東京句会    吟行句会(首都圏各地)
 定例日=第二日曜日
 句会場=吟行地付近

 東京句会(9月17日開催)報告

 今月は国立科学博物館付属自然教育園を吟行しました。
 あいにく台風襲来の前日とあって、雨の園内は殆ど人がいない静まり返っていて、
 少し怖いくらいでした。
 松平家藩邸跡に多種多様の植物が生い茂る広い園内は薄暗く、たまに人影を見ると
 ほっとするほどでした。

 主宰の特選は次の通りです。

 鉦叩数へていつか寝ねにけり   不破澄子
 曼殊沙華そり返りつつ縺れなし  不破澄子
 新蕎麦を蘊蓄通り塩で食ふ    新庄茂文
 東京の新聞薄き盆休       新庄茂文
 秋の蝶影を芝生に落しつつ    柴 多美子
 呈茶受く間も秋の蚊の襲ひ来る  柴 多美子
 雨風に耐へ女郎花男郎花     松村登美子
 
                          (報告・本澤さちこ)


 東京句会(8月13日開催)報告

 今月は小石川後楽園で吟行です。
 この庭園は水戸藩主徳川頼房が造り光圀によって完成させた大名庭園で、中国の名閣
 「岳陽桜」を詠った詩「天下の憂いに先じて憂い、天下の楽しみに後れて楽しむ」よ
 り「後楽園」と命名したものです。
 東日本大震災の被害の修復工事中の箇所が随所にあって、いま名園の「復興」が進ん
 でいます。

 主宰の特選は以下のとおりです。

 庭園に入り蝉時雨ふりかぶる      柳沢いわを
 縦横に走るさざ波涼新た        柳沢いわを
 数多実となりつつ蓮の咲き続く     柳沢いわを
 泣きごとは言はじと決めて暑に耐ふる  芦立みさ子
 高き木々縫ひ高く飛ぶ黒揚羽      芦立みさ子
 あめんぼうはじきはじかれ群らがれる  芦立みさ子
 揺るる葉に止まりかねゐる蜻蛉かな   本澤さちこ
 立つ風に転げころげて蝉の殻      本澤さちこ
 小綬鶏の鋭声山より朝曇        岡栄子
 露地住の軒に垂れをる大瓢       岡栄子
 姉らしく振る舞ふやうに夏帽子     杉原祐之
 汗だくになりて二人の子を連れて    杉原祐之
 なつぼうししかられふかくかぶったよ  杉原美紅
(小学一年生)
 あさがおのつるはそらへのすべりだい  杉原美紅
 秋暑し手塩強めの握り飯        柴 多美子
 一休みするベンチにも蟻の列      松村登美子
 貸日傘色を違へて差し合うて      大友紀子
 白萩の地を這ふ枝に二つ三つ      山岸すず
 朝富士のうつすら浮かび稲の花     秋山嘉恵 
 
                           (報告/本澤さちこ)  


 東京句会(7月23日開催)報告

 7月は江戸川区にある行船公園での金魚まつりの吟行でした。
 金魚は3世紀はじめの中国で原種が発見され、宮廷で鑑賞されるようになりました。
 日本へは1502年(室町時代)に大阪界隈に入り、江戸時代に上野不忍池附近で
 養殖されはじめました。
 明治になって良水の江戸川方面へ養殖業者が移り現在に至っています。
 都市化が進み業者も減りましたが、金魚まつりは江戸川区の肝入りで、毎年大変な
 賑わいとなっています。

 主宰の特選は次のとおりです。

 全身で逃げる金魚へポイ迫る     小室藍香
 生臭き水に掬へる金魚かな      小室藍香
 綿菓子に顔の隠れて浴衣の子     本澤さちこ
 仰向けになりもし蜘蛛の囲を紡ぐ   本澤さちこ
 無造作に片手で掬ひ金魚売る     柳沢いわを
 金魚まつりめだかすくひもその中に  柳沢いわを
 手際良く酸素吹き込み金魚売る    大友紀子
 釣荵水滴らせ揺れ止まず       大友紀子
 値札浮く金魚の槽の水匂ふ      山岸すず
 
                         (報告/本澤さちこ)  


 東京句会(6月11日開催)報告

 6月の東京句会は六義園の吟行でした。
 六義園は柳沢吉保が江戸下屋敷として吉保自身が設計した大名庭園で、今、青葉若葉の
 美しいときを迎えています。
  吟行当日はイベントとして社中による太神楽が演じられていました。
 太神楽は1月の季題ではありますが、 実際に行われていたことから写生句として詠んだ
 句が多数あったのですが季重りとなり、主宰から次のようなご指導がありました。

 ご指導内容
 《太神楽は伊勢神宮から出た神人がはじまり。  正月に行われるものは季になるが、
  正月以外は全国を巡業しているので地方によっ
  てやって来る時期が異なる。  秋祭との取り合わせくらいなら詠めるだろうが。》


 「薪能」もいろんな時期に行われていますが、季題となるのは5月に奈良・興福寺で
 行われるものということと一緒なのですね。
 結果として特選句は全没でしたが、六義園らしい句をランダムにご紹介します。

 夏芝を刈りあら草も見逃さず   小室藍香
 いつまでも座つてゐたき泉殿   宮本裕子
 滝見えて足許ゆらぐ丸木橋    岡栄子
 十薬の咲きひろごれる木蔭径   柳沢いわを
 回遊の順路を狭む茂かな     本澤さちこ
 四阿に置き忘れあるサングラス  柴 多美子
 青梅のはづみながらに転げゆく  松村登美子
 近づいて甘茶の花の香のかすか  安楽陽子
 漣の水面の緑散らしゆく     大友紀子
 雉鳩の地鳴のこもる茂かな    新庄茂文
 茶屋の庭夏萩こぼれそめにけり  不破澄子
 満開のさつきは池の面にも映ゆ  甚目灯村
 名園に禁札多し青芒       山本ひろ
                           (報告/本澤さちこ)  


 東京句会(5月14日開催)報告

 今月は千葉県市川市の万葉植物園の吟行でした。
 万葉集に詠まれいる植物を中心に集めて植栽展示され、それぞれの植物に合った和歌の
 札が立てられています。
 中でも変わり種は、和歌に詠まれてはいませんが蛇結茨(ジャケツイバラ)。
 幹には鋭い棘が数多あって、ゴム手袋をも突き刺すという怖〜い植物ですが、藤棚のよ
 うな設えに真っ黄色の鮮やかな花を付けています。
 園内は芽立つもの、蕾むもの、咲き盛るもの・咲き終えるものと様々ですが、若葉の中
 の万葉園でした。

 主宰の特選は次のとおりです。

 かなぶんの屍に残る翅の色      小室藍香
 萍の風に寄りては離れては      小室藍香
 園丁に踏みつけられし根切虫     小室藍香
 花付けて太藺の叢の立ち揃ふ     本澤さちこ
 めざましく色深めゆく若葉かな    本澤さちこ
 銀色に風の蓬の翻る         本澤さちこ
 園丁の蜘蛛の囲払ふ竹箒       不破澄子
 一ト日とふ
?菜の花の黄色かな    不破澄子
 ものの芽に名札あつたりなかつたり  芦立みさ子
 寺裏の踊子草の群舞かな       柴 多美子
 風に揺れ玉を解きゆく芭蕉かな    宮本裕子
 空木咲きそめて雨がち曇りがち    柳沢いわを
 渡りゆく運河匂へる立夏かな     岡栄子
 ほほけゐて揺るる白髪翁草      大友紀子  
   
                        (報告/本澤さちこ)  


 東京句会(4月9日開催)報告

 今月は清澄庭園の吟行でした。
 元禄期に紀伊国屋文左衛門の屋敷があったと伝えられ、享保年間には下総藩主の江戸
 下屋敷となりました。
 その後、三菱財閥の岩ア弥太郎が買い取り、回遊式築山林泉庭園へ大々的な改修を経
 て今日に至っています。
 全国各地から集められた高価そうな沢山の庭石は圧巻です。

 主宰の特選は次のとおりです。

 上げ潮の早さの見えて花の屑   柳沢いわを
 潦みるみる埋めてゆく落花    柳沢いわを
 鱗立つ松の緑の勢ひかな     本澤さちこ
 飛石の陰の小さきすみれかな   不破澄子
 三椏の開ききつたる靄のなか   柴 多美子
 小流れに沿ひたる著莪の花明り  宮本裕子
 飛石の途切れ順路の春の泥    秋山嘉恵
 新人の合図が響く春の駅     新庄茂文
 大の字に寝てまだ広き花筵    山岸すず
 
                           (報告/本澤さちこ)  


 東京句会(3月4日開催)報告

 3月の東京句会は深大寺だるま市と境内に隣接する神代植物公園でした。
 深大寺のだるま市は「厄除元三大師大祭」として紅白梅が見ごろを迎えるころに行わ
 れる「日本三大だるま市」のひとつです。
 元三大師のご霊験は篤く信仰され、今でも多くの参詣者で境内が溢れます。
 達磨の目入れは開眼所で僧侶の手によって左目に梵字の阿をいれて戴き、一年後の納
 めるときは右目には梵字の吽を入れるという深大寺独特のものです。

 主宰の特選句はつぎのとおりです。

 達磨市達磨跨いて売りにけり    本澤さちこ
 てのひらに受け開眼の福達磨    本澤さちこ
 金色は上段に据ゑ達磨市      本澤さちこ
 結び目の縄いきいきと垣繕ふ    本澤さちこ
 大中小五彩六彩だるま市      荻野朝子
 駒ケ岳映す湖面の
?舟       荻野朝子  
 達磨市達磨の中に立つて売る    柳沢いわを
 福達磨頭上にかかげ来て納む    柳沢いわを
 そば粉挽く水車ことこと水温む   秋山嘉恵
 達磨売赤づくめ着て達磨市     秋山嘉恵
 福達磨目入れの列のつづきけり   宮本裕子
 棕櫚縄を扱き竹垣繕はれ      小室藍香
 蕎麦処前に張り出し達磨市     山岸すず
 黄梅に風吹き荒るる一と日かな   岡栄子
 表情のそれぞれにあり福達磨    大友紀子
 開眼の列に並びて福達磨      柴 多美子
 開眼の右目吽入れ福達磨      田代えつ子
 巡りても買ふ店同じ達磨市     新庄茂文
 張る糸の高さに揃へ垣繕ふ     不破澄子
 阿と吽の墨の濃淡福達磨      杉原祐之  
                       
 (報告/本澤さちこ)  


 東京句会(2月12日開催)報告

 2月の東京句会は横浜・中華街の吟行でした。
 日程の関係で前日に春節が終わっていましが、街にはまだまだ余韻がありました。
 ご他聞に漏れず外国人の観光客も大勢いて賑わっていました。
 特にあちこちにある肉まんじゅうの有名な店には早朝から長い行列ができ、街中が
 「中華」になっていました。
 その後、港の見える丘公園に移動し、俯瞰する春の横浜港でした。

 主宰の特選句は次のとおりです。

 湧く水の辺の寒芹のここかしこ    高岡栄子
 海苔掻に安房の黒潮藍ひろげ     高岡栄子
 海苔掻くや礁だたみの離れ島     高岡栄子
 唐獅子を飾り旧正月の街       小室藍香
 レンガ壁遺る元町春浅し       小室藍香
 達筆の春聯の戸の開けてあり     本澤さちこ
 晴々と紺を湛へて春の海       本澤さちこ
 旧正のチャイナ通りに買ふ魔除    不破澄子
 関帝の供物のバレンタインチョコ   不破澄子
 鳶一羽関帝廟の春の空        柳沢いわを
 つんつんと薔薇の芽の数棘の数    柳沢いわを
 功徳金供へ銅鑼打つ春の寺      大友紀子
 功徳金燃やして詣で春の寺      大友紀子
 媽祖廟の極彩色に春立ちぬ      山岸すず
 艫綱に犇き合うて都鳥        山岸すず
 ほほゑみしままの寝顔のあたたかし  松村登美子
 うららかや港の見ゆる丘に立ち    宮本裕子
 耕しの終りし畑に雀跳ね       杉原祐之

                            (報告/本澤さちこ)  


 東京句会(1月9日開催)報告

 1月の東京句会は深川の七福神詣の吟行でした。
 徳川家康が江戸に入った頃の深川は殆どが海でした。
 その後、江戸の発展とともに門前仲町を中心として江戸文化が開花し、寺社も多く花街と
 しても賑わいました。
 そのかをりが今も随所に残る粋な町です。
 句会場は芭蕉記念館でした。

 主宰の特選句は次のとおりです。

 早出して深川七福詣かな       本澤さちこ
 赤リボン結ひ初髪の女の児      本澤さちこ  
 いとけなき手の握りしむ破魔矢かな  本澤さちこ
 梅ふふむ芭蕉の像のかたはらに    本澤さちこ
 改札を出て述べ合へる御慶かな    小室藍香
 初不動響く法鼓に護摩火爆ぜ     小室藍香
 初不動深川めしの軒連ね       小室藍香
 舟宿の盛塩に挿す鳥総松       荻野朝子
 観戦のラグビー9番ばかり追ふ    荻野朝子
 寒中の大音声の御焚上        大友紀子
 あさり飯食べて七福詣かな      大友紀子
 護摩行の淑気に揺るる焔かな     柴 多美子
 賀状来るケア付ホームに越しますと  高岡栄子
 寝ねがての喉ひりひりと寒に入る   松村登美子
 手袋をとりご朱印の列につく     山岸すず
 小寒の俄に風の強まりぬ       杉原祐之
 芭蕉庵跡の祠の寒雀         安楽陽子
                             (報告/本澤さちこ)  


 東京句会(12月11日開催)報告

 12月の東京句会は師走の浅草界隈でした。
 外人観光客の賑わいは相変わらず凄いです。
 仲見世ではマナーを呼び掛ける放送が流れ、慌ただしい季節に拍車をかけているかの
 ようでした。

 三村純也先生の特選は次のとおりです。

 リヤカーに箒三本落葉掻      松村登美子
 日当りの冬芽のこぞる一樹かな   本澤さちこ
 都鳥とてパン屑に群れ騒ぐ     中原雅美
 おでん種寄する手際の湯気の内   山岸すず
 横丁の店の二階の蒲団干す     安楽陽子
 
                         (報告/本澤さちこ)  


 東京句会(11月13日開催)報告

 11月の東京句会は井の頭公園と井の頭自然文化園の吟行でした。
 広大な公園の敷地には宮崎駿のジブリ美術館や隣接する自然文化園には動物園もあって、
 いつも家族連れで賑わっています。
 今年5月に69才で老衰のため旅立った象の花子の舎屋には、今も子供や大人たちが大勢
 訪れていました。

 主宰の特選句は次のとおりです。

 象をらぬ象舎落葉の降るばかり    柳沢いわを
 大楓紅葉しそめし暗さあり      柳沢いわを
 水浴びをくり返し鴨毛づくろひ    安楽陽子
 足漕ぎのボートを追つてゆく鴨も   安楽陽子
 人よりも幟の多く秋祭        新庄茂文
 香具師同士込みゐる秋祭       新庄茂文
 掃く手止め話し込む間も木の葉散る  山岸すず
 髪置の歩きたがらぬ草履かな     不破澄子
 
                            (報告/本澤さちこ)  


 東京句会(10月9日開催)報告

 10月の東京句会は国立科学博物館附属自然教育園でした。
 都心でありながら広大な敷地に数千種の草木が自然の形で保持されていて、人工的には
 殆ど手を加えていない植物園です。
 雨が上がっても木々から滴る雫に、傘をささずにはいられないほどでした。

 主宰の特選句は次のとおりです。

 引き抜きて尻餅をつく落花生   松村登美子
 水引の一粒づつの雨雫      松村登美子
 冷まじや大蛇の松の鱗立ち    不破澄子
 秋の蚊のつきまとひくる傘の内  不破澄子
 近づいて見て吾亦紅なりしかな  柳沢いわを
 ひとり居に雨の日続く夜長かな  高岡栄子
 雨湿り残れる園の昼の虫     山岸すず
 ゑのこ草丈高からず低からず   中原雅美

                            (報告/本澤さちこ)  


 東京句会(9月18日開催)報告

 9月の吟行地は向島百花園でした。
 もみぢにはまだ早く、木々や花々が今を盛りと生い咲いていました。
 朝からの秋の時雨がしっとりと風情を添えていて見応えがありましたが、全部を見きれな
 かったのが心残りでした。
 来園客で混み合っていました。

 三村純也先生の特選は次のとおりです。
 

 芙蓉咲き教へ子の押すベビーカー  山岸すず
 芭蕉葉の裂けんとするも破るるも  山岸すず
 鎌首をもたげ蛇瓜垂れにけり    柳沢いわを
 乱れ萩吹かれて増えし蝶の数    柳沢いわを
 泳がせて大事に掬ひ新豆腐     高岡栄子
 静止してクレーン高し盆休     新庄茂文
 
                           (報告/本澤さちこ)  


 東京句会(8月7日開催)報告

 8月の東京句会は杉並区阿佐ヶ谷の七夕祭でした。
 都内でもこれだけ大掛かりな商店街の七夕祭は少ないため、朝から老若男女でごったがえし
 ていました。
 狂ったような暑さに参加者は少なめでした。

 三村純也先生の特選は次のとおりです。

 七夕の夕べの雨の上がりたる     杉原祐之
 七夕の冊の幼なの文字ばかり     杉原祐之
 改札口にも七夕の吹流し       西尾美穂子
 飲むたびに一回転のラムネ玉     本澤さちこ
 きりぎりすばかり鳴かせて虫を売る  蜻いわを
 硯洗ふ墨あをあをと流れ出し     甚目灯村

 次回は9月18日、吟行地は向島百花園です。
                           (報告/本澤さちこ)
 


 東京句会報告(7月10日開催)報告
  吟行地 浅草寺(鬼灯市)


 今回は浅草寺の鬼灯市を吟行しました。
 この日は四万六千日でもあり、鬼灯の鉢を持ったも参詣人もぎゅうぎゅう詰めでした。

 三村純也先生の特選は14句で次のとおり。

 息災に四万六千日詣          上原和子 
 鬼灯市売子は髪を引つつめて       同
 川風の通る二階の夏座敷         同
 傾けて回して見立て鬼灯市       宮本ひかる
 鬼灯市夕風匂ひ水匂ひ          同
 指先で髪梳きなほし浴衣の娘      本澤さちこ
 スマートフォン帯に挿し込み浴衣の娘   同
 雨降りて止みてまた降り鬼灯市     西尾美穂子
 鬼灯市雨を厭はぬ人出かな        同
 提げ帰る丈に仕立てて鬼灯市      山岸すず
 雨晴れて鬼灯市の人出かな       柳沢いわを
 地に並べ吊りて鬼灯市の鉢       甚目灯村
 夕さりて四万六千日の風        矢野みはる
 手に高く掲げ呼び込み鬼灯市      安楽陽子

 初参加の上原和子さん、矢野みはるさんをお迎えして今回出席者は12名、欠席投句者
 3名、計15名であった。
                        (報告者 宮本ひかる)