とは「日の出の太陽のさま」。
 旭日
などと使われます。
 山茶花には6名の選者がいます。
 選者夏を詠む  

            伊藤とし子
灯台の小さく見ゆる卯波かな
降り出してきて雨蛙ゐずなりぬ
一日の極暑をしづめ星一つ
雨少しこぼして土用太郎かな
ラムネ玉も一度鳴らし飲み干しぬ
            田中由子
夏至なればまだまだ出来る一と句会
得意気に蜥蜴見せる子膝に傷
何枚目使ふ今日はも汗のごひ
化粧落ちせぬかと汗を拭ひけり
捕虫網日々振りまはし夏休
            中本真人
弟を泣かせ裸の女の子
久々にゼミに出て来し日焼顔
ずぶ濡れのカーテンコール夏芝居
帰省子のキャリーケースのステッカー
久吉を睨む五右衛門立版古
 
            西上禎子
下闇に入りて寧らぐ歩となりぬ
散り敷いて柿の仇花褥なす
宙をふつ飛んで襟巻蜥蜴かな
夕立にシャッター街の軒を借る
夜雷とどろかせつつさみだるる
 
            山内繭彦
水筒の熱き茶を汲み山女釣
前山と思へば背山ほととぎす
今年竹今し皮脱ぐ碧さかな
空蝉の鼈甲色の透くるまま
ここよりは届出の要る登山道