山手句会    当季雑詠
 定例日=第四火曜日
 句会場=三宮・神戸市勤労会館

 山手句会(10月24日開催)主宰選報告

 朝から曇り空のぱっとしない天気でしたが、皆さんの話題は2日前に日本列島を
 直撃した台風21号のこと。
 阪神地区も猛烈な雨風でちょっと恐怖を覚えるほどでした。
 知る限りでは被害に遭われた方はおられなかったようでひと安心しました。
 
 この日の出席者は26名、欠席投句者は7名でした。
 純也先生の特選22句をご紹介いたします。

 電気柵巡らす畑の豊の秋      長安悦子
 飴配る鬼に泣く児や秋祭      長安悦子
 整然と奴行列秋祭         長安悦子
 信号止め奴行列秋祭        長安悦子
 温め酒子にいつよりか労はれ    石井順恵
 肩凝らし栗の皮剥きゐたりけり   石井順恵
 住み古りし庭に咲きつぐ石蕗の花  西山洋美
 栗拾ひ蜂に注意の札かかり     西山洋美
 身を寄せて雨の中なる浮寝鳥    山内茉莉
 故あるを知りて買ひたる夷布    山内茉莉
 食ひぞめの膳の新米炊き上がる   大竹美智子
 新米のぬくみに桝を入れにけり   伊藤とし子
 突然の訃報相次ぎそぞろ寒     大島和世
 秋高し健脚コース踏破して     中西英明
 今しばし残りの菊の狭庭かな    山本澄恵
 酒盗あり獺祭といふ新酒あり    藤堂くにを
 仏前に十日の菊を供へけり     畠中俊美
 残菊を刈りし掌芳しく       杉アよしこ
 料亭のコースの締の零余子飯    木内美恵子
 井戸端に束子干しあり昼の虫    西村妙子
 人通り絶ゆる日暮の愁思かな    倉員祥子
 毎朝のほどほどに掃く落葉かな   米澤道子

 純也先生吟

 括られて残菊らしくなりにけり
 行く秋や雲は九輪に止まらず
 国のはじまりの大和に秋惜しむ
 名の通り月見櫓となりにけり
 
 
 次回は11月28日(火)です。
 皆様のご参加・ご出句をお待ちしております。
                             (報告 櫻井俊治)
 


 山手句会(9月26日開催)主宰選報告

 朝から秋晴れの好天気でしたが、日中は気温がどんどん上がり、この時期にしては
 とても暑い1日となりました。
 出席者は26名、欠席投句者は8名でした。
 純也先生の特選14句をご紹介いたします。
 例月に比べ特選句の数が少なかったのですが、伊藤とし子さんが全句特選のパーフ
 ェクトを達成されました。
 
 純也主宰の特選14句をご紹介いたします。

 鉦叩間合正しく更けてゆく     伊藤とし子
 鉦叩とぎれし庭の闇ふかく     伊藤とし子
 曼珠沙華休耕田のそこかしこ    伊藤とし子
 間遠なる日和つづきのばつたんこ  伊藤とし子
 溝それて泥鰌の跳ぬる落し水    伊藤とし子
 長老の目で指図して在祭      米澤道子
 猪垣の土嚢を積みし一ト所     米澤道子
 独り言いうて納得夜なべ置く    大竹美智子
 爽やかにジョギングの橋渡りゆく  大竹美智子
 一筋にあらぬ風筋芒原       山本澄恵
 棋譜なぞり敗着探す夜長かな    櫻井俊治
 爆笑のあとの沈黙ちちろ鳴く    木内美恵子
 腹据ゑてかかる夜なべの大仕事   中西英明
 膨れたるコンサイス引く秋灯    酒井 宏

 純也先生吟

 老舗とて六席ほどの走り蕎麦
 村芝居子役満座を泣かしけり
 頬杖をついて雨月の机かな
 見つからぬはずの松茸見つけたる
 盃に三口ほどなる菊鱠
 
 
 次回は10月24日(火)です。皆様のご参加・ご出句をお待ちしております。
                            (報告 櫻井俊治)  


 山手句会(8月22日開催)主宰選報告

 今年の夏は記録的豪雨、台風の襲来、西高東低の気温等いつもの年とは異なる特徴
 がありました。
 そして残暑の厳しいこと、このままいつまでも夏が終わらないのではと思わせるよ
 うな毎日です。
 句会当日も薄曇りながら湿度が高く蒸し暑い1日となりました。
 それでもこの日の出席者は28名、欠席投句者は8名、出句数166句は今年最多
 でした。
 神戸市須磨区在住の薗村洋子さんが初参加、また岡山市在住の田口町子さんが初投
 句されました。

 純也先生の特選32句をご紹介いたします。

 迎ふるも送るもひとり門火焚く   廣瀬照子
 墓洗ふ夫にひとりは淋しいと    廣瀬照子
 踊唄聞こえては消え風の中     廣瀬照子
 最後の茶仏に淹れて霊送      廣瀬照子
 爽やかに事の捗る一ト日かな    伊藤とし子
 校了の窓を開ければ涼新た     伊藤とし子
 健啖に盃も重ねて生身魂      伊藤とし子
 朝採りの野菜を籠にお中元     伊藤とし子
 農道の果は湖稲の花        越後寿子
 鈴の音の大路に溢れ佞武多発つ   越後寿子
 墓碑銘の凹みに蛙墓洗ふ      越後寿子
 罅入りて戒名読めぬ墓洗ふ     米田静枝
 野球部の特訓語る日焼顔      米田静枝
 書道家になれずに硯洗ひけり    米田静枝
 渋滞の高速道路蜻蛉飛ぶ      長安悦子
 朝市を少しひやかし避暑散歩    長安悦子
 夏休子より教はること多く     長安悦子
 新聞のインクの匂ひ涼新た     大竹美智子
 今年また会ふは最後と生身魂    大竹美智子
 ほろ酔ひも酩酊もあり酔芙蓉    藤堂くにを
 お互ひに先には逝けぬ盆の月    藤堂くにを
 百歳を祝ぐ日の近き生身魂     大島和世
 盆の僧遅れ着きしをまづ詫びて   大島和世
 亡き夫の齢となりぬ墓洗ふ     山本澄恵
 一口に香の広ごれる新豆腐     山本澄恵
 流木をあつめ火を焚く浜施餓鬼   木内美恵子
 山の日や毎朝登山二千回      木内美恵子
 踊の輪切れしところへ飛び入りぬ  米澤道子
 マンションの駐車場空く盆休    石井順恵
 ひとり起き出して勝手に夜食摂る  中西英明
 あれこれとカタログ比べお中元   山口光弘
 カレンダー一枚剥ぎて秋に入る   酒井 宏

 純也先生吟

 短命の家系に生まれ盆支度
 愛憎に金絡みゆく残暑かな
 盆路刈る父の齢に近づきて
 坂下る自転車軋む残暑かな
 星月夜ブラックホール秘めにけり
 
 
 次回は9月26日(火)です。
 皆様のご参加・ご出句をお待ちしております。
                           (報告 櫻井俊治)
 


 山手句会(7月25日開催)主宰選報告

 明け方にまとまった雨が降った所為か7月25日の日中の気温はそれほど上がりま
 せんでしたが、湿度が高く蒸し暑い1日となりました。
 この日の出席者は25名、欠席投句者は8名でした。

 純也先生の特選21句をご紹介いたします。

 着ることのなきままにまた土用干   伊藤とし子
 泣きべそに水鉄砲の容赦なく     伊藤とし子
 ラムネ玉も一度鳴らし飲み干しぬ   伊藤とし子
 末の子の飽きず見てゐる金魚かな   大竹美智子
 茄子漬のみるみる色の褪めにけり   大竹美智子
 バーベキュー焼く人ビール呷る人   岡澤ひろみ
 豊漁の舟傾ぎ来る朝曇        岡澤ひろみ
 朝晩の散歩に慣らす登山靴      木内美恵子
 うなぎ屋を横目にうどん店に入る   木内美恵子
 潜り込む海女の足裏の白さかな    藤生敏子
 空蝉の生みの力の残る四肢      藤生敏子
 鵜篝を揺すりては鵜をけしかくる   長安悦子
 争はず雷同もせぬ涼しさよ      藤堂くにを
 特大を予約の土用鰻かな       中西英明
 箸置のブルーのガラス夏料理     石井順恵
 街なかに醤の匂ふ日の盛り      西山洋美
 不条理は心に納め髪洗ふ       酒井 宏
 マリア像仰ぐ巌の滴れる       杉アよしこ
 何となく無口になりし帰省の子    大島和世
 脳天に掛けて一息山清水       長井良孝
 トマト
?ぐ明日?ぐものを残しつつ  熊谷謙一

 純也先生吟

 不貞寝とも思ふ昼寝のいつまでも
 炎天といへど連休なる人出
 夜の秋とはどことなく何となく
 半助を売る店も減り鰻の日
 短夜やどの子のことも気にかかり
 
 
 次回は8月22日(火)です。
 皆様のご参加・ご出句をお待ちしております。
                           (報告 櫻井俊治)
 


 山手句会(6月27日開催)主宰選報告

 6月7日に梅雨入り宣言が出た近畿地方は2週間ほど雨が降りませんでしたが、
 下旬に入ると帳尻を合わせるかのように大雨が降ったりして、ここへきて梅雨ら
 しいうっとうしい毎日が続いています。
 句会当日も曇り空の蒸し暑い一日となりました。
 この日の出席者は28名、欠席投句者は7名でした。
 京都市在住の中蔵みづほさんが初参加されました。

 純也先生の特選31句をご紹介いたします。

 麻服の一ト日の皺を吊しけり    山内茉莉
 夏座敷とて湖見ゆる五十畳     山内茉莉
 閉店のドライブインの竹煮草    山内茉莉
 結として早苗配の昨日今日     山内茉莉
 ままならぬ怪我の手抱へ梅雨籠   岡澤ひろみ
 代掻の濁り消えゆく夕茜      岡澤ひろみ
 骨折のギブスの腕の汗疹かな    岡澤ひろみ
 梅雨の夜の腓返りの続けざま    山本澄恵
 雨上がる夏至の夕べの浅葱色    山本澄恵
 父の日やケーキを焼きて娘の供ふ  山本澄恵
 勝馬の何度も頭高く振り      石井順恵
 神前をわがもの顔の羽抜鶏     石井順恵
 ベランダの手摺にも干し梅雨晴間  石井順恵
 離れ住む病む母思ひ明易し     倉員祥子
 打上げの連れ立ちくぐる夏暖簾   倉員祥子
 雑草のにほふ小径の梅雨晴間    倉員祥子
 降り出してきて雨蛙ゐずなりぬ   伊藤とし子
 夕風にうたた寝覚むる籐寝椅子   伊藤とし子
 溝浚へめつたに会はぬ人に会ひ   大竹美智子
 夕風の棚田へ運ぶ早苗かな     大竹美智子
 風知草靡き止まざるひとところ   米田静枝
 サポーター声を限りの玉の汗    米田静枝
 娘のメール届いて父の日と気づく  櫻井俊治
 尼寺の静まりかへる四葩かな    西山洋美
 夏痩と答へ眉目にあるうれひ    辻井左夜佳
 早苗饗に泥鰌すくひの飛入りも   藤堂くにを
 ダイエットなんかせず夏痩もせず  中西英明
 柴漬の老舗に隣る紫蘇畑      松田光子
 追ひかけて橋くぐり来る恋蛍    畠中俊美
 紫陽花のはじめの青の毬育つ    廣瀬照子
 濃紫陽花日毎ひごとに傾きぬ    長井良孝

 純也先生吟

 割り箸のいびつに割れて梅雨深し
 勿体ぶることなくメロン切り分くる
 そのかみの女中部屋なる網戸かな
 竹皮を脱ぎ蔓草は蔓伸ばし
 梅雨菌にも壮年といふ姿
 
 
 次回は7月25日(火)です。
 皆様のご参加・ご出句をお待ちしております。
                            (報告 櫻井俊治)  


 山手句会(5月23日開催)主宰選報告

 5月は年間を通じて最も美しく過ごしやすい季節だとかねがね思っておりますが、
 この日も朝から快晴微風の素晴らしい天気に恵まれました。
 その所為か皆さんの出足がいつにもまして早く、句会にかける意気込みが感じられ
 ました。
 この日の出席者は26名、欠席投句者は9名でした。

 純也先生の特選19句をご紹介いたします。

 牡丹に呼ばれお薄をもてなされ    西山洋美
 止むと見えまた降る雨の雨蛙     西山洋美
 雨呼んで庭のどこかに雨蛙      西山洋美
 出てゆく気なき食堂の蠅二匹     熊谷謙一
 怒声もて傾ぶく神輿立て直す     熊谷謙一
 散りこぼれゐて気づきたる桐の花   伊藤とし子
 竿伸ばすまま釣堀に昼餉とる     伊藤とし子
 風光るパドックの馬黒光り      石井順恵
 一望の浜に敷きつめ昆布を干す    石井順恵
 琴電の突つ切つてゆく麦の秋     長安悦子
 川風のカフェテラス混み夏めける   長安悦子
 潮風の駅舎を抜けて夏燕       大竹美智子
 縁どりのスカイブルーの夏帽子    中西英明
 うるむ目の何かと問へば夏の風邪   辻井左夜佳
 雨雲を谿にしづめて栗の花      中西以佐夫
 金雀枝の黄のこれでもかこれでもか  藤堂くにを
 買ひ換へし夫婦茶碗に新茶汲む    櫻井俊治
 屋根のなきプラットホーム若葉風   越後寿子
 縫物の一段落の新茶かな       倉員祥子

 純也先生吟

 牡丹の瓦解といふを目の当たり
 駅前に人家とてなく竹煮草
 映りてはさざ波が消すえごの花
 
 
 次回は6月27日(火)です。皆様のご参加・ご出句をお待ちしております。
                             (報告 櫻井俊治)
 


 山手句会(4月25日開催)主宰選報告

 快晴とまではいかない天気でしたが、気温は結構高く、会場に到着してすぐエアコン
 のスウィッチを入れるほどでした。
 某国の建軍記念日にあたるとかで、何かが飛んでくるかもしれないと騒々しい一日で
 したが、そんなこととは関係なくいつも通りに句会を開催できました。
 今回は宝塚市在住の長永吉広さんが初参加され、出席者は27名、欠席投句者は9名
 でした。

 純也先生の特選26句をご紹介いたします。

 自治会長みづから回り祭寄付    大竹美智子
 春愁を電話の声に悟られし     大竹美智子
 一本は遅れて二人静咲く      大竹美智子
 社員章首にスーツの花見人     岡澤ひろみ
 宅配のピザを予約の子供の日    岡澤ひろみ
 辛抱を美徳と育ち昭和の日     藤堂くにを
 残花とて吹雪く力のありにけり   藤堂くにを
 春愁の最たるものに花粉症     櫻井俊治
 改築の軒に早くも燕の巣      櫻井俊治
 峠茶屋閉ぢ桜蕊降りしきる     畠中俊美
 奥嵯峨をひとり訪ねて春惜しむ   畠中俊美
 桜鯛跳ねて秤の定まらず      中西以佐夫
 やうやくに代数解けて遠蛙     中西以佐夫
 ランドセルを映して見ては入学児  高森育子
 暮れてきて囀やまぬ大樹かな    高森育子
 受講者の増えしカルチャー春灯   長安悦子
 観覧車カップルばかり春の宵    長安悦子
 脱ぎしもの足にまつはる花疲    伊藤とし子
 湿原の風ききすます座禅草     西山洋美
 散り怺へ色を深めて夕桜      西村妙子
 湯めぐりの河畔に揺るる柳の芽   松田光子
 容赦なき雨に残花の散り果てぬ   山口光弘
 初蛙里田いよいよ動き出す     藤生敏子
 吉野杉ならぶ斜面の著莪の花    杉アよしこ
 会へばすぐ二十歳の頃に花の旅   倉員祥子
 鍬につく泥落しつつ畦を塗る    米澤道子

 純也先生吟

 永き日のネットサーフィンきりもなく
 南朝の語部として亀鳴けり
 
 
 次回は5月23日(火)です。皆様のご参加・ご出句をお待ちしております。
                              (報告 櫻井俊治)
 


  山手句会(3月28日開催)主宰選報告

 彼岸を過ぎてもなかなか春本番といかない毎日。句会当日も天気は晴朗なれど、冷
 たい強風が吹きました。
 そして、句会が終わる頃には一転空が掻き曇り雨が降り出しました。
 そんなめまぐるしく天気の変わる一日でしたが、出席者はいつもより多い27名、
 欠席投句者は7名でした。
 神戸市東灘区在住の酒井 宏さんが初参加されました。

 純也先生の特選33句をご紹介いたします。

 電話もて探すケイタイ四月馬鹿   岡澤ひろみ
 し止めしと筍山に声弾む      岡澤ひろみ
 もぐり込む猫に置きある春炬燵   岡澤ひろみ
 風に乗り一直線のしやぼん玉    岡澤ひろみ
 春愁や一粒つまむ金平糖      伊藤とし子
 産土の初花を待つ朝詣       伊藤とし子
 ものぐさの片付け伸ばす春炬燵   伊藤とし子
 労られゐて甘えゐる春の風邪    伊藤とし子
 長けしもの出そめしものも土筆摘  大竹美智子
 売家の幟はためく日永かな     大竹美智子
 ベビーカーの幌に残れる春の塵   大竹美智子
 ふふみそむ桜の苑にめぐらす灯   杉アよしこ
 春愁や泛びたる句のすぐに消え   杉アよしこ
 雪洞を点し桜の咲くを待つ     杉アよしこ
 干拓の野に翻り燕来る       中西以佐夫
 つぎつぎに子猫を舐めて自らも   中西以佐夫
 うららかや客と将棋の散髪屋    中西英明
 買置きのフィルムの箱の春埃    中西英明
 古煉瓦浸し運河の水温む      藤生敏子
 摘みながら土筆料理を教はりぬ   藤生敏子
 本堂の畳つめたき彼岸寺      西山洋美
 
?芽掻く山ふところの風寒く    西山洋美
 存分に昨夜の雨吸ふ春子かな    松田光子
 干し若布風の形に干し上がる    石井順恵
 残る鴨たたせレガッタ練習す    鴨川加奈子
 泣くまいと一点見つめ卒業歌    櫻井俊治
 無鉄砲てふ荒れ方も比良八講    藤堂くにを
 農具市ためしに鍬を振り上げて   米澤道子
 天満橋の由来書古りて柳の芽    辻井左夜佳
 真つ直ぐに雛の眸と語り合ふ    山口光弘
 網干して古き家並の陽炎へる    高森育子
 古町の芝居小屋より春めける    長安悦子
 足とめて二声三声初音きく     廣瀬照子

 純也先生吟

 とびきりの笑顔ばかりや卒業す
 初花に逢へる気がして夕散歩
 合掌もなくて涅槃図仰ぐのみ
 秘仏巡りて奈良の雪京の雨
 
 
 次回は4月25日(火)です。
 皆様のご参加・ご出句をお待ちしております。
                            (報告 櫻井俊治)
 


 山手句会(2月28日開催)主宰選報告

 二月尽の句がいくつか出た月末の山手句会。風は冷たいものの日差しは間違いなく
 春のもの。室内はエアコン不要の暖かさでした。
 山茶花3月号の発送作業と重なったため、出席者はいつもより少ない23名、欠席
 投句者は11名でした。
 中西以佐夫さんが欠席されたため、伊藤とし子さんに選者をお勤めいただきました。

 純也先生の特選25句をご紹介いたします。

 余寒なほ戸惑うてゐる旅支度    伊藤とし子
 灯の暗き非常階段冴返る      伊藤とし子
 羽愽きを重ねて鴨の引く兆し    伊藤とし子
 捨畑の摘む人のなき蕗の薹     大竹美智子
 スーツケース溢るる駅の春めける  大竹美智子
 梅花祭芸妓の点前垣間見て     大竹美智子
 コース分けせし梅林の案内図    大島和世
 今年こそはと挑みたる大試験    大島和世
 会員のまた二人減る余寒かな    大島和世
 無造作に蛸壺重ね春の浜      藤生敏子
 春時雨濡れては乾く石畳      藤生敏子
 海猫のかすめ飛びゆく砕氷船    杉アよしこ
 毛氈に熱き茶すすり梅寒し     岡澤ひろみ
 春寒の棚繕へるぶだう畑      米澤道子
 老いぬれど手馴れ仕事と海苔を剥ぐ 西山洋美
 街の灯も一番星もおぼろなる    山内茉莉
 行き止り多き小路の沈丁花     松田光子
 耕しの武張る手に持つ大むすび   米田静枝
 少しあく物言ひたげな雛の口    石井順恵
 撫牛をだれもが撫でてあたたかし  長安悦子
 蕗の薹やはりここには顔並べ    高森育子
 うとうとと恋忘れたる春の猫    西村妙子
 茶屋も出て梅見の客の込み合へり  廣瀬照子
 予餞会一人が校歌唄ひだす     長井良孝
 利休忌の堺に一と日遊びけり    木内美恵子

 純也先生吟

 落第に何を言うてもはじまらぬ
 落第しそのまま行方不明かな
 動かぬは
?を挿しゐる舟らしく
 
?を挿す咥へ煙草の漢かな
 
 
 次回は3月28日(火)です。
 皆様のご参加・ご出句をお待ちしております。
                             (報告 櫻井俊治)


 山手句会(1月24日開催)主宰選報告

 強い冬型の気圧配置で近畿中部でも前日から雪が降り、郊外ではかなりの積雪があり
 ました。
 句会当日もJRの在来線が遅延するなど交通機関への影響が見られましたが、厳しい
 寒さの中、たくさんの方々にご参加をいただき、新年早々賑やかな句会となりました。
 出席者はいつもより多い27名、欠席投句者は8名でした。
 長岡京市在住の藤堂くにをさんが初参加されました。
 純也先生の特選18句をご紹介いたします。

 作務僧の枯山水の初箒      藤生敏子
 グランドの声の残響日脚伸ぶ   藤生敏子
 息かけて眼鏡を磨き読始     藤生敏子
 寒肥の穴掘るでなく撒きしのみ  米澤道子
 寒肥の跡らし土の盛り上がり   米澤道子
 残心に手応へのあり弓始     木内美恵子
 寒紅を引き直し出る会議かな   木内美恵子
 猿曳の綱引き寄せてゆるませて  長安悦子
 機械化をせぬこだはりも寒造   長安悦子
 庭石を打つてたばしる霰かな   西山洋美
 玉霰まろびたまれる苔の中    西山洋美
 相撲場のことに大きな鏡餅    櫻井俊治
 磴高く昨夜の雪積む初不動    畠中俊美
 探梅の農家の庭へ迷ひ込む    大竹美智子
 投資する如く寒肥してをりぬ   藤堂くにを
 身重なる娘と二人日向ぼこ    吉井 薫
 一列に参道下る寒念仏      里見かつこ
 招かれてわが名書きある祝箸   越後寿子

 純也先生吟

 大火事の後大雨となりにけり
 老眼がどうのかうのと日向ぼこ     

 次回は2月28日(火)です。
 皆様のご参加・ご出句をお待ちしております。   
                           (報告 櫻井俊治)
 


 山手句会(12月27日開催)主宰選報告

 今年最後の山手句会は暮も押し詰まった12月27日の開催となりました。
 未明からの雨も昼前にあがり、いつも通りの顔ぶれの揃う賑やかな句会となりました。
 出席者は25名、欠席投句者は7名でした。句会終了後、恒例のお茶会を開き、おい
 しいケーキを食べながら暫し歓談の後散会いたしました。

 純也先生の特選33句をご紹介いたします。

 捨てきれず片付けきれず年暮るる  山本澄恵
 一杯と言はれ付き合ふおでん酒   山本澄恵
 宝くじ当るを信じ日向ぼこ     山本澄恵
 少しづつ予定ずれゆく年用意    伊藤とし子
 思ひつくまま数へ日のメモ殖ゆる  伊藤とし子
 話したくなるおでん屋の主には   伊藤とし子
 産土神へ竹運ばるる年用意     米澤道子
 碁盤持ち今日は二階へ煤籠     米澤道子
 まとひつく猫叱りつつ毛糸編む   米澤道子
 貯めおきしポイント崩し年用意   中西英明
 煤逃を阻む先手をくらひけり    中西英明
 鍔に手を添へて会釈の冬帽子    櫻井俊治
 辻立ちの若き候補者息白し     櫻井俊治
 快速にぐつすり眠り師走人     長安悦子
 僧堂の拝観禁止
八会       長安悦子
 庭の柚子いつぱい浮かせ冬至風呂  畠中俊美
 いつしかに欠伸ばかりの日向ぼこ  畠中俊美
 建具みな黒びかりせる榾の宿    木内美恵子
 咳込んで肝心なこと聞きもらす   木内美恵子
 煮て焼いて下仁田葱の甘きかな   岡澤ひろみ
 エアコンの風に煽られ古暦     岡澤ひろみ
 極月の工事そこここ道塞ぐ     大島和世
 療養の友も揃ひて年忘       大島和世
 鮟鱇の叫びのきこえさうな口    杉アよしこ
 雲切れて眠れる山に薄日差す    石井順恵
 音もなき峡の四五戸の星凍つる   西山洋美
 新しき俎板買ふも年用意      越後寿子
 二三日何の空白古日記       辻井左夜佳
 上下なき円卓囲み年忘       大竹美智子
 顔見世の跳ねて川風心地よく    吉井 薫
 年の瀬やカレーを作り置くことも  倉員祥子
 ヨーロッパいくつも巡り古暦    廣瀬照子
 店番をしつつ焚火の守りをして   西村妙子

 純也先生吟

 人叩く癖ある女年忘
 又しても眉のぴくつき風邪兆す
 べろべろをべろが介抱年忘
 虎河豚といふ貫禄の縞模様
 鴨鍋にくたくたの葱残りたる
 
 
 次回は1月24日(火)です。
 来年も引き続き山手句会をお引き立てくださいますよう、皆様のご参加・ご出句をお待
 ちしております。
                         (報告 櫻井俊治)
 


 山手句会(11月22日開催)主宰選報告


 11月22日早朝、テレビの「つなみ!にげて」「すぐにげて!」のテロップにびっく
 りしました。
 震源地は福島沖、M7.4、福島県いわき市で震度5弱、仙台港で津波の高さ1.4メー
 トル。海水が川を遡上する映像に5年前の光景がよみがえり、ショックを受けました。
 今回の地震は東日本大震災の余震とか。幸い大きな被害はなかったようですが、あらた
 めて自然災害の多いこの国の特性を認識いたしました。
 さて、当日の神戸は冬晴れの暖かい1日でした。出席者は22名、欠席投句者は10名
 でした。

 純也先生の特選15句をご紹介いたします。

 忙しさを生き甲斐として木の葉髪  伊藤とし子
 据りよく沈んでゆきし茎の石    伊藤とし子
 足元の昏れて来るまで大根引    西山洋美
 浮寝鳥比叡おろしに向き並ぶ    西山洋美
 冬凪のテトラポッドの乾きゐし   山内茉莉
 本尊の螺髪へ届く冬日影      山内茉莉
 クリスマスめきし役所の花時計   米澤道子
 転た寝の枕に残る木の葉髪     櫻井俊治
 客とだえ床屋の主落葉掻く     西村妙子
 靴音の少し忙しく冬めきぬ     仲辻耕太郎
 散紅葉掃かず庵の苔筵       畠中俊美
 古びたる暖簾分け入り酢茎買ふ   山口光弘
 凡庸に生きて勤労感謝の日     吉田敦子
 枯蓮に蝶迷ひ込む日和かな     大竹美智子
 日帰りの旅の車窓の暮早し     倉員祥子

 純也先生吟
 
常連と呼ばれ幾とせおでん酒
 千年の神の杉とて霜枯るる
 芭蕉忌の南御堂の月明かり
 落花生むくカウンター席の隅
 
 
 次回は12月27日(火)です。
 皆様のご参加・ご出句をお待ちしております。
                              (報告 櫻井俊治)
 


 山手句会(10月25日開催)主宰選報告

 10月25日は朝から雲が広がり、今にも降り出しそうな空模様でした。
 気温はほぼ平年並みでしたが、10月半ばに暖かい日が続いた所為か、少し肌寒く感じ
 る一日でした。
 出席者は26名、欠席投句者は7名でした。

 純也先生の特選29句をご紹介いたします。

 水澄める一枚岩の手水鉢      杉アよしこ
 わが町の木犀の香に目覚めゆく   杉アよしこ
 木犀の香の町並となりにけり    杉アよしこ
 芭蕉句碑たどる川辺の秋の風    杉アよしこ
 コンバイン操る銜へたばこかな   岡澤ひろみ
 嵩高き芋蔓燃やす暮の秋      岡澤ひろみ
 町中のどこより群れ来稲雀     岡澤ひろみ
 水浴びの山雀人目怖ぢもせず    山本澄恵
 松手入終へたる空に鳶の笛     山本澄恵
 土鍋出すことに始まる冬仕度    中西英明
 足の冷えない靴下の夜寒かな    中西英明
 作務として庭の要の松手入     藤生敏子
 笛鳴りて木の実拾ひの園児散る   藤生敏子
 なかなかに音ともならぬ瓢の笛   大島和世
 うそ寒の連絡を待つ落し物     大島和世
 木犀の香の途切れざる夜道かな   大竹美智子
 無人駅降りて始まる花野径     大竹美智子
 色鳥のちらちら木の間くぐり来る  西山洋美
 夕映の湖空高く鳥渡る       西山洋美
 そぞろ寒足より老いて来たりけり  中西以佐夫
 うそ寒の座りの悪しきベンチかな  中西以佐夫
 山風を受け種採りのはかどりぬ   米澤道子
 コンバイン通る踏切ゑのこ草    米澤道子
 夕暮の淀の湾処の荻の声      畠中俊美
 聞き馴れぬ小鳥の声の庭手入    畠中俊美
 裏方が科白ささやく村歌舞伎    木内美恵子
 おにぎりの言はずと知れて今年米  石井順恵
 四十雀枝撓らせて鳴き交はす    廣瀬照子
 代々の庄屋の屋敷松手入      吉井 薫

 純也先生吟

 初鴨の芦屋浜にも来てゐたる
 蟷螂の大きな影を連れ歩く
 山道の末枯れてゐて日射し濃し
 嗅ぎ分けて銀木犀の夜道かな
 
 
 次回は11月22日(火)です。
 皆様のご参加・ご出句をお待ちしております。
                            (報告 櫻井俊治)
 


 山手句会(9月27日開催)主宰選報告

 台風や前線の影響で9月中旬以降日本列島は記録的な日照不足とか。
 少ない地域では平年の4分の1程度にとどまっているとのことです。
 農作物への影響が心配されます。
 そんなはっきりしない天気が続くなか、句会当日の27日は朝からすっきり晴れて、
 秋天に白い雲が浮かぶ気持ちの良い、少し暑いくらいの1日となりました。
 出席者は25名、欠席投句者は9名でした。

 純也先生の特選18句をご紹介いたします。

 講演の欠伸を隠す秋扇        櫻井俊治
 湧水で知らるる里の芋水車      櫻井俊治
 単語帳目で追ひながら夜食とる    櫻井俊治
 供へたるあんぱん匂ふ獺祭忌     畠中俊美
 ちちろ鳴く夢殿の扉の閉ぢしまま   畠中俊美
 冠水の跡の畷の昼の虫        米澤道子
 いつまでも灯る夜なべの母の部屋   米澤道子
 ぱりぱりにシーツの乾く鵙高音    山本澄恵
 雨兆す夜のひたすらの鉦叩      山本澄恵
 薬掘るあたりに強き香をたてて    石井順恵
 解けそめて濡れてゐるかの花芒    石井順恵
 御手洗の水音高き良夜かな      大竹美智子
 炊飯器まかせなれども今年米     中西英明
 採りてすぐジュースにもして葡萄狩  倉員祥子
 秋茄子の疵つきながら太りゆく    西村妙子
 町なかの発掘現場昼の虫       山内茉莉
 手に取りて意外に重き砧かな     辻井左夜佳
 そのままでほのかに甘し新豆腐    仲辻耕太郎

 純也先生吟

 よたよたと男出て来て踊り出す
 迢空忌能登にも葛の谷深く
 笠取らずとも美男美女風の盆
 
 
 次回は10月25日(火)です。
 皆様のご参加・ご出句をお待ちしております。
                             (報告 櫻井俊治)


 山手句会(8月23日開催)主宰選報告

 今年の8月は北海道に台風が3つも上陸するなど東日本の天候不順に対し、西日本は連日
 の猛暑となりました。
 加えて、リオ五輪の盛り上がりや高校野球の熱戦続きで本当に暑い熱い夏となりました。
 そんな暑い最中にもかかわらず、8月23日の山手句会は出席者25名の賑やかな句会と
 なりました。欠席投句者は8名でした。

 純也先生の特選16句をご紹介いたします。

 音頭取変はり手拍子調子づく     米澤道子
 たけなはの嗄れ声の音頭取      米澤道子
 境内の踊場均し櫓組む        米澤道子
 ゑのころの風を喜び揺れ合へる    西山洋美
 飽きるほど生つてまだ生り蔓茘枝   西山洋美
 つややかに重さうに成り秋茄子    廣瀬照子
 盆祭ひとり迎へて送りけり      廣瀬照子
 仏壇のマッチを借りて庭花火     藤生敏子
 むりやりに手を引つ張つて踊の輪   藤生敏子
 かなかなの順あるごとく鳴き出しぬ  大竹美智子
 草相撲二代続けて綱を張る      櫻井俊治
 二階の灯消して花火の窓に凭る    伊藤とし子
 汗噴いて号外配る漢かな       岡澤ひろみ
 寝不足の果ての夏風邪なりしかな   西村妙子
 炎天へ覚悟きめての外出かな     米田静枝
 炎天の歩く姿に齢見ゆる       長井良孝

 純也先生吟

 端居して子のあることの幸不幸
 虫干の系図半ばは嘘なれど
 夕蝉の勤行の間も小止みなく
 
 
 次回は9月27日(火)です。皆様のご参加・ご出句をお待ちしております。
                               (報告 櫻井俊治)
 


 山手句会(7月26日開催)主宰選報告

 句会当日の神戸は朝から本降りの雨となりました。
 悪天候に加え、夏本番を迎えての連日の暑さの所為か、出席者は今年最少の21名となり
 ました(欠席投句者はその分増えて13名でした)。
 にもかかわらず、純也先生の後日選は今年最多の48句と沢山の句を採っていただきまし
 た。うち、特選20句をご紹介いたします。

 回を追ひナイターの席埋まりゆく    櫻井俊治
 ゴルファーのプレー急かする日雷    櫻井俊治
 片陰を拾ひ承知の遠回り        櫻井俊治
 目覚しの鳴る前からの蝉時雨      櫻井俊治
 姉妹とも見ゆる母と娘ソーダ水     伊藤とし子
 今生の一ト声かとも夜蝉鳴く      伊藤とし子
 留守の間に月下美人の咲いてゐし    伊藤とし子
 設ひの床の間に置く京団扇       大竹美智子
 せせらぎを聞きつつ使ふ団扇かな    大竹美智子
 歯の根合はねどプールより出たがらず  山内茉莉
 ゴーヤ棚より花匂ふ葉の匂ふ      山内茉莉
 重なりつ離れつ鉾の近寄り来      越後寿子
 リフト乗り場に売つてゐる氷菓かな   長安悦子
 しなやかに揺らぎ長刀鉾の来る     山本澄恵
 生ぬるき風に揺れゐる蛇の衣      米澤道子
 手に汗を握り苦言を呈しをり      岡澤ひろみ
 甚平や病み上がりなる脛白く      西村妙子
 着こなしの上手下手なき宿浴衣     辻井左夜佳
 赤錆の倉庫へ西日容赦なく       米田静枝
 朝採りの野菜提げくれ夏見舞      倉員祥子

 純也先生吟

 不機嫌は扇づかひに知られたる
 下の子はいつも得してさくらんぼ
 胡瓜もみ禁酒は明日からのこと
 いくつかは書き損ねたる大文字草
 
 
 次回は8月23日(火)です。皆様のご参加・ご出句をお待ちしております。
                                (報告 櫻井俊治)