東京句会    吟行句会(首都圏各地)
 定例日=第二日曜日
 句会場=吟行地付近

 東京句会(2月12日開催)報告

 今月の吟行は池上本門寺と、本門寺に隣接する池上梅園でした。
 この冬は東京も寒い日が続き梅の開花が遅れていますが、名のある梅園であり、
 探梅の人もそこそこ来ていました。
 周辺は池上本門寺の末寺が多く点在しており、静かな町に静かに梅が咲きそめて
 いました。

 主宰の特選は次のとおりです。

 鎧垣廻らす路地の梅寒し     小室藍子
 竹垣に絡みし郁子の芽ぐみそむ  小室藍子
 雪積もる気配を感じつつ眠る   芦立みさ子
 園歩く梅の遅速を愛でながら   柳沢いわを
 どの梅も名木にして園巡る    安楽陽子
 手囲ひに梅の香りを確かむる   本澤さちこ
   
                       (報告/本澤さちこ)  


 東京句会(1月8日開催)報告

 今月の吟行は鳥越神社のどんど焼でした。
 平安時代から続くどんど焼は日本各地で行われていますが、東京では浅草の鳥越神
 社と浅草寺、新宿の花園神社が有名です。
 近隣の建物の密集事情などから今は他では殆ど行われていないようです。
 鳥越神社も住宅に囲まれているため消防車が待機し、点火前には社殿はもとより隣
 接する住宅にも放水してから始まりました。

 主宰の特選は次のとおりです。

 消防の火伏の水もどんど焼    大友紀子
 御祓を受け左義長の火入かな   大友紀子
 消火器のあまた並びてどんど焼  宮本裕子
 くすぶれる炭を掻き出し飾焚   宮本裕子
 橋くぐり橋くぐり飛ぶ都鳥    芦立みさ子
 牛蒡注連積み上げどんど櫓かな  小室藍香
 消防士屋根にも控へどんど焼   不破澄子
 降つて来し雨にどんどの衰へず  柳沢いわを
 風向きの左義長の火に後退る   本澤さちこ
 遠巻きにどんど監視の消防団   本澤さちこ
 高高と吉書の尉の行方かな    本澤さちこ
 
                        (報告/本澤さちこ)  


 東京句会(12月10日開催)報告

 12月の吟行は浜離宮恩賜庭園でした。
 浜離宮恩賜庭園は潮入り池と二つの鴨場を持つ江戸時代の大名庭園で、国の特別史
 跡に指定されています。
 徳川家の歴代将軍によって造園・改修され、鷹狩場と鴨場があり、隅田川の下流に
 あって浅草と結ぶ遊覧船の発着場はかつて将軍が乗下船したところでもあります。
 明治維新後は皇室の離宮となりました。
 周囲の高層ビルに囲まれ、築地魚市場も徒歩5分ほどの近さです。
 園内は街騒も聞こえず、時折、長く尾を引く遊覧船の船笛が聞こえました。

 主宰の特選は次のとおりです。

 しろがねの滝とどろきて冬紅葉    岡栄子
 云ひ忘れ又置き忘れ日短       岡栄子
 へろへろと一枚吹かれ古暦      岡栄子
 手入れ済む松の小枝の脂光る     小室藍香
 枯藤の弾き残れる実莢かな      小室藍香
 山里の霰まじりの日照雨かな     不破澄子
 棕櫚の皮剥がれしままに下がりけり  柴 多美子
 陣を成すほどにはをらず浮寝鴨    大友紀子
 咲き増えて池面の石蕗の花明り    西川滿里子
 
                          (報告/本澤さちこ) 


 東京句会(11月12日開催)報告

 今月の吟行は浅草界隈でした。
 浅草寺はもとより、今回のポイントは隅田河畔の墨堤公園と、浅草寺の対岸に位置
 する牛嶋神社です。
 墨堤公園は隅田川沿いに全長2kmに及ぶ長い公園で、都鳥が飛び、桜の季節には
 ことさら華やぐところです。
 浅草寺は外国からの旅行客は衰えをしらず相かわらずの賑わいですが、これに対比
 するように対岸の牛嶋神社は879年の建立で、本所の総鎮守であることから地元
 の人がお参りする静かな神社です。

 主宰の特選は次のとおりです。

 ぽつくりは母履きしもの七五三   柴 多美子
 錦鯉群るるも散るも冬日和     柴 多美子
 日に映えて残る桜の紅葉濃し    柳沢いわを
 漂ふも舞ふも日を浴び都鳥     秋山嘉恵
 都鳥水上バスを追ひにけり     小室藍香
 人入れぬ伝法院の池普請      山岸すず
 大根干す路地の二階の軒にかな   宮本裕子
 巾着を提げ白足袋の男かな     本澤さちこ
 
                         (報告/本澤さちこ)  


 東京句会(10月8日開催)報告

 今月は世田谷区烏山の寺町を吟行しました。
 喜多川歌麿や速水御舟・水野忠邦・宝井其角・三遊亭圓生・等々、著名どころの墓を
 頂く26もの寺院が並ぶ町です。
 大正の関東大震災の後、浅草・築地・本所・荒川などから移転してきた寺院が集まっ
 ているため、思わぬ人の墓があったりします。
 ここが東京かと思うほどの静かな町でした。

 主宰の特選は次のとおりです。

 秋風の抜くる寺町通りかな     柴 多美子
 敷石のつぎ目つぎ目の草黄葉    柴 多美子
 寺町のおほかた澄みし松手入    柴多美子
 バス停に待ちくたびれて秋厚し   不破澄子
 秋の蚊と思へぬほどの多さかな   不破澄子
 露けしや句碑より小さき其角堂   柳沢いわを
 流るるとなく雲流れ秋の空     本澤さちこ
 木犀の香に濯ぎ干す大シーツ    山岸すず
 風向きに金木犀の匂ひくる     宮本裕子
 寺町の昼の静けさ小鳥来る     安楽陽子
 少し増えいつもの場所の彼岸花   新庄茂文
   
                       (レポート/本澤さちこ)  


 東京句会(9月17日開催)報告

 今月は国立科学博物館付属自然教育園を吟行しました。
 あいにく台風襲来の前日とあって、雨の園内は殆ど人がいない静まり返っていて、
 少し怖いくらいでした。
 松平家藩邸跡に多種多様の植物が生い茂る広い園内は薄暗く、たまに人影を見ると
 ほっとするほどでした。

 主宰の特選は次の通りです。

 鉦叩数へていつか寝ねにけり   不破澄子
 曼殊沙華そり返りつつ縺れなし  不破澄子
 新蕎麦を蘊蓄通り塩で食ふ    新庄茂文
 東京の新聞薄き盆休       新庄茂文
 秋の蝶影を芝生に落しつつ    柴 多美子
 呈茶受く間も秋の蚊の襲ひ来る  柴 多美子
 雨風に耐へ女郎花男郎花     松村登美子
 
                          (報告・本澤さちこ)


 東京句会(8月13日開催)報告

 今月は小石川後楽園で吟行です。
 この庭園は水戸藩主徳川頼房が造り光圀によって完成させた大名庭園で、中国の名閣
 「岳陽桜」を詠った詩「天下の憂いに先じて憂い、天下の楽しみに後れて楽しむ」よ
 り「後楽園」と命名したものです。
 東日本大震災の被害の修復工事中の箇所が随所にあって、いま名園の「復興」が進ん
 でいます。

 主宰の特選は以下のとおりです。

 庭園に入り蝉時雨ふりかぶる      柳沢いわを
 縦横に走るさざ波涼新た        柳沢いわを
 数多実となりつつ蓮の咲き続く     柳沢いわを
 泣きごとは言はじと決めて暑に耐ふる  芦立みさ子
 高き木々縫ひ高く飛ぶ黒揚羽      芦立みさ子
 あめんぼうはじきはじかれ群らがれる  芦立みさ子
 揺るる葉に止まりかねゐる蜻蛉かな   本澤さちこ
 立つ風に転げころげて蝉の殻      本澤さちこ
 小綬鶏の鋭声山より朝曇        岡栄子
 露地住の軒に垂れをる大瓢       岡栄子
 姉らしく振る舞ふやうに夏帽子     杉原祐之
 汗だくになりて二人の子を連れて    杉原祐之
 なつぼうししかられふかくかぶったよ  杉原美紅
(小学一年生)
 あさがおのつるはそらへのすべりだい  杉原美紅
 秋暑し手塩強めの握り飯        柴 多美子
 一休みするベンチにも蟻の列      松村登美子
 貸日傘色を違へて差し合うて      大友紀子
 白萩の地を這ふ枝に二つ三つ      山岸すず
 朝富士のうつすら浮かび稲の花     秋山嘉恵 
 
                           (報告/本澤さちこ)  


 東京句会(7月23日開催)報告

 7月は江戸川区にある行船公園での金魚まつりの吟行でした。
 金魚は3世紀はじめの中国で原種が発見され、宮廷で鑑賞されるようになりました。
 日本へは1502年(室町時代)に大阪界隈に入り、江戸時代に上野不忍池附近で
 養殖されはじめました。
 明治になって良水の江戸川方面へ養殖業者が移り現在に至っています。
 都市化が進み業者も減りましたが、金魚まつりは江戸川区の肝入りで、毎年大変な
 賑わいとなっています。

 主宰の特選は次のとおりです。

 全身で逃げる金魚へポイ迫る     小室藍香
 生臭き水に掬へる金魚かな      小室藍香
 綿菓子に顔の隠れて浴衣の子     本澤さちこ
 仰向けになりもし蜘蛛の囲を紡ぐ   本澤さちこ
 無造作に片手で掬ひ金魚売る     柳沢いわを
 金魚まつりめだかすくひもその中に  柳沢いわを
 手際良く酸素吹き込み金魚売る    大友紀子
 釣荵水滴らせ揺れ止まず       大友紀子
 値札浮く金魚の槽の水匂ふ      山岸すず
 
                         (報告/本澤さちこ)