投句は毎月15日〆切、選句は25日〆切です



 ふきのたう

  摘めど又でる

   ところかな

     三村純也  




山茶花誌第850号

   
  ネット句会、2月の兼題「蕗の薹」の披講=互選の開始です。
   「さみどり」とはまさにこの色ですね。「ふきのたう」。
   早春のシンボルとも言えそうな「ふきのたう」。
   凍てついた土を突き抜けて芽を出す「ふきのたう」。

   ネット句会の2月は「ふきのたう」が兼題でした。
   探すときにはみつからず、ある日突然芽ぶきに気付く。そんな存在です。
   そして見つければ春が来たのだなあと実感。
   そんな「ふきのたう」のさまざまな姿が詠まれました。
   それでは披講=互選の開始です。
   いつものとおり選句(1句)の締め切りは2月25日です。
   どこの、どんな「ふきのたう」が選ばれるでしょうか。
         
  
山茶花の見本誌をお届けいたします。
   山茶花俳句会には入ってはいないけれど俳誌「山茶花」は読んでみたいとおっしゃる方、
   三村純也主宰が率いる“山茶花ワールド”を覗いてご覧になりませんか?
   俳句だけではなく連載記事もご好評いただいている山茶花誌の見本誌をお届けします。
   ご希望の方はこのホームページの「応募と申し込み」のページから「見本誌希望」と書いて
   お申し込みください。
   

  
 各地の句会から、毎日のように送られてくる句会報を出来るだけ早くお知らせしています。
ご覧になりたい句会名をクリックしていただければ各句会のページにジャンプします。
山茶花例会 山茶花吟行 研 修 会
まほろば句会 夙川句会 水無瀬句会 吹田句会 青芦句会 みをつくし句会
京都句会 堺句会 東京句会 豊中句会 百舌鳥野句会 草笛句会
南句会 山手句会 京阪句会 ひびき句会 濃尾句会 あかね句会