山手句会    当季雑詠
 定例日=第四火曜日
 句会場=三宮・神戸市勤労会館

 山手句会(6月26日開催)主宰選報告

 6月26日の神戸は気温も湿度も上がり、梅雨最中の蒸し暑い1日となりまし
 た。
 出席者は26名、欠席投句者は9名でした。

 純也先生の特選16句をご紹介いたします。

 形代によくぞ生きしと書く齢    伊藤とし子
 降り足りぬまま梅雨明の近しとも  伊藤とし子
 合羽着て突貫工事梅雨深し     大竹美智子
 積み上げてワゴンセールの夏帽子  大竹美智子
 梅雨入や晴雨兼用傘を買ひ     松井ます子
 病癒えやつと許しの鰻めし     松井ます子
 傘さして吾子と見てゐる蝸牛    櫻井俊治
 すんなりと親竹抜きて今年竹    山本澄恵
 揺るる葉に踏ん張つてゐる雨蛙   山口光弘
 梅雨晴の干し物どつと翻る     廣瀬照子
 相部屋の誰かの鼾明易し      木内美恵子
 段畑の石積み走る蜥蜴かな     米澤道子
 病室の窓に鳥来て梅雨晴間     倉員祥子
 妻の留守三日続きて明易し     長井良孝
 西日受け三塁席に声を張る     岡澤ひろみ
 木下闇清盛の歌碑ひつそりと    杉アよしこ

 純也先生吟

 蛍見に雨脚強くなるばかり
 大幹の一つならざる蟻の道

 次回は7月24日(火)です。
 皆様のご参加・ご出句をお待ちしております。
                         (報告 櫻井俊治)  


 山手句会(5月22日開催)主宰選報告

 5月22日の神戸は朝から好天に恵まれ、気温が上がり、汗ばむ陽気となりま
 した。
 出席者は今年最多の26名、欠席投句者は8名でした。

 純也先生の特選11句をご紹介いたします。

 夕づきて風の撫でゆく植田かな    山本澄恵
 雨蛙物言ひたげにとどまりて     山本澄恵
 掃き寄せてころころ硬き柿の花    山本澄恵
 雨蛙結局雨の降らざりし       長安悦子
 病状の変はらぬままに花は葉に    長安悦子
 烏賊の足ちぢれしままに干し上がる  米澤道子
 校章を付け替へもして更衣      櫻井俊治
 六甲の水もて淹るる新茶かな     木内美恵子
 生きがひは育てし薔薇のひらくとき  石井順恵
 暇さうに出発を待つ祭稚児      大島和世
 今朝もまたここだ零れて柿の花    廣瀬照子

  純也先生吟

 祭値といひ高きもの安きもの
 居酒屋の昼から開いて祭町
 城もまた祭ぞめきの中にあり
 暮れきつてなほ栴檀の花さだか

 次回は6月26日(火)です。
 皆様のご参加・ご出句をお待ちしております。
                         (報告 櫻井俊治)  


 山手句会(4月24日開催)主宰選報告

 4月24日の神戸は午前中の早い時間帯から雨が降り始めました。
 次第に雨脚が強くなり、やがて本降りとなりました。
 前日までの初夏を思わせるような爽やかな日和から一転、やや肌寒い一日と
 なりました。

 出席者は25名、欠席投句者は9名でした。
 純也先生の特選15句をご紹介いたします。

 藪浅く夏鶯の途切れなし     山本澄恵
 裏木戸の軋み直らず木瓜の花   山本澄恵
 甲羅干し鳴くと思へぬ亀並ぶ   伊藤とし子
 音もなく白波のたつ朧かな    伊藤とし子
 明石焼食べてほぐれぬ花疲    長安悦子
 咲き残る花に誘はれ歩を伸ばす  長安悦子
 春昼の法話に欠伸つづけざま   畠中俊美
 開ききり蘂あらはなる牡丹かな  大竹美智子
 恐竜の倒るる砂場春夕焼     長永吉広
 古茶淹れて墓所の移転の話など  岡澤ひろみ
 残花なほ散り来る雨の札所道   西山洋美
 春愁の誰に貸したる本二冊    山内茉莉
 夏近し乗りつぎ駅のカレーの香  鴨川加奈子
 大橋を渡る車窓の風光る     櫻井俊治
 風光る小川に足を浸けもして   山口光弘

 純也先生吟

 春昼のファックス急に動き出す
 雨に洗はれて新樹となつてゆく
 舞ひ落ちて来たる柳絮の水に乗る
 目の前を幾度もよぎる柳絮かな

 次回は5月22日(火)です。
 皆様のご参加・ご出句をお待ちしております。
                         (報告 櫻井俊治)  


 山手句会(3月27日開催)主宰選報告

 3月20日の大阪に続いて、3月23日ひは神戸でも桜の開花宣言が出されま
 したが、平年に比べ11日も早いとのこと。
 27日も朝から快晴の好天気に恵まれ、最高気温が20度を越えるぽかぽか陽
 気となりました。
 絶好の花見日和ということもあってか、桜を詠んだ句がたくさん出ました。

 出席者は24名、欠席投句者は12名でした。
 純也先生の特選11句をご紹介いたします。

 参道へ土をこぼして苗木市      米澤道子
 羽搏きをくり返しては残る鴨     米澤道子
 水取の湯屋に挿しある梅椿      長安悦子
 ダイエットまたするつもり四月馬鹿  大竹美智子
 閉店の軒の古巣へ燕来る       鴨川加奈子
 手に取れば振つてもみたき種袋    櫻井俊治
 盛りあがり盛りあがり揺れ雪柳    畠中俊美
 古畳誰が敷きたる春の泥       山本澄恵
 花追うて青春切符使ひ切る      岡澤ひろみ
 波の音までも朧となつてゐし     藤堂くにを
 朝寝してチェックアウトの時迫る   松田光子

 純也先生吟

 違ふ芽が出て苗札の前うしろ
 一時の駅の混雑卒業式
 吾を嫌ひ通したる子も卒業す

 次回は4月24日(火)です。
 皆様のご参加・ご出句をお待ちしております。
                         (報告 櫻井俊治)
 


 山手句会(2月27日開催)主宰選報告

 朝から快晴微風の好天気、気温が上がり、一気に春めく陽気となりました。
 純也先生が少し時間の余裕ができたので、ということでこの日の山手句会に
 参加されました。
 出席者は24名、欠席投句者は9名でした。
 純也先生の特選25句をご紹介いたします。

 合鍵のすぐ仕上りて冴返る     米澤道子
 転勤の決まる娘と雛飾る      米澤道子
 拾うたる椿の蜜のねばりかな    米澤道子
 一年目の検査予約の余寒かな    米澤道子
 舟小屋へ毎夜通へる猫の恋     米澤道子
 松毬を乗せて薄氷動きそむ     畠中俊美
 箱階段軋む町家の余寒かな     畠中俊美
 お裾分けするほど摘みし蕗の薹   畠中俊美
 学舎に隣る教会花ミモザ      岡澤ひろみ
 更地すぐ売地と化して山笑ふ    岡澤ひろみ
 春愁や回数券の期限過ぎ      岡澤ひろみ
 春愁や見もせぬテレビつけしまま  伊藤とし子
 春の風邪旅の予定に治さねば    伊藤とし子
 三叉路や春一番に帽子飛び     越後寿子
 春一番フラワーロード走り抜け   越後寿子
 税務署の木椅子の固き春の冷    米田静枝
 古雛家紋うすれて来たりけり    大竹美智子
 二月逃げ三月予定まだ立たず    長井良孝
 托鉢の僧の肩にも涅槃雪      酒井 宏
 かたかごの咲いて賑はふ過疎の村  西山洋美
 パスワード二度間違へて冴返る   中西英明
 地下街ですます買物春寒し     奥田花珠子
 定規もてめがね引き寄せ春炬燵   長永吉広
 赤い糸通して針を納めけり     木内美恵子
 大日本史編纂の地の梅真白     松田光子

 純也先生吟

 訃報もて終る二月にならうとは
 鶯や山陵を訪ふ人もなく

 次回は3月27日(火)です。
 皆様のご参加・ご出句をお待ちしております。
                            (報告 櫻井俊治)
 


 山手句会(1月23日開催)主宰選報告

 南岸低気圧が関東地方に大雪をもたらし、東京都心で20センチを超える積雪を
 記録。
 また群馬県の草津白根山が噴火し、訓練中の自衛隊員が亡くなり、スキー客にも
 負傷者が出るなどの災害が発生した日でしたが、幸い神戸は曇りがちながらまず
 まずの天気でした。
 今年最初の山手句会は欠席者がやや多く、出席者は25名、欠席投句者は11名
 でした。
 神戸市在住の奥田花珠子さんが初参加されました。

 純也先生の特選30句をご紹介いたします。

 開ききり散る気配なき寒桜     大竹美智子
 掃除機の音ここちよき四温かな   大竹美智子
 宙返りの猿に喝采猿廻し      大竹美智子
 動かざる猿なだめつつ猿廻し    大竹美智子
 虚子遠し子規なほ遠し寒の月    山内茉莉
 松脂の火花の散つて大とんど    山内茉莉
 灘校の入試へテレビクルーかな   山内茉莉
 おしなべてよきひととせの古暦   倉員祥子
 頬紅を少し濃い目に初鏡      倉員祥子
 おもむろに歳時記開きお元日    倉員祥子
 業として紙漉く道の他知らず    岡澤ひろみ
 明日会ふ予定の人の賀状受く    岡澤ひろみ
 松過ぎて栞りし本を開きそむ    山本澄恵
 鼻赤くスキー帰りとはにかめる   山本澄恵
 始まりし鼻のむずむず春隣     櫻井俊治
 乗初や富士山頂を下に見て     櫻井俊治
 身の力ふつと抜けたる四温かな   大島和世
 厄年の男女集へりとんど焼     大島和世
 鋸の音も交へて剪定す       田口町子
 番号札つきし古木の桜の芽     田口町子
 寒肥を雨の予報に掘り入るる    米澤道子
 とんど果て砂利新しく敷かれあり  米澤道子
 打込みの息の荒ぶる寒稽古     伊藤とし子
 秘湯宿守る苦労を炉辺に聞く    松田光子
 ゆづり葉に羊羹のせてすすめけり  西村妙子
 初夢としては語れぬものも見る   藤堂くにを
 病院の夕食六時日脚伸ぶ      西山洋美
 初日記余白に一句残しけり     酒井 宏
 奉納の品数の増え初戎       長安悦子
 二日目の雪達磨なほ笑み浮かべ   長永吉広

 純也先生吟

 学生の埃つぽくて日脚伸ぶ
 肩叩き合うて勝利のラガーかな
 優勝に泣き崩れゐるラガーかな
 ブライダルサロン室咲き溢れしめ

 次回は2月27日(火)です。
 皆様のご参加・ご出句をお待ちしております。
                           (報告 櫻井俊治)  


 山手句会(12月26日開催)主宰選報告

 クリスマスが終わり、2017年も残り一週間を切る何かと忙しい中、たくさん
 の方に参加いただきました。
 句会終了後、恒例のお茶会を開催し、おいしいケーキとドリンク(中にはビール
 とおつまみの方もおられましたが)を楽しんでいただきました。
 この日の出席者は26名、欠席投句者は9名でした。

 純也先生の特選8句をご紹介いたします。

 いくたびも舟屋ゆさぶる鰤起し   畠中俊美
 この忙しいのに風邪をこじらせて  中西英明
 廃業の湯屋の煙突月冴ゆる     米澤道子
 何回も柚子引き寄せて長湯して   大島和世
 蒸し上がる冬至南瓜の黄色かな   廣瀬照子
 思ひ切つて十年日記買ひにけり   松井ます子
 ぴつたりと襖閉まらぬ猪鍋屋    山内茉莉
 シベリヤの話に及び燗熱く     石井順恵

 純也先生吟

 速達の次は宅配日短
 鶏小屋の表に裏に鼬罠
 今気付きたるセーターの前後ろ
 
 
 次回は1月23日(火)です。
 皆様のご参加・ご出句をお待ちしております。
                           (報告 櫻井俊治)  


 山手句会(11月28日開催)主宰選報告

 朝から小春日和の好天気でした。
 皆さん、口をそろえて「今日は暖かいねえ」を連発。この時期には珍しく、句会
 場のエアコンのスイッチを入れないままで過ごせました。
 この日の出席者は25名、欠席投句者は8名でした。
 西宮市在住の松井ます子さんが初参加されました。
 純也先生の特選17句をご紹介いたします。

 松葉蟹食べ始めたる寡黙かな     山本澄恵
 末社まで榊青々神迎         山本澄恵
 マスクして病避けとも病とも     岡澤ひろみ
 試食して幹事下見の忘年会      岡澤ひろみ
 きりもなき落葉掃く音乾きゐし    畠中俊美
 案の定話弾みて湯ざめせり      畠中俊美
 粕汁の熱きに元気取戻す       西山洋美
 おでん屋の尻はみだせる小座布団   西村妙子
 夕日さす海一面の牡蠣筏       酒井 宏
 寄鍋の手づかみで足す野菜かな    米澤道子
 布団干す屋根にソーラーパネル据ゑ  長安悦子
 時雨かけぬけ一乗寺下り松      藤堂くにを
 日向ぼこ人の好さげな顔をして    中西英明
 昨夜の夢独り笑ひし日向ぼこ     辻井左夜佳
 時雨るるもタクシー拾ふ程でなく   松井ます子
 薪割りにひと日費やし冬構      廣瀬照子
 初霜を踏んで朝練始まりぬ      櫻井俊治

 純也先生吟

 一ト日づつ古き暦となつてゆく
 神の旅千本鳥居くぐり抜け
 生き過ぎを神農の虎嗤ひをる
 月末のなほ七五三詣かな
 
 
 次回は12月26日(火)です。
 皆様のご参加・ご出句をお待ちしております。
                            (報告 櫻井俊治)
 


 山手句会(10月24日開催)主宰選報告

 朝から曇り空のぱっとしない天気でしたが、皆さんの話題は2日前に日本列島を
 直撃した台風21号のこと。
 阪神地区も猛烈な雨風でちょっと恐怖を覚えるほどでした。
 知る限りでは被害に遭われた方はおられなかったようでひと安心しました。
 
 この日の出席者は26名、欠席投句者は7名でした。
 純也先生の特選22句をご紹介いたします。

 電気柵巡らす畑の豊の秋      長安悦子
 飴配る鬼に泣く児や秋祭      長安悦子
 整然と奴行列秋祭         長安悦子
 信号止め奴行列秋祭        長安悦子
 温め酒子にいつよりか労はれ    石井順恵
 肩凝らし栗の皮剥きゐたりけり   石井順恵
 住み古りし庭に咲きつぐ石蕗の花  西山洋美
 栗拾ひ蜂に注意の札かかり     西山洋美
 身を寄せて雨の中なる浮寝鳥    山内茉莉
 故あるを知りて買ひたる夷布    山内茉莉
 食ひぞめの膳の新米炊き上がる   大竹美智子
 新米のぬくみに桝を入れにけり   伊藤とし子
 突然の訃報相次ぎそぞろ寒     大島和世
 秋高し健脚コース踏破して     中西英明
 今しばし残りの菊の狭庭かな    山本澄恵
 酒盗あり獺祭といふ新酒あり    藤堂くにを
 仏前に十日の菊を供へけり     畠中俊美
 残菊を刈りし掌芳しく       杉アよしこ
 料亭のコースの締の零余子飯    木内美恵子
 井戸端に束子干しあり昼の虫    西村妙子
 人通り絶ゆる日暮の愁思かな    倉員祥子
 毎朝のほどほどに掃く落葉かな   米澤道子

 純也先生吟

 括られて残菊らしくなりにけり
 行く秋や雲は九輪に止まらず
 国のはじまりの大和に秋惜しむ
 名の通り月見櫓となりにけり
 
 
 次回は11月28日(火)です。
 皆様のご参加・ご出句をお待ちしております。
                             (報告 櫻井俊治)
 


 山手句会(9月26日開催)主宰選報告

 朝から秋晴れの好天気でしたが、日中は気温がどんどん上がり、この時期にしては
 とても暑い1日となりました。
 出席者は26名、欠席投句者は8名でした。
 純也先生の特選14句をご紹介いたします。
 例月に比べ特選句の数が少なかったのですが、伊藤とし子さんが全句特選のパーフ
 ェクトを達成されました。
 
 純也主宰の特選14句をご紹介いたします。

 鉦叩間合正しく更けてゆく     伊藤とし子
 鉦叩とぎれし庭の闇ふかく     伊藤とし子
 曼珠沙華休耕田のそこかしこ    伊藤とし子
 間遠なる日和つづきのばつたんこ  伊藤とし子
 溝それて泥鰌の跳ぬる落し水    伊藤とし子
 長老の目で指図して在祭      米澤道子
 猪垣の土嚢を積みし一ト所     米澤道子
 独り言いうて納得夜なべ置く    大竹美智子
 爽やかにジョギングの橋渡りゆく  大竹美智子
 一筋にあらぬ風筋芒原       山本澄恵
 棋譜なぞり敗着探す夜長かな    櫻井俊治
 爆笑のあとの沈黙ちちろ鳴く    木内美恵子
 腹据ゑてかかる夜なべの大仕事   中西英明
 膨れたるコンサイス引く秋灯    酒井 宏

 純也先生吟

 老舗とて六席ほどの走り蕎麦
 村芝居子役満座を泣かしけり
 頬杖をついて雨月の机かな
 見つからぬはずの松茸見つけたる
 盃に三口ほどなる菊鱠
 
 
 次回は10月24日(火)です。皆様のご参加・ご出句をお待ちしております。
                            (報告 櫻井俊治)  


 山手句会(8月22日開催)主宰選報告

 今年の夏は記録的豪雨、台風の襲来、西高東低の気温等いつもの年とは異なる特徴
 がありました。
 そして残暑の厳しいこと、このままいつまでも夏が終わらないのではと思わせるよ
 うな毎日です。
 句会当日も薄曇りながら湿度が高く蒸し暑い1日となりました。
 それでもこの日の出席者は28名、欠席投句者は8名、出句数166句は今年最多
 でした。
 神戸市須磨区在住の薗村洋子さんが初参加、また岡山市在住の田口町子さんが初投
 句されました。

 純也先生の特選32句をご紹介いたします。

 迎ふるも送るもひとり門火焚く   廣瀬照子
 墓洗ふ夫にひとりは淋しいと    廣瀬照子
 踊唄聞こえては消え風の中     廣瀬照子
 最後の茶仏に淹れて霊送      廣瀬照子
 爽やかに事の捗る一ト日かな    伊藤とし子
 校了の窓を開ければ涼新た     伊藤とし子
 健啖に盃も重ねて生身魂      伊藤とし子
 朝採りの野菜を籠にお中元     伊藤とし子
 農道の果は湖稲の花        越後寿子
 鈴の音の大路に溢れ佞武多発つ   越後寿子
 墓碑銘の凹みに蛙墓洗ふ      越後寿子
 罅入りて戒名読めぬ墓洗ふ     米田静枝
 野球部の特訓語る日焼顔      米田静枝
 書道家になれずに硯洗ひけり    米田静枝
 渋滞の高速道路蜻蛉飛ぶ      長安悦子
 朝市を少しひやかし避暑散歩    長安悦子
 夏休子より教はること多く     長安悦子
 新聞のインクの匂ひ涼新た     大竹美智子
 今年また会ふは最後と生身魂    大竹美智子
 ほろ酔ひも酩酊もあり酔芙蓉    藤堂くにを
 お互ひに先には逝けぬ盆の月    藤堂くにを
 百歳を祝ぐ日の近き生身魂     大島和世
 盆の僧遅れ着きしをまづ詫びて   大島和世
 亡き夫の齢となりぬ墓洗ふ     山本澄恵
 一口に香の広ごれる新豆腐     山本澄恵
 流木をあつめ火を焚く浜施餓鬼   木内美恵子
 山の日や毎朝登山二千回      木内美恵子
 踊の輪切れしところへ飛び入りぬ  米澤道子
 マンションの駐車場空く盆休    石井順恵
 ひとり起き出して勝手に夜食摂る  中西英明
 あれこれとカタログ比べお中元   山口光弘
 カレンダー一枚剥ぎて秋に入る   酒井 宏

 純也先生吟

 短命の家系に生まれ盆支度
 愛憎に金絡みゆく残暑かな
 盆路刈る父の齢に近づきて
 坂下る自転車軋む残暑かな
 星月夜ブラックホール秘めにけり
 
 
 次回は9月26日(火)です。
 皆様のご参加・ご出句をお待ちしております。
                           (報告 櫻井俊治)
 


 山手句会(7月25日開催)主宰選報告

 明け方にまとまった雨が降った所為か7月25日の日中の気温はそれほど上がりま
 せんでしたが、湿度が高く蒸し暑い1日となりました。
 この日の出席者は25名、欠席投句者は8名でした。

 純也先生の特選21句をご紹介いたします。

 着ることのなきままにまた土用干   伊藤とし子
 泣きべそに水鉄砲の容赦なく     伊藤とし子
 ラムネ玉も一度鳴らし飲み干しぬ   伊藤とし子
 末の子の飽きず見てゐる金魚かな   大竹美智子
 茄子漬のみるみる色の褪めにけり   大竹美智子
 バーベキュー焼く人ビール呷る人   岡澤ひろみ
 豊漁の舟傾ぎ来る朝曇        岡澤ひろみ
 朝晩の散歩に慣らす登山靴      木内美恵子
 うなぎ屋を横目にうどん店に入る   木内美恵子
 潜り込む海女の足裏の白さかな    藤生敏子
 空蝉の生みの力の残る四肢      藤生敏子
 鵜篝を揺すりては鵜をけしかくる   長安悦子
 争はず雷同もせぬ涼しさよ      藤堂くにを
 特大を予約の土用鰻かな       中西英明
 箸置のブルーのガラス夏料理     石井順恵
 街なかに醤の匂ふ日の盛り      西山洋美
 不条理は心に納め髪洗ふ       酒井 宏
 マリア像仰ぐ巌の滴れる       杉アよしこ
 何となく無口になりし帰省の子    大島和世
 脳天に掛けて一息山清水       長井良孝
 トマト
もぐ明日もぐものを残しつつ  熊谷謙一

 純也先生吟

 不貞寝とも思ふ昼寝のいつまでも
 炎天といへど連休なる人出
 夜の秋とはどことなく何となく
 半助を売る店も減り鰻の日
 短夜やどの子のことも気にかかり
 
 
 次回は8月22日(火)です。
 皆様のご参加・ご出句をお待ちしております。
                           (報告 櫻井俊治)