日当りのよい梅の木に一輪の白梅が楚々と咲いていました。
 ところが5日の夙川句会は一変して寒い初句会となってしまいました。
 そんななか、いつもの俳人の元気な顔ぶれが揃って、干支の和菓子などを頂きつつ祝賀
 を述べて句会が始まりました。
  「御降」と「鏡餅」の目出度い兼題に、沢山の佳句が詠まれました。
 句会後は、一駅歩いて「愛蓮」にて新年会を催し、「年のはじめのためしとて〜」を合
 唱してお開きとなりました。

 今月の特選句を清記順にご紹介いたします。

 主宰選

 御降の庭木を少し濡らすほど   櫻井俊治
 お降や鈴の緒湿るほどもなく   田中由子
 鏡餅罅を後へ廻しけり      石井順恵
 橙の転げ癖ある鏡餅       米澤道子
 御降の予報どほりにすぐ止みぬ  石井順恵
 お降の音とはならず止みにけり  西山洋美
 ひび割れは合点のことよ鏡餅   倉員祥子
 鏡餅かざり国際線ロビー     中西以佐夫
 本尊の前に対なす鏡餅      櫻井俊治
 荒神の棚に小さき鏡餅      斎藤妙子
 奉納の少し小ぶりの鏡餅     長安悦子
 御降に枝の神籤の濡れはじむ   櫻井俊治
 寒に入る日差に風の募りきて   田中由子
 庭苔の御降らしきしめりかな   伊藤とし子
 お降の雪に変りし夜の静寂    堂前悦子
 置床の鏡餅とし小さくとも    山内茉莉
 パソコンのよこに小さき鏡餅   中西以佐夫
 お降の霰まじりの音となる    西山洋美
 御降の松葉に残る雫かな     清水多憙子 
 ひと臼はまづ鏡餅作るべく    鴨川加奈子
 袖を振ることが嬉しく春着の子  奥田花珠子

 主宰吟

 方丈の雪隠にまで鏡餅
 鏡餅置きあるバーのカウンター
 使はざる井戸にも供へ鏡餅
 鏡の間なる神棚の鏡餅

 今月より織作香代さんがご出句下さっています。まことににありがとうございます。
 次回2月2日(木)の兼題は「竹馬」と「凍解」です。
 皆様のご出席とご出句をお待ち致しております。
                       (レポート  岡澤ひろみ)
 


 夙川句会(12月1日開催)主宰選報告

 昨夜の雨もすっかり上がった暖かな師走の句会となりました。
 雨に散った木の葉を踏みしめながら西田公園の坂を登って行くと南京櫨の真っ白な実
 を烏が盛んに啄んで実を落としていました。
 すっかり葉を落とした樹々や黄葉の大木、まだたっぷりっと紅葉を留めた木々などに
 明るい日差しが公園一面に注いでいました。
 句会場の入口の脇の柊の白い小花が甘い香を放っていたりと、まだまだ初冬の植物の
 豊かな営みが見られました。

 今月の兼題は「牡蠣」と「冬霞」でした。
 清記順に純也先生の特選句をご紹介いたします。

 主宰選

 牡蠣割りに泥取りと云ふ手順あり   奥田花珠子
 夕日落ち黒々浮かぶ牡蠣筏      廣瀬照子
 牡蠣筏眼下に眺め牡蠣を食ぶ     長安悦子
 牡蠣船に揺らるるゆゑの酔かとも   西上禎子
 三景のひとつを誇り牡蠣を売る    堂前悦子
 牡蠣打女手は休みなく話し込む    廣瀬照子
 干潮の巌に取り付き牡蠣打てり    吉本隆太郎
 フルコースまづは生牡蠣出されけり  倉員祥子
 ソース濃き通天閣の牡蠣フライ    杉アよしこ
 父と子とくつさめまでも似てきたる  石井順恵
 生牡蠣の宅急便の潮匂ふ       杉アよしこ
 軍手添へ殻付牡蠣の届きけり     越後寿子
 牡蠣鍋の手造り味噌の土手高く    清水多憙子
 牡蠣を打つ小屋の隣の直売所     長安悦子

 主宰吟

 焼き揚げて煮て炊き込んで牡蠣よろし
 小上がりにひつそり酌める酢牡蠣かな
 仕送りに追はれて牡蠣を剥きつづけ
 欄干に牡蠣船結ひし擦れあり

 次回29年1月5日(木)の兼題は「鏡餅」と「御降」です。
 皆様のご出席とご出句をお待ち致しております。
 今年一年間、本当にありがとうございました。
 来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
                          (レポート  岡澤ひろみ)
 


 夙川句会(11月3日開催)主宰選報告

 文化の日の句会となりました。
 祝日にも関わらずほぼ全員の会員の方々がご出席下さいました。ありがとうございます。
 まさしく小春日和の暖かな穏やかな西田公園には、小さな子供連れの家族の賑やかな声が
 聞えてきたり、ベンチでくつろぐお年寄の姿があちこちに見受けられました。

 2012年4月の「梅」から始まって万葉植物園にある歌碑を巡って来ました。
 それぞれの歌碑に詠まれている草木を取り上げて来ましたが、その季節に合う歌碑と植物
 がそろそろなくなってきました。
 2012年の夏に取り上げました「なでしこ」や「ゆり」なども残念ながらすっかり姿が
 消えてしまっています。
 残りの歌碑はもう僅かですが、その季節に合う植物があれば取り上げてみたいと思ってい
 ます。

 今月の兼題は「風除」と「小春」でした。清記順に特選句をご紹介させて頂きます。
 なお、「風除」の傍題の「風囲」は、使われないとのご指導がありました。

 主宰選

 花の鉢通りを飾る街小春     西山洋美
 くさぐさを小春日和の箕に広げ  伊藤とし子
 招待の美術展観る小六月     杉本蒼生子
 風除に肩寄せ低き家並かな    長安悦子
 賑はえる小春日和の蚤の市    櫻井俊治
 風除を揺すり海鳴ひびきけり   斎藤妙子
 風除の筵はためく夜もすがら   石井順恵
 風除を二重に巡らせるところ   長安悦子
 増築の木材香る小春かな     岡澤ひろみ

 主宰吟

 能登に住むとは風除の十重二十重
 勝手口風除らしきものをちよと
 根無雲あるにはあれど小春凪

 次回の今年最終の12月1日(木)の兼題は、「牡蠣」と「冬霞」です。
 皆様方のご参加とご出句をお待ち致しております。よろしくお願い申し上げます。
                            (レポート 岡澤ひろみ)  


 夙川句会(10月6日開催)報告

 前夜の季節外れの台風の余波の、蒸し暑い句会日となりました。
 苑では台風一過の落葉を掃くモーター音に紛れて、鉦叩のなどの虫がか細く鳴いていま
 した。
 万葉植物苑では錦木や山ボウシの紅葉が進んでいました。
 異常な暑さでも植物達は確実に秋を感じ取っているのですね。
 そんな中鋭い刺の間から、枳殻の黄色い実を見つけました。小さな産毛に囲まれた酢橘
 位の大きさで、庖丁を入れるとまさに柑橘類の酸っぱい香りが辺り一帯に立ち込めて、
 薬味に使えるのではないかとも思いました。

 秋のこの季節に当たる植物は既出し尽くしていますので、歌碑の歌と植物はパスいたし
 ます。

 今月の兼題は「茸」と「野菊」でした。清記順に特選句をご紹介いたします。

 主宰選

 杣小屋の主の馳走の茸汁      櫻井俊治
 見せ合うて確かめ合うて茸採る   米澤道子
 窯元の一輪挿しの野紺菊      杉アよしこ
 野菊摘み山の辺の道ゆづり合ふ   伊藤とし子
 選り分けてあやしき茸混じりけり  米澤道子
 野菊咲くいつも道草せしあたり   倉員祥子
 渡し場へひつそり続く野菊道    越後寿子
 にべもなく取り捨てらるる園の茸  横田昭二
 滑りつつ穴場をさがす茸山     米澤道子
 見つからずさらに奥へと茸狩    櫻井俊治
 吐かせきりしと思ひしに煙茸    山内茉莉
 初めての靴を履く子に野菊晴    奥田花珠子
 茸狩と言ひてすき焼なりしかな   横田昭二
 小さめの籠に活けたる野菊かな   杉本蒼生子
 疑ひて捨てし茸に未練あり     堂前悦子
 もてなしのみちのくぶりの茸汁   杉本蒼生子
 山気澄みただよひそめし茸の香   中西以佐夫

 主宰吟

 湖日和とも野菊晴とも言はん
 素人にしてはでかして茸狩
 名人の勘の当たりし茸狩

 次回11月3日(木)の兼題は「風除」と「小春」です。
 皆様のご出席とご出句をお待ち致しております。
                           (レポート 岡澤ひろみ)
 


 夙川句会(9月1日開催)報告

 9月初日の残暑の厳しい中での夙川句会となりました。
 鎮もる万葉植物苑の草むらから、微かな昼の虫の鳴き声が聞こえてきました。
 西田公園に万葉植物苑が開設されておおよそ38年が経ちました。72の万葉集の歌碑に
 伴う72種の植物が植えられていました。
 しかし小さな植物は維持管理が難しいようです。
 すでに季節毎に57の歌碑の万葉歌と万葉植物をこの欄に取り上げてきましたが、実存し
 ている植物ばかりではありませんでした。今日のもその類です。

 あかねさす
  紫野行き
   標野行き
  野守は見ずや
   君が袖振る             (あかね)
                        額田王  巻1−20

   
 天智天皇が即位の年に、皇室の御料地である近江の蒲生野において薬狩(薬草を採る野遊
 び)が行われました。標野は朝廷の御料地の意味です。
 この薬狩は推古天皇に始まり百官男女が盛装で参加する行事でした。
 薬とは鹿茸(ろくじょう)や薬草を指し、男子は馬で鹿を追って袋角を取り、女子は薬草
 を摘む習わしでした。
 この歌の「あかねさす」は紫の枕詞ですし、陰暦5月5日の薬狩を詠んだ歌です。アカネ
 は茜、又は茜草と書いて漢名からきていて、根が赤いことに由来しています。
 しかし生根は黄褐色で乾燥すると赤黄色となる蔓性の多年草で秋に白色の花を付けます。
 又俳句に「茜掘る」と秋の季題にもなっていますので、あえて秋に取り上げました。

 今月の季題は「残暑」と「根釣」でした。清記順に特選をご紹介致します。

 主宰選

 行滝の供華の乾きて秋暑し      中西以佐夫
 一
雨に一息つきし残暑かな    清水多憙子
 ノーネクタイ申し合わせし残暑かな  横田昭二
 沈み根を探りさぐれる根釣人     二熊陸平
 秋暑し水掛不動乾くまま       中西以佐夫
 波しぶく岩伝ひ行く根釣人      西山洋美
 釣れはじめはや暮れんとす根釣かな  廣瀬照子
 発光の釣具揃へて根釣人       斎藤妙子
 肝心なことは言へずに秋扇      奥田花珠子
 岸釣の空港島の端の端        長安悦子
 時化あとの濁り狙うて根釣人     中西以佐夫
 木洩日の揺らぎもせずに秋暑し    越後寿子
 赴任して休みのたびの根釣かな    櫻井俊治
 落日に染まり根釣の二三人      西山洋美
 草臥れの目立つ花壇の残暑かな    廣瀬照子
 救命具着けることより根釣人     山内茉莉
 通り雨恵みとならず秋暑し      松井ます子
 岩陰に根釣の釣果見せ合へる     堂前悦子
 ミニプール片付けられぬ残暑かな   横田昭二
 知りつくす岩に陣取り根釣人     越後寿子
 釣具屋に根釣の潮目貼られあり    山内茉莉
 秋暑し道掘り返す音続き       田中由子
 欠席の多き残暑の句会かな      長安悦子
 釣果なきまま暮れてゆく根釣人    伊藤とし子

 主宰吟

 船足の遅き渡舟の残暑かな
 荒波をまともにかぶり根釣岩
 お互ひを無視する如く根釣人

 次回10月6日(木)の兼題は「茸」と「野菊」です。
 皆様方のご出席とご出句をお待ち致しております。
                          (レポート 岡澤ひろみ)
 


 夙川句会(8月4日開催)報告

 猛暑にも関わらず、いつもご出席頂いているほぼ全員の方がお顔を見せて下さいました。
 皆さんの俳句への熱い思いが伝わってきて、句会のお世話をさせて頂いている者としまし
 ては、本当に嬉しい限りで感謝です!
 乾き切った万葉植物苑でしたが、蝉が元気に迎えてくれました。

 紅(くれない)の深紅の衣下に着て
  上に取り着ば言なさむかも   (べにばな)
                 作者不詳  巻7−1313

 万葉集で「くれなゐ」と言うと紅花そのものより、むしろこうした紅花のような色を指し
 ていることが多いようです。
 紅花の名は、一説には中国南部の呉の地方から入ってきた染料植物という意味の「呉の草」
 からきているとあります。
 ベニバナは一年草ないし越年草で、花期の丈は約1m程となります。夏に枝分かれし先端
 に アザミに似た橙黄色の花をつけます。
 この花を摘んで黄色や赤色の染料としたり口紅としても用います。
 原産地はアラビア地方のエチオピア説が有力です。エジプトでは第6王朝時代(紀元前
 2500年頃)の碑文にベニバナのことが記されています。
 また、古代エジプトではベニバナで染めた布でミイラを包み、屍衣としていました。
 中国へは紀元前2世紀に西域経由で入って、これが日本に伝えられました。
 日本へは推古天皇の時代(600〜629年)に僧曇徴が高麗から伝えたとされています。
 播磨国風土記の揖保郡阿為山のところに、応神天皇の時、この山に紅草(くれないそう)
 が生じたという伝説も伝わっていますが、くれなゐがかなり古くから移入されていたこと
 がうかがい知れます。

 今月の兼題は「精霊舟」と「夕菅」でした。清記順に特選句をご紹介いたします。

 主宰選

 空に星地に夕菅の刻が来る     田中由子
 手波たて送る精霊流しかな     斎藤妙子
 これ以上供物載らざる精霊舟    山内茉莉
 黄菅咲き高原に風吹き渡る     杉本蒼生子
 精霊舟波に乗りては戻されて    米澤道子
 夕暮の迫る岬に黄菅濃く      伊藤とし子
 経文を書きし帆を揚げ精霊舟    越後寿子
 夕菅の揺れ咲く空に星いくつ    斎藤妙子
 精霊舟かつぎ降ろせし海暮るる   岡澤ひろみ
 見送れる誰もが無言精霊舟     吉本隆太郎
 明るさの残る沖へと精霊舟     岡澤ひろみ
 星空に夕菅咲きて明日も晴れ    松井ます子
 流灯の川面を照らし合ひにけり   石井順恵
 足濡らし精霊舟に沿うてゆく    斎藤妙子
 夕菅やほつほつロッジ灯りそめ   長安悦子
 夕菅の目覚める頃の通り雨     西山洋美
 精霊舟去りたる川の闇深く     堂前悦子

 主宰吟

 星空へ精霊舟の至るべし
 鐘連打精霊流し始まれる
 夕かげをまとはぬ黄菅なかりけり
 夕菅や海の上に星増えてゆく

 次回9月1日(木)の兼題は「残暑」と「根釣」です。
 皆様のご出席とご出句を心よりお待ち致しております。
                         (レポート 岡澤ひろみ)


 夙川句会(7月7日開催)報告

 7月7日の夙川句会の日は、まさしく七夕の日にあたりました。
 いち早く句会場に来られた由子先生が取り出されたのが「七夕グッズ」でした。
 笹、短冊、紙縒、色紙、筆等々。それぞれが願い事を短冊にしたためて急遽「七夕祭」と
 なりました。
 「鵲の橋を渡りて尋ね来よ」、「星迎へ雲ひとつなく今日の空」、「気力体力が持続しま
 すように」、「俳句が上達しますように」、「世界に平和を」等々と各自の思いの短冊を
 吊した七夕笹が、部屋を賑わしてくれました。
 この歳になってこんな思いがけない行事ができるとは!!何十年ぶりのことでしょうか。
 句会後には七夕の唄を皆で熱唱しながら子供の頃に思いを馳せました。
 頂いて帰った「七夕笹」を軒下に飾って、お天気にも恵まれた夜空を眺めつつ、天の川を
 探しつつ皆の願いが星に届くようにと祈りました。

 わが背子が
  捧げて持てる
   厚朴(ほほがしは)
  あたかも似るか
   青き蓋(きぬがさ)
            (ほほのき)   僧恵行  巻19−4204


 ホオの花の咲いた時期には1月以上遅れてしまいました。
 ホオの木は山地に自生する落葉高木で、高さ25〜20メートルになり5、6月ごろに
 直径15センチくらいの帯黄白色の芳香を放つ花をつけます。
 ホオの木の葉は古くから食物を盛ったり 包むのに用いられてきました。
 このため別名を「柏」とも言われてきました。
 葉に味噌を包んだ「ほうば味噌」は有名です。

 今月の兼題は「暑中見舞」と「バナナ」でした。
 どちらも過去の山茶花には殆んど例句の載っていない兼題でした。
 清記順に純也先生の特選句をご紹介致します。

 主宰選

 暑中見舞クール便にて届きたる     倉員祥子
 芳香を放ち始めしバナナかな      長安悦子
 ゴルファーの手早く食ぶるバナナかな  櫻井俊治
 熟れ加減好みのありてバナナかな    倉員祥子
 威勢よくバナナ片手に叩き売り     松井満寿子
 月の色月の形のバナナかな       越後寿子
 叩き売るバナナを買ひし日の遠く    堂前悦子
 朝食の一家団欒バナナ剥く       竹村元秀
 食欲のなき子にバナナ冷やしおく    西山洋美
 スケッチの穂高の暑中見舞かな     杉本蒼生子
 産見舞とて一房のバナナかな      杉本蒼生子
 旅先の山のスケッチ夏見舞       岡澤ひろみ
 バナナ入れ味のととのふジュースかな  清水多憙子
 取りあへずバナナ一本食べて出る    斎藤妙子
 昼食を摂る時間なくバナナ食ぶ     石井順恵
 口上に聞き惚れ買ひしバナナかな    櫻井俊治
 お供へのバナナの房の匂ひそむ     斎藤妙子
 挨拶の暑中見舞のタオルかな      杉アよしこ
 病棟の膳に副へあるバナナかな     吉田敦子
 朝食のバナナ一本欠かすなく      清水多憙子
 給食の好き嫌ひなきバナナかな     石井順恵
 一枚は保険会社の夏見舞        越後寿子
 昼食の遅れを凌ぐバナナかな      横田昭二

 主宰吟


 生ぬるき供物のバナナ分け合へる
 京よりの暑中見舞の舌ざはり
 山の絵の暑中見舞のスイスより

 次回8月4日(木)の兼題は「夕菅」と「精霊舟」です。
 皆様のご参加とご出句を心よりお待ち致しております。
                           (レポート 岡澤ひろみ)
 









俳句「山茶花」のホームページです