とは「日の出の太陽のさま」。
 旭日
などと使われます。
 山茶花には6名の選者がいます。
 選者夏を詠む  

            伊藤とし子
 カーテンのかすかに揺るる薄暑かな
 降り出して植ゑしばかりの田のそよぐ
 暮るるには間のある岸の鵜飼舟
 螢火のいつしか消えて草そよぐ
 姉妹とも見ゆる母と娘ソーダ水
            田中由子
 残る鴨番のほかは見当たらず
 連歌所の蔀戸おろし木下闇
 庭に灯を声をこぼせる網戸かな
 空に星地に有菅の刻が来る
 夏座敷川下り来る舟見えて
            中本真人
 石段の急勾配を荒神輿
 撒水のレバー放して人通す
 黴の陰コピーに淡く写り込む
 一斉に鳴る風鈴の音違ふ
 船室の雑魚寝の裸足浅黒く
            西上禎子
 夢と知りつつ見る夢の明易し
 結ひなせる埒に人堰き競べ馬
 苑古りてまことしやかに滝落す
 新顔の甲斐がひしくて溝浚へ
 ジャムを煮て夏至の厨を香らしむ
            山内繭彦
 武具飾り戦なく世を祝ひたる
 職を退く道筋決めて更衣
 嘴傷を負へる小鮎も跳ねやまず
 羽衣の松の根元の蟻地獄
 骸なる百足虫今にも動きさう