吹田句会    兼題句会(席題あり)雑詠可
 定例日=第一日曜日
 句会場=吹田市立男女共同参画センター

 吹田句会報(7月1日)

 今月の兼題は「山開」と「虹」でしたが、入選句の大半が、「山開」の句と
 なりました。
 視覚でとらえる虹よりも、ハイキング、山登りと実体験のある山開の方が、
 詠みやすかったようです。
 主宰の選に入った28句を紹介します。

 純也主宰選
 

 焼岳に立つ薄けむり山開       西上禎子
 五千尺とふに宿りぬ山開       西上禎子
 かつぱ橋押すな押すなの山開     西上禎子
 朝な朝な虹のハワイに住み馴れて   西上禎子
 MONT・BELのヤッケ真っ新山開  山内茉莉
 軽装を咎められたる山開       山内茉莉
 供花なりし夏菊水をよく上げて    山内茉莉
 先達の法螺の音渡り山開       畠中俊美
 山開霧はれぬまま祓はるる      畠中俊美
 頂の山雨急なる山開         畠中俊美
 這松に切幣散りし山開        米澤道子
 剛力の太鼓轟く山開         米澤道子
 溶岩に立ち大太鼓打つ山開      伊藤とし子
 虹消えて火口湖闇にしづみゆく    伊藤とし子
 谷川の水担ひくる山開        末岡とおる
 法螺貝のこだま尾を曳く山開     末岡とおる
 見知りあふ面々揃ふ山開       山本澄恵
 バス停に迎への父と虹仰ぐ      山本澄恵
 新調も古りたる靴も山開       島田夏楓
 先達の代替りして山開        島田夏楓
 法螺貝の響く峰々山開        浜田ミヱ子
 定宿の同じ顔触れ山開        浜田ミヱ子
 大佐渡に片脚立てて二重虹      山内繭彦
 海霧荒るる山を祓うて山開      浜田きみ子
 名山に名水のあり山開        藤堂くにを
 禰宜もまた山男なる山開       中西英明
 全山に法螺貝ひびく山開       堂前悦子
 夏菊を育てて供華を欠かすなく    西村妙子
 

 出句者25名、出句109句でした。
 次回(8月5日)の兼題は「初秋」」と「施餓鬼」です。
 多数のご参加をお待ちいたします。
                         (報告/島田夏楓)
 


 吹田句会報(6月3日)

 今月の兼題は「著莪」と「鯰」でした。
 梅雨入り前のからりと晴れ上がった爽やかな一日。
 門川には梅雨鯰と鯉が群れて、緑地には烏の子がよちよち歩き。
 親烏の激しい威嚇を受ける朝の散歩道・・・・

 主宰の選に入った12句を紹介します。

 純也主宰選

 梅雨鯰姿見えねど泥動く      米澤道子
 梅雨鯰ここにゐるぞと髭動く    米澤道子
 岩陰の髭のみ動く鯰かな      米澤道子
 釣果なしごみ鯰にも逃げられて   伊藤とし子
 放生の鯰すばやく泥煙       畠中俊美
 泥煙あげて髭ふる鯰かな      織作香代
 釣針を外す鯰のぬめりかな     山田 明
 釣り上げて立派な髭の鯰かな    浜田ミヱ子
 磧湯へ下る小径の著莪畳      山本澄恵
 たはやすく子の釣り上げし大鯰   末岡とおる
 大淀の湾処の主の大鯰       田中晃真
 原始林なる神域の著莪明り     島田夏楓

 純也主宰吟

 清水の舞台の下の著莪の花

 出句者28名、出句127句でした。
 次回(7月1日)の兼題は「山開」」と「虹」です。
 多数のご参加をお待ちいたします。
                        (報告/島田夏楓)
 


 吹田句会報(5月6日)

 今月の兼題は「牡丹」と「松蝉」席題は「粽」でした。
 今年は春の訪れが早く、急でありましたので植物の芽吹きも開花も例年より
 かなり早く、牡丹も4月から咲き初め、5月には盛りを過ぎている苑も多か
 ったようです。
 松蝉の方は近年その声を聞く機会がめっきり減ってきましたが、過去の記憶
 に頼りながらの句作となりました。

 主宰の選に入った14句を紹介します。

 純也主宰選
 
 開ききつたる牡丹の蘂揺るる    伊藤とし子
 開かむとする牡丹のさ揺れかな   伊藤とし子
 傘もらひいまが見頃の大牡丹    浜田きみ子
 松蝉や旧街道の宿さびれ      西村妙子
 日照雨して艶の増したる牡丹かな  米澤道子
 松蝉の短く鳴いてそれつきり    山田 明
 牡丹に虻の執着ありにけり     堂前悦子
 ふるさとの笹の匂ひの粽かな    松澤新陽
 大牡丹被せたる傘に収まらず    藤田信義
 揺れながら緩び否めぬ牡丹かな   山本澄恵
 子供等の競ひてほどく粽かな    横田昭二
 松蝉や砲台の黙とこしなへ     末岡とおる
 一山の牡丹見下ろす観世音     高木とし子
 夕風に一際高き牡丹の香      越中屋テル子

 純也主宰吟

 二上山へ日の落つるより夕牡丹
 夕牡丹とて耀ひを失はず
 牡丹にライトアップはかはいさう
 松蝉や一塵もなき陵の磴
 

 出句者30名、出句132句でした。
 次回(6月3日)の兼題は「鯰」」と「著莪」です。
 多数のご参加をお待ちいたします。
                      (報告/島田夏楓)


 吹田句会報(4月1日開催)

 今月の兼題は「初桜」と「四月馬鹿」席題は「都踊」でした。
 今年はまれに見る桜の早咲きで4月1日の句会ながら満開の中での句会となり
 ました。
 「四月馬鹿」にも面白い句が多く寄せられました。
 が、表記の間違いを訂正されたものが13件と多かったのは残念でした。
 投句前に辞書で確かめるように心がけましょう。

 主宰の選に入った11句を紹介します。

 純也主宰選

 吹き出してしまひ欺せず四月馬鹿  横田昭二
 掛声に浮き立つ都をどりかな    横田昭二
 街路樹の若木なれども初桜     高木とし子
 街路樹として植ゑられて初桜    高木とし子
 すれ違ふ都をどりの妓の素顔    西上禎子
 四月馬鹿なればと思ふ訃報かな   山田綾子
 四月馬鹿まさかの夫にかつがれて  浅野智久恵
 新駅の今日開業日初桜       島田夏楓
 初花にはや提灯も雪洞も      中西英明
 吐きし嘘気になりだして四月馬鹿  山田 明
 又しても先に乗せられ四月馬鹿   浜田きみ子

 純也主宰吟

 初花に六甲颪荒けなや
 そこここに二三輪づつ初桜
 花粉症今日は目に来て四月馬鹿
 

 出句者28名、出句122句でした。

 次回(5月6日)の兼題は「牡丹」」と「松蝉」です。
 多数のご参加をお待ちいたします。
                         (報告/島田夏楓)  


 吹田句会報(3月4日開催)

 列島を急襲した春の寒波もさり、春本番を思わせる穏やかな一日。
 予報ではまたすぐに荒天に見舞われるという恵まれた貴重な一日でありました。
 今月の兼題は「初雷」と「菱餅」 席題は「春障子」でした。
 主宰の選に入った12句を紹介します。

 純也主宰選

 菱餅に切口といふ仕上げあり    藤堂くにを
 春障子いまだに母の部屋といふ   藤堂くにを
 菱餅の蓬のほかは匂ひなく     堂前悦子
 菱餅の蓬のみどり匂ひけり     堂前悦子
 菱餅を供へ整ふ段飾り       山本澄恵
 虫出しのうたたねの夢醒ましたる  山本澄恵
 菱餅をラップにくるみ供へけり   米澤道子
 真夜覚めたるは初雷に違ひなく   山内茉莉
 初雷や今日の運勢吉と出て     西村妙子
 金剛の嶺々ころげゆく春の雷    末岡とおる
 虫出しの雷に目覚めて闇ふかく   伊藤とし子
 すこし開け外の風入るる春障子   横田昭二

 純也主宰吟

 初雷の降りはせねども二つ三つ
 虫出しに誘はれ出でし蟻這へる
 初雷の夢の中には鳴つてゐし
 菱餅の反つて歪となりにけり
 餡入りといふ菱餅のよく売るる
 

 出句者28名、出句126句でした。

 次回(4月1日)の兼題は「初桜」」と「四月馬鹿」です。
 多数のご参加をお待ちいたします。
                         (報告/島田夏楓)  


 吹田句会報(2月4日開催)

 今月の兼題は「寒明」と「梅」、席題は「初午」でした。
 句会当日が立春とあって、ほっとした明るい気分でもありましたが、翌日から
 未曾有の大寒波、この冬の最低気温を更新する日々が続き、寒明けどころか大
 寒に突入したような不安のもとに待つ選句結果は? 
 主宰の特選に入った13句を紹介します。

 純也主宰選

 日照雨過ぎ梅の香りの新しく     堂前悦子
 八十路にはきびし過ぎたる寒明くる  堂前悦子
 風荒ぶとも寒明の日差濃く      堂前悦子
 寒明けて雪の予報のつづきけり    畠中俊美
 初午や伏見の地酒供へられ      畠中俊美
 全景を見せたる富士に寒明けぬ    藤堂くにを
 ひとり来てひとりに惜しき梅日和   藤堂くにを
 丘と言ひ塚とも言うて梅の道     山内茉莉
 梅林の茶店にも寄り巡りけり     米澤道子
 小祠に初午の燭灯りけり       横田昭二
 寒明といへど堪ふる寒さかな     浅野智久恵
 結納の近づく朝の梅の花       原 信次
 梅早し住まふ人なき屋敷とて     山内繭彦

 純也主宰吟

 寒明の日射しに雪のしづりゆく
 日時計に寒明の日の紛れなし
 寒明の変はらぬままの波の色

 出句者31名、出句139句でした。
 次回(3月4日)の兼題は「菱餅」と「初雷」です。
 多数のご参加をお待ちいたします。
                         (報告/島田夏楓)  


 吹田句会報(1月7日開催)

 初句会の兼題は「初鶏」と「年玉」、席題は「七種」でした。
 新年の季題ばかりとなりましたが、この時期に自然の七種を揃えることは不可能
 なことで、商品用に栽培されたものをデパートで買い求めることが多いようです。
 初鶏は都会の人にはなじみがなく、年玉は身近過ぎて類想に陥りやすい・・・・
 どんな句が詠まれるのか楽しみな句会でもありました。
 主宰の選に入った14句を紹介します。

 純也主宰選

 抱かれをる児の掌にもたすお年玉  浜田きみ子
 七種籠親指ほどのすずしろも    浜田きみ子
 青味濃く七種粥の炊き上がる    西上禎子
 兄弟の見比べてゐるお年玉     伊藤とし子
 どれが何やら七種の刻まれて    中西英明
 初鶏に応へるこゑのそこかしこ   山内繭彦
 呼応してしばし初鶏鳴き競ふ    横田昭二
 初鶏の鶏冠ゆらして声高し     原田朋代
 初鶏の啼けばこたふる二番鶏    浜田ミヱ子
 初鶏の鳴きて棚田の仄明かり    原 信次
 まづ誉めてひとつ諭してお年玉   堂前悦子
 初鶏や天王山に雲もなし      浅野智久恵
 年玉の如き日和を賜りぬ      藤堂くにを
 凛々と初鶏の空明けにけり     島田夏楓
 

 純也主宰吟

 年玉に包んでやりし駄菓子かな
 初鶏の国家紅(こっかこう)とはものものし
 初鶏が鳴き胡同(フートン)のそこかしこ
 初鶏に布留の社の明けそむる

 出句者30名、出句134句でした。
 次回は2月4日、兼題は「寒明け」と「梅」です。
 多数のご参加をお待ちいたします。
                            (報告/島田夏楓)
 


 吹田句会報(12月3日開催)

 今月の兼題は「枯萩」と「河豚」。
 枯萩の侘しさに対して河豚には様々な冬の楽しさを感じます。
 毒性の怖さ、腹を膨らますユーモラスな姿、獰猛な歯に愛らしい眼、てっちり、
 てっさ、鰭酒と食の楽しみも様々。
 主宰の特選に入った12句を紹介します。

 純也主宰選

 トンネルをなすまま萩の枯れにけり  中西英明
 自家製のぽん酢も売りの河豚の宿   中西英明
 早鞆の汽笛聞きつつ河豚の宿     米澤道子
 枯萩を括りし紐のゆるぶまま     米澤道子
 枯萩を刈るや作務衣の影長く     山田綾子
 虎河豚を買ひて御負けに鰭貰ふ    藤堂くにを
 枯萩の野放図のまま黄ばみゆく    織作香代
 鰡に臍河豚に瞼と鍋談義       藤田信義
 ふぐと鍋通天閣をま向ひに      末岡とおる
 北新地切つての河豚の宿として    西上禎子
 ラジオ体操始まる前の焚火かな    山内茉莉
 枯萩をいとほしみつつ束ねけり    浅野智久恵
 

 純也主宰吟

 枯れきつて萩叢そよぐこともなし
 枯れ尽くすには至らざる萩を刈る

 出句者27名、出句115句でした。
 次回(1月7日)の兼題は「初鶏」と「年玉」です。
 多数のご参加をお待ちいたします。
                           (報告/島田夏楓)
 


 吹田句会報(11月5日開催)

 今月の兼題は「神無月」と「石蕗の花」、席題は「隼」。
 立冬まぢかの爽やかな本物の秋といった感じの一日でした。
 晴天に恵まれて、面白い句が多かったようです。
 久々に主宰の選にも多く入りました。主宰の特選に入った20句を紹介します。

 純也主宰選
 
 風傷みしたる産土神無月       山内茉莉
 王子社の復興なりて神無月      山内茉莉
 京洛のどこも混みゐて石蕗の花    山内茉莉
 二三本づつ四五か所の石蕗の花    中西英明
 神無月にも心願の百度踏む      中西英明
 石蕗咲いて羽音の絶えぬ日なりけり  堂前悦子
 石蕗の花翔ちたる蝶の黄なりけり   堂前悦子
 隼の急降下して賤ケ岳        米澤道子
 へそくりを妻に見つかり神無月    藤堂くにを
 隼の吹き矢放ちしごと飛べり     西上禎子
 百度踏む人みな黙し神無月      浜田きみ子
 玉垣の修理はじまり神無月      越中屋テル子
 喪の葉書一枚届く神無月       山内 凛
 石蕗咲いて虻の飛び交ふ日和かな   浜田ミヱ子
 百度踏む神無月とは知りながら    田中晃真
 神無月砂灘の石の影淡く       山内繭彦
 大楠の風に騒げる神無月       伊藤とし子
 鴎外の生家の狭庭石蕗の花      畠中俊美
 夕影の濃き休み窯石蕗の花      山田綾子
 吉の出て大吉の出て神の留守     島田夏楓

 純也主宰吟

 文豪の宿とし知られ石蕗の花
 石蕗の花生け漱石の軸を掛け
 六甲の風の荒さも神無月
 立て替へぬままの本殿神無月

 出句者28名、出句126句でした。

 次回(12月3日)の兼題は「枯萩」と「河豚」です。
 多数のご参加をお待ちいたします。
                          (報告/島田夏楓)


 吹田句会報(10月1日開催)

 ようやく秋を実感できるようになりましたので、久々に山を歩いてきました。
 蒼天に向かって口を開けた「あけび」、早くも色づき始めた雑木、山上から見下ろ
 す稔り田、山頂を旋回して遠ざかる鷹にも出会って秋の情趣に浸った一日でした。
 今月の兼題は「秋の田」と「濁酒」です。主宰の選に入った9句を紹介します。

 純也主宰選

 嗅ぐだけで酔ひし心地の濁酒    堂前悦子
 杣小屋の茶代りといふ濁酒     堂前悦子
 早稲匂ふ村のはづれに開拓碑    末岡とおる
 市街化の調整区域鵙高音      高木とし子
 床板を開けて取り出す濁酒     山内繭彦
 どびろくや餓鬼大将のまま老いて  山本澄恵
 濁酒古新聞に包まれて       山内茉莉
 手捻りの歪みし猪口の濁酒     米澤道子
 みのり田に酒造会社の旗なびく   山田 明

 純也主宰吟

 どぶろくに酔うての果ての喧嘩沙汰
 家康を酔はせしといふ濁り酒
 どぶろくを醸しそこねし酢なりけり
 

 出句者32名、出句138句でした 。

 次回(11月5日)の兼題は「神無月」と「石蕗の花」です。
 多数のご参加をお待ちいたします。
                          (報告/島田夏楓)
 


 吹田句会報(9月3日)

 今月の兼題は「芒」と「蟷螂」でした。
 9月の声を聞くと、あたかも兼題に合わせたような爽やかな空気にこれまでの猛暑、
 狂乱の気候から開放されてホッとした一日でありました。
 芒も蟷螂も子供のころからよく見かけた対象なので私は類想が働いてうまく詠めま
 せんでしたが、皆さん巧みな句を寄せていただきました。
 主宰の選に入った17句を紹介します。

 純也主宰選
 
 
 かまへゐるときの蟷螂しか知らず  堂前悦子
 今生れし蟷螂にして斧を上ぐ    堂前悦子
 かまへゐて蟷螂怯む気配なく    堂前悦子
 枯蟷螂胡散くさげに首傾げ     浜田ミヱ子
 押し寄する風に波打つ花芒     浜田ミヱ子
 束の間の夕日に染まる芒かな    浜田ミヱ子
 大淀の湾処中州も芒原       田中晃真
 正眼の構へ崩さぬ枯蟷螂      田中晃真
 逃げること知らず蟷螂振りかぶる  横田昭二
 川の辺をそぞろ歩きの良夜かな   横田昭二
 見渡せば県境はるか芒原      高木とし子
 鎌さばき一人前の子かまきり    高木とし子
 後退りしつつ蟷螂斧上ぐる     西村妙子
 解けてすぐ風の尾花となりにけり  浜田きみ子
 高々と真赭の芒活けにけり     伊藤とし子
 掴まれて蟷螂斧を宙に振る     山内繭彦
 傾げたる首の人めくいぼむしり   西上禎子
 

 純也主宰吟

 しろじろと夜の芒となりにけり
 糸大芒夕日そこより湧く如し
 蟷螂の胴喰はれゐて斧動く

 出句者30名、出句134句でした 。
 次回(10月1日)の兼題は「秋の田」と「濁酒」です、
 多数のご参加をお待ちいたします。
                          (報告/島田夏楓)
 


 吹田句会報(8月6日開催)

 今月の兼題は「立秋」と「カンナ」でした。
 が、台風の接近が報じられる中、何とも蒸し暑い一日でありました。
 秋の気配を感じ取るのには今少し時がかかりそうです。
 炎天下のカンナもいざ句に読もうとすると類想が邪魔をして苦労いたしました。
 主宰の選に入った12句を紹介します。

 純也主宰選 

 一声をしぼり出したる秋の蝉     米澤道子
 廃校に花壇残りてカンナ燃ゆ     米澤道子
 江ノ電の踏切狭くカンナ咲く     米澤道子
 秋立ちて筬を打ち込む音軽く     米澤道子
 今朝の秋みそ汁の香のあたらしく   山本澄恵
 立秋のひと心地なる眠気かな     山本澄恵
 鶏小屋の朽ちたるままにカンナ咲く  西村妙子
 見廻して立秋らしさ何もなし     高木とし子
 渋滞の車道ま近く花カンナ      末岡とおる
 立秋の雲立秋の風新た        島田夏楓
 カンナ咲きつづきて雨の気配なく   伊藤とし子
 カンナ燃え異常乾燥注意報      藤堂くにを
 

 純也主宰吟

 鳴りどほしなる踏切の花カンナ
 名ばかりといへ立秋の風の音
 群れ咲きてマグマの如きカンナかな
 立秋の朝の雲の白さかな

 出句者31名、出句135句でした。
 次回(9月3日)の兼題は「芒」と「蟷螂」です。
 多数のご参加をお待ちいたします。
                            (報告/島田夏楓)  


 吹田句会(7月2日開催)報告

 今月の兼題は「青田」と「夏館」、席題は「海月」でした。
 関西は空梅雨かと思えば列島各地に集中豪雨、今年の梅雨は異常気象そのものの
 ようです。
 この日は“半夏生”。とはいうものの、梅雨明にはまだ間がありそうです。
 雨こそ免れましたが、湿度80%のムシムシとした一日でした。

 主宰の特選に入った15句を紹介します。

 純也主宰特選

 庭手入れ行き届きたる夏館     米澤道子
 御抱への庭師来てをる夏館     米澤道子
 引潮に傘せはしなく海月浮く    米澤道子
 疲れ目の癒されてゆく青田風    山本澄恵
 湖へ庭続きなる夏館        山本澄恵
 軍港の昔ありけり海月浮く     西上禎子
 浜までは歩いて二分夏館      山内繭彦
 青田いま五風十雨を祷るのみ    藤堂くにを
 客迎ふ山気なにより夏館      畠中俊美
 蔦覆ひピアノ聞ゆる夏館      山田 明
 噎せ返る青田の風でありにけり   中西英明
 果てしなく続く単線青田風     越中屋テル子
 カクテルの泡を纏ひてさくらんぼ  中蔵みづほ
 突つ掛けで海へ行き来の夏館    浜田きみ子
 夏風邪にがたと食欲落ちにけり   西村妙子

 純也主宰吟

 夏館女主は留守多く
 その祖
(おや)の上屋敷とふ夏館
 アールヌーボーにこだはり夏館 
 フランスの勲章飾り夏館

 出句者29名、出句123句でした。
 次回(8月6日)の兼題は「カンナ」と「立秋」です。
 多数のご参加をお待ちいたします。
                         (報告/島田夏楓)  









俳句「山茶花」のホームページです