吹田句会    兼題句会(席題あり)雑詠可
 定例日=第一日曜日
 句会場=吹田市立男女共同参画センター

 吹田句会報(6月4日)

 梅雨入りを間近にからりと晴れ上がった一日。
 今月の兼題は「五月雨」と「南天の花」でした。
 「南天の花」は白い米粒のようなものだと言う認識しかなく、咲き切った様子や散
 りゆく様には目をやったこともありませんでしたが、今回の兼題で初めて観察の目
 をもちました。

 主宰の特選に入った16句を紹介します。

 純也主宰選
 

 南天も咲く子規庵の小庭かな     中西英明
 一燈を守り来し堂のさみだるる    中西英明
 さみだれて出不精に輪のかかりたる  中西英明
 一匹の虻に零るる花南天       米澤道子
 ながむしの潜むにほいの農具小屋   米澤道子
 木洩日に首もたげつつ蛇這へり    米澤道子
 出遭ひたる蛇に迷惑がられをり    藤堂くにを 
 夜雷とどろかせつつさみだるる    西上禎子
 水揺らし淀の湾処を蛇渡る      畠中俊美
 南天の花と気付けばどこにでも    島田夏楓
 五月雨や書斎にこもる日の続き    横田昭二
 南天の花ひそと咲く群れて咲く    田中晃真
 南天の花競ひ咲く揃ひ咲く      田中晃真
 恙身によもすがらなる五月雨     伊藤とし子
 蜷局巻く蛇の記憶の径通る      浜田きみ子
 五月雨の乾くひまなき鎖樋      織作香代
 

  出句者28名、出句120句でした。

 次回(7月2日)の兼題は「青田」と「夏館」です。
 多数のご参加をお待ちいたします。
                            (報告/島田夏楓)  


 吹田句会報(4月2日)

 今年は桜の開花が早いといわれておりましたが、私の散歩コースの桜通りも3月
 28日に初花を見せてくれました。
 待ちかねた桜も咲いてしまえば、あっと言う間に過ぎてしまいます。
 今月の兼題は「鶯餅」と「春昼」、席題は「初桜」でした。
 主宰の選に入った26句を紹介します。

 純也主宰選

 石畳残る峠の初桜          畠中俊美
 循環バス客二人乗せ春の昼      畠中俊美
 春昼の旅の足湯の欠伸かな      畠中俊美
 耕運機止めて煙草の春の昼      米澤道子
 頬張りてうぐひすもちの粉にむせ   米澤道子
 逃げぬうち鶯餅を抓みけり      藤堂くにを
 初花と言ひあちらにもこちらにも   藤堂くにを
 こだましか停らぬ駅の春の昼     中西英明
 非難指示解かれし町の初桜      中西英明
 店番の人居ねむれる春の昼      浅野智久恵
 こぼさじと鶯餅の青黄粉       浅野智久恵
 飛びさうな鶯餅の並びかな      横田昭二
 図書館に週刊誌読む春の昼      横田昭二
 鶯餅懐紙に跡を残しけり       山本澄恵
 鶯餅ほんに素朴な味かたち      山本澄恵
 見得を切る鶯餅の色かたち      田中晃真
 春昼やテニスコートの音軽く     田中晃真
 土産にせし鶯餅の片寄れる      山内茉莉
 ままごとの客になりきり春の昼    西上禎子
 手作りの鶯餅の太りぎみ       堂前悦子
 網棚に手土産忘れ春の昼       吉井 薫
 春昼の高くあがりし気球かな     越中屋テル子
 搗きたての鶯餅の粉こぼす      浜田ミヱ子
 粉こぼさねばならぬかに鶯餅     山内繭彦
 眠気増す花粉症薬春の昼       福田ゆきゑ
 野地蔵に鶯餅の上がりたる      島田夏楓

 純也主宰吟

 鶯餅色は目白でありしかな
 菓子折に鶯餅の向き揃ふ
 鶯餅ピカソ作とも謂ひつべし
 鳴きもせず鶯餅は箱の中
 似てゐても似てゐなくても鶯餅
            
 出句者29名出句123句でした。

 次回(5月7日)の兼題は「新茶」と「袋角」です。
 多数のご参加をお待ちいたします。
                            (報告/島田夏楓)  


 吹田句会報(3月5日)

 三寒四温を繰り返し、すこしずつ春らしくなってきました。
 近くの川の鴨たちも帰り支度を始めたかに思えます。
 今月の兼題は「闘牛」と「春の雪」でした。
 闘牛は見る機会も少なく難しいのではないかと思いましたが、面白い句が多く、
 主宰の選に入った句の過半数が闘牛の句でありました。

 主宰の選に入った21句を紹介します。

 純也主宰選

 行司役とし闘牛の眼を読みぬ    山内茉莉
 闘牛のための増便島渡船      山内茉莉
 白川に石橋いくつ柳の芽      山内茉莉
 牛曳いて来て闘はす女伊達     西上禎子
 勢子代り合うて闘牛嗾くる     西上禎子
 獣医呼ぶ闘牛場のアナウンス    西上禎子
 負牛の涎たらして土を掻く     米澤道子
 闘牛の角一ト突きに勝負あり    米澤道子
 知らぬ間に背山曇りて春の雪    米澤道子
 傘買うて京の淡雪楽しめる     堂前悦子
 闘牛を明日に控へて角磨く     堂前悦子
 ひとしきり舞ひてはや止み春の雪  浜田きみ子
 闘牛を囃す指笛飛び交ひぬ     浜田きみ子
 闘牛を奮ひ起たせて勢子叫ぶ    横田昭二
 積るほどなく春雪のひとしきり   伊藤とし子
 菌のこま打ち込む榾に春の雪    山内繭彦
 千代紙の折鶴も置き雛飾る     西村妙子
 伎芸天拝し出づれば春の雪     山田綾子
 引き分けの闘牛ともに大涎     浅野智久恵
 引き分けてなほ闘牛の息荒し    原本朋代
 闘牛の荒き鼻息勢子もまた     田中晃真
 
 純也主宰吟

 闘牛の手負ひとなりて綱を守る
 巣立ちゆく一人一人に春の雪 

 出句者28名出句124句でした。
 次回(4月2日)の兼題は「鶯餅」と「春昼」です。
 多数のご参加をお待ちいたします。
                       (報告/島田夏楓)
 


 吹田句会報(2月5日開催)

 立春を過ぎてからの大雪、最低気温を更新する大寒波・・・・
 今月の兼題は「薄氷」と「余寒」でした。
 季節の先取りとは云え、春の句を詠むのには辛い日が続いています。
 主宰の選に入った24句を紹介します。

 純也主宰選
 

 薄氷のうすらひのまま暮れにけり   藤堂くにを
 酒蔵の暗さに適ふ余寒あり      藤堂くにを
 呆け封じ寺に寒さの残りたる     藤堂くにを
 日の差せばあつけなきもの薄氷    浜田きみ子
 余寒とて侮り難き日のつづく     浜田きみ子
 内陣に余寒の潜む堂暗く       浜田きみこ  
 閉店の貼り紙褪せし余寒かな     原本朋代
 高階に靴音響く余寒かな       原本朋代
 ひもすがら薄氷解けぬ一トところ   浜田ミヱ子
 一人居の音なき雨の余寒かな     浜田ミヱ子
 恐竜の骨を見てゐる余寒かな     西上禎子
 曾根崎の昼のしらじらしき余寒    西上禎子
 合否判定職員室の余寒かな      山内茉莉
 鍋物の春菊の色消すまじく      山内茉莉
 独り居の淋しさゆゑの余寒とも    堂前悦子
 禅寺の長き廊下の余寒かな      山田 明
 林道の昼まだ暗き余寒かな      里見かつこ
 春菊の香を好きといふ厭といふ    中西英明
 鍋煮えて春菊香る夕餉かな      横田昭二
 紅淡く引く手鏡の余寒かな      伊藤とし子
 忘れゐし膝の痛める余寒かな     浅野智久恵
 羽織るもの変へて出掛くる余寒かな  越中屋テル子
 摘みたての春菊の香の厨かな     畠中俊美
 埃浮く防火バケツの薄氷       西村妙子

 純也主宰吟

 昃ればまた薄氷となるところ
 薄氷の金剛力の光かな
 ことのほか裏六甲の余寒かな
 
            
 出句者27名、出句117句でした 。
 次回(3月5日)の兼題は「春の雪」と「闘牛」です。
 多数のご参加をお待ちいたします。
                            (報告/島田夏楓)  


 吹田句会報(1月12日開催)

 初句会の兼題は「読初」と「寒紅」、席題は「竹馬}でした。
 会場の都合で12日(木)のやや遅い初句会となりましたが、新年への希望を新たに
 正月らしい句会となりました。
 主宰の特選に入った27句を紹介します。

 純也先生選

 寒紅を引きて外出の顔となる    堂前悦子
 淋しさを隠す寒紅濃く引きて    堂前悦子
 寒紅をさしても齢いつはれず    堂前悦子
 寒紅を引いても見せる夫のなく   堂前悦子
 竹馬の父の手を借り踏み出しぬ   畠中俊美
 読みかけの本のつづきを読始    畠中俊美
 図書館で借りし一書を読始     畠中俊美
 竹馬の一歩なかなか踏み出せず   畠中俊美
 読初のつづきを今日も読みにけり  浜田ミヱ子
 寒紅をひきて齢を隠しけり     浜田ミヱ子
 初詣おろしたてなる靴はきて    西村妙子
 口角をあげて寒紅引きにけり    西村妙子
 嗜みのよき寒紅の笑まひかな    横田昭二
 寒紅に隠せし余後のやつれかな   横田昭二
 読初の箴言集を諾ひて       西上禎子
 日捲りのヨハネの聖句読み始む   西上禎子
 寒紅の濃く薄情な女かな      中西英明
 虚子句集一日一句読始む      藤田信義
 音読をしつつ句集の読始      米澤道子
 寒紅を引きて怯む身立て直す    山本澄恵
 祖父作りたる竹馬の古びても    山内茉莉
 寒紅をさして老舗の若女将     吉井 薫
 読初の句誌にわが名を探しけり   原本朋代
 寒紅を濃く引き弱音吐かぬ人    浜田きみ子
 膝の子にアンデルセンを読み始む  山田綾子
 竹馬に乗りて兄弟競ひけり     越中屋テル子
 新しきブックカバーに読み始む   織作香代
 
 純也先生吟

 読初の栞してあるところより
 読初のこもよみ籠もちみ串もち

 出句者27名、出句113句でした 。
 次回(2月5日)の兼題は「余寒」と「薄氷」です。
 多数のご参加をお待ちいたします。
                          (報告/島田夏楓)
 


 吹田句会報(12月4日開催)
  兼題「熱燗・水鳥」  

 純也先生特選

 熱燗に弱きこころを見せまじく    堂前悦子
 浮寝鳥流るるままに陣を解く     堂前悦子
 熱燗に仲人口のばれにけり      堂前悦子
 熱燗に酔うて十八番の安来節     原本朋代
 熱燗に耳まで酔うてゐたりけり    原本朋代
 熱燗の酔ひに紛らす憂ひかな     三谷量子
 熱燗の酔を借りねば云へぬこと    三谷量子
 熱燗や席混んで来しガード下     高木とし子
 水鳥の一つ騒ぐは何やらん      高木とし子
 靄の中水鳥羽打つこともなく     山内繭彦
 熱燗や戻り来ぬ人偲びつつ      山内繭彦
 熱燗の徳利つまみ耳つまみ      里見かつこ
 熱燗にいつしか田舎訛出て      里見かつこ
 出張を了へ熱燗といふ港       山田綾子
 熱燗や安保世代の皆老いて      山田綾子
 熱燗に女も憂さを晴らしけり     濱田きみ子
 熱燗に本音洩してしまひさう     米澤道子
 熱燗に言はでものこと洩らしたる   伊藤とし子
 錫半の銘の熱燗銚釐かな       山内茉莉
 水鳥のひつきりなしに潜ぐあり    藤田信義
 猫舌にして熱燗をちびちびと     島田夏楓
 熱燗や強面なれど泣き上戸      吉井 薫
 憂きときも愉しきときも燗熱く    織作香代
 水鳥の一羽につづく水しぶき     西村妙子
 熱燗や時には妻と時忘れ       山田 明
 いつしかに父子ほぐるる燗熱く    畠中俊美
 禁猟区知つてゐるかに浮寝鳥     田中晃真
 せつかくの酒熱燗にしてしまふ    中西英明
 白波に群れ水鳥の見え隠れ      浜田ミヱ子

 純也先生吟

 熱燗に信用してはならぬ人
 夢あまた捨てて来し身に燗熱く
 熱燗や捨てたる夢はもう追はず
 熱燗に突拍子なきことを云ふ
 鴨つつくもの白鷺の狙ふもの
 

 今年も納め句座となりました。ご協力ありがとうございました。
 皆さま良いお正月をお迎えください。
 新年句会は会場の都合で1月12日(第二木曜日)となりますので、お間違えのない
 ようにお願いいたします。

 次 回  1月12日(木)
 会 場  吹田市立男女共同参画センター
 兼 題  読初、寒紅
                               (報告/島田夏楓)  


 吹田句会報(11月6日)

 今月の兼題は「立冬」と「茶の花」、席題は「新海苔」でした。
 いつまでも暑い日が続いておりましたが、11月の声を聞くと、近くの川面に水鳥の影が
 増えて一気に冬の気配が濃くなりました。
 気管支喘息を持つ身には風邪が一番の大敵、毎年立冬の声を聞くとインフルエンザの予
 防注射をして身構えてしまいます。
 主宰の選に入った19句を紹介します。
 
 純也先生選
 
 袖口の白墨汚れ冬に入る      山内茉莉
 たいさうな新海苔の嵩贈りたる   山内茉莉
 通院の回数増えて冬に入る     堂前悦子
 茶の花に届きし日差し逃げやすく  堂前悦子
 新海苔の潮の濃き香をふふみけり  米澤道子
 針金の鍵の農小屋冬に入る     米澤道子
 リハビリに精出す日々の冬に入る  浅野智久恵
 何はさて下着の用意冬に入る    浅野智久恵
 留守勝ちの尼に茶の花日和かな   西上禎子
 茶の花に昨日も今日も日照雨して  藤田信義
 峠茶屋はやも閉ざされ冬に入る   畠中俊美
 峰寺へ辿る茶の花日和かな     島田夏楓
 茶の花の散りつつ咲て山日和    浜田ミヱ子
 生垣の茶の花こぼれ建仁寺     織作香代
 立冬の漬物石を洗ひけり      西村妙子
 立冬や竹の葉擦れの音尖り     山内繭彦
 縁側に座り茶の花日和かな     田中晃真
 茶の花のほころびそめし日和かな  浜田きみ子
 夫婦岩波高くして冬に入る     福田ゆきえ

 純也先生吟

 茶どころの茶の花日和続きけり
 葉ごもりとばかりにあらず茶の咲ける
 日当たつて来し茶の花に虻の寄る
 祝言に茶の花日和続きけり


 出句者28名、出句120句でした。
 次回(12月4日)の兼題は「熱燗」と「水鳥」です。
 多数のご参加をお待ちいたします。
                              (報告/島田夏楓)  


 吹田句会報(10月2日開催)

 今月の兼題は「赤い羽根」と「秋の雲」でした。
 前日に一日だけの秋日和を経験したあとにぶり返した蒸し暑い一日でした。が、空には
 紛れもない秋の雲を仰ぐ日々が続いております。
 赤い羽根も秋の雲も、毎年身近にみられる季題だけに類想句が出来やすく皆さん苦労
 をされたようです。
 主宰の選に入った14句を紹介します。
 
 純也先生選

 広ごりて薄れて消えて秋の雲     中西英明
 国会の参考人も赤い羽根       中西英明
 でこぼこの土間にばつたの紛れ込む  米澤道子
 修復なる天守の上の秋の雲      米澤道子
 赤い羽根胸に足どり軽くなる     伊藤とし子
 高々と結び解けて秋の雲       伊藤とし子
 案の定すぐになくして赤い羽根    畠中俊美
 赤い羽根ゼブラゾーンに落ちゐたる  畠中俊美
 付けられて笑みのこぼるる赤い羽根  横田昭二
 疑惑ある議員の胸の赤い羽根     山田 明
 赤い羽根美人につけてもらひけり   堂前悦子
 大方は左の胸に赤い羽根       田中晃真
 秋の雲ゐざりて山の照り翳り     浜田きみ子
 船頭の明日雨と告ぐ秋の雲      藤田信義

 純也先生吟

 秋の雲五重塔をゐざりつつ
 鱗なしゐしがくづれて秋の雲
 やり過ごす人なきにしも赤い羽根
               
 出句者28名、出句120句でした 。  
 次回(11月6日)の兼題は「立冬」と「茶の花」です。
 多数のご参加をお待ちいたします。
                            (報告/島田夏楓)  


 吹田句会報(9月4日)

 今月の兼題は「台風」と「葛の花」、席題は「蜻蛉」でした。
 数日前に列島を襲った台風に甚大な被害を被ったあとの句会、しかも次の台風の九州上
 陸が予測されるという台風の谷間での句会だけに台風の句が多数を占めた句会となりま
 した。

 主宰の選に入った19句を紹介します。
 
 純也先生選

 蜻蛉の水かげらふに紛れつつ   米澤道子
 台風の逸れ一漕の沖めざす    米澤道子
 台風の余波のうねりの田を廻る  米澤道子
 台風に少し早目の夕支度     浅野智久恵
 具の入らぬ台風用の握り飯    浅野智久恵
 台風を報ずるテレビ真夜をなほ  西上禎子
 台風の来るとふ風の湿り帯び   西上禎子
 台風の雨を突切る救急車     原本朋代
 台風の来ると思へぬ月あがる   藤田信義
 台風の逸れて土嚢の乾くまま   山田綾子
 台風の星空残しゆきにけり    堂前悦子
 颱風の侮りをれぬ進路かな    浜田きみ子
 字ぢゆうの地縁血縁葛の花    中西英明
 夕空を巡りて止まぬ蜻蛉かな   横田昭二
 台風の予想通りの進路ゆく    越中屋テル子
 台風に土嚢の用意怠らず     吉井 薫
 台風の過ぎし安堵の旅支度    伊藤とし子
 台風の逸れし安堵の雨戸繰る   三谷量子
 台風のあとを台風追うて来る   島田夏楓
 
 純也先生吟

 台風の中継記者のよろめける
 台風の中継記者に波迫る
 台風の過ぎてかんかん照もどる
 台風の名残の風に舟軋む
 
            
 出句者32名、出句137句でした。
 
 次回兼題は「秋の雲」と「赤い羽根」です。
 多数のご参加をお待ちいたします。
                             (報告/島田夏楓)
 


 吹田句会報(8月7日)

 今月の兼題は「星月夜」と「草市」、席題は「立秋」でした。
 暦で立秋とはいうものの各地で今年の最高気温を記録する暑さ、まさに最高潮の夏。星
 月夜と早朝の草市に思いを馳せて初秋の季感を詠み込むのには酷な一日でありました。
 
 主宰の選に入った13句を紹介します。
   
 純也先生選

 船旅の眠るに惜しき星月夜     伊藤とし子
 草市に買うて嵩ばるものばかり   伊藤としこ
 更けてゆく荘のテラスの星月夜   畠中俊美
 甲板にかぶさつて来る星月夜    畠中俊美
 まだきより草市の水匂ひけり    山内茉莉
 百貨店にも一劃の盆の市      中西英明
 売り尽くし片付け早き盆の市    山本澄恵
 草市へ朝の散歩の道すがら     島田夏楓
 草市の終りて残る水たまり     米澤道子
 星月夜湖をふちどる灯の暗く    堂前悦子
 草市の滴る水の荷を解く      原本朋代
 高砂も黒姫山も星月夜       田中晃真
 草市を匂ひ立させし通り雨     西上禎子

 純也先生吟

 又しても水打つて掃き盆の市
 草市のものをうるほす日照雨
 山の上に天守今なし星月夜
 

 出句者32名、出句138句でした。
 次回(9月4日)の兼題は「台風」と「葛の花」です、多数のご参加をお待ちいたします。
                                (報告/島田夏楓)
 


 吹田句会報(7月3日)

 今月の兼題は「玉虫」と「夕立」でした。
 晴とは言うものの梅雨前線が少しずれただけの梅雨の晴れ間、湿度の高い日本の夏の過酷
 さを思い知らされるような蒸しむしとした一日でした。
 こんな日の玉虫は宝石を観るようで、さながら一服の清涼剤なのですが・・・
 主宰の特選に入った16句を紹介します。

  純也先生選

 大夕立足元からも降つて来る      堂前悦子
 夕立の気配の風のなまぬるく      堂前悦子
 一粒の当たるや否や大夕立       浜田きみ子
 アスファルト湯気上げてゐる夕立かな  浜田きみ子
 魂抜けて玉虫永久に色残す       横田昭二
 山門に人の駈け込む夕立かな      横田昭二
 玉虫の色ゆかしともあはれとも     島田夏楓
 釣舟を一撃したる大夕立        島田夏楓
 夕立去り雀騒立つ軒端かな       畠中俊美
 足許に叩きつけくる大夕立       西上禎子
 夕立の土の匂ひを広げ去る       米澤道子
 飛ぶときの色は玉虫ならざりし     山内茉莉
 宇治川の濁りそめたる大夕立      田中晃真
 夕立雲湧いてなかなか降り出さず    山内繭彦
 玉虫の忘れられゐる化粧箱       伊藤とし子
 夕立の過ぎし山道草匂ふ        浅野智久恵
 

 出句者29名、出句133句でした 。 
 次回(8月7日)の兼題は「星月夜」と「草市」です。
 多数のご参加をお待ちいたします。
                                (報告/島田夏楓)
 







俳句「山茶花」のホームページです