豊中句会    兼題句会(席題あり)雑詠可
 定例日=第三水曜日
 句会場=豊中中央公民館

 豊中句会(11月15日開催)報告

 豊中句会の会場・豊中中央公民館では毎年この時期に「公民館祭」が催されます。
 今年は10月27〜29日(金〜日)の三日間の開催になり、普段からこの公民館
 を利用しているグループ約120団体が日頃の活動成果を発表します。
 豊中句会では今年も、ご参加ご出句いただいている皆さんにご協力いただいて、ご
 自分の句を自筆の短冊にしていただき、それを展示しました。
 筆を使うのは毎年この機会だけという人が大半なのですが、素晴らしい作品をお寄
 せいただきましたので遅ればせながらここでご紹介いたします。

 ひとりでに出来し近道赤のまま    西上禎子 (28・29日)
 体ごと鋏さし入れ萩を刈る      北村好作
 こぼれ萩掃いて仕上げの庭手入    島田夏楓
 箒目の上に白萩こぼれつぐ      石井順恵
 零戦に見ゆるときあり赤蜻蛉     藤堂くにを(27・28日)
 爽やかな日は爽やかに使ひ切る    藤堂くにを(29日のみ)
 北山の秋冷はやき杉襖        織作香代
 夕闇に遠ひぐらしの声ひとつ     畠中俊美
 義理ひとつ果して戻る炎天下     濱田きみ子
 紫陽花のはじめの青の毬育つ     廣瀬照子
 日の暮れて草市へ寄る人増ゆる    米澤道子
 病棟の裏は淀川後の月        里見かつこ
 湧水で知らるる里の芋水車      櫻井俊治
 磧湯に山の粧ひはじめたる      西山洋美
 妹を気遣ふ姉も七五三        山本澄恵(27・28日)
 宸翰の特別展の菊日和        中西英明(27・29日)
 大銀杏散るも残るも耀へり      米田静枝
 もてなしの陸奥ぶりの茸汁      杉本蒼生子
 転校生名乗り大きく初桜       伊瀬知正子
 暮れるまで梅雨晴惜しみ子等遊ぶ   横田昭二(27・28日)
 落し水音をたがへて千枚田      田中晃真(29日のみ)
 放牧の羊追ひこむ初嵐        橋 翠
 公園に移動パン屋と色鳥と      山内茉莉

 11月の兼題は、まさに句会当日だった「七五三」と「山茶花」、兼題は「枯葉」。
 純也主宰の特選は下記の13句でした。

 山茶花の散るも残るも風のまま   中西英明
 紋服の曽祖父も来て七五三     中西英明
 居眠りをしても離さず千歳飴    畠中俊美
 病室の祖母のほほゑみ七五三    織作香代
 飴を手にやつと笑顔の七五三    櫻井俊治
 髪飾り何度も落とし七五三     清水多憙子
 爪先の余る白足袋七五三      杉本蒼生子
 袴着や初めて草履履かされて    西上禎子
 山茶花のなほ葉ごもりの蕾かな   西山洋美
 山茶花や見知らぬ人の母に似て   加藤房子
 山茶花や散り敷くままに嵩をなし  西村多恵
 傘さして千歳飴持つ子を抱きて   松澤新陽
 着くづれぬうちに写真の七五三   米澤道子

 純也主宰吟

 山茶花に雨の上がれば風の日々
 靴の子も草履履く子も七五三

 ご参加・ご出句の皆さんから138句が寄せられました。

 次回は12月20日、兼題は「日短」と「熱燗」です。
 皆さまのご参加ご出句をお待ち申しあげます。
                           (報告/中西英明)
 


 豊中句会(10月18日開催)報告

 五日続きの雨の後の曇り空の一日、その次の日からはまた雨が続いて、その原因と
 なっていた秋雨前線が台風21号を呼び込んで・・・・という貴重な曇り空の日の
 開催となりました。
 兼題は「新松子」と「秋高し」、席題は「赤い羽根」でした。
 「新松子」は歳時記でも例句の少ない季題ですが、目にする機会も多いのに何故?
 と思わされる季題でもあります。
 “松手入”の際には必ずといっていいほど切り捨てられる青い松かさですが、煮詰め
 てジャムにすると美味しいそうです。市販もされているということですが・・・・
 「秋高し」には、いかにもそれらしい気持ちいい句が寄せられました。

 純也主宰の特選は17句でした。

 純也選

 古武道の宗家の門の新松子      島田夏楓
 売られゆく駒に牧場の秋高し     島田夏楓
 選挙カーに負けじと赤い羽根を売る  島田夏楓
 新松子松帆の浦の夕映えて      畠中俊美
 鵺塚に古りゆく松の新松子      畠中俊美
 松籟に育まれゆく新松子       山本澄恵
 棟上げの乾く槌音秋高し       山本澄恵
 お手植えの松の風格新松子      杉本蒼生子
 秋高し鬼の雪隠蓋もなく       境 雅秋
 新松子維新見守り来し城の      西上禎子
 大手門までの並木の新松子      横田昭二
 新松子白砂の上に二つ三つ      石井順恵
 刈入れを待つ千枚田秋高し      伊瀬知正子
 航空ショー五輪を描き秋高し     卯滝文雄
 薬玉の割れて進水秋高し       櫻井俊治
 松原の面影今に新松子        堂前悦子
 年老いし松と云へども新松子     西山洋美

 純也主宰吟

 海の日に風に太りて新松子
 惜しげなく手入れされゆく新松子
 泣き言は数々あれど秋高し

 参加者は35名、出句総数139句でした。
 次回は11月15日、兼題は「山茶花」と「七五三」です。
 ご参加ご出句をお待ち申しあげます。
                           (報告/中西英明)
 


 豊中句会(9月20日開催)報告

 9月の兼題は「露」と「夜食」でした。
 豊中句会の兼題選びは、ひとつはイメージを膨らませて自由に詠めるもの、そして
 もうひとつは写生の効くものを取り合わせるようにしています。
 今回も「夜食」では、狙いどおりにいろんな局面をイメージしていただけたようで、
 この人がこんな句!と思えるような句を出していただき、それが主宰の選に入った
 りして句会幹事としてはニンマリ、というところでした。
 席題はご参加の皆さんと相談して「コスモス」。
 純也先生の特選は以下のとおりです。

 純也選

 校正の一段落の夜食かな         横田昭二
 軍人墓地傾き多く露けしや        横田昭二
 コスモスの色くつきりと群れにけり    横田昭二
 井戸一つ残る城跡露けしや        西山洋美
 もてなしの夜食のスープ具だくさん    西山洋美
 残業のそそくさ食ぶる夜食かな      杉本蒼生子
 行員に夜食の出前届きけり        杉本蒼生子
 露の世に避けて通れぬことばかり     藤堂くにを
 そこそこに夜食すませてなほ励む     藤堂くにを
 露けしやここから先は行者道       田中晃真
 腹八分でも多すぎる夜食かな       田中晃真
 紙皿に配る夜食の焼きむすび       野間泰子
 残り物手を加へては夜食とす       野間泰子
 生欠伸かみころしつつ夜食とる      米澤道子
 油染む手を気にもせず夜食とる      米澤道子
 交番の奥のひと部屋夜食とる       櫻井俊治
 野に咲けるものを露ごと摘みにけり    大澤美代女
 入れ替へて夜食にまはす非常食      中西英明
 ノンアルコールビール添へある夜食かな  北村好作
 露の寺安徳帝の遺品守り         堂前悦子
 夜食とり次の段取ありにけり       畠中俊美
 作業帽あみだに被る夜食かな       松澤新陽
 町石の古びるままに露を置く       山内茉莉
 供華に切る庭の露抱くものばかり     山本澄恵
 日の出今山頂の露響きけり        島田夏楓
 手付かずの夫の遺品の露けしや      西上禎子

 純也主宰吟

 湯気の立つカップすなはち夜食かな
 夜食喰ふ間にも催促電話かな
 野球部のハンバーガーの夜食かな

 豊中句会報告で時々触れたりしている会場近くの辛夷の並木で、実が色づきはじめて
 きました。
 こんな実です。
 
 
 次回は10月18日、兼題は「秋高し」と「新松子」です。
 ご参加ご出句をお待ちしています。
                         (写真と報告/中西英明)


 豊中句会(8月16日開催)報告

 大阪の39日連続の熱帯夜も一旦停止、そろそろ“秋めく”と言っていい日々になって
 きました。
 この熱帯夜、今年は最終的に何日になるのか予想もしたくありませんが、過去最大の
 日数は1994年の59日という記録が残っています。
 約二ヶ月が熱帯夜ですから、大阪はもう亜熱帯の気候なのかも知れません。
 大阪の人は“ラテンの乗り”だと東京の知人が言っていたことがありますが、それなら
 もっと“暑い”のを楽しまないと・・・・やけっぱち?

 今月の兼題は「草市」と「銀河」、席題は「木槿」でした。
 「草市」については「草の市」とした句がありましたが、これは「如何なものか」
 と純也主宰の“朱書き”が入りました。
 たとえば「草餅」を“草の餅”といわないのと同じですね。
 また「銀河」は歳時記によると「天の川」の傍題ということになっていますが、そう
 すると、どうしてもロマンを詠んでみたような甘さに引き摺られそうで、あえてそれ
 を避けて「銀河」ということにしました。
 その意図は的中か、的外れか。
 三村純也主宰の特選からお読み取りください。

 三村純也選

 草市にお迎へ団子買ひにけり     清水多憙子
 夜の更けてさらに伸びゆく銀河かな  清水多憙子
 草市の値を墨書せる段ボール     中西英明
 売れ残り燃やし草市果てにけり    中西英明
 草市の蓮の蕾の固きこと       山本澄恵
 寝袋の一つは寝息天の川       山本澄恵
 銀河濃し大観峰へなだれ落ち     藤堂くにを
 草市に買ひて嵩張るものばかり    藤堂くにを
 草市の青く匂へるもの提げて     西上禎子
 草市に夫の好みし花を選る      西上禎子
 日の暮れて草市へ寄る人増ゆる    米澤道子
 農協の草市のすぐ売り切れて     西村多恵
 客途絶え槙に水打つ盆の市      畠中俊美
 草市の夕べの雨の匂ふかな      大澤美代女
 売り切れの札早々と盆の市      北村好作
 スーパーのミニコーナーの盆の市   里見かつこ
 菩提寺の門前に立つ盆の市      島田夏楓
 草市の終りをちこち水たまり     田中晃真

 純也主宰吟

 巡るほど店の数なき盆の市
 草市の一ト賑はひも朝のうち
 行き交うて年寄ばかり盆の市
 銀漢の北アルプスを横切れる

 参加、欠席投句を合わせて129句、豊中市内在住の山本晋助さんが初参加でした。
 次回は9月20日、 兼題は「露」と「夜食」です。
 ご参加ご出句をお待ち申しあげます。   
                            (報告/中西英明)


 豊中句会(7月19日開催)報告

 いみじくも梅雨明けの日の句会となりました。
 西日本と北日本の豪雨が伝えられた今年、大阪は空梅雨でした。
 その代わり、猛暑日と熱帯夜が多く、海にはどこから迷い込んでくるのかサメやク
 ラゲの出没も話題になっています。
 これも地球の温暖化によるものかも知れません。

 夏だ!海だ!山だ!というわけで兼題は「海開」と「百合」、席題はせめて気分だ
 けは涼しく、と、「風鈴」。
 実際に作ってみると「百合」の難しさが分りました。
 純也先生の特選15句のうち「百合」の句は3句にとどまったのも、皆さんがご苦
 労されたことを示しているように感じました。

 純也先生の特選は以下のとおりです。

 祓はれし犬も飛び込み海開       西上禎子
 夢に海貝風鈴にまどろめば       西上禎子
 救護所の旗立つテント海開       米澤道子
 浜茶屋のすぐ満席の海開        米澤道子
 百合活けてくるりとそつぽ向かれけり  中西英明
 砂浜に祭壇据ゑて海開         中西英明
 一斉に準備体操海開          織作香代
 祢宜の沓砂にのめりて海開       杉本蒼生子
 老いてなほ監視員とし海開       伊瀬知正子
 笹百合や能勢にも隠れキリシタン    大澤美代女
 地元紙の取材も入り海開        櫻井俊治
 シスターの遺影に飾る百合の花     野間泰子
 貝風鈴海恋しがるやうに鳴る      山内茉莉
 遠浅の海に仕立てて海開        山本澄恵
 短冊の舞ひて風鈴鳴りにけり      横田昭二

 純也主宰吟

 灯台へ百合の坂道百合の崖
 百合咲いて山辺の道坂がかる
 海開よりも火蟻が気がかりな
 淡路島くつきり見ゆる海開

 参加・出句あわせて137句になりました。
 次回は8月16日、兼題は「銀河」と「草市」です。
 皆さまのご参加ご出句をお待ち申しあげます。
                          (報告/中西英明)
 


 豊中句会(6月21日開催)報告

 6月7日に梅雨入りしてから初めて雨らしい雨が降りました。
 そしてこの日が夏至。
 いつもみんなでわいわいと決める席題は、「夏至」を予想して来た人もありました
 が、兼題が「短夜」なのにという理由で却下!
 山茶花の他の句会とオーバーラップしない季題をいろいろ挙げて、結論的に「万緑」。
 純也主宰の「六甲といふ万緑を横たふる」のイメージが刷り込まれていること、そ
 れに大きな季題であることが即吟を難しくしたのでしょうか、席題の句では◎がな
 いという珍しい結果に終りました。
 兼題は「短夜」と「蜥蜴」、純也主宰から◎をいただいたのは次の20句でした。

 三村純也特選

 石棺のなき石室の青蜥蜴      西山洋美
 湯の宿の鯉の生簀の明易く     西山洋美
 入院の固きベッドの明易し     大澤美代女
 とどまれば喉の波打つ蜥蜴かな   大澤美代女
 一人居にまだ馴れずして明易し   堂前悦子
 病室の眠れぬままに明易し     堂前悦子
 短夜の収まりきらぬ腹の虫     中西英明
 短足にして駿足の蜥蜴かな     中西英明
 目をすゑてひそむ蜥蜴の喉動く   畠中俊美
 まつさらな今日が始まる明易し   境 雅秋
 尾を捨てし蜥蜴の足の速さかな   島田夏楓
 三姉妹父母を語れば明易し     伊瀬知正子
 開店の突貫工事明易し       卯滝文雄
 輸入材置場うろつく蜥蜴かな    北村好作
 誰も居ぬ村の社の青蜥蜴      里見かつこ
 塀沿ひを忍者走りの瑠璃蜥蜴    土井淳子
 短夜を泣き明かしても足らざりし  藤堂くにを
 宙をふつ飛んで襟巻蜥蜴かな    西上禎子
 病棟に救急車また明易し      野間泰子
 夢に見る夫に目覚め明易し     山本澄恵

 純也主宰吟

 一稿に短夜繋ぎつなぎたる
 尾を切つてアンバランスに蜥蜴這ふ
 切りし尾を振り向きもせず蜥蜴逃ぐ

 出席、欠席投句を合わせて125句の句会、終れば雨はあがっており、またしても
 二三日は降りそうもないという予報が出ていました。

 次回は7月19日の開催、兼題は「海開」と「百合」です。
 皆さまのご参加ご出句をお待ち申しあげます。
                           (報告/中西英明)
 


 豊中句会(5月17日開催)報告

 5月らしい快適な一日でした。
 この報告でも触れたことのある会場の近くの辛夷の並木では、小さな実は生りはじめ
 ました。
 形はソラマメみたいですが、まだまだ小さく、鷹の爪の半分ぐらいのサイズ、2セン
 チにもならないほどのもので色は緑色。
 これが秋までには大きさもシシトウぐらいになっていきます。
 こんな実を見つけましたので、毎月観察を続けていくつもりです。
 兼題は「麦秋」と「穴子」、席題は「祭」。
 入選37句のうち、「穴子飯」の句が4句あり、それも宮島へ渡る港で詠んだらしい
 のが3句ありました。
 ただし◎はなし。「麦秋」も「祭」も、地名など固有名詞入りの句がみられましたが
 いずれも特選にはかないませんでした。
 固有名詞は、よほどこなれていないといけないのだなあとあらためて感じました。

 純也主宰の◎は以下のとおりです。

 純也選

 空港の灯を指呼の間の穴子舟    中西英明
 べた凪の闇夜を灯し穴子舟     中西英明
 神輿練る勢ひの水の湯気立てて   中西英明
 一枚はすでに刈られて麦の秋    北村好作
 一卓に穴子づくしの並べられ    北村好作
 夜舟みな岩に固まり穴子釣る    山内茉莉
 病抜けせねばと衣更へにけり    山内茉莉
 来た来たと子のはしやぐ声町神輿  櫻井俊治
 穴子焼く匂ひの中の魚ン棚     石井順恵
 小汚き店の繁盛焼穴子       大澤美代女
 駅弁のはや売切れの穴子飯     西上禎子
 麦秋のつづく車窓となりにけり   西山洋美
 疎開時の遠き記憶に麦の秋     野間泰子

 純也主宰吟

 敗戦を覚悟の頃も麦の秋
 焼き上がるそばより穴子売れてゆく
 朝市の穴子早くも売り切れし

 次回は6月21日の開催、兼題は「短夜」と「蜥蜴」です。
 多数のご参加ご出句をお待ち申しあげます。
                          (報告/中西英明)
 


 豊中句会(4月19日開催)報告

 今回の兼題は「柳」と「風光る」でした。
 取り組みやすい季題と考えていましたが、実は難しい季題だったというのが純也先生
 の御選で知らされました。
 単に「柳」や「風光る」という字の入っているだけの十七文字は「柳」と「風光る」
 を「詠んだ」「句」にはならないということでした。

 兼題は「子猫」、純也主宰の特選と、御選にもれた句の違いをお読み取りください。

 純也選

 川船に見る酒蔵と青柳と       織作香代
 対岸の青柳目指す渡しかな      織作香代
 初陣のサラブレッドに風光る     島田夏楓
 木の上の下りる術なき子猫かな    島田夏楓
 風光る真珠筏に波寄せて       米澤道子
 川に沿ひ市の賑はふ糸柳       米澤道子
 ロングシュート決まりし風の光る中  北村好作
 満ち来たる潮の音して風光る     松澤新陽
 飛沫上げ揃ふオールに風光る     卯滝文雄
 水切の飛沫の光り風光り       境 雅秋
 福音の右近の像へ風光る       里見かつこ
 水棹もて小舟の潜る柳かな      西村多恵
 水張りて棚田千枚風光る       西山洋美
 啼きながら寄り来る子猫捨てられず  横田昭二

 純也主宰吟

 風光りてはさざ波の生まれけり
 藤原宮址平城宮址風光る
 水平線まで風光る日なりけり

 初参加の山上正子さんをお迎えして35名、140句の参加でした。

 次回は5月17日、兼題は「穴子」と「麦秋」です。
 ご参加ご出句をお待ち申しあげます。
                          (報告/中西英明)  


 豊中句会(3月15日開催)報告

 3月半ば、さしもの寒さもかなり緩んできました。
 阪急電車・曽根駅から句会場に向かう並木道の辛夷が、きらきらと花芽をつけ、会場
 の壁面工事も完了、まもなく始まる新年度に向けて春本番の雰囲気になってきたのは
 いいのですが・・・・
 この日はたまたまエレベーターの定期点検日。午後1時までに会場に着いた参加者は
 無事(?)でしたが、1時をまわると点検作業開始、4階まで階段を上らなければな
 りませんでした。
 なかには一階のロビーから電話してきて「歩いて上っていったら締め切り(2時)に
 間にあわない」と救助を求める(?)人も。
 ということで、句会が始まったのは2時5分すぎになりました。

 兼題は「田楽」と「春雷」、席題は「土筆」。
 純也主宰の特選は、次の19句でした。

 純也選

 春雷を妻の小言の如く聴く     藤堂くにを
 さう言へば春雷ありし寝覚めかな  藤堂くにを
 田楽の味の決め手は田舎味噌    藤堂くにを
 田楽の酒は辛口酒もまた      清水多憙子
 田楽の串に屋号の焼き印      清水多憙子
 春雷の雹も霰も連れ来たる     西村多恵
 田楽の味噌甘からず辛からず    西村多恵
 谺して虫だしの雷山駆くる     畠中俊美
 春雷の雨ともならずそれつきり   畠中俊美
 餅麩なる田楽の味噌甘めとも    山内茉莉
 春雷のさらなる雨を呼びゐたる   山本澄恵
 痩畑や土筆ばかりがこぞり出で   島田夏楓
 田楽の串の武骨も三河ぶり     杉本蒼生子
 田楽の竹の串とは焦げやすき    西山洋美
 田楽の炭熾したり宥めたり     卯滝文雄
 秘伝なる田楽味噌の練り加減    堂前悦子
 田楽の味噌の家伝の暖簾守る    濱田きみ子
 串横に引きて田楽頬張れる     横田昭二
 田楽の由来を今に二軒茶屋     吉井 薫

 純也主宰吟

 稲荷山より春雷の一転げ
 春雷と人に言はれて気付きたる
 鄙ぶりにして田楽の味噌甘し

 欠席投句者を含めて35名が出句、出句合計は139句でした。
 次回は4月19日、兼題は「柳」と「風光る」。
 皆さまのご参加、ご出句をお待ち申しあげます。
                            (報告/中西英明)
 


 豊中句会(2月15日開催)報告

 寄せては返すとは今年の寒波のことかも。
 でも、この日は波と波の合間の、春の日差しのあたたかい一日でした。
 兼題は「海苔」と「雪解」、席題は「雛市」。
 危惧された「焼海苔」めいた句もほとんど出ず、「海苔
?」、「海苔舟」、「海苔
 網」、それに「海苔
?」など、季節感のある「海苔」の句が詠まれました。

 純也主宰の特選は次の17句でした。

 轟ける雪解の滝となりにけり    北村好作
 二人ゐて声を交はさず海苔
?    北村好作
 出立ちの男と紛ふ海苔?      濱田きみ子
 岩陰に一人離れて海苔?      濱田きみ子
 雪解けて飛騨に富山の薬売     藤堂くにを
 雛市の官女のひとり妻に似て    藤堂くにを
 橋脚の踏んばつてゐる雪解川    中西英明
 荒縄を長靴に巻き海苔を?く    織作香代
 海苔?の遥かにコンビナートの灯  卯滝文雄
 大藁屋雪解雫のひもすがら     杉本蒼生子
 海苔を
?き終へたる岩に潮満ちて  堂前悦子
 海苔粗朶の沖はいちにち鉛色    西山洋美
 黒光りして干海苔の剥がさるる   山内茉莉
 岩と波知りつくしたる海苔?女   田中晃真
 雪解晴ゴム長並び干されけり    土井淳子
 ?きたての海苔とや宿の朝の膳   野間泰子
 波いなし岩に踏んばる海苔?女   畠中俊美

 純也先生吟。

 大伽藍雪解雫のにぎはしき
 タンカーの波に上下し海苔筏

 出席19名、出句総数146句でした。

 次回は3月15日、兼題は「春雷」と「田楽」です。
 ご参加、ご出句をお待ち申しあげます。
                           (報告/中西英明)
 


 豊中句会(1月18日開催)報告

 その翌々日が大寒(1月20日)というのに穏やかな日となりました。
 会場の隣の市立文化芸術センターは定員1344名の大ホールが完成、1月8日には
 「こけら落とし」の谷村新司のコンサートが行われたばかりですが、引き続き周辺の
 建物のリフレッシュも行われるようで、会場の豊中中央公民館でも外壁のタイルの打
 音検査が行われていました。
 句会中もコンコンカンカンという音が絶え間なく聞こえていましたが、皆さん結構冷
 静で、句会に集中されていたようです。
 おかげで純也先生の特選も22句と、これまでの回に比べて多めになりました。
 兼題は「冬薔薇」と「寒の雨」、席題は「雪焼」でした。

 純也先生特選。

 咲ききらず咲き続けゐる冬薔薇    伊瀬知正子
 奥宮の神杉煙る寒の雨        伊瀬知正子
 濡れそぼつマラソン選手寒の雨    伊瀬知正子
 寒の雨ついて托鉢僧の列       西山洋美
 萎えつつもほのかに匂ふ冬薔薇    西山洋美
 一弁も欠けず冬薔薇咲き尽きぬ    西山洋美
 冬薔薇洋館の庭海に向く       畠中俊美
 いつしかに雪の気配の寒の雨     畠中俊美
 咲ききらぬ蕾のままに冬薔薇     畠中俊美
 寒の雨合格発表板濡らす       山内茉莉
 雪焼の少年白き歯をこぼす      山内茉莉
 寒の雨霰まじりとなりにけり     北村好作
 鯉をなほ深く沈めて寒の雨      北村好作
 冬薔薇の蕾のままの日数かな     杉本蒼生子
 外来の患者込み合ふ寒の内      櫻井俊治
 托鉢の袖を濡らして寒の雨      島田夏楓
 冬薔薇のちぢれしままに咲きつづく  米澤道子
 冬薔薇咲ききることはまれのまれ   田中晃真
 枯れ尽くす花びら落ちず冬薔薇    松澤新陽
 頑に蕾のままの冬薔薇        吉井 薫
 メールでは済まぬ一件寒の雨     中西英明
 冬薔薇色濃く小さく咲きにけり    西村多恵

 純也主宰吟

 寒の雨降るも縁と札所打つ
 寒の雨降るも覚悟の長谷詣
 冬薔薇に試練の雨となりにけり
 冬薔薇の崩ほれたりし雪の朝
 冬薔薇の苛まれたる辛苦かな

 参加者と欠席投句をあわせて154句でした。
 次回は2月15日、兼題は「雪解」と「海苔」。
 ご参加ご出句をお待ちしています。
                            (報告/中西英明)
 


 豊中句会(12月21日開催)報告

 2016年の納めの豊中句会は冬至の日の開催となりましたが、この日は温かくなり、
 冬至にして小春という、季重なりならぬ「季乱れ」(?)でした。
 とはいえ、日の入りは16時51分、大阪で日の入りがもっとも早かった12月初旬は
 16時47分でしたから、実はもう「日脚」は伸びにかかっているのです。
 冬至は一年を通じてもっとも昼の短い日ですが、実は日の出が遅くて日の入りが早いと
 いうことで「短日」のピーク、日照時間、つまり昼間は9時間50分、夏至の日のそれ
 は14時間30分ですから5時間も違うのです。
 それが損なのか特なのかは別として、この日の席題は当然「冬至」。でも、この季題
 は難しく、出句も多くはありませんでした。
 兼題は「猪鍋」と「湯婆」。
 純也先生の特選は下記のとおりです。

 純也先生選

 山家とて猪鍋のほか何もなく    清水多憙子
 温泉にほてり猪鍋に酔ふ山の宿   清水多憙子
 猪鍋に始まる自慢話かな      清水多憙子
 能勢に来てゴルフ前夜の牡丹鍋   櫻井俊治
 猪鍋を食うて雑魚寝の猟師宿    櫻井俊治
 座敷まで脂ぎりたる猪鍋屋     中西英明
 丹前を脱ぎ平らげる牡丹鍋     中西英明
 湯治場の常連揃ひ牡丹鍋      吉井 薫
 なみなみと地酒を注がれ牡丹鍋   吉井 薫
 猪鍋に丹波の地酒酌みにけり    畠中俊美
 地酒酌み交してこその牡丹鍋    堂前悦子
 鉱泉の宿満員の牡丹鍋       横田昭二
 湯湯婆をくるむ古着を縫ひ合はす  卯滝文雄
 崩すには惜しき盛付け牡丹鍋    織作香代
 闘病のつづきし頃の湯婆かな    加藤房子
 民宿のブリキ湯湯婆今もなほ    野間泰子
 梁煤けどこか風来る猪鍋屋     山内茉莉
 自家製の味噌が自慢の猪鍋屋    島田夏楓
 猪鍋のまづは地酒の回し飲み    田中晃真
 湯婆抱き子育ての頃懐かしむ    土井淳子
 猪鍋に罠の薀蓄傾けて       西村多恵
 湯たんぽの袋の子豚尻尾巻く    西山洋美
 湯たんぽに湯を入れ水仕終ひけり  廣瀬照子

 純也先生吟

 看板として湯たんぽの吊つてあり
 こはごはと箸出す舞妓牡丹鍋
 下手物を好むにあらず牡丹鍋

 藤堂くにをさんが初参加、出句は34名、132句でした。
 次回は1月18日、兼題は「冬薔薇」と「寒の雨」です。
 来年も変わらずご参加ご出句をお待ち申しあげます。       
                            (報告/中西英明)
 


 豊中句会(11月16日開催)報告

 豊中句会の会場・豊中中央公民館の公民館祭のご報告から。
 10月28日(金)〜30日(日)に開催された公民館祭の作品展示には24名の会員の
 皆さんから自句の短冊が寄せられました。
 目分量ながら昨年より入場者も多く、熱心に見入っていただきました。
 ここに御礼に代えて展示した句をご紹介いたします。

 2016年度豊中中央公民館祭出展作品一覧

 漁火と見しは佐渡の灯露けしや    西上禎子
 長き夜の白む気配に蛸を糶る     北村好作
 ニホンゴハムツカシイデス夜学の徒  石井順恵 (28・29日)
 五箇山へ霧の帳の峠道        里見かつこ(30日のみ)
 百々御所の金木犀のかをりそむ    清水多憙子(28・29日)
 大原女にときをり出会ふ秋桜     清水多憙子(30日のみ)
 しづけさの戻りダム湖の初紅葉    廣瀬照子 (28・29日)
 一ト日終へ厨に虫の鳴きはじめ    廣瀬照子 (30日のみ)
 遠目には盛りと見えてこぼれ萩    吉井 薫 (28・29日) 
 荒寺と言へども札所秋の風      吉井 薫 (30日のみ)
 子を寝かせ小さく点す夜なべの灯   久保達也 (28・29日)
 初秋や誰いふとなくそれとなく    仲辻耕太郎(30日のみ)
 ニュータウン展望台の風は秋     田中晃真 (28・29日) 
 城垣を這ひつくしたる葛の花     伊瀬知正子(30日のみ)
 宮入のとつぷりと暮れ秋祭      山本澄恵 (28・29日)
 宸翰の特別展の菊日和        中西英明 (30日のみ)
 月の庭狸ばやしのあらまほし     島田夏楓
 掃苔や跡を継ぐ子は遠く住み     杉本蒼生子
 テント張り坊守仕切る門茶かな    米澤道子 
 新米の届く相撲部合宿所       櫻井俊治
 甲板にかぶさつて来る星月夜     畠中俊美
 山国も住めば都ぞ星月夜       西山洋美
 ノーネクタイ申し合はせし残暑かな  横田昭二 
 湯疲れの宿の窓辺の良夜かな     米田静枝
 千年の澄む水のゆく木の根橋     山内茉莉
 秋深し香のにほへる京の路地     織作香代
 観音の細身におはす白露かな     橋 翠
 
                          (以上、展示順)
 11月16日開催の豊中句会の兼題は「一茶忌」と「落葉」、席題は「切干」でした。
 純也先生の特選は以下のとおりです。

 純也先生選

 ふたたびの風の落葉の行きどころ  山本澄恵
 掃き寄せて隣の落葉ばかりかな   山本澄恵
 蕎麦餅を子らと頬張り一茶の忌   櫻井俊治
 山寺の朝な夕なの落葉焚      櫻井俊治
 神木の落葉降り敷くままにあり   西山洋美
 風軽く吹きて切干日和とも     中西英明
 川底の落葉彩るひとところ     米田静枝
 朴の木は朴の落葉の音の中     中西以佐夫
 参道の落葉しぐれの石畳      畠中俊美
 無住寺の当番の焚く落葉かな    横田昭二
 馬の居る暮しなくなり一茶の忌   吉井 薫
 狭庭とて日毎落葉の積りけり    伊瀬知正子
 落葉掃く作務衣の僧の強面     久保達也
 門前に商ふを謝し落葉掃く     島田夏楓
 一茶忌の口衝き出づる句の二三   西上禎子

 純也主宰吟

 一茶忌の供養の蕎麦を啜りけり
 占うて朴の落葉の裏表
 落葉踏む音にも老の兆しそむ

 出席、欠席投句を合わせて34名、133句の句会でした。
 次回は12月21日の開催、兼題は「猪鍋」と「湯婆」です。
 皆さまのご参加ご出句をお待ち申しあげます。
                           (報告/中西英明)
 


 豊中句会(10月19日開催)報告

 兼題は「秋風」と「新蕎麦」、席題が「柿」でした。
 みんな新蕎麦はお好きなようで、信州で、出石で、脱サラの店主の店で新蕎麦を啜り、
 蕎麦湯も飲み干されたようでした。

 純也先生の特選をご紹介します。

 脱サラの店主手打の走り蕎麦    櫻井俊治
 憚らず啜る音立て走り蕎麦     櫻井俊治
 秋風や単身赴任長くなり      吉井 薫
 蕎麦湯にも香りの立ちて走り蕎麦  吉井 薫
 新蕎麦と聞けば食通ならずとも   島田夏楓
 種多く小さき山柿剥きにけり    島田夏楓
 新蕎麦を啜り食通気取りをる    境 雅秋
 テナントを募る貼紙秋の風     杉本蒼生子
 大欅輪切りの座卓走り蕎麦     卯滝文雄
 主逝きて窯閉ぢしまま秋の風    織作香代
 鉢巻を締め直し打つ走り蕎麦    北村好作
 走り蕎麦水車廻して商へる     堂前悦子
 袈裟掛の松の秋風聴きにけり    中西以佐夫
 酒好きの何はさておき走り蕎麦   清水多憙子
 店先に打つても見せて走り蕎麦   西村多恵
 遊郭の名残りの路地の秋の風    西山洋美
 戸隠のドライブインの走り蕎麦   松澤新陽
 嘴あとの著けく残る柿一つ     横田昭二
 老の手の新蕎麦を打つ音軽く    米澤道子
 鄙びたる馴染の店の走り蕎麦    米田静枝 

 純也主宰吟

 新蕎麦の時期はせいろうのみの店
 三年も前の予約の走り蕎麦
 新蕎麦と言はるるまでもなき光
 口コミの噂倒しの走り蕎麦
 名人の新蕎麦を打つ気迫あり

 次回は11月16日、兼題は「落葉」と「一茶忌」です。
 ご参加、ご出句をお待ち申しあげます。
                            (報告/中西英明)
 


 豊中句会(9月21日開催)報告

 兼題は「萩」と「夜なべ」、席題は「月」でした。
 句会場のすぐそばには萩の寺として知られる「東光院」というお寺があり、この時期は
 “入山料”を徴収して“営業”しているのですが、それを嫌がる人も多いようで、21日は
 すでに無料になっていました。
 それよりも珍しいのは、会場近くの辛夷の並木。
 毎年3月には大きな花を咲かせているのですが、実りの秋、こんな実をつけていました
 のでご紹介します。実の大きさは中心に写っているところで5センチほどでした。

 純也主宰の特選は次の 句でした。

 揺れ交しゐてこそ萩の風情とも     堂前悦子
 寂しさを紛らはせゐる夜なべかな    堂前悦子
 露地の萩くくりて客を待ちにけり    堂前悦子
 白萩の露こぼしつつ庭を掃く      杉本蒼生子
 耿耿と霞ヶ関の夜業の灯        杉本蒼生子
 洗ひあげ野良着繕ふ夜なべかな     横田昭二
 萩の上に萩重なりて揺れにけり     横田昭二
 窓細く開けて夜なべの機を織る     米澤道子
 一服もする間も惜しき夜なべかな    米澤道子
 ゆるゆると夜なべのミシン踏みにけり  廣瀬照子
 目薬をさして夜なべを終へにけり    山本澄恵
 官庁の窓飛び飛びの夜業の灯      卯滝文雄
 交替に夜なべの母の肩叩く       久保達也
 好きなことするも夜なべといふべしや  里見かつこ
 こぼれ萩掃いて仕上げの庭手入     島田夏楓
 原稿の締切せまる夜なべかな      松澤新陽
 箒目の上に白萩こぼれつぐ       石井順恵
 パソコンの操作てこずる夜業かな    伊瀬知正子
 括つても括つても萩しどけなく     境 雅秋
 続けざまなる欠伸出て夜なべ措く    野間泰子

 純也主宰吟

 揺れてゐる萩と揺られている萩と
 指よりも首がもたぬと夜なべ措く

 次回は10月19日、兼題は「秋風」と「新蕎麦」です。
 ご参加ご投句をお待ちしています。
                        
 
 (報告と写真/中西英明)  


 豊中句会(8月17日開催)報告

 お盆が明けたこともあってか、猛暑の真っ只中にもかかわらずいつものメンバーが集まり
 ました。
 大阪府のなかでも最高気温を記録することの多い豊中市ですが、その観測ポイントは大阪
 空港の中、ひょっとすると離発着のジェット機の排気の熱が影響しているのではないかと
 も感じさせられます。
 兼題は「摂待」と「カンナ」、席題は「踊」。
 参加者の半数近くが実際の「お摂待」を見たり受けたりして、「臨場感」のある句が詠ま
 れ、選ばれたという印象が残りました。

 純也先生の特選は次のとおりです。

 摂待の袢纏の背の寺紋かな      米澤道子
 テント張り坊守仕切る門茶かな    米澤道子
 摂待の手拭きも添へてありにけり   米澤道子
 山水にほどよく冷えし門茶かな    卯滝文雄
 カンナ咲き引込線の錆著し      卯滝文雄
 梅干の一つ添へられ門茶かな     西山洋美
 見学のビール工場の花カンナ     西山洋美
 降り立てば無人駅舎の花カンナ    西村多恵
 摂待の湯茶のみならず昼餉まで    西村多恵
 摂待や給茶機湯呑み台に置き     松澤新陽
 片手拝みに摂待の茶を受くる     山内茉莉
 二夜続く市役所前の盆踊       横田昭二
 コロムビア専属といふ音頭取     中西英明
 広島の焦土のカンナ継がれ咲く    織作香代
 受付に摂待の茶とのど飴と      久保達也
 羽撃きのごと葉の揺れてカンナ咲く  仲辻耕太郎
 摂待の湯のたぎりをる厨かな     廣瀬照子

 純也主宰吟

 おしぼりといふ摂待にあづかりぬ
 摂待の湯茶の少々ぬるくとも
 摂待や大きなテント設へて
 カンナ咲き廃止噂の遊園地

 参加・出句合せて139句でした。
 次回は9月21日、兼題は「萩」と「夜なべ」です。
 ご参加ご出句をお待ち申しあげます。
                            (報告/中西英明)
 


 豊中句会(7月20日開催)報告

 近畿地方の梅雨明けから二日後の句会になりました。
 而して席題は「梅雨明」、兼題は「釣荵」と「夏霧」でした。
 兼題はあえて釣“荵”と草カンムリをつけましたが、これはシノブという蔓性の植物を、枯蔦
 などを球状にしたものに這わせるという、“釣荵”の名の由来によるもので、ただ句会幹事の
 “草カンムリがあるほうがそれらしい”との感覚で決めた文字遣いでした。
 ホトトギス歳時記でも、旧=荵、新=忍 となっていて、“吊忍”もあり!
 メールで投句の方は「荵」の字が出ないということもあったようですが、全部OK!
 取り組み甲斐のある季題ではありましたが、どう書くか迷った人も多かったようでした。

 純也先生の特選は、

 山荘の窓打つ夏の霧荒く      西山洋美
 海霧の中船笛遠く応へ合ふ     西山洋美
 夏霧を纏うてレタス収穫す     米澤道子
 大店のなごりの構へ釣荵      米澤道子
 夏霧や歩荷の背ナのもう見えず   境 雅秋
 新築の祝に添へて釣荵       境 雅秋
 生涯をマンション暮し釣荵     堂前悦子
 釣荵づくりのガーデニング講座   中西英明
 夏霧に鳴らし通しのクラクション  石井順恵
 夏霧に足湯の尻の濡れ来たる    北村好作
 梅雨明けて庵の魚板の音かるく   畠中俊美
 釣忍もんじや焼き屋の軒先に    清水多憙子
 夏霧の切れ間に滲む麓の灯     杉本蒼生子
 雑居ビル一階にして釣荵      西上禎子
 早暁の明石大橋海霧に浮く     西村多恵
 路地裏の古き出窓の釣荵      野間泰子
 ケーブルカー夏霧の中突き進む   廣瀬照子
 マンションの高階に住み釣荵    松澤新陽
 夏霧のがれ場の行く手覆ひけり   山本澄恵

 純也主宰吟

 戦前のままの街並釣荵
 夏霧を追うて夏霧飛べりけり
 夏霧の莊吹き抜けてゆく時も

 出句総数36名、142句でした。
 次回は8月17日、兼題は「摂待」と「カンナ」です。
 ご参加、ご出句をお待ち申しあげます。
                              (報告/中西英明)