豊中句会    兼題句会(席題あり)雑詠可
 定例日=第三水曜日
 句会場=豊中中央公民館

 豊中句会(5月16日開催)報告

 夏日になりました。いや、会場付近では真夏日になっていたかも。
 そんな暑い日の豊中句会、12・13日の研修会に参加した人も疲労回復、元気に
 参加されました。
 当然のように思い出話にも花が咲きましたが、問題は「穴子」の解釈。生物として
 の穴子を詠むのか、食物の穴子でもいいのかが議論の的。
 結局は純也主宰の御選を見てのこととなりましたが、さてその結果は?
 兼題は「穴子」と「山法師」、席題は「夏霞」でした。
 純也主宰の特選は12句でした。
 
 純也選

 待たされて旅の老舗の穴子飯   畠中俊美
 峠路のまた日照雨して山法師   畠中俊美
 宮島へ渡舟待つ間の穴子飯    畠中俊美
 駅に買ふ旅の始めの穴子飯    西上禎子
 霧雨にあふられどほし山法師   西上禎子
 一匹を丸ごとねたの穴子鮨    伊瀬知正子
 煮て焼いて蒸して明石の大穴子  島田夏楓
 ひとひらを風に攫はれ山法師   中西英明
 駅弁と云へど播磨の穴子飯    横田昭二
 豪快に穴子一本穴子飯      越後寿子
 山法師咲いて鞍馬といふところ  藤堂くにを
 賄ひの糶にかからぬ穴子かな   米澤道子

 純也主宰吟

 熨斗掛けて檜の箱の穴子鮨
 献上の誉れの味の穴子鮨
 持ち帰りのみの老舗の穴子鮨
 穴子舟抜荷の如く出しにけり

 参加、出句合せて33名、131句が寄せられました。
 豊中市内在住の市来田鶴子さんの初参加がありました。
 次回は6月20日、兼題は「苔の花」と「蛞蝓」です。
 皆さまのご参加ご出句をお待ち申しあげます。
                         (報告/中西英明)
 


 豊中句会(4月18日開催)報告

 それらしい日の少なかった今年の春。
 そのなかではどちらかといえば春らしい日の開催となりましたが・・・・
 問題は兼題がこの時期らしくなかったということです。
 まず「復活祭」。“春分の日の次の満月の後の日曜日”と定められており、大体4月
 半ばになることが多いのですが、暦のめぐり合わせで今年は4月1日!
 これはイースターとしては最速に近い日にちで、さらに更に、桜なんかもう散り果て
 ていました。
 つまり、句会の当日にはどちらも感じられないという兼題になってしまったという訳
 で、幹事としては見通しの甘さをお詫びしなければならない羽目に。
 せめてこれだけは季節らしいものをと「鞦韆」。
 ただ、兼題句でも、たったいま見てきたようなリアルな句が多かったのはさすが。
 “俳句職人”(?)の集まりのような句会になりました。

 純也先生の特選13句をご紹介します。

 この島に受難の歴史復活祭     櫻井俊治
 教会に子供の目立ち復活祭     櫻井俊治
 ゴンドラに揺られ見下す花の雲   西村多恵
 見下して見上げて花の雲の中    越後寿子
 はからずも復活祭のパリに着く   杉本蒼生子
 蔵王堂隠し隠さず花の雲      西上禎子
 祝福のロザリオ受けて復活祭    野間泰子
 教会のバザー賑はふ復活祭     畠中俊美
 本降に戸を閉し急ぐ花の茶屋    浜田きみ子
 北山へ花の雲なす賀茂堤      伊瀬知正子
 復活祭始まる聖書開きけり     北村好作
 花の雲辿り淀川づたひかな     里見かつこ
 聖堂に花の満ちゐてイースター   中西英明

 純也主宰吟

 イースターより新年度始まりぬ
 磔像は磔像のまま復活祭
 耶蘇村と今もけなされ復活祭
 花の雲より大川の流れかな
 比良真白なりけり花の雲の上

 次回は5月16日の開催、兼題は「山法師」と「穴子」です。
 このレポートがアップされるころには「山法師」も満開をすぎているでしょうが、
 来月も懲りずにご参加ご出句いただけますようお願い申しあげます。
                          (報告/中西英明)
 


 豊中句会(3月21日開催)報告

 句会の日は「お彼岸」の中日、文字通り寒さと暑さの分かれ目になりました。
 普段の年なら寒さもここまで、あとは暖かくなるということですが、今年は急に暑く
 なるという予報、会館の界隈の白い辛夷の花も散り、はやくも錆びてきていました。
 兼題は「卒業」と「木の芽」、席題が当日のお天気を見て「春雨」となりました。
 純也主宰の御選の結果は「類想」という朱書きがあちこち、近来にない数のご注意を
 いただく派目になりました。
 取り組みやすい季題こそもう一歩の踏み込みが要るということかと知らされました。
 
 純也主宰の特選は次の通りです。

 卒業す父母亡き後を祖父と生き    杉本蒼生子
 甲山晴れて木の芽の賑はしき     杉本蒼生子
 とにもかくにも卒業にこぎつけし   中西英明
 カナダ発卒業旅行三信目       境 雅秋
 定年の恩師とともに卒業す      島田夏楓
 音もなく芽吹き促す雨一と日     西山洋美
 ぎりぎりの出席満たし卒業す     米田静枝
 教師としこれが最後の卒業子     石井順恵
 ITの起業家として卒業す      伊瀬知正子
 卒業子畑違ひの職選び        織作香代
 水音の整ひそめし木の芽風      藤堂くにを
 歌詞今も忘れてをらず卒業歌     野間泰子
 お屋敷の閉ざされしまま木々芽ぐむ  畠中俊美
 校歌まだ覚えてをらず卒業す     山本澄恵
 挙りつつ日の斑をはじく木の芽かな  米澤道子

 純也主宰吟を互選から。

 どさと雪落つれば木の芽確かなる
 ずんぐりと兜太のごとき木の芽かな
 その中に抱かれし遺影卒業式
 卒業しさらに研究員として
 落第をさせて反省うながしぬ

 出席、欠席投句をあわせて129句、山内 凜さんが初参加でした。

 次回は4月18日、兼題は「花の雲」と「復活祭」です。
 皆さまのご参加、ご出句をお待ちいたします。
                            (報告/中西英明)
 


 豊中句会(2月21日開催)報告

 平昌オリンピックも山場にさしかかるタイミングでの句会になりました。
 日本選手団が獲得するメダルも冬季五輪史上最多になることが見えてきましたが、
 この日の句会後に話題になったのはカーリングのスコアの数え方でした。
 西上禎子さんがまるで解説者のように丁寧に「カーリングの観方」にふれて熱気
 あふれるガイダンス。
 熱くなるのは一投でどんでん返しの出来るカーリングだからこそと感じました。

 兼題は「春一番」と「冴返る」、席題が「盆梅」。
 純也主宰の特選は次の14句でした。

 三村純也選

 税務署の自動音声冴返る      伊瀬知正子
 両隣空家のままに冴返る      伊瀬知正子
 冴返る言はでもがなの言葉聞き   山内茉莉
 百歳はまだまだ若木盆梅展     山内茉莉
 春一番開店ちらし舞ひ上げて    山本澄恵
 事故報らす車内放送冴返る     山本澄恵
 竹折れの音のつづきて春一番    横田昭二
 冴返ることにも慣れて仕舞ひたる  藤堂くにを
 盆梅といへど鴨居に余りたる    西上禎子
 弔問の路地のことさら冴返る    西村多恵
 けふもまた予報通りに冴返る    野間泰子
 朝市の幌のはためく春一番     卯滝文雄
 大漁旗春一番になびかせて     北村好作
 春一番真珠筏を揺さぶりて     境 雅秋

 純也主宰吟

 豪雪に埋もれながらの春一番
 冴返ることを承知の旅路かな
 裏切られたるにあらねど冴返る
 厄介な人事抱へて冴返る

 参加、欠席投句を合わせて125句となりました。
 次回は3月21日、兼題は「卒業」と「木の芽」です。
 ご参加ご投句をお待ち申しあげます。
                          (報告/中西英明)
 


 豊中句会(1月17日開催)報告

 寒の雨の中の開催となりました。
 それでもラッキーだったのは冷え込みがそれほどでもなく、雨もまたそれほどでは
 なかったことでしょうか。
 とはいえ句会場は底冷えのまま。豊中句会が使用している豊中中央公民館の中では
 二番目に広い部屋で、使用頻度も少ないようで、エアコンを28度に設定しても温
 度はあがらず、どうやら室内のコントローラーは利かない設定になっているのかも
 知れないという結論(?)にいたりました。
 兼題は「雪晴」と「凍蝶」、席題はまさにこの日の実感、「春待つ」。
 純也先生の特選は以下の13句でした。

 三村純也先生選

 雪晴といへど怒涛の日本海    山内茉莉
 式場も新居も決まり春を待つ   山内茉莉
 待春の樵道具を整へて      山内茉莉
 凍蝶の少し動いたかも知れず   藤堂くにを
 絵馬堂に春待つ三十六歌仙    藤堂くにを
 軒雀嬉々と騒ぎて深雪晴     越後寿子
 雪晴に温泉街の活気づく     田中晃真
 雪晴に少しうかるる歩みかな   山本澄恵
 雪晴の明るさを繰る雨戸かな   横田昭二
 雪晴や昇るリフトに空きのなく  卯滝文雄
 雪晴の中の婚儀となりにけり   北村好作
 窯出しの日の雪晴となりにけり  中西英明
 雪晴の御苑のしづくたえまなく  畠中俊美

 純也主宰吟

 雪晴を突き上げてゐる劔岳かな
 雪晴のしづれる音の日もすがら
 雪晴の雪塊を置く散居村
 雪晴のどの路地からも立山見ゆる

 参加、出句あわせて136句でした。
 次回は2月21日、兼題は「春一番」と「冴返る」です。
 ご参加ご出句をお待ち申しあげます。
                           (報告/中西英明)  


 豊中句会(12月20日開催)報告

 今年の冬は寒そう!と思わせる日々が続いていたなかで、この日は少し寒さも緩み、
 いつものメンバーがいつものように・・・・といいたいところでしたが、その朝、急
 に熱が出て、念のため句会の前に病院にいったらインフルエンザといわれて自宅静養
 を命じられた人もありました。油断禁物!です。
 この日の兼題は「日短」と「熱燗」、席題は「春支度」でした。

 純也先生の特選20句をご紹介します。

 帯揚げのさくら色買ふ春支度    山内茉莉
 熱燗に噎せし涙と言うてをり    山内茉莉
 暮早し取込めるもの湿り帯び    織作香代
 同郷とわかり熱燗酌みかはす    織作香代
 熱燗を注ぎし蟹の甲羅かな     北村好作
 熱燗に忖度忘れゐたりけり     北村好作
 熱燗やふる里捨てし者同志     西山洋美
 裏山に風鳴る夜の燗熱く      西山洋美
 失せものの一つは出でず日短    浜田きみ子
 祝ぐほどの一事ならねど燗熱く   浜田きみ子
 熱燗にはや絡み出す男かな     中西英明
 手抜きもし後回しもし日短     中西英明
 短日を灯し島発つ帰り船      越後寿子
 後輩にからまれてゐるおでん酒   島田夏楓
 鈍行の一駅ごとの暮早し      清水多憙子
 土産屋のはや店じまひ日短     野間泰子
 熱燗や吐かねばならぬ嘘もあり   山本澄恵
 話切り出すに熱燗もう一本     西上禎子
 熱燗をなほも勧めて聞く本音    西村多恵
 暮れてより届く荷多き日短     横田昭二

 純也主宰吟

 熱燗に説教垂るる愚は止めよ

 この一年のご参加ご出句に感謝申しあげます。
 次回は1月17日、兼題は「凍蝶」と「雪晴」です。
 ご参加ご出句をお待ち申しあげます。
                           (報告/中西英明)  


 豊中句会(11月15日開催)報告

 豊中句会の会場・豊中中央公民館では毎年この時期に「公民館祭」が催されます。
 今年は10月27〜29日(金〜日)の三日間の開催になり、普段からこの公民館
 を利用しているグループ約120団体が日頃の活動成果を発表します。
 豊中句会では今年も、ご参加ご出句いただいている皆さんにご協力いただいて、ご
 自分の句を自筆の短冊にしていただき、それを展示しました。
 筆を使うのは毎年この機会だけという人が大半なのですが、素晴らしい作品をお寄
 せいただきましたので遅ればせながらここでご紹介いたします。

 ひとりでに出来し近道赤のまま    西上禎子 (28・29日)
 体ごと鋏さし入れ萩を刈る      北村好作
 こぼれ萩掃いて仕上げの庭手入    島田夏楓
 箒目の上に白萩こぼれつぐ      石井順恵
 零戦に見ゆるときあり赤蜻蛉     藤堂くにを(27・28日)
 爽やかな日は爽やかに使ひ切る    藤堂くにを(29日のみ)
 北山の秋冷はやき杉襖        織作香代
 夕闇に遠ひぐらしの声ひとつ     畠中俊美
 義理ひとつ果して戻る炎天下     濱田きみ子
 紫陽花のはじめの青の毬育つ     廣瀬照子
 日の暮れて草市へ寄る人増ゆる    米澤道子
 病棟の裏は淀川後の月        里見かつこ
 湧水で知らるる里の芋水車      櫻井俊治
 磧湯に山の粧ひはじめたる      西山洋美
 妹を気遣ふ姉も七五三        山本澄恵(27・28日)
 宸翰の特別展の菊日和        中西英明(27・29日)
 大銀杏散るも残るも耀へり      米田静枝
 もてなしの陸奥ぶりの茸汁      杉本蒼生子
 転校生名乗り大きく初桜       伊瀬知正子
 暮れるまで梅雨晴惜しみ子等遊ぶ   横田昭二(27・28日)
 落し水音をたがへて千枚田      田中晃真(29日のみ)
 放牧の羊追ひこむ初嵐        橋 翠
 公園に移動パン屋と色鳥と      山内茉莉

 11月の兼題は、まさに句会当日だった「七五三」と「山茶花」、兼題は「枯葉」。
 純也主宰の特選は下記の13句でした。

 山茶花の散るも残るも風のまま   中西英明
 紋服の曽祖父も来て七五三     中西英明
 居眠りをしても離さず千歳飴    畠中俊美
 病室の祖母のほほゑみ七五三    織作香代
 飴を手にやつと笑顔の七五三    櫻井俊治
 髪飾り何度も落とし七五三     清水多憙子
 爪先の余る白足袋七五三      杉本蒼生子
 袴着や初めて草履履かされて    西上禎子
 山茶花のなほ葉ごもりの蕾かな   西山洋美
 山茶花や見知らぬ人の母に似て   加藤房子
 山茶花や散り敷くままに嵩をなし  西村多恵
 傘さして千歳飴持つ子を抱きて   松澤新陽
 着くづれぬうちに写真の七五三   米澤道子

 純也主宰吟

 山茶花に雨の上がれば風の日々
 靴の子も草履履く子も七五三

 ご参加・ご出句の皆さんから138句が寄せられました。

 次回は12月20日、兼題は「日短」と「熱燗」です。
 皆さまのご参加ご出句をお待ち申しあげます。
                           (報告/中西英明)
 


 豊中句会(10月18日開催)報告

 五日続きの雨の後の曇り空の一日、その次の日からはまた雨が続いて、その原因と
 なっていた秋雨前線が台風21号を呼び込んで・・・・という貴重な曇り空の日の
 開催となりました。
 兼題は「新松子」と「秋高し」、席題は「赤い羽根」でした。
 「新松子」は歳時記でも例句の少ない季題ですが、目にする機会も多いのに何故?
 と思わされる季題でもあります。
 “松手入”の際には必ずといっていいほど切り捨てられる青い松かさですが、煮詰め
 てジャムにすると美味しいそうです。市販もされているということですが・・・・
 「秋高し」には、いかにもそれらしい気持ちいい句が寄せられました。

 純也主宰の特選は17句でした。

 純也選

 古武道の宗家の門の新松子      島田夏楓
 売られゆく駒に牧場の秋高し     島田夏楓
 選挙カーに負けじと赤い羽根を売る  島田夏楓
 新松子松帆の浦の夕映えて      畠中俊美
 鵺塚に古りゆく松の新松子      畠中俊美
 松籟に育まれゆく新松子       山本澄恵
 棟上げの乾く槌音秋高し       山本澄恵
 お手植えの松の風格新松子      杉本蒼生子
 秋高し鬼の雪隠蓋もなく       境 雅秋
 新松子維新見守り来し城の      西上禎子
 大手門までの並木の新松子      横田昭二
 新松子白砂の上に二つ三つ      石井順恵
 刈入れを待つ千枚田秋高し      伊瀬知正子
 航空ショー五輪を描き秋高し     卯滝文雄
 薬玉の割れて進水秋高し       櫻井俊治
 松原の面影今に新松子        堂前悦子
 年老いし松と云へども新松子     西山洋美

 純也主宰吟

 海の日に風に太りて新松子
 惜しげなく手入れされゆく新松子
 泣き言は数々あれど秋高し

 参加者は35名、出句総数139句でした。
 次回は11月15日、兼題は「山茶花」と「七五三」です。
 ご参加ご出句をお待ち申しあげます。
                           (報告/中西英明)
 


 豊中句会(9月20日開催)報告

 9月の兼題は「露」と「夜食」でした。
 豊中句会の兼題選びは、ひとつはイメージを膨らませて自由に詠めるもの、そして
 もうひとつは写生の効くものを取り合わせるようにしています。
 今回も「夜食」では、狙いどおりにいろんな局面をイメージしていただけたようで、
 この人がこんな句!と思えるような句を出していただき、それが主宰の選に入った
 りして句会幹事としてはニンマリ、というところでした。
 席題はご参加の皆さんと相談して「コスモス」。
 純也先生の特選は以下のとおりです。

 純也選

 校正の一段落の夜食かな         横田昭二
 軍人墓地傾き多く露けしや        横田昭二
 コスモスの色くつきりと群れにけり    横田昭二
 井戸一つ残る城跡露けしや        西山洋美
 もてなしの夜食のスープ具だくさん    西山洋美
 残業のそそくさ食ぶる夜食かな      杉本蒼生子
 行員に夜食の出前届きけり        杉本蒼生子
 露の世に避けて通れぬことばかり     藤堂くにを
 そこそこに夜食すませてなほ励む     藤堂くにを
 露けしやここから先は行者道       田中晃真
 腹八分でも多すぎる夜食かな       田中晃真
 紙皿に配る夜食の焼きむすび       野間泰子
 残り物手を加へては夜食とす       野間泰子
 生欠伸かみころしつつ夜食とる      米澤道子
 油染む手を気にもせず夜食とる      米澤道子
 交番の奥のひと部屋夜食とる       櫻井俊治
 野に咲けるものを露ごと摘みにけり    大澤美代女
 入れ替へて夜食にまはす非常食      中西英明
 ノンアルコールビール添へある夜食かな  北村好作
 露の寺安徳帝の遺品守り         堂前悦子
 夜食とり次の段取ありにけり       畠中俊美
 作業帽あみだに被る夜食かな       松澤新陽
 町石の古びるままに露を置く       山内茉莉
 供華に切る庭の露抱くものばかり     山本澄恵
 日の出今山頂の露響きけり        島田夏楓
 手付かずの夫の遺品の露けしや      西上禎子

 純也主宰吟

 湯気の立つカップすなはち夜食かな
 夜食喰ふ間にも催促電話かな
 野球部のハンバーガーの夜食かな

 豊中句会報告で時々触れたりしている会場近くの辛夷の並木で、実が色づきはじめて
 きました。
 こんな実です。
 
 
 次回は10月18日、兼題は「秋高し」と「新松子」です。
 ご参加ご出句をお待ちしています。
                         (写真と報告/中西英明)


 豊中句会(8月16日開催)報告

 大阪の39日連続の熱帯夜も一旦停止、そろそろ“秋めく”と言っていい日々になって
 きました。
 この熱帯夜、今年は最終的に何日になるのか予想もしたくありませんが、過去最大の
 日数は1994年の59日という記録が残っています。
 約二ヶ月が熱帯夜ですから、大阪はもう亜熱帯の気候なのかも知れません。
 大阪の人は“ラテンの乗り”だと東京の知人が言っていたことがありますが、それなら
 もっと“暑い”のを楽しまないと・・・・やけっぱち?

 今月の兼題は「草市」と「銀河」、席題は「木槿」でした。
 「草市」については「草の市」とした句がありましたが、これは「如何なものか」
 と純也主宰の“朱書き”が入りました。
 たとえば「草餅」を“草の餅”といわないのと同じですね。
 また「銀河」は歳時記によると「天の川」の傍題ということになっていますが、そう
 すると、どうしてもロマンを詠んでみたような甘さに引き摺られそうで、あえてそれ
 を避けて「銀河」ということにしました。
 その意図は的中か、的外れか。
 三村純也主宰の特選からお読み取りください。

 三村純也選

 草市にお迎へ団子買ひにけり     清水多憙子
 夜の更けてさらに伸びゆく銀河かな  清水多憙子
 草市の値を墨書せる段ボール     中西英明
 売れ残り燃やし草市果てにけり    中西英明
 草市の蓮の蕾の固きこと       山本澄恵
 寝袋の一つは寝息天の川       山本澄恵
 銀河濃し大観峰へなだれ落ち     藤堂くにを
 草市に買ひて嵩張るものばかり    藤堂くにを
 草市の青く匂へるもの提げて     西上禎子
 草市に夫の好みし花を選る      西上禎子
 日の暮れて草市へ寄る人増ゆる    米澤道子
 農協の草市のすぐ売り切れて     西村多恵
 客途絶え槙に水打つ盆の市      畠中俊美
 草市の夕べの雨の匂ふかな      大澤美代女
 売り切れの札早々と盆の市      北村好作
 スーパーのミニコーナーの盆の市   里見かつこ
 菩提寺の門前に立つ盆の市      島田夏楓
 草市の終りをちこち水たまり     田中晃真

 純也主宰吟

 巡るほど店の数なき盆の市
 草市の一ト賑はひも朝のうち
 行き交うて年寄ばかり盆の市
 銀漢の北アルプスを横切れる

 参加、欠席投句を合わせて129句、豊中市内在住の山本晋助さんが初参加でした。
 次回は9月20日、 兼題は「露」と「夜食」です。
 ご参加ご出句をお待ち申しあげます。   
                            (報告/中西英明)


 豊中句会(7月19日開催)報告

 いみじくも梅雨明けの日の句会となりました。
 西日本と北日本の豪雨が伝えられた今年、大阪は空梅雨でした。
 その代わり、猛暑日と熱帯夜が多く、海にはどこから迷い込んでくるのかサメやク
 ラゲの出没も話題になっています。
 これも地球の温暖化によるものかも知れません。

 夏だ!海だ!山だ!というわけで兼題は「海開」と「百合」、席題はせめて気分だ
 けは涼しく、と、「風鈴」。
 実際に作ってみると「百合」の難しさが分りました。
 純也先生の特選15句のうち「百合」の句は3句にとどまったのも、皆さんがご苦
 労されたことを示しているように感じました。

 純也先生の特選は以下のとおりです。

 祓はれし犬も飛び込み海開       西上禎子
 夢に海貝風鈴にまどろめば       西上禎子
 救護所の旗立つテント海開       米澤道子
 浜茶屋のすぐ満席の海開        米澤道子
 百合活けてくるりとそつぽ向かれけり  中西英明
 砂浜に祭壇据ゑて海開         中西英明
 一斉に準備体操海開          織作香代
 祢宜の沓砂にのめりて海開       杉本蒼生子
 老いてなほ監視員とし海開       伊瀬知正子
 笹百合や能勢にも隠れキリシタン    大澤美代女
 地元紙の取材も入り海開        櫻井俊治
 シスターの遺影に飾る百合の花     野間泰子
 貝風鈴海恋しがるやうに鳴る      山内茉莉
 遠浅の海に仕立てて海開        山本澄恵
 短冊の舞ひて風鈴鳴りにけり      横田昭二

 純也主宰吟

 灯台へ百合の坂道百合の崖
 百合咲いて山辺の道坂がかる
 海開よりも火蟻が気がかりな
 淡路島くつきり見ゆる海開

 参加・出句あわせて137句になりました。
 次回は8月16日、兼題は「銀河」と「草市」です。
 皆さまのご参加ご出句をお待ち申しあげます。
                          (報告/中西英明)