とは「日の出の太陽のさま」。
 旭日
などと使われます。
 山茶花には6名の選者がいます。
 選者冬を詠む  


            伊藤とし子
 奥嵯峨の名もなき庵の帰り花
 守衛とし御用納めの門閉づる
 古日記すべての日々のいとほしく
 快晴にして恙なき初日記
 菰ふかく色の褪せゆく寒牡丹
            田中由子
  ほつこりと焼藷十個燠の中
 みな無口日がな牡蠣打つ日々続き
 竹馬に本気となりし靴を脱ぐ
 水仙の丘に水平線遥か
 雪女郎覗きゐしてふ窓を拭く
            中本真人
 獅子舞のよくよく噛んでお札呑む
 極薄のパソコン開き事務始
 生垣を凹まし積もる深雪かな
 大氷柱伝ふ雫も凍りつく
 悴んでめくる写本の袋綴ぢ
            西上禎子
 手囲ひにキャンドル捧げ聖歌隊
 賀状なほ学童疎開仲間より
 読初の箴言集を諾ひて
 国境とふ名の峠雪残る
 いのち得て数へやうとは年の豆
            山内繭彦
 白髭の鳥居波立ち神渡
 神農の朝一番の虎を受く
 地下足袋を履いて鮟鱇捌きをり
 島内放送まづ村長の御慶かな
 珊瑚礁囲む島なる避寒かな